1. TOP
  2. キムチ
  3. キムチで痩せる効果がすごい!だれでも今すぐ実践できる簡単な方法を公開します!
Sponsored Link

キムチで痩せる効果がすごい!だれでも今すぐ実践できる簡単な方法を公開します!

キムチ   17 Views
「キムチで痩せるのはなぜ?」
あなたももしかしたら、「キムチを食べたら痩せた」「〇ヶ月で〇〇kg体重が減った!」といううような経験談を聞いたことがあるかもしれません。
このような成功談は、決して大げさな話ではありません。事実キムチで痩せることは可能です。
なぜならキムチには、痩せることができる理由がたくさんそろっているからです。
そこで今回は、今までいろいろなダイエットに挑戦したけどダメだったという人に向けて、キムチが確かに痩せる効果があるといえる理由と、痩せるための具体的な方法について解説します。
今回は主に次のふたつに絞って詳しく解説します。
①キムチで痩せる理由
②キムチで痩せる方法
キムチダイエットは、簡単で費用がかからず、美味しく手軽に痩せることができる方法です。どうぞ最後まで読んで、キムチダイエットを始める動機づけにしてみてください。
Sponsored Link



ダイエットには痩せるだけではなく太るダイエットもある

ダイエットと聞くと、体重を落として痩せるためのものというイメージが強いと思いますが、ダイエットには痩せるだけでなく太るダイエットもあります。

ダイエットの本来の意味は、「適正な体重にすること」であり、すでに太っている人にとっては「痩せるダイエット」が必要になりますが、病的に痩せている人にとっては「太ることがダイエット」ということになります。

素晴らしいことにキムチには太るダイエットも痩せるダイエットも共に効果があります。言い換えますと、真の意味での効果があるダイエット、それがキムチダイエットです。

なおキムチで健康的に太るダイエットについては「キムチで太る!健康的で美しく太るキムチダイエット法」で詳しく解説しています。

またキムチのダイエット効果の根拠や関係する成分、については「キムチのダイエット効果が凄い!とっておきの食べ方やレシピを紹介します!」で詳しく解説していますのであわせてお読みください。

Sponsored Link



キムチで痩せることができるのはなぜ?

キムチで痩せることができるのには、次のようなちゃんとした理由があります。

・カロリーが低い
・痩せる成分がある
・乳酸菌が痩せる体質になる

このようにキムチは、ただ太らないとか、体重が落ちるだけでなく体質そのものがすぐに痩せることができるように変化します。

つまり一度キムチダイエットに成功したら、リバウンドする可能性も低くいつまでも健康的な体重を維持することができます。

キムチのカロリーは低いので痩せる

キムチはカロリーが低いのに栄養価が高いので、健康的に痩せることができます。

日本でよく見かける白菜キムチは、100g当たり約46カロリーしかありません。しかしそのキムチの中には、食物酵素やビタミンB群、ビタミンC、亜鉛などの栄養素が豊富に含まれています。

また後ほど詳しく紹介しますが、キムチと相性のいい納豆と一緒に食べればキムチの痩せる効果が高まるだけでなく、キムチに足りないタンパク質やカルシウム等を補うことができます。

「キムチと納豆に少しのご飯」たったこれだけで1日に必要な栄養素をかなりとることができ、かつカロリーが低いので健康的に痩せることができます。

キムチには痩せる成分がある

キムチには痩せる成分がたくさん含まれていますので、痩せることができます。つまり太らないというだけでなく、キムチを食べることによって痩せることができます。

そのキムチの痩せる成分とは、「カプサイシン」、「アリシン」「食物酵素」です。これらの成分について詳しく紹介しつつ、痩せる効果を高める秘訣について解説します。

カプサイシンの痩せる効果

トウガラシの成分であるカプサイシンは、代謝を高め脂肪を燃やす効果がありますので、痩せることができます。

キムチなどトウガラシがたくさん入った食べ物を食べると体が温まって汗をかくことがあります。この時の発汗作用のために使うエネルギーは脂肪から出ています。

運動をする時にも汗をかきますが、実は最初に使われるエネルギーは脂肪分ではなく糖分で、最終的に体脂肪が使われるようになるためには20分ほど有酸素運動を続けなければなりません。

