1. TOP
  2. 酵素
  3. 酵素で痩せるのは嘘じゃない!その理由やサプリの飲み方・太る原因を徹底解説!
Sponsored Link

酵素で痩せるのは嘘じゃない!その理由やサプリの飲み方・太る原因を徹底解説!

酵素   92 Views

酵素を摂ると「痩せる」のは事実です。

酵素ダイエットをして痩せなかった人や太った人は、ただ食生活の中に酵素を取り入れただけの場合が多いことがわかっています。

酵素のことを正しく理解せずに、間違った酵素の摂り方をした人は痩せないどころか、逆に太ってしまう場合もあります。

酵素を摂取するのは、あくまでも不足した酵素を補うことでダイエットしやすくするものです。

 

ダイエットで重要なのは、「代謝が良い身体」を作ることです。

酵素には新陳代謝を高める効果があるため、基礎代謝が正常になり蓄積された脂肪を燃やしやすい体質に改善していきます。

また血液をサラサラに戻す作用もあるため、血液が老廃物・毒素を回収して排出する働きも高まります。

さらに酵素は腸内環境を整えてくれるので、便秘を改善し痩せやすい体質になります。

つまり酵素は「痩せやすい体質」に変えてくれるのですが、ただ飲むだけでは体重を大幅に減らすのは難しいので、食事制限や運動と併用してはじめて高いダイエット効果を得ることができるのです。

 

そのほかにも、酵素で確実に痩せるための知識として

・酵素を効率よく摂取する食べ方

・酵素で痩せやすい飲み方やタイミング

・酵素で確実に痩せるためのポイント

・痩せるための酵素が豊富な食品

など、酵素で痩せる効果を最大限に引き出すための知識を含めて、「酵素で痩せる」ことに関して徹底的に解説していきます。

 

 

Contents

酵素サプリや酵素ドリンクを飲むだけでは痩せれない

酵素を摂ると「痩せる」のは事実ですが、摂取の仕方で結果に大きな差があるのも事実です。

酵素のことを正しく理解せずに間違った酵素の摂り方をした人は、痩せるどころか逆に太ってしまう場合もあります。

酵素は、ダイエットや美容・健康にとても重要な働きをする存在ですが、酵素を飲むだけでは痩せることができないのです。

間違った摂り方をしないためにも、まず酵素とはどんなのもか?

どんな摂り方をすると痩せることができるのか?など、酵素の正しい知識を知ることが大切です。

そのためにもまず、酵素についての正しい知識を再確認をすることから始めましょう!

 

酵素で痩せるために酵素の正しい基礎知識を知る

 

年齢を重ねるにつれて痩せにくくなったと感じるようになるのは、体内酵素の生成量が落ちてくるからです。

なぜなら体内酵素が不足すると新陳代謝が衰え、効率よく脂肪を燃焼することができなくなるのです。

では酵素は、私たちの体内でどのような働きをしているのでしょうか?

 

酵素は生命活動に必要不可欠なもの

 

「酵素」は、体内での化学反応を進める「触媒」としての働きをしています。

あらゆる生命活動は、酵素の働きによって成り立っています。

栄養素を消化・分解・吸収してエネルギーに変換したり、新陳代謝や血液の循環などの様々な体内代謝は、酵素があってはじめて機能するのです。

つまり酵素がなければ、どれだけ必要な栄養を摂ってもエネルギーとして変換されないより以前に、必要な栄養素さえ吸収されないということです。

そのため酵素が不足すると、身体に様々な体調不良を引き起こす原因になっていきます。

 

酵素の種類と働きと特質

 

酵素は、大きく2種類に分けられます。

■体内酵・・・体内にある酵素で代謝酵素と消化酵素に分けられる

■体外酵素・・・体外から摂り入れる食物酵素で生の食物全てに含まれる

体内酵素は歳をとると生成量が減ってくるため、酵素を含む食物やサプリメントなどで酵素の生成を促すサポートをすることが必用になってきます。

 

体内酵素の「消化酵素」と「代謝酵素」の主な働きには、以下のようなものがあります。

 

《消化酵素の働き》

●食べ物の消化をサポートする

●栄養の吸収をスムーズにする

消化・吸収が悪くなるということは、酵素の生成に必要な栄養素が十分に確保できないため、酵素が不足して代謝の力が弱くなっていきます。

 

《代謝酵素の働き》

●吸収した栄養をエネルギーに変換する

●新陳代謝を高める

●免疫力を高める

●ホルモンバランスを調整する

代謝が悪くなるということは、様々な身体の不調に繋がり太りやすい体質へと変化していきます。

 

体外酵素の「食物酵素」の主な働きには、以下のようなものがあります。

《食物酵素の働き》

食物酵素の働きは、事前消化にあります。

「事前消化」とは体内にある消化酵素ではなく、食物のもつ酵素により消化することをいいます。

事前消化が行われると、食物が分解された状態で胃腸に入ってくるため、消化に多くの酵素を使用せずに吸収することができます。

食物酵素は、野菜や果物・動物の生肉・発酵食品に多く含まれています。

 

酵素の特質

 

酵素は熱に弱いため、48度以上に加熱してしまうと構造が変化して酵素の機能を失ってしまいます。

多くの酵素は人間や動物の体内で働くので、35℃~40℃の温度で最もよく働きます。

また、人間の体液のpHは7.35〜7.45なので、多くの酵素は中性付近のpH7で最もよく働きます。

ただし酵素によって最適pHが違うため、特定の範囲のpHの条件下でしか働くことができないものもあります。(例:胃で働くタンパク質分解酵素ペプシンの最適pH=pH2)

