1. TOP
  2. 乳酸菌
  3. 便秘には乳酸菌が効果的!おすすめの理由を徹底解説!
Sponsored Link

便秘には乳酸菌が効果的!おすすめの理由を徹底解説!

乳酸菌   118 Views

乳酸菌は便秘解消に大きな効果があります。

「便秘」…これは老若男女問わず多くの人の悩みになっています。

実際に便秘に悩む人は、日本の人口の約26人に1人もいます。
(平成25年度「国民生活基礎調査の概況」厚生労働省より)

こんなに多くの人が悩んでいる便秘ですが、なかなかこれといった解決策がないのが現状ではないでしょうか。

薬を飲んでも治るのは一時的ですし、病院に行ってもこれといったアドバイスももらえないかもしれません。

そこで今回は、「便秘の根本的な原因からたどって解消する最高の便秘解消法」を紹介いたします。

そして、そのカギとなるのは乳酸菌です。

この記事では以下の点について詳しく解説していきます。

・便秘に効果的な乳酸菌の種類
・便秘に乳酸菌の効果がない場合と対処法
・便秘に効果的な乳酸菌のとり方
・乳酸菌が含まれる食品

もうあのつらい、お腹の痛みも不快感に悩まされることはなくなります。

是非最後までお読みください。

 

Sponsored Link



Contents

便秘に乳酸菌が効くのは本当?

便秘に乳酸菌が効くといわれる理由は、乳酸菌が腸内環境を良くするからです。

便秘とは腸の働きが悪かったり、腸内に存在する悪玉菌、善玉菌のバランスが悪かったりする場合におきる症状です。

乳酸菌は善玉菌の一種であり、腸の働きを良くすることを助け消化・吸収を助け、健康的な排便を促すのが主な働きですので、便秘解消に非常に効果的といえます。

なお、乳酸菌がどのような効果があるのかについては、「乳酸菌の効果が凄い!便秘・ダイエット・アトピー・アンチエンジング・アレルギーなど抜群に効く!」で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

 

Sponsored Link



そもそも便秘とはどんな状態か

では、便秘とはどんな状態のことをいうのでしょうか?

日本消化器病学会は、便秘について次のように解説しています。
「便秘とは、排便の回数が減ることです。排便の回数は人によっていろいろで1日 2〜3回の人から2〜3日に1回位の幅に広がっています。この幅からはずれている場合は一応異常かもしれないと考えますが、1日3〜4回でもあるいは3〜4日 に1回でもそれが長年の排便習慣で、全く苦痛がなければ便秘と考えなくてもよいでしょう。しかし、便秘薬を使わないと出ないとか、2日に1度でも腹がはって苦 しくなるなどという場合は便秘として治療した方がよいでしょう。」

引用元:日本消化器病学会より
http://www.jsge.or.jp/citizen/senmon/geri.html

このように、排便に苦痛や不快感がある、または排便が不定期である状態は便秘といえます。

このような状態は、多かれ少なかれ誰でも感じたことのある症状ではないでしょうか?
便秘は決してまれにみられる珍しい症状ではなく、多くの人の悩みともいえます。

 

Sponsored Link



便秘には2つのタイプがある

では、便秘にはどんな種類があるのでしょうか?
大きく分けると「機能性便秘」と「器質性便秘」という2つに分けることができます。

・機能性便秘・・・何らかの理由で腸の機能が正常に働かない状態
・器質性便秘・・・病気が原因で起きる便秘

乳酸菌はどちらの症状にも効果がありますが、もし「器質性便秘」なら乳酸菌だけではなく、医師による専門的な治療が必要となりますので、必ず病院に行くようにしてください。

