1. TOP
  2. 納豆
  3. 納豆の食べ過ぎで副作用!?納豆の栄養を活かす効果的な食べ方や妊娠中・離乳食の適量について徹底解説!
Sponsored Link

納豆の食べ過ぎで副作用!?納豆の栄養を活かす効果的な食べ方や妊娠中・離乳食の適量について徹底解説!

納豆   225 Views

納豆は食べ過ぎると良くないといわれています。

栄養豊富な食品は食べれば食べるほど良いというイメージがありますが、実際には食べ過ぎることで栄養のバランスが崩れ不調を招いてしまいやすいのです。

健康や美容に役立つ

  • 大豆イソフラボン
  • セレン
  • たんぱく質

であっても、食べ過ぎると害が出る可能性があります。

納豆は大量に食べるのではなく、1日1パックを毎日続けることで効果が感じられやすくなるのです。

また同時に

  • 納豆を生のまま食べる
  • 納豆と他の食品を組み合わせて効果を高める
  • 納豆に期待する効果によって食べる時間帯を変える

ということも意識するとより納豆の効果を得られやすくなります。

納豆はバランス良く豊富な栄養を摂取できる食品ですので、食べ過ぎに気をつけてぜひ毎日の食事にプラスしましょう。

納豆を食べ過ぎずに活用するために、

  • 納豆の食べ過ぎが悪い理由
  • 納豆の効果を活かす食べ方
  • 納豆に含まれる栄養と効果
  • 離乳食の納豆と適切な量
  • 妊娠中の納豆

について解説していますのでぜひご覧ください。

そして納豆を健康や美容に活用していきましょう!

 

Sponsored Link



 

Contents

納豆の食べ過ぎが体に悪い理由

納豆は栄養豊富な食品ですが、食べ過ぎは害になってしまいます。

なぜ納豆の食べ過ぎが体に悪いのか解説します。

納豆は栄養豊富だからこそ食べ過ぎに注意!

納豆は栄養豊富な食品なので食べれば食べるほど良いように思われます。

しかしどんなに栄養豊富な食品であっても、同じものだけを食べ続けてしまうとどうしても栄養のバランスが崩れてしまいがちです。

それは納豆も同じことです。

いくら納豆が栄養豊富でも、毎日納豆ばかり食べていたのでは栄養が偏ってしまい、不調につながってしまいます。

そのためバランス良く食べるということが重要なのです。

 

Sponsored Link



 

納豆の大豆イソフラボンを食べ過ぎる害

納豆に豊富に含まれている大豆イソフラボンは体内で女性ホルモン・エストロゲンと似た働きをします。

そのため女性ホルモンが不足することで引き起こされる骨粗しょう症や薄毛などの対策に有効と考えられています。

しかし大豆イソフラボンを摂取し過ぎることは逆に体調不良を引き起こす原因となるのです。

大豆イソフラボンの過剰摂取でホルモンバランスが乱れる

大豆イソフラボンは摂取し過ぎるとホルモンバランスが乱れることにつながります。

体内で女性ホルモンに似た働きをしますので、過剰摂取で女性ホルモン過多の状態になってしまう可能性があるのです。

大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値は1日に75mg

大豆イソフラボンは1日に75mgを上限の目安に摂取するようにしましょう。

納豆の場合には2パックでおよそ70㎎の大豆イソフラボンを摂取できますので、1日に2パック食べれば充分です。

サプリメントでイソフラボンを摂取している場合には要注意

特に注意したいのはサプリメントで大豆イソフラボンを摂取している場合です。

サプリメントは食品とは違って高濃度で大豆イソフラボンを摂取できます。

そのためサプリメントで大豆イソフラボンを摂取して更に納豆を食べていると知らず知らずのうちに摂取目安量を超えて過剰摂取になっていることがあるのです。

大豆イソフラボンの過剰摂取を避けるためには、サプリメントで摂取する大豆イソフラボンを1日に30mgまでにすることが推奨されています。

納豆に含まれる大豆イソフラボンについて解説している『納豆のイソフラボンは女性ホルモンをサポート!その効果を徹底解説!』もぜひご覧ください。

 

Sponsored Link



 