よく「ダイエットをするためには有酸素運動を20分以上した方が良い」といわれるのは、そのようなメカニズムが関係しています。

しかしキムチのカプサイシンは、すぐに脂肪をエネルギーにしますので有酸素運動よりも効率が良く、有酸素運動をしなくてもキムチだけで痩せることができるという意見もあります。

ただ発汗作用だけのエネルギーでは、痩せるほど脂肪を燃やしてくれません。それでむしろキムチと有酸素運動との組み合わせが最も効率の良い方法ということができます。

それでキムチを食べた後はできるだけ有酸素運動をするように心掛けてください。有酸素運動をする時間がないなら通勤時にエレベーターを止めて階段を使って上り下りする、一駅分歩いて帰るなど意識的に身体を動かすように努めれば、体脂肪を効率的に燃やして痩せることができます。

アリシンの痩せる効果

にんにくのあの臭いの成分の元であるアリシンは、強い殺菌力があることで知られていますが、痩せる効果もあります。

アリシンはたんぱく質を分解して消化吸収を促進する効果があるからです。カプサイシンは脂肪を燃やす効果がありますが、アリシンは脂肪になる前に消化する効果がありますので、痩せる効果が倍増します。

またアリシンは加熱すると「スコルジニン」という成分に変化しますが、この成分は新陳代謝を促進して痩せやすい体質にしてくれます。

それでキムチはそのまま食べても、キムチ鍋などのように温めて食べても痩せる効果が期待できます。

食物繊維の痩せる効果

キムチには、白菜キムチ、大根キムチ、キュウリキムチなどいろいろな種類がありますがどのキムチも大抵多くの食物繊維が含まれています。

キムチを食べた時の「シャキシャキ」とした食感が、キムチの食物繊維ですが、このように咀嚼(そしゃく)回数が自然と増えることで、満腹中枢が刺激され食べすぎを防止してくれます。

キムチはカロリーが低いですが、このように食べすぎ防止効果がありますので痩せることができます。

また食物繊維はお通じを出やすくする効果がありますので、便のかさの分痩せることができます。乳酸菌にも便秘改善効果がありますので、ダブル作用で強い便秘改善効果があります。

キムチの乳酸菌は痩せる体質になる

キムチは乳酸菌が豊富に含まれていますが、この乳酸菌にも痩せるダイエット効果があります。

ほとんど同じ量を食べ、同じ運動量なのに、すぐに太ってなかなか痩せない人もいれば、なかなか太らないですぐに痩せる人がいます。あなたはどちらのタイプですか?

このようにすぐに太る人痩せる人がいるのは、腸内の菌が大きく関係しています。

私たちの腸内には、悪玉菌と善玉菌と日和見菌で構成されていますが、乳酸菌は善玉菌のひとつです。

そしてこの中の日和見菌というのはとても興味深い菌で、腸内で善玉菌の数が悪玉菌の数より増えると、善い行動をし、腸内で悪玉菌の数が善玉菌の数より増えると悪い行動を取る、というまさに日和見主義です。

この日和見菌には「ヤセ菌」と「デブ菌」があり、「ヤセ菌」の数が「デブ菌」の数より増えると痩せやすい体質になり、「デブ菌」の数が増えると太りやすい体質になることがわかっています。

乳酸菌を摂取するとヤセ菌が増える効果がありますので、キムチのようなにゅうさんきんがたくさんふくまれているしょくざいをていきいくら食べてもなかなか太らない体質になります。

キムチの痩せる効果まとめると…

このようにキムチが痩せることができるのは、1つの理由ではなく複数の理由があります。

体内で痩せ菌が増えることによって痩せやすい体質になり、脂肪がつきにくくなり、代謝が良くなってすでにある体脂肪が燃えやすくなります。また便秘が改善されるので見た目もすっきりします。

このようにキムチは様々な方向から痩せる効果がありますので、一般的なダイエットに比べて成功しやすいのが特徴です。

Sponsored Link



キムチで痩せる食べ方

キムチダイエットは、基本的にキムチを食べるだけの簡単なダイエット法ですが、食べ方によって痩せる効果が倍増します。

これらの方法を試しながらキムチを食べれば、早く目標の体重まで痩せることができます。

①ご飯の前にキムチを食べる

②肉を食べる時にキムチを食べる

③納豆を食べる時にキムチを食べる

④水キムチも食べる

⑤毎日継続的にキムチを食べる

⑥ゆっくり噛みながらキムチを食べる

⑦夕食か寝る前にキムチを食べる

キムチで痩せる食べ方①ご飯の前にキムチを食べる

痩せるためには、キムチはできるだけご飯の前に食べるようにしましょう。

キムチはキムチやニンニクの効果でお腹がいっぱいでも食べることができますが、お腹いっぱいの状態でキムチを食べれば、いくら低いとはいえカロリーがそのまま増えてしまいますので痩せることはできません。