 

酵素の正しい知識については「酵素の働きなしで生物は生きれない!ダイエットから化学反応まで徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では、酵素の種類や働き・特質・効果などを分かりやすく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

酵素で痩せる理由

 

ダイエットするうえで重要なのは、「代謝が良い身体」を作ることです。

代謝が落ちると、エネルギー消費が衰えて、消費されなかった分は脂肪として蓄積されます。

また血液がドロドロになり血行が悪くなることで、身体が冷えやすくなります。

 

代謝酵素は吸収した栄養素をエネルギーに変換して、様々な機能を働かせるための酵素です。

そのためには、食べた物を消化・吸収しやすいように消化酵素が働く必要があります。

ところが暴飲暴食や睡眠不足などの乱れた生活習慣や、歳をとることで酵素の生成量が減るため消化や代謝機能が落ちてきます。

酵素には新陳代謝を高める効果があるため、基礎代謝が正常になることで脂肪を燃やしやすい体質に変えていきます。

また酵素は体内デトックス機能を高める効果もあります。

体内に溜まっている毒素や老廃物は、ダイエットの妨げになるだけでなく様々な身体の不調へと繋がります。

では、実際に酵素で痩せる仕組みを見てみましょう。

 

酵素で痩せる効果の仕組み

 

体内酵素の生成量は、40代以降から一気に激減していきます。

食べたものを消化吸収するには多くのエネルギーが必要なため、消化に負担がかかるほど代謝に回せる酵素が不足してしまいます。

そのため体外から酵素を補うことで消化と代謝に使う酵素のバランスが良くなり、本来あるべき基礎代謝量を高めて維持することができます。

また、酵素には血液をサラサラに戻す作用もあるため、血液が体内の老廃物・毒素を回収して排出する働きも高まります。

さらに酵素は腸内環境を整えてくれるので、便秘を改善し痩せやすい体質になります。

 

酵素のダイエット効果

 

酵素使った様々なダイエットに共通するのが、基礎代謝を高めて「痩せる体質を作る」ことです。

不足した酵素を補うことで消化の働きや酵素の生成を促し、代謝に酵素を回せるようになることがダイエットに繋がるのです。

 

酵素がもたらす基礎代謝UP効果

酵素の大きな効果に、新陳代謝を高める効果があります。

新陳代謝が活発になると身体の隅々にまで栄養が届き、生命活動のための基礎代謝量も増えるため、蓄積された内臓脂肪を燃やせる体質になります。

さらに、基礎代謝がUPすることによって体温が高まり、冷え性も改善されるため血行が良くなっていきます。

 

酵素がもたらす血行促進効果

私たちの身体には、絶えず血液が循環しています。

血行が悪くなると代謝機能が低下し、胃腸機能の低下に繋がっていきます。

血液は栄養を全身に届けると同時に、老廃物や毒素を回収して体外へと排出する役割があります。

酵素には血液の粘度を下げる働きもあるため、ドロドロになった血液もサラサラの血液に改善することができます。

血液がサラサラになれば、血行が良くなるため栄養を有効利用することができます。

排出されずにいた老廃物・毒素をデトックスすることで身体のむくみが取れ、腸内環境が整うことで便秘が解消されます。

 

酵素がもたらす腸内環境を整える効果

便秘になると腸内環境が悪くなり、腸内の栄養を十分に吸収できなくなり代謝が下がり、血行が悪くなっていきます。

栄養の吸収が落ちると、吸収されなかった栄養が脂肪になるため太りやすい体質になります。

便秘は酵素が不足することでも起こる現象のひとつですが、ストレスや水分不足・運動不足なども原因になります。

それでも、腸内環境がしっかりしていれば、便秘になりにくいといわれています。

その腸内環境を改善するための鍵となるのが、体内酵素を増やすことです。

酵素には腸内環境を整える効果があるため、腸内環境を正常に保つことができます。

 

酵素がもたらす美肌効果はダイエットの副産物

酵素にはシミ・シワ・くすみの原因となる活性酸素を無害化する働きもあります。

肌は腸を写す鏡とも言われており、酵素を摂取することで肌トラブルが改善されてきたなら、ダイエット効果が出るまでもう少しというサインです。

 

酵素の効果については「酵素ダイエットの効果が本当に凄い!リバウンドなし!その理由と方法、サプリの役割を徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では、酵素ダイエットの効果を知るための酵素の正しい知識・酵素ダイエットの基本や応用を知ることで、確実にダイエット効果を得るための方法を分かりやすく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

酵素で痩せるとリバウンドも起こりにくい

 

人間の脳や身体には長い間維持された体重を維持しようとする働きがあり、短期間で体重が減ると元に戻ろうとする性質があります。

リバウンドを起こすのは、『無理な食事制限』によるダイエットで、メンタルと栄養の状態が良くないことが原因です。

酵素ダイエットは酵素を飲むだけなのでストレスがなく、ビタミン・食物繊維・乳酸菌などが精神を安定させてリバウンドを防ぐ作用があります。

 

<リバウンドをしない・太りにくい身体づくりに大事なポイント>

●腸内環境を整えること

●体内にある酵素を充実させること

●体内の悪玉菌を増やさないこと

 

酵素は身体を根本から体質改善してくれるため、健康効果も同時に叶えてくれるリバウンドのないダイエット方法なのです。

酵素ダイエットでは、酵素サプリや酵素ドリンクが有効といわれています。

 

酵素で痩せるのが嘘といわれる理由

 

生の野菜や果物や発酵食品には食物酵素が多く含まれていますが、食物から摂る酵素で太ることはありません。

一般的に酵素ダイエットでは、酵素サプリや酵素ドリンクを利用する人が圧倒的に多いといえますが、ただ単に飲むだけでは痩せる効果があるものではないのです。

 

酵素ダイエットは、酵素を摂り続けることで体質を変えていった結果として、ダイエット効果を得ることができるものです。

あくまでも酵素サプリや酵素ドリンクは、身体に不足する酵素を補うことで酵素の働きを利用して痩せるダイエット法です。

 

酵素で痩せる人と痩せない人の違い

 

そもそも、酵素は摂取しても太るものではないのですが、結果に差が出るのはなぜなのでしょうか?

