1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水が犬の健康に効果的な理由とは?
Sponsored Link

水素水が犬の健康に効果的な理由とは?

犬に対する水素水の効果が絶大

水素水が犬の健康や病気に効果的なことが判明して以来、多くの方達が人だけではなく犬や猫をはじめとする大切なペットに水素水を利用するようになりました。

私達人間にとって、犬や猫は一番身近な共存動物です。

愛犬といっても家族の一員ですから病気や健康に気を付けてあげなければいけません。

しかし、現代は人間も同じですが、欧米食が増え生活習慣病が増えてきていますが、愛犬も例外ではありません。

近年、動物医療の発達やペットフードの発達、室内犬の増加で昔よりもはるかに犬の寿命が延びています。

寿命が延びる事は嬉しい事ですが、そのことによって人間と同じ様々な生活習慣病や老化現象に侵されているのが事実です。

人間と違い犬は話す事ができません。ですから私達人間が毎日の健康管理、食欲や身体全体に変わりがないかを確認するようにしましょう。

犬も人間と同じように寿命が延びた事により活性酸素が増加します。活性酸素は体を酸化させる力を持っているので細胞の老化を早め細胞膜を破壊し生活習慣病や老化現象を引き起こす要因となります。

そのため活性酸素を除去する事ができれば病気の進行を抑制でき予防もできます。

活性酸素を体から追い出す方法として水素水はとても大きな力を発揮します。

犬に対する水素水の素晴らしい効果を知る前に、まずは犬がかかりやすい病気や老化現象について下記で伝えたいと思います。

Sponsored Link



犬の生活習慣病―糖尿病

犬の糖尿病は8割近くがⅠ型になります。いわゆる免疫疾患です。

人間では小児糖尿病といわれ、自らのリンパ球が間違って膵臓のB細胞を攻撃し破壊する事で起こる病気です。

病気の進行により膵臓でインスリンを生産する事ができなくなります。その為、インスリン不足で糖分が高濃度で血液中に入り込み尿から多量の「糖」を排出します。

また、糖尿病を引き起こす原因とされているクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)という病気があります。

この病気はストレスによって血糖値が高くなりコルチゾールやアドレナリンを分泌します。

その為、血糖値を下げる働きをするインスリンの分泌さえも抑えてしまうので糖尿病を誘発する原因となってしまうのです。また、このようなストレス状態の時は活性酸素も多量に体内に発生しています。

人間に訪れる生活習慣病の代表でもある糖尿病ですが犬が受けてしまう症状も基本的に人間と同じになります。

糖尿病の3大症状

糖尿病性網膜症(失明原因の1位)

糖尿病性腎症(腎臓機能の低下による人工透析)

神経障害(手足をはじめとする四肢の壊疽)

糖尿病になることによるかかりやす病気

認知症

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)