機能性便秘

一般的に何も疾患はないのに便秘で悩んでいる人は、「機能性便秘」が多くみられます。

今回は「機能性便秘」に焦点を当てて考えてみましょう。

機能性便秘は最も多いタイプの便秘で、生活習慣やストレス、 加齢などの影響を受けて、大腸や直腸・肛門の働き が乱れる結果、起こります。

日本臨床内科医会によると「機能性便秘」は3つの種類に分けることができます。

• 弛緩性便秘
• 痙攣性便秘
• 直腸性便秘

①弛 緩 性便秘…大腸は、 その内容物(食べ物の残り かす=便)をぜん動運動に よってコロコロ転がし、少し ずつ水分を吸収しながら直 腸へと運びます。大腸を動かす筋肉が緩 ゆる んで、ぜん 動運動が弱まると、なかなか便が運ばれないために 便秘になります。高齢者が便秘しやすい原因の一つ です。また、朝食をとらなかったり、運動不足などの 乱れた生活習慣による便秘も、これに該当します。
② 痙 けいれん 攣性便秘…大腸の ぜん動運動に連続性がな くなり、便の通過に時間が かかり過ぎて起こる便秘 です。ストレスの影響が強 いと考えられています。
3 直腸性便秘…運ばれてきた便が大腸から直腸 に入ると、直腸のセン サーが働き便意を催 します。そこでトイレ に行くと、ふだんは肛 門を閉めている肛門 括 かつやく 約筋が緩み、排便 に至ります。ところが、便意を習慣的にがまんしてい ると神経の感度が鈍って、直腸に便が入っても便意 を催さなくなります。女性が便秘しがちな理由の一 4 閉 開か ないよ!! つです。また最近、温水洗浄便座の水を肛門の奥ま で入れるために神経の感度が鈍り、便秘になる人が 増えています。
引用元:日本臨床内科医会より
http://www.japha.jp/doc/byoki/049.pdf

何も疾患がないのに便秘に悩むのは、腸の機能が弱くなる機能性便秘が当てはまりますが、乳酸菌が便秘解消に効果があるのはどうしてなのでしょうか?

 

Sponsored Link



乳酸菌とは

乳酸菌とは、発酵によって糖類を餌にして多量の乳酸を作り出す菌です。

乳酸菌の優れているところは、人間にとって必要な菌のみを作り、悪臭の原因となる腐敗物質を作らないところにあります。

乳酸菌の働きは、腸内に存在し消化吸収を助ける善玉菌として働き、腸内環境も整えます。

なお、乳酸菌の働きについては、「乳酸菌の働きが凄い!効果・種類・免疫力など徹底解説!」で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

乳酸菌で腸内フローラを増やして便秘解消

腸内フローラは、腸内に存在する数百種類、数にして600兆個ともいわれている細菌のことです。

腸内細菌は、個人の年齢や生活習慣によって変わりますが、大きく分けて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つに分けることができます。

「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」はそれぞれ2:1:7の割合、つまり善玉菌が悪玉菌より優位で存在するのが最も理想的な状態です。

悪玉菌が増えると毒素や有害物質を出すため、腸内環境が悪くなり便秘になりやすくなってしまいます。

一方、腸内フローラのバランスを理想の状態に保つために、善玉菌である乳酸菌を定期的に取り入れ、善玉菌を増やすことは便秘の改善にとても大切です。

便秘は腸の働きの一つである蠕動運動が弱まっている場合があり、乳酸菌によって腸の働きが良くなれば、ぜん動運動も運動が促され排便もスムーズになります。

乳酸菌を生きたまま腸に届けるのが理想ですが、乳酸菌は胃酸でほとんど死んでしまいます。

しかし、死んだ乳酸菌も腸内の善玉菌のエサとなるため腸内細菌を増やし便秘を改善するためにはやはり乳酸菌を取り入れることが大切です。

どんな食品に乳酸菌が多く含まれているのでしょうか?

