1. TOP
  2. 酵素
  3. 酵素は便秘解消に効く!治らない理由やサプリの飲み方・ダイエットとの関係を徹底解説
Sponsored Link

酵素は便秘解消に効く!治らない理由やサプリの飲み方・ダイエットとの関係を徹底解説

酵素   24 Views

便秘には、様々な原因が複雑に絡み合っています。

手軽に手に入る便秘薬には即効性の効果がありますが、常用することで全く効果のでない身体になってしまいます。

便秘薬は、便秘を根本的に治療するものではありません!

便秘を改善するには、どのタイプの便秘も”根本から治していく”必要があります。

便秘を改善するには、まず消化機能を整えてから腸内環境を整える必要があります。

酵素には、便秘の主となる原因を改善する働きがあります。

❶食物の消化不良をなくす働き

腸内環境を整える働き

自律神経やホルモンバランスを保つ働き

腸は栄養素を分解吸収するだけでなく、自律神経系・免疫機能系・血液系・ホルモン系などの重要な機能に関わっています。

酵素の便秘改善での腸内環境の正常化は、結果としてこれらの重要な機能まで正常化する効果があるのです。

酵素は便秘を根本から治して、体質までも変えていく効果があることを理解するためにも

便秘の原因を知ったうえでの「酵素と便秘の関係」

●酵素と便秘との関係で「消化・腸内環境・自律神経やホルモンのバランス」の重要性

●酵素で便秘が治らない理由

●酵母や乳酸菌の便秘改善効果や便秘改善に有効な食品

●便秘薬とサプリを一緒に飲む時の注意点

など、酵素の便秘解消効果に関することを徹底的に解説していきます。

Sponsored Link



 

Contents

酵素が 便秘解消に効く理由

慢性的な便秘は、すぐに治るものではありません。

便秘を治すには、普段の生活習慣や体質を改善して根本から治していく必要があります。

便秘がちな人は消化機能が衰えているので腸内環境を整える前に、まずは消化吸収の働きを促す必要があります。

さらに、腸の動きは自律神経に大きく左右されているため、自律神経の正常なバランスを保つことも大切になってきます。

酵素は、便秘を解消するのに最も適した働きをもっています。

●酵素は消化機能を整えて活性化する働きがある  ➡消化不良を防ぐ効果

●酵素は腸内環境を整える働きがある       ➡腸内の善玉菌を増やす効果

●酵素は自立神経系のバランスを整える働きがある ➡ストレスを緩和する効果

つまり、これらの酵素の働きで体質自体を改善して、根本から便秘を治していく効果があるのです。

便秘には、様々な原因があります。

便秘になりやすい人に共通している「便秘になる原因」を知ることで、「酵素が便秘を解消する理由」をより理解することができます。

では、便秘になる原因を見ていきましょう。

Sponsored Link



 

便秘になる原因

 

快便は健康のバロメーターといわれますが、便秘とはどのような状態をいうのでしょうか。

便秘とは「排便が順調に行われない状態」のことをいいます。

具体的には、排便回数が1週間に3回未満といいますが、日数ではなく本人が辛さを感じるのであれば便秘だといえます。

では、便秘になる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

便秘を引き起こす要因は様々です。

  • 筋力が弱い・・腹筋が弱いために十分な腹圧をかけられないためスッキリしない
  • 食べる量が少ない・・・大腸に届く便の量が少ないと大腸は活動をしない
  • 食物が完全消化されていない・・・未消化物質は悪玉菌を増やし腸の活動が低下する
  • 悪玉菌が増加する・・・腸の働きはストレスや運動不足と相互関係がある

 

ほかにも便秘の原因として、水分や食物繊維の摂取量が少ないこと、冷えや寝不足、栄養の偏りなどがあげられます。

これらの要因が、複合的に絡み合うことで便秘になっていくのです。

便秘になる原因を再確認したところで、ここからは酵素が便秘を解消する働きを、もう少し詳しく見ていきましょう。

Sponsored Link



 

酵素と便秘の関係

 

酵素の便秘を解消する働きを知る前に、まず酵素のことを正しく理解する必要があります。

酵素は、生体で起こる化学反応に対して「触媒」として働いています。

酵素は消化から吸収・排泄に至るまで、あらゆる代謝に関与しています。

 

酵素栄養学で酵素は、大きく分けて3つに分けられます。

「消化酵素」「代謝酵素」が、人間の体内で生成され活性する2つの体内酵素です。

もうひとつが食べ物に含まれる「食物酵素」の体外酵素です。

 

●「消化酵素」・・・食物を消化・分解して栄養素を吸収しやすくする

消化酵素が不足すると、身体の様々な部分で不調があらわれます。

特に、便通に関しては胃腸の働きがダイレクトに影響してくるため、便秘になりやすくなります。

 

●「代謝酵素」・・・体内の全ての代謝に関わっている

私たちは、体内で起こる化学反応を代謝といっています。

代謝酵素は吸収した栄養素を、体内で生命活動に必要なエネルギーや物質を分解したり合成する重要な働きをしています。

代謝酵素が不足すると、痩せにくくなり様々な体調不良の原因となります。

 

●「食物酵素」・・・消化酵素のサポートをする

食物酵素は、生の食物に豊富に含まれています。

食物酵素は、体内の消化酵素でなく食物のもつ酵素により、食物自身を自己消化・分解してくれる効果があるため、消化の負担を減らし酵素の生成や活性化を強化することができます。

 

私たちは、生きるために必要な栄養素を食物から摂取する必要があります。

食物を摂取する分、身体にとって不要なものを排泄する行為は重要になってきます。

酵素は消化から排泄まで全てに関わり、便秘の原因となる要因に働きかけることで便秘を防いでくれるのです。

 

酵素の働きについては「酵素の働きなしでは生物は生きられない!ダイエットから化学反応まで徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では「酵素の生体内での働きや特質」「消化酵素の働きと消化機能との関係」などについて分かりやすく解説していますので、是非参考にしてください!