酵素の摂取で「痩せない人」と「痩せた人」の違いを見てみることにしましょう!

 

酵素で痩せない人に共通すること

痩せない理由は、間違った摂り方をしている可能性があるからです。

痩せない人に共通する点は、

●「酵素を飲むだけで痩せる」と思っている

●「酵素を飲めばすぐに痩せる」と思っている

というような間違った思い込みがあげられます。

 

普段の食事に、酵素をプラスしておけば「痩せれる」と考えていること自体が間違いなのです。

また、酵素を飲めば「すぐに痩せることができる」ということも大きな間違いです。

 

酵素で痩せた人に共通すること

痩せた理由は、落ち込んでいる代謝が高まるからです。

酵素で痩せたと実感している人に共通する点は、

●便秘症

●基礎代謝が落ちている

●冷え性

などの身体の不調がある人に高いダイエット効果があります。

 

特に便秘が解消すると栄養をしっかりと吸収できるようになり、代謝がUPすることでダイエット効果を高めてくれます。

また酵素は血液をサラサラにする効果があるため、血流が改善されることで冷え性の改善効果にも繋がります。

 

酵素で痩せやすい人は便秘で基礎代謝が落ちている人

便秘になると腸内の栄養をしっかりと吸収できなくなり、代謝が下がり太る体質へと変わってしまいます。

腸内環境を改善するための鍵となるのが、体内酵素を増やすことです。

不足している酵素を酵素サプリや酵素ドリンクで補うことで、体内酵素の生成を促して代謝を高め腸内環境の改善に役立ちます。

また食物から摂り入れる食物酵素には、消化力を高める働きがあります。

 

酵素で痩せない人はダイエット方法を間違えている人

酵素ダイエットは摂取し続けることで、痩せやすい体質へと変えていく効果がベースになります。

当前のことですが、1日の代謝を上回る高カロリーな食事は肥満のもとです。

ダイエットでは、食事のバランスや十分な睡眠をとることが基本です。

早い効果を発揮したいのであれば、カロリー制限や適度な運動を取り入れることが何より大切なことです。

 

酵素を飲むと太るのは生活習慣が悪いのが原因

暴飲暴食は、消化酵素を多く消費させてしまいます。

なかでも、一番酵素を不足させてしまうのは睡眠不足です。

酵素は眠っている間に生成されているため睡眠不足は、より酵素不足を悪化させます。

このほかにも

●過度のアルコール

●ストレス

●喫煙

このような生活習慣では、いくら酵素を補っても”それを上回るペースで酵素を消費する”ので、痩せないのは当前のことなのです。

 

また食品添加物が多く含まれている食品も、酵素を無駄に浪費させてしまいます。

食物に含まれている保存料や着色料などの食品添加物は、身体から排出されにくいという性質があるために、老廃物として身体に溜まり毒素となっていきます。

これらの添加物の入った食べ物を摂るだけで、添加物を排出するのに酵素が多く消費されて、さらに酵素が不足してしまいます。

ダイエット効果を得るには、酵素サプリや酵素ドリンクにばかり頼るのではなく、食生活や生活習慣そのものを改善しない限り効果を得ることは難しいのです。

 

酵素ドリンクや酵素サプリだけでは痩せれない

酵素ダイエットだけで体重を大幅に減らすのは難しいため、食事制限や運動と併用するのが高いダイエット効果を出すコツです。

酵素ダイエットのなかでも人気なのが、置き換えダイエットとファスティングダイエット(断食)の2つです。

 

酵素サプリや酵素ドリンクは痩せる効果をサポートするもの

 

酵素ドリンクのダイエット効果には、以下のようなものがあります。

■体質改善効果・・代謝がUPするとリバウンドしづらく太りにくく痩せやすい体質になる

■むくみ解消・デトックス効果・・・体内の余分な水分や老廃物の排出をサポートする

 

酵素ダイエットは「痩せる」ために、消化の負担を最低限に抑えることで内臓を休息させ、体内酵素による代謝活動をフルに活かせることが狙いなのです。

また酵素を毎日摂り続けることは理想的な身体作りに繋がり、運動によるダイエット効果も出やすくなりす。

 

酵素ドリンクについては「酵素ドリンクのダイエット効果効能が凄い!断食・ファスティング・割り方など徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では、酵素ドリンクを飲む本当の理由・酵素ドリンクの効果効能・酵素ドリンク断食の仕組み・酵素ドリンクでよりダイエット効果を上げる方法などを分かりやすく解説していますので、こちらも参考にしてください!

