1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水で便秘を根本から解消すべきその理由とは?
Sponsored Link

水素水で便秘を根本から解消すべきその理由とは?

Contents

便秘解消には水素水?

便秘症には、腸に通過障害などのある「器質性便秘」と排便に関連する機能や自律神経に原因がある「機能性便秘」に大きく分けられます。

「器質性」とは、形とか長さなどに問題があり、「機能性」とは形や長さは普通でも、動きや機能に問題がある事を言います。

単純に便が出ない事で、お腹が痛いとか、お腹が出て来て太ったというだけではなく、便秘が原因で全身に悪さをしていることをしっかりと調べました。

そして、更にそれを改善するという水素水のお話までお伝えいたします。

Sponsored Link



便秘になると何が心配なのか?

一番の心配は「命にかかわる病気」になるのか?という所でしょうが、命を奪うものもありますし、便秘が原因で様々な病気になる危険性があることが分かりました。

≪ 命を奪う危険性のある病気 ≫

・イレウス(腸閉塞)

腸内に留まった便は、水分がドンドン抜けてしまいコンクリートの様な硬さになってしまいます。

その便が通り道を邪魔して他の便も通過出来なくなり、腸を閉鎖させてしまいます。

放置すると、食べ物とガスや便が貯まり、腸の働きを止めてしまいますので、体に栄養と水分が行かなくなり非常に危険な状態となります。

・腸穿孔

非常に硬い便が通過する事で腸に穴が開く事を言います。

便は、もう排泄するものですので、不要な物質で大腸菌が沢山含まれています。

そして、腸などが納まっている腹腔内というのは無菌状態の場所ですので、そこに大腸菌などが含まれる便が入ってしまうと、大変危険な状態となります。

腹膜炎と言い、緊急手術をしないと助からない病気になってしまいます。

≪ 命を直接奪わないが放置できない病気 ≫

・大腸ポリープと大腸がん

どちらも、便が腸内に留まる事で有害ガスや活性酸素の影響で正常な細胞が異常化して出来る腫瘍です。

これが原因で命を奪う事はありませんが、放置すると結果、癌が増大し腸閉塞を起こしたり、腸穿孔を起こす危険性があります。

・高血圧症

・心疾患

・脳卒中

便秘が原因で起きる病気ではありませんが、元々持っている基礎疾患を悪化させ、血圧を上昇させたり、それが原因で心臓発作や脳卒中を引き起こす事例があります。

≪ 命の危険性は少ないが生活に支障を来す病気 ≫

肌荒れ・シミ・シワ

痔核

浮腫み

老化

太りやすい体質

内臓への負担

腰痛

肩こり

頭痛 

下剤など長期服用の弊害 

などがあります。

Sponsored Link



腸の役割とは?

腸には、「小腸」と「大腸」とあり、厳密に言うと小腸は、十二指腸・空腸・回腸に分かれ、大腸は盲腸・結腸・直腸に分かれています。

≪ 小腸の役割 ≫

小腸の長さは6~7mあり、かゆ状に変化した食物を消化液である胆汁・膵液・腸液等と混ぜ込みます。

そして小腸の粘膜には絨毛という小突起が密生し、表面積を増大させることで、消化・吸収をより有効かつ効果的に行っています。

≪ 大腸の役割 ≫

大腸は小腸より太く、絨毛はなく全長1.6m程の長さで、主に水分の吸収を行いますが、大腸には、細菌が100兆個生息していると言われています。

その細菌の集団は細菌叢(さいきんそう)と呼ばれ、今皆さんが知っている言葉で言うと腸内フローラの事です。

この腸内フローラが免疫を活性化させたり、ビタミンを作ったりと、とても重要な働きをしています。

有名な悪玉菌と言えば大腸菌で善玉菌と言えば、ビフィズス菌や乳酸菌です。

それ以外にも日和見菌も生息し、年齢や健康状態によりその菌の割合が変化しています。

便意が起きないってどういう事?