 

酵素の便秘を解消する働き

 

便秘は、消化・吸収が上手くいかないときに起きてしまう症状です

消化は、酵素が本来もっている働きの一つです。

 

消化が上手くできないと、生きるために必要な栄養素の吸収ができず、代謝酵素は働くことができません。

つまり、便秘は酵素の働きが直接関係しているのです。

では、酵素の便秘を解消する働きとは、どんなものなのでしょうか。

Sponsored Link



 

酵素の便秘を解消する働き❶食物の消化不良をなくす

食べたものがしっかりと消化されないまま大腸に届くと、悪玉菌が増えて便を外へ押し出す蠕動運動の働きが機能しなくなります。

消化酵素が食べものを消化してはじめて、代謝酵素が吸収した栄養素をもとにエネルギーへと変換します。

酵素が体内に十分にあると消化がスムーズになり、便秘を防ぐことができるのです。

 

酵素の便秘を解消する働き❷腸内環境を整える

腸内環境は、腸内に存在する腸内細菌の働きによって変わってきます。

善玉菌が増えれば、腸がもつ本来の働きが高まり腸内環境も改善されて便秘になりにくくなるのです。

酵素は、腸内環境を良くする善玉菌を作り出します。

 

酵素の便秘を解消する働き❸自律神経やホルモンバランスを整える

自立神経のバランスを保つ働きは、便秘と深い関係があります。

ストレスが続き交感神経が優位になると、胃や腸の働きは低下してしまいます。

酵素は消化器官だけに働きかけるのではなく、自立神経やホルモンバランスを整えて、腸の働きを良くする効果があります。

自立神経のバランスが整うと、副交感神経が正常に働くようになり、腸の緊張が解けて便秘が解消します。

 

酵素の働きは、便秘を改善するためには必要不可欠なものなのです。

酵素の便秘を解消する働きを理解したうえで、ここからさらに「酵素の働きの重要性」を詳しく解説していきます。

 

酵素と便秘の関係で消化の重要性

 

食べ物を分解・吸収してエネルギーに変えたり、身体のあらゆる場所で栄養分を機能させているのが酵素です。

生命活動は酵素の働きによって維持されているので、酵素が不足すれば身体に不調をきたすのは当然のことです。

特に便秘は、酵素の重要な働きでもある消化・吸収に大きく関わっているため、酵素が不足するとダイレクトに影響してくるのです。

Sponsored Link



 

完全消化されないと大腸で悪玉菌を増やす

 

食べた物を分解するのが消化酵素ですが、添加物や動物性タンパク質・油などを分解するためには多くの酵素が必要とされます。

それと同時に、胃腸にも大きな負担をかけることになります。

特にタンパク質は、完全に消化されないと悪玉菌が増殖して有害物質を作りだします。

それらの老廃物や有害物質を腸壁から吸収してしまうと、血液と一緒に全身を巡り様々な不調を起こしてしまうのです。

 

酵素と便秘の関係で腸内環境の重要性

 

腸は食べ物の消化や吸収・代謝・血液・免疫力など、生きていくうえで重要な機能に深く関わっています。

臓器の中でも腸は腸内環境を改善することで、健康状態をコントロールすることができる唯一の臓器です。

また、「血液の質は腸でつくられる」ともいわれ、腸の状態が良ければ良質な血液が作られます。

つまり、便秘や腸内環境の悪化などの腸の不調は、全身の不調の元となるのです。

 

腸内環境を整える為には、多くの善玉菌が必要になります。

酵素は、善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があります。

酵素が腸内環境を正常に整える結果として、便秘解消だけでなく、ダイエット・免疫機能や血液の質の向上・アレルギーの改善・肩こり・冷え性までも解消されます。

また近年、急増している大腸癌も、腸内環境の悪化が原因のひとつとされています。

腸内環境の悪化の予防・改善をサポートするのが “プレバイオックス”です。

 

酵素とプロバイオティクスは相互関係がある

 

“プロバイオティクス”は生きたまま腸に届く微生物や、それを含む食品のことです。

プロバイオティクスで摂った微生物は腸に定着はしませんが、もともと常在しているビフィズス菌や乳酸菌を増やす働きがあります。

それによって、腸のぜん動運動を活発にする酢酸や乳酸を産生するので、便秘を予防・改善し理想的な腸内環境を作ります。

プロバイオティクスには腸内環境を整える効果だけでなく、アレルギー症状の緩和・血中コレステロールの低下・ピロリ菌の増殖抑制・腸内の有害物質の産生を抑えてくれるなど、多くの効果があるといわれています。

Sponsored Link



 

酵素とプロバイオティックの関係

 

酵素とプロバイオティクスには、相互関係があります。

プロバイオティクスは整腸や腸内の善玉菌の数に影響を与え、乳酸などの代謝産物を生成して私たちに健康効果をもたらしてくれるものです。

そのプロバイオティクスの発酵を完全に行うためには、酵素が必要不可欠です。

一方、酵素は消化に必要不可欠なもので、食物の分解を助け正常な消化機能を保っています。

その酵素を、プロバイオティクスは生成することができるのです。

 

プロバイオティクスで代表的なものに、乳酸菌ビフィズス菌があります。

腸内の菌の種類がたくさんあれば菌の活動性が増すため、どれか一つではなく普段の食事から多くの種類の発酵食品を摂ることを心がけましょう。

ただし、悪玉菌を増やす添加物や合成保存料が、できるだけ含まれていないものを選ぶのが重要です。

 

プロバイオティクスに含まれる微生物には多くの種類がある

プロバイオティクスに含まれる微生物には多くの種類があり、人によって作用も千差万別です。

プロバイオティクスは種類によって様々な機能をもっているため、個人の目的に合わせて選択することが可能です。

また、胃酸や胆汁酸に弱いものもあるため、生きたまま腸まで届くものを選ぶ必要があります。

酵素は腸の機能を活性化して、便秘や下痢の解消・予防にも効果があります。

Sponsored Link



 

