1. TOP
  2. 酵素
  3. 酵素は太るためのサプリ?その理由と方法や食べ物・太る痩せる効果の違いを解説
Sponsored Link

酵素は太るためのサプリ?その理由と方法や食べ物・太る痩せる効果の違いを解説

酵素   230 Views

酵素サプリは、代謝を高めることで「痩せる」効果があるということで知られています。

実は、酵素には「食べても太れない原因」を解消して、健康的に「太る」効果もあるのです。

太れない原因には、次のようなものがあります。

①栄養素の消化・吸収力が弱い

②カロリーが不足している

どんなに栄養バランスやカロリーを考えて食べても、十分に消化して体内に吸収できなければ「太る」ことはできません。

また、栄養素の吸収を高めるビタミンやミネラルなどは、酵素がなければ体内で働くこともできないのです。

つまり、太れない人は消化・吸収をする働きが弱いということです。

 

「酵素の摂取が健康的に太る方法である理由」には、

●酵素は胃の消化を助け食欲を増やす

●酵素は食べた食材の栄養をしっかりと体内に吸収する

●酵素は便秘・腸内環境の改善をする

などの働きで、太る原因を解消して「体質から改善して太る」効果があるからです。

ただし、酵素は「痩せる」も「太る」も、ただ摂取するだけでは効果を得ることができません。

どちらの場合も、生活習慣や食生活の改善+体質改善効果の結果によるものだからです。

また、間違った酵素サプリの選び方や摂取のタイミングは、効果の半減や逆効果にも繋がってきます。

ここでは、酵素で健康的に太れる!ということに関して徹底的に解説していきます。

自分の食生活に合った酵素の活用の仕方を見つけるためにも

酵素で効率よく健康的に太る方法

●太りたい人に必要な3つの酵素の重要性

●太るための食事の仕方

●太るための酵素の豊富な食品

●太るための「酵素サプリ」の選び方や飲むタイミング

などが分かれば、自然と酵素で健康的に太る方法が見えてくるはずです。

Sponsored Link



 

Contents

酵素を摂取して太る理由

酵素を摂取して太る場合には、2つのパターンがあります。

痩せたいのに間違った酵素の摂り方をして太る場合

酵素は摂取するだけで痩せられるわけではなく、必要以上のカロリーを摂取したら太ってしまいます。

●今まで吸収されていなかった栄養素が上手く吸収されるようになって太る場合

消化吸収力が弱い人は、いくら食べても栄養が取り込めないので体重が増えないのは当然のことです。

偏った食生活で太るのとは異なり、「酵素で太る」のは健康になって体重が増えるからです。

 

酵素で太る効果を解説していく前に、太れない原因について詳しく知る必要があります。

この原因が「太るサプリ」を選ぶ時のポイントにもなります。

 

太れない原因       

 

「痩せたい」と悩む人がいれば「太りたい」と悩む人がいるのも当然です。

食べても太れないのは、次のような原因があります。

 

①栄養の消化・吸収力が弱い

どんなに栄養バランスを考えて食べても、その栄養素を身体に取り込むことができなければ太ることはできません。

栄養素を体内に吸収するには、消化酵素によって食物を十分に消化する必要があります。

また、せっかく摂取したビタミンやミネラルは、酵素がなければ体内で働くことができないのです。

 

②カロリーが不足している

一番ベストなのは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れていることです。

太りたい人の場合、摂取カロリーが消費カロリーより少ない場合があります。

忘れてはならないのが、私たちはじっとしていてもエネルギーを消費しています。

これを基礎代謝といいます。

基礎代謝とは、呼吸や体温の維持・心臓を動かすなどの生命活動のために最低限必要なエネルギーをいいます。

Sponsored Link



 

酵素で太る効果と痩せる効果の違い

 

「酵素」=痩せる!と思われている人が多いと思います。

実は、「太る」にも「痩せる」にも、どちらにも原因が「酵素」が不足しているということがいえます。

 

身体を作り出すのは、摂取した栄養素です。

ビタミンC・B・D・K・ミネラル類・タンパク質・糖質・脂質などの栄養素は、相互に関係しています。

炭水化物(=糖質)を摂取するにしても、食べるタイミング・内容によっては脂肪になるだけなのか、筋肉になるのかも全く変わってきます。

「痩せる」「太る」ことは栄養素の相互関係や、栄養素の消化吸収が重要になってきます。

大事なことは、健康的に体重をコントロールするということです。

そのためにも、酵素で太る効果と、痩せる効果の違いをきちんと理解しておきましょう。

 

酵素効果で太る人は栄養が吸収できていなかったから!

