1. TOP
  2. しじみ
  3. しじみの効能を高める方法はコレ!短時間睡眠を成功させる方法も解説します!
Sponsored Link

しじみの効能を高める方法はコレ!短時間睡眠を成功させる方法も解説します!

しじみ   32 Views

しじみの効能は幅広く素晴らしい効果がありますが、ちょっとしたコツでしじみの効能をさらに高めることができます。

しじみはただ食べるだけでも効果や効能は十分ある非常に優れた食材ですが、しじみの「種類」「性質」「特徴」などを理解するとその効能が数倍に膨れ上がります。

今回はしじみの効能を高める方法を知るために、次の点について解説します。

・しじみの効能が高い意外な理由
・しじみの種類と生息場所
・しじみの栄養成分と効能
・しじみの効能を高める具体的な方法
・しじみサプリの効能について

しじみの効能を高める方法を知り実践すれば、弱った肝臓を強くし、心身共に疲れにくい体になり、うつ症状が緩和されます。

お酒を飲む機会が多い人、最近何だか疲れやすいという人、イマイチやる気が出ない人などは、どうぞこの記事を最後まで読んで、しじみの素晴らしい効果についての理解を深めてください。

Sponsored Link



Contents

しじみ(シジミ)の 効能は江戸時代から知られていた

「肝臓を強める効能」があるとして人気が高まっているしじみですが、しじみは決して「最近はやりの健康食品」ではありません。しじみの効能は江戸時代から知られています。

例えば、1787年発刊の「食品国家」には次のような一文がありました。

「蜆(しじみ)よく黄疸(おうだん)を治し酔を解す」

黄疸とは血液中の白血球が破壊されて肝機能が落ちた状態のこと。つまり肝臓の機能についてまだはっきりわかっていなかった江戸時代から、しじみは肝機能を向上させ、二日酔い対策に効果があることがわかっていたようです。

このように長い間効能が高い食材として支持されてきたという事実は、しじみが確かに一定の効能があることを実証しており、同時に今後も何かをきっかけに人気がなくなってしまうということは考えにくいといえるでしょう。

Sponsored Link



 

Sponsored Link



しじみの効能が高い意外な理由とは

しじみに効能が高いといえるのには、意外な理由があります。しじみは見た目が小さいので栄養を取った気分にならないという人もいますが、他の食材にはない、あるいは強い効果効能がたくさんあります。

しじみの効能が高いといえる理由には次のような点があります。

・予想以上の効果と知られていない効果
・小さいのに栄養がつまっている
・特にアミノ酸の成分が凄い
・副作用がないのでいくらでも食べることができる
・経済的にも安いので続けやすい

それぞれを詳しく解説します。

予想以上の効果と知られていない効果

しじみが「肝臓にいい」「二日酔いにいい」などというよく知られている効果がありますが、しじみの効果効能を調べると、それらが予想以上の効能があることがわかります。

例えばしじみにはオルニチンの他、肝臓に良い成分が豊富に含まれていますので様々な角度から肝機能を強め、二日酔いになりにくい体を作ってくれます。そしてしじみによって肝機能を強めることによって、次のような効果効能があります。

・二日酔いになりにくい、二日酔いの症状を軽減する
・アルコール、アンモニアなどの毒素の分解を助ける
・疲れにくい体になる
・肝脂肪などの、内臓脂肪がたまりにくくなる
・新陳代謝が良くなり、太りにくい体になる

さらにしじみを食べることによって、次のような効果効能もあります。

・ストレスがたまりにくくなる
・精神的な疲れやイライラがなくなる
・前向きに考えられるようになり、やる気が出てくる
・睡眠の質が高まり、翌朝すっきりと起きることができる
・成長ホルモンが出やすくなり、筋肉が作られる
・肌のターンオーバーが促され、美肌になる

このようにしじみには良く知られている肝機能を高める効果だけでも予想以上の効果効能があったと思いますが、それだけでなく脳や心にまで効能があります。

しじみの効果について、またなぜしじみにこれほどの効果があるかについて詳しくは「しじみの効果がすごい!肝臓腎臓の機能向上から心身の疲労回復まで!」で解説されていますのであわせてお読みください。

小さいのに栄養がつまっている

しじみはあさりと比べても小さく、「食べる部分がない」といわれることもありますが、その小さな身の中に栄養分がぎっしりと詰まっていますので、絶対に身を全部食べるようにしてください。