酵素と便秘の関係で自律神経系バランスの重要性

 

慢性の便秘は、腸内環境を悪化させ血液の質を低下させます。

血液をキレイに保つためには、自律神経のバランスを良好にすることも重要となります。

実は、腸の動きをコントロールしているのが自律神経です。

呼吸や血液循環・消化吸収などは、自律神経によって機能をコントロールされているのです。

内臓の多くは、交感神経が強くなると活発に働きます。

ところが胃や腸などの消化器は、交感神経が強すぎると「ぜん動運動」が上手く行われなくなり便秘になってしまうのです。

酵素には、自律神経のバランスを正常に保つ効果があります。

 

ストレスは腸の働きを低下させる

 

ストレスは万病のもとといわれますが、ストレスがかかりすぎると、便秘や下痢になる可能性が高まります。

ストレスが多い現代人の生活は、どうしても交感神経が優位になりがちです。

交感神経が優位になると、体中の筋肉を緊張させ血液循環を悪くする原因にもなります。

副交感神経の働きを高め、身体をリラックスさせることで便秘を改善することができます。

Sponsored Link



 

酵素と便秘の関係でホルモンバランスの重要性

 

ホルモンは体内で合成・分泌されて、体液や血液に乗って全身を循環しているものです。

ホルモンは身体の主要機能の多くをコントロールしているため、健全な機能を維持する重要な役目を果たしています。

ホルモンの種類は100以上あり、よく知られているものにメラトニン・甲状腺ホルモン・インスリン・コルチゾール・エストロゲンなどがあります。

ホルモンバランスを崩すと、太りやすくなる・皮膚が荒れる・精神的に不安定になりやすくなってしまいます。

酵素はホルモンの感受性を高め、ホルモンバランスの安定や症状を緩和させる効果があります。

 

便秘はホルモンバランスが乱れやすい女性の方が多い

 

現代女性の48%!2人に1人は便秘で悩んでいるといわれています。

特に女性は、排卵後から月経前までに分泌されるホルモンの影響で、ホルモンバランスが大きく変化するため便秘になりやすいといわれています。

実は、黄体ホルモンのプロゲステロンが増えると、腸のぜん動運動が弱くなることがわかっています。

腸のぜん動運動が弱くなると、便を送り出す力が弱くなり腸にガスが溜まりやすくなり、ますます便秘になってしまうのです。

Sponsored Link



 

酵素の便秘解消の仕組み

食べ物を摂取すると胃や腸で消化・分解・吸収された後、不要物は便として排出されます。

便秘は原因によって様々な種類の便秘がありますが、どれも腸内環境を整えて善玉菌の活動を活発化させることが必要になります。

善玉菌は、消化吸収のサポートや免疫力の向上・ビタミンの合成に働きかけます。

一方、悪玉菌は腸内で毒素を発生させ、新陳代謝の低下や腸内腐敗などの原因となります。

腸は、免疫機能系・自律神経系・ホルモン系・血液系などの重要な機能に関わっています。

酵素は便秘の根本的な原因となる腸内環境を整えていくため、ダイエット・デトックスなど健康全般に効果があるのです。

 

酵素は便秘を改善する優れた効果を発揮するのですが、いくら積極的に酵素を摂取しても便秘が治らない人がいます。

なぜなのでしょうか?

 

酵素で便秘が治らない理由

 

食の欧米化に伴い加工食品・動物性タンパク質・脂肪分が多い現代の食生活では、消化酵素を大量消費してしまい、胃腸にも大きな負担をかけることになります。

なかでも着色料や保存料などの食品添加物は、分解するのに多くの酵素が消費されます。

そのほかにも、水分や食物繊維の摂取量が少ないこと、ダイエット・睡眠不足・喫煙・冷え・運動不足・ストレス・栄養の偏りなど、不規則な生活や身体に負担のかかるものは酵素が不足する原因となります。

いくら酵素を摂取しても、酵素を大量消費する生活をしていれば、効果が出ないのは当然のことです。

酵素の働きを最大限に発揮させるには、添加物を意識した栄養バランスの良い食事や、良質な睡眠など生活習慣を見直すことが最も大切になってきます。

Sponsored Link



 

酵素サプリで便秘が治らない理由

 

酵素サプリは体質に合わない限り、便秘になる直接的な原因になることはありません。

酵素サプリで便秘が治らない・便秘になる主な原因には、水分不足腸の活動不良があります。

水分が足りなくなれば、便が硬くなるため排便が出しにくくなり便秘になります。

酵素サプリの成分の中に「不溶性食物繊維」が入っている場合は、水分を吸収してしまうため成分が原因です。

また、腸の活動が悪くなると当然便が出にくくなります。

 

酵素サプリは代謝を高めることで、ダイエット効果をもたらすものです。

代謝が高まると、多くのエネルギーが必要になります。

実は、このエネルギーを作り出すには水が必要になるため、便の水分が少なくなる可能性があります。

そのため、意識して水分をたくさん補給するようにする必要があります。

まずは水分と食物繊維を、しっかり摂るように意識してみるといいでしょう。

 

▶酵素サプリについては「酵素サプリのおすすめは無添加の生酵素!ダイエット効果を酵素ドリンクと徹底比較」で詳しく解説しています。

こちらの記事では「酵素サプリを摂取する本当の意味」「酵素サプリの正しい選び方や飲むタイミング」 「酵素サプリの副作用や注意点」などについて分かりやすく解説していますので、是非参考にしてください!

