1. TOP
  2. キムチ
  3. キムチは健康にいい!世界トップレベルのその健康効果とは
Sponsored Link

キムチは健康にいい!世界トップレベルのその健康効果とは

キムチ   133 Views

「キムチってどれほど健康効果が高いのだろう」

キムチは「韓国人の健康の源」というイメージもあるかもしれませんが、日本の漬物よりも健康効果が高いものとしてキムチが注目を浴びています。

キムチの健康効果は多くの人が思っている以上の、素晴らしい効果があります。キムチを毎日食べれば「健康的に痩せ」、「健康的に美しくなり」、「病気にかかりにくい体」にあります。

しかしキムチはあることを意識すれば健康効果はさらに向上しますが、注意しないと健康被害をさえまねくこともあります。そこで今回はキムチの健康に関して次の点について詳しく解説します。

・キムチに健康効果があるのは本当か
・キムチの具体的な健康効果
・キムチの健康効果が高い理由
・キムチの健康効果を高める食品
・キムチの健康効果をさらに高める食べ方
・キムチが健康に悪いといわれる理由と対策

キムチは経済的にも安く保存が効くのでいつでも食べることができる健康食です。どうぞこの記事を最後まで読んで、キムチの持つポテンシャルに注目しましょう。

Sponsored Link



Contents

キムチの健康効果について

キムチは確かに、強い健康効果がある食材といえます。

権威のある雑誌やテレビなどでも、キムチの健康効果について取り上げられているからです。

キムチの健康効果について疑いながら食べても効果は半減してしまいますので、まずキムチに健康効果があるといえる根拠についてしっかりと理解しておく必要があります。

キムチが健康にいいって嘘?

キムチの素晴らしい健康効果について注目されている一方で、一部の人から「キムチは健康に良いというのは嘘だ」という主張がありますがこれは正しくありません。

確かに健康効果の少ないキムチがあるのは事実ですが、これは市販されている「添加物いっぱいのキムチ」に限ってのことです。

市販されているキムチの多くは、日本人が食べやすくなるように発酵をあまりしないで、添加物で味付けをしています。

キムチの健康の秘密は、発酵させることによって乳酸菌が多量に摂ることができるということが大きく関係していますので、確かにこの「発酵風キムチ」は健康にあまり良くないということができます。

しかし本当のキムチは、しっかりと発酵され健康に良い材料となるものしか含まれていませんので、「キムチが健康にいいというのは嘘」という主張は間違っています。

また「キムチは塩分が多いので健康に良くない」という人もいますが、この意見も正しくありません。

確かにキムチは100gにつき2.2gの塩分が含まれていますので、高血圧の人はキムチの摂取量に気をつけなければなりません。

しかし塩分というのはすなわちナトリウムのことで栄養成分のひとつになりますので、この観点から考えますと、キムチは栄養価が高いということになります。

そして単純に塩分量を見ても、100g中2.2gというのは漬物の中では少ないほうです。どの食材もそうですが、キムチも摂取量に気を付ければ健康にとても良い食材ということができます。

なお添加物の含まれていないキムチの見分け方やキムチの塩分の対処法については、後ほど詳しく解説します。

キムチは世界5大健康食品に

米国の健康専門月刊誌で有名な雑誌「ヘルス」では、世界5大健康食品に韓国のキムチを選びました。

同誌は、「キムチの中にはビタミンA、B、Cなどが豊富に含まれている上、ヨーグルトなどの発酵食品から出る乳酸菌もある」とも説明しています。

また「キムチには健康に良いバクテリアが多く含まれており、消化を助けるだけではなく、一部の研究結果によると、発酵した白菜にはがん細胞を抑制する働きがある」と紹介しています。