 

Sponsored Link



乳酸菌を含む食品で便秘解消効果アップ

乳酸菌には悪玉菌が増えるのを抑え善玉菌を増やす効果があるので、定期的に取り入れることは腸内細菌のバランスを良くし、便秘解消に効果的です。

乳酸菌はいろいろな食品に含まれる簡単に手に入る食品ですが、意識的に毎日摂取することによって便秘改善に直接つながります。

ヨーグルトをはじめチーズ、ぬか漬け、キムチ、味噌や醤油など、毎日食べる食品には乳酸菌が豊富に含まれていますが、意識していないと摂り忘れてしまうことが多いのが現状です。

なお、乳酸菌食品の種類やその効果については「乳酸菌は食品で摂ろう!おすすめの種類や効果をすべてお伝えします!」で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

さらに下記の食品にも興味深い情報が載せられています。

・乳酸菌キャベツ(ザワークラウト)
乳酸菌キャベツの効果がすごい!しかも安くて作り方も簡単!

・味噌
味噌と乳酸菌は最高のパートナー!効果やレシピなどすべてお伝えします!

・乳酸菌とアルコール
乳酸菌のアルコール耐性や殺菌・相性など徹底解説!

Sponsored Link



便秘に効く乳酸菌ヨーグルト

乳酸菌を含む食品の王道といえば、ヨーグルトでしょう。

毎日ヨーグルトを100g~200g食べれば、便秘解消に効果を発揮します。

ヨーグルトが特に便秘に効果的といえるのは、毎日習慣的に食べやすいといえます。

スーパーなどで何日か分のヨーグルトを買っておき、毎日決まった時間に食べても飽きにくく、比較的習慣付けがしやすい食品といえます。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類はたくさんありますが、特に便秘に効果のある乳酸菌について考えたいと思います。

乳酸菌チチヤス

チチヤス菌ST9618、LB9667はチチヤス株式会社のヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類です。

この乳酸菌には、腸内に侵入してきた病原菌や毒素から腸を守る働きや免疫を強める働きがあるので、腸内環境が向上維持され、結果として便秘の改善予防に効果が期待できます。

乳酸菌ラブレ

便秘解消に非常に高い効果があるといわれる理由に、乳酸菌ラブレは植物性乳酸菌で生きたまま腸に届く菌なので、善玉菌を増やします。

乳酸菌ラブレによって善玉菌が増えると、腸の壁を刺激し腸のぜん動運動を促すため、腸が正常に働くようになって便秘が解消されていきます。

 

Sponsored Link



便秘に効果がある乳酸菌カルピス

カルピス由来の乳酸菌研究によって発見された「プレミアガセリ菌CP2305 」は腸内環境を整え、便秘に効果があります。

また、同じくカルピス社が保有している乳酸菌「枯草菌C-3102株」は天然の殻に包まれており、胃酸に強く生きたまま腸に届き、腸内の善玉菌を増やすのを助けます。

腸内フローラに関する研究では、乳酸菌「枯草菌C-3102 株」によって腸内環境が整い便秘が改善されることが以下のように確認されています。

1. 「枯草菌C-3102株」を摂取すると、もともと腸内に持っていた有用菌*4が増加し、有害菌*5が減少しました。
2. 「枯草菌C-3102株」を摂取すると、便秘症状を改善し、活力や心の健康度が高まることを確認しました。
引用元:カルピス株式会社
http://www.calpis.info/pressrelease/detail/nr_00787.html

乳酸菌「枯草菌C‐3102株」や乳酸菌「プレミアガセリ菌」が便秘解消に効果が高いことが分かっており、サプリメントや乳酸菌飲料として提供されています。

高齢者の便秘に効く乳酸菌

乳酸菌「枯草菌C-3102 株」は特に中高年の便秘に効果が高い乳酸菌です。

高齢者は持病を持っている場合が多く、もともとあった腸内細菌が加齢や持病のせいで少なくなっていきます。

乳酸菌「枯草菌」はもともと腸内に合った善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働きがあるので、高齢者の便秘に効果があります。