納豆のセレンを食べ過ぎる副作用

納豆には抗酸化作用のあるセレンという成分が含まれています。

セレンは私たちの体に必要不可欠の成分ですが、多くとり過ぎてしまうと、

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 肝機能障害
  • 脱毛

といった症状の原因になることが分かっています。

ただし日常的に食べる1~2パック程度の納豆であればセレンの害が出ることはまずありませんので、適量の納豆ならセレンの副作用を気にせず食べられます。

納豆の食べ過ぎで太る

納豆は低脂質・高たんぱくで健康に良い食品というイメージがあるため、いくら食べても太らないと思い込んでいる人が少なくありません。

しかし実際には納豆は決して低カロリー食品というわけではありませんので、これまでと同じ食事量に納豆をプラスすればその分だけ太る原因になってしまいます。

納豆の食べ過ぎで太るのを防ぐためには、納豆をプラスする分肉や魚の量を減らすなど、他の食品の量を加減するようにしましょう。

納豆で太らないための方法は『納豆は太る?痩せる食べ方や夜食で食べる際の注意点などを徹底解説!』をご覧ください。

 

Sponsored Link



 

納豆のたんぱく質を食べ過ぎる弊害

納豆はたんぱく質が豊富な食品なので食べ過ぎてしまうと内臓疲労を引き起こす可能性があります。

たんぱく質は摂取して体内に入ると「合成→分解」の過程を繰り返しながら利用されていきますが、その際に不要となった分は窒素に分解されて体外へ排出されます。

そして窒素を排出するためには腎臓と肝臓の働きが必要なので、たんぱく質を食べ過ぎてしまうと内臓に負担がかかってしまうのです。

たんぱく質は丈夫な体作りのために必要不可欠な栄養ですが、食べ過ぎには注意しなければいけません。

納豆のたんぱく質については『納豆のたんぱく質量は少ない?筋トレ・ダイエット・離乳食への役立て方や良質な理由を解説!』もご覧ください。

納豆の食べ過ぎで他の食品を食べる量が減ってしまう

納豆を食べると自然と他の食品を食べる量が減ってしまいます。

納豆は食物繊維豊富で満腹感を感じやすいですし、納豆をプラスした分他の食品の量を調節しなければカロリーオーバーしてしまう可能性があります。

そのため納豆を食べることにばかり注目していると他の食品が充分にとれず栄養のバランスが乱れてしまうことがあるのです。

納豆は確かに健康や美容に良い食品ですが、納豆に頼り過ぎるのではなく、様々な食品を食べる中で納豆を適度に組み合わせていくようにしましょう。

 

Sponsored Link



 

納豆の効果を期待するなら食べ過ぎないこと!

納豆には健康・美容・ダイエットなど様々な効果が期待できますが、これらの効果を期待するのであれば決して食べ過ぎないことです。

納豆の食べ過ぎは不調の原因になりますので、適量を摂取することを心がけましょう。

納豆は適量を毎日食べることで効果が期待できる

納豆の効果を実感したいのであれば、適量を毎日食べることが大切です。

適量の納豆であれば食べ過ぎによる弊害が起こらずに納豆の効果を活かすことができます。

納豆は1日1パックが適量

納豆の適量は1日1パックです。

そのため朝昼晩の三食のうちのどこかで1パック食べれば、充分な納豆を摂取できます。

納豆を毎日3パックは食べ過ぎ

納豆を毎日3パック食べているという人もいますが、毎食納豆を食べるというのは食べ過ぎでしょう。

今日はたまたま3パック食べてしまったという日はもちろんあるでしょうし、それでただちに何か不調が出るということはまずありません。

しかし毎日3パックを食べ続けているという場合には食べ過ぎですので、量を1日1パックに減らして継続しましょう。

 

Sponsored Link



 

納豆は1度に大量にではなく毎日少しずつ

納豆の栄養を活かすためには毎日少しずつ納豆を食べるということが大切です。

納豆をたくさん食べたからといって、効果が表れやすくなったりより良い効果が必ずしも期待できるというわけではありませんので注意しましょう。

納豆の栄養を効果的に吸収するなら少しずつ食べる

納豆を1度にたくさん食べたからといって、その栄養を全て活かせるわけではありません。

1度に利用できる栄養には上限がありますので、上限量を超えた分は利用されずに体外へ排出されることになります。

そのため納豆の栄養を効果的に吸収したいなら、少しずつ食べるということが重要です。

健康や美容のためには継続することが重要

また栄養は1度とったらずっと効果を発揮し続けるというものではありません。

そのため納豆の栄養を活かすためには毎日食べるということも重要です。

納豆を毎日の習慣にすることで、納豆に期待できる様々な効果を得られるようになります。

納豆を毎日食べる習慣について解説している『納豆を毎日食べる効果は?食べ過ぎは体に悪いって本当?健康や美容に良い納豆の食べ方について解説!』もぜひご覧ください。

 

