1. TOP
  2. キムチ
  3. キムチで太る!健康的で美しく太るキムチダイエット法
Sponsored Link

キムチで太る!健康的で美しく太るキムチダイエット法

キムチ   312 Views

「キムチを食べると太るの?痩せるの?」答えは両方です。でもどちらも健康的な意味で痩せ、また太ることができます。

世の中には、太り過ぎているので痩せたいという人もいますが、痩せすぎなので太りたいという人もいます。

病気などによって体重がかなり減った人は、少し太って標準的な体重に近づきたいという方もいらっしゃるでしょう。

キムチは食べ方によって、健康的に太ることも健康的に痩せることもできる素晴らしい食材です。

キムチを食べれば、ただ痩せたり太ったりするのではなく、理想的な体重に近づけるようになるというのが大きな特徴です。でもそのためにはちょっとした知識が必要です。

今回はキムチを使った真のダイエット法として、次の点を解説します。

・ダイエットの本当の意味
・キムチで美しく健康的に太る理由
・キムチで美しく健康的に太る方法
・美しく健康的に太るためのキムチとの組み合わせ
・キムチで醜く病的に太らないために

キムチを食べれば、美しく健康的に太ることができます。そしてそれは“ダイエット”でもあります。この記事を読めばその意味を理解し、必ず理想的な体重を手に入れることができます。

ぜひ最後までお読みください。

Sponsored Link



Contents

キムチを使った『痩せる』ダイエットと『太る』ダイエット

ダイエットというと、「運動や食事の量を制限して体重を減らす」ことを目的としたものと考えている人がいるかもしれません。

しかし英語のDietingの本来の意味は、「適正な体重にしていくこと」なので、痩せている人が運動や食事を通して太ることも、ダイエットということになります。

ダイエットの本来の目的は、痩せることでも体重を落とすことでもなく健康になることです。そしてキムチは健康に太ることも痩せることもできる優れた食材です。

この記事では、主にキムチで健康的に太るダイエット方法について解説します。

なおキムチで痩せるダイエットについて知りたい方は「キムチで痩せる!だれでも今すぐ実践できる簡単な方法を公開します!」で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

またキムチのダイエット効果の根拠や関係する成分、については「キムチのダイエット効果が凄い!とっておきの食べ方やレシピを紹介します!」で詳しく解説しています。

健康的に太るとは

太るのは簡単ですが、健康的に太るのは簡単ではありません。太るダイエットは、ある意味では痩せるダイエットよりも難しいといえるかもしれません。しかしキムチの力を借りればそれは可能です。

さて健康的に太るというのはどういうことかをはっきりする前に、「太る」ことの定義を理解しておきましょう。

太るというのは、「エネルギーを過剰供給した状態」と定義することができます。

私たちは日々の生活の中で、常にエネルギーを消費しています。この時消費したエネルギーよりも供給したエネルギーが上回れば太ることになりますし、供給したエネルギーよりも消費したエネルギーが上回れば痩せることになります。

さて健康的に太るためには、以下の3つのことを考慮に入れておく必要があります。

① 食事によって身体に必要な栄養を供給する
② 食事によって不必要なエネルギーを供給しない
③ 運動によって筋肉質な体を作る

キムチを使って健康的に太るために、まずこの3つの点を理解し実行していきましょう。

①食事によって身体に必要な栄養を供給する

太るためには、食事をたくさんとる必要がありますが、健康的に太るためには「身体にとって本当に必要な栄養素」だけを摂るようにしなければなりません。

食事の中には筋肉を作るたんぱく質、健康的に太る菌や病的に太るのを防止する酵素など様々な栄養素があります。これらを上手に摂取すれば健康的に太ることができます。

キムチやキムチと一緒に食べる料理は、身体にとって本当に必要な栄養素を供給してくれます。

②食事によって不必要なエネルギーの蓄積を避ける

健康的に太るために特に気をつけたいのは、必要な栄養素を供給する一方で糖分、塩分、脂肪など不必要な栄養素やエネルギーの取り過ぎに気を付けることです。

脳梗塞や肝硬変、糖尿病など深刻な病気は全てこれら不必要な栄養素の取り過ぎによって生じます。

太ることを目標にしている人が、やみくもに食事量を増やすと糖分、塩分、脂肪などの取り過ぎとなってしまい病的に太るようになります。

キムチはカロリーが低く、脂肪を燃やしてくれる効果がありますが、一方で糖分や塩分が多いので注意して食べる必要があります。

③運動によって筋肉質な体を作る

健康的に太るために欠かすことができないのは、筋肉を作る運動、つまり筋トレです。

ダイエットする場合はどちらの運動も必要ですが、とりわけ痩せるためのダイエットは、マラソンやスイミングなど有酸素運動が中心であるのに対し、太るためのダイエットは、無酸素運動を中心にして筋肉を太くする必要があります。