カルピスの研究では乳酸菌「枯草菌C-3102 株」を使った実験を50歳から79歳までの男女で行い、便秘減少したという結果が出ています。

また、サプリメントとして発売されているため手軽に摂取することも可能です。

乳酸菌とオリゴ糖を一緒に摂って便秘解消

乳酸菌は糖分を餌にして増えていきますから、乳酸菌を摂るときは、糖分を一緒に摂取すると効果的ですが、特にオリゴ糖はとても相性の良い糖分です。

オリゴ糖は腸内で乳酸菌のエサとなり、善玉菌を効率よく増やし便秘解消にとても良い効果を発揮します。

オリゴ糖は、当分の中でもカロリーが低いので糖分の摂りすぎを気にせず、甘味を摂ることができます。

 

Sponsored Link



乳酸菌サプリを活用して便秘とさようなら

乳酸菌を摂るために様々な食品を食べることは大切なことですが、乳酸菌サプリを上手に併用することも便秘解消に効果的です。

仕事の都合や、好き嫌いや持病のため食べることに限界のある人でも乳酸菌サプリなら続けることができ、便秘解消に効果があることでしょう。

乳酸菌サプリは成分別に開発発売されているため、自分の腸、特に便秘に効果がある乳酸菌サプリを見つけることができます。

乳酸菌は胃酸に弱く腸に届くころには死菌になってしまうものも多いですが、乳酸菌サプリの中には、乳酸菌が生きたまま腸に届くよう工夫されているものもあり、腸内の善玉菌を増やして便秘解消に期待ができます。

子供の便秘と乳酸菌

子供が便秘で、器質的に問題がない場合、機能性便秘つまり一般的な便秘といえあます。

乳酸菌は子供の便秘にも効果があるので、乳酸菌を含む飲料や乳酸菌を増やす納豆などはお勧めです。

特に、離乳食が始まると悪玉菌を含む様々な腸内細菌が増えるので、乳酸菌を含む食品を離乳食に加え、便秘を予防することができます。

子供のうちから食事で乳酸菌やそのエサとなるオリゴ糖などを摂ることを習慣づけておくと、大人になってからも腸内環境が整いやすく便秘を予防することができます。

 

Sponsored Link



妊婦の便秘と乳酸菌

妊娠中はホルモンの影響を受けて便秘になりやすくなります。

便秘をほおっておくと、腸内環境はますます悪くなり妊娠中の体の不調の引き金になってしまいます。

乳酸菌を上手に取り入れることは便秘解消にとても大切なことで、乳酸菌によって腸内環境が改善されると、妊娠中の生活も健康で快活に過ごすことができます。

妊娠中は、食の好みも変化しがちですので、自分に合う乳酸菌の含まれる食品を探し、毎日毎食何らかの形で摂取し便秘を予防することが理想的です。

しかし、食欲がない時や体調がすぐれない時に無理に乳酸菌を含む食品を食べるのはつらいですから、そういうときには乳酸菌サプリを活用して、便秘改善を図ることができます。

このように妊婦の時から赤ちゃんのために乳酸菌を意識することには、赤ちゃんが将来大きくなったときにも、風邪やアレルギー、アトピーなどの症状が起こりにくくなる強い子供に育つのに役立ちます。

Sponsored Link



乳酸菌が便秘に効かないことがある

定期的に乳酸菌を摂っているからといって、便秘が必ずしも解消されるわけではありませんし、便秘に効果を感じないという人もいます。

乳酸菌を摂っていても便秘が解消されないときに考えられる理由と共に、対処方法について解説します。

乳酸菌が便秘に効果がない理由①乳酸菌の種類

乳酸菌が便秘に効果がない人の中に、摂っている乳酸菌の種類が便秘解消としてはあっていないことがあります。

乳酸菌には数多くの種類があり、便秘に効果が高いもの、免疫を高めるのに効果が高いものなどの種類があります。

便秘に関しては、基本的に℃の乳酸菌にもある程度効果があるものの、合う合わない、があり人によってはある乳酸菌はほとんど効果がないことがあります。

自分に合う乳酸菌かどうかを調べるために、同じ乳酸菌を2週間から1か月くらい試してみてください。

もし、便秘改善が全く見られないなら、その乳酸菌はあなたにあっていないということになりますので、別の乳酸菌を試してみてください。

 

