1. TOP
  2. キムチ
  3. キムチのダイエット効果が凄い!とっておきの食べ方やレシピをお伝えします!
Sponsored Link

キムチのダイエット効果が凄い!とっておきの食べ方やレシピをお伝えします!

キムチ   323 Views

キムチには驚くほどダイエット効果があります。

キムチにはダイエット効果がある成分がたくさん入っていますし、今までダイエットを失敗してばかりいた、という人の中にもキムチを食べて初めてダイエットに成功したという人がたくさんいます。

しかし当然のことですが、ただ気まぐれにキムチを食べればよいわけではありません。注意しないと身体に害を及ぼすことさえありますので、ダイエットには正しい知識が必要です。

今回は、キムチのダイエットに関して次のような点について解説します。

・キムチダイエットの評価
・キムチダイエットの種類と方法
・キムチにダイエット効果があるのはなぜか
・キムチダイエットのおすすめのやり方
・キムチと一緒に食べる材料
・キムチダイエットレシピ
・キムチダイエットの注意点と対処法

キムチダイエットはとても簡単で、確かな効果のあるダイエット方法です。この記事を最後まで読んで、ぜひ書かれていることをすぐに試してみてください。

Sponsored Link



Contents

キムチダイエットが凄い!

キムチダイエットは、多くの人に認められたダイエット法です。

韓国では当たり前のように知られている事実ですし、実際にキムチで痩せた人もたくさんいます。

まずキムチのダイエット効果についての根拠を知る前に、どれほど知名度の高いダイエット法であるかを確認しておきましょう。また同時にキムチダイエットを始める前に知っておきたい情報も、ここで解説します。

キムチダイエットとは

キムチダイエットとは、毎日食べている食事の中にキムチを中心としたダイエットメニューを取り入れる方法です。

注意しておきたいのは、「キムチだけを食べていればよいというものではない」ということです。

多くのサイトでは、キムチダイエットとは「毎日の食事の中にキムチを取り入れる」というシンプルな方法を提唱していますが、ダイエットはそれほど甘いものではありませんし、いくら栄養価の高いキムチを食べているからといって、キムチだけでは当然栄養に偏りが出てしまいます。

そこでこの記事で提唱したいのは、「キムチを中心にして様々な食材と共に健康的なダイエットを行う」というものです。

テレビで取り上げられたキムチダイエット

キムチはいろいろな健康効果があるので、テレビで何度も取り上げられています。

例えばテレビ朝日「林修の今でしょ!講座」2018年9月25日放映では、キムチが腸内環境を整え、大腸を老けさせないパワーがあることが紹介されていましたが、その主な効果の中にダイエット効果があります。

またテレビの中では、時々人気タレントがキムチを食べて○○kg痩せたと話題になることもあります。

キムチダイエットの口コミ

ネットには、キムチダイエットに成功したという口コミがたくさんあります。

その中には、「キムチを食べて2週間で体重が5kg痩せた」というような具体的な結果もあれば、「キムチを食べて汗をかきやすくなった」など痩せやすい体質になったという人もいます。

一方でキムチは味が濃いので「飽きて毎日食べることができなくなった」という人や「キムチを食べて胃が痛くなった」という人もいますので、キムチの量や食べ方などにも気をつけていかなければなりません。これらの点については、後ほど詳しく解説します。

韓国人はやせている人が多い?キムチダイエットの効果

韓国人というとあまり太ったイメージがなく、実際テレビで見たり街角で会う韓国人を見たりしても、痩せている人が多いように思えます。これはキムチのダイエットの効果なのでしょうか。

恐らくキムチだけがその原因であるわけではないですが、キムチが一役買っているのは事実といえるでしょう。

韓国人は毎日キムチを300g食べているといわれています。ダイエット効果のあるキムチをこれだけの量を食べれば、体重に少なからずの影響を及ぼすのは当然のことです。

この他にも韓国人は、「美容意識が高い」「勤勉」などといった特徴もあり、国民性的に痩せやすい体質という特徴がありますが、やはりキムチはかなり大きな部分を占めているといえます。

キムチダイエットは健康的

キムチダイエットをオススメするのは、キムチにただダイエット効果があるだけではなく、キムチがとても健康に良いからです。

キムチはいろいろな野菜やトウガラシなど栄養豊かな食材で作られていますが、それだけではありません。

野菜に含まれている乳酸菌が発酵することにより乳酸菌が増えますが、この乳酸菌の数がとんでもない数です。キムチの漬け方や発酵の期間によって乳酸菌の数は変わりますが、平均するとたった1gで1億以上の乳酸菌がいます。

しかもキムチの乳酸菌の種類は、植物性乳酸菌です。乳酸菌の中には植物性乳酸菌の他に、ヨーグルトなどに含まれている「動物性乳酸菌」がありますが、胃酸や温度に弱く腸にたどり着く前にほとんどが死滅してしまいます。

一方キムチに含まれている植物性乳酸菌は、温度にも胃酸にも強く、調理の時に80℃を超えなければほとんどの乳酸菌を生きたまま腸に届かせることができます。

乳酸菌は死菌でも生菌と同等の効果があると主張する専門家もいますが、生菌が害をもたらすことはありえませんし、まだ知られていない効果があることも考えられることから、出来るだけ生菌のまま腸に届かせてあげるようにすべきでしょう。キムチはその点でとても優れた食材ということができます。

o型なららキムチダイエット?血液型ダイエットの是非について

ダイエット方法の中には、「血液型ダイエット」というものがあります。血液型によって相性の良い食材がことなるというもので、自分のあった食材を食べるというものです。そしてその血液型ダイエットによりますと、o型の人に最も痩せる食材はキムチだそうです。

血液型別の相性の良い食材は以下の通りです。

【A型】
1. 納豆
2. ヨーグルト
3. フレッシュチーズ
【B型】
1. 納豆
2. 納豆
3. なれずし

【O型】
1. キムチ
2. ヨーグルト
3. 納豆

【AB型】
1. 納豆
2. ヨーグルト
3. フレッシュチーズ

このようにキムチのダイエット効果が高いのは、少なくともこのランキング内ではO型のみとなっています。

しかしここに書かれている食材は全てダイエット効果があるものばかりです。また血液型で性格が決まるという主旨のものもありますが、こちらも科学的に実証されているわけでなく、海外ではあまり知られていません。このことからも血液型ダイエットの信ぴょう性には疑問符が浮かびます。

ただし科学的に実証されているものはまだ少なく、これから実証される可能性はあることや、フラシーボ効果(効果のない偽薬でも効果があると信じ込むことで、一定の効果がみられること)もありますので、o型の人は「自分の血液型でダイエット効果が高いのはキムチだ」と信じながらキムチを食べれば、本当に効果は高くなるかもしれません。

Sponsored Link



キムチダイエットの種類と方法

キムチダイエットの食べる方法や食材はいろいろありますが、基本的に次の方法のうちいくつか、あるいは全部が含まれています。

① 毎日最低3食キムチを食べる。1回の量は少なくても良い
② キムチを定期的に食べる
③ キムチと一緒に食べる食材のカロリーにも気を付ける

ここに挙げている方法は全て、ダイエットに対して必要なことですので、この記事では全て実践することをおススメしています。

キムチにダイエット効果があるのはなぜか

さてキムチにダイエット効果がある、といえるのはなぜでしょうか。このことを理解していない人は、キムチダイエットが長続きしなくなることが多い傾向にあります。

毎日3食キムチを食べるというのは、それほど簡単なことではなく、いくら美味しいキムチでも飽きてしまいますし、用意するのも大変です。

しかしキムチを食べた時に何がどのように身体に作用しているか、「頭で理解しながら」食べているため、飽きていてもキムチダイエットを続ける動機づけとなります。

ここではまず、キムチ全般の効果について解説した後、キムチの「カロリーが低いこと」「代謝が良くなること」「ダイエット効果の高い栄養成分が含まれていること」について解説します。

