1. TOP
  2. 妊活
  3. 妊活中のお酒をやめるべき理由とは?飲めるタイミングや飲み会での断り方まで解説!
Sponsored Link

妊活中のお酒をやめるべき理由とは?飲めるタイミングや飲み会での断り方まで解説!

妊活   542 Views

妊活中のお酒は赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性はほとんどありませんが、やめておく方が妊娠しやすくなることが期待できます。

妊活中のお酒は、

  • 卵子の質を低下させる
  • 葉酸の吸収を妨げる
  • 体を冷やす
  • 月経困難症

などを引き起こすことが分かっているからです。

そのため妊活に取り組んでいる場合には、お酒はやめてしまうか、これまでよりも量を少なくし飲むタイミングにも気をつかうようにしましょう。

具体的には、

  • 生理中
  • 排卵前

など妊娠の可能性の無いタイミングに飲むようにします。

妊活中であっても、妊娠に気が付くのは多くの場合妊娠5週目頃です。

つまり毎日お酒を飲む習慣を続けていると、赤ちゃんの健やかな成長に大切な妊娠超初期にアルコールの害にさらしてしまう危険性があるのです。

またお酒は妊活に取り組んでいる男性にも悪影響を与える可能性があります。

そのため妊活を始めたら、夫婦揃ってお酒は控えるのが良いでしょう。

妊活になぜお酒がいけないのかを知り、妊娠しやすく赤ちゃんを健やかに育めるようにするために、

  • 妊活中にお酒をやめるべき理由
  • 妊活中の男性にお酒が与える悪影響
  • お酒の悪影響について
  • 妊活中の上手な飲み会の断り方
  • お酒以外に控えるべきもの

について解説していますのでご覧ください。

お酒は妊活に悪影響を与える面もありますが、リラックスやストレス解消のために良い働きをすることも期待できます。

適度な飲酒について知り、妊活中にもお酒と良い関係を築けるようにしましょう。

Sponsored Link



 

Contents

妊活中にお酒をやめるべき理由

妊娠中のお酒がいけないということは常識ですが、妊活中のお酒となるとどの程度までは良くてどこからがいけないのか、迷っている方が多いようです。

妊活中のお酒については、すっぱりやめるというのが最良でしょう。

ここでは妊活中にお酒をやめるべきなのはなぜか解説します。

妊活中のお酒は卵子の質を低下させる

妊活中にお酒を飲むことは卵子の質を低下させることにつながるため、妊娠しにくくなる可能性があることが分かっています。

お酒を飲むとアルコールの分解の過程で活性酸素が発生しますが、その活性酸素が卵細胞を酸化させてしまうのです。

また妊娠した場合にも、お酒は習慣性流産や子宮内胎児死亡のリスクを高めるといわれています。

Sponsored Link



 

妊活中のお酒は葉酸の吸収を妨げる

お酒を飲むと葉酸の吸収が邪魔されてしまうということが分かっています。

妊活中に大切な葉酸の吸収率が悪くなってしまうことで、妊活がスムーズにいかない可能性があるのです。

妊活中の葉酸の働き

妊活中に葉酸を摂取することは、妊娠しやすい体作りに役立ちます。

  • 血液を増やす
  • 正常な細胞分裂を促す

という働きで、血行を促進し卵細胞や子宮を良い状態に整えてくれるからです。

妊活に役立つ葉酸をしっかり摂取できるように、妊活中のお酒はやめるのが得策といえます。

妊活と葉酸については『妊活中の葉酸はなぜ必要?葉酸の効果、男性にも必要な理由、サプリの摂取について解説します!』もご覧ください。

妊活中のお酒は体を冷やす

お酒を飲むと体がぽかぽかと温まる感じがしますが、時間が経つと冷えてしまいます。

冷えの理由は、

  • アルコール分解の際に発生するアセトアルデヒドが血管を拡張させて放熱する
  • 利尿作用による冷え
  • 冷えたお酒を飲むことによる冷え

などがあります。

妊活中の冷えは、必要な酸素や栄養が卵巣や子宮に十分に行き届かなくなってしまう可能性があり、結果として妊娠しにくくなってしまう可能性があります。

妊活中にお酒をやめると月経困難症が緩和される

月経困難症は月経時に起こる様々な病的な症状のことです。

薬を服用しなければ我慢できないくらいの痛みや、吐き気、頭痛、憂うつなどの症状があります。

月経困難症は子宮内膜症や子宮腺筋症など何らかの病気が原因となって引き起こされている器質性月経困難症と、原因となる疾患がないけれど発生する機能性月経困難症があります。

