1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素サプリの効果について徹底解説!
Sponsored Link

水素サプリの効果について徹底解説!

水素水   1,312 Views

水素サプリを摂取し、水素サプリの効果を実感されている方々はとても多くいます。

この記事では水素サプリの効果や影響について徹底的に調べた結果をお伝えしています。

Sponsored Link



サプリメントとは?

サプリメントのキャチフレーズに、○○に効くとか、血液サラサラにし、脳に・・・というのを見かけますが、サプリメントの健康食品で医学的な効果は期待できるのかな?と思うこともあります。

医薬品は、医療に用いる諸商品と、薬局で求める医薬品がありますが、サプリメントは、医薬品ではありません。

まずは医薬品とサプリメントを比較しながら、サプリメントとは何かを整理してみたいと考えています。

医薬品とは?

医薬品は、医療用医薬品と、薬局やドラッグストアで買うことができる一般用医薬品があります。動物用の医薬品は、人間に使用する医薬品とは別に分けられています。この規定は、厚生省が一貫して管理してます。

医薬品の規定

医薬品は、「薬事法」と「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に規定されています。

医薬品は、任意の病気治療の医療目的で精製された薬品で、使用する病気への効果、その薬品の名称、副作用、成分と分量、さらに安全性の臨床をへて厚生労働大臣、都道府県知事の認可を得ることが条件づけられています。

薬品の使用は、効果や副作用などの医師の判断が必要です。この薬品を医療用医薬といい、服用する薬は医師の処方箋がなければ購入できません。

一方、一般用医薬品は、だれでも自由に購入できる薬品ですから、作用はさほど強くなく、副作用の危険が医薬品ほどありませんが飲み合わせなどの注意が必要です。

そのために、薬局・ドラッグストアーには適切なアドバイスができる資格を持った薬剤師がいます。使用方法など気なることは相談するといいです。

食薬区分とは?

研究が進んで、食品の成分に病気の予防や効果が認められるものが判り、食品と医薬品との区別が必要と、1971年に「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」が制定され、医薬品と食品の規定が定められました。

食品に分類されているものは、外観や形状から食品とわかる野菜・果物などと、健康増進法第26条に規定されている特定の乳児用調製粉乳などの健康用・栄養機能の食品があります。

疾病の治療や予防、体の増強促進効果やこれらの表示については、下記の1つでもあれば、医薬品として取り扱うことが決められています。

 ・カプセルや錠剤などの医薬品的な形状のもの

 ・医薬品のように使い方や分量の記載があるもの

 ・毒性や劇薬成分が含まれるもの

 ・指定医薬品、要指示所の必要なもの

 ・向精神作用や活性剤作用のあるもの

この規定が、2001年に、医薬品の形状でも食品の明記があるものは食品として扱うことができると基準が緩和されました。

つまり、医師の指示に従って使用しないもので、含有成分が強い特殊の効果をもたない場合は、食品として扱われます