酵素サプリについては「酵素サプリのおすすめは無添加の生酵素!ダイエット効果を酵素ドリンクと徹底比較」で詳しく解説しています。

こちらの記事では、酵素サプリと酵素ドリンクの違い・酵素サプリの正しい選び方や飲み方・タイミングなどを分かりやすく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

では酵素ダイエットで人気がある「置き換えダイエット」と、「酵素ファスティングダイエット」の特徴と効果を上げるコツを紹介しましょう。

 

酵素の置き換えダイエットは内臓への負担を減らすため

 

食事を置き換える目的は、内臓の負担を減らすことにあります。

消化吸収には多くのエネルギーが必要であり、過剰な食品を消化しなければならない消化器官に負担をかけ続けると、胃腸の働きや新陳代謝の低下に繋がります。

1食分を酵素ドリンクに置き換えることで、最低限必要な栄養を確保しながら内臓への負担を減らす方法が置き換えダイエットなのです。

 

ただし置き換えをしても太った人は、今までの身体が十分に栄養を吸収できていなかったからです。

酵素ドリンクを飲むことで、体内に吸収されていなかった栄養分がうまく吸収されるようになり、健康的に体重が増えたことを意味します。

 

酵素の置き換えダイエットで痩せるためのコツ

 

置き換えダイエットのコツは、夕食に置き換えることです。

寝る前の3時間前までに夕食を置き換えておくことで、胃の中に食べ物が残らず質の高い睡眠がとれて痩せやすくなります。

また置き換えダイエットは、最低でも結果を出すまでに3ヶ月ほどかかるといわれています。

人間の脳や体には、長い間維持された体重をキープしようとする働きがあるため、短期間で体重が減ってもまた元に戻ろうとしてしまいます。

リバウンドを防ぐためにも、長期間かけて徐々に体重を落とし、運動なども取り入れて体質から改善していくのが痩せるコツです。

 

酵素ファスティングの効果はダイエットだけじゃない!

 

酵素ファスティングとは「断食をする酵素ダイエット法」のことです。

酵素ダイエットの魅力は、ただ痩せる手助けをするだけでもありません。

「体内の毒素や老廃物の排出強化」「体内リセット」をすることができます。

酵素がしっかりと摂れていると代謝酵素の働きがUPして、基礎代謝を上げ痩せやすい体質に導いてくれます。

また新陳代謝が活発になると、細胞の生まれ変わりがスムーズに行われるようになり、細胞の修復が行われることで肌や身体そのものに若がえり効果があるのです。

 

酵素ファスティングで痩せるためのコツ

 

酵素ファスティングは抜群のダイエット効果があるという意見がある一方で、全く痩せない正反対の意見もあります。

ファスティングは、胃腸を休ませて体内リセットをすると同時に、食生活や生活習慣の見直しをすることが目的です。

ファスティングは、期間を決めた断食のことをいいます。

人間には生命活動に必要な栄養素があるため、完全に栄養を摂らないということは、身体に支障をきたすことになります。

そこで酵素ファスティングでは、最低限必要な栄養素を体内に入れながら断食を行います。

酵素ファスティングのコツは、十分な準備期間と回復期間を確保することです。

断食本番の前後に最低でも3日間の調整期間を設けて、10日くらいのサイクルで行うのがベストです。

「いきなり何も食べない」「いきなり食べ始める」ことをしないことが重要です。

十分な計画を立てたうえで、ファスティングを行うことが痩せるためのコツです。

 

酵素ファスティングや置き換えダイエットについては「酵素ファスティングの効果はダイエットだけじゃない!やり方・タイミング・おすすめの置き換え選び方などを徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では、酵素ファスティングの仕組み・酵素ファスティングの効果・正しいやり方・失敗する理由・効果を高める飲み方やタイミングなどを、分かりやすく解説していますのでこちらも参考にしてください!

 

酵素で痩せるには飲み方がある!

 

酵素の大きな役割は、食べ物の消化を助ける働きです。

酵素は体内に溜めておくことができないため、必ず毎日摂取することが重要となります。

基本的に酵素は、いつ飲んでもOKですが”飲むタイミング”によって効果に大きな違いがあります。

 

酵素サプリやドリンクは、食前の30分前に摂る!

 

酵素サプリを飲むタイミングは、食事の前に摂取するのがベストです。

食事の前30分~1時間前に摂取すると、食事で摂った食物の消化を助けてくれます。

また酵素は余分なカロリーの消費もしてくれるため、空腹時が最も健康的な身体作りやダイエットの効果が出やすくなります。

 

酵素で痩せるには身体の生理周期に合わせて飲むのがコツ

 

人間の消化は、3つの生理的なサイクルを周期的に繰り返しています。

この生理周期に沿って酵素を摂取することが、目的に合わせた効果を得るコツです。

そのためにも、3つ時間帯を知っておきましょう!

 

摂取の時間帯・・・正午~夜の8時⇨食べ物を取り入れ消化する機能が最も促進される

❷吸収の時間帯・・・20時~4時⇨食べ物の栄養を吸収利用する機能が最も促進される

❸排泄の時間帯・・・4時~正午⇨毒素や老廃物を排泄する機能が最も促進される

 

酵素を朝飲むとホルモンや自律神経のバランスを整える

朝は体内の老廃物を体外に出す活動が活発な時間帯なので、朝に酵素を摂取することで腸も正常に動かすことができ、ダイエットの効果をより高めてくれます。

朝食の食前に摂取することで、身体の様々な機能の正常な働きが維持されるようになると、ホルモンや自律神経のバランスも整いやすいといわれています。

 