 

太りやすい人と太りにくい人の差は、「栄養吸収力」に違いがあるといえます。

太れない人の多くは、大きく3つのタイプに分かれます。

  • 食事量が足りないタイプ・・・必要エネルギーや栄養が不足している
  • 栄養バランスが偏っているタイプ・・・身体を作るための栄養が不足している
  • 必要なエネルギー量が足りないタイプ・・・体重を増やすエネルギーが不足している

 

食べた栄養素を体内に吸収して代謝できなければ、いくら食べたところで身体が機能していないため太れないのです。

栄養が吸収されない原因はどこにあるのでしょうか?

 

栄養が吸収されない原因

太れない原因は「胃腸の吸収力」の低さにあります。

そのため、太りたい人は栄養吸収力を高める必要があります。

重要なポイントは、体内酵素が栄養の消化・分解・吸収をしている物質であることです。

栄養吸収力を高めるためには、酵素が必要不可欠なわけです。

それより以前に、食物は十分に消化されなければ吸収することができません。

食物の消化・分解には、消化酵素が関わっています。

胃腸の吸収力は、消化能力と直結しているため、正確には「胃腸の消化吸収力」を高める必要があるといえるでしょう。

Sponsored Link



 

酵素の効果で痩せる人は基礎代謝がUPするから!

 

必要以上に太っている人は、基礎代謝や脂肪を燃焼するパワーが弱いからということを意味します。

ダイエットをするには、代謝を上げて脂肪が燃えやすい状態にする必要があります。

代謝を高めるには、消化の負担を減らして代謝酵素の働きを活性化すればいいわけです。

そうすれば、運動による脂肪燃焼も高まりダイエット効果も高くなってきます。

 

また、「水太り」や「むくみ」を起こしやすい人も太ってみられます。

むくみ体質で慢性的に足や顔がむくむ人は、体内に老廃物や余分な水分を溜め込みやすいのでデトックス力を高める必要があります。

 

酵素 サプリを飲んで太る理由

 

酵素サプリで、逆に太るのは何が原因なのでしょうか?

 

●暴飲暴食をしている

酵素サプリでダイエットを行えば、代謝をあげることができます。

基礎代謝が高まると、ゆっくりと理想の体型にしていくことができます。

ただし酵素で基礎代謝が上がっても、それを上回るペースで暴飲暴食をすると太るのは当然のことです。

 

●添加物を意識していない食生活をしている

添加物や保存料・人口甘味料・着色料は、体内にある酵素を過剰に消費してしまうので、逆により酵素不足に陥ることになります。

生野菜や果物に含まれる酵素を摂りすぎたからといって、太ることはほとんどありません。

健康的な酵素ダイエットは、生野菜や果物から食物酵素を摂取するのが理想的といえます。

 

酵素ドリンクは飲み過ぎると栄養過多で太る

 

酵素ドリンクはダイエットに使用するため、ローカロリーまたはノンカロリーという誤解をしている人もいるようですが間違いです。

酵素ドリンクは、「断食(ファスティング)」を想定して作られているため、思ったよりカロリーや糖分を含んでいます。

そのため、通常の食生活にそのまま取り入れてしまうと、栄養過多になり逆に太ってしまいます。

酵素ドリンクをダイエットに使用するならば、「食事との置き換え」が必要です。

間違った方法でダイエットをしないためにも、酵素ダイエットで「ファスティング」や「置き換え」をするなら、正しい知識をつけたうえで実施しましょう。

 

酵素サプリやドリンクに関しての情報は「酵素サプリのおすすめは無添加の生酵素!ダイエット効果を酵素ドリンクと徹底比較!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では、「酵素が十分に働ける条件」「酵素サプリや酵素ドリンクを摂取する本当の意味」「正しい飲み方やタイミング」などを分かりやすく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