しじみに含まれている栄養素はたくさんありますが、他の貝や食材と比べると多いものの中にもこれだけの栄養素があります。

・カルシウム
・鉄分
・ビタミンB1
・ビタミンB12
・亜鉛

これらは全て私たちが生きていくうえで必要な栄養素なので、しじみを定期的に食べる習慣がついていれば、1日に必要な栄養素の多くを摂取していることになります。

しじみには、これら以外にもたくさんの栄養素が含まれていて、それゆえに素晴らしい効果があります。それらの栄養素について詳しくは「しじみの栄養はすごい!食事の味を深め肝臓を守ってくれる!」で解説されていますのであわせてお読みください。

特にアミノ酸の成分が凄い

しじみの成分の中で、特に注目できる栄養素はアミノ酸です。肝臓機能を高め二日酔いを防止する効能があることで有名な「オルニチン」もアミノ酸の一種ですが、その他にもたくさんの興味深い効能があるアミノ酸が豊富です。

・タンパク質を作りだす必須アミノ酸9種類すべて
・肝機能を強めるオルニチン
・血管を広げ、血管の機能を正常に保つアルギニン
・別名「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンを作りだすトリプトファン
・睡眠の質を高めるグルシン

このようにアミノ酸が豊富に含まれてしじみは、肝臓だけでなく脳や身体全体に影響し他の食材ではなかなか見られないような効果効能があります。

しじみの成分には、この他にもたくさんあり、それぞれに素晴らしい効果があります。詳しくは「しじみの成分はメリットがたくさん!」で解説されていますのであわせてお読みください。

しかもアミノ酸スコアが最大の100

このようにしじみはアミノ酸の種類や量が豊富ですが、それだけでなくアミノ酸スコアが100なのでアミノ酸の質も高いといえます。

アミノ酸スコアとは、たんぱく質におけるアミノ酸の包含量を数値で表したもので、「必須アミノ酸の基準値がどれだけ満たされているか」が評価の基準です。100に近ければ良質なタンパク質ということができますので、しじみはアミノ酸スコアが最大値といえます。

一方タンパク質の数量は同じでもアミノ酸スコアが低いとそれだけタンパク質としての機能も少ないので、一概に「この食材はたんぱく質が多いから骨や筋肉が作られる」というわけにはいきません。

食材の中でも、米やパンなどの小麦はたんぱく質の量は多くてもアミノ酸スコアが低く、貝類の中でも、うに、はまぐり、ほたて、あわびなどもしじみのようにアミノ酸スコアが100なわけではありません。

副作用がないのでいくらでも食べることができる

しじみに含まれている栄養素は全て、目立った副作用がありませんので安心していくらでもしじみを食べることができます。

中にはしじみの成分であるオルニチンが凝縮されたものを食べすぎてしまったり、しじみに含まれている鉄分が酸化して肝機能を悪化させたりするケースがありました。

しかしこの点でいっても新鮮なしじみを食べる分には問題はありませんし、サプリなどでしじみ成分を摂取する時も規定容量を守っていれば副作用になることはありません。

経済的にも安いので続けやすい

しじみは生育場所が少なくなってきていて、値段も上がってきているとはいえ、依然としてとても安く買える食材のひとつです。

特に冷凍されたしじみをキロ単価で買うと安く、後ほど詳しく解説しますがしじみの効能がさらに高まりますのでおすすめです。

しじみのサプリも他のサプリと比べると安く、1ヶ月分500円もしないものが多く出回っています。

どんなサプリや栄養補助食品も、1回で目立った効能が出てくるものはなく、基本的には毎日継続的にとって初めて効能が表れてきます。

この面でいうと費用がかかる食材やサプリはいくら効能が高くても継続することができなければ意味がありません。

しじみは経済的に安いので、毎日継続的に摂取することができるので、どんな人でもしじみの効能を享受することができるといえるでしょう。

Sponsored Link



しじみの種類と生息場所

世界にはたくさんの種類のしじみがいますが、その中でも日本のしじみは特に効能が高いといえます。なぜなら日本のしじみは効能が高まる条件がそろっているからです。

ここでは日本で食べることができるしじみの種類とその生息場所から、なぜその効能が高いといえるかを解説します。

ヤマトシジミ

ヤマトシジミのほとんどは、北は北海道から南は九州まで、日本全国の汽水域と呼ばれる河川や湖で生息しています。

ヤマトシジミの捕獲量は、日本全国におけるしじみ漁業の99%以上を占めているので、私たちの食べているしじみのほとんがヤマトシジミということになります。

全国の中で最も多い場所は、島根県と青森県でこの2件だけで65%以上を占めています。特に有名なのは、島根県松江市の宍道湖(しんじこ)と、青森県東部、下北半島基部にある小川原湖(おがわらこ)はしじみの生産地として有名です。