歯周病

免疫疾患

免疫力低下による感染症

Sponsored Link



犬の糖尿病―治療法

早期発見を心がける為に初期症状を見極める事が重要です。

愛犬の尿の回数が増えたり、多量の水を飲むようになったりと普段と違う変化に気づいたら早めに獣医師に相談しましょう。

糖尿病は白内障や感染症といった合併症をともなうリスクがあるので早めの対応が大切です。

最近の動物病院では「血糖コントロールマーカー」という2週間~1か月の平均血糖値を測定できる機器がある病院も増えてきています。

糖尿病と診断された場合、メス犬ならば大概の獣医師から避妊手術の提案をされます。

また、日頃からの体重コントロールや維持の指導が行われますが、結果的にインスリンの分泌が正常に戻らない時はインスリン治療となります。

食事も低脂肪、高たんぱく質、繊維の療法食に変える必要があります。

進行の予防策は、適度な運動が最適です。運動により糖分吸収の効率を良くする事で平均的なインスリンの効果を得る事ができます。もちろん、肥満対策はしてあげて下さい。

犬の生活習慣病-歯周病

歯周病とは歯茎がタダレ歯を支えている骨さえも溶かしてしまう恐ろしい病気です。

口の中の病気として有名な歯周病は人間と同じ生活習慣病の一種です。一昔前は外犬が主流で色々な物を噛んで歯や歯茎のケアを自然としていました。

しかし、現代では室内犬が増えおやつにしても食事にしても歯を使わない食事が溢れています。

そのような理由から、噛まずに飲み込む食事環境の影響で口の中のトラブルが増えた事は仕方のない事かもしれません。

犬の8割が3歳から歯周病を患うと言われています。

歯周病が進行すると食事も困難になるので未然に予防する事が重要になります。

また、歯周病から発生する菌は肝臓や腎臓、心臓などの健康な臓器にまで悪い影響を及ぼします。

歯周病の場合、炎症をおこしている場所には活性酸素がたくさん発生しています。

歯周病を進行させない為にはどのような予防方法があるのでしょうか。

 

Sponsored Link



犬の歯周病―予防法と治療

歯周病や歯肉炎の初期症状は口臭がきつくなり歯茎から血が出たなどの症状が出てきたら注意をしなければいけません。

デンタルケアとして内側の歯をしっかりと磨き歯周ポケットも念入りに磨くのがコツです。

外側のケアも同じ要領でこなしていきます。家でのケアが完璧にできていれば問題はありません。

もし、磨き残しが蓄積してきたかな?と思ったらかかりつけの獣医師に相談して、口内クリーニングと必要に応じて歯の表面だけではなく歯周ポッケトの歯石、歯垢やプラートの除去を定期的にしてもらうのが一番の予防方法です。

歯周病が進行してしまった場合は麻酔や鎮静剤を使いレントゲンや歯周ポケットなどを検査したうえで適切な処置をします。

重度の場合は歯を抜くしか方法がありません。早期の治療が大切です。

Sponsored Link



犬の腎不全

腎臓は毒素や老廃物を排出してくれる働きをしてくれますが、腎臓機能が低下した場合体内で不要になった老廃物をため込んでしまいます。

その結果、大きな病気を引き起こします。それが腎不全です。

腎不全には急性腎不全と慢性腎不全があります。

犬の急性腎不全

急性腎不全は、突然元気がなくなり食欲不振、嘔吐などの症状が表れます。

一番多い原因として尿路に結石が入り込み尿道を塞いでしまう結石症です。または飼主の安易な薬(鎮静剤や痛み止め)の投与によって腎不全を発症する恐れもあります。

日常生活で一番気を付けなければいけないのがレーズンとブドウです。

お菓子屋やパンに含まれるレーズンは犬にとっては毒薬になります。

小型犬なら1粒でも命の危険が生じる恐れがあります。

人間の食べ物が愛犬の口に入らない様にきちんと管理をしてあげて下さい。

犬の慢性腎不全

つぎに慢性腎不全です。

症状がわかりにくく自覚症状もないので気付いた時には8割近くの腎臓機能が低下しています。

尿検査で腎臓の状態を把握する事ができるので症状がわかりにくいからこそ1年に1度は検査をしましょう。

慢性腎不全の中でタンパク漏出性腎症という病気があります。

この病気は腎臓内で毒素や老廃物を排出する力を持つ糸球体が活性酸素などの影響によって傷つき機能が低下する病気です。

ここでも活性酸素の存在が大きく影響しています。

 