酵素ダイエットで飲んだら痩せる!の勘違い

酵素ダイエットとは、酵素ドリンクやサプリを飲むことで必要最低限の栄養を補給することで、体内の酵素の生成を促進させて代謝を高めてダイエットする方法です。

さらに効率的に痩せたい場合には「摂取カロリーを減らす」方法があります。

それが短期間のファスティング(断食)や、一食だけ酵素ドリンクに置き換える方法です。

酵素ダイエットで5㎏以上の体重を落とした人のほとんどが、短期間のファスティングダイエットを行っています。

「酵素ダイエット」は、正しい方法で行わないと効果も半減してしまいます。

 

酵素ファスティングの実施方法や正しい知識に関しては酵素ファスティングの効果はダイエットだけじゃない!やり方・タイミング・お勧めの置き換え選び方などを徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では「ファスティングの効果と仕組み」「基本的なファスティングの実践ポイント」「目的に合わせたファスティングの方法」など、失敗しない酵素ファスティングの正しい知識を分かりやすく解説していますので、こちらも参考にしてください!

Sponsored Link



 

酵素がなければ栄養も吸収できない!

 

「酵素」には、いろいろな種類があり、それぞれが異なった役割をもっています。

酵素は、栄養素ではなく「触媒」です。

必要な物質を合成するのをサポートし、必要な栄養素を体に送り届けています。

そのため、体内に酵素がなければ栄養素も吸収できないのです。

それを理解するにはまず、消化吸収の仕組みを知る必要があります。

 

栄養を消化吸収する仕組み

 

胃で消化する働きが悪ければ、小腸での吸収も十分にされなくなります。

そのためにも、消化・吸収の機能をしっかり改善する必要があります。

まずは、消化の仕組みを正しく理解しておきましょう。

 

消化は、口から小腸の間で段階的に行われます。

  • 口の中・・・唾液に含まれる消化酵素が炭水化物を消化する
  • 胃の中・・・胃液と胃液に含まれる消化酵素がタンパク質を大まかに分解消化する
  • 十二指腸・・・膵液によって小腸内で本格的に食べ物を消化する

 

胃の酸性度はとても高いのですが、実は胃で全てが消化されるわけではありません。

胃では、本格的な消化に備えた“大まかな消化”が行われます。

つまり、胃を通過した後で本格的な消化が行われるのです。

 

消化酵素には様々な種類がありますが、働きやすい環境(温度と酸性度)が異なります。

  • 胃の中に分泌される消化酵素・・・強い酸性で最も働く
  • 口内や十二指腸に分泌される大半の消化酵素・・・中性(ph7)で最も働く

 

これらの、消化吸収をサポートしているのが「酵素」なのです。

酵素が太れない原因を解消して太ることを助ける、逆に必要以上に太る原因を解消する(=痩せる)効果があることを理解するためにも、正しい酵素の知識を再確認しておきましょう。

 

酵素は触媒!-酵素の正しい基礎知識-

 

人体の構造と再生・生命活動の全てに関わっているのが酵素です。

酵素は呼吸、筋肉動作、食べ物の消化、栄養の分解と吸収、栄養の運搬、神経の伝達、免疫力の向上、細胞の修復、活性酸素を除去など、体の中で起こるいろいろな反応をスムーズに行えるようにする物質です。

生物は、酵素がないと生きてはいけないのです。

 

まずは、太りたい人も痩せたい人も、「酵素」について知っておく必要があります。

 

私たちの体の中には、約3000種類もの「酵素」が常に働いています

酵素栄養学での酵素の種類は、「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」に分けられます。

◆「体内酵素」・・・人間の体内で作られる酵素

消化酵素              食べ物を消化・吸収する

代謝酵素              体の様々な機能をサポートする

◆食物酵素・・・食べ物など外から摂取する酵素(全ての動植物の中にある酵素)

 

太る方法を見つけるためには「酵素の働き」も知っておく必要があります。

 

【消化酵素の働き】

・でんぷん  ⇒  アミラーゼ(ブドウ糖に分解)