キムチの効果について

キムチは野菜に含まれている豊富な乳酸菌やトウガラシに含まれているカプサイシンという成分によって、ダイエット効果に関係するものだけに絞っても次のような幅広い効果効能があります。

・脂肪燃焼効果があり、体脂肪、内臓脂肪が減る
・コレステロール値が正常になる
・殺菌効果があり、風邪を引きにくくなる
・腸内で善玉菌の数が増え、腸内環境が良くなる
・冷え性が改善する
・むくみが解消する
・便秘が解消する
・血糖値の上昇を抑える

このようにキムチは、実際に体重が増加する原因となっているものが減るだけでなく、痩せやすい身体になります。こういった意味すべてを含めて「キムチにはダイエット効果がある」といわれているのです。

キムチはカロリーが低いからダイエット効果がある

キムチはカロリーが低く、キムチ100gにつきおよそ46calしかありません。

キムチダイエットで1日に食べるキムチの量は100g程度。人間が一日に必要なカロリー目安は「体重×30calなので、体重60キロの人ならまだ150cal以上余裕があることになります。

キムチは低カロリーで満腹感もありますので、食事と一緒に食べれば食事の量も制限されこの面でもダイエット効果となります。

キムチは代謝がよくなるのでダイエット効果がある

キムチは基礎代謝が良くなるので、強いダイエット効果があります。ダイエットというと、食事制限や運動がまず思いに浮かぶかもしれません。しかし基礎代謝が悪いと、これら苦しいダイエットを行っても効果が薄く、やめた時のリバウンドもしやすくなります。

基礎代謝は基本的に自分でコントロールすることができないので、基礎代謝を上げる栄養素や、内臓を活発に動かす食品を外部から取り入れる必要があります。

キムチは基礎代謝をよくするので、運動するときに脂肪が燃えやすくなり、ダイエット効果へとつながります。

キムチはダイエット効果の高い栄養成分が豊富

キムチは栄養成分が豊富ですが、とりわけダイエット効果の高い栄養成分が多い食材として注目を浴びています。

キムチはいろいろな種類がありますが、基本的に次のような成分が含まれています。

・カプサイシン
・乳酸菌
・食物繊維
・タウリン
・アスパラギン酸
・ニコチン酸

それぞれがダイエットにどのような効果があるかについて、詳しく解説します。

ダイエット効果の高いキムチの栄養成分①カプサイシン

キムチのトウガラシには、カプサイシンという成分が入っていますが、この成分はダイエットに強い効果があります。

キムチのような辛い食べ物を食べると、体が熱くなりますがそれはカプサイシンによってダイエットの大敵・脂肪が燃焼されているからです。

さらにカプサイシンは身体を温めることによって血管を拡張し血流が良くなりますので、体のむくみが改善する効果もあります。

それでむくみがひどい人は、キムチを食べれば見かけもすっきりして周りの人も「最近痩せた?」と思ってくれます。

このように基礎代謝を上げることによってダイエット効果のあるキムチですが、この効果を最大限に生かすためには有酸素運動をする必要があります。

キムチを食べて脂肪が燃えやすくしたら、そのまま20分以上ランニングやサイクリング、あるいはスイミングを行ってください。脂肪が効率よく燃えて、ダイエット効果が急激に高まります。

ダイエット効果の高いキムチの栄養成分②乳酸菌

このようにカプサイシンの効果を考えると、「わざわざキムチを食べなくてもカプサイシンの含まれているトウガラシを食べればいいのでは?」と思うかもしれませんが、キムチには忘れてはならない大切な成分である乳酸菌が含まれています。

乳酸菌の主な効果は腸内環境を整えること。これにより便秘が解消され体重が少し落ちますがそれだけではありません。乳酸菌はそれ自体が善玉菌の一種であり、乳酸菌を摂取することによって腸内の善玉菌が増えて悪玉菌が減少します。

腸内の菌の中で、これら善悪菌よりも多いのは日和見菌と呼ばれる種類の菌で体内の7割もいます。

日和見菌は普段何もしない菌ですが、善玉菌が悪玉菌よりも増えれば善玉菌の役割を、悪玉菌が善玉菌よりも増えれば悪玉菌の役割を行うまさに「日和見主義」。

そしてこの日和見菌の中に、身体を痩せやすい体質にする「ヤセ菌」と、身体を太りやすい体質にする「デブ菌」がいます。

つまりキムチを毎日食べると体内で次のような症状が起こるようになります。

キムチを毎日食べる

体内で乳酸菌(善玉菌)が増え続ける

善玉菌の数が悪玉菌よりも多くなる

今まで「デブ菌」として活動していた日和見菌が「ヤセ菌」として活動するようになる

たくさん食べてもなかなか太らない痩せやすい体質になる

私たちの周りには、同じ量だけ食べてもすぐに太る人もいれば全然太らない人がいるのは、このように腸内環境が大きく関係しています。

キムチをたくさん食べて「ヤセ菌」を増やし痩せやすい体質にしましょう。

ダイエット効果の高いキムチの栄養成分③食物繊維

キムチを食べると野菜をたくさん食べることになりますが、その野菜に含まれている食物繊維にもダイエット効果があります。

食物繊維の主な効果は、腸壁にこびりついていた宿便をとってくれること。これにより便秘が解消され、肥満防止効果があります。

食物繊維はまた、乳酸菌のエサになりますのでキムチを食べることによって体外から新しい乳酸菌が増えるだけでなく、腸内にすでにいる乳酸菌がキムチの食物繊維を食べることによってさらに増殖します。

このようにキムチはダイエットに効果があるいろいろな成分があるだけなく、それぞれの成分がお互いを高め合う効果があり、この相乗効果がキムチの高いダイエット効果の秘密です。

ダイエット効果の高いキムチの栄養成分④タウリン

キムチに含まれているタウリンも、エネルギーの代謝を促進してダイエット効果があります。タウリンは魚介類のキムチに豊富に含まれています。

ダイエット効果の高いキムチの栄養成分⑤アスパラギン酸

キムチに含まれているアスパラギン酸も、エネルギーの代謝を促進してダイエット効果があります。アスパラギン酸は安眠効果もありますので夜ぐっすり眠ることができます。夜なかなか眠れないのでついつい夜食を食べてしまうという人は、安眠効果も間接的にダイエット効果につながります。

ダイエット効果の高いキムチの栄養成分⑥ニコチン酸

キムチに含まれているニコチン酸は、胃腸の働きを正常にして食べた物を消化しやすくするのでダイエット効果になります。ちなみにニコチン酸は、たばこのニコチンとは全くの別もので身体に悪い作用は全くありません。

Sponsored Link



キムチダイエットのやり方

キムチダイエットはシンプルなダイエット方法ですが、いくつかのルールがあります。

これらのルールを守ることによって、キムチのダイエット効果をさらに高めることができます。

キムチを食べるタイミングや置き換えダイエットの方法、キムチを食べる量や食べ合わせなどキムチダイエットのコツについて詳しく解説します。

ダイエット効果が高いキムチを食べるタイミング

キムチは基本的に食事の前に食べると、ダイエットの効果が高まります。

カロリーの低いキムチでお腹がいっぱいになるので、全体の食事カロリーを減らすことができますし、キムチの野菜による食物繊維で、等の吸収を緩やかにしてくれるからです。

さらにタイミングごとに効果が変わりますので、それぞれのタイミングについて詳しく解説します。

ダイエット効果が高いキムチを食べるタイミング①食前

キムチは食事前に食べるとダイエット効果は高まります。キムチはあっさりして食べやすいので、お腹がいっぱいになっても食べることができますが、そのタイミングで食べてしまうと全体的な食事の量が増え、摂取カロリーも増えてしまいます。

キムチを食事の前に食べると、キムチの食物繊維がお腹で膨らみ満腹感が出てきますので、食事の量を制限できます。また炭水化物の前に食物繊維を摂ることによって糖質を吸収することなく排出してくれる働きもあります。