Sponsored Link



乳酸菌が便秘に効果がない理由②生活習慣

便秘の原因となる腸内環境の悪化や、善玉菌の低下は生活習慣も関係しています。

不規則な生活習慣、特に食事の時間や就寝時間がバラバラだったり、偏った栄養バランスの食事をしていたりすると、乳酸菌を摂っていたとしても、便秘は改善されません。

便秘解消のためには、乳酸菌を毎日食べるだけではなく朝昼晩の食事をきちんと摂り、その中で乳酸菌を含む食品を加えたメニューを心がけましょう。

また人間の腸は、夜就寝中に消化されたものを小腸から大腸へ送り、排泄するために働きますから、しっかり睡眠を摂ることは、便秘解消に大切です。

加えて、定期的な運動も便秘解消には効果的です。それは、腸を支える筋肉や腹筋を鍛え、腸を刺激します。

このように便秘解消には乳酸菌を含む食品を定期的に摂ることに加え、規則正しい生活習慣をすることが大切です。

乳酸菌が便秘に効果がない理由③病気

何らかの器質的な病気がある場合、乳酸菌を摂っていても便秘解消が見られないことがあります。

過敏性腸症候群や自律神経失調症など、ストレスと関係のある病気が考えられるかもしれません。

また、腸そのものの病気、大腸がん、ポリープなどや、子宮筋腫や子宮内膜症も便秘の原因として挙げられます。

慢性的な便秘や、痛み、出血などがある場合は、無理をしないで病院にいって受診してみてください。

 

Sponsored Link



乳酸菌で下痢になる

乳酸菌を摂りすぎたり、乳酸菌サプリの影響で下痢になったりすることもあります。

特に、今まで乳酸菌を摂ることを気にしなかった人が、急に乳酸菌の含む食品をたくさん食べたり、サプリを飲んだりすると下痢になることがあります。

乳酸菌によって腸のぜん動運動が活発なりすぎる過剰反応を起こしてしまうのです。

この場合乳酸菌を摂取する量を少し減らしてみて、様子を確かめてください。

乳酸菌は本来下痢になるものではありませんので、しばらくすれば元の調子に戻るでしょう。

このほかにも、乳酸菌ではなく乳酸菌が含まれている食品(ヨーグルトなど)が下痢の原因の場合もあります。

乳酸菌の摂りすぎ

乳酸菌の摂りすぎで下痢を起こしている場合は、物理的に摂取する量を減らしましょう。

下痢を起こすと、腸内に存在する善玉菌を含む腸内細菌が排出されてしまい、また便秘を繰り返すことになります。

自分に合った量の乳酸菌を摂って便秘改善ができるのが理想的です。

Sponsored Link



効果的な乳酸菌の摂り方で便秘解消

便秘解消のためには、善玉菌を増やす乳酸菌の摂り方は大事なポイントになります。

以下の4つのポイントを詳しく解説します。

• 乳酸菌のエサ
• タイミング
• 量
• 便秘薬の併用

便秘解消には乳酸菌のエサを一緒に摂る

乳酸菌は「生き物」ですから、エサとなるものを一緒に摂取すると腸内の善玉菌が増え便秘に効果的です。

厚生労働省によると「腸内には細菌がおよそ100種類、100兆個も生息していることが知られています。体の健康には、この腸内細菌に占めるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が占める割合を増やすことが重要です。善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維を十分に摂って、同居人である腸内細菌と協同して健康を作ることが大切です。」