なお「ヘルス」誌が紹介する5大健康食品とは、次の通りです。

① スペインのオリーブ油
② ギリシャのヨーグルト
③ インドのレンズ豆(レンティル豆)
④ 日本の大豆
⑤ 韓国のキムチ

そしてこの中のほとんどが「食材」であるに対し、キムチだけが「食材」でもあり同時に「調理されている」というのも興味深い点ではないでしょうか。

例えば「スペインのオリーブ油」や「インドのレンズ豆」はそのまま食べることを前提した健康効果ではないでしょう。

日本の大豆も「食材」なので、この大豆から健康効果の高い「納豆」、「醤油」「味噌」「豆乳」などができます。

それらに対して韓国のキムチの健康効果は、そのまま食べることを前提にした効果であり、「キムチ鍋」や「豚キムチ」を想定した効果ではないでしょう。

いずれにしてもキムチは、食材としても健康に良いいろいろなレシピがありますが、そのまま食べても健康面で高い効果があります。

テレビでなんども紹介されているキムチの健康効果

キムチの健康効果については、テレビで何度も紹介されています。一例を挙げますと次の通りです。

・2017年12月5日放送のNHK総合「キムチの健康パワー大特集」
・2018年9月25日に放映「林修の今でしょ!講座」
・2012年9月9日に放送TBS衝撃速報!アカルイ☆ミライ「キムチで腸と肌が改善!驚異の乳酸菌パワー」

これほど何度もテレビで紹介されていて、複数の専門家がキムチの健康効果を認めているという事実は、キムチの健康効果は疑う余地がないということができます。

キムチとカニカマと玉ねぎは健康にいい

この中の「林修の今でしょ!講座」では、「キムチ」の他に冷蔵庫に常備している健康食品の中に、「カニカマ」と「玉ねぎ」を紹介しています。

玉ねぎはそれ自体に高い健康効果がありますが、乳酸気のエサとなるオリゴ糖がたっぷりと含まれていますので、キムチと一緒に食べると乳酸菌の数をさらに増やすことができます。

また「健康食品」というイメージが少ないカニカマですが、実はカロリーが低くカルシウムがたっぷり含まれた健康効果の高い食材です。

とりわけカニカマにはキムチにはほとんどないたんぱく質が豊富に含まれていますので、一緒に摂ることで栄養バランスが高くなります。

ちなみにカニカマの材料はカニではなく魚の白身で、カニ風味の味付けをしているので「カニカマ」と呼ばれています。

またカニカマに使われている赤い部分は、パプリカの色素が使われています。「着色料が使われている」というと健康に悪いイメージがあるかもしれませんが、カニカマに使われている着色料は天然のものなので、身体に害はなくむしろ健康効果を増やしてくれています。

2chでのキムチの健康効果

2chでもキムチの健康効果について話題になっています。

「キムチは世界中に愛されていた」「キムチは記憶力を高める効果もある」「キムチ納豆は最強の健康食品かもしれない」といった興味深いものや「キムチってうまくね?」というようなシンプルな感想まで様々です。

健康面だけではない!キムチのいろいろな効果

キムチの効果は健康面だけではなく、「集中力を維持」したり「睡眠の質を高め」たりするなど幅広い効果があります。

このようにキムチは、健康を意識しているひとだけでなく、健康的な若い人も含めて様々な人に食べてもらいたい食材です。

なおこれらのキムチの幅広い効果については「キムチの効果が凄い!集中力を維持し睡眠の質も高めることができる!」で詳しく解説していますのであわせてお読みください。

Sponsored Link



キムチによる7つの健康効果

キムチには幅広い健康効果がありますが、その中から次の7つの健康効果に集約して解説していきます。

① 腸内環境を整える
② ダイエット
③ 美容効果
④ 疲労回復効果
⑤ 免疫力向上効果
⑥ 健康寿命が延びる
⑦ 新陳代謝が活発にする

キムチの健康効果①腸内環境を整える

キムチによる最も大きな効果のひとつは、腸内環境を整えることです。

なぜならキムチは発酵食品のひとつですが、乳酸菌の数の多さが他の発酵食品と比べて桁違いに多いからです。

例えば乳酸菌の代表ともいえるヨーグルトは、1gにつき1,000万個以上いることが食品衛生法で定められています。

しかしキムチは、1gにつき1億個以上の乳酸菌がいます。この数は漬物の数倍ともいわれているぬか漬けに含まれている乳酸菌の数よりも多いです。

腸内環境を整えることによって次のような健康効果があります。

・アレルギー改善効果
・便秘改善効果
・アンチエイジング効果
・病気の予防効果
・高血圧予防効果
・体臭や口臭の改善
・虫歯や歯周病予防効果
・ストレス解消、うつ症状改善効果
・糖尿病予防効果
・カンジタ菌抑制効果
・ガン予防効果