これらの湖は、わずかな塩分を含む汽水湖で栄養価が高くしじみの他魚種が豊富です。また時期によって塩分濃度が大きく変化しますので、しじみはその変化に対応すべくオルニチンを含むアミノ酸をたくさん産みだします。

このように栄養価が高く、しじみにとってストレスが強い環境だからこそヤマトシジミはアミノ酸や他の栄養素がたっぷり詰まった効能の高い食材となります。

マシジミ

かつては日本全国のいろいろな場所に生息していたといわれるマシジミですが、現在ではかなり少なくなっていて、食卓にあがることはほとんどありません。

マシジミはヤマトシジミと違って、汽水域ではなく淡水域に住んでいるしじみで。しじみの基本的な効能はあるものの、全体的な効能はヤマトシジミと比べると少ないです。味は薄く独特の臭みもありますので食用として流通されることはほとんどありません。

マシジミは観賞用として飼われることも多く、水槽で買えば水槽内の水質浄化という効果があり、育てたマシジミはそのまま食べることもできます。

セタシジミ

セタシジミは滋賀県の琵琶湖を中心に、秋田県のいくつかの湖に生息する淡水性のしじみです。現在は琵琶湖の水質変化により捕獲量が激減してしまっていますが、味の良さと効能の高さから高い人気があります。

セタシジミはヤマトシジミよりもタウリンが多いほか、基本的なしじみの効能をすべて得ることができます。

値段はヤマトシジミよりも高く、なかなか手に入れづらい食材ではありますが、味がしっかりと出た美味しいしじみ汁ができますのでぜひ一度食べてみてください。

台湾シジミ

台湾シジミは、台湾や中国から輸入された淡水生のしじみです。マシジミとよく似た特徴があって、きれいな湖よりも汚染された場所を好み、住んでいる地域の水質浄化をします。

しかし台湾シジミの生命力は非常に高く、マシジミと一緒に生息するとマシジミが絶滅するといわれています。見かけもマシジミや他のしじみと似ていることから、間違って食べてしまっていることもあるかもしれません。

しかも味もあまり良くなく、効能としても基本的な効能はあるもののヤマトシジミよりは低く、出来れば食べるのは避けておきたい食材です。

あさりと比べたしじみの効能

同じ二枚貝で調理の仕方も似ているあさりとしじみはどちらに効能があるのでしょうか。

結論から言いますと、どちらかが効能が高いというより効能の種類が違います。しじみの効能として欠かせない成分であるオルニチンは、あさりにはほとんど含まれていませんが、あさりの効能の代表的な成分であるタウリンはしじみにはあまり含まれていません。

タウリンは栄養ドリンクにも含まれている成分で、肝臓の働きを活発にすることにより疲労回復効果があることでしられています。その他にもタウリンはコレステロールや中性脂肪を減らしたり血圧を安定させたりする効能があります。

このようにタウリンはオルニチンと働きが良く似ていますが成分が違います。食品により効果効能を得るためには、いろいろな栄養素をバランスよくとることが基本ですので、肝臓の機能を強めたい方は、しじみを食べたりあさりを食べたりするなどいろいろな食材を試してみてください。

日本のしじみは効能が高くて美味しい!