Sponsored Link



 

納豆の効果を活かす食べ方

納豆はただ普段通りに食べるだけでも良いですが、効果をより良く活かすためには食べ方のコツを知って食べることが大切です。

そこで納豆の効果をより良く発揮するための食べ方のコツを解説します。

納豆は生のまま食べる

納豆のレシピを見ていると納豆を加熱して調理する料理もあります。

しかし納豆の効果を活かすことを考えるのであれば、納豆は生のまま食べるのが最適です。

納豆に含まれている成分には熱に弱いものもあります。

ナットウキナーゼやビタミンB群などがそうで、納豆を加熱するとこれらの効果が期待できなくなってしまうのです。

そのため納豆は生のまま食べるようにしましょう。

納豆に他の食品を加えて食べる

納豆の効果を活かすためには、納豆の成分と相性の良い食品を組み合わせたり、納豆に不足している栄養を補える食品をプラスするのが有効です。

納豆+キムチで乳酸菌を増やす

納豆キムチはおいしい食べ合わせですが、単においしいだけでなく乳酸菌を増やすという点でも優れています。

納豆に含まれる納豆菌には乳酸菌の増加をサポートする働きがあるので、キムチに含まれる植物性乳酸菌を増加させて摂取することができるのです。

そのため納豆キムチはより良い整腸作用を期待できる組み合わせでもあります。

納豆キムチの良さについては『納豆と乳酸菌は相性抜群!キムチ・ヨーグルト・チーズ・玉ねぎを同時に食べて腸内環境正常化!』でも触れていますのでご覧ください。

 

Sponsored Link



 

納豆+卵でビタミンAを補う

納豆と卵の組み合わせは王道ですが、卵には納豆に含まれていないビタミンAが含まれていて納豆の栄養をサポートしてくれる組み合わせです。

ビタミンAには目や皮膚の粘膜を健康に保つ働きがありますので、細菌に感染しにくい状態を作れます。

納豆+大根おろしでビタミンCや食物繊維をプラス

納豆と大根おろしの組み合わせでは、納豆に含まれていないビタミンCをプラスしながら豊富な食物繊維を摂取することができます。

また大根は酵素が豊富に含まれていますので、食事の消化吸収をスムーズに行うことが期待できます。

納豆+オリーブオイルで便秘改善

納豆にオリーブオイルを合わせるのは便秘改善に役立つ食べ方ということが分かっています。

納豆そのものにも便秘改善の働きがありますが、オリーブオイルをプラスすることで腸内のすべりが良くなりより排泄しやすくなるからです。

またオリーブオイルで納豆を食べることで塩分の摂取を控えることができますので、高血圧などで塩分を控えたい場合におすすめの食べ方でもあります。

納豆+玉ねぎで血液サラサラ

納豆と玉ねぎの組み合わせは血液サラサラ効果を高めます。

納豆に含まれるナットウキナーゼが血栓を溶かして血液サラサラにするだけでなく、玉ねぎのアリシンも血液サラサラ効果が期待できるのです。

そのため動脈硬化や心筋梗塞・高血圧などドロドロの血液が原因になる病気の予防改善にも効果が期待できる食べ合わせです。

 

Sponsored Link



 

納豆に期待する効果によって食べる時間帯を変える

納豆の効果を活かすためには時間帯による効果の違いを知り、期待する効果によって食べる時間帯を変えることが大切です。

朝の納豆は冷え性対策に効果的

朝食べる納豆は体温を高める働きがあるため冷え性対策に役立ちます。

納豆に豊富に含まれるたんぱく質が体内で熱を作るので、1日中体温があがりづらい冷え性の人もポカポカを実感できるようになっていくことが期待できるのです。

また体が温まりますので、代謝が高まり痩せやすく太りにくい体質作りにも役立つことが期待できます。

朝食べる納豆の効果について『朝納豆のダイエット効果が凄い!便秘解消・痩せる食べ方・レシピ・アレンジなど徹底解説!』でも解説していますのでご覧ください。

 

Sponsored Link



 

夜の納豆は生活習慣病対策や美肌に効果的

夜食べる納豆は血液サラサラ効果を活かしたい場合や美肌作りをしたいときに効果を発揮します。

夜は運動量も水分の摂取も減るので血液がドロドロになってしまいがちなので、納豆の血液サラサラ効果をより活かすことができるのです。

また納豆のたんぱく質が就寝中に分泌される成長ホルモンの材料になるので、成長ホルモンがしっかり分泌され肌細胞の修復がスムーズに行われて美肌作りに役立ちます。

夜食べる納豆の働きについては『納豆を夜食べるダイエット・美肌・健康効果が凄い!太らない食べ方・レシピも徹底解説!』もご覧ください。

納豆に含まれる主な栄養と期待できる効果

納豆には豊富な栄養がバランス良く含まれています。

では具体的にどのような栄養が含まれていてどのような効果が期待できるのでしょうか?