Sponsored Link



犬の腎不全の予防法と治療法

初期症状として多量の水を飲むようになります、その分排出量も多量になります。

進行していくと食欲不振になります。

食欲不振になる前に獣医師と相談できれば一番良いのですが、腎臓は症状が表に出るときにはかなり進行している場合が多く、わかりにくい病気です。

一度壊れた腎臓機能は回復する事はありません。

特に犬の場合は進行が早いので定期的に尿検査をすることが重要です。

尿検査でわかるbunやクレアチニン値の上昇、糸球体の機能低下によりタンパク質が多量に排出するので定期的な検査だけで十分に腎不全を防ぐ事ができます。

急性腎不全の治療は、原因となる根を取り除き点滴で腎臓機能の回復を促します。

場合によっては腹膜透析を行う病院もあります。腹膜透析とはお腹にカテーテルを入れてカテーテルから透析液を注入します。

注入した透析液から余分な毒素や老廃物を透析液の中に移して体の外に排出する方法です。

早急な処置で完治できる病気なので異変を感じたらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

遅れてしまった場合、完治しない恐れがあり慢性腎不全になってしまいます。

後悔しない為にも早急の治療が肝心という事になります。

慢性腎不全は「慢性」という言葉でも分かるように完治しない病気です。

治療方法は症状等で違いがありますが、共通の治療法として食事療法が有効です。

腎不全になるとリンを蓄積する体質になるのでリンの摂取を控えて体内に溜まった毒素や老廃物を促す食事や獣医師の指導に従い健康補助食品(サプリメント)を服用する治療法になります。

また、脱水症状になりやすい体質になるので愛犬が飲みたい時にいつでも水分補給ができる環境をつくりましょう。

Sponsored Link



犬の癌(ガン)

犬のガンは9歳過ぎた頃から発症率が急激にあがります。しかし若い犬だからと安心はできません。若い犬でも発症するガンがあります。

若い犬が発症しやすいガンは造血器腫瘍といってリンパ腫や骨肉腫などです。

骨肉腫は大型犬に多くみられ発症期も2、3歳と6歳の二通りの発症期があります。

【犬種・ガン腫瘍の違い】

【甲状腺腫瘍】

ゴールデンリトリーバー・ビーグル

【膀胱腫瘍】

コリー・ビーグル・シェットレンド・

【血管肉腫】

ゴールデンリトリーバー・シェパード

イングリッシュ・セッター 他大型犬

【肥満細胞腫】

ゴールデンリトリーバー・パグ

ヨークシャテリア、ボクサー

【リンパ腫】

ボクサー・ゴールデンリトリーバー

スパニエル

【肺がん】

短頭種(鼻ぺちゃの犬種)

シーズー・パグ・フレンチブルドック

【鼻腔内腫瘍】

長頭種(鼻の長い犬種)