腸内の善玉菌を増やす方法には、「オリゴ糖や食物繊維を摂取する方法です。これらの成分は野菜類・果物類・豆類などに多く含まれています。消化・吸収されることなく大腸まで達し、善玉菌の栄養源となって増殖を促します。腸内細菌のなかにもともと存在する善玉菌に、好きなエサを優先的に与えて、数を増やそうという考えです。オリゴ糖は、大豆・たまねぎ・ごぼう・ねぎ・にんにく・アスパラガス・バナナなどの食品にも多く含まれていますので、これらの食材を食事に取り入れると良いでしょう。」
引用元:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-003.html

このように乳酸菌のエサとして乳酸菌と一緒に摂ると便秘解消効果があるのは、

• オリゴ糖(糖分)
• 食物繊維

の二つです。これらの二つに加えて便秘解消効果が高まる「納豆」について詳しく解説します。

 

Sponsored Link



便秘解消効果を高める乳酸菌のエサ①食物繊維

食物繊維は腸内で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えることに加え、食物繊維は分解されるとドロドロになり便の量を増やしてくれます。

食物繊維は、ゴボウ、ニンジン、切り干し大根、ホウレンソウなどの野菜、豆類、イモ類、海藻、キノコに多く含まれています。

3食の食事で、乳酸菌を含む食品と一緒にこれらの食物繊維を取り入れることは、便秘改善、便秘予防にとても効果的です。

便秘解消効果を高めるための乳酸菌のエサ②オリゴ糖

乳酸菌はオリゴ糖が大好きです。

乳酸菌はオリゴ糖をエサにして、善玉菌を増やし、腸内環境を整えますから、便秘解消の効果が期待出来ます。

特に、ヨーグルトを食べるときにオリゴ糖を一緒に摂ると、善玉菌を増やすのに非常に効率的で、便秘にも効きます。

オリゴ糖は糖分ですが、吸収されにくく、血糖値が上がりにくい性質を持っており、糖質を気にしている方でも摂りすぎの心配がありません。

 

Sponsored Link



便秘解消効果を高めるための乳酸菌③納豆

納豆に含まれる納豆菌は、土壌や空気中に含まれるバクテリアの一つで、腸内に入ると乳酸菌などの善玉菌を増やすのを助ける効果があり便秘解消を助けます。

納豆菌と乳酸菌を一緒に食べると、乳酸菌が非常にたくさん増えるという研究結果もあり、善玉菌を増やし悪玉菌を減らして腸内環境が良くなります。

また、納豆菌は腸内で長く生息するため善玉菌を増やす効果が持続します。

乳酸菌の摂取タイミングは便秘解消に効果がある

乳酸菌を食べるタイミングも便秘解消のためのポイントです。

効果のあるタイミングは2回あります。

• 夜
• 食後

便秘解消効果を高めるための乳酸菌摂取タイミング①夜に

夜に摂るのが効果的といえるのは、腸の働きが活発になる時間と関係があります。

腸が活発になるのは、副交感神経が働いているときです。
それはつまり、私たちが眠っているときです。

眠っているときに腸が働きますから、就寝する2時間くらい前に、乳酸菌飲料やヨーグルトなどで乳酸菌を摂るとちょうど眠っているころに、乳酸菌が腸に到達するので腸内環境の改善に効果的です。

乳酸菌が腸内環境を整えることで、腸のぜん動運動が促され便が押し出されていき、朝起きたときや、活動を始めると便意を感じるようになり便秘が改善されていきます。

就寝前に食べるのは抵抗がある方は乳酸菌サプリなどを使うのも良い方法です。

 