酵素を寝る前に飲むと代謝機能がより促進される

就寝して最初の3時間〜4時間は、成長ホルモンが分泌されて新陳代謝が活発に行われる時間帯です。

この時間に酵素が補充されていると代謝機能が促進され、疲労回復や便秘の改善・美肌効果をより高めてくれます。

また飲み過ぎた日の就寝前の酵素の摂取は、肝臓の働きを助けてくれるため二日酔いを防いでくれる効果もあります。

 

酵素を運動前に飲むと脂肪が燃えやすくなる

酵素には基礎代謝をUPさせる効果があるため、運動の効果をさらに高めてくれます。

運動前に酵素を飲むと、代謝促進に効果が高いため脂肪も燃えやすくなります。

運動後に酵素を飲むと、筋肉の合成を促し疲労回復に効果的です。

運動前に飲む酵素は30分前に飲むと、より高い効果を得ることができます。

 

酵素で確実に痩せるために抑えておきたいポイント

 

酵素ダイエットで思うような成果が出なかった人に多いのが、体質改善が上手くできていないことが原因のひとつにあります。

酵素で確実に痩せるためには、いくつかのポイントがあります。

 

バランスの良い食事+適度な運動+酵素で痩せ体質に!

 

「バランスの良い食事」「運動」「酵素」の組み合わせは、痩せる体質になるだけでなく健康への近道です。

便秘・身体の冷え・ストレスは、全て基礎代謝量の低下が関係していてダイエット効果を妨げます。

・腸内環境が悪い⇨内臓機能が低下する⇨脂肪の燃焼が不完全になる

・身体が冷える⇨内臓を冷やさないよう内臓の周りに脂肪つきやすい体質になる

・ストレスが溜まる⇨自律神経が乱れる⇨基礎代謝量が低下する

酵素によって代謝機能が正常になり腸内環境が整うと、栄養を身体の隅々まで行き渡らせることができます。

また酵素は血液の質を改善するので、血行が良くなり冷えも感じにくくなります。

運動はカロリー消費だけでなく、筋肉を維持増強し血行を良くして基礎代謝を高めてくれます。

血行が良くなり体温が1℃あがるだけで、基礎代謝量が10%ほど増えるといわれています。

 

酵素サプリと酵素ドリンクを正しく選ぶポイント!

 

いくら酵素ダイエットのコツが分かっても、肝心の酵素サプリや酵素ドリンクの選び方を間違えてしまえば意味がありません。

酵素ダイエットでは、酵素サプリや酵素ドリンクを選ぶのも大事なポイントになります。

 

<酵素製品を選ぶうえで大事なポイント>

生の酵素である

●酵素の種類が豊富かどうか

●加熱処理がされていない

●熟成期間が2年以上ある

●添加物が入っていない

 

生理中のダイエットは休憩するのがベスト!

 

生理中は水分を溜め込みやすいためダイエット効果が出にくい時期です。

この時期は免疫力も低下しているため無理せず、ダイエットは一旦休むのがベストです。

逆に、生理後10日間は、痩せやすい時期だといわれています。

鉄分の摂取を心がけ、置き換える食品は栄養価の高いものを選びましょう。

 

酵素の力を利用した様々なダイエット法の仕組み

 

酵素ダイエットとは酵素を用いて新陳代謝を活性化させ、体重を落とすついでに美容や健康効果も得ることができるダイエットです。

酵素ダイエットには、様々な方法があります。

一般的には、酵素サプリや酵素ドリンクを利用する方法が多いのですが、自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

ここからは酵素サプリと酵素ドリンク以外に、酵素を利用したダイエット法を紹介していきましょう。

 

酵素と酵母の組み合わせで痩せるダイエット法 

 

酵母菌は、様々なアルコールの醸造に利用されることで知られる菌です。

パンの製造も同様の原理で、生地に含まれる糖を酵母菌が分解することで発酵します。

酵母には人間に必要な必須アミノ酸を含み、ビタミンB群が豊富なため、体内でエネルギーを作り出したり、代謝のサポートをする働きがあります。

またビール酵母には、免疫力を高めるβ-ログルカンが含まれていることが明らかになっています。

酵素単体を摂取するよりも、酵母とのW効果で「痩せやすく太りにくい身体」を作ることができる方法です。

 

酵素と水素の組み合わせで痩せるダイエット法 

 

実は体内にも水素があり、老化の原因となる余分な活性酸素をなくす働きがあります。

水素は、活性酸素を『除去』するのではなく、『水に変化』させて体外に放出します。

しかもその効果は、活性酸素の『除去』に効果がある様々な成分のなかでも強力です。

 

<水素の活性酸素除去力>

●水素はビタミンCの172倍

●水素はポリフェノールの221倍

●水素はカテキンの290倍

●水素はコエンザイムQ10の863倍

 

酵素にも活性酸素を『除去』を減らす効果がありますが、酵素が悪性酸素を除去しようとすると代謝によって悪性酸素が発生します。

一方の悪性酸素も酵素を減少させようとするため、酵素はダイエット効果を発揮しづらくなるのです。

水素と酵素の組み合わせは、水素が活性酸素の除去を全て請け負い、酵素はダイエットや美容効果に専念できます。

酵素単体を摂取するよりも、水素とのW効果で「痩せやすく太りにくい身体」を作ることができる方法です。

 

酵素と風呂の組み合わせで痩せるダイエット法

 