たんぱく質など必要なエネルギーを供給し、無酸素運動で筋肉を太くするトレーニングをすれば筋肉が多く脂肪が少ない理想的な体になります。

キムチはたんぱく質があまりありませんが新陳代謝を活発にする効果があります。キムチを食べてから運動をすれば余計な脂肪が燃えやすくなりますが、その後たんぱく質が多く含まれる食材を食べる必要があります。

Sponsored Link



キムチで美しく健康的に太る理由

キムチを食べることによって、美しく健康的に太ることができるのには理由があります。

キムチには次のような4つの特徴があるからです。

① カロリーは低いが満腹になりづらい
② 食欲増進と代謝アップ効果がある
③ キムチによって腸内環境が改善される
④ キムチにはダイエットに関係する食物酵素がある

これらが健康的に太るためにどのように関係しているかについて詳しく解説します。

キムチで美しく健康的に太ることができる理由①カロリーが低いが満腹になりづらい

キムチは同じグラムで計算すると、食パンの1/6しかカロリーしかないという情報は、痩せるダイエットをしている人にとってうれしい情報かもしれません。

しかし満腹感があまりないのでいくらでもキムチを食べることができるというのは、太るダイエットをしている人にとっては朗報です。

つまりキムチは痩せるダイエットをしたい人は、「お腹がすいた時」に食べれば低カロリーである程度食欲を抑えることができます。

そして「太るダイエットをしたい人」はお腹がすいていない時に食べるようにすれば、他の食べ物は食べられなくてもキムチくらいなら食べられるかもしれません。

キムチで美しく健康的に太ることができる理由②食欲増進と代謝アップ

キムチは食欲増進効果があり美味しく食事を食べることができますが、食べると新陳代謝を向上させる効果により、脂肪が燃焼されますので健康的に太ることができます。

キムチを食べると他のご飯も食べたくなるのは、キムチのトウガラシの成分であるカプサイシンが関係しています。

暑い日が続いて夏バテになると食欲が落ち、体重がどんどん減ってしまうかもしれませんがそんな時はキムチを食べましょう。

カプサイシンには夏バテ防止効果もあり、食欲がなくてもキムチを食べればほかのご飯も食べることができるようになります。

キムチで美しく健康的に太ることができる理由③腸内環境が改善される

腸内環境が改善されると、痩せることもできますが太ることもできます。

腸内環境が改善されることによって太ることができる理由は、栄養の吸収率が上がるからです。

腸内環境が改善されると脂肪の吸収を抑えるバクテロイデス菌が増え、脂肪の吸収をよくするファーミキューテス菌が減ります。

つまりキムチを食べることによって腸内環境が改善されると、栄養の吸収率は上がりますが、脂肪はつきにくくなるという、理想的な太り方ができるようになります。

キムチで美しく健康的に太ることができる理由④食物酵素

キムチのような植物性発酵食品には、食物酵素が多く含まれていて、たんぱく質の消化や分解を助けてくれます。

焼肉を食べるとよくキムチが出てくるのは、ただの韓国料理つながりではありません。キムチを食べればお肉を、脂肪になるまえに分解して筋肉を作る材料にしてくれるからです。