排便を我慢する癖があったり、下剤の乱用により、排便反射が麻痺し、便意が起きなくなる事があります。

また、無理なダイエットによる食事制限や、必要量を摂取していないために便の量が少ないという場合もあります。

どうして便秘になるの?

大腸内に届いた食物残渣(カス)は、水分を吸収しながら最後は直腸に届きますが、この時に色々な要素から、我慢してしまうと一旦便意が消失します。

そうすると、大腸内にある食物残渣は更に水分が無くなり硬くなり、その場所に留まります。

特に小児は「遊びに夢中」になったり、「環境変化」などでいつものトイレに座れなかった場合等に、便秘となってしまい、排便時に肛門が切れて「痛い経験」をすると、排便イコール痛いとインプットしてしまいます。

排便はいつも我慢(痛いから)

更に便が硬くなる

出にくくなる

慢性便秘

このような悪循環を起こし、最悪の場合には巨大結腸症を招いてしまいます。

Sponsored Link



便秘の定義ってあるの?

便秘の定義とは、なかなか難しいのが事実です。

・毎日排便があればいいのか?

・毎日排便がないと便秘なのか?

・量はどの位が正常なのか?

実は、個人の主観的な物差しで言っているのが殆どです。

例えば「多量に便が出た」と言ったとします。

「多量な便って?どの位の量を言うの?」と医療従事者に質問しますと、

返答は様々で、

「オムツに一杯になっていたから」

「両手一杯だったから」

「お腹がぺったんこになったから」

「3回分くらいあったから」

等と誰の何と比べたのか分からない事が多いものです。

毎日排便があっても量が少なく残便感がある場合や、3日~4日以上も排便が無く、しかも腹痛他の苦痛を伴うものを便秘とするのが、妥当と言えるでしょう。

便秘に種類はあるの?

機能性便秘や器質性便秘の他に、急性便秘と慢性便秘に分けてみました。

≪ 急性便秘(一過性便秘) ≫

興奮や不安などの精神的影響で起きるものや、旅行や友人宅に泊まるなど環境変化によ起こる便秘を言います。

また、水分摂取量が極端に少ない場合や、食物繊維を取らなかった時に一過性の便秘を起こします。

≪ 慢性便秘(常習性便秘) ≫

弛緩性便秘と痙攣性便秘とあり、長期にわたり持続的な便秘のことを言います。

弛緩性便秘:排便反射が麻痺しており、自覚症状が少ない場合が多い

痙攣性便秘:精神的ストレスが原因の事が多く、下痢と便秘が交互に起こりやすい

      便意と共に腹痛を伴い、本人はとても苦しい

Sponsored Link



便秘になると大腸がんにもなりやすい?

大腸は、消化管の最尾の部分に位置し、小腸で吸収しきれなかった水分を吸収し、胆汁中に排泄された老廃物と一緒に体外へ排出します。

その他、大腸は排泄のためだけに存在する訳ではなく、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)腸内フローラがあり、免疫の活性やビタミンの合成を行うなど、重要な役割も担っています。

一方、この腸内細菌叢の異常が、がん化にも関係していると言われ、腸内環境を整える事が、便秘を防ぎがん化を予防すると考えられています。

≪ 大腸がんの特徴 ≫

・発症は40代から増加し、70代が最も多い

・死亡者数は第3位、胃癌に次ぐ罹患率

・女性に多い

・5年生存率は平均65~70%と予後は良好

・リスク要因は飲酒・肉食・運動不足など

大腸がんは、早期に症状が出る事はありません。

進行期になって、初めて血便・便秘・下痢・便が細いなどの症状が出て来ます。

地方自治体などで行っている大腸がん検査は40歳を過ぎたら、一度は受ける事をお勧めします。

≪ こんな人は要注意! ≫

・肉食中心で、野菜をあまり摂取しない人

・毎晩晩酌をする人

・太り気味で、運動不足の人

・家族の中に大腸がんになった人がいるなど。

腸内の悪玉菌は動物性たんぱく質を好み餌にして腐敗しますので、肉食中心の人は、黙っていても悪玉菌が増える要素があるという事になります。

この動物性たんぱく質を餌にし、腐敗した後には、アンモニア等の発がん性物質やフェノール・硫化水素などの有害物質や毒素を作り出す事で、細胞を大腸がんへと変化させて行きます。

Sponsored Link



便秘症の人は高血圧になるの?