このように腸内環境を整えるのは、健康的な体を作るのに欠かすことができない作業ですが、キムチにはその力があります。

キムチの健康効果②ダイエット

キムチには、ダイエット効果がありますが、注目したいのは様々な側面からダイエット効果を発揮するという点です。少なくてもキムチには次のような4つのダイエット効果があります。

① キムチの食物繊維効果で便秘が解消される
② キムチの乳酸菌効果で「デブ菌」が活動しなくなり、「ヤセ菌」が活動し始める
③ キムチのカプサイシン効果で、新陳代謝が活発になる
④ キムチのカプサイシン効果で、脂肪が燃焼される

このように、キムチはいろいろな面でダイエット効果があるので、ダイエットを成功する確率が非常に高く、「今までダイエットを失敗したけどキムチダイエットは本当に痩せた!」という人も少なくありません。

例えば脂肪がなかなか減らない体質の人も、キムチを食べればヤセ菌が増えますのでその面からダイエット効果をえることができます。

あるいはもともと痩せやすい体質だったのに、脂っこいものを食べすぎで太ってしまったという人も、キムチで脂肪が燃焼されるのでダイエット効果を実感することができます。

この他キムチのダイエット効果の根拠や関係する成分については「キムチのダイエット効果が凄い!とっておきの食べ方やレシピを紹介します!」で詳しく解説していますのであわせてお読みください。

またダイエットには、「太るダイエット」と「痩せるダイエット」の2種類があります。

キムチで痩せるダイエット法については「キムチで痩せる!だれでも今すぐ実践できる簡単な方法を公開します!」で詳しく解説しています。

キムチで健康的に太るダイエット法については「キムチで太る!健康的で美しく太るキムチダイエット法」で詳しく解説しています。それぞれあわせてお読みください。

キムチの健康効果③美容効果

キムチは、健康的に美しくなる効果があります。

肌の調子が悪い原因のひとつは腸内環境に関係しているので、それは体が健康面でダメージを受けているサインということができます。

腸内環境が悪いと腸内に毒素がたまり、それが血流を通して身体全体に回りますので、最終的にお肌にも毒素が届き、肌が荒れたり、吹き出物が出たりします。

しかしキムチによって腸内の乳酸菌の数を増やし、腸内環境を良くすると体内の毒素がスムーズに排出されます。お肌はターンオーバーが促されて、古い肌からきれいな肌に生まれ変わります。

またキムチには、美容効果の高いビタミンB群やビタミンCも豊富に含まれていますので、お肌が新しい皮膚を形成する助けになります。

このようにキムチには美容効果がありますが、それは化粧水などで「外部から美しくする方法」ではなく、「腸内から健康にして内部から美しくする」ので、キムチは「健康的に美しくなる効果」があるといえます。

キムチの健康効果④疲労回復、スタミナアップ

キムチには、疲労回復やスタミナアップの効果があります。

キムチには、生のニンニクがたっぷり含まれていますが、この中にスタミナ増強効果があるアリシンという成分があります。

そしてキムチは発酵させることにより、ビタミンB群が増えますが、その中でビタミンB1はアリシンと結合すると、アリチアミンという強力な疲労回復効果がある成分に変化します。

さらにキムチは睡眠の質を高めるGABAも含まれていますので、キムチを食べればぐっすり眠れて翌朝に疲れを残さずに1日を始めることができます。

このようにキムチは、栄養ドリンクのような即効性はありませんが、「身体を健康的にすることによって根本的な疲労原因を解消させる」効果がありますので、長期的な疲労対策ということができます。

そしてキムチはただの発酵食品ではなく、乳酸菌以外の成分も健康効果に役立っているということもご理解いただけたかと思います。

キムチの健康効果⑤免疫力向上

私たちの身体には、風邪やインフルエンザあるいはがんなどの深刻な病気から守る免疫システムがありますが、キムチを食べることによってこの免疫システムが向上します。

「免疫力」という言葉はよく聞くと思いますが、それがどこにあるかはご存知でしょうか?実は免疫力の多くは腸に存在しています。

腸にある免疫システムは「腸管免疫」と呼ばれていますが、その割合は多く体内の6割~8割を占めています。

腸管免疫は、腸内環境が悪くなると機能が弱まってしまい病原菌が侵入しても機能しなくなり、体内への侵入を許してしまいます。

逆にキムチの乳酸菌によって腸内環境が良くなると、風邪ウィルスやインフルエンザウィルスが侵入してきてもすぐに退治してくれますし、がん細胞も大きくならないうちに対処してくれます。