酵素風呂は、専用のおがくずや米ぬかに野菜などの発酵液を混ぜ込んだ中に、砂風呂のように入浴する方法です。

酵素の発酵熱を利用して、発生した熱によって痩せる方法です。

体感温度は40℃ほどで、岩盤浴の3倍の発汗作用があるといわれています。

短時間でより効率的に身体を温めて発汗を促すことができるため、約20分~30分の酵素浴でマラソン2時間分の発汗作用があるといわれています。

そのうえ1回の入浴で、その温熱効果が3日間も続くというから驚きです。

大量の汗をかくことでデトックス効果もあり、身体が芯から温まることで冷え性が改善されて、基礎代謝や免疫力のUPが期待できます。

酵素風呂は身体を芯から温める効果により、ダイエットだけでなく便秘を改善したり腸内環境を改善したりするなどの効果もあることがわかっています。

酵素単体を取るよりも、風呂とのW効果で「痩せやすくダイエットしやすい身体」を作ることができる方法です。

 

酵素と玄米の組み合わせで痩せるダイエット法 

 

酵素玄米のダイエットの効果といえば、便秘解消です。

玄米の栄養量は、白米に比べてミネラル数倍・ビタミンは2〜12倍・食物繊維は6倍です。

酵素玄米はカロリーと糖質をカットすることが可能なので、代謝アップや便秘解消によって腸内環境が改善され高いダイエットや美容効果があります。

酵素玄米の置き換えダイエットは栄養もたっぷりなので、必要な栄養をしっかりと体内に摂取することができ健康的にダイエットすることができます。

酵素単体を取るよりも、玄米とのW効果で「糖質制限をしながら痩せやすい身体」を作ることができる方法です。

 

酵素と乳酸菌の組み合わせで痩せるダイエット法

 

乳酸菌は、動物の乳に生息する動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に大きく分けられます。

●動物性乳酸菌・・・ヨーグルト・チーズなど

●植物性乳酸菌・・・漬けもの・キムチなど

 

乳酸菌が増えると腸内環境が整い便秘が改善するため、高いダイエットや美肌効果を得ることができます。

太りにくい身体づくりをするために、腸内環境を整えることはとても重要なことです。

乳酸菌は生きた細菌のひとつで発酵食品(植物性乳酸菌)や、私たちの体内にも乳酸菌は生息しています。

 

腸内環境を整えるためには、普段から善玉菌を意識的に摂取することが大切になります。

善玉菌が多い腸では、悪玉菌も増えにくくなります。

悪玉菌は酵素の働きを阻害しますが、腸内環境の改善を乳酸菌に任せることで、酵素は集中してダイエット効果を発揮することができます。

酵素単体を取るよりも、乳酸菌とのW効果で「痩せやすく太りにくい身体」を作ることができる方法です。

 

▷▷参考:ビフィズス菌は乳酸菌とは違う!

ビフィズス菌は乳酸菌と非常によく似た働きをするのですが、ビフィズス菌は酸素のある場所では生息できないため腸内にしか存在しないものです。

ビフィズス菌はヨーグルトにもよく配合されていますが、乳酸と酢酸を作り出すことができます。

この酢酸にはビタミンB群や葉酸を生成する以外に、強い殺菌力を持っているため悪玉菌の繁殖を防いでくれる働きがあります。

酵素と乳酸菌を含む食材は発酵食品ですが、酵素の働きを邪魔する添加物が入ってない物に限ります。

 

酵素は痩せにくい産後ダイエットにおすすめ!

 

産後のママの身体の回復は想像以上に時間がかかり、産前の身体に戻るまでには1〜2年を要するといわれています。

さらに産後1年間はホルモンバランスの影響で、精神的にも不安定で免疫も低下しているため、体調を崩しやすく風邪をひきやすいのが特徴です。

 

実は産後ダイエットに最適な時期は、産後6ヶ月〜1年の半年間なのです。

妊娠中についてしまう脂肪は、この半年間が最も落ちやすいといわれています。

産後1年を過ぎてしまうと脂肪そのものが硬くなり、セルライトに変わることで落とすのが難しくなってしまいます。

酵素サプリそのものは授乳期に摂取しても問題はなく、逆に積極的に飲みたい栄養素が豊富に含まれています。

ただし授乳期においては、ファスティングはNG!

授乳期におすすめしたいダイエット法は、3食の食事はそのままで生酵素サプリを追加するというものです。

 

授乳期だけでなく妊娠中でも生酵素はオススメです。

つわりで栄養が十分に摂れない時期でも、最低限の栄養を摂取することができます。

産後ダイエットのコツは、普段よりヘルシーで栄養価の高い食事を心がけ、なるべく身体を動かすことを心がけることです。

 

何より酵素は授乳期のママにおすすめ!

 

母乳の質は、授乳期のママが摂る食事で決まります。

授乳中に酵素サプリや酵素ドリンクを飲むことに関しての問題はなく、むしろ授乳期にこそ摂取したいものです。

ただし、添加物の含まれていないものに限ります。

 

母乳には赤ちゃんを細菌から守る免疫物質のほかに、実は酵素も含まれているのです。

母乳には脂肪分解酵素であるリパーゼが含まれていて、赤ちゃんの未発達な消化器官を手助けしています。

母乳が粉ミルクに比べて消化が早いのは、酵素が含まれているからなのです。

 

酵素が豊富な食事は痩せるための消化効率を高める

 

酵素が豊富な食品といえば、生野菜や果物・生の魚や肉・発酵食品です。

ところが酵素が豊富な食品でも、食べ方次第で酵素の摂取率が落ちてしまうのです。

酵素を効率よく摂るための食べ方について、正しい知識を知っておきましょう!