 

酵素ファスティングの好転反応で一番多いのが便秘

 

ファスティング中に、好転反応の出る場所や強さには個人差があります。

好転反応で、最も多いのが便秘です。

食べる量が少なくて出ないという場合がほとんどですが、腸の弱い人は逆に下痢になることもあります。

 

好転反応の便秘解消法

食物繊維の摂取・・・特に海藻の食物繊維は玄米の食物繊維の10~25倍

水分の摂取・・・代謝が高まり体内の毒素が汗・尿・便によって排泄されやすくなる

酢の摂取・・・拡張効果で便を柔らかくし善玉菌を増やすほかに食品の血糖値を上げにくくする

良質な油の摂取・・・炎症を抑え血管や血液を良くして便をスムーズに出す

 

好転反応は、身体の自然な反応なので症状に合わせて対処していきましょう。

Sponsored Link



 

酵素の便秘改善効果を後押しする成分

 

便の主成分は 「食物繊維」と「水」です。

水分の割合が便の「硬さ」を決めます。

便秘の人は、1日2ℓくらいの水を飲むことをお勧めします。

便秘改善に有効な成分には、「植物繊維」「マグネシウム」「植物性油」などがあります。

これらの成分を食生活に摂り入れることで、酵素の便秘改善効果をより高めてくれます。

 

便秘症には食物繊維が効果的

 

便秘予防には、食物繊維が豊富な食べ物を積極的に食べるのが良いといわれています。

食物繊維は、腸の中で水分を含んで膨張して排便を促し、ビフィズス菌である善玉菌を増やしてくれるので便秘を改善する効果があります。

そのほかにも、栄養素の吸収をゆるやかにしたり、余分なコレステロールや身体に蓄積された老廃物や有害物質を排出する機能性成分なのです。

食物繊維は「人の消化酵素で消化されない成分」で、不溶性食物繊維と水浴性食物繊維とに分けられます。

 

不溶性食物繊維は弛緩性便秘や下痢になりやすい人にお勧め!

不溶性食物繊維は、水に溶けないタイプの食物繊維です。

不溶性食物繊維の効果

  • 腸のぜん動運動を活性化し腸を通過する時間を短縮させる
  • 水分を数十数倍も吸収して膨らみ便の量を増やして排泄を促す

腸のぜん動運動が弱いために起こる〝弛緩性便秘〟の人や、下痢になりやすいという人は「不溶性」の食物繊維を多く摂るようにしましょう。

 

水溶性食物繊維は便が固くなりがちな人にお勧め!

水溶性食物繊維は水に溶けるタイプの食物繊維です

水溶性食物繊維の効果

  • 水分保持能力が強くゲル状の柔らかい便を作る
  • 小腸での栄養素の消化吸収を抑えて遅らせる
  • 胆汁酸・余分なコレステロール・ナトリウムや有害物質を吸着して排出する

便が固くなりがちな人は「水溶性」の食物繊維を摂るようにしましょう。

Sponsored Link



 

マグネシウムは便秘薬にも使われている!

 

マグネシウムは、水分の吸収を高める作用で便を柔らかくしてくれるため、市販の便秘薬の代表成分の1つでもあります。

食物繊維などと同時に摂ると、腸のぜん動運動を助けてくれる働きがあります。

 

植物性油に含まれるオレイン酸が腸の運動を活性化する!

 

不飽和脂肪酸には「滑腸作用」とも呼ばれる働きがあります。

不飽和脂肪酸にはリノール酸・リノレン酸・オレイン酸があり、植物性油脂に多く含まれています。

これらの油は便自体のすべりを良くして排便しやすくしたり、吸収しにくいため優しく腸を刺激して蠕動運動を促してくれます。

植物性の良質な油の中でもオリーブオイルには、オレイン酸が豊富に含まれているため便秘解消に効果があります。

ただし、植物性油脂の欠点は「酸化しやすい」ため、上質でフレッシュなものを選ぶようにしましょう。

Sponsored Link



 

酵素の便秘解消がダイエットに繋がる理由

 

酵素の働きを活性化することで基礎代謝が高まる効果は、本来持っている身体の機能が改善されたということを意味します。

「ダイエット = 体質の改善」

本来、酵素ダイエットで痩せる仕組みは、消化酵素を補い消化にかかる負担を軽減することで、基礎代謝を高めて「痩せやすい身体」を作るというものです。

 

酵素ファスティングや置き換えダイエットは便秘を根本から治す

 

腸内細菌によって、私たちの健康状態は大きく左右されています。

腸内環境を整えて腸内細菌が活発化すると、便秘の改善や免疫力が向上するだけでなく、十分な栄養が吸収され代謝が高まっていきます。

酵素ダイエットには、酵素ファスティングや置き換えダイエットがありますが、これらのダイエット効果は腸内環境が整い体質が改善された結果によるものです。

 

デトックスの重要性

現代は食べ過ぎの時代といわれ、体内に溜まった毒物を排出する方が圧倒的に少ない状態にあります。

本来、人間には毒素を排出する能力が備わっていますが、過剰に入ってくると追いつかない状態になります。

つまり、人間は吸収と排泄は同時にできないということです。

そのため食べ過ぎると身体は消化吸収に追われてしまい、排泄がおろそかになってしまうのです。

食べ過ぎや飲み過ぎは、血液中に未消化物質や老廃物が溜まり血液が汚れる原因になります。

血液が汚れると、肌荒れやアトピー・身体の冷えなどのトラブルが起きやすくなり、様々な病気を引き起こします。

 

デトックスの比率

  • 便・・・75%
  • 尿・・・20%
  • 汗・・・3%
  • 爪と髪・・・1%

 

便秘で便が出ない状態というのは、それだけデトックスが行われていないということ!

 

酵素ファスティングやデトックスについては「酵素ファスティングの効果はダイエットだけじゃない!やり方・タイミング・おすすめの置き換え選び方などを徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では「酵素ファスティングの効果と仕組み」「ファスティングと酵素とデトックスの関係」 「酵素ファスティングの優れたデトックスの効果」などについて分かりやすく解説していますので、是非参考にしてください!