またアレルギーのような免疫システムの暴走をコントロールする免疫システムも機能するようになるため、キムチを食べたら花粉症やハウスダストの症状も緩和されたという人も多くいます。

キムチの健康効果⑥健康長寿

キムチは寿命だけでなく「健康寿命」を上げる効果があります。

健康寿命というのは、WHOが提唱した言葉で「平均寿命から日常的・継続的な医療・介護に依存して生きる期間を除いた期間」のことです。

日本人は平均寿命が世界一であることで有名ですが、実は寝たきり寿命も世界一で男女平均で10年以上(男性9.2年、女性12.7年)もあります。

健康寿命も世界一の74.9歳ということですが、その後10年間も寝たきりの状態が続くことを考えると、私たちが伸ばしたいのは「平均寿命」よりも「健康寿命」ではないでしょうか。

キムチは平均寿命だけでなく健康寿命も高めてくれる効果があります。

キムチの健康効果で韓国が世界一の長寿国に?

2017年6月9日に韓国で行われた研究によりますと、キムチの健康効果により2030年に韓国が日本を超して世界最長寿国になるという分析がされています。

その研究によりますと、キムチに含まれている乳酸菌を毎日摂取したマウスはそうでないマウスに比べ、コレステロールや中性脂肪など肥満関連のスコアが改善されたようです。

肥満は、寝たきりの状態を招く数々の深刻の病のもととなります。またキムチは大腸を若返らせる効果もありますので、「平均寿命」と共に「健康寿命」が延びます。

キムチの健康効果⑦新陳代謝を活発にさせる

キムチは、新陳代謝を活発にし、血液がサラサラになるという健康効果があります。

キムチが新陳代謝を活発にしてくれる理由は、キムチのカプサイシンが主に関係しています。この成分は、身体を温めて新陳代謝を上げる効果があります。

またキムチの乳酸菌は、血液中の悪玉コレステロール値の上昇を抑制し、悪玉と善玉の割合を調整する効果があります。

このようにキムチを食べることによって、血液がサラサラになって、血流が良くなりますので脳卒中や心筋梗塞などの病気の予防となります。

Sponsored Link



キムチの健康効果が高い理由

キムチの健康効果が高いといえるのは理由があります。

キムチがなぜ健康効果が高いのか、という理由がわかるとキムチを毎日食べる動機づけとなります。

キムチは一度食べて急激に健康が改善されるわけではありませんので、キムチによる健康管理を始める前に動機づけを高めることは重要です。

キムチの健康効果が高いといえる理由は、大きく分けると①キムチに使われる材料と②発酵の過程という2つに集約できます。それぞれを詳しく解説していきます。

健康に良いといわれるキムチの材料

キムチが健康に良いといえる理由は、キムチの材料が大きく関係しています。

「キムチ」といっても、「白菜キムチ」「大根キムチ」「きゅうりキムチ」などが様々な種類がありますが、ここでは全てのキムチに使われる材料に注目して、その健康効果を紹介します。

トウガラシ

トウガラシはキムチで欠かすことのできない主要成分のひとつですが、特にカプサイシンという成分は様々な健康効果があります。

カプサイシンとはトウガラシの辛み成分ですが、食欲を増進させ夏バテ防止になる効果があります。

カプサイシンはまた、体内の基礎代謝を上げて脂肪を燃焼させる効果があります。それにより体が温まって肥満が予防されます。さらにカプサイシンは脳を刺激して脂肪分解酵素であるリパーゼを分泌させる効果もあります。

このようにカプサイシンは、様々な病気のもととなる原因を改善してくれるので健康的な体になります。

ニンニク

キムチには、生のニンニクがたっぷりと含まれています。

食べた後に強烈な匂いがして敬遠されがちなニンニクですが、実はその匂いのもととなる成分は、外敵から身を守るためのもの。この成分を食べると体内で強力な作用があります。