ダイエット効果が高いキムチを食べるタイミング②朝飯

キムチは朝昼晩の食前に食べるとダイエット効果がありますが、特に効果があるタイミングのひとつは朝食前です。

キムチを朝食べることによって、基礎代謝を上げるキムチのカプサイシンの効果が一日続くことになります。

朝食を食べた後の通勤や通学、または家事などのちょっとした運動が脂肪の燃焼を促しダイエットにつながります。できれば普段使っている車や電車エレベーターを徒歩や自転車、あるいは階段を使うなどして運動を意識するようにしてください。

なお朝起きて胃に何も入っていない状態で、いきなりキムチのような刺激の強いものを食べると胃腸にあまりよくありませんので、キムチを食べる前に牛乳を飲むなどして威を整えておいてください。

ダイエット効果が高いキムチを食べるタイミング③夕飯

夕飯前にキムチを食べるのも、大きなダイエット効果があります。

夜に食物繊維や乳酸菌たっぷりのキムチを食べれば、寝ている間に腸内環境が整い、翌朝便が出るようになるからです。

ダイエット効果が高いキムチを食べるタイミング④寝る前

朝昼晩の他に、寝る前にお腹がすいた時はキムチを食べましょう。キムチはカロリーが低く、お腹がいっぱいになるので、カロリーが高い夜食を食べたいという誘惑から解放されます。

またキムチは安眠効果もありますので、寝つきが悪い時もぐっすりと眠れて翌朝すっきりと起きることができるようになります。

ダイエット効果が高いキムチを食べるタイミング⑤夜中

夜中に目が覚めてしまってお腹がすいた時も、キムチを食べるようにしてください。理由は寝る前と同じでカロリーが低いのにお腹がいっぱいになり、安眠につながるからです。

1食をキムチに置き換える「置き換えダイエット」

本格的にダイエットをしたい方は、1食をキムチに置き換える「置き換えダイエット」をおすすめします。

置き換えダイエットとは、1食を抜いて代わりにキムチだけを食べるという方法で、1日のカロリーの摂取量がかなり減るので早くダイエット効果を実感できるようになります。

食事の量そのものを減らしたり、ファスティング(プチ断食)をしたりするのは大変ですが、キムチを食べれば満腹感がありますので、それほどつらい思いをすることなくダイエットすることができます。

置き換えダイエットをしている時は、キムチの量をたくさん食べても大丈夫ですので、お腹が落ち着くまでキムチを食べて空腹感と戦ってください。

また後ほど詳しく紹介しますが、キムチと相性が良くカロリーが低くてダイエット効果のある食材を、キムチと一緒に食べることもできます。

キムチダイエットで食べるキムチの量と目安

キムチダイエットで食べるキムチの量と目安は、1日に30g~50g、多くても100g程度にしておきましょう。

キムチは栄養が豊富に含まれているとはいえ、食べすぎると塩分の取りすぎになってしまいますし、何よりも飽きてしまいます。

ダイエットのためには毎日定期的にキムチを食べよう

ダイエットをするうえで大事なのは一日にどれほどの量を食べるかではなく、少しでもいいので毎日継続的にキムチを食べることです。

毎日定期的にキムチを食べることによって、体の基礎代謝がいつもよくなり私たちの貯まった脂肪を徐々に燃やしてくれます。

キムチダイエットで食べるキムチの選び方

スーパーではキムチがたくさんありますが、実はどのキムチもダイエット効果があるわけではありません。なので、ちゃんとダイエット効果のあるキムチを選びましょう。

スーパーで安売りしているキムチの多くは、発酵食品ではなく発酵風食品が多いのが現状です。食品添加物で発酵食品のようなキムチを作って、食べやすくしています。

日本人が作ったキムチの多くは、本場の韓国より甘くからみも少ないですが、この場合発酵していないので、ダイエット効果も少ない可能性があります。

ダイエットのためにキムチを食べるときは、出来るだけ日本製ではなく韓国製のキムチを買うようにしましょう。食べた時に無糖のヨーグルトやピクルスのような爽やかな酸味を感じたらそれは発酵したキムチということができます。

キムチをおかずとして食べるとダイエットになる

キムチは直接食べるだけでなく、おかずとして食べることもできます。

キムチはいろいろな食材と合いますので、キムチのおかずレシピを増やして定期的キムチをとるようにしましょう。

繰り返しになりますが、ダイエット効果を発揮するためには継続的なキムチの摂取が必要です。飽きがくるまえにキムチのいろいろな食べ方を覚えておく必要があります。

キムチをおつまみとして食べるとダイエットになる

お酒やビールのおつまみをキムチにするとダイエット効果につながります。

ビールは太るというイメージがあると思いますが、実はビール自体にそれほどカロリーがあるわけではありません。カロリーが高いのは、ビールよりもむしろ揚げ物やスナックなどビールのおつまみです。

キムチはビールにとても良く合いますし、カロリーも低いので贅肉が増えることはありません。むしろキムチの効果により脂肪が燃えてダイエット効果とつながります。

このようにおつまみとしてキムチを食べれば、本来太る方向性に行っていたものが真逆の痩せる方向性に向かうようになりますので、大きなダイエット効果ということができます。

キムチをおやつとして食べるとダイエットになる

キムチをおやつとして食べてもダイエットにつながります。おやつは食事と食事の間に食べるので、一日に摂取するカロリーを直接増やしてしまいます。

できればおやつのような感触はダイエット中には取らないほうが最適ですが、それでも夕食を食べる前にお腹がすいてしまったらどうしようもありません。そんな時はカロリーの高いチョコレートやスナックはやめて、キムチを食べるようにしましょう。

キムチだけを食べてもいいですが、「キムチのチヂミ」や「チーズキムチ」などはおやつの代わりになり美味しく食べられますので、夕食までカロリーの高い感触を食べないで我慢して持つことができます。

空腹になったらキムチを食べればダイエットになる

このように空腹になったらキムチを食べるという習慣を作れば、それ自体がダイエットとなります。

ストイックにダイエットをするのは理想ですが、現実は食欲はそれほど弱い敵ではありません。いくらダイエットをしようと心掛けても、食欲の前ではあっさりと敗北してしまうのが人間の悲しい性です。これは決してあなただけではありません。

食欲に負けて落ち込んでしまい、ダイエットそのものをあきらめてしまうよりは最初から食欲に勝てないことを予想しておく方が賢明です。

そしてカロリーが低くて満腹感があり、それ自体がダイエット効果のある食べ物を食べるようにしておくならダイエットを成功することができるでしょう。

ダイエット効果があってカロリーが低いキムチは、そんなあなたの最適なパートナーとなります。

キムチダイエットの期間

ダイエットは生活習慣や体質、またどれほど痩せたいかなどによってダイエットする期間は変わってきますが、多くの人はキムチダイエットを始めてから2週間~3週間で成果が出始めたと感じているようです。

ダイエットを続ける上で大事なのは、「ダイエットが成功している」と実感することです。1kgでも2kgでも痩せたことがわかれば、目標達成までの期間がどれほど長くてもそこまでに達成したいという動機付けを高めることができます。

それでキムチダイエットを始めた時は、細かい体重の記録をとっておくことをおススメします。ダイエットを辞めたいと思った時はその記録を見て、「今ここであきらめるのはもったいない」と自分に言い聞かせましょう。

例納豆キムチの期間

例として納豆キムチでダイエットをした某タレントの例をご紹介しましょう。

そのタレントは、非常に太りやすい体質で油断するとすぐに二の腕は太くなり顔もふっくらとしてしまう女性でした。

しかし納豆キムチを毎日食べることによって、半年でなんと10kgもダイエットに成功したようです。10kg痩せたそのタレントは、腕も細くなって顔周りもすっきりしてより美しさに磨きがかかりました。