血液中の水分が多くなる事で、血管内の圧力が高まり、結果として血圧が高くなります。

水はナトリウムに引っ張られ、塩分の多い所に集まりますので、高血圧症の患者さんに「塩分制限」をするというのは、血圧を今以上に上昇させないためなのです。

高血圧症の治療薬の一つに利尿降圧剤というものがありますが、これはナトリウムの排出を促すことで水分も一緒に体外へ排出させ、血圧を下げるお薬です。

そうすると、血管内の水分も尿として排出され、血管内の圧が減ります。

しかし、水分を薬で排出させてしまうため、体内の必要な水分量も減り副作用として便秘が起きます。

また、元々血圧が正常値の人でも便秘になると、排便時に踏ん張ることで一時的に血圧が上昇します。

この「いきみ」で血圧は60~100㎜Hg程度、上昇してしまいます。

温かい部屋から、急に寒いトイレに行き、「いきむ」ことで、急激に血管内にストレスがかかり、倒れる人がいますが、この便秘と血圧の関係から来るものです。

便秘症の人は心臓にも負担をかける?

心臓の役割は全身に酸素と栄養を送るためのポンプなので、この心臓機能が低下しますと、全身の細胞や臓器に酸素と栄養が届きにくくなります。

そうなると細胞レベルで活力を無くして行きます。

心臓に負担がかからない様に、体内水分量をコントロールする必要性も出て来ます。

高血圧症同様、体内の不要な塩分と水分を排出させて、心臓を守って行きますので、どうしても便秘に傾きます。

心疾患をお持ちの方は、普段からの食事・塩分・水分管理が病気の予後を決めてしまいますので、心不全にならないように一定の血圧をコントロールすることがとても大事となり、便秘など、ある程度想定できる症状には、早め早めの対処が必要でしょう。

因みに、心不全が末期の状態になると、大腸の機能も低下し水分を吸収する事が出来なくなるのか、便秘ではなく逆に下痢に傾いてしまう方もいます。

Sponsored Link



便秘症の人は脳卒中にもなりやすい?

便秘症イコール脳卒中になりませんが、脳卒中を発症する方は、動脈硬化や高血圧症など本人には自覚症状が無かったとしても、何らかの危険性が潜んでいる方です。

特に脳内は頭蓋骨という硬い骨に普段は守られていますから、脳血管は他の血管と比べると柔らかくて破れやすいと聞いた事があります。

脳はまだまだ解明できていない事も多く、一部の血管に問題があっても、他の血管がすぐに助け船を出し、脳の機能を低下しない様にカバーする力も備えていますが、出来れば健康な状態で生涯を過ごしたいものです。

ではなぜ、トイレ内で脳梗塞や脳出血などの脳卒中を引き起こしてしまうのでしょうか?

脳卒中になる原因を考えてみました。

・トイレの中が寒く一気に血管が収縮し血圧が上がってしまう。

・動脈硬化で細くなってしまった部分に血圧が上昇し一気に圧力がかかった。

・息を止めて一気に踏ん張る事で血管に負担がかかってしまった。

これとは、また別に一気に便が出過ぎてしまい、ショック状態となり血圧が下がった事で血液の流れが緩やかになる事で、元々ドロドロの血液の方は、血栓が細い血管に留まり脳梗塞を引き起こす方もいます。

考え方としては、脳卒中発症のきっかけは便秘であったかもしれませんが、脳卒中にならない様に気をつけて生活を送っていれば、そもそも便秘が一時的に起きたとしても脳卒中にはならないという事です。

便秘が原因で意識障害を起こす人もいる?