お酒の飲み過ぎは生理痛を悪化させることが分かっており、月経困難症にも悪影響を及ぼすことが考えられます。

そのためお酒をやめると月経困難症の症状が緩和されることが期待できるのです。

月経困難症を放置していると不妊のリスクが高まる可能性がありますので、妊活を開始した場合には積極的に改善に努めるのが良いでしょう。

Sponsored Link



 

妊活中はいつ妊娠してもおかしくない

妊活を始めたらいつ妊娠していてもおかしくない状態です。

お酒は赤ちゃんの発育に影響しますので、妊娠の可能性が出た時点でやめるようにしましょう。

妊娠に気付かない妊娠超初期は赤ちゃんの発育にとって重要な時期

妊娠超初期は妊娠しているけれどお母さん本人もまだ妊娠に気が付いていない時期です。

妊娠0~4週頃の妊娠超初期は、赤ちゃんの健やかな成長に関わる時期ですので、食べ物飲み物に十分気をつけることが求められます。

そんな大切な時期にお酒を飲んでいると、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼしかねません。

特に妊娠4週頃は、脳や脊髄になる器官が形成される時期です。

妊娠が分かってから禁酒しようではなく、妊娠の可能性がある妊活中からお酒を控えることが大切です。

お酒の習慣はすぐにはやめられない

お酒を習慣的に飲んでいるという場合には、妊娠が分かったからといっても急にはやめられないというケースもあります。

そのため妊活中から徐々にアルコールの量を減らしていくことで、無理なくやめられるようにするというのも大切です。

Sponsored Link



 

妊娠中のお酒は胎児性アルコール症候群を引き起こす

妊活中にお酒をやめられず妊娠してからも飲んでいると、胎児性アルコール症候群といって赤ちゃんに知的障害やてんかん・脳性麻痺・形態異常が起こるリスクが高まります。

アルコールが栄養や酸素と一緒に胎盤を通じて赤ちゃんへ送られてしまうからです。

お酒は少量であれば影響は無いという説もありますが、具体的にどのくらいの量より少なければ安全なのかという基準ははっきりしていません。

着床前のお酒であれば胎児性アルコール症候群に影響することはありませんが、習慣的に飲酒している場合には妊活中から習慣を改善していくようにしましょう。

妊娠中のアルコールは時期によって様々な影響を与える

また妊娠中のお酒は、時期によって様々な影響を赤ちゃんに与えます。

  • 妊娠初期:顔の形などに影響
  • 妊娠中期~後期:中枢神経障害や発育の遅れ

などがアルコールの悪影響として考えられます。

こうした赤ちゃんへの悪影響は、毎日お酒を飲んでいなくても表れる可能性があります。

Sponsored Link



 

妊活中は男性もお酒を控えるのがベター

妊活を始めたらお酒を控えるべきですが、それは女性に限ったことではありません。

男性もお酒は控えた方が妊活に良いのです。

お酒と精子の質に関連性はない

お酒と精子の質に関連はないという研究結果がアメリカとヨーロッパでは報告されています。

その研究によると、アルコール摂取量と精液の質に関連性は無かったというのです。

ただし、欧米人と比較してアルコール分解酵素をあまり持たない日本人男性の場合に、同じように当てはまるのかは疑問が残ります。

精子も酸化ストレスの影響を受ける

お酒が妊活に良くないのは、アルコールが分解されるときに活性酸素が発生するからです。

活性酸素は様々な細胞を酸化させますが、それは精子も例外ではありません。

つまりお酒を飲むと精子が酸化し老化しやすくなってしまう、といえるのです。

そのため男性の場合にも妊活中にはお酒をやめるのが良いといえます。

Sponsored Link



 