なので痩せるダイエットをしている人も太るダイエットをしている人も、キムチを食べれば焼肉を食べることができ「病的に太る」ことを防いでくれます。

Sponsored Link



キムチで美しく健康的に太る方法

キムチは健康的に太る要素がありますが、ただキムチを食べているだけでは健康的に太ることはできません。

次の4つの点を意識して行っていく必要があります。

① たくさん食べてたくさん運動する
② 質の良い睡眠をとるようにする
③ お腹がすいたらキムチを食べるようにする
④ 計画を立てる

痩せるダイエットにも計画的で継続的な努力が必要なのと同様、太るダイエットも計画性が必要です。

それぞれについて詳しく解説しますので、ぜひ今すぐ計画に取り入れて実際に当てはめてみてください。

キムチで美しく健康的に太る方法①たくさん食べてたくさん運動する

キムチを中心に、「高たんぱく低カロリー」の食事をたくさん食べて運動するなら健康的に太ることができます。

ダイエットというとまず有酸素運動を思い浮かべるかもしれませんが、キムチを食べるなら基本的に無酸素運動だけで十分です。

有酸素運動の主な目的は脂肪を燃やすことですが、脂肪は筋肉の周りから燃えるという傾向がありますので、無酸素運動をすることによって脂肪がつきにくい体になるからです。

さらにキムチ自体にも脂肪をつきにくくし、すでについている脂肪を燃やす効果があるので、無酸素運動だけでも不必要な脂肪が落ちるようになります。

キムチを食べて運動をすれば脂肪は減りながら、男性は筋肉がどんどん太くなって、女性はしなやかな筋肉になります。

筋トレをするときは、正しい方法で行えば自重トレーニング(自分の身体を負荷にするトレーニング)でも効果がありますが、ジムなどに通ってウェイトで負荷をかけたトレーニングをすれば早く太ることができます。

キムチで美しく健康的に太る方法②質の良い睡眠をとる

健康的に太るためには、睡眠をとることを忘れないようにしましょう。

人間は睡眠中に、脳や内臓、筋肉を休ませるだけでなく、成長ホルモンを分泌させて筋肉を作っています。言い換えますと、健康的に太るための作業は睡眠時に行っているということです。

以前では22時~2時まで成長ホルモンが一番活発に出る「ゴールデンタイム」と呼ばれていましたが、今では成長ホルモンが分泌するのに時間帯は関係がないというのが定説です。

成長ホルモンが最も活発に分泌されるのは、寝始めてから最初のノンレム睡眠(深い睡眠の状態)。つまり寝始めで深い睡眠のノンレム睡眠状態に入れば成長ホルモンが大量に分泌されるようになります。

寝る前にキムチを食べるなら健康的に太る

キムチは睡眠の質を高めるGABAという成分が豊富に含まれていますので、寝る前に食べれば睡眠の質が高まり、すぐにノンレム睡眠状態になります。

なのでしっかり運動をし、キムチを食べて睡眠の質を高めれば、成長ホルモンが大量に分泌されて筋肉を作ってくれます。

なおキムチがなぜ睡眠の質を高めることができるのか、またそのための具体的な方法については「キムチの効果が凄い!集中力を維持し睡眠の質も高めることができる!」で詳しく解説していますのであわせてお読みください。

さらにキムチには整腸作用がありますので、便秘な方も翌朝お通じがしっかりと出ますので、健康的に太るのと同時、不必要なものは排出されるようにます。

キムチで美しく健康的に太る方法③夜中にお腹がすいたらキムチを食べる

いくら太りたいからといって、夜食をたくさんとることはおすすめできません。

なぜなら朝昼晩3食に加えて摂る夜食は、本来摂らないはずのエネルギーがそのまま増えることになるので、カロリーの取り過ぎとなってしまい病的な意味で太るようになってしまいます。

しかも夜食を摂ると内臓が食べた食材を処理しなければならなくなりますので、睡眠中に内臓が休むことができなくなり、質の悪い眠りとなってしまいます。

しかしもしお腹がすきすぎて眠れないという時は、何か口に入れる必要があるかもしれません。そんなときに、カロリーの高い食べ物ではなくキムチだけを食べるようにしましょう。

キムチにも当然カロリーはありますが、脂肪を燃焼するなどのダイエット効果もありますので病的に太ることもありません。

キムチで美しく健康的に太る方法④計画をたてる

キムチで美しく健康的に太るためには、継続的な努力と計画性が不可欠です。

健康的に太るためには、脂肪を減らしつつそれ以上に筋肉を増やすことが必要だからです。

基本的に毎日キムチを食べながら高たんぱくで低カロリーの食事をたくさん食べるようにしましょう。

トレーニングは最低でも週に2回から3回行い、ぐっすりと眠って筋肉を作ります。

【1ヶ月目】
キムチや運動の習慣をつける。この期間はできるだけキムチと運動を1日も欠かさないようにする。

【3ヶ月目】
筋肉がつき始めるがこのころはまだ周りからは気づかれない。

【6ヶ月目】
周りの人からもわかるようにぜい肉が落ち筋肉がついた、健康的に太った状態

このように健康的に太るのには時間がかかります。はっきりとした変化が表れるのに早くても半年間かかります。なのでキムチを食べて数ヶ月で「変化がないのでもう効果がないのではないか」とあきらめることがないようにしてください。