Sponsored Link



便秘解消効果を高めるための乳酸菌摂取タイミング②食後

食後しばらくしてから、乳酸菌を取り入れると食事を消化するために使う胃酸が薄まり、乳酸菌の死滅を防ぐことができます。

ポイントは、「胃酸が薄まったタイミングで乳酸菌を摂る」というもので、腸内環境の改善により効果がアップし便秘改善の効果が上がります。

朝食にヨーグルトを食べる人は多いと思いますが、できれば食事30分から1時間してから食べると便秘に効果的といえます。

乳酸菌を摂る量も便秘と関連がある

どのくらいの乳酸菌の量を摂れば、便秘解消に効果を発揮するのでしょうか・

個人の体質や体調によって変わりますが、一般的に言われているのは、ヨーグルトなら一日200g程度といわれています。

加えて、乳酸菌を含む食品を3度の食事に含めることも効果がアップします。

乳酸菌を摂ったからといってすぐに便秘解消の効果が出るとは限りません。

しばらく同じくらいの量の乳酸菌を含む食品を毎日食べてみて、効果がないなら食べる量を増やしたり、別の乳酸菌を含む食品に変えてみたりするといった工夫をしてみましょう。

毎日継続して乳酸菌を摂ることが便秘解消には非常に大切です。

 

Sponsored Link



便秘薬と乳酸菌を併用する

乳酸菌と便秘薬を併用することも、頑固な便秘解消には効果的です。

便秘薬の成分には、酸化マグネシウムが入っており、この成分は水分を増やす働きをします。

腸にたまった便の水分は体内に吸収されるので、腸内にとどまっている時間が長いだけ便が固くなっていきます。

そこで、酸化マグネシウムが入っている便秘薬を使うと水分が増え便が出やすくなります。

腸内環境を良くし、腸のぜん動運動を促す乳酸菌と、便秘薬を併用することは頑固な便秘の人には効果的です。

乳酸菌の効果で、便秘薬を減らしていくことができれば理想的です。

Sponsored Link



その他乳酸菌が含まれる食品で便秘予防

最後に、乳酸菌を含む食品はたくさんありますが、手に入りやすいお勧めのものをご紹介したいと思います。

乳酸菌が含まれている食品を上手に活用して、便秘解消をめざしましょう。

乳酸菌タブレットで便秘を解消

広告や、コンビニでよく目にするようになった乳酸菌タブレットは便秘の人にはありがたいものです。

乳酸菌タブレットの良い点は、

• 携帯していつでも食べられる
• 乳酸菌の種類を選べる
• 少量でたくさんの乳酸菌を摂れる
• 生きたまま腸に届く
• コスパが良い

というものです。乳酸菌タブレットを上手に利用して、便秘解消につなげたいものです。

 

Sponsored Link



旅行中の便秘に乳酸菌タブレット

旅行中は、環境の変化や食事の変化や緊張から便秘になるという話はよく聞きます。

そんな時に助けになるのが「乳酸菌タブレット」です。

お菓子を食べたり、飴をなめたりする機会に「乳酸菌タブレット」を食べるのも、便秘解消に良い方法です。

乳酸菌チョコは便秘に効く?

最近店頭で見かける「乳酸菌チョコ」は便秘に効果があるのでしょうか。

チョコレートに乳酸菌を添加した商品なので、乳酸菌を摂る目的で食べるのは良いことで、乳酸菌によって整腸作用が期待できるので、便秘解消も期待ができます。

ただ、これまで書いてきたように、便秘解消には乳酸菌を食べる量やタイミングも大切で、人工的に乳酸菌を大量に加えてある乳酸菌チョコは、食べすぎによって下痢を引き起こすこともあります。

自分に合った量を食べる事を心がけましょう。

また、チョコレートですから食べすぎると糖分やカロリーオーバーとなってしまう事もあるため注意しましょう。

口寂しい時に、何かお菓子をたべるなら、乳酸菌チョコに置き換えてみるのも乳酸菌を体に取り入れる点からすると効果的です。
なお、乳酸菌入りチョコレートの効果については「チョコレートは乳酸菌と一緒に食べると健康的になる!良質のチョコレートの選び方も解説!」で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

 