妊活中のお酒は夫婦で控えましょう

妊活を始めてお酒を飲む習慣を改めるなら、ぜひ夫婦一緒にお酒をやめてみましょう。

お酒は男性にも女性にも妊活を邪魔する作用があるからです。

またお酒をやめようと思っても、パートナーが普段通りに飲んでいると、つい一緒に飲みたくなってしまいます。

2人で同時にお酒をやめるということになれば、夫婦で他の趣味を持つなど楽しみながら断酒する方法が広がり、お酒をやめやすくなるのでおすすめです。

妊活中にお酒が悪影響を及ぼすのは活性酸素が発生するから

妊活を始めたらお酒はやめるべきですが、それは飲酒によって体内で活性酸素が発生するからです。

活性酸素は妊活に悪影響を及ぼしますので、できる限り発生しない状態を作るようにしましょう。

Sponsored Link



 

お酒を飲むと活性酸素が発生する

お酒を飲むとアルコールは肝臓へ運ばれていき、そこで異物とみなされ分解が始まります。

活性酸素が発生するのはこの段階です。

分解の過程の中でどうしても活性酸素ができてしまいます。

お酒を飲めば飲むほど多くの活性酸素が発生しますので、飲み過ぎるとその分大量の活性酸素の害を受けることになるのです。

活性酸素が過度に増えると生殖細胞にも影響する

活性酸素は普通の生活をしているだけで自然と発生しているものです。

そしてある程度の量であれば体内の抗酸化作用によって中和されます。

また活性酸素の中にはウィルスや細菌の退治など免疫のために働く種類のものもあります。

ただし、お酒を飲むことで活性酸素が増え過ぎてしまうのは問題です。

増え過ぎた活性酸素は健康な細胞も攻撃しますし、卵子や精子などの生殖細胞にも悪影響を及ぼしてしまいます。

Sponsored Link



 

赤ワインは抗酸化作用があるから安心?

お酒の中には、赤ワインなどポリフェノールが豊富で抗酸化作用があるといわれているものもあります。

抗酸化作用があれば活性酸素が発生しても打ち消しあうことができますので、赤ワインは妊活中にも安心して飲めるのでしょうか?

この点に関してははっきりと大丈夫という科学的な根拠を示すことはできません。

多少であれば赤ワインを飲んでも抗酸化作用があるから大丈夫という説もありますし、もう一方ではお酒はお酒なので妊活には良くないという説もあります。

赤ワインだから妊活に悪影響は無いという根拠はどこにもありませんので、お酒の種類に限らず控えておくのが良いでしょう。

妊活中にお酒と上手につきあう方法

妊活中はお酒をやめるのがベストです。

しかしお酒が楽しみや趣味という方も多いので、完全にやめてしまうことはストレスにつながってしまうということもあるでしょう。

そこで、妊活中のお酒との付き合い方について解説します。

Sponsored Link



 

妊活中は健康的な生活をするのが基本

妊活中にまず心がけるべきことは、健康的な生活です。

規則正しい生活リズムを身に付け、栄養バランスの良い食事を食べて、適度な運動を行ないましょう。

不規則な生活や偏った栄養バランスの食事を続けていると、ホルモンバランスの乱れにつながり妊娠しにくい状態を作り出すことになってしまいます。

妊活中の栄養バランスについては『妊活の食べ物のおすすめと栄養を徹底解説!控える食べ物や飲み物に注意して妊娠しやすい体作り』もご覧ください。

妊活中のお酒は基本NGと考えましょう

健康的な生活を送る中で、お酒を飲むことも基本的にはNGと考えてください。

お酒も飲み方や飲む量によっては薬のように活かすことができますが、飲み過ぎは体に毒になってしまいます。

また妊活中には生殖細胞を傷つける原因になる可能性があるからです。

妊活にストイック過ぎるのはストレスの元

妊活中は健康的な生活をするのが基本です。

しかし健康的な生活を守るあまりストイックになり過ぎてストレスをためてしまっては元も子もありません。

お酒との付き合い方もそうです。

上手な付き合い方を知り、妊活中にも適度に楽しむ時間を持ちましょう。

Sponsored Link



 