ミニチュアダックス・コリー

シェットランド

【骨肉腫】

シベリアンハスキー

ゴールデンレトリバー

犬種によってガン発症の違いはありますが、大型犬のゴールデンはガン発症のリスクが他の犬種よりも高いと考えていいようです。

また、パグなどの短頭種が肺ガンになるリスクとして考えられるのが飼主の喫煙が大きな原因のようです。

鼻が短い為に直にタバコの煙が肺に入ってしまうことから肺ガンになりやすい犬種とされます。

犬のガンは人間と違い腫瘍が体の表面にできる事が多く、特に悪性肥満細胞腫は表面にでき早期発見がしやすいガンです。

また近年では口内にできる悪性メラノーマや良性の歯肉腫などアゴの骨まで溶かす症状のガンもあります。

手術が必要になりますが顎ごと切除しなければいけないので処置後のケアが大切です。

ガンになる要因としてあげられるのが添加物の含まれた食べ物、老化やストレスまたは紫外線などの影響で、体内に活性酸素が大量に発生します。

大量に発生した活性酸素は健康な細胞を攻撃し、免疫力が低下した細胞にガン細胞をつくりやすくしてしまいます。

Sponsored Link



犬のガン―予防法と治療法

ガンの予防方法は免疫力を高める生活習慣を心がける事が重要になります。

まずは、愛犬の欲求を満たしてあげるのが一番の方法です。ストレス発散に適度な運動をし、添加物の少ない食事を与えます。

日頃から体(口内も)の隅々を触り異常がないか確認をします。

他にも

  • 避妊手術をする事で平滑筋腫や卵巣ガン、子宮ガンの予防効果があります。
  • 雄犬は去勢手術を行う事により精巣腫瘍の発症予防もできます。

もし、体に触り異常があった場合や口内の炎症に気が付いたらかかりつけの獣医師に相談し検査を受けましょう。

ガンの検査は血液検査・X線検査・超音波で腫瘍が悪性か良性かを判断します。

どれだけ進行が進んでいるのかを確認し飼主と獣医師そして愛犬と話し合い、これからの治療法を決めるのが最善の選択方法です。

治療法で有名な方法は抗がん剤治療、放射線治療、外科手術、ホルモン治療などです。

腫瘍の種類や場所により外科手術ができない場合は放射線治療になります。昔に比べて放射線治療ができる病院施設も増えてきています。

抗がん剤治療は世間一般で考えると痛くて苦しいイメージがありますが、犬と人間では違いがあります。

犬にとって抗がん剤はそれ程の苦しい治療ではないようなので、愛犬の様子を見ながら獣医師と相談しながら治療を試す様にしてあげて下さい。

犬のガン治療は自宅療養になる為、飼主さんのケアが重要になってきます。

肺ガンや末期ガンになると肺にガンが転移してしまいます。

肺に転移してしまうと呼吸困難になり息をするだけも苦しい状態になります。

病院の検査で肺に転移が認められてしまった時は酸素室をレンタルする方法があります。酸素室の大きさ等がありますので電話で確認するのがよいです。

今やれる事、愛犬に最善を尽くせる事が飼主の幸せなのだと思います。

Sponsored Link



犬の皮膚病―アトピー皮膚炎

犬のアトピー皮膚炎は皮膚炎の発症より先に外耳炎を発症するケースもあります。3歳までに皮膚炎が発症しないからと言って安心してはいけません。

3歳頃まで繰り返し外耳炎になる犬はアトピー体質の可能性が高くなります。

アレルギーの原因は主に花粉や室内に生息しているダニ、カビなどで食べ物ではタンパク質の多い食事が取り上げられています。

アトピー皮膚炎は皮膚のバリア機能の異常やアレルギーの原因となる花粉などに免疫が異常に反応して炎症やかゆみを引き起こします。

炎症を起こす事により皮膚に活性酸素が大量に発生します。活性酸素が発生する事により皮膚炎症を悪化させてしまうのです。

アレルギーの原因となる病原を見つけ出す事が予防法になります。では、どのように原因を見つけたらいいのでしょうか?

犬のアトピー皮膚炎―予防法と治療法

愛犬がしきりに皮膚を舐めたり噛んだりした患部は、毛が抜けたりデキモノができたりするので比較的に発見は簡単にできる病気です。

しかし炎症の原因を特定するのには時間がかかり根気が必要になります。

動物病院で検査を受けても直ぐにはアトピー皮膚炎とは診断されない事があり、

他の病気の可能性も否定できない為、ひとつずつ病気の診断をする事になるので、色々な病院に行かず一カ所の動物病院で診断してもらうようにしましょう。

血液検査などでアレルギー物質(原因)が分かった場合、アレルギー事に生活環境を変える必要あり、生活の中に入ってくるアレルギー物質を減らす努力が一番の予防法です。

食事のタンパク質が原因の場合は現在食べているものから、アレルギーを起こしにくい加水分解フードを与え様子を見てみましょう。

また、ダニの可能性が高い場合は、室内の掃除をまめに行いダニの生息地となるカーペットやクッション、毛布などを清潔に保つ様にすることを心掛けて下さい。

花粉の場合は空気清浄器を上手く取り入れるようにするのが良いです。

治療法の中で服用するステロイドがありますが、副作用として上記で紹介したクッシング症候群を患う可能性がでてきます。

抗ヒスタミン薬の副作用は食欲不振や嘔吐、下痢などの症状が表れるので投与を考えなければいけないのかもしれません。

薬を投与する事で症状を軽くする事はできますが、根本から完治するわけではありません。

 

Sponsored Link



犬の健康に影響を与える活性酸素とは?