納豆の栄養と効果について解説します。

納豆に含まれる栄養成分

納豆には豊富な栄養が含まれています。

中でも代表的なのは下記です。

  • 大豆イソフラボン:女性ホルモンを補う
  • ナットウキナーゼ:血液サラサラ効果
  • レシチン:便秘解消、肌荒れ改善、シミの予防
  • セレン:抗酸化酵素の構成成分として甲状腺ホルモンを活性化する
  • ミネラル:体や臓器をスムーズに働かせる
  • 食物繊維:整腸作用
  • 納豆菌:腸内環境の改善
  • ビタミンB群:代謝を高める

これだけの栄養を納豆だけで摂取できるので、毎日の食事にプラスすることで栄養バランスのサポートにつながります。

納豆に期待できる効果

納豆は食べるだけでたくさんの栄養を摂取できます。

そのため多くの効果が期待できるのも特徴です。

納豆の効果として代表的なものを解説します。

納豆の便秘解消効果

納豆には便秘解消効果が期待できます。

納豆の便秘解消効果は主に

  • 食物繊維
  • 納豆菌

の働きによります。

納豆には便の量を調節する不溶性食物繊維と便のかたさを調節する水溶性食物繊維の両方がたっぷり含まれています。

また納豆菌は腸内に生きたまま到達し、悪玉菌を退治して善玉菌が働きやすい環境作りをしてくれます。

そのため自然と排泄しやすくなり便秘解消につながるのです。

納豆の便秘解消効果については『納豆は便秘に効く効かない?効果的な食べ方・期間・時間などを徹底解説!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



 

納豆の高血圧予防効果

納豆には高血圧を予防する効果が期待できます。

高血圧は血管に高い圧力がかかっている状態のことで、その原因の1つにドロドロの血液があります。

血液がドロドロになると心臓から全身にくまなく血液を送り出すのに強い力が必要になり、その結果血液が勢い良く血管壁にぶつかるのです。

納豆には血液をサラサラにするのに役立つナットウキナーゼが含まれていますので、血液を送り出す際の負担が少なくなり血圧を低くすることが期待できます。

納豆の高血圧予防効果について『納豆で血圧は下がる!レシピ(酢納豆など)や効果、毎日の食べ方など徹底解説!』もご覧ください。

納豆の肝機能改善効果

納豆には肝臓の機能を改善する働きが期待できます。

肝機能回復には高たんぱく低脂肪の食品が向いていますが、納豆はまさにその条件を満たしているからです。

高たんぱく食品というと肉や魚が代表的ですが、これらの食品は脂肪が多く肝臓に負担をかけてしまいがちです。

そのため肝機能の改善を意識してたんぱく質を摂取する場合には納豆が向いているというわけです。

 

Sponsored Link



 

納豆の貧血改善効果

納豆には貧血改善の効果も期待できます。

鉄分はもちろん、たんぱく質やビタミンB12など貧血の改善に役立つ栄養がたっぷり含まれているからです。

そのため納豆は貧血に悩んでいる人にとって役立つ食品といえます。

納豆の風邪予防の効果

納豆を食べる習慣は風邪予防にも役立ちます。

その理由は主に、

  • 納豆のネバネバ成分が喉を守る
  • 納豆の整腸作用が免疫力を高める

ということにあります。

納豆のネバネバ成分は粘膜を保護し乾燥から守る働きをしますので、細菌やウィルスに感染するのを防ぎます。

また整腸作用が免疫力を高めるのは、体内の免疫細胞の多くが腸内にいるからです。

そのため納豆で腸内環境を改善すると免疫細胞が活発に働くようになり免疫力が高まるのです。

 

Sponsored Link



 