・タンパク質 ⇒  プロテアーゼ(アミノ酸に分解)

・脂肪    ⇒  リパーゼ(脂肪酸に分解)

 

【代謝酵素の働き】

・吸収された栄養を体内の細胞に届け、しっかり働く手助けをする。(新陳代謝)

・毒素を汗や尿内に排出する。(有害物質の除去=デトックス)

・体内の悪い部分を修復し、病気を治す。

・免疫力を高める。

 

【酵素の特質】

酵素はタンパク質が主成分なので、ほとんどの酵素はタンパク質同様に熱に弱く、50~60℃の熱で成分が変性してしまいます。

1種類の酵素は1種類の働きをします。

酵素の種類によって働きかける相手が決まっています。

この性質を「基質特異性」と呼びますが、これはたった1つの酵素が欠如することで病気が起こることを意味します。

酵素は「太れない」以外にも、様々な身体のトラブルに関係しているのです。

 

酵素の働きに関しての情報は「酵素の働きなしで生物は生きられない!ダイエットから化学反応まで徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では、「酵素の消化・代謝機能との関わり方」「体内酵素の働きをサポートする食物酵素や栄養素」などを分かりやすく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

では、健康的に太るとはどういうことは、どうしたらよいのかをみていきましょう。

Sponsored Link



 

酵素の摂取は健康的に太る方法

 

人間の体を健康に保つには、様々な栄養素が必要になってきます。

「体内の酵素」が不足していると、どれだけ頑張ってカロリーの高い食事や運動を行っても太る可能性が低いといわれています。

 

寿命が一番短いのは痩せ型だった!

虚弱体質・痩せ型タイプの人は寿命が一番短いということを、厚生労働省が指摘していることを知っていましたか?

近年になり、最も死亡率が低いBMIは年齢によって異なることも分かってきました。

※BMI=太っているか、痩せているかの肥満度を表す指標

 

◆健診に引っかからないBMI22

(30~59歳の日本人男女約5000人の健康診断の結果:BMI22が最も異常値が少なかった)

◆死亡率の低いBMI2324.9

(40~59歳の日本人男女約2万人を10年間追跡した結果:BMI23~24.9が最も死亡率が低かった)

 

平成27年国民健康・栄養調査結果

男性は30~50代の3割以上が肥満体型(BMI25以上)で、女性の肥満は男性より少ない傾向です。

20代女性の2割は痩せ体型(BMI18.5未満)で、低出生体重児が生まれる原因になることが問題視されています。

60歳を境に痩せ過ぎの人は、男女とも高齢になるほど死亡率が高くなります。

 

理想のBMI数値範囲

■18~49歳 ⇒ 18,5~24,9

■50~69歳 ⇒ 20~24,9

■70歳以上   ⇒ 21,5~24,9

 

カロリーだけを意識して体重を増やすと、脂肪だけが増えて筋肉が増えないという不健康な太り方になります。

では、健康的に太るにはどうすればいいのでしょうか?

 

健康的に太るとは十分な栄養素を取り込める体質になること

 

健康的に太るコツは、3食をバランスよく食べることです。

そのうえで食事から取り入れられない栄養素は、サプリメントで補うのが効果的です。

ただし、胃腸の働きが弱い人は消化・吸収力が弱いのが問題になります。

まずは、身体が摂取した栄養素を取り入れる体質になっていることが重要です。

太りたい人は体質改善に力を入れることで、効果の現れ方が大きく変わってきます。

健康体へと体質を改善するのには長い時間を要しますが、酵素は食べても太れない原因を解消するサポートをしてくれます。

では、ここからは「酵素で健康的に太れる効率的な方法」を紹介していきましょう。

 

Sponsored Link



 

酵素の摂取で効率よく健康的に太る方法

酵素には健康的に太る効果があるのですが、酵素を摂取するだけでは効果を得ることができません。

健康で生きていくうえの基本は、「規則正しい生活習慣+バランスの良い食生活」のうえに成り立っています。

 

まず、太るためには、以下の3つが必要不可欠です。

  • 必要な栄養素の摂取
  • 栄養素を消化し体内に吸収する高い胃腸機能
  • 吸収した栄養素を体内で上手く利用するための代謝能力

これらのどれか一つでも欠けてしまうと体重を増やすことができません。

 