地球上に空気が無ければ犬も人間も死んでしまいます。生きる為には酸素を体の中に入れなければいけません。

酸素は細胞内でエネルギーを生産する機能を持つ「ミトコンドリア」という小器官が大事な役割をしています。

「ミトコンドリア」とは細胞の中にある小器官。酸素を材料にエネルギーをつくりだしている器官です。

ミトコンドリアは生きる為に大切なエネルギーをつくりだしてくれるのですが、エネルギーをつくりだす過程で「活性酸素」もつくり出してしまうのです。

生きる仕組みの中で自然と活性酸素を体の中でつくっているのは仕方のない事かもしれません。

この活性酸素は「スーパーオキシドラジカルと過酸化水素」(善玉菌)と「ヒドロキシルラカジル」(悪玉菌)の2種類に分別されています。

ここでお話しする活性酸素とは悪玉活性酸素「ヒドロキシルカジカル」になります。

悪玉活性酸素は強い「酸化」の力を持っているので体の細胞や遺伝子細胞を攻撃する事で老化や代謝の低下、免疫力の低下などにより生活習慣病を引き起こす要因と考えられています。

健康な細胞を傷つける酸化の力は病気の根源と言われています。

おもに悪玉活性酸素の異常発生する理由を説明します。

例えば、夏の暑い日にエアコンをつけますが、突然の運転にエアコンは電気をたくさん使います。

この原理と似ていて人間は突然の動きや急激な変化でたくさんのエネルギーを必要とします。その時に活性酸素もたくさん生産されているという事です。

また、日々のストレスの影響も大きいことが解っています。

それでは悪玉活性酸素を撃退してくれる水素水とはどうの様な力を持っているのでしょうか。

Sponsored Link



水素とは

水素は宇宙の3/4を占めていて空気よりも軽い気体。無色、無味、無臭で、しかも酸素と化合すれば無害な水に変わります。

現代でも水素エネルギーを期待する動きがあります。

その理由としてあげられるのが大気汚染を出しているガソリン車です。排気ガスや二酸化炭素をだすことで重大な環境問題を抱えています。

その点、水素エネルギーは汚染となる排気ガスや二酸化炭素を出しません。燃やした燃料は無害の水に変わるだけです。

また第一線で活躍している医師や歯科医、薬剤師などの多数の方々が水素の医療効果に期待を寄せています。

なぜ、ここまで関心を持たれている水素が今まで注目を浴びなかったのでしょうか?

水素と医療

水素の性質として抗酸化物質の働きをします。他の抗酸化物質ではビタミン類やリコピン、コエンザイムQ10、ペプチド、カテキン、大豆イソフラボン等があります。

すべて、体に良い成分と認識している人が多いと思います。

残念な事にビタミンやリコピンの場合、体の隅々まで行きわたる事ができません。それに対して水素は最も小さい物質のため、水素水なら体の隅々まで、しかも小さい細胞の中までいきわたる事ができる、万能の抗酸化物質といえます。

人間の身体は酸化するという事は昔からの研究で解明されていましたが、体に悪い悪玉活性酸素の存在をきちんと認められていなかった事が水素研究の進歩を妨げていました。

今では活性酸素の存在やその有害性が研究から判明し活性酸素を撃退する水素は短い期間で数々の結果を報告しています。

生活習慣病をはじめとして循環器や脳神経、呼吸器、皮膚病、腫瘍、眼科、血液系、花粉症、痛風などの病状に効果や改善効果があると報告されているほどの力が水素にはあります。

  • 活性酸素だけを除去し体に大切なものは一切反応しない働きをする事。
  • 悪玉活性酸素ができにくい体質改善。
  • ストレスにおける活性酸素の除去。
  • 酸化する細胞を抗酸化作用で守る。
  • 血液中の中性脂肪、血糖値が下がる。
  • 身体全体の炎症を抑える。
  • 免疫力と代謝の上昇
  • 体力回復