 

酵素ファスティングは細胞レベルで消化吸収やデトックス機能が向上する

 

酵素ファスティングは水だけで行う断食とは異なり、必要最低限のエネルギーや栄養素を補いながら行うものです。

過剰な食物の摂取は、消化器官や肝臓といった内臓に負担をかけて機能を低下させる原因になります。

内臓への負担を取り除き、細胞から必要でないものを排出して必要なものを供給すると、消化吸収や解毒・排毒機能・自然治癒力を向上させる身体機能の回復効果があります。

酵素ファスティングを行うと、デトックスが活発になるため便秘も解消するのです。

Sponsored Link



 

置き換えで便秘や下痢になるのは腸内環境が悪化しているから

 

置き換えダイエット中に便秘や下痢に悩まされるということが多くありますが、ほとんど腸内環境が悪化していることが原因です。

これは、今までとは違う食生活に切り替えたため、腸内が混乱をきたしてしまうからです。

対処策としてまずは、腸内環境を整えることが重要です。

乳酸菌などを含む食品や、食物繊維が豊富で整腸作用のある野菜を積極的に食べるようにしましょう。

善玉菌を増やすことによって、腸内環境が改善され代謝や免疫力が向上します。

 

酵素で便秘を解消するならドリンクタイプがベスト!

「便秘を解消する」という目的で酵素商品を選ぶなら、食物繊維が豊富で、吸収率が良く植物繊維や栄養が豊富なドリンクタイプの方が適しています。

 

酵素のダイエット効果については「酵素のダイエット効果が本当に凄い!リバウンドなし!その理由と方法、サプリの役割を徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では「酵素ダイエットを成功させる鍵は消化吸収」「酵素ダイエットを知るうえでの基礎知識」などについて分かりやすく解説していますので、是非参考にしてください!

 

酵素+酵母は善玉菌を活性化させてくれる

 

酵素の効果は、本来もっている身体の機能を改善して代謝を高めるというものです。

一方、酵母は微生物の一種で、糖質を分解する効果や腸内の善玉菌を活性化させてくれる効果があります。

しかも、熱や胃液で死んでしまっても腸内の善玉菌のエサになります。

また、老廃物の排出を促す作用があるビタミン・ミネラルの吸収を高めてくれます。

 

便秘解消に推奨されるのが米麹の甘酒!

甘酒には酒粕に砂糖を加えて作ったものと、米麹を発酵させて作ったものの2種類があります。

「麹パワー」「飲む点滴」といわれるのは、米麹を発酵させた甘酒です。

米麹の甘酒は栄養が豊富で、麹に含まれる食物繊維やオリゴ糖といった善玉菌の養分や、代謝を促進するビタミンB群により、腸内環境を整える優れた便秘改善効果があります。

 

▶甘酒の便秘への効果については「甘酒は便秘にも効果抜群!毎日の甘酒摂取で便秘解消できる!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では「甘酒に含まれる便秘解消有効成分」「米麹甘酒と酒粕甘酒の比較・便秘に効く飲み分け方や注意点」などについて分かりやすく解説していますので、是非参考にしてください!

Sponsored Link



 

酵素+乳酸菌は腸内を酸性に保ち腸内環境を整えてくれる

 

最近、特に注目されているのが、酵素と乳酸菌を同時に摂取することで得られる相乗効果です。

酵素は触媒として働いているものですが、腸内に悪玉菌が増えてくると酵素の役割を果たせなくなってしまいます。

酵素と乳酸菌を同時に摂取すれば、乳酸菌が悪玉菌を減らして、酵素はスムーズに全身を巡ることができるワケです。

便秘で悩んでいる人は、乳酸菌の多い食品と酵素の多い食品をバランスよく摂取することをお勧めします。

 

乳酸菌とビフィズス菌の違い

 

乳酸菌やビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸は腸内を酸性にし、酸性環境の苦手な悪玉菌を減らしてくれるため便秘の改善に効果があります。

さらに腸のはたらきを活性化するため、免疫力を高める働きもあります。

 

🔷乳酸菌・・糖質をエサに乳酸をつくる細菌の総称

酸素があっても生きていけるため、自然界の様々なところに存在しています。

人間にとって良い働きをする種類が多くあります。

乳酸菌がもたらす「整腸作用」は、糖の分解や善玉菌を増やすだけでなく、悪玉菌の増殖を抑制するのにも役立つものです。

腸のぜん動運動もサポートし、余分な栄養素や老廃物の溜め込みを防ぐのにも役立つため、便秘改善以外にも美容や健康的なダイエットでも注目を集めています。

 

🔷ビフィズス菌・・人や動物の腸内に生息し乳酸よりも殺菌力のある酢酸を作る

酸素があると生きていけないため、自然界では生きていけません。

また、発酵食品に含まれる乳酸菌とは違うため、酵素があると生息できないといわれています。

乳酸菌とは別の細菌ですが、様々な病気や老化の原因を防ぐ働きをします。

ビフィズス菌には特有の健康作用があり、乳酸以外にも酢酸を作ります。

酢酸は、大腸内でO-157の毒素の吸収を抑制することで知られています。

 

自分に合った乳酸菌を選べば効果もより高まる!

 

相性のいい善玉菌は、人によって効果的に働くものが違うということを知っていましたか。

なぜなら、人によって腸内細菌の種類や数などのパターンが異なるからです。

そのため、腸内環境を整えることのできる善玉菌も人それぞれ違うのです。

生きたまま腸まで届き自ら増殖して、善玉菌の数に影響を与え乳酸を生産するものには「乳酸菌」や「ビフィズス菌」があります。

乳酸菌やビフィズス菌を含む食品で、代表されるのが「ヨーグルト」です。

特にビフィズス菌を含むタイプのヨーグルトは、高い整腸作用が期待できます。

まずは、自分と相性の良いビフィズス菌を見つけていきましょう。

Sponsored Link



 

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

自然界でも数多くの場所で生息している乳酸菌は、菌が生存する場所で「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」とに分けられます。

どちらの乳酸菌が分解されても、吸収後の働きや善玉菌のエサとしての作用があるため、植物性と動物性ぞれぞれの乳酸菌をバランスよく摂取していくのが重要です。

 

●植物性乳酸菌・・・ほかの菌と共存することで分解されにくくなるため、活性を失わず腸まで達するのが特徴

●動物性乳酸菌・・・ほかの菌と共存しないため、胃酸に弱く分解されやすいのが特徴

 

乳酸菌は、ほとんどが胃酸により死滅菌となります。

なかでも植物性の発酵食品に含まれる乳酸菌は、酸やアルカリ・温度変化・塩分にも強いため、胃酸にも負けずに生きたまま腸までたどり着けるのが特徴です。

 

乳酸菌の便秘への効果については「便秘には乳酸菌が効果的!お勧めの理由を徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では「便秘に効果的な乳酸菌の種類」「便秘に効果的な乳酸菌の摂り方」「乳酸菌が含まれる食品」などについて分かりやすく解説していますので、是非参考にしてください!