 

消化効率は食べ方で変わる

 

消化は、食物を口に入れた時から始まります。

胃に負担をかけずに消化するためにも、食べ方を工夫することはとても大切なことです。

●よく噛んで食べる・・・唾液に含まれるアミラーゼの分泌が増え食物の分解が早くなる

●食べ過ぎない・・・消化の負担を軽くして消化不良による未消化物質をなくす

食べ方を変えていくことでも、痩せるための基盤を作っていくことができます。

 

酢は内臓脂肪を減少させる!

酢の主成分である酢酸は、脂肪の合成を抑制すると同時に脂肪の分解を促進し、内臓脂肪の減少させます。

<酢の作用>

・カルシウムの吸収率向上

・脂肪の合成を抑制し分解を促進

・疲労回復

・酵素の活性化

 

食べる順番を間違えると消化効率が落ちる

胃での消化は、最初に食べたものから順番に消化していきます。

消化に時間のかからない水分の多いものから先に食べ、消化に時間のかかる脂肪分の多い食品を後にすることで消化効率を上げることができます。

消化時間が違う食品同士を一緒に食べな異様にしましょう。

前菜にサラダなどを食べると、消化に時間のかかる脂肪分の多い食品の消化を助けてくれます。

 

食べ合わせによっても消化効率が落ちる

私たちは、気づかないうちに酵素を壊してしまう食べ方や、働きを低下させてしまう食べ方をしています。

消化効率を下げないよう、タンパク質・デンプン質・糖質の食べ合わせには気を付けましょう。

 

●消化の仕方が違う肉や魚などの動物性タンパク質を同時に食べない

●タンパク質と糖質を同時に食べない

●デンプン質とタンパク質を同時に食べない

●デンプン質と糖質を同時に食べない

 

タンパク質を摂ると胃酸が出てくるため、胃酸に弱い酵素が働けないためデンプン質の消化が遅くなります。

特に、タンパク質の未消化物質は、身体に有害となります。

また、糖質は長く胃に留まると発酵してガスの発生に繋がり、タンパク質の消化までも邪魔してしまいます。

 

痩せるための酵素が豊富な食べ物

 

酵素が豊富に含まれている食品で、摂取しやすいのが生野菜や果物です。

酵素は熱に弱いといわれていますが、これらはそのまま簡単に食べることができます。

生野菜・果物は皮にも酵素が含まれているため皮ごと食べるのがベストです。

野菜より果物のほうが酵素の含有率は多いのですが、野菜には抗酸化物質が多く含まれ酵素を活性化させる働きがあります。

どちらもビタミン・ミネラルが豊富なので、両方をバランスよく摂るのが理想的といえます。

 

ダイエットを目的にして酵素を摂るなら、脂肪を分解するリパーゼを多く含む食品を積極的に取りましょう。

ただし脂肪が分解しやすくするだけなので、運動か食事制限でカロリーを消費して脂肪を燃焼する必要があります。

 

<リパーゼの多い食品> 

納豆・味噌・甘酒・チーズ・アボカド・イチゴ・オレンジ・スイカ・グレープフルーツ・大根・にんじん・セロリ・トマト・ズッキーニ

 

酵素を含む食品については「酵素を食品から効果的に利用する方法や作り方などを徹底解説!」で詳しく解説しています。

こちらの記事では、食品から摂る酵素の役割・消化の仕組み・消化酵素の種類と働きとそれらを含む食品などを分かりやすく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

酵素といわれる発酵食品は痩せるための成分も豊富

 

発酵の多くは、カビ・酵母・乳酸菌などの細菌の増殖により、食品に含まれる成分を菌が分解して酵素や新たな成分が生み出されることで作られています。

 

<発酵をする菌>

■乳酸菌⇨牛乳を分解してヨーグルトを作る

■麹菌⇨大豆を分解して味噌を作る

■酢酸菌⇨米を分解して酢を作る

■酵母菌⇨強力粉分解してパンを作る

■納豆菌⇨大豆を分解して納豆を作る

 

市販されている発酵食品には、天然醸造と速醸(温醸造)の2種類があります。

●天然醸造・・・手を加えず、時間をかけてじっくり発酵させたもの

●速醸(温醸造)・・・添加物を入れて短期間で発酵させたもの

天然醸造の方が、時間をかけて自然に作っているので酵素量は多くなります。

 

発酵食品の痩せる効果

 

発酵食品を取り入れることで、発酵食品の酵素が食べ物を身体に取り入れやすくしてくれます。

発酵により吸収しやすい形にまでサポートすることで、食べたものを効率よくエネルギーに変換し確実に痩せることができます。

 

ダイエットに効果絶大!麹の痩せやすくする働き

 

麹菌は胃酸や熱に強い菌なので、生きた菌がダイレクトに腸に届くのが特徴です。

分解されたブドウ糖は、乳酸菌が増えるのを助けて腸内環境が整え、内臓の働きと基礎代謝を高めて、より痩せやすい身体に変えていきます。

麹は食物の分解を促し腸での消化や吸収を助けるだけでなく、過剰な食欲を抑えてくれる「短鎖脂肪酸」を作り出します。

またインスリンの感受性を改善し、脂肪の蓄積を抑制するので高いダイエット効果が期待できます。

 

発酵食品に含まれる痩せる効果に繋がる成分

 

発酵食品には、人間に必要な必須アミノ酸やビタミンB群・酵素が豊富に含まれているため、体内でエネルギーを作り代謝のサポートをします。

これらの成分は、身体の中にある余分なものを排出したり、代謝改善に役立つなどダイエットには欠かせない成分です。

また発酵食品は、酵素の働きで抗酸化機能成分も生成し、栄養価や旨み成分・香りを格段に高めてくれます。

身体の中にある余分なものを排出し体調を整えるなど、ダイエットには欠かせない成分が含まれています。

 