ここで重要なことは、太れない人は消化吸収に関わる能力が弱いということです。

つまり、「摂取したエネルギー(=栄養素)が体内に吸収されていない」ということを意味します。

まずは吸収力から見直す必要がありますが、吸収率を上げるのには必要な栄養素を十分に消化することから始まります。

その消化をサポートしてくれるのが、体内で作られる「消化酵素」と体外から摂りいれる「食物酵素」です。

「食物酵素」は、食物が身体の中で消化される前に、食物自信を消化するので消化の負担を軽減してくれます。

だからこそ、酵素を積極的に摂る必要があるのです。

酵素は消化や代謝で常に消費されていますが、酵素は体内では蓄えられないため、絶えず新しい酵素が必要になってくるのです。

 

3大栄養素と補酵素の摂取が不可欠

 

健康な身体を作るには、身体を形成する「3大栄養素」と「補酵素」が必要です。

なぜなら、3大栄養素だけを摂取しても補酵素が不足していると、身体に吸収することができないからです。

 

「糖質」は、体内に吸収されるとエネルギーに変わります。

「タンパク質」は、血液や筋肉などを作る主要成分であり、大きなエネルギー源でもあります。

しかもタンパク質は、1gあたり4kcalのエネルギーがあります。

そのほかにも、酵素・ホルモン・神経伝達物質といった生命維持に必要不可欠な成分です。

太れない人は、栄養を身体に吸収するための補酵素(ビタミンやミネラル)も積極的に摂取する必要があります。

 

タンパク質や補酵素の重要性に関しては「酵素にはタンパク質以外の補酵素が必須!分解酵素の種類や働き変性を徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では、「酵素の種類やタンパク質分解酵素の重要性」や「補酵素の重要性」などを分かりやすく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

摂取エネルギーを増やすには胃腸の改善が必要!

胃腸の改善には、生活習慣の改善も重要になってきます。

次のようなことに気を付けることが、胃腸の改善に繋がります。

胃腸の改善で気を付けるポイント

  • 食事の時はよく噛む、冷たいものを飲み過ぎない!
  • 消化しやすい食べ物を積極的に摂る!
  • 普段の生活でストレスを溜め込まない!
  • 良質な睡眠を毎日取る!

 

健康に太るためには『良い腸内環境』は必須!

消化された栄養素は、腸から吸収されます。

しっかりと栄養を消化吸収するためには、腸内環境を整えることを心がけましょう。

腸内環境が悪いと便秘になり食欲を減退させ、デトックス力も低下してしまいます。

また腸は、免疫系・ホルモン系・自立神経系・血液系などにも大きく関わっているため、腸内環境の改善は体質改善には重要なカギとなります。

Sponsored Link



 

酵素サプリで太るベストな飲み方とタイミング

 

酵素サプリに含まれる消化酵素は、アミラーゼやプロテアーゼなどph7付近で活性が高まるものしか入っていないものが多いのが現状です。

そのうえ酵素は小さな分子のタンパク質なので、胃の中で徐々に分解され変性しやすいため、胃の中で消化を促進する作用が少ないといわれています。

それでも効果があるのは、胃の中の酸性度はいつも同じでないからです。

だからこそ、飲むタイミングが重要になってきます。

 

食後しばらくの間は、食べ物や食事時の水分量で胃酸が薄まるため一時的に酸性度が下がります。

特に胃酸の分泌が悪くて消化力が弱い人は、普通の人以上に食後の胃の酸性度は下がります。

酸性度が下がった状態であれば、有効成分量の多い消化酵素や食物酵素は効果を発揮しやすくなります。

 

食べる量・水分量・温度で変わる酵素の効果

酵素の効果には食べる量・水分量・温度にも関係があります。

◆食べる量によっても胃酸の濃度は変わる!

少量の食事だと胃の酸性度はあまり下がりませんが、一度に食べる食事量や水分量が多い場合は胃の酸性度は一時的に下がります。

サプリメントに含まれる消化酵素は酸に弱いものが多いので、胃酸をある程度薄めるためにもコップ1杯の水分と一緒に飲むことをお勧めします。

 

◆食事時の水分量が多すぎるのは消化に良くない!