 

尚、自分に合った乳酸菌の見つけ方については「ヨーグルトの乳酸菌がすごい!自分に合った乳酸菌の見つけ方」で詳しく解説しています。

こちらの記事では「ヨーグルトに含まれている乳酸菌の種類・選び方・効果」「ヨーグルトと乳酸菌についての様々な知識や効果的な摂取方法」などについて分かりやすく解説していますので、是非参考にしてください!

Sponsored Link



 

酵素は妊婦と子供にやさしい便秘解消法

 

妊娠中に、多くの女性が悩む症状のひとつに「便秘」があります。

妊娠すると、女性ホルモンのひとつである「黄体ホルモン」の分泌が盛んになります。

黄体ホルモンは子宮の収縮を抑える働きがあるのですが、その影響で腸の周りにある筋肉の運動機能まで低下させてしまいます。

しかく

妊娠初期・・・便を送り出す筋肉が弱くなり便が出にくくなる

妊娠中期から後期・・・子宮が膨れて腸を圧迫することで便が出にくくなる

そのほかにも、水分や食物繊維の不足・運動不足・ストレスなどで便秘になりやすくなります。

 

酵素は妊娠中の便秘に効果的

 

妊娠中は身体がデリケートになっているため、薬の扱いには注意が必要です。

市販の便秘薬や漢方薬のなかには子宮の収縮を促す作用をもつ薬もあるので、流産や早産のリスクが高まる可能性があります。

妊婦さんの便秘対策は、赤ちゃんへの影響も考えると自然に便秘を解消する必要があります。

それには、まず腸内環境を整えることがポイントです。

自然に便秘を解消するには、「食事」「運動」「生活習慣」を見直して、腸内環境を整えることで便が排出されやすくなります。

善玉菌を増やすことで腸の調子を整え、免疫力をUPさせることができます。

酵素には、消化を助け善玉菌を増やして腸内環境を整えて便秘解消効果があります。

 

オススメは即効性のある酵素ドリンク

酵素を飲むなら、保存料・香料などが入っていない完全無添加に限ります。

酵素ドリンクは酵素だけでなく、便秘解消に必要な食物繊維や妊娠中に不足しがちなカルシウム・鉄・亜鉛の補給もできます。

また酵素には血液の質を高めて身体を温め、自律神経のバランスを調整する効果もあります。

 

酵素ドリンクの効果については「酵素ドリンクのダイエット効果効能が凄い!断食・ファスティング・割り方など徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では「酵素ドリンクを飲む本当の理由」「酵素ドリンクの効果や成分」「酵素ドリンクの便秘改善効果やダイエットに優れた効果がある理由」など分かりやすく解説していますので、是非参考にしてください!

Sponsored Link



 

酵素は子供の便秘に効果的

 

近年、便秘になる子供が増加しているといいます。

子供も妊婦さんと同様に、とてもデリケートなので自然に便秘を解消する必要があります。。

便秘になるということは、腸内環境が悪いということです。

腸内環境は便秘だけでなく、身体全体の健康に関わってくるものです。

「第2の脳」とも呼ばれる「腸」の健康は、子供の成長にとってとても大切です。

脳と腸は深い関係性があるため、身体の冷えや暴飲暴食・食品添加物の摂り過ぎなどで胃腸の働きが低下すると、脳の働きも低下してしまいます。

また、腸には約6割の免疫細胞があるので、免疫力が低下してアレルギーにもなりやすくなります。

 

子供の便秘の特徴

子供の便秘の原因は大人と違って、乳幼児期は便を出す力が弱いことによる便秘がほとんどです。

乳幼児期を過ぎると、生活習慣・偏食・運動不足・ストレスなどが原因で便秘なります。

特にストレスが多いと、慢性的な便秘になりやすくなります。

 

一般に子どもの腸内細菌は善玉菌が優位になっているため、 乳酸菌・ヨーグルト類を摂取しても中学生から大人ほどには効かないといわれています。

酵素は、デリケートな成長期の不足がちな栄養素を摂取できて、善玉菌を増やして腸内環境を整え、ストレスを緩和する効果があります。

 

便秘解消に効果的な酵素サプリの飲み方やタイミング

 

酵素サプリは、身体の代謝機能を上げていくことで体質を改善するものです。

酵素サプリの効果を実感するには、少なくとも3ヶ月は飲み続けましょう。

個人差はありますが、この3ヶ月というのは人間の細胞の全てが入れ替わるまでの期間だからです。

また、酵素サプリはいつ飲んでもいいのですが、実はベストなタイミングや飲み方があります。

 

酵素サプリのベストな飲み方

酵素サプリの便秘改善への有効成分は酵素やビタミン・食物繊維・ミネラルなどです。

これらの有効成分を一番吸収できるのが「45℃のぬるま湯」です。

ぬるま湯だと酵素の活動や、栄養吸収が活発になるからです。

 

1番やってはいけないのが、65度以上のお湯で酵素サプリを飲むこと!

種類にもよりますが、一般的な酵素は熱に弱く熱湯だと活性を失ってしまいます。

 

目的によって変わる飲むタイミング

酵素は基本的には、いつ飲んでも構いませんが目的によっては最も効果的なベストなタイミングがあります。

本来の酵素の大きな働きとして、消化を促してくれる効果があります。

 

◆酵素による消化の働きを促すには食前に飲むこと!