妊活中でもお酒がOKなタイミング

妊活中のお酒は基本NGですが、タイミングによっては飲んでも大丈夫なときもあります。

それは

  • 生理中
  • 排卵前

のタイミングです。

このタイミングなら妊娠の可能性がありませんので、お酒を飲んでも赤ちゃんに何か影響が出るという心配がなくなります。

そのため、妊活中にお酒を楽しみたいという場合には、生理中か排卵前にしましょう。

逆に妊娠の可能性がある排卵後にはお酒を飲むのを避けるようにしてください。

体に負担をかけないお酒の飲み方

妊活中でもタイミングによってはお酒を飲めることが分かりましたが、いくらでも飲んで良いというわけではありません。

適度な量と飲み方で体に負担をかけないようにお酒を飲むことが大切です。

適度な飲酒量を守る

体に負担をかけない適度な飲酒量について、厚生労働省が基準を発表しています。

それによると、1日のアルコール摂取量は、純アルコールで約20g程度です。

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなってしまうアルコール代謝の低い人の場合には、これよりも更に少なめの摂取量にしておくようにしましょう。

純アルコール約20gに相当するお酒の分量は下記の表の通りです。

 

お酒の種類 純アルコール20g相当の分量
ビール 中瓶1本(500mg)
清酒 1合(180mg)
ウィスキー、ブランデー ダブルもしくはシングル2杯(60mg)
ワイン 1杯半(200mg)

 

Sponsored Link



 

食べ物を食べてからお酒を飲む

お酒を飲むときにできるだけ負担が少ないようにするためには、何か食べ物を食べてからお酒を飲むようにしましょう。

胃の中に食べ物がある状態でお酒を飲むと、アルコールの吸収を穏やかにすることができるので、体への負担を最小限にすることが可能です。

飲む頻度を少なくする

体への負担を減らすためには、お酒を飲む頻度を少なくすることも大切です。

毎日飲むよりも1日おき、1日おきよりも週1回、という具合にお酒を飲む頻度が少なければ、その分体への負担を少なくしてお酒を楽しめます。

お酒以外の趣味を持つことも重要

お酒が好きで趣味の1つという人も少なくありません。

そんな方の場合、妊活によって楽しみを奪われてしまうので、大きなストレスを感じることでしょう。

そこで妊活を始めたらお酒以外の趣味にもチャレンジしてみてください。

他の趣味を持つことで、お酒以外にも楽しみやストレス発散ができ、無理なくお酒をやめることができます。

妊活中だから飲みたくない!上手なお酒の断り方

お酒は単なる飲み物ではなく、コミュニケーションツールの1つでもあります。

だからこそお酒の誘いは断りにくくもあります。

しかし妊活を始めたらできるだけお酒は飲みたくないものです。

妊活をしていることを職場でカミングアウトしていればまだ理解を得られるかもしれませんが、知られたくないという場合にはうまく理由をつけて断らなければいけません。

ここではそんなときに有効な上手なお酒の断り方について紹介します。

Sponsored Link



 

お酒の断り方1.体調不良

お酒の誘いを断るとき、体調不良は相手に嫌な思いをさせませんし、角が立つこともありません。

「朝から体調が本調子ではないので今回はお断りします」

「頭痛薬を飲んでしまったのでお酒が飲めないんです」

「お酒は控えた方が良いとお医者様に言われてしまって」

などの理由であれば、多くの人は「仕方がない」と納得してくれますし、その後の人間関係に響くという心配も不要です。

お酒の断り方2.家庭の事情

家庭の事情もお酒を断る理由として使いやすいものです。

家庭の事情は人それぞれですので、あまり深く突っ込まれるということもないでしょう。

「今日は主人の帰りが早いので」

「明日は朝から子供の学校行事で出かけなければいけないので」

「今晩は家族を迎えに車で駅まで行かなければいけないので」

家族の予定に合わせなければいけないので無理だけど、気持ちとしてはぜひご一緒したかったです、という雰囲気が伝われば誘ってくれた人を嫌な気分にさせてしまうこともありません。