便秘になると大腸の中に便がずーっと停滞している状態になります。

そうすると、腸内の細菌により便は分解されますが、その時にアンモニアが発生します。

アンモニアは、血液中に混ざり肝臓へ運ばれますが、肝臓の機能が低下している肝硬変などの方は、アンモニアを解毒出来ず、血液中に混ざった状態で脳まで運ばれ、脳へダメージを与えてしまいます。

脳はアンモニアにより中毒症状を引き起こし、肝性脳症という意識障害を起こす場合があります。

肝炎や肝硬変などで、肝機能が著しく低下している方には、何よりも排便が貯まらない様にケアする事が重要となります。

Sponsored Link



便秘と浮腫みと脱水の関係とは?

便秘になると腸内に腐敗ガスが充満しお腹が張って来ます。

そうすると、下腹部の静脈やリンパ管が圧迫され、血液の流れが悪くなり浮腫みが生じて来ます。

特に、同一姿勢で仕事をしている方は、血液の流れを促進させる様なストレッチを時々する等のケアが必要でしょう。

また、冷房などの空調により冷え性や血行不良が原因で浮腫みが起きますので、腸の蠕動運動と血液の停滞を防ぐ意味で、膝を曲げたり、ふくらはぎのマッサージ、軽く歩くなどをお勧めします。

便秘になると、どうして老化が早まるの?

便秘になると腸の中に有害物質が貯まり、毒素が血液中に流れ込むからです。

細胞は、栄養と酸素を必要としますが、そこに毒素が流れ込んで来ますので、単純に細胞に取って良い訳がありません。

新しい細胞に生まれ変わるのではなく、よろしくない細胞に変化している為、老化が早まります。

老化のメカニズムは体の細胞が「サビた」と表現すると分かりやすいです。

サビてしまった皮膚は、シミやシワが出来やすく、体内のあちこちに、このシミが出来正常な働きが出来なくなって、機能が低下します。

また便秘症の人は常に体内に便を多く抱えている状態です。

便は有害物質なのでこれを常に肝臓や腎臓が解毒し続けます。

「肝臓は美の臓器」とも言われるように肝臓に常に負担のかかっている便秘の状態は美容の大敵です。

肝臓の肝に斑点の斑、肝斑と書いてシミと読みます。

これは肝臓の機能が低下することでシミ(肝斑)ができることが語源です。

便秘症は肝臓への負担が大きいことを理解し自然に排便できる体にすることが重要です。

便秘症の人ってどうして太りやすいの?

食物で摂取したコレステロールの約半分が、腸内の善玉菌により吸収されない脂肪に変えてくれています。

つまり、腸内に善玉菌が多い人は、脂肪が吸収されにくく、悪玉菌の多い人は脂肪が吸収されやすい為、結果として太りやすいという訳です。

そして、さらに脂肪は肝臓で分解されますが、便秘の人は過剰な脂肪分が肝臓に送られていきますので、肝臓の負担も大きくなり、脂肪肝にもなりやすいのです。

Sponsored Link



便秘の人は臭い?

腸内に悪玉菌が多いと、食べ物を腐敗させます。

この腐敗した時に出るアンモニアやスカトール、フェノール・硫化水素など様々は有害物質がおならや体臭を臭わせています。

口臭も虫歯や唾液の分泌不足・歯周病菌だけが原因ではなく、便秘の人は臭いがキツイのです。

因みに体の毒素を出せない為に透析を受けている方も、体内に貯まった毒素が原因で体臭があります。

ダイエットも失敗しやすい?

ダイエットを行うと、多くの場合は食事制限をしたり、同じ物を食べ続けるという方法になります。

偏った食材や極端な食事制限は、必要な栄養素が不足し、腸内には悪玉菌が増えてしまうという事態が起きます。

腸内に貯まった便から有害な物質が出て、血液に乗り全身に毒素が送られてしまうので、肌荒れや吹き出物、皮膚の乾燥など体調不良が露呈してしまいます。

そうなると、ダイエットどころではなくなります。

結果、「ダイエット失敗」となります。

赤ちゃんは便秘する?