さてこのように考えますと、世界に生息するいろいろな魚介類の中でも日本のしじみは特に効能が高い食材のひとつといえます。

しじみはとても効能の高い食材ですが、日本に生息するしじみの多くは栄養価の高い汽水域に生息していて、塩分濃度が変わりやすいのでアミノ酸を多く造り題していて、しかもきれいな水の中にいるので、うまみ成分がしっかりと出ているという特徴があります。

中国、台湾、ベトナムなどに生息するしじみは淡水のしじみが多く、しかも汚水地域を好む種類のしじみが多いので味は悪く、アミノ酸もヤマトシジミと比べるとあまり多くありません。

このように私達はせっかく効能が高くて美味しいしじみを食べられる環境にありますので、しじみの効能をしっかりと理解し、定期的にしじみを食べるようにしましょう。

Sponsored Link



 

しじみの栄養成分と効能

しじみには様々な栄養成分がありますが、ここでは肝機能を強める「オルニチン」という成分と、睡眠の質を高める「グルシン」と「トリプトファン」という成分に注目してみましょう。

一緒に食べるとそれぞれの効能をさらに高める食材も紹介しますので、ぜひ意識的に一緒に食べるようにしてください。

肝臓の機能を強化する効能があるしじみのオルニチン

しじみが肝臓にいいといわれているのは、オルニチンが大きく関係しています。オルニチンはもともと私たちの体内に備わっているので、必須アミノ酸のひとつとしては数えられていません。

しかしこれは決してオルニチンが重要ではないとか、オルニチンには効能があまりないというわけではありません。

オルニチンは、遊離アミノ酸のひとつに数えられていて血液を通して体内のいたるところにありますが、特に肝臓に有害な成分であるアンモニアを解毒する効能があります。

アンモニアは身体にとって非常に有害な物質なので、肝臓はアンモニアを解毒させることに大きな力を使っています。

しかししじみを通してオルニチンを摂取すればアンモニアを解毒してくれますので、肝臓の働きが他のところに向けることができるようになり、結果的に肝臓の機能を高めるという効能につながります。

オルニチンはさらに、アルコールを分解した時に出てくる毒素アセトアルデビドを分解する働きもありますので、アルコールをたくさん飲んだ時にしじみ汁を飲めば二日酔いになりにくくなり、二日酔いの症状が出た時にしじみ汁を飲めば、二日酔いの症状が減ります。

なおしじみの二日酔い効果については「二日酔いにはしじみが一番!効果的な二日酔い対策やしじみレシピをお伝えします!」でさらに詳しく解説されています。二日酔いのメカニズム~二日酔い対策のために最も効果的なレシピなど二日酔いに関係する情報がすべて載せられていますので、あわせてお読みください。

またしじみにオルニチンには、ここで紹介されている以外にも様々な効果効能があります。「しじみのオルニチンがすごい!効果的な摂り方やレシピをお伝えします!」ではしじみの成分の中で、オルニチンに注目して詳しく解説されています。あわせてお読みください。

効能をさらに高めるしじみ汁とカレー

二日酔いの効能をさらに高めたい方は、カレーと一緒にしじみ汁を食べるようにしてください。

カレーは健康に良い様々な香辛料が含まれていますが、その中にはアセトアルデビドを分解し、肝臓の機能を強めるクルクミンが含まれているウコン(ターメリック)という食材が入っています。

ウコンはオルニチンと一緒に摂ると、相乗効果により二日酔いを抑える効能が高まります。しじみのサプリには、ウコンの成分が含まれているサプリなどもたくさん販売されています。

週末に飲み会が続く時などは、週中にカレーとしじみ汁で肝機能を強めてあげてください。

睡眠の質を高めるしじみのグルシンとトリプトファン

しじみの注目すべき特徴は、ストレスの緩和、うつ症状の緩和、イライラ防止などの精神的効能です。その中でカギとなる成分はグルシンとトリプトファンです。

日本睡眠学会所属医師、医学博士でもある雨晴クリニック(富山県)の坪田聡副院長は、グルシンについて次のように解説しています。

睡眠の質も高める。グリシンを摂取すると、ノンレム睡眠の時間が増加することがわかっているのだ。ノンレム睡眠の時間が増加すれば、体の休息はいつも以上に進む。

さらに、グリシンを摂取することで、ノンレム睡眠の中でも、とくに睡眠が深くなる「徐波()睡眠」と呼ばれる状態に、より早く到達することもわかっている。これにより、成長ホルモンが出やすくなる。