しかしキムチを食事前に食べることによって、食事の量を制限することができます。

またキムチの食物繊維はご飯に含まれる糖分の吸収を穏やかにし、血糖値の急上昇を抑える効果もあります。

キムチで痩せる食べ方②焼肉を食べるときはキムチを食べる

焼肉のような脂肪分が多い食べ物を食べるときはキムチを食べるようにすれば、ダイエット効果があります。

焼肉は高カロリーでダイエット中に食べることはできない、と思っている人も多いと思いますが、キムチには脂肪の吸収を抑える効果がありますので、ダイエット中でも食べることができます。

もちろんいくらキムチを食べても、焼肉を食べてしまったらカロリーオーバーとなりさすがに痩せることはありません。

しかしダイエット中に制限して、美味しいものを食べるのを我慢しているとダイエットが続きにくいのではないでしょうか。

この点で焼肉を食べるのを一切やめるのではなく、焼肉を食べる時にキムチを食べるようにすればダイエットを続けるのが楽になり、結果的に痩せることができます。

キムチで痩せる食べ方③納豆を食べるときはいつでもキムチをいれる

痩せるためには、納豆を食べる時必ずキムチを入れるようにしてください。

納豆はそれ自体が悪玉コレステロールを溶かしてくれるダイエット食品ですが、キムチと一緒に食べることによって痩せる効果がさらに増えます。

キムチに含まれている乳酸菌は生きていますが、納豆に含まれている納豆菌が好物です。それで納豆と一緒に乳酸菌を食べると体内で乳酸菌の数が急激に増えることが確認されています。

キムチのダイエット効果の中でも特筆すべきなのは、乳酸菌によるヤセ菌が増える効果ですが、納豆と一緒に食べることによってヤセ菌がキムチを食べるだけの時に比べてさらに増えます。

キムチと納豆は味の面でも相性がいいので、納豆を食べるときにはいつでもキムチを入れるようにしましょう。

キムチと納豆と玉ねぎを混ぜて置けば痩せる効果がさらに倍増する

乳酸菌を増やすという効果をさらに高めるためには時間が必要です。

乳酸菌のエサは、食物繊維とオリゴ糖、そして納豆菌ですが、キムチにはすでに食物繊維が大量に含まれていますので、時間がたてばたつほど乳酸菌は増殖していきます。

このときキムチに、納豆菌が含まれている納豆、オリゴ糖がたくさん含まれている玉ねぎを刻んでキムチに混ぜておけば、キムチの乳酸菌が爆発的に増えていきます。

冷蔵庫に入れて一晩おくだけでも、かなり増え、そのままご飯にかければ美味しい納豆ご飯となりますのでぜひ試してみてください。

キムチで痩せる食べ方④水キムチを食べる

時々普通のキムチの代わりに、水キムチを食べれば痩せる効果はさらに高まります。

キムチは1gあたり1億個以上の乳酸菌がいますが、水キムチは1gにつき3億個以上の乳酸菌がいるので、実は乳酸菌効果はキムチよりも高い食材です。

水キムチの乳酸菌の数が多い秘密は、水キムチの「水」にあります。作り方は人それぞれですが、通常米のとぎ汁など乳酸菌が増えやすい状況の中で、白菜やニンジンなどの野菜をたっぷり入れます。