食事中に水分を摂りすぎると、胃液が薄まり過ぎて消化能力が落ち逆に胃腸に負担がかかります。

また、唾液の分泌不足になったり、冷たいものだと内蔵が冷えて下痢しやすくなります。

食事中はスープなども含めてコップ1杯+食後に酵素と同時にコップ1杯程の水を飲むのがベストです。

ただし、身体やエネルギーを作り出すのに水分は重要なので、食間には十分な水分を補充しましょう。

 

◆酵素は熱いお湯で飲んではいけない!

酵素は熱に弱いため、48℃以上のお湯で飲むと酵素は失活してしまい効果がなくなります。

逆に、冷水で飲んだり、冷たい食事でも効果が下がります。

酵素は、ぬるま湯か常温で飲むのがベストです。

 

酵素の食後の摂取で太る理由

 

酵素は”胃酸”に弱く、ほとんどが胃酸によって失活てしまうため、消化をサポートするには胃酸が薄まっている”食後”がベストです。

特に胃の調子が悪い人には、胃の機能を正常に戻したり促進させたりする働きがあります。

また、酵素サプリに含まれている栄養素には、食後に吸収されやすいビタミンなどが多く含まれています。

Sponsored Link



 

寝る前 酵素の摂取で太る理由

 

人間の体内代謝が一番活発になる時間は、20時~4時といわれています。

腸が最も活発に働き「栄養の吸収」や「便が作られる」のもこの時間帯なのです。

さらに、寝ている時間は体内のメンテナンスが活発になるため、寝る前に酵素を補充すると体内の代謝機能がより高まります。

その結果、肉体疲労や内臓の機能回復・新陳代謝のUP・便通が良くなるなどの効果で、健康的に太ることが期待できるのです。

 

太る酵素サプリ選びのポイント

 

飲み方以上に重要なのが、酵素選びです。

酵素サプリには、製品によって有効成分の量や効果も様々なものがあります。

太るための酵素サプリを選ぶ時のチェックポイントを紹介しますので参考にしてください!

酵素サプリ選びのポイント

◆植物性の酵素なら成分量が多い製品を選びましょう!

植物性の酵素の場合は、アミラーゼ・リパーゼ・プロテアーゼなどの各消化酵素の配分量をチェックし、有効成分の量の多いものを選びましょう。

◆動物性の酵素なら換算値の高いものを選ぶ!

パンクレアチンなどの動物性の消化酵素の場合は、ラベルに書かれているアミラーゼやリパーゼとの比較データを参考にして、数値の高いものを選びましょう。

◆酵素の成分量が明示されていない商品は避ける!

酵素の成分量が書かれていない製品は、メーカー自体が知らないということなので信用性に欠けるといえるでしょう。

◆胃が痛くなりやすい人は塩酸ベタインに注意!

胃酸の濃度を上げる塩酸ベタインが、消化酵素に添加されている製品があります。

胃酸の濃度が低すぎる人には効果的でも、胃酸が普通の人や胃酸で胃が痛くなりやすい人には、胃痛の原因になることがあるので避けた方が無難です。

 

太りたい人に必要な3つの酵素の重要性

 

3大栄養素である炭水化物・脂質・タンパク質は、人間にとって重要な栄養素です。

栄養素のなかでも人間がエネルギーとして使えるのが、3大栄養素でもあるのです。

酵素には多くの種類がありますが、3大栄養素を消化する酵素だけは知っておきましょう。

3つの酵素の重要性を知れば、3栄養素の消化吸収力できない限り、いくら食べても体重が増えないのが理解できるはずです。

 

●アミラーゼ・・・炭水化物を消化する酵素

膵液や唾液に含まれる消化酵素です。

デンプンを、ブドウ糖やマルトースやオリゴ糖に変換する酵素です。

炭水化物は大きく分けると、エネルギー源になる「糖質」と、消化吸収されない「食物繊維」とに分けられます。

炭水化物は体内では、主に血液中にブドウ糖の形で存在しています。(血液中のブドウ糖濃度=血糖値)