まずニンニクは疲労回復効果があり、体内でエネルギー代謝を助けてくれます

またニンニクには、抗菌作用があり風邪やインフルエンザのウィルスの予防となります。またにんにくは抗酸化作用があり、アンチエイジング効果もあります。

このような健康効果の高いニンニクですが、キムチの乳酸菌はニンニクの効果をさらに高めてくれます。

ニラ

キムチの材料に、ニラが含まれることがありますが、ニラはニンニクと似た効果があります。

ニラも食べすぎると匂いが気になりますが、これはニラと同じ成分アリシンが含まれているため。臭い対策も大変ですが、スタミナ増進効果などニンニクと同様の健康効果もあります。

またニラには、がん予防や動脈硬化予防などの健康効果があるβカロテンが豊富に含まれているのも特徴のひとつです。

ニンジン

ニンジンもキムチの健康効果に一役買っています。

ニンジンはβカロテンが豊富なのが特徴ですが、赤いニンジンには抗酸化作用があるリコピンも含まれている健康的な食材です。

ニンジンは皮の部分に栄養素がたっぷり含まれていますので、自宅でキムチを漬けるときは出来るだけ捨てないでキムチの材料にしてください。

キムチの乳酸菌による健康効果

キムチの特徴は、健康効果の高い乳酸菌がとにかく大量に入っていることです。

キムチは1gにつき、1億個の乳酸菌がいるとされていますがこれはあくまで食べごろの乳酸菌の数。

賞味期限がギリギリの発酵が進んだキムチは、1gにつきなんと5~8億個もの乳酸菌がいます。

またキムチの乳酸菌は、ラクトバチルスという植物性乳酸菌の一種ですが、この乳酸菌の健康甲が非常に高いことがわかっています。

このラクトバチルス乳酸菌は、他の乳酸菌と比べて100分の1の量でも免疫力を高める効果が確認されています。

つまり他の乳酸菌食品より数十倍も多い乳酸菌の量を持つキムチが、少なくても免疫力を高める効果が他の乳酸菌と比べて100倍もあるということです。

このように考えますと、キムチが世界5大健康食品のひとつに選ばれる理由も納得できるのではないでしょうか。

Sponsored Link



キムチの健康効果を高める食品

キムチが健康効果高いのは、使われている野菜と乳酸菌であることがわかりましたが、これらの点を活かせば、キムチがさらに上のレベルの健康食品になります。

野菜には乳酸菌の健康効果を高めるものや、乳酸菌にはない健康効果を持っているものもあります。

またキムチに含まれている乳酸菌は生きていますので、ちょっとしたコツでさらに増殖させて健康効果を強めることができます。

これらキムチの健康効果を高める「野菜」や「発酵食品」「レシピ」について解説します。

キムチの健康効果を高める食品①野菜

キムチには「白菜キムチ」「きゅうりキムチ」「大根キムチ」などがありますが、どのキムチにも食物繊維がたくさん含まれていますので、高い健康効果があります。

得に栄養バランスが高いのは、白菜のキムチですが、キュウリには脂肪を分解する健康効果のある酵素がありますし、大根はがんを予防する健康効果のある酵素が含まれていますので、キムチはどの種類であっても健康に良いものということができます。

またこのキムチに、栄養効果の高い野菜をプラスすることによってさらに高い健康効果を期待することができます。

玉ねぎ

その一つとして、玉ねぎをキムチにプラスした時の健康効果についてご紹介しましょう。

乳酸菌は、食欲が旺盛で食べることによってさらに増殖するという特徴を持っています。そんな乳酸菌が好んで食べるのは食物繊維とオリゴ糖です。そして玉ねぎはそのオリゴ糖が豊富に含まれています。

食物繊維はすでにキムチの材料に含まれていますので、キムチに玉ねぎを一緒に入れておくだけで乳酸菌の量が爆発的に増えます。

実際キムチに玉ねぎを混ぜたものを冷蔵庫に入れて一晩おくだけで、乳酸菌の量が3倍も増えたという研究報告があります。

それで賞味期限ぎりぎりの発酵が進んだキムチに玉ねぎを入れてさらに発酵を進ませれば、そのキムチは数十億単位で乳酸菌がいることになりますので、強力な健康効果を期待できます。