納豆の乳がん・前立腺がんを予防する効果

納豆には乳がんや前立腺がんといった性ホルモンと関与するがんを予防する効果があることも知られています。

ある調査ではみそ汁を1日に3杯以上飲む人は1杯未満しか飲まない人と比較して乳がんのリスクが40%低いという結果が出ました。

そして乳がんのリスク低減の働きは同じ大豆製品である納豆でも確認されています。

納豆が乳がんの予防に役立つのは、納豆の大豆イソフラボンが女性ホルモン・エストロゲンの受容体に結びつくことで女性ホルモンの働きを弱めるためです。

乳がんは女性ホルモンのエストロゲンによってリスクが高まりますが、大豆イソフラボンのこうした働きによって予防することができます。

男性の場合性ホルモンが関与するのは前立腺がんですが、この場合には全てに予防効果を発揮するわけではありません。

前立腺がんの場合には、前立腺に局限するタイプに限り予防に役立つことが分かっています。

進行性の前立腺がんの場合には、逆にリスクを高めてしまいますので注意が必要です。

納豆の様々な効果効能については『納豆の効能が凄い!副作用・美肌・ダイエットなど効果の全てを徹底解説!』をご覧ください。

 

Sponsored Link



 

離乳食の納豆は何パックで食べ過ぎ?

納豆は離乳食にも向いている食品ですが、赤ちゃんの場合には大人と同じ分量を食べていると食べ過ぎになってしまいます。

離乳食として与える納豆はどのくらいが適量で、どのくらいだと食べ過ぎになってしまうのでしょうか。

納豆は赤ちゃんの離乳食にもぴったり

納豆が赤ちゃんの離乳食にぴったりの理由は主に

  • 納豆でバランス良くたっぷり栄養を摂取できる
  • 納豆は消化吸収しやすいので未熟な赤ちゃんの胃腸にも優しい

ということです。

納豆が栄養たっぷりの食品ということは多くの人が知っていますが、その栄養は赤ちゃんの健やかな成長にも役立ちます。

しかも納豆は発酵食品なので消化吸収に優れていますから、含まれている栄養を余すことなく吸収することができるのです。

もちろん胃腸に優しいということも赤ちゃんに納豆が向いている理由です。

離乳食の納豆は多くてもパック2分の1まで

納豆は栄養たっぷりで赤ちゃんの栄養バランスを整えるのに役立ちます。

しかし大人のように1日1パック与えるというのでは摂取し過ぎです。

離乳食の場合に与える納豆の量は多くてもパック2分の1程度までにしましょう。

それも離乳食完了期の分量です。

納豆を初めて食べる日にはスプーン1さじから始め、徐々に食べる分量を増やしていくようにするのが正解です。

 

Sponsored Link



 

離乳食で納豆を与える方法

離乳食で納豆を与える場合のやり方について解説します。

赤ちゃんの食べやすさを考えて納豆を調理しましょう。

納豆は離乳食中期頃から与える

納豆を離乳食で与えるのは、離乳食中期にあたる生後7~8ヶ月になった頃からです。

この頃はおかゆだけでなく色々な食品を少しずつ与え始める時期ですので、他の食品と同じように納豆も少しずつ与えてみましょう。

離乳食の納豆は固さと大きさを調節してあげる

離乳食の納豆はそのまま与えるのでは赤ちゃんが食べにくいです。

そのため固さと大きさを調節して、離乳食の進み具合に合わせて食べやすい状態にしてあげることが大切です。

最初は刻んだりすり潰したりしておかゆやスープに混ぜてあげましょう。

徐々に粒を大きくしていき、刻まずに丸まま食べられるようになるのは、離乳食完了期の1歳頃です。

 

Sponsored Link



 

離乳食の納豆は加熱して与える

納豆は大人の場合生のまま食べる方が栄養や効果の面で優れていますが、赤ちゃんの離乳食では湯通しするなど過熱するようにしましょう。

加熱することで未熟な赤ちゃんの胃腸を細菌などから守ることができますし、納豆アレルギーが発症するのを予防することにもつながります。

離乳食に納豆を与えるときには『離乳食の納豆はいつから?目安量・加熱方法・おすすめレシピ・納豆の選び方もすべて解説します!』も参考にご覧ください。

妊娠中の納豆は食べ過ぎなければ赤ちゃんの成長に役立つ

納豆は適量を食べていれば妊娠中の赤ちゃんの成長にも役立つ食品です。

納豆が妊娠中に良い理由について知り、赤ちゃんの成長のために役立てていきましょう。

納豆には妊娠中に必要な栄養がたっぷり

納豆には妊娠中に積極的に摂取すべき栄養がたっぷり含まれています。

そのため妊娠中の健康維持に役立ち、赤ちゃんの健やかな成長をサポートすることもできるのです。

納豆の葉酸が胎児の成長をサポート

納豆には妊娠中の摂取が推奨されている葉酸が含まれています。

葉酸は妊娠中のどの時期にも必要な栄養といわれていますが、特に妊娠初期の葉酸不足は二分脊椎症などの神経管閉鎖障害を引き起こすリスクが高まります。

そのため毎日の食事に納豆をプラスして葉酸を摂取することは、健康な赤ちゃんが育つことに役立つのです。

 