すぐにエネルギーに変えられるのがブドウ糖の特徴で、特に脳はブドウ糖が唯一のエネルギー源でもあります。

 

●リパーゼ・・・脂肪を消化する酵素

膵臓に含まれ十二指腸・小腸で働く酵素です。

脂肪をグリセロールと脂肪酸に分解する酵素で、ホルモンによって活性が左右される酵素でもあります。

肉や魚の脂肪はもちろん、揚げ物の分解・吸収や内臓脂肪や皮下脂肪を減らす酵素です。

脂肪は、3大栄養素の中でも最も高いエネルギーを得ることができる栄養素です。

また、ホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の吸収を促すなどの重要な働きをしています。

ただし、摂り過ぎると肥満などの原因になるため注意が必要です。

 

●ペプシン・・・タンパク質を消化する代表的な酵素

胃液の中にある消化酵素ですが、ほかにも膵液や腸液に含まれるタンパク質消化酵素があります。

「タンパク質」は、血液や筋肉など身体を作る主要成分です。

またタンパク質は大きなエネルギー源でもあり、酵素・ホルモン・神経伝達物質といった生命維持に必要不可欠な成分です。

 

酵素+酵母は消化吸収能力を高める相乗効果がある

 

酵素には、消化をはじめとする代謝の高い身体作りをする効果があります。

酵母には、腸内の善玉菌を増やす働きがあるため、基本的に腸での消化能力や吸収能力を高める効果があります。

酵素が消化能力を高め、酵母が腸内環境を整えて栄養素の吸収率を高める相乗効果のある組み合わせです。

健康に太るためには『良い腸内環境』作りは必須なので、お勧めの方法といえるでしょう。

Sponsored Link



 

健康的に太るための酵素を多く含んだ食べ物       

太れない人が理想的に体重を増やしていくためには、消化吸収の良い食品で3大栄養素を毎食取り入れる必要があります。

そのうえで酵素が豊富な食品を多く食べれば、消化力をカバーしながら吸収率を高めることができます。

酵素が豊富に含まれる食品には、果物・生野菜・発酵食品などがあります。

具体的には、

  • 生野菜・・・玉ねぎ・カブ・ほうれん草・トマト・大根・山芋・ニンジン・セロリなど
  • 果物・・・バナナ・リンゴ・パイナップル・アボガド・キウイ・グレープフルーツなど
  • 発酵食品・・・納豆・キムチ・味噌・麹・漬物・チーズ・ヨーグルト・甘酒など

なかでもアボカドは、栄養価の最も高い果物としてギネスブックに認定されるほど栄養価の高い果物です。

 

3大栄養素の中でも特に消化吸収されやすい食品

バランスよく摂取するためには、多種多様な食べ物を食べることが大切です。

◆炭水化物を効率的に摂取できる食品

・白米(雑穀米や玄米を混ぜて炊くのがベスト)

・パン(全粒粉がベスト)

・麺(そば、うどん)

・バナナ

・ジャガイモ

◆タンパク質を効率的に摂取できる食品

・卵

・大豆・大豆製品

・乳製品

・鶏肉(特にささみ)

・白身魚

◆脂質を効率的に摂取できる食品

・オリーブ油

・ごま油

・青魚(サバ・イワシ)

・貝類

・くるみ

 

酵素が豊富な食品に関しての情報は「酵素を食品から効果的に利用する方法や作り方などを徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では、消化酵素や食物酵素の働き」「消化の仕組み」「酵素を生成して活発化させる栄養素」「食物酵素が豊富な食品や効率よく吸収させる食べ方」などを分かりやすく解説していますので、参考にしてください!

 

酵素で太る食事の仕方   

 

太りたいからといって、急にたくさん食べるのは血糖値が急上して危険です!

上昇した血糖値のバランスをとるためにインスリンが分泌され、血糖値が急降下してしまいます。

インスリンは別名「肥満ホルモン」といわれ、使い切れずに余ったブドウ糖を脂肪細胞へ蓄積させて太ってしまいます。

それよりも、この方法は低血糖を引き起こす可能性や糖尿病の原因にもなってしまいます。

そうならないためには、ダイエットと同様に「血糖値」に注目する必要があります。

無理のない「理想の食べ方」を紹介しましょう。

Sponsored Link



 

健康的に太るためには『血糖値』が重要ポイント!