坪田聡著ダイヤモンド社発行『朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」』より

またトリプトファンについてはこのように解説しています。

トリプトファンの重要な役割は、睡眠ホルモン・メラトニンをつくる材料のセロトニンを生み出すことである。

つまりトリプトファンを十分にとり、セロトニンが多く生み出されている状態をつくることによって、睡眠ホルモン・メラトニンが多く分泌されやすくなるのだ。すると、ぐっすり眠りやすくなる。
坪田聡著ダイヤモンド社発行『朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」』より

坪田氏は、睡眠の質をあげるために必要な成分は3つであるとし、それが「グルシン、トリプトファン、GABA」と紹介しています。

つまりしじみを食べるだけで睡眠の質を高める3つの成分のうち2つを同時に摂取していることになります。

効能をさらに高めるしじみの味噌汁と玄米

せっかくなので、睡眠の質を高める3つの成分をすべて同時に食べるようにしましょう。GABAは小麦やジャガイモ、玄米などに多く含まれています。それでしじみの味噌汁を玄米と一緒に食べるだけで、睡眠の質を高める3つの成分すべてをとったことになります。

しじみの効能で短眠も可能

毎日忙しくしているあなたは、少しでも時間が欲しいと思っているのではないでしょうか。

「毎日仕事をしていると、削るといえば睡眠時間しかないのに、睡眠時間を削ると日中のパフォーマンスも下がってしまう…」このようなジレンマに悩まされている人も少なくないのではないでしょうか。

実は短時間睡眠を目標にして失敗してしまう人は、「睡眠の質がそのままで睡眠時間だけを減らしてしまう」ということに問題がある人がほとんどです。

多くの本には「ナポレオンは睡眠時間は3時間だった。あなたも睡眠時間を3時間にすれば、そのうち体が慣れて自由な時間を手にすることが出来る」と勧めています。

しかし実際のところほとんどの人にとってそれは不可能です。なぜなら体質が違うからです。ナポレオンのような3時間睡眠を苦も無くできる人は、ショートスリーパーと呼ばれて全体の1割程度といわれています。彼らはしじみの力を借りなくても難なく短時間睡眠を実践することができます。

しかしもしあなたがショートスリーパーではないとしても、しじみの力を借りて次のようなステップに従えば、3時間まではいかなくても睡眠時間を5~6時間にすることは可能です。

【睡眠の質を上げて睡眠時間を減らす方法】
1. 睡眠時間を減らす目標を明確にする
2. 夕食に玄米としじみ汁を食べることを習慣にする。しじみを食べない日はしじみのサプリを食べる。これをできれば3週間以上続ける。
3. 仮眠、スマホ、パソコン、夕食やお酒は寝る3時間前までにする。お腹がすいたら温かい牛乳かしじみ汁を飲む。
4. 寝る前に「明日○時○分に必ず起きる」と何度も声に出す。(6時ジャストよりも、5時58分など中途半端な時間のほうが効果的です。)
5. いきなり睡眠時間を急激に削るのではなく、1週間に15分ごと削って目標の時間に徐々に近づける。そして1週間続いた日ごとに自分にご褒美を上げることを忘れない。
6. 朝目覚めたらすぐに顔を洗って歯を磨き、カーテンを開けて太陽の光を浴びる。
7. 日中の仮眠は基本的に20分までとして、どうしても眠い時は90分までとする。回数はいくらでもよい。
8. ベッドの上でテレビや本を読んだりスマホをいじったりしない。ベッドに入る時は寝るときだけにする。
9. 起きられない日があったとしても自分を責めない。でも甘やかしすぎてもダメ。失敗は週に2回までとする。

このようにすれば体は無理なく短時間睡眠に慣れてきます。しじみの効能により睡眠の質が高まっていますので、徐々に睡眠時間を削っても身体に必要な睡眠をとっていることになります。

短時間睡眠をして朝早く起きれば、その時間を趣味やランニング、資格取得のための時間に取り分けることができます。

通勤前の慌ただしい朝が、穏やかで有意義で生産性の高い朝に変わるでしょう。

Sponsored Link



Sponsored Link



しじみの効能をさらに高める方法

しじみの効能は調理する前にいくつかのステップを踏めば、効能が劇的に高まります。

しじみは生きている間にアミノ酸などを作っていますので、調理する前にしじみがアミノ酸を作りだしやすい環境にしてあげることが大切です。

効果を高める方法として、次の方法があります。

① 春の時期にしじみをたくさん食べる
② しじみを冷凍させる
③ 砂抜きを塩水でする
④ 砂抜きしたしじみをざるにあげて放置する

具体的な方法と、なぜ効能が高まるかについて詳しく解説します。

旬の時期は美味しいだけじゃない!しじみの効能が最も高まる季節は?