キムチの健康効果を高める食品②発酵食品

発酵食品として知られている食品の多くは、健康に非常に良くわかっていることだけでも数多くあります。

そんな発酵食品は、他の発酵食品と組み合わせると味の面でも相性が良く健康効果の面では素晴らしい効果を発揮するものがあります。

キムチ+納豆の健康効果

キムチは乳酸菌によって納豆には納豆菌によって発酵された食品ですが、どちらも単体でも素晴らしい健康効果があります。

「キムチは世界5大健康食品に」の項で紹介した通り、キムチも納豆の大豆も世界トップレベルの健康食品であり、キムチ納豆を食べることによって世界トップ5の中の2つを摂ったことになります。

キムチと納豆を同時に摂ることで、少なくても次の効果が高まります。

・ダイエット効果
・血液サラサラ効果
・がん予防効果

しかもキムチの乳酸菌は、納豆の納豆菌が大好物なので、一緒に置いておくと乳酸菌の数が急激に増殖します。

それでキムチと納豆を食べるときは、同じ容器に入れて混ぜて、冷蔵庫に入れて一晩おいて下さい。翌日取り出したキムチ納豆は乳酸菌が大量に増殖しています。

キムチの健康効果を高める食品③レシピに加える

キムチの健康効果を高めるもう一つの方法は、いつものレシピにキムチを加えてみるという方法です。

キムチはいろいろなレシピにある万能食材ですが、キムチを使うだけでそのレシピは健康レシピになり、キムチそのものの健康効果が高まります。

キムチを使うと健康効果が高まるレシピには次のようなものがあります。

・冷ややっこ
・納豆ご飯
・卵焼き
・炒め物
・チャーハン

単品で摂ると、カロリーの取り過ぎが気になることがあってもキムチと一緒に摂ると脂肪燃焼効果がある健康レシピになります。

健康のためにもいつもの料理に、キムチが入る要素がないかどうかをぜひ考えてみてください。

Sponsored Link



健康に良いキムチの食べ方

キムチは食べ方によって、健康効果をさらに高めることができます。

なぜならキムチは食べるタイミングで、乳酸菌の量や健康効果が変わってくるからです。

健康に良いキムチの食べ方に関して、次の3つの点について詳しく解説します。

・酸っぱいキムチを食べる
・毎日キムチを食べる
・夜キムチを食べる

酸っぱいキムチは健康に良い

キムチの健康効果を目いっぱい高めるためには、浅漬けのキムチよりも賞味期限ギリギリの酸っぱいキムチのほうが健康面で強い効果があります。

なぜなら酸っぱいキムチは、発酵が進んでいるので乳酸菌が数倍増殖しているからです。

この記事では「玉ねぎ」や「納豆」をキムチと一緒に混ぜて一晩寝かせておくと乳酸菌の数が数倍単位で増殖することを説明しましたが、この方法も賞味期限ギリギリの酸っぱいキムチで行えば乳酸菌は加速度的に増えていきます。

ちなみに酸っぱくなったキムチは、炒めたりスープにいれたりすればマイルドな味になり食べやすくなりますが、せっかく大量にいる乳酸菌が死滅してしまいます。

死滅した乳酸菌は生菌と同等の効果があるので「健康効果は変わらない」とみている専門家もいますが、生きたまま大量の乳酸菌を腸に届かせたいなら、酸っぱいのを我慢してできるだけ生のままキムチを食べるようにしましょう。

健康のためにはキムチを毎日食べよう

キムチの健康効果を実感するためには、少なくとも最初の3週間は毎日キムチを食べる必要があります。

キムチには健康効果をもたらす材料がたくさん含まれていますが、その中でも最も重要なのはやはりキムチの乳酸菌です。

しかし乳酸菌は外部から取り入れると数日後にはほとんどが死滅して排出されてしまいます。しかし毎日一定の量のキムチを食べれば、キムチの乳酸菌は常にいることになりますので、乳酸菌にキムチの乳酸菌が定着することになります。

キムチを食べ続けると、まず腸内環境を整いますので数日以内に便秘や軟便が改善されます。便の形はバナナのような形になればそれは腸内環境が整った証拠です。

それでもキムチを3週間食べ続けることによって、この記事で紹介したような健康効果を実感できるようになります。

3週間たてば腸内環境はかなり整っているはずですので、1日、2日キムチを食べない日があっても問題ありません。しかしその後もできるだけキムチを食べ続けることによって、健康状態が持続します。