この様な効果がある水素水は活性酸素を副作用なく除去してくれます。

副作用がないという事は人間よりも体の小さな犬に体の負担をかけず効果を得る事ができということです。

これから先も水素の力により人間医学と動物医学の発展は急速に進歩していくのではないでしょうか。

 

Sponsored Link



水素水について

効果のある水素水を飲むとトイレに行く回数が増えます。

身体に効果のある水素水とは水素濃度が0.8ppm以上、酸化還元電位数が-300~-650mvです。

悪玉活性酸素を無害な水として除去してくれるのが水素水(H2)です。

大学の研究所による論文では、水素は胃に入りグレリン(ホルモン)が分泌され脳神経保護に働きかける効果があることが判明しています。

※グレリンとは脳に良い影響を与えるホルモンのことです。

その他にも水素における様々な有意な効果に対する論文は500以上となっています。

Sponsored Link



水素医療とこれから

たくさんの医療分野から人間を対象に水素の研究は行われています。

  • 2型糖尿病
  • メタボリックシンドローム
  • 慢性腎不全(透析)
  • 炎症 ミトコンドリア性筋症
  • 放射線治療の副作用軽減
  • 関節リウマチ
  • 筋肉疲労と血液乳酸
  • 圧力皮膚潰瘍
  • 間質性膀胱炎
  • 脳虚血
  • 紫外線による皮膚障害
  • 脂質代謝異常
  • 慢性B型肝炎
  • パーキンソン病
  • 運動時による筋障害
  • 運動時による乳酸血症
  • 静脈流改善

(日本医科大学 太田成男教授 HPより)

これだけの研究が日々行われており、現在は水素水が病気や健康において大きな効果を発揮することがわかっています

そして人間と犬の病気の仕組みはほぼ同じです。

今では水素水を導入している動物病院もたくさん増えています。

水素水の効果を利用する事で愛犬の病気改善と予防を次のようにまとめました。

犬の糖尿病に対する水素の効果

インスリンの生産が上手く出来なくなる原因の一つである活性酸素を除去してくれる水素水を飲む事でインスリンがきちんと効くようになります。

水素水は悪い部分にだけ作用してくれるので、副作用もなく安心して愛犬に与えられる事ができるお水です。また、インスリンが効くことにより肥満の改善にもなり予防と治療を兼ね合わせる事ができる水素水の力を使わない手はありません。

犬の歯周病に対する水素水の効果

歯周病の原因となる歯周病菌は歯周ポッケトに蓄積し気付かないうちに腫れや炎症といった症状がでます。

炎症などの症状が出ると身体全体に活性酸素が大量に発生する事になります。

毎日のデンタルケアと飲み水を水素水に変えるだけで歯周病への効果を感じる事ができます。

水素水にする事により常に炎症したカ所に直接行きわたり口臭も気にならなくなります。

Sponsored Link



犬の腎不全に対する水素水の効果

腎不全の原因として老廃物を排出する力を持つ糸球体が活性酸素などの影響によって傷つき機能が低下する事で発症してしまいます。水素水を飲む事で糸球体を守る事ができます。

腎不全は活性酸素の攻撃が影響しています。そのため悪玉活性酸素を体から排除することで腎臓の機能を守ることができます。

犬の癌(ガン)に対する水素水の効果

ガンの原因は老化やストレスなど様々あります。

一番が免疫力の低下ではないかと考えます。

水素水はストレス時に発生する活性酸素を体の外に運んでくれる力を持っているので効果を期待できます。

しかも免疫力もアップしてくれるので弱くなってしまった体を助けてくれます。

メラノーマなど患部が表面的に出ているガンには直接水素水をかけてあげるのも良い方法です。

完治が難しいガンでも少しでも免疫を上げて進行を抑制するために水素水を活用することはとても良いことです。

 