しじみの旬は3月~5月です。しじみには旬の季節があり、その時期のしじみを食べると美味しいだけではなくアミノ酸などの栄養成分がたっぷり含めた効能豊かな食材となります。

しじみの旬は「土用しじみ」の夏、「寒しじみ」の冬がありますが、栄養価が一番高く効能が元も高まるのが「産卵前」の春になりますので、3月~5月が旬といえます。

しじみは輸入物もありますので、一年中出回っていますが夏が始まる前にしじみを買っておけば最も効能が高まるしじみを食べることができます。あまったしじみは冷凍しておけば1ヶ月保存することができ、さらにしじみの効能が高まります。

しじみは冷凍すれば効能が高まる

しじみは冷凍すれば、保存期間が長くなるだけでなくしじみの効能も高まります。

なぜならしじみは-4℃で20時間以上冷凍すればオルニチンが8倍も増えることが専門家による検証の結果実証されているからです。

家庭用の冷凍庫では少し低めの設定になっていますので、-4℃に近づけるためにしじみを新聞紙に包んで冷凍してください。

しじみは殻付きのままでも身だけをとって冷凍することもできますが、調理するときにすぐに使うことができるように、買ってきたしじみはよく洗って砂抜きをしてから冷凍しましょう。そうすればさらにしじみの効能が高まります。

しじみの砂抜きは塩水ですれば効能が高まる

さてその砂抜きですが、多くの調理法ではしじみは淡水に生息しているので真水で砂抜きをするようにすすめていますが、しじみは塩水で砂抜きをしてください。

真水で砂抜きをするようにすすめているのは、昔多かった淡水に生息するマシジミの砂抜き法の名残かと思われますが、現在私達が食べるしじみの99%以上は塩分0.3~0.5%の汽水域に生息するヤマトシジミだからです。

そして砂抜きをする時、塩分を1%程度の濃さにまですると、コハク酸やアラニンなどを作りだしますので、旨みが強くなり数々のしじみの効能も高まります。

しじみは暗い場所に4時間程度放置すれば、砂をよく吐き出してくれます。

しじみにストレスを与えると効能が高まる

しじみの効能を高めるために、もう一工夫しましょう。しじみはストレスを与えるとさらにアミノ酸を作りだすようになりますので、少しかわいそうですが砂抜きをした後のしじみをざるにあげて3時間ほど放置してみてください。

しじみは3時間程度なら水の中にいなくても死にませんが、乾燥してしまうと弱って瀕死になってしまいますので、濡れふきんなどで包んであげてください。

しじみの効能を高める方法 まとめると…

ここまでのしじみの効能を高める方法をまとめると次のようになります。

【しじみの効能を最大限に高める調理の仕方】
1. スーパーで買ってきたしじみを流水で洗う
2. 塩分1%程度の塩水につけて暗い場所に4時間ほど放置する
3. 砂を出しきったしじみをざるにあげて濡れふきんで包み、3時間放置する
4. しじみをタッパーにいれて新聞紙で包み20時間冷凍する

このようにすれば、オルニチン、コハク酸、アラニンなど旨みを引きだし様々な効能を高める成分を最大限に引き出したしじみになります。

乾燥したしじみも効能が高い

自分ではなかなかできませんが、市販されている乾燥されたしじみ効能が高まっています。

なぜならしじみは乾燥させるとき太陽の光をたっぷりと浴びますので、ビタミンDが増えるからです。もちろんオルニチンなど他の成分も減ることはありません。

乾燥したしじみは長期保存ができお酒のおつまみとしても食べることができますので、肝臓の機能を強めて二日酔いを防止するためにも、乾燥しじみを手元に置いておくのはいかがでしょうか。

しじみサプリの効能

しじみサプリは、生のサプリよりもオルニチンなどの成分が多く、手軽に大量のオルニチンをとることができます。

しじみは食材の中でもオルニチンが多く含まれていますが、100g(約35個分)に10~15mgのオルニチンしか含まれていません。

一方一日に必要なオルニチンは、400以上といわれています。特に肝機能を強める、二日酔い対策したいなどしじみの特定の効能を得たい人は1日800~1,000mg摂取する必要があります。