酵素が豊富なスムージーで痩せるコツ

 

スムージーは、1日1~2ℓを「空腹時に飲む」と効果が得やすいのですが、量にこだわるよりも毎日飲む習慣を付けることの方がダイエットには役立ちます。

「空腹時に飲む」ことで胃腸の負担を減らすことができるため、スムージーの栄養をより効果的に吸収することができます。

そのため、朝食の「置き換え」として飲むのもおすすめの方法です。

食事と併用する場合の食事量は、7~8分目程度に減らすのがコツです。

スムージーに入れる野菜や果物は、デンプン質を多く含むものは避けるようにしましょう。

デンプン質の多い野菜と果物は相性が悪いため、腸内でガスが発生しやすくなります。

(じゃがいも・さつまいも・かぼちゃ・にんじん・とうもろこし・キャベツなど)

 

<作り方のコツ>

●一度にたくさんの野菜や果物を入れずに数種類程度のシンプルな具材に!

●毎日の具材をローテーションして使うと栄養に偏りが生じない!

●野菜や果物は皮の部分に栄養が豊富に含まれているので皮ごと使う!

 

痩せたい人へのおすすめスムージー

 

ダイエットに適しているスムージーは、緑黄色野菜です。

緑黄色野菜は、栄養価が高くクセも少ないため飲みやすいのが特徴です。

緑黄色野菜に含まれる脂溶性ビタミン+良質な油で吸収率をUPさせましょう。

 

<よく使用される緑黄色野菜>
トマト・パプリカ・小松菜・にんじん・水菜・サラダほうれん草など

 

特にグリーンスムージーは、痩せ体質を作り免疫力アップ効果があります。

では、ダイエットに「おすすめのレシピ」をいくつか紹介しましょう。

 

🔶はちみつレモングリーンスムージー

<材料>小松菜・バナナ・レモン・蜂蜜

小松菜とバナナのスムージーは、食物繊維も多く便秘解消効果が抜群です。

レモンと少量の蜂蜜を入れることで、スムージー初心者でも飲みやすいドリンクです。

 

🔶ほうれん草グリーンスムージー

<材料>ほうれん草・ブルーベリー・バナナ・りんご

ほうれん草とブリーベリーは、新陳代謝を活発にして痩せやすい体質を作ってくれます。

りんごのクエン酸は、毎日の疲れもとってくれます。

 

<注意点>

野菜や果物には、多くの栄養素が含まれていますが、タンパク質が不足しがちになるため、3食全てをスムージーに置き換えるダイエットをするのはNG!

また、飲みやすさを重視して果物の比率が高くなってしまうと、果糖も多く摂取してカロリーオーバーになってしまいます。

 

まとめ:酵素で痩せるには酵素の正しい知識と生活習慣を見直すことが第一歩!

 

酵素の摂取で「痩せる」のは事実です。

酵素ダイエットで痩せなかった人は、酵素のことを正しく理解せずに、間違った酵素の摂り方をしていたからです。

 

ダイエットで重要なのは、「代謝が良い身体」を作ることです。

酵素は新陳代謝を高める効果で基礎代謝を正常にし、腸内環境を整えて便秘を解消して体内デトックスを強化するため「脂肪を燃焼しやすく痩せやすい体質」に改善してくれます。

ただし、酵素は痩せやすい体質へと改善してくれますが、ただ飲むだけでは大きなダイエット効果を期待できるものではありません。

酵素で高いダイエット効果を得るためには、食事制限や運動と併用しながら同時に、食生活や生活習慣の見直しをすることが重要です。

また酵素が豊富な食物は、食べ方や食べ合わせ次第でも、消化効率や酵素の摂取率が変わってきます。

何よりもまず毎日酵素を摂取することが一番!なのですが、いくら酵素を摂取しても

・暴飲暴食

・睡眠不足

・過度のアルコール

・ストレス

・喫煙

などの生活習慣では、多くの酵素を消費して酵素不足をより悪化させてしまいます。

また食品添加物が多く含まれている食べ物を摂るだけで、酵素を無駄に浪費させてしまいます。

つまり酵素を飲む以前に、食生活や生活習慣そのものを改善しない限り「痩せる」ことは難しいのです。

酵素で痩せるには、正しい知識をしっかりと理解して取り組めば、確実に理想の身体を手に入れることができます。

これを期会に生活習慣を見直し食べ方を変えるだけでも、体調が変わってくるのを実感できるはずですので是非試してみてください!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

  • 酵素は便秘解消に効く!治らない理由やサプリの飲み方・ダイエットとの関係を徹底解説

  • 酵素にはタンパク質以外の補酵素が必須!分解酵素の種類や働き変性を徹底解説!

  • 酵素で痩せるのは嘘じゃない!その理由やサプリの飲み方・太る原因を徹底解説!

関連記事

  • 酵素にはタンパク質以外の補酵素が必須!分解酵素の種類や働き変性を徹底解説!

  • 酵素は便秘解消に効く!治らない理由やサプリの飲み方・ダイエットとの関係を徹底解説

  • 酵素を食品から効果的に利用する方法や作り方などを徹底解説!

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

  • 酵素ダイエットの効果が本当に凄い!リバウンドなし!その理由と方法、サプリの役割を徹底解説!

  • 酵素ファスティングの効果はダイエットだけじゃない!やり方・タイミング・おすすめの置き換え選び方などを徹底解説!