そんな納豆キムチダイエットの方法はとても簡単で1日1食納豆にキムチを入れたご飯を食べるというものでした。

しかし方法は簡単でも半年間続けるというのは誰でもできることではありません。マスメディアの独特の環境の中で耐え抜いた、限られたタレントだから出来る業です。

半年間続けるためにも、日々の記録を大切にして「キムチによって痩せた」という実感を作るようにしましょう。

ダイエットを成功させるために2週間の献立を決めておこう

キムチを毎日食べるためには、キムチをそのまま食べるだけでなく料理としてもいくつか覚えておく必要があります。

そのためにはあらかじめキムチを使った献立を決めておくのは、ダイエットを続ける上で大きな助けとなるでしょう。

毎日毎日献立を決めるのは大変ですが、とりあえず2週間の献立を決めておきましょう。2週間前の料理を食べても飽きないので、その2週間の献立は繰り返し使うことができます。

キムチと発酵食品との食べ合わせがダイエット効果を高める

キムチは、キムチ以外の発酵食品と合わせて食べることによりダイエット効果をさらに高めることができます。

キムチには数億という乳酸菌がいますが、体内にはすでに数兆規模の菌がいるため善玉菌の数を優勢にするためには大量の乳酸菌を摂る必要があります。

乳酸菌に副作用はありませんので、継続的に摂ることが一番大切ではありますが1日の乳酸菌摂取量もとればとるほどダイエット効果は高まります。

キムチ×ヨーグルトのダイエット効果

そんなキムチと乳酸菌の食べ合わせの一例として「キムチヨーグルト丼」を紹介します。

「キムチとヨーグルトとご飯なんて気持ちが悪い」と思うかもしれませんが、まずは先入観を捨てて一度作って食べてみてください。

【キムチヨーグルト丼材料】
・キムチ:50g
・無糖ヨーグルト:40g
・ご飯:茶碗に1杯
・かつお節:少々
・しょうゆ:少々
・きざみねぎ:少々

【キムチヨーグルト丼作り方】
1. コーヒーを淹れる時のようにヨーグルトをフィルターに入れてセットする
2. そのまま6時間置いてヨーグルトを水切りする
3. ご飯にキムチとヨーグルトを乗せる
4. しょうゆ、かつお節、きざみねぎを振りかけて完成

ヨーグルトとキムチの酸味が爽やかでとてもおいしいどんぶりになります。作り方もとても簡単なのでぜひ試してみてください。

ちなみにヨーグルトの水切りをした後の水は乳酸菌の宝庫なので決して捨てないで、飲むようにしてください。

ダイエット中にキムチを食べるだけ

いろいろなキムチダイエットの方法を提案しましたが、もしいまあなたが何らかのダイエット法をすでに行っているなら、それを継続しつつキムチを食べるようにしてみることもできます。

キムチダイエットは、基本的にキムチを食べるだけのダイエット法なので、何かのダイエット法とかち合うことはほとんどありません。

それまでのダイエット法にプラスして、ただキムチを食べる…たったそれだけ今行っているダイエット効果が劇的に高まるかもしれません。

Sponsored Link



ダイエット効果が高い!キムチと一緒に食べる材料

キムチはただ食べるだけで体重が一気に落ちるというような食材ではありません。毎日継続的に食べることにより、少しずつ体重が落ちていきます。

しかしキムチにある食材を加えると、ダイエット効果が高まり早く痩せられるようになります。

種類はたくさんありますので、これらを覚えておきダイエット効果の高いキムチレパートリーを増やしていきましょう。

キムチのダイエット効果を高める食材①納豆

納豆を食べる時には必ずキムチを入れるという人も少なくないと思いますが、実はこの組み合わせはダイエットに最適です。

納豆に含まれているナットウキナーゼにも脂肪燃焼効果や便秘解消効果などのダイエット効果がありますが、乳酸菌はこのナットウキナーゼを好んで食べる傾向があります。

それで納豆キムチは、ただでさえ多いキムチの乳酸菌を腸内でさらに増やす効果があります。

納豆とキムチは食材としてもよく合いますので、ご飯にただ混ぜるだけですぐにできますが、ダイエット効果だけでなく栄養も豊富なのでこの一食だけで1日に必要な栄養素のかなりの部分を補うことができます。

日本が誇る納豆と韓国が誇るキムチ。この日韓共同の傑作をどうぞあなたのダイエットに役立ててみてください。

キムチのダイエット効果を高める食材②オクラ

その納豆キムチにオクラを加えれば、ダイエット効果はさらに高まります。

オクラは食物繊維が豊富で、便秘解消効果があります。

そして「ネバネバ同氏は相性がいい」とよく言われますが、オクラと納豆はとても相性が良く、キムチと一緒に食べることによってお互いのダイエット効果を高めあいます。

オクラの効果を高めるためには、少し面倒ですがオクラを切ってからゆでるようにしましょう。切ってからゆでるとオクラのネバネバが増して、ダイエット効果がさらに高まります。

キムチのダイエット効果を高める食材③枝豆

枝豆は、カロリーが低く脂肪燃焼効果がある上にタンパク質が豊富なので筋肉を作るのにも役立ちます。

女性の中には、「筋肉が増えると腕や足が太くなるから嫌」という人がいるかもしれませんが、女性はよほどハードなトレーニングをしない限り筋トレやたんぱく質によって腕や足が太くなることはありません。

むしろ筋肉がつくとその周りのぜい肉が燃えやすくなり、腕や足が細くなります。

キムチにはたんぱく質があまりありませんので、キムチの中にゆでた枝豆を入れればダイエット効果が高まるだけでなく、キムチに足りないタンパク質も摂取することができるようになります。

キムチのダイエット効果を高める食材④キャベツ

キャベツはそれだけでもダイエット効果のある「キャベツダイエット」がありますが、キムチと一緒に食べることによってダイエット効果を高めることができます。

キャベツは食物繊維が豊富でカロリーが少なく、食感があるのでよく噛むようになります。結果租借回数が多くなって満腹中枢を刺激し、食事の量を減らすことができます。

「豚キムチ」のレシピにあるようにキャベツとキムチはよく合い、だれでも美味しく食べることができます。ぜひ2週間の献立にキャベツとキムチを加えたレシピを加えてください。

キムチのダイエット効果を高める食材⑤キノコ

キノコもダイエット効果の強い食材で、キムチと相乗効果があります。

きのこにはキノコトサンという成分がありますが、これが体脂肪を燃やして排出するという効果があるからです。成分は違いますがキムチと同様のダイエット効果があるので、高価もかなり期待できます。

どのきのこにもキノコトサンが含まれているので、ダイエット効果がありますがマイタケのダイエット効果はさらに優れています。

マイタケには「キノコトサン」に加えて「MXフラクション」という成分があり、これがまた中性脂肪やコレステロールの分解を促進させる働きがあるからです。加えてマイタケは食物繊維も豊富です。

マイタケとキムチを同時に食べると、次のような効果があることになります。

・キムチとマイタケのダブルの食物繊維
・キムチの乳酸菌
・キムチのカプサイシン
・マイタケのキノコトサン
・マイタケのMXフラクション

このようにマイタケ×キムチは様々な角度から、ダイエット効果を何倍も高めてくれます。

キムチのダイエット効果を高める食材⑥こんにゃく

こんにゃくは100gあたり5kcalと低カロリーでありながら、食べて胃に入ると胃の水分を吸収してすぐに満腹感になります。こんにゃくはまた食物繊維が豊富で排便運動を活発にするので、少なくても便の重さ分はダイエットとなります。

このこんにゃくとキムチを食べあわせることで、低カロリーで満腹感があり、しかも脂肪を燃やして宿便も排出してくれますので高いダイエット効果があります。

こんにゃくキムチは食べることによって食事の量を減らすことができますので、毎食前に食べたり、お腹が空いた時の間食にしたりしておけば、1日の摂取カロリーをかなり抑えることができます。

キムチのダイエット効果を高める食材⑦豆腐

豆腐は、タンパク質を豊富に含み栄養豊かでお腹にたまりますが低カロリーというダイエットに理想的な食材です。

豆腐とキムチは食材としてもよく合い、ともに低カロリーでありながらキムチの効果で脂肪が燃焼され、太りにくい体質になりますので毎日豆腐とキムチを食べれば健康的に痩せることができます。

最も効果のあるダイエット方法は、1食をキムチと豆腐だけに変えてみるという方法です。栄養バランスがいいので、1食分に必要な栄養のほとんどを満たすことができ、かつおなかがたまりますので、辛いダイエット法ではありません。

ただし豆腐とキムチが、いくら栄養バランスがいいからといって、1日に必要素すべてを満たしているわけではありません。

豆腐キムチの置き換えダイエットは、1日に1食までにとどめておきましょう。

ダイエット効果が高いのはどっち?木綿豆腐?絹豆腐?