消化を助けるためには、酵素ドリンクは必ず食前にとるのが鉄則です。

消化が促されると必要な栄養素を摂取しやすくなります。

 

◆頑固な便秘解消や美肌を目指すなら寝る直前!

酵素サプリはビタミンや食物繊維も豊富なので、肌荒れや便秘解消にも効果があります。

個人差はありますが一般的に効果を実感できるのは、美肌効果を実感するのが1ヶ月程。

便秘解消を実感できるのが早い人で1週間程。

最初は、夜寝る前に飲むことから始めることをお勧めします。

 

◆ダイエット目的なら食後がおすすめ・運動の30分前ならより効果的!

消化が促されると、カロリーを燃焼するのに必要なアミノ酸・ビタミンなどを摂取しやすくなります。

カロリーを燃焼する代謝が活発になると、ダイエット効果があります。

また酵素サプリは、筋肉成長・修復のサポート効果と疲れ予防対策もあります。

筋肉量を増やして基礎代謝を高めると、必然的に痩せやすく太りにくい身体になります。

カロリー燃焼や筋肉を増やすには、運動の30分前に酵素サプリを飲むのが理想のタイミングです。

Sponsored Link



 

酵素と便秘薬を一緒に飲むのは注意が必要

 

酵素の効果を持続するためには、毎日続けるのがベストです。

でも薬を飲まなければいけなくなった時、酵素サプリと一緒に飲んでも良いのでしょうか。

実は、薬を一緒に飲むには注意が必要です!

薬には、飲み合わせというものが存在します。

薬を一緒に飲む場合には、サプリの成分が悪影響を与える恐れがあるのです。

 

🔶 消化酵素と薬の飲み合わせのNG例 🔶

グレープフルーツに含まれる消化酵素と薬との飲み合わせに注意が必要!

グレープフルーツには、フラノクマリンという消化酵素が含まれています。

フラノクマリンには、小腸の働きを弱める可能性があるのです。

小腸の働きが弱ることで薬の代謝が遅れると、薬が体内に長く留まり効き目が極端に強くなってしまう危険性があるといわれています。

特に、糖尿病の人に処方される高血圧の降圧剤「カルシウム拮抗薬」に影響があることが確認されています。

 

このように、薬の効果を異常に変化させる成分を「薬物相互作用」と呼んでいます。

この作用は精製された薬だけでなく、果物や野菜の食べ合わせでも起こることを知っておいて下さい。

 

便秘薬はの使用には細心の注意が必要!

即効性があって手軽に入手できる便秘薬には、副作用があることを知っていますか。

便秘薬は薬です!薬には必ず副作用がつきものです。

便秘薬によっては常用することで耐性がついてしまい、全く効果のでない身体になってしまいます。

「便秘薬は便秘を根本的に治療するわけではない」ということを理解しておきましょう。

 

現在流通している市販の便秘薬には、「刺激性下剤」と「機械性下剤」の2種類があります。

🔷「刺激性下剤」の種類と特徴

腸の粘膜に働きかけて、ぜん動運動を促す効果のある便秘薬です。

一般的な市販の便秘薬の多くがこのタイプになります。

便通をもたらす効き目が高く即効性に優れていますが、常用することで身体に耐性がついて効き目が弱くなっていく特徴があります。

🔷「機械性下剤」の種類と特徴

便に水分を含ませて柔らかくしたり、便を膨らませることで腸を刺激して便意を促す効果のある便秘薬です。

効き目は「刺激性下剤」に比べて弱く身体への負担も少なく、身体に耐性がつきにくいのが特徴です。

 

サプリには薬という認識があまりないだけに、医師に申告をしない人がたくさんいます。

なかには飲み合わせの悪い薬が処方されている場合があるため、体調不良や病気が長引いたりすることもあります。

薬を飲む時は細心の注意を払いながら、サプリとの飲み合わせが悪くないかどうかを医師に確認する必要があります。

薬に頼らず「自分の力で自然なお通じ」ができることを常に意識することが大切です。

Sponsored Link



 

便秘によい酵素を多く含む食べ物

 

食べ物には多種多様な成分が含まれているため、毎日バランスよく摂り続けることが大切です。

新鮮な食物に含まれる食物酵素には、栄養を強化して消化や吸収力を高める働きがあります。

新鮮な生の食材からは便秘に有効な、水分・ビタミン・酵素を多く摂取できるため積極的に摂りましょう。

では具体的に、便秘解消にお勧めの食べ物を紹介していきましょう。

 

発酵食品

発酵食品に含まれる乳酸菌には、腸内を弱酸性にすることで、悪玉菌(有害な腸内細菌)の増殖を抑え、善玉菌を増やす効果があります。

ぬか漬けやキムチ、味噌などは、植物性乳酸菌を多く含む食材の代表です。

一方、動物性乳酸菌の主な食材には、ヨーグルト、チーズなどがあります。

特にビフィズス菌を含むタイプのヨーグルトは、高い整腸作用が期待できます。

 

オリゴ糖

オリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす作用があります。

ミネラルの吸収を高め、腸内環境を整えて便秘の改善を促してくれます。

 

植物性油

植物性の良質な油には、様々な健康効果があります。

中でもオリーブオイルには、オレイン酸という成分が含まれ、便秘解消にも効果があります。

オレイン酸は腸のぜん動運動を促進し、便の通りを良くする潤滑油の役割を果たします。

 

酢ドリンク

酢には新陳代謝を高める効果があるため、腸のぜん動運動を活発にします。

また、腸内環境を整える効果もあります。

リンゴ酢や黒酢など、飲みやすいものを朝食後に飲むのがお勧めです。

 

甘酒

甘酒には、便秘解消に効果のある食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれています。

朝食代わりに飲むとカロリー補給にもなり、胃腸の働きを助けてくれます。

米麹から作った自家製甘酒がベストですが、市販であれば無添加・砂糖なしに限ります。

ただし、市販のものは火入れがしてあるため酵素は死活しています。

 

酵素が豊富な食品については「酵素を食品から効果的に利用する方法や作り方などを徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では「食品から摂る酵素の役割と効果」「消化の仕組み」「酵素が豊富な食品を効率よく身体に吸収させる食べ方や調理法」などについて分かりやすく解説していますので、参考にしてください!