赤ちゃんの便秘については、専門家に診てもらう事をお勧めしますが、一般的には哺乳不足が一番と考えます。

≪哺乳不足を確認する方法 ≫

・体重が増えない

・赤ちゃんが乳首を離さない

・授乳後にわずかな時間をおいてすぐ泣く(おっぱいを欲しがって泣く)

・おっぱいの張りが乏しい

生れつき腸や肛門に便秘となる原因がある場合は別ですが、赤ちゃん自身が排便を上手く出来ない事も多いので、力んでもなかなか出て来ない場合は、綿棒の先などで肛門を刺激してみるのも、ひとつの方法です。

Sponsored Link



女性は特に注意?

女性には子宮と卵巣があり、ちょうど腸全体の裏側に位置します。

子宮筋腫や卵巣脳腫が腸を圧迫し蠕動運動を妨げ、便秘症を引き起こしている事があります。

また、女性ホルモンや妊娠する事で、腸の動きを抑制してしまいます。

更に男性と比べ、女性の方が便秘になりやすい原因の一つとして筋肉量が少ない事もあります。

高齢者はどうして便秘するの?

加齢による筋力の低下や腸の蠕動運動の低下から便秘になります。

高齢になると、尿を濃縮する力が減りますので、夜間に何度も目が覚めてトイレに通う様になります。

そして、筋肉量も少ないのが、高齢者の特徴です。

水分は筋肉に貯蓄されますが、赤ちゃんと高齢者に脱水が多いのは筋肉が少ないからです。

高齢者は水分を摂取すると、筋肉に貯蓄が出来ないので、すぐ排尿されてしまいます。

「それが億劫だ」とよく聞く話ですが、水分摂取を制限してしまい、脱水傾向となり便秘も増悪してしまいます。

環境は影響するの?

枕が変わって眠れなかったなどの不眠や、緊張感が高い状態があると自律神経のバランスが崩れ便秘になります。

自分ではなかなか気付かない場合もありますが、腸は精神的な影響も受けやすい臓器なのです。

ホルモンの影響はあるの?

甲状腺ホルモンの低下があると、腸の蠕動運動も悪くなります。

それ以外に女性は「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の分泌があり、特に月経前には妊娠に備えた体の準備が開始される為、水分を貯め込む様に働きます。

その事で、大腸から水分をドンドン持って行かれますので、便秘に傾きます。

月経が始まれば、また元の体に戻りますので、水分も排出され、腸の蠕動運動も活発となり貯まっていた便が出ます。

Sponsored Link



ストレスの影響は?

自律神経の乱れにより、交感神経が優位になり、血管を収縮させ血行不良が原因で便秘になります。

腸は「第2の脳」と言われるくらいストレスに弱い臓器です。

心配事があったり、緊張が高まると下痢をしたり、便秘になったり、お腹が痛くなったりと、「ストレスに弱いよ~」としっかり訴えて来る臓器です。

そこでストレスを発散する方法は?という事になりますが、暴飲暴食は悪玉菌を増やすだけではなく、活性酸素も増やす事が分かっていますので、やめましょう。

・温かい飲み物を、ゆっくりと時間をかけて飲む

・軽く体を動かして気分転換を図る 等

自分にあったストレス解消方法を見つけ、心を落ち着かせましょう。

どういう状態になったら、薬を飲んだ方がいい?

食事療法・運動療法などを行っても、一向に効果が得られない方は薬に頼る段階かもしれません。

≪ 食事療法 ≫

食物繊維の多い食品(水溶性食物繊維)

ヨーグルトなどの発酵食品(特に納豆が良い)

水分

≪ 運動療法 ≫

腹筋を適度に鍛える

毎日、20~30分程度歩く

お腹をマッサージする

そして、トイレに座る時間を設ける事も大切な要素ですが、食事や運動療法を試みても便秘が改善しない場合には、お腹に優しいお薬から服用すると良いでしょう。

Sponsored Link



下剤の種類は、どのくらいあるの?