木綿豆腐と絹豆腐は、ダイエット効果の面ではほとんど差がなくどちらも高い効果を期待できます。

木綿豆腐は、絹豆腐に比べてカロリーが若干高いですが、その分食べごたえがあって全体の食事の量を減らすことができますので、結局のところ絹豆腐と変わりません。好みで自由に選んでください。

キムチのダイエット効果を高める食材⑧鶏肉

三大栄養素の中でダイエット中の大敵は、炭水化物と脂質。これらを出来るだけ抑えながら、たんぱく質はしっかりと摂取する必要があります。

そんな中で重要な食材が鶏肉です。「ダイエット中に肉ってどうなの?」と思うかもしれませんが、実は鶏肉は豚肉や牛肉よりもカロリーが低く、特に皮を取り除けばカロリーはかなり削減することができます。

ダイエット中に気をつけなければいけないのと同時に書かせてはいけない肉。この矛盾を解決するために鶏肉を使ったレシピを覚えておきましょう。

鶏胸肉とキムチの組み合わせはダイエット効果を高める

鶏肉の中でとりわけ値段が安くてアレンジもしやすく、ダイエット効果が高いのが鶏胸肉です。

鶏胸肉は、200gあたり382kcalありますが、皮を取り除けばカロリーが150以上カットされて216kcalとなります。

鶏胸肉はまた、代謝をよくするビタミンB6や、筋肉を作るたんぱく質が豊富に含まれています。脂肪は筋肉をつけていると燃えやすくなる傾向があるので、キムチと一緒に食べることによって効率よく脂肪を燃焼することができます。

ダイエット中はカロリーが少し高い、豚キムチの代わりに同じ量だけたんぱく質が摂れておいしく低カロリーな鶏胸肉キムチにして食べてみましょう。

筋トレダイエットにはキムチささみ

筋肉を増やしてダイエットをしたい方には、キムチとささみを一緒に食べることをおすすめします。

肉類はどれもたんぱく質が多く含まれていますが、その中でもささみはトップレベルのたんぱく質包含量となっています。しかもささみは他の鶏肉の部位と同じくカロリーが低いので高いダイエット効果を期待できます。

キムチのダイエット効果を高める食材⑨スープ

野菜だけが入ったスープは、典型的なダイエット方法のひとつです。低カロリーでありながら野菜をたっぷりとることができるので、代謝が上がって便秘が解消される健康的なダイエット法です。

でもスープはカロリーの高いおかずと一緒に飲むと美味しいですが、スープだけだとちょっと味気がなくて物足りない感じがするかもしれません。

そんな時におススメしたいのがキムチ入りスープです。キムチは味がしっかりしているのでスープの味が格段にあがります。

そしてスープダイエットの基本的なダイエット効果に、キムチのダイエット効果がプラスされますので、ダイエット効果はさらに高まります。

キムチのダイエット効果を高める食材⑩うどん

糖質カットダイエットをしている方は、ご飯やラーメンはもちろんですが原料が玄米のうどんもあまり食べないようにしているかもしれません。

しかし実はうどんは、カロリーや糖質(炭水化物)は白米よりもかなり低くダイエットに向いた食材です。

食材 白米 うどん
100gあたりのカロリー 168kcal 105kcal
100gあたりの炭水化物 37.1g 21.6g

このように意外とカロリーが低く主食にもなりますので1食分のごはんを、キムチ入りうどんに置き換えれば美味しく痩せることができます。

特にさぬきうどんのようなコシが強いうどんは、満腹感が持続しやすいので全体的な食事の量を減らすことができるのでおすすめです。

ただし当たり前のことですが、うどんと一緒にご飯を食べると炭水化物の取り過ぎになってしまいますのでやめましょう。

キムチうどんとキムチそば ダイエット効果が高いのはどっち

うどんと同じく炭水化物が含まれているそばですが、やはりうどんと同様カロリーが低いのでダイエット効果があります。

うどんと比べると、そばのほうがやや炭水化物やカロリーは高いですが、そば「ルチン」というポルフェノールが含まれています。このルチンは新陳代謝を活発にさせ脂肪の代謝を促進するというダイエット効果があります。

なのでうどんよりもカロリーが高いとはいえ、脂肪が代謝させられるためダイエット効果としては「どちらも高い」というのが結論です。

キムチうどんとキムチそうめん ダイエット効果が高いのはどっち

そうめんはカロリーが高く、ダイエットをしている人から敬遠されがちですが、こちらもやはり白米と比べるとカロリーが低いので、食べ方次第ではダイエット食材となります。

特にさっぱりしたそうめんにキムチを乗せれば、爽やかな酸味が加わり食欲がない季節でもつるつると美味しく食べることができます。

このようにそうめんは、それ自体に劇的なダイエット効果があるわけではありませんが、満腹感の割には摂取カロリーが低く、栄養もそれなりにあるためダイエットとして向いています。

1食分をごはんのかわりにキムチうどんを食べ、あきたらキムチそばやキムチそうめんをたべるなど気分に合わせてダイエットを行ってみることもできるでしょう。

キムチのダイエット効果を高める食材⑪さば

さばに含まれるEPAはコレステロールを排出させる効果があるので、ダイエット効果が高い食材として注目を浴びています。

しかもさばのEPAのすごいところは、それ自体がコレステロールを排出するだけでなく「GLP-1」というホルモンを分泌させるところにあります。

GLP-1は脂質や糖質を代謝させる働きがありますので、GLA-1値が高いほど肥満率が低い傾向にあります。

鯖缶とキムチが特にダイエット効果が

鯖は調理の段階で、油と一緒にEPAも流れてしまうとダイエット効果が低くなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが便利で保存が効く鯖缶です。鯖缶はあらかじめ材料を缶に詰めた後に加工されていますので、EPAがそのままたっぷりと含まれています。

なので鯖缶を調理するときは必ず汁も一緒に食べるようにしてください。キムチも一緒に入れればそれだけで立派なおかずのひとつとなりますが、ダイエット効果も高く低カロリーなレシピとなっています。

キムチのダイエット効果を高める食材⑫白滝(しらたき)

しらたきは海外では有名なダイエット食材のひとつです。

カロリーは200gあたり12g程度とほとんどないのにもかかわらず、水分を吸って膨れるので満腹感も出やすく食事の量を制限することができます。

しかも食物繊維は白米の十倍もありますので、お通じが出やすくなるという点でもダイエット効果があります。

しらたきは食材の味を邪魔しないので、キムチ鍋やキムチスープなどキムチ料理に何でも一緒に入れてみてください。

キムチのダイエット効果を高める食材⑬お酢

毎日大さじ2杯のお酢を食べるだけの「お酢ダイエット」は簡単で確かな効果があるダイエット方法として人気があります。

お酢の酢酸には血糖値の上昇を抑える働きがあり、脂肪の吸収を抑える効果があります。

またお酢にはクエン酸やアミノ酸も豊富に含まれていて、新陳代謝のアップ、便秘解消効果、脂肪の燃焼効果、むくみ解消効果など様々なダイエット効果があります。

でも毎日キムチを食べながら大さじ2杯のお酢を飲むというのは、意外と難しいものです。そこでおすすめしたいのが、キムチに直接お酢を振りかけるというものです。

キムチもお酢も共に酸味が特徴なので、一緒にかけると酸っぱくて食べられないのではと思うかもしれませんが、以外とキムチの味がまろやかになって食べやすくなります。

ただしお酢入りキムチは、胃に刺激が強いので空腹時に食べるのはあまりオススメできません。また食べてすぐ歯を磨くと歯にあまりよくありませんので、歯磨きをする前に口を軽くゆすぐようにしてください。