健康のためにはキムチを夜食べよう

キムチはいつ食べても健康のためにはよいのですが、夜食べることには大きな価値があります。

なぜならキムチは、睡眠の質が良くなるGABAという成分が含まれているからです。またキムチの乳酸菌と食物繊維は、排便運動を促し翌朝お通じがでやすくなる効果もあります。

夜寝ている間に、成長ホルモンが分泌され傷ついた筋肉などが修復され疲れやストレスが癒されます。そして翌朝便をすることによって、体内にたまった毒素も同時に排出されます。

このように夜ぐっすり眠って、朝しっかりと排便するというのは健康的な生活の基本ともいえることですので、夜キムチを食べることは大切なことといえます。

キムチが健康に悪いといわれる理由と対策

健康に良いはずのキムチも、食べ方によっては健康被害をまねくことがあります。

しかしこれらキムチのデメリットも正しい知識を取り入れておけば、十分に対策は可能です。

ここではキムチが健康に悪くなりかねない次の3つの点について解説します。

1. キムチの取り過ぎによる塩分量
2. キムチに含まれるトウガラシの量
3. キムチに含まれる添加物

これらのデメリットを極限まで抑え、キムチの健康効果を最大限まで高める方法を解説します。

キムチの取り過ぎが健康被害をまねく

キムチの塩分量は100gにつき2.2gで漬物の中では比較的塩分量が少ないですが、それでも食べすぎによる塩分量に気をつけなければなりません。

厚生労働省が定めている一日の塩分摂取量は、男性が8.0g、女性が7.0gとなっています。しかし実際は多くの人は塩分の摂取量が超えていますので、これに毎日食べるキムチの塩分量がプラスされるのは心配です。

そこで塩分対策としてできる方法は、①キムチの摂取量を制限する②塩分を排出するの2種類があります。

①のキムチの摂取量を制限するについてですが、この場合キムチを1日50g~70gに抑えるのが理想です。しかしそれでも心配なかたや、キムチをの健康効果を早く実感したい人は、もっとたくさんのキムチを食べたいと思うことでしょう。

そこで②の塩分を排出する、次の3つの方法についてさらに詳しく解説します。

1. カリウムを摂取する
2. 利尿効果のあるものを摂取する
3. 運動する

カリウムを摂取する

取り過ぎた塩分は、カリウムを摂取することで体外へと排出されます。

カリウムは血管を拡張させ、尿を出やすくする作用があり、尿が出る時にカリウムと同じ量の塩分が体外へと排出されます。

厚生労働省は、塩分の取り過ぎの人に向けて「1日3,500mg」のカリウムの摂取を目標に掲げています。この量を達成するのはそれなりの量の果物や野菜を食べなければなりませんが、少しでも十分の効果があります。

特に「利尿効果のあるものを摂取する」や「運動する」など他の塩分排出法と組み合わせればキムチの分の塩分量程度なら十分に排出することができます。

なおカリウム量が多い野菜や果物は次の通りです。

・ほうれん草
・アボカド
・りんご
・大豆、納豆
・じゃがいも
・わかめ

ただし肝臓に障害がある方は、カリウムをいくらとっても塩分は排出されませんので、食事制限をする以上方法がありませんので注意が必要です。

利尿効果のあるものを摂取する

キムチを食べすぎても、利尿効果のあるものを摂取すれば塩分の多くを体外に排出することができます。

塩分は尿と一緒に排出されますので、トイレに行く回数が増えればそれだけ塩分が体外に排出されることになるからです。

利尿効果のあるもの食べ物は次の通りです。

・コーヒー
・お茶
・キャベツ
・アスパラガス
・セロリ
・きゅうり
・にんにく

運動する

汗の中に塩分も含まれていますのでキムチをたくさん食べて塩分を多く摂取したとしても、運動などで汗をかけば、キムチを食べた分はすぐに排出してくれます。

特に夏場や運動などで大汗をかいた時は、汗1リットルにつき4,5gの塩分を排出してくれますが、夏場に1時間戸外にいたり、激しい運動をしたりすれば汗1リットル分はすぐにでてきます。