緩下剤と刺激性下剤と2種類あります。

≪ 緩下剤 ≫

酸化マグネシウムは殆ど体に吸収されず、便の浸透圧をあげ、大腸に水分を取られない様に作用します。

便が柔らかくなれば、移動もスムーズになり、結果排便につながります。

・カマ

・マグミット

・酸化マグネシウム

※ただし、腎機能障害や高マグネシウム血症の方には使えません。

≪ 刺激性下剤 ≫

腸の蠕動運動を亢進させる事で、排便を促します。

薬剤によっては、下痢や腹痛を伴う下剤もありますので、自分にあた下剤を選びましょう。

・センナ

・アローゼン

・プルゼニド

・大建中湯

・ラキソベロン

・コーラックなど。

これらに下剤を1剤から服用はじめて、効果を見ながら足したり引いたりして使用します。

大体の便秘の人はこれら薬剤を併用する事で、便秘は解消されます。

Sponsored Link



下剤の乱用は怖い!

どうしても便秘が解消されない場合には、下剤の使用は致し方ありませんが、乱用は避けなければいけません。

下剤の乱用をしている人は、何らかの摂食障害があるという見方もあります。

ダイエットをする為に、ストレスがかかり拒食症になり、その後に過食症になってしまい、慌てて下剤で何とか出そうとすると言う状態です。

摂食障害を起こしている方は、冷静ではありませんから、正常な感覚でお薬を服用できない事が多いのです。

沢山食べた後に下剤を服用しているような場面を見た時には、専門家に相談した方が良いです。

また、下剤の乱用は必要な電解質(カリウム)などの排出もさせてしまう為、電解質バランスを崩し、倦怠感や動悸などが出現する場合があります。

下剤を処方された場合、どちらかというと「便の状態に合わせて、加減して服用して下さい」と説明され、服用量は患者さん自身にゆだねられる事が多いので、乱用に走ってしまう人がいるのです。

下剤を服用して、ダイエットをしようと考えるのはそもそもの間違いです。

便秘薬(下剤)が効かなくなる前に

便秘薬に限らずのお話として薬は基本的に長期利用をしているとだんだんとその効き目が出なくなるものです。

例えば痛み止めも最初が一番効きますが、長く使い続けるとその効果を実感できなくなり、より強い薬に変わったり、飲み薬から注射に変わったり、量が増えていきます。

高血圧の薬でも最初は弱いもので血圧を下げることができていても、次第に正常範囲内に下げることができなくなり、より負担の大きい薬に変わっていきます。

その他、安定剤や睡眠薬、生活習慣病の薬なども同じことが言えますし便秘薬も例外ではありません。

だかこそ薬が効かない体になってしまう前に根本的な対策が必要です。

薬は飲まない方がいいの?

薬は基本飲まない方が良いのですが、飲まない事で様々な疾患に影響を与える危険性がある場合には服用をお勧めしています。

また、常習性のない安全なお薬もありますし、今はサプリメントなども探せば豊富にありますので、自分の身体にあったものを使用するのが良いでしょう。

最近では、水分補給も出来、活性酸素を除去してくれ、体に全く害のない水素水が注目を浴びています。

Sponsored Link



便秘を解消する方法は?

便秘の原因が何かを知る所から始めてみましょう。

  1. 便意を我慢していないか
  2. 食物繊維を摂取しているか
  3. 水分量は妥当か
  4. 運動不足はないか
  5. 無理なダイエットをしていないか
  6. 筋力低下はないか
  7. 肉食中心で暴飲暴食をしていないか
  8. ストレスは適度か

自分は、どのような事が原因となり便秘に傾いているのかを知ると、まずは便秘解消の一歩となります。

その上で、何から実行していくのか?

果たして、その方法で良いのかという様に一つ一つ解決して行きます。

便秘を引き起こしている原因の中に、実は活性酸素が影響している事が分かっています。

酸素は私達が生きて行く上で、絶対に無いとダメな物ですが、酸素を取り込むとそのうちの2~3%が活性酸素になってしまいます。

そしてこの活性酸素は病気に多大な影響を与えており、殆どの病気は活性酸素が原因とも言われています。

数値で言いますと病気の発症は90%が活性酸素の影響で、残りの10%は風邪やエイズなどの感染症の影響で発症しているそうです。

 

Sponsored Link



水素水が便秘にどうして効くの?