キムチのダイエット効果を高める食材⑭卵

卵は食物繊維とビタミンCを除く完全栄養食材としても知られていますが、ダイエットにも効果がある条件がいろいろそろっています。

まず卵は低カロリーです。栄養豊富で低カロリーというのはダイエットをするうえでかなりのポイントとなります。

そして卵黄にはレシチンという成分が含まれていますが、この成分には代謝を促進するだダイエット効果が。さらに良質なタンパク質が豊富なので、筋肉を作る材料ともなり、脂肪の燃焼を促進させます。

そんな卵をキムチと一緒に食べれば、高いダイエット効果がありながらも卵に足りない食物繊維とビタミンCを補いますのでそれだけで必要な栄養素全てを補うことができます。

キムチのダイエット効果を高める食材⑮もやし

モヤシは低カロリーで、ビタミン類が豊富なのでダイエット効果があります。特にもやしに含まれているビタミンB2は脂質や糖質を燃焼させる効果があります。

またもやしは食物繊維が豊富なので、お通じが出やすくなるという意味でもダイエット効果があります。

このようにもやしは栄養豊富でありながら、安く購入できますので置き換えダイエットに最適です。キムチと一緒に大量のもやしを食べれば食費が浮きますし、高いダイエット効果があります。

キムチのダイエット効果を高める食材⑯りんご

ボクシングの漫画や映画などで有名なリンゴダイエット。ボクサーがリンゴ1つだけを食べて減量するシーンは印象に残っているかもしれません。

リンゴは栄養素が豊富にありながら、カロリーが低くしかも脂肪の燃焼を活発にさせるリンゴポリフェノールの効果により太りにくい体質になります。

もちろん皆さんはボクサーではないと思いますので、辛いダイエットに励む必要はありません。1日の食事の中で1回をリンゴとキムチを食べるだけで十分大きなダイエット効果があります。

リンゴを食べるときは皮の部分にリンゴポリフェノールが多く含まれていますので、皮ごと食べるようにしてください。そのためにもできるだけ無農薬で新鮮なリンゴを買って食べるようにしましょう。

キムチのダイエット効果を高める食材⑰もずく

モズクは低カロリーで満腹感もあり、美容にもいいので女性を中心にダイエット食材として人気があります。

もずくダイエットの方法は簡単で、毎食前にもずくを食べて食事の量を制限するというものです。

そしてそのもずくとキムチは食材としても相性が良いので、美味しく食べてダイエット効果も高まります。

キムチのダイエット効果を高める食材⑱マヨネーズ

いかにも太りそうなイメージのあるマヨネーズ。確かにマヨネーズのカロリーは高いのですが、意外と糖質が低いので糖質制限のダイエットをしている方にはもともと最適な食材です。

そしてマヨネーズは改良がされていて、カロリーオフのものがたくさんあり、ダイエットの敵だったマヨネーズは、選び方次第でダイエット食材となりつつあります。

そしてそのマヨネーズはキムチと一緒に食べることによりトウガラシの成分カプサイシンの吸収を高め脂肪燃焼効果が強まることがわかっています。

今までダイエットのためにマヨネーズを控えていた人はぜひ、ダイエットのためにキムチと一緒に食べるようにしてください。

キムチのダイエット効果を高める食材⑲チーズ

マヨネーズと同様チーズもダイエットの敵というイメージがあるかもしれませんが、種類によってはカロリーが低く腹持ちがいいのでキムチと一緒に食べるダイエット効果がります。

チーズの中で特におすすめなのがカッテージチーズ(100gあたり100kcal)、モッツァレラ(100gあたり250kcal)のふたつです。

劇的なダイエット効果はないものの、キムチと一緒に食べればそれなりのダイエット効果となり、何よりも美味しいのでダイエットにストレスを感じてきたときに是非食してみてください。

キムチのダイエット効果を高める食材⑳玉ねぎ

玉ねぎは様々な角度からダイエット効果のある素晴らしい食材です。

少なくても玉ねぎだけで、ダイエットに関連する次のような効果があります。

・新陳代謝を促進する
・腸内環境を改善して便秘解消効果がある
・毒素を体外に排出するデトックス効果がある
・内臓脂肪を燃焼する
・血糖値を下げる
・コレステロール値を下げる
・むくみを解消させる

これだけ幅広いダイエット効果のある玉ねぎなので、キムチと一緒に食べれば内側からきれいになってすっきりとした体になります。

キムチのダイエット効果を高める食材㉑長芋

長芋はイモ類の中で比較的カロリーが低く、水分量が多いのでお腹がいっぱいになりやすいダイエット食材です。

長芋はまたアミラーゼという消化酵素が含まれていますので、糖質や脂質を分解してくれるというダイエット効果があります。また食物繊維もたっぷり含まれていますので便秘解消効果もあります。

そんな長芋は、キムチと一緒に食べることで脂肪を分解する働きと燃焼する働きが同時に働きますので高いダイエット効果となります。

キムチのダイエット効果を高める食材㉒春雨

春雨はダイエット効果が高いイメージがありますが、実は上手に食べないとダイエットに関して逆効果となります。

春雨は確かにカロリーが低いのですが、実は炭水化物を原料として作られています。なので炭水化物の量を減らすためにラーメンやうどんの麺を春雨に変えても、あまり効果はありません。

ただ春雨は水分を吸収して膨らみますので、腹持ちが良く食事の量を制限できますのでキムチと一緒に食べる置き換えダイエットとしては最適です。

キムチのダイエット効果を高める食材㉓めかぶ

めかぶはカロリーが低く、脂肪燃焼効果のあるEPAが多く含まれていますので、ダイエットに効果的です。

まためかぶはコレステロールを吸着して体外に排出する働きがありますので、肉を食べすぎてしまったという時にも安心です。

ネバネバ食材にはネバネバ食材がいいといわれますが、めかぶ、オクラ、納豆にキムチを加えたご飯は栄養面でもダイエット面でも最適です。

Sponsored Link



低カロリー!おすすめのキムチダイエットレシピ

キムチはそのまま食べてもダイエット効果がありますが、長く続けるためにはキムチを使ったレシピのレパートリーを増やす必要があります。

キムチはいろいろな食材とよく合うので、アイデア次第で様々な料理を作ることができますが、せっかくならキムチと相性がよく、カロリーが低く、ダイエット効果の高い食材が加わった料理を覚えておきましょう。

またキムチを入れれば、普段ダイエット時に食べることができなかった料理も食べることができます。

まずは基本!ダイエット効果の高い白菜キムチの作り方

ダイエット効果の高いキムチは、ちゃんと発酵していなければなりません。しかし市販のキムチの多くは、発酵しているものではなく添加物で発酵風に見せかけているだけです。

なのでできれば自宅でキムチを作って、発酵するのを見届けて食べる方がダイエットとして効果的です。

キムチにはいろいろな食材がありますが、ここでは基本の白菜キムチの作り方を紹介します。

【白菜キムチの材料】
・白菜:1/4株
・自然塩:適量

・キムチペーストの材料
・韓国粉トウガラシ:大さじ2
・韓国粗びきトウガラシ:大さじ2
・りんごのすりおろし:1/4個分
・だしパック:一袋分
・塩麹・大さじ1
・昆布:10cm程度
・しょうがのすりおろし:適量
・にんにくのすりおろし:適量

【白菜キムチの作り方】
1. 白菜をビニールに入れて、塩をたっぷりかけて2分間しっかりともむ
2. 10分ほどして水分がしっかり出たら水洗いをして塩を落とす
3. ジップロックに「キムチペーストの材料」を入れて混ぜ合わせる
4. 白菜の葉一枚一枚にキムチペーストを塗る
5. ビニールの上でも見ながら冷蔵庫に2時間以上置いて完成