 

便秘にお勧めの酵素スムージー

 

便秘を解消するには、水分だけでなく植物繊維も十分に摂取する必要があります。

スムージーは生ジュースと違って野菜や果物をそのまま砕いて作っているので、十分な水分と植物繊維の両方にプラスして、必要な栄養素も効率よく摂取することができます。

スムージーのベースの水の代わりにヨーグルト・豆乳・牛乳などを使うことで、さらに栄養成分効果がUPします。。

では具体的に、便秘に効果があるスムージーを2つ紹介しましょう。

スムージーは目的によって、必要成分や好みの材料をプラスすることで自由にアレンジが可能です。

Sponsored Link



 

乳酸菌も摂れる!ヨーグルトグリーンスムージー

飲むヨーグルトをベースにすることで、腸内環境を良くする相乗効果が生まれる!

【材料(1人分)】

ベース⇨飲むヨーグルト   100ml

●小松菜        2枚
●バナナ        1本
●ハチミツ     大さじ1
●のむヨーグルト   100ml

甘味に「ハチミツ」を使うことで美味しく!飲みやすく!

 

イソフラボンも摂れる!アボカドとバナナ豆乳スムージー

豆乳をベースにすることで、女性ホルモンのバランスを整える相乗効果が生まれる!

【材料(1人分)】

ベース⇨豆乳   100ml

●アボカド      1/2個
●バナナ        1本
●ハチミツ     大さじ1
●オリーブオイル  小さじ1

オリーブオイルを少し加えて便の通りを良くする効果!

 

🔶便秘にはバナナ・リンゴ・キウイがお勧め!

バナナやりんごには食物繊維・オリゴ糖が豊富に含まれ、腸内の善玉菌を助ける作用があります。

バナナ・・・オリゴ糖や水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く含んでいる果物

リンゴ・・・カリウムと食物繊維のペクチンを多量に含み、下痢にも便秘にも有効な優れた整腸作用がある果物

キウイ・・・バナナ2本分といわれるほど豊富な水溶性食物繊維と、ビタミンEが含まれていて血行促進やホルモンバランスを整える作用もある果物

 

🔶甘味料にはハチミツがお勧め!

ハチミツは砂糖よりも低カロリーでオリゴ糖が含まれているため、善玉菌のエサとなり善玉菌が増える手助けをしてくれます。

 

自由にアレンジができるのが、スムージーの良さでもあり楽しみ方です。

便秘解消に必要な成分をしっかり理解して、自分に合ったスムージーを見つけてください。

 

まとめ:便秘は消化能力が影響し腸内環境は健康をも左右する!

 

便秘は、酵素の重要な働きでもある消化・吸収に大きく関わっています。

そのため、酵素が不足すると「消化不良⇨便秘」へとダイレクトに影響してきます。

便秘で便が出ないのは、デトックスが行われていないということです。

なぜなら体内のデトックスは、便を通して75%行われているからです。

その便を作り出し排出する腸は、食べ物の消化・吸収以外にも代謝・血液・免疫力・ホルモンや自律神経など、生きていくうえで重要な機能に深く関わっています。

それだけに腸内環境が健康を左右するものといえますが、腸内環境を改善することで健康状態をコントロールすることができる唯一の臓器が腸ともいえます。

 

酵素の便秘改善は、

酵素の消化を良くする働き ➡ 腸内環境を悪化させる未消化物質が失くなる

酵素の善玉菌を増やす働き ➡ 腸内環境が良くなる⇨便秘が改善する

という腸内環境を整えて根本の体質から改善する効果があります。

腸内環境が良くなった結果として

栄養素の吸収が良くなる       ➡ 代謝がUPする⇨痩せやすくなる

免疫力が高まる           ➡ アレルギーが改善する

自律神経やホルモンのバランスが整う ➡ 血液の質が向上・ストレスが緩和される

などの重要な機能までもが整うことで、身体本来の身体機能や代謝が活性化されます。

酵素の摂取が、ダイエットやデトックス効果が高いといわれる理由もここにあります。

ただし酵素は意識してたくさん摂取しても、添加物の多い食品の摂取や食物の過剰摂取には大量の酵素が消費されます。

そのほかにも不規則な生活や、身体に負担のかかるものは酵素が不足する原因となります。

「食べた物で身体は作られます」

酵素の便秘改善効果を最大限に発揮させるには、生活習慣の見直しがベースにあります。

それにはまず、酵素の働きや腸の役割を正しく理解することが最初の第一歩です。

完全消化は、正常な排出のサイクルを維持するには必須条件です。

そのうえで、できるだけ無添加食品や新鮮な食物の摂取を意識して、身体に負担をかけない生活をすることが重要です。

そうすることで、腸内環境によって健康が左右されていることも自然と実感できるはずです。

Sponsored Link



 

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

  • 酵素は便秘解消に効く!治らない理由やサプリの飲み方・ダイエットとの関係を徹底解説

  • 酵素にはタンパク質以外の補酵素が必須!分解酵素の種類や働き変性を徹底解説!

  • 酵素で痩せるのは嘘じゃない!その理由やサプリの飲み方・太る原因を徹底解説!

関連記事

  • 酵素ダイエットの効果が本当に凄い!リバウンドなし!その理由と方法、サプリの役割を徹底解説!

  • 酵素ファスティングの効果はダイエットだけじゃない!やり方・タイミング・おすすめの置き換え選び方などを徹底解説!

  • 酵素ドリンクダイエットの効果効能が凄い!断食・ファスティング・割り方など徹底解説!

  • 酵素にはタンパク質以外の補酵素が必須!分解酵素の種類や働き変性を徹底解説!

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

  • 酵素で痩せるのは嘘じゃない!その理由やサプリの飲み方・太る原因を徹底解説!