Sponsored Link



犬の皮膚病やアトピー性皮膚炎に対する水素水の効果

アトピー性皮膚炎はかなりのストレスを抱える事になります。

有害な活性酸素が最も発生するのがストレスです。

また病院で出される薬も副作用を考えると、なるべく使いたくない飼主さんも多い事と思います。

そこで、水素水が効果を発揮してくれます。炎症のある患部に直接かけてあげるだけで炎症が軽減される事がわかってきており、またその効果を多くの人や犬をはじめとするペットで実感されています。

そして定期的に水素水を使ってシャンプーするとかなりの効果を得る事ができます。

ストレスにより体内に活性酸素が大量に発生しても水素水を飲ませてあげる事で悪玉活性酸素を体から追い出してくれます。

飲み水とシャンプーに水素水を使えばその効果を最大限に受けることができます。

水素水で犬が下痢を起こす理由とは?

愛犬に水素水を使うようになってから一時的に下痢をする場合があります。

これは水素水の効果により体内の有毒物を解毒し排毒する力が高まったことによる現象であるケースが多いです。

そして1日もしくは数日でこの症状もおさまります。

水素水は副作用がなく無害です。愛犬が下痢を起こした場合は日頃の疲労やストレスが考えられるのでゆっくりと体を休ませてあげましょう。

また下痢が続くような場合は水素水の影響ではなく、別の可能性が考えられます。食べ物に注意し獣医師に見てもらうことも大切です。

Sponsored Link



犬の白内障に対する水素水の効果

犬は6歳を過ぎると多くの場合、白内障に掛かっています。

症状が出ている場合とそうでない場合がありますが、いずれにしても水晶体の濁りは早い段階で始まっています。

特に白内障になりやすい犬種

コッカー・スパニエル

プードル

ミニチュア・シュナウザー

ゴールデン・レトリーバー

ビーグル

ボストン・テリア

シベリアン・ハスキー

など

白内障における動物病院での治療費

各病院により異なりますがおおむね30万円以上となっています。

やはり大切な愛犬が病気になってしまうと哀しさだけではなく経済的な負担も大きいです。

犬の白内障には水素水が効果的

白内障の進行を早めてしまう活性酸素を体内から除去できる水素水の活用は非常に効果的です。

Sponsored Link



犬と水素水に関するまとめ

水素水は薬と違い副作用がなくとても安全です。また、病院の治療や薬は病気や症状が出てからの対処療法ですが水素水は健康なうちから活用することができ、今後訪れる可能性のある病気や症状、老化現象の予防ができます。

犬は大切な家族です。家族の健康を守りいつまでも元気でいてもらうためにも水素水はとても大きな役目を果たします。

そして犬にとっても飼い主はとても大切な家族です。家族である大切な愛犬を悲しませないためにも飼い主がいつも健康で元気でい続けることが大切です。

そのためにも愛犬とともに水素水を生活の中に取り入れていつまでも一緒に元気でい続けていただきたいと思います。

水素水の研究は始まったばかりです。すでに多くの臨床結果が人間や動物に出ていますが、これからはさらに多くの研究結果が発表されます。

それに伴い水素水により「元気であり続ける・元気を取り戻した」そういう犬や猫をはじめとするペットが多くなることはとても喜ばしいことですし、もちろんそれは人間においても同じです。

これからも素晴らしい効果を生み出してくれる水素水を愛犬と一緒に活用する事をおすすめします。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 水素水は化粧水としても効果が抜群!美白にも敏感肌にもぴったり

  • 水素水はアレルギーに効果大!アレルギーのメカニズムと効果的な水素水の使い方について

  • 活性水素水の効果を様々な機関が調べた結果は?

  • 水素水が人気である理由を徹底的に調べました!

  • 水素水の人気が高まり続けている理由とは?

  • 水素水をペットボトルに入れるとただの水?水素水の特徴を知って最適な保存方法とは?