キムチには白菜の他に、次のような材料がありますが基本的に作り方は同じですので、上記の白菜の作り方を参考にいろいろなキムチを楽しんでみてください。

・大根
・キュウリ
・スルメ

カクテキ(大根キムチ)もダイエット効果が高い

大根キムチは、角切りした大根をキムチペーストに入れて冷蔵庫で2時間以上漬けるだけで出来上がります。

大根にはアミラーゼという消化酵素がたっぷりと含まれていますが、これは生大根に多く含まれています。

なので生大根をそのままつけて発酵させる大根キムチはダイエットに効果的です。白菜キムチに飽きてきたらぜひ試していただきたい一品です。

キュウリキムチもダイエット効果が高い

キュウリキムチは、キュウリを縦半分に切り、その後3mm程度の厚さに切ってキムチペーストに入れ冷蔵庫で2時間以上漬けるだけで出来上がります。

「世界一栄養のない野菜」としてギネスブックに登録されているキュウリですが、実はダイエット効果がとても高い野菜です。

キュウリには「ホスホリパーゼ」という酵素が豊富に含まれていますが、これが脂肪を分解するダイエット効果があることがわかっています。

スルメキムチもダイエット効果が高い

スルメキムチは、スルメをキムチペーストに入れて冷蔵庫で2時間以上漬けるだけで出来上がります。

スルメは栄養価が高く、たんぱく質も豊富ですがその割にカロリーが低いのでダイエットに最適です。

お腹がすいた時に間食の代わりにスルメキムチを食べれば、低カロリーでダイエット効果も高いのでおすすめです。

ダイエット効果を高める水キムチ

キムチの中でも、特に乳酸菌の量が多いことで知られている水キムチは乳酸菌によるダイエット効果も高まりますので、普通の気持ちと合わせて食べていただきたいダイエット食品です。

普通のキムチも、平均して1gにつき1億以上の乳酸菌がいますが、水キムチは1gにつき3億以上の乳酸菌がいます。

【水キムチの材料】
・白菜や大根などお好きな野菜
・自然塩

水キムチペーストの材料
・にんにく:20g
・ショウガ:10g
・細ねぎ:3本
・自然塩:大さじ1と1/2
・りんご:1個
・ミネラルウオーターもしくは米のとぎ汁:600cc

【水キムチの作り方】
1. 水キムチにつける野菜を切る。リンゴは皮つきのままいちょう切りに。
2. ジップロックに野菜と塩を入れてしっかりともみ、室温で1時間置く
3. 「水キムチペーストの材料」を入れてよく混ぜる
4. 日の当たらない涼しい場所で、3日程度置いて発酵させる
5. 冷蔵庫に入れて完成

水キムチは日本の漬物と似ていますが、大きく違うのは発酵のさせ方です。

日本の漬物も発酵させていますが、漬物の場合野菜から出た水分はいったん全部捨てますが、水キムチは発酵しやすいように米のとぎ汁などを使い、乳酸菌がたっぷりの水は捨てません。

なので食べる時に残った水は乳酸菌の宝庫ですので絶対に捨てないようにしてください。冷麺などのスープの材料にすれば野菜のうまみがたっぷり含まれていて、乳酸菌たっぷりのダイエット食品となります。

おすすめのダイエットレシピ①キムチ入りおかゆ

水分がたっぷり含まれたおかゆは、少しの量でお腹がいっぱいになりますのでダイエットに最適です。これにキムチを入れてさらにダイエット効果を高めましょう。

【キムチ入りおかゆ材料】
・キムチ:50g
・ごはん:1食分
・卵:1個
・塩:適量
・醤油:適量
・だし:適量

【キムチ入りおかゆ作り方】
1. 鍋にご飯、キムチを入れて水をご飯が浸るまで入れる
2. ご飯がほぐれたら溶き卵を流し入れる
3. 塩、醤油、だしを入れて味を調整して出来上がり

発酵が進んで生で食べづらくなったキムチを入れれば美味しく食べられますし、乳酸菌もたっぷり入っていますのでおすすめです。

おすすめのダイエットレシピ②キムチ納豆うどん

キムチは納豆と一緒に食べることによって乳酸菌が増えますし、うどんは意外とカロリーが低いのでとても良いダイエットレシピです。

さっぱり美味しく食べることができますので、ダイエットレシピにもなりますが、夏バテで食欲がなくなったときにも食が進みます。

【キムチ納豆うどん材料】
・キムチ:お好きな量
・うどん:1束
・めんつゆ:小さじ1
・納豆:1パック
・万能ねぎ:適量
・きざみのり:適量
・温泉卵:一個

【キムチ納豆うどん作り方】
1. うどんをゆでる
2. ゆであがったうどんを冷水でしめて丼に盛る
3. キムチ、納豆、納豆、万能ねぎ、きざみのり、温泉卵を乗せて麺つゆをかけて出来上がり

とても簡単なのに美味しいので、ダイエットをしていない人にもおすすめしたい一品です。

おすすめのダイエットレシピ③チーズキムチサラダチキン

セブンイレブンで売っているサラダチキンを使った、「チーズキムチサラダチキン」は一見カロリーが高そうに見えますが、チーズの中でもカロリーの低いモッツアレラチーズを使っていますのでダイエットレシピとなっています。

【チーズキムチサラダチキン材料】
・サラダチキン
・キムチ80g
・モッツァレラチーズ:60g

【チーズキムチサラダチキン作り方】
1. サラダチキンを一口サイズに切る
2. グラタン皿に、サラダチキン、キムチ、モッツァレラチーズの順番で載せる
3. 500wのレンジで2分温めて出来上がり

チーズ好きにはたまらない一品です。この味と見た目でダイエットになるのはちょっと信じがたいですが、カロリーはそれほど高くなく、ダイエット要素がそろっています。ダイエットを止めたくなった時にぜひ食べてみてください。

おすすめのダイエットレシピ④納豆キムチチャーハン

カロリーが高めのチャーハンも、納豆とキムチの力を借りればダイエットレシピとなります。

【納豆キムチチャーハン材料】
・納豆:1パック
・キムチ:お好みの量
・卵:1個
・ご飯:茶碗2杯分
・白ごま:適量
・ごま油:少々
・醤油:少々
・塩:少々
・胡麻:少々

【納豆キムチチャーハン作り方】
1. キムチを食べやすい大きさに切る
2. ごま油でご飯を炒めて、卵、キムチを順に加えて炒める
3. 具が混ざったら、塩、醤油、胡麻を入れて軽く炒める
4. 白ごまを入れて完成

トウガラシのカプサイシンと、納豆とキムチの乳酸菌の力で脂肪燃焼効果があるダイエットレシピです。

おすすめのダイエットレシピ⑤キムチラーメン

ラーメンはダイエット中の人にとって誘惑となる、太るレシピの代名詞。でもキムチと一緒に食べればダイエット中に食べても大丈夫です。

ラーメンのカロリーは決して低くはないとはいえ、1食せいぜい350~450kcal程度。一緒に餃子屋チャーハンなどを食べてしまえばカロリーは一気に上がりますが、ラーメン単品ではダイエットを脅かすほどではありません。

ラーメンとキムチは相性がいいので、醤油、味噌、塩ラーメンどの種類でも美味しいですが、とりわけおすすめしたいのは、韓国から来たヒット商品「辛ラーメン」を使ったキムチラーメンです。

【キムチラーメンの作り方】
1. 辛ラーメンにお好きな量のキムチを入れる

作り方は以上です。カップラーメンの辛ラーメンに入れても大丈夫ですが、スープが少しぬるくなってしまいますので、アツアツのラーメンが食べたい人なら鍋から作ってみてください。シンプルながらカプサイシン効果で脂肪燃焼効果が一気に高まります。ラーメンが食べたくなったらぜひ試してみてください。

おすすめのダイエットレシピ⑥キムチチゲ

キムチチゲは、鍋料理なのでどうしてもカロリーの高さは避けられませんが、それでもキムチのダイエット効果が高いので、ダイエット中に食べても良い鍋料理のひとつです。

ダイエットの効果を上げるために、肉の量を減らしキムチと野菜の量を増やして食べてみましょう。

【ダイエット効果の高いキムチチゲの材料】
・キムチ:150g
・豆腐:1丁
・ニラ:1束
・牛こま切れ肉:60g
・結びしらたき:4個
・ごま油:小さじ1
・コチュジャン:大さじ1/2
・鶏がらスープの素:小さじ1