オルニチンは体内でもつくられること、しじみ以外にも含まれていること、冷凍すればしじみのオルニチンは8倍になることなどを考えても、これだけの量のオルニチンをしじみだけで摂るのは大変です。

しじみサプリはこの点で、オルニチンの効能を引きだすための量となるように調整されていますので、指定量の数粒を飲むだけで800~1,000mgを楽々クリアすることができます。

ただしやはりサプリはサプリであり、生の食材の代わりとはなりませんのでしじみサプリはあくまでしじみを食べられない時や数が少ない時の補助的な役割として、基本的にはオルニチンや他の成分はしじみで補うようにしてください。

しじみの効能を得るためにしじみエキスが入ったサプリを選ぼう

サプリにはいろいろな種類がありますが、しじみの効能をしっかりと引きだすために「しじみのオルニチン配合」というサプリではなく「しじみエキス」が入ったサプリを選びましょう。

しじみはオルニチンだけでなく、トリプトファンやグルシンなど心身疲労を回復し睡眠の質を高めるなどの効能があるいろいろな栄養成分が含まれています。

しじみエキスは、しじみのオルニチンだけを凝縮したものでなくしじみそのものを凝縮したものなので、しじみの効能をしっかりと得ることができます。

しじみに他の成分をプラスしたサプリの効能

しじみのサプリには、「しじみ+ウコン」や「しじみ+ウコン+牡蠣」など肝機能を高める効能のある成分が複数入ったサプリがあります。

この場合のサプリは、「しじみの幅広い効能を得る」という目的よりも、しじみの「肝機能を強め二日酔いを防止する」という効能だけに絞って強化したサプリとなっています。

肝臓が弱い人や飲み会が続くなど、得たい効能がはっきりしている時はこのようなサプリを活用してみるのも一つの手です。

Sponsored Link



【まとめ】しじみの効能はこうすれば高まる!

今回はしじみの効能を高める方法について解説しました。

・しじみはアミノ酸を中心に栄養素が一杯詰まっていて、続けやすいので個人差はありますがしじみの効能はだれもが実感することができます。

・私達が食べるしじみのほとんどはヤマトシジミという種類のしじみですが、きれいで栄養豊富な汽水域に生息していますので、効能が高いアミノ酸を中心に栄養価の高い食材となっています。

・しじみは肝機能を強めるオルニチンだけでなく、睡眠の質を高めるグルシンやトリプトファンが含まれていますので、睡眠時間を減らしつつ睡眠の質を高め短時間睡眠が可能となります。

・しじみは、塩分1%の塩水で砂抜きをした後、ざるあげして放置し、冷凍庫に入れることでオルニチンや他の成分が最大限に高まったしじみとなります。

・しじみサプリはオルニチンを効率的に摂ったり、二日酔い対策など特定の目的がある時に効能をしっかりと得たりすることができますが、食材の代わりにはなりませんのであくまで補助的な役割として活用するようにしてください。

しじみは効能が高まればそれだけうまみ成分もよく出ますので、食材の味が引き立ちます。しじみには幅広い効能がありますので、そのしじみの効能が高まることは大きな意味をもちます。

ちょっとした手間でしじみの効能は劇的に増えますので、ここに書かれている方法をぜひ試してみてください。

 

 

 

 

しじみの効能

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • しじみは肝臓にいい!その理由と効果的な摂り方についてすべてお伝えします!

  • しじみの効能を高める方法はコレ!短時間睡眠を成功させる方法も解説します!

  • しじみのオルニチンがすごい!効果的な摂り方やレシピをお伝えします!

  • しじみの効果がすごい!肝臓腎臓の機能向上から心身の疲労回復まで!

関連記事

  • しじみのオルニチンがすごい!効果的な摂り方やレシピをお伝えします!

  • しじみの栄養はすごい!食事の味を深め肝臓を守ってくれる!

  • しじみは肝臓にいい!その理由と効果的な摂り方についてすべてお伝えします!

  • しじみの効果がすごい!肝臓腎臓の機能向上から心身の疲労回復まで!

  • しじみの成分はメリットがたくさん!

  • 二日酔いにはしじみが一番!効果的な二日酔い対策やしじみレシピをお伝えします!