Sponsored Link



 

納豆のたんぱく質が胎児の体を作る材料になる

胎児の成長にはたんぱく質が必須です。

なぜなら胎児の体を構成しているのも私たちの体と同じたんぱく質だからです。

一生懸命体を作っている妊娠中だからこそ、豊富なたんぱく質が必要になります。

たんぱく質を効率的にとろうと思うと肉や魚が思い浮かびますが、妊娠中には脂質やコレステロールの取り過ぎを特に避けたいものです。

そこで脂質やコレステロールが少ないけれどたんぱく質が豊富な納豆を食べるのがおすすめというわけです。

納豆の食物繊維が妊娠中の便秘改善に役立つ

妊娠中は様々な要因で便秘になってしまいがちです。

妊娠中の便秘にも納豆が役立ちます。

納豆には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランス良く豊富に含まれています。

そのため毎日納豆を食べると便通が改善されていくことが期待できるのです。

また納豆の腸内環境正常化の働きも、便秘解消に役立ちます。

納豆の血液サラサラ効果で妊娠高血圧症の予防につながる

妊娠中は血液の量が増えるため、血管の壁にかかる力が強くなり血圧が高くなりがちです。

血圧が高い状態があまりにも続き症状が悪化してくると、妊娠高血圧症になってしまうことがあります。

妊娠高血圧症の予防にも納豆を食べる習慣が役立ちます。

なぜなら納豆には血液をサラサラにすることで血圧を下げる働きが期待できるからです。

 

Sponsored Link



 

妊娠中の納豆は適量を継続することが大切

納豆は妊娠中の体調管理や赤ちゃんの成長にとても役立つ食品です。

しかし食べ過ぎは栄養バランスが乱れ、逆に不調を招いてしまう恐れもあります。

大切なことは納豆を適量毎日食べるということです。

具体的には1日1パックを食べるようにすると良いでしょう。

納豆を適量食べて妊娠中のサポートに役立ててください。

納豆の食べ過ぎは害になる!納豆をちょうど良く食べて健康や美容に活かしましょう!

納豆は栄養豊富な食品です。

だからこそ納豆の食べ過ぎは体に害を与える可能性があります。

  • 納豆の大豆イソフラボンを過剰摂取することによるホルモンバランスの乱れ
  • 納豆のセレンの過剰摂取による嘔吐などの中毒症状
  • たんぱく質の食べ過ぎによる内臓への負担
  • 納豆の食べ過ぎによる他の食品の摂取不足

こうした納豆の食べ過ぎによる悪影響を避け、納豆の栄養を活かすためには、適量食べるということが欠かせません。

毎日1パックの適量の納豆を継続することは、健康・美容はもちろん妊娠中にも役立ちます。

納豆は正しく食べさえすれば、

  • 便秘解消
  • 高血圧予防
  • 肝機能の改善
  • 貧血改善
  • 風邪予防
  • 乳がん・前立腺がんの予防

といった働きが期待できるのです。

納豆に含まれる豊富な栄養は食べ過ぎると過剰摂取になってしまいますが、程よく食べることは必要不可欠です。

価格も安く継続しやすいのも魅力といえるでしょう。

納豆の栄養とその働きを上手に活かして、健康と美容に役立てていきましょう。

 

Sponsored Link



 

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 納豆のイソフラボンは女性ホルモンをサポート!その効果を徹底解説!

  • 納豆ダイエットの効果が凄い!痩せる理由・食べ方・レシピを徹底解説!

  • 離乳食の納豆はいつから?目安量・加熱方法・おすすめレシピ・納豆の選び方もすべて解説します!

  • 納豆は美肌に効果的!期間・成分・食べ方・レシピも徹底解説!

  • 納豆を夜食べるダイエット・美肌・健康効果が凄い!痩せる太らない食べ方・レシピも徹底解説!

  • 納豆は太る?痩せる食べ方や夜食で食べる際の注意点などを徹底解説!