この場合体が塩分不足となってしまいますので、逆に塩分を補給してあげる必要があります。

水分をたくさん飲んで、キムチを食べれば体内のナトリウム(塩分)はほどよい量になり健康効果を十分に得ることができます。

キムチのトウガラシ量が健康被害をまねく

健康に良い効果がたくさんあるキムチのトウガラシですが、こちらも取り過ぎると健康被害をまねくことがあります。

キムチのトウガラシは、胃腸に刺激が強い成分なので食べすぎると胃腸があれたり吐き気を催したりするなどを起こすことがあります。

この場合特に、「自分は辛いものに強い」と思っている人ほど注意が必要です。

犬や猫などのペットで「辛いものに強い動物」はいません。人間も同様で本来「辛いものに強い人」は存在しません。それで辛いものに強いと思っている人は、一種の味覚障害が生じています。

子供のころから辛いものに強い人はいませんが、辛いものを食べることにより「辛さに慣れてしまう」という味覚障害が起きているのです。

普通のキムチを常識的な範囲で食べている分には、ほとんど問題が起こることはありません。しかし辛いのが好きな人のための「トウガラシを大量に入れたキムチ」を大量に食べるときには、キムチを食べる量に注意する必要があります。

キムチの添加物が健康被害をまねく

市販のキムチの多くは、添加物だらけなので健康被害をまねく恐れがあります。

もちろん日本で市販されているものすべては、食品衛生法により厳しく管理されていますので健康被害をまねく物は事実上ないものとなっています。

しかし添加物に関してはまだわかっていないことが多く、不自然な仕方で食品の味や賞味期限を変える添加物には常に取り過ぎに注意が必要です。

キムチに関しては、「着色料」「増粘料」「酸化防止剤」「酸味料」などを加えて発酵風に見せかけたキムチがほとんどです。

これらのキムチが仮に健康被害はないとしても、発酵していなければキムチの健康効果はほとんど得ることができません。

市販のキムチを買うときは、できるだけ添加物が含まれていないシンプルなものを選ぶようにしましょう。

Sponsored Link



【まとめ】キムチは世界に認められた健康食品

今回は、キムチの健康効果について解説しました。

・キムチは権威のある雑誌「タイム」誌に「世界5大健康食品」のひとつとして紹介されました。
・キムチは「腸内環境を整える」、「病気になりにくくなる」、「健康寿命を上げる」など健康的な体を作る効果があります。
・キムチは健康効果のある材料がたくさんあるだけでなく、健康的な体をつく売るうえで欠かすことができない乳酸菌が非常に多いのが特徴です。
・タマネギや納豆はキムチの健康効果をさらに高めてくれます。
・キムチは健康効果が高いとはいえ、食べすぎには注意が必要です。また市販のキムチは添加物が多いものがあります。

キムチは幅広い健康効果があることに、あなたも納得されたことと思います。

キムチの最も大きな特徴は乳酸菌の量ですが、タマネギ、納豆を混ぜて賞味期限ギリギリまで置いておけば、信じられないほどの乳酸菌量になることがわかりました。

とても簡単な方法なので、せっかく健康食品としてキムチを食べるなら最大限までその健康効果を高めていきたいものです。

どんなにお金があっても、どんなに能力がある人でも、健康を害してしま手は何もできなくなります。

どうぞ健康効果が高まったキムチを毎日食べて、健康的な体で長生きできるように今から準備しておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • キムチの乳酸菌は効果がすごい!腸から脳に至るまでいろいろなメリットがある!

  • キムチの成分はバランスがいい!効果や食べ方などすべて解説します!

  • キムチは朝食べても匂いは怖くない!口臭をなくし効果を高める方法について徹底解説します!

  • キムチで美肌を手に入れよう!キムチと美容の関係とは?

関連記事

  • キムチは朝食べても匂いは怖くない!口臭をなくし効果を高める方法について徹底解説します!

  • キムチで痩せる効果がすごい!だれでも今すぐ実践できる簡単な方法を公開します!

  • キムチで美肌を手に入れよう!キムチと美容の関係とは?

  • キムチの効果が凄い!集中力を維持し睡眠の質も高めることができる!

  • キムチで太る!健康的で美しく太るキムチダイエット法

  • キムチは夜食べるべき!睡眠の質が高まり1日を有意義に過ごすことができる!