Sponsored Link



キムチとの組み合わせで美しく健康的に太る

いつもキムチだけを食べているわけにはいきませんが、健康的に太るためにはキムチと一緒にどのようなものを食べることができるのでしょうか。

キムチはいろいろな食材とよく合いますが、健康的に太るためはカロリーなど一緒に食べる食材についても考える必要があります。

ここでは、キムチと一緒に食べても健康に太ることができる3つの食材を紹介します。

① ビール
② マヨネーズ
③ 納豆

もしかしたらあなたにとって意外なものも含まれていたかもしれませんが、これらの組み合わせは確かに健康的に太ることができます。

美しく健康的に太る組み合わせ①キムチとビール

ダイエットをしている人にとって、アルコールの誘惑は耐え難いものとなるかもしれませんが、キムチをおつまみとして食べるなら我慢する必要はありません。

なぜならお酒が好きな人が太る理由は、アルコールそのものより、スナックや揚げ物など
のおつまみのカロリーが大きく関係しているからです。

つまりアルコールが病的に太る原因になるのではなく、アルコールによって脂っこいものが食べたくなるのが大きな原因となっています。

それでビールを飲むときのおつまみをキムチにするなら、病的な意味で太ることはありません。

仮に焼肉や揚げ物など病的な意味で太りやすい食べ物を食べたくなっても、キムチを食べていれば脂肪がつきにくくなります。

そしてキムチはビールにとても良く合うというのもビール好きにとってうれしい点です。

美しく健康的に太る組み合わせ②キムチとマヨネーズ

マヨネーズはカロリーが高く、太る原因と考えられがちですが、実は糖質は低いのでダイエットには効果的です。

むしろマヨネーズは摂取された糖が穏やかに吸収する効果がありますので、低カロリーではあるものの糖分がやや多いキムチと一緒に食べれば、健康的に太ることができます。

ちなみにコレステロール値が高い人は、卵の摂取量を控えた方が良いということを聞いたことがあったかもしれませんが、それは過去の話です。

厚生労働省が発表する2015年版の「食事摂取基準」からはコレステロールの摂取基準がなくなりました。これはコレステロールが体内で合成するもので、食事で摂取するものからの影響力は少ないことがわかったからです。

キムチの味がちょっと飽きたという人は、キムチにマヨネーズをかけるだけでまろやかな違った味になりますのでぜひ試してみてください。

美しく健康的に太る組み合わせ③納豆キムチ

キムチと納豆は非常に相性のいい組み合わせです。

納豆菌であるナットウキナーゼは、キムチの乳酸菌を増やしてくれる効果がありますし、それぞれが脂肪を燃焼するダイエット効果がありますので健康的に痩せることができます。

さらに納豆には良質な大豆タンパクが豊富に含まれていますので、筋肉を作ることができ健康的に太ることができます。

筋肉を作るためにはプロテインが必要と思っている方もいるかもしれませんが、プロ並みの筋トレをするのでない限り、納豆のタンパク質で十分です。

特に運動した直後は、成長ホルモンが分泌さていますので、運動後30分以内にキムチ納豆を食べることで筋肉がつきやすくなります。

また寝た直後にも成長ホルモンがでますので、寝る前にキムチ納豆を食べれば筋肉が修復し、より太い筋肉を作るのに役立ちます。

Sponsored Link



キムチで醜く病的に太る?原因と対策

キムチを食べることによって、病的に太ることはありえるのでしょうか。

結論から言いますとキムチだけでそのような太り方をすることは、ほとんどありません。しかしキムチの食べ方によっては病的に太ることもありえます。

ここではキムチによって病的に太る可能性がある点について考察し、その解決策について解説します。

キムチの塩分や糖分で太る?