【ダイエット効果の高いキムチチゲ作り方】
1. 豆腐を一口サイズに切り、ニラを3cm程度に切る
2. 鍋にごま油を入れて、キムチ、牛肉を炒める
3. コチュジャン入れてさらに炒める
4. 水2カップ、鶏がらスープの素を加えて煮立てる
5. 白滝、豆腐を入れて5分ほど煮立ててからにらを加えて完成

ここに挙げた材料はほんの1例ですので、お好みの野菜を加えてお好きなキムチチゲを楽しんで下さい。

おすすめのダイエットレシピ⑦キムチと焼肉

最後に紹介したいのは、レシピというより食べ合わせですが焼肉×キムチです。

焼肉屋にあると必ずキムチが無料でついてきたりサイドメニューにあったりしますがこれには意味があります。

キムチのカプサイシンに脂肪燃焼効果がありますので、焼肉で食べた脂肪の多くを燃やしてくれます。

キムチはさらに白菜や大根などの野菜がたくさん入っていますので、最初に食べれば糖の吸収を穏やかにしてくれます。

「アツアツのご飯に焼肉を乗せて食べるのが何よりも幸せ」という人は、その前にキムチを食べるようにしてください。

キムチダイエットの注意点と対処法

キムチダイエットは、メリットがとても多い反面次のようなデメリットもあります。

・塩分
・食品添加物
・臭い
・飽きる
・辛い
・糖質がある

しかしこのようなデメリットはあらかじめ注意しておけば、多くは対処することができます。これら注意点とその対処法について具体的に解説します。

キムチダイエットの注意点と対処法-塩分の取りすぎには気をつけよう

栄養価が高くダイエットの強い味方となるキムチですが、食べすぎは塩分の取り過ぎとなりますので注意が必要です。

キムチは50gあたりに塩分が1g程度あります。厚生労働省が定める1日の塩分摂取量は男性10.9gまで、女性9.4gまでなので注意していないとすぐに取り過ぎになってしまいます。

キムチダイエットはできるだけ毎日毎食食べておきたいところですが、1回あたりの量を少しだけ食べるようにしておきましょう。

キムチダイエットの注意点と対処法-添加物が気になるなら自家製を

キムチにダイエット効果があるのは、トウガラシと乳酸菌が大きく関係しています。しかし市販の日本製のキムチは発酵をほとんどしていないものが多く、食べやすいようにトウガラシの量も少なく、代わりに添加物がたくさん入っています。

それで韓国人が日本のキムチを食べると決まって「甘い」といいますが、それだけダイエット効果は期待できません。

添加物の少ないキムチを見分けるのは大変なので、出来るだけ自家製のキムチを食べるようにしてください。

本物のキムチの味がわからなければまず韓国製のキムチを

もし市販のものを買うなら、一度韓国製のキムチを買ってみることをおすすめします。韓国製のキムチはトウガラシと乳酸菌がたっぷり含まれているからです。

韓国製のキムチと日本製の添加物キムチは一度食べ比べてみれば一目瞭然です。日本製のキムチにも、しっかり発行したキムチはありますので、一度コリアンタウンなどで韓国のキムチを食べて、味を覚えてから市販の本物のキムチを探してみてください。

キムチダイエットの注意点と対処法-口臭にはガム

キムチにはにんにくがたっぷり入っていますので、食べた後の口臭には気をつけなければなりません。

もしキムチを食べてしまったなら、キシリトール配合のガムを食べることをおススメします。

キシリトールは消臭効果がありますし、ガムを噛むことによって唾液の分泌が促されるため臭いの成分も洗い流してくれるからです。

それでもガムでは、キムチの口臭を完全に消すことはできないため人に会う約束をしているなら、キムチを食べないでいるか量をほんの少しにして置くべきです。

キムチダイエットの注意点と対処法-キムチに飽きないように種類を変える

毎日食べている韓国人と違い、日本人の私たちがキムチを毎日食べると、そのうち飽きてきてしまうかもしれません。

でもキムチはそのまま食べるだけではなく、アレンジ次第でいろいろな料理に入れることができます。

またキムチ自体も白菜キムチだけではなく、大根やキュウリ、長いもなど種類がたくさんあります。

最初から飽きないようにいろいろな味を試してみてください。

キムチダイエットの注意点と対処法-糖質制限している人は玄米かもち麦を

キムチは1食分(50g)に3g程度の糖質が含まれています。健康的な人にとっては問題ありませんが、糖質制限を目的としたダイエットをしている人は少し注意が必要です。

しかし糖質制限をしている人は、白米の代わりに玄米かもち麦を食べればキムチを食べても問題ありません。

玄米やもち麦は、糖の吸収を緩やかにする働きがありますので、キムチ程度の糖質なら問題なく食べることができます。

辛いのが嫌いな人はキムチダイエットが不向き?

キムチダイエットは、食べるだけで痩せることができる簡単なダイエット方法ですが、辛いのが嫌いな人にはあまり向いていないかもしれません。

日本の甘くないキムチなら食べられるという人もいるかもしれませんが、すでに解説した通りそこにはキムチダイエットの要となるカプサイシンや乳酸菌がほとんど含まれていないからです。

しかしキムチは調理次第で辛味を抑えることができますので、辛いのが苦手な人は辛くないキムチのレシピをたくさん覚えるようにしてください。

 

Sponsored Link



【まとめ】やっぱりキムチダイエットはオススメ!

今回はキムチのダイエット効果と、ダイエット効果を高める食材やレシピを紹介しました。

・キムチダイエットは、テレビや雑誌で何度も取り上げられ口コミ評価も高いダイエット法です。

・キムチダイエットとは、基本的にキムチを毎日定期的に食べるだけのダイエット法で、他のダイエット法と組み合わせることによってダイエット効果が高まります。

・キムチはカロリーが低く、代謝が良くなるなどのダイエット効果がある成分がたくさん含まれています。

・キムチは食事の前に食べて食事の量を減らす方法や、1食分をキムチやカロリーの低い食べ物に置き換えるダイエットがあります。

・キムチは、カロリーが低く食物繊維が豊富でダイエット効果の高い食材と食べ合わせることによってダイエット効果が高まります。

・キムチはレシピ次第で、美味しく食べてダイエット効果非常に高まるものもあれば、キムチと一緒に食べることによってダイエット中にあきらめていたような料理なども食べることができます

・キムチは塩分や添加物などに気をつけて食べましょう。

キムチダイエットは、健康的で経済的にも負担がかからないだれでも無理なく続けることができるダイエット法です。

今までいろいろなダイエット法を試してダメだったという人は、ぜひ一度費用もそれほどかからないで、簡単に始めることができるキムチダイエットを試してみてください。

大事なのは無理なく続けることです。そしてキムチを食べればつらい食事制限をする必要はありません。

キムチさえあれば料理のレパートリーも広げられるので、楽しくダイエットを続けることができます。

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • キムチの乳酸菌は効果がすごい!腸から脳に至るまでいろいろなメリットがある!

  • キムチの成分はバランスがいい!効果や食べ方などすべて解説します!

  • キムチは朝食べても匂いは怖くない!口臭をなくし効果を高める方法について徹底解説します!

  • キムチで美肌を手に入れよう!キムチと美容の関係とは?

関連記事

  • キムチは夜食べるべき!睡眠の質が高まり1日を有意義に過ごすことができる!

  • キムチは朝食べても匂いは怖くない!口臭をなくし効果を高める方法について徹底解説します!

  • キムチで痩せる効果がすごい!だれでも今すぐ実践できる簡単な方法を公開します!

  • キムチは健康にいい!世界トップレベルのその健康効果とは

  • キムチは美容効果が高い!その理由とおすすめの方法を解説します!

  • キムチの効果が凄い!集中力を維持し睡眠の質も高めることができる!