 

太りたい人にとって「炭水化物」は、必須栄養素です。

まずは、「炭水化物」を積極的に食べることを意識しましょう。

肉をはじめとした動物性タンパク質は、消化にエネルギーを使うため太りにくく、胃腸の弱い人には内臓ダメージになる場合もあります。

 

理想的な炭水化物の食べ方=①食物繊維の多い生野菜⇒②炭水化物

生野菜は、血糖値の急上昇を抑え炭水化物の消化吸収にも役立ちます。

炭水化物は、栄養価が高くて血糖値が上昇しづらい精製度の低い玄米・そば・全粒粉のパンなどが理想的といわれています。

これらは少量しか食べられなくても、様々な栄養が摂れる優良食品です。

ただし、炭水化物だけでは吸収率が高くないため、消化吸収を促進してくれる「食物酵素」を一緒に摂り入れましょう。

炭水化物を、食物酵素とバランスよく組み合わせて食べるのが健康的に太るコツです。

 

健康的な食事+間食や分食も効率的!

分食は、回数を分けることでの胃腸の消化吸収の負担を減らすことができます。

間食は胃腸の消化吸収の負担を減らし総摂取カロリーや栄養価が高まり、血糖値を一定にすることにも効果があります。

 

まとめ:酵素は太るも痩せるも体質改善による効果       

 

「痩せている」・「太っている」などの身体の現状は、体質だけでなく生活環境も影響した結果です。

まず、生活環境を見直して体質改善をしない限り、何をしても簡単に体重が増える結果にはなりません。

健康的に太るためには何よりも、「規則正しい生活習慣+食生活」をコントロールすることが基本にあります。

これは、ダイエットで痩せることにも共通することです。

 

太れない原因は「胃腸の消化・吸収力」の低さにあります。

健康的に太るためには

  • 必要な栄養素の摂取
  • 栄養素を消化し体内に吸収する高い胃腸機能
  • 吸収した栄養素を体内で上手く利用するための代謝能力

のどれか一つでもかけてしまうと体重を増やすことができません。

「消化・吸収力」には、「酵素」の働きが大きく関係しています。

酵素は、食事から栄養を消化・吸収するのをサポートしてくれるものです。

また酵素には、腸内環境を整え体内の代謝を促進する働きがあるため、太れない体質自体を変える効果があります。

 

人間の身体は、ただ栄養素を摂取すれば良い!という単純なものではありません。

食事をして摂取した栄養素を代謝し、利用して初めて身体を機能させることができるのです。

まずは自分にとって必要な栄養素を補い、消化・吸収能力を高めることが太るための第一歩です。

消化力をカバーして吸収率を高めるには、酵素が豊富な食品を意識して摂取することです。

健康的に太るためには、食物酵素と栄養をバランスよく組み合わせて摂取しながら、消化吸収能力を高めていくことが一番のコツです。

それには自分にとって“太るために必要な栄養素”を知ることです。

足りない栄養素が分かれば、自分の食生活に合わせた酵素の活用法が自然と見えてくるはずです。

Sponsored Link



 

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 酵素は太るためのサプリ?その理由と方法や食べ物・太る痩せる効果の違いを解説

  • 酵素は美容効果も凄い!サプリの飲み方や酵素美容液の正しい使い方まで徹底解説

  • 水道水について完全にまとめ上げました!

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

関連記事

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

  • 酵素の効果を徹底解説!酵素栄養学の医学的根拠と酵素を摂る本当の意味

  • 酵素ダイエットの効果が本当に凄い!リバウンドなし!その理由と方法、サプリの役割を徹底解説!

  • 酵素は便秘解消に効く!治らない理由やサプリの飲み方・ダイエットとの関係を徹底解説

  • 酵素を食品から効果的に利用する方法や作り方などを徹底解説!

  • 酵素サプリのおすすめは無添加の生酵素!ダイエット効果を酵素ドリンクと徹底比較