キムチはカロリーが低くても、塩分と糖分がやや多いので注意が必要です。

キムチは、キムチ1皿分(50g)で塩分1.1g、糖質3gあります。この量は、キムチだけで急激に太る量ではありませんが、全く無視してもいい量でもありません。

特に糖質制限をしている人や高血圧な人は、キムチを食べるのは少量だけにとどめておく必要があります。1日に食べる量は、50~70g程度にしておきましょう。

キムチ料理の食べ過ぎで太る

キムチの食べ過ぎで太ることはほとんどありませんが、キムチ料理の食べ過ぎは病的に太る可能性はおおいにあります。

キムチ料理の中には、豚キムチやキムチ鍋などカロリーが高いものが多く、キムチ自体は脂肪燃焼効果がありますが、やはり食べすぎになってしまうとカロリーオーバーになってしまいます。

キムチの効果で美味しくて食が進んでしまいついつい食べすぎてしまうこともありますので、食べすぎて病的に太ることがないように注意しましょう。

キムチのおつまみが太る

ビールを飲むときに、キムチの食欲増進効果で脂っこいものが食べたくなることがあります。

脂っこい食べ物は、病的に太ることになりますのでダイエットの真の意味を考えた時には、出来るだけ避けておきたいところです。

キムチだけではちょっと物足りないという時は、脂っこいものに手を出すのは我慢して、代わりにいろいろな種類のキムチを食べるようにしましょう。

キムチは次のような種類があります。

・ペチュキムチ(白菜キムチ)
・オイキムチ(キュウリキムチ)
・オジンオムキムチ(海鮮物キムチ)
・ウオンキムチ(ゴボウキムチ)
・カッキムチ(からし菜キムチ)
・カクテキ(ダイコンキムチ)
・カジキムチ(ナスキムチ)
・クルカクテキ(カキとダイコンキムチ)
・ケジャンキムチ(カニキムチ)
・ケンニンキムチ(エゴマの葉キムチ)
・コグマキムチ(サツマイモキムチ)
・コチュンニンキムチ(唐辛子の葉キムチ)
・コンナムルキムチ(大豆もやしキムチ)
・シグムチキムチ(ほうれん草キムチ)
・スサムナバクキムチ(朝鮮ニンジンキムチ)

これだけあれば、あなたもきっと飽きない事と思います。日本ではなかなか手に入らないものもありますが、コリアンタウンや本場韓国などでぜひいろいろな種類のキムチを試してみてください。

Sponsored Link



【まとめ】太るためのダイエットはキムチが一番!

今回は、キムチを使った美しく健康的に太るためのダイエット法について解説しました。

・ダイエットの本来の意味は「理想的な体重にすること」で太るためのダイエットと痩せるためのダイエットがありますが、キムチはそのどちらも効果があります。

・キムチは脂肪が燃焼され痩せやすい身体になる効果があるのと同時に食欲増進効果があり必要な栄養が供給されるので美しく健康的に太ることができます。

・キムチで美しく健康的に太るためには、キムチを毎日食べることに加えて運動、睡眠、不必要な食事をしない、計画を立てることが必要です。

・マヨネーズやビールではぜい肉は増えません。また納豆は筋肉を作りキムチの乳酸菌を増やす効果がありますので一緒に食べることをおすすめします。

・キムチで醜く病的に太らないためには、キムチを食べる量やキムチと一緒に食べるものに気をつけなければなりません。

太りたくても太れないというのは、理解されづらいことも多いかもしれませんがそれは辛い悩みのひとつです。

痩せすぎは体力がなく病気にかかりやすく、冷え性などを引き起こします。キムチを食べれば太るだけでなく、免疫力が高まって病気にかかりにくくなり、体が温まって冷え性が改善されます。

もし身体に悪いものをたくさん食べて太ってしまうなら、痩せていた時よりも深刻な状態に陥りかねません。それでぜひキムチを計画的に毎日食べて、美しく健康的に太るようにしていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • キムチの乳酸菌は効果がすごい!腸から脳に至るまでいろいろなメリットがある!

  • キムチの成分はバランスがいい!効果や食べ方などすべて解説します!

  • キムチは朝食べても匂いは怖くない!口臭をなくし効果を高める方法について徹底解説します!

  • キムチで美肌を手に入れよう!キムチと美容の関係とは?

関連記事

  • キムチは美容効果が高い!その理由とおすすめの方法を解説します!

  • キムチは朝食べても匂いは怖くない!口臭をなくし効果を高める方法について徹底解説します!

  • キムチは夜食べるべき!睡眠の質が高まり1日を有意義に過ごすことができる!

  • キムチのダイエット効果が凄い!とっておきの食べ方やレシピをお伝えします!

  • キムチは健康にいい!世界トップレベルのその健康効果とは

  • キムチで痩せる効果がすごい!だれでも今すぐ実践できる簡単な方法を公開します!