日本の漬物は、塩を漬けた時に出てくる野菜の水分を捨ててしまいますが、水キムチはそのまま残しておくので乳酸菌が一気に増えていきます。

それで水キムチを食べるときは、乳酸菌がたっぷりな水を絶対に捨てないようにしてください。冷麺のたれやスープの材料にして水キムチの水を全部飲むようにしましょう。

キムチで痩せる食べ方⑤毎日継続的に食べる

キムチを毎日50g~80g程度継続的に食べることは、痩せるために非常に大切です。

キムチを食べることによって、すぐに体重が急激に減ることは期待できません。キムチは痩せる体質にするダイエット法なので、時間と継続性が必要です。

キムチによって痩せたと実感できる期間は人によって違いますが、少なくても3週間はかかります。

この期間までに毎日継続的に食べることによって、腸内の乳酸菌の数や種類が変わってきますので、痩せやすい体質が整ってきたといえるでしょう。

痩せる効果を本格的に実感するためには、さらに3ヶ月~6ヶ月必要です。この期間は時々キムチを食べない時があっても問題ありませんが、出来るだけキムチを欠かさず食べるようにしましょう。

キムチで痩せる食べ方⑥ゆっくり噛みながら食べる

キムチを食べる時、ゆっくり噛みながら食べるようにしてください。

キムチには食欲増進効果のあるカプサイシンやアリシンなどの成分がありますので、急いで食べると食事をたくさん食べたくなってしまいます。

しかしゆっくり咀嚼することで食物繊維が膨れ上がり満腹感が出てきますので、食事の量を抑えることができます。

また食物繊維は食事の前に食べることによって糖の吸収が穏やかになる効果がありますが、この効果もゆっくり噛んで食べないと十分な効果を得ることができません。

満腹中枢は、食後20分後に達しますのでもし本格的に食事の量を制限したいなら、食事の20分前にキムチを小皿1杯ゆっくり噛んで食べてみてください。

キムチで痩せる食べ方⑦夕食~寝る前に食べる

キムチは1日中いつ食べてもやせる効果がありますが、便秘の改善をしたい人は夕食から寝る前の間にキムチを食べるようにしてください。

キムチには便秘解消効果のある食物繊維と、腸内環境を整える乳酸菌が含まれていますので夜キムチを食べるようにすれば、寝ている間に腸内環境が整い、翌朝便がしっかりと出るようになります。

いくらキムチで痩せても、便秘でお腹がポッコリ出ているとあまりダイエットした感じがしません。腸内環境からしっかり改善して内も外もダイエット効果が出るように寝る前にキムチを食べるようにしましょう。

またキムチを夜寝る前に食べれば、睡眠の質が高まりぐっすり眠ることができますので、「寝不足からくるストレスによりドカ食いをしてしまう」というような事態を避けることができます。

キムチが睡眠の質を高めることができるという根拠や、睡眠の質を高める具体的な方法については「キムチの効果が凄い!集中力を維持し睡眠の質を高めることができる!」で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

 

Sponsored Link



【まとめ】キムチで本当に痩せた!

キムチの痩せる効果について解説しましたがいかがだったでしょうか。

・キムチはカロリーが低くて栄養価が高く、ゆっくり噛みながら食べれば食事の量が制限できます。

・キムチは脂肪がつきにくくなる成分や燃やす成分があり、痩せやすい体質になるように腸内環境を整える効果があります。

・キムチダイエットは毎日継続的に続けることが大切です。

・キムチは納豆と一緒に食べると乳酸菌の数が増えます。

乳酸菌だけでも痩せる効果がありますが、キムチは他の乳酸菌食品と比べても乳酸菌の数が多いだけでなく、トウガラシやニンニクなど痩せる効果のある成分がたくさん入っていますので、キムチで本当に痩せたという人は少なくありません。

栄養価が高くて痩せる成分がたくさん入っているキムチを毎日食べれば、痩せることができるだけでなく、腸内から健康になることができます。

なおキムチが健康的といえる根拠については「キムチは健康にいい!世界トップレベルのその健康効果とは」で詳しく解説していますのであわせてお読みください

 

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • キムチで痩せる効果がすごい!だれでも今すぐ実践できる簡単な方法を公開します!

  • キムチで太る!健康的で美しく太るキムチダイエット法

  • キムチは健康にいい!世界トップレベルのその健康効果とは

  • キムチの効果が凄い!集中力を維持し睡眠の質も高めることができる!

関連記事

  • キムチのダイエット効果が凄い!とっておきの食べ方やレシピをお伝えします!

  • キムチは健康にいい!世界トップレベルのその健康効果とは

  • キムチで太る!健康的で美しく太るキムチダイエット法

  • キムチの効果が凄い!集中力を維持し睡眠の質も高めることができる!