Sponsored Link



乳酸菌発酵食品は便秘にとても良い

発酵食品には乳酸菌がたくさん含まれていますから、腸内環境を整えるのを助け便秘解消が期待できます。

日本には昔から、納豆、みそ、しょうゆ、ぬか漬けなど発酵食品を摂る習慣があります。

毎日の食事に発酵食品を取り入れると、乳酸菌が腸内で増殖し腸内環境を整え、便秘を改善してくれます。

乳酸菌は、胃を通過するときに大半が死んでしまいます。

でも、死菌となった乳酸菌は腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やしてくれます。

そのため、乳酸菌を毎日定期的に摂ることは便秘解消にとても大切なことです。

キムチに含まれる乳酸菌と便秘

キムチは乳酸菌をたくさん含む食品で、漬けた液ごと食べられるという利点もあり、便秘解消に効果が期待できます。

キムチには乳酸菌がたくさん入っているのに加え、白菜には食物繊維やオリゴ糖も含まれているため、乳酸菌が腸内で効率よく働くのを助けてくれます。

便秘解消のためにキムチを食べるのであれば、過熱しないで食べると乳酸菌が死なずに腸に届く可能性が高くなります。

Sponsored Link



【まとめ】便秘には乳酸菌が本当に効果的

いかがだったでしょうか?

便秘解消のために乳酸菌が良い働きをすることが分かりました。

乳酸菌を摂ることで、腸内の善玉菌が増え、腸のぜん動運動を活発にすることから便秘解消効果が期待できます。

乳酸菌にはたくさん種類があるので、特に整腸作用や便秘に効果のある乳酸菌を取り入れることは大切です。

乳酸菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を一緒に摂ることも便秘解消に効果的です。

また、乳酸菌を摂るタイミングは便秘解消に大切な要素で、胃酸が薄まっている食後や、就寝中に腸のぜん動運動が盛んになることを踏まえ、夜に乳酸菌を摂るのも効果的です。

食品以外にも乳酸菌サプリも種類が豊富なので、自分に合ったサプリを併用することも便秘解消に役立ちます。

定期的に乳酸菌を摂って、便秘知らずの毎日が過ごせるといいですね。

なお、乳酸菌は便秘だけではなく次のような症状にも効果がある、『副作用のない万能薬』です。これらの記事もぜひお読みください。

・アレルギー改善効果
乳酸菌のアレルギー改善効果が凄い!

・免疫力の改善
乳酸菌をとれば免疫力が劇的に向上する

・口臭の改善
乳酸菌の口臭効果を徹底解説!

・ダイエット効果
乳酸菌ダイエットの効果が凄い!おすすめのやり方・方法も徹底解説!

・鬱病、美容、その他
乳酸菌の効果が凄い!便秘・ダイエット・アトピー・アンチエンジング・アレルギーなど抜群に効く!

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 乳酸菌の効能は整腸効果だけではない!腸から脳まで幅広い効果が!

  • 乳酸菌は食べ物で摂取しよう!おすすめの食べ物や食べ方を徹底解説!

  • 乳酸菌は殺菌しても効果は変わらない!死菌の効果や乳酸菌の殺菌力を徹底解説!

  • アトピーへの乳酸菌効果が凄い!改善方法などすべてを徹底解説!

関連記事

  • 乳酸菌は食品で摂ろう!おすすめの種類や効果をすべてお伝えします!

  • 乳酸菌キャベツの効果がすごい!安くて作り方も簡単!レシピも含めて徹底解説!

  • 乳酸菌の効能は整腸効果だけではない!腸から脳まで幅広い効果が!

  • 乳酸菌の効果が凄い!便秘・ダイエット・アトピー・アンチエンジング・アレルギーなど抜群に効く!

  • 乳酸菌のアルコール耐性や殺菌・相性など徹底解説!

  • 乳酸菌で痩せる効果が凄い!種類・やり方・方法など徹底解説します!