Sponsored Link



 

お酒の断り方3.お酒の失敗談

お酒の失敗談を理由に断るというのも1つの方法です。

「お酒で記憶をなくしたことがあって散々な目に遭ったので・・・」

「お酒で失敗して先輩に大迷惑をかけてしまったことがありまして・・・」

など過去に大変な思いをしたからそれから飲んでいない、というふうな流れで話ができると、お酒を断りやすくなります。

飲み会には参加したけれどお酒は飲みたくないというときなどに使いやすい理由です。

妊活中にお酒以外で控えるべきもの

妊活を始めたらお酒は控えるべきです。

また控えるべきものはお酒だけではありません。

そこでお酒以外で妊活中に控えるべきものを解説します。

タバコ

タバコは血流を悪くしますので、子宮や卵巣に十分な栄養が届かなくなる恐れがあります。

その結果、妊娠しにくい状態が作りだされてしまう可能性があるのです。

またタバコはビタミンを壊すので、ビタミンの一種である葉酸も破壊してしまいます。

妊活に役立つ葉酸の吸収率が悪くなってしまいますので、そのことによってもタバコは妊活に害を与えるのです。

コーヒー

コーヒーも妊活中には控えたい飲み物です。

コーヒーだけでなく緑茶や紅茶・ココアなどカフェインを含む様々な飲み物を控えるようにしましょう。

なぜならカフェインは眠りを浅くすることでホルモンの分泌に影響を与えてしまう可能性があるからです。

また利尿作用によって引き起こされる冷えで妊娠しにくい状態が作られてしまうことも考えられます。

ただしコーヒーやお茶を全く飲まないというのは現実的ではありません。

目安として1日に1~2杯程度であれば飲んでも良いでしょう。

ジャンクフード

妊活を始めたらジャンクフードもできるだけ控えるようにしましょう。

ジャンクフードばかり食べている食生活では、必要なビタミンやミネラルが不足してしまいがちですし、塩分や油分は過剰摂取になってしまうからです。

これでは妊活の基本である健康的な生活が成り立たなくなってしまいます。

たまに食べる程度であれば問題ありませんが、食事の中心がジャンクフードになっているというような場合には、食習慣の改善を目指しましょう。

Sponsored Link



 

妊活中のお酒はタイミングをみて楽しんで!徐々に減らして健康的な生活を

妊活中のお酒は基本的にはNGだという認識でいてください。

妊活を始めたらいつ妊娠するか分かりませんし、できるだけ体を良い状態に整えておくことが大切だからです。

しかしお酒には楽しみや趣味・コミュニケーションといった側面もあります。

そのため妊活を始めたからといって、すぐに全く飲まないという状態にすると、それがストレスになってしまうということもあるでしょう。

そこで妊活中にはタイミングをみてお酒を楽しむようにしましょう。

  • 生理中
  • 排卵前

のタイミングであれば妊娠の可能性はありませんので、適度なお酒を楽しむ分には問題ありません。

ただし妊娠してからは赤ちゃんへの悪影響が出てしまいますので、お酒を完全にやめなければいけません。

そこで妊活中からお酒の量や飲む頻度を徐々に少なく低くしていくのです。

お酒好きな方でも少しずつ慣らしていけば、無理なくお酒をやめることができます。

妊活でお酒をやめることは、妊娠につながる大切なことですし、赤ちゃんの健やかな成長を守ることにもつながります。

お酒と上手に付き合って快適で健康的な妊活ライフを送りましょう。

Sponsored Link



 

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活中のお風呂の効果的な入り方は?性交後でも大丈夫?時間、温度、男性の場合などについて解説します!

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

  • 妊活で男性は何をする?気をつけることやおすすめの食事、病院でできる男性不妊検査について解説します!

  • 妊活に運動が役立つ理由とおすすめの運動を解説!ウォーキングやヨガで妊活しましょう!