便秘の原因とされる活性酸素を取り除く力が水素水にあるからです。

活性酸素(O2)と水素(H)が化合すると水(H2O)になります。

水素水を飲む事で、水素が細胞の中に速やかに入り込み、活性酸素のみを選択的に化合して体外に排出します。

水素は体内に10分程度で吸収され、活性酸素が無ければ、そのまま排出されます。

水素は宇宙で一番小さい元素ですので、容易に呼吸や皮膚から排出されます。

また、水素水を飲むことで体内の活性酸素の除去や中和とともに血流を改善し腸の蠕動運動を活発にしてくれる効果があります。

便秘になることで大量に発生してしまう有害な活性酸素を水素水の力で除去し、定期的に飲用することで体内の自己治癒力を高め毎日、自然排便できる体へと水素水は導きます。

そして水素水はいくら体内に取り込んでも害や副作用がなく、極めて安全であると認められています。

基礎疾患があり治療が必要な方は、まず専門医による然るべき治療が優先です。

その上で、より効果的に、もしくは安楽で快適にという所を補助する役目として水素水を選ぶのが良いです

Sponsored Link



便秘対策に水素水はどのくらい飲めばいい?

まずは2週間を目途に飲んでみましょう。

≪ 水素水の飲み方 ≫

・朝目覚めたらコップに1杯、ゆっくりと一口ずつ飲む

・出来れば常温が良い

・1日に数回飲む事が望ましい

水素水は開封後、時間を空けると抜けてしまう為、一回で飲みきれるサイズのものを選ぶと良いです。または水素の抜けづらいボトルに入れたり水素水生成器で生成後、すぐに飲むようにしましょう。

水素水は継続することが重要です

水素水は長期的に飲む事をお勧め致します。

水素水は便秘だけではなく、あらゆる病気や老化現象に対し効果があると言われていますし、常に様々な研究を通じて多くの疾患に効果があることを世界中の医学界・科学会で発表されています。

薬や病院の場合は症状を患ってからの治療しかできません。しかし水素水は将来訪れるかもしれない病気や、症状に対して予防という観点からも取り入れることが可能です。

なってしまってからの対応(治療)も大事ですが、なる前からならないように対応(予防)することはもっと重要です。

水素水は治療と予防の観点からもとても優れたものです。

水素水の今後

水素水については、これからもっと様々な疾患に使われていく事が予測されます。

その根拠は、水素の効果は健康医学の分野にとどまらず、鮮魚の鮮度を維持する事にも水素が有効であるというデーターが既に出ていますし、動物だけではなく植物の成長にも良いという所まで来ています。

今後は、農薬や化学薬品に頼らず、新鮮で害のない食材を摂取できる様な時代がくれば、私達の健康状態にも大きく影響を与える事になります。

薬や治療に頼らずに水素水だけで体調が良くなり、持って生まれてきた寿命を、健康な状態で最後まで暮らせる日が来るのではないかと期待が膨らみます。

Sponsored Link



便秘に対する水素水の効果のまとめ

大腸がんに限らず、腸内のバランスを保つ事は、免疫機能を正常に働かせるため、丈夫で健康で若々しい体を維持できます。

そして私達の体の60%は水分で出来ていますから、良質な水を摂取し続ける事は生命維持をキープする上で大事な要素となります。

たかが水と安易に考えずに、選択的に悪いものだけを除去してくれる「水素水」で健康で若々しい日々を送っていただきたいと思います。

●参考書籍

小林正伸:「なるほどなっとく!病理学」 

小林正伸:「やさしい腫瘍学」      

小林正伸:「がんと向き合う」      

太田成男:「水素水とサビない身体」   

山野井昇:「水素と電子の生命」    

Sponsored Link



松田明子:「成人看護学」消化器

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 還元水素水の効果で手に入れる最高の生活とは?

  • 水素水の人気が高まり続けている理由とは?

  • 水素水がアトピーに効果的な理由とは?

  • ペットにも水素水は効果的!副作用なく病気の予防・改善が期待できます!

  • 水素水の健康効果に驚愕!

  • 猫に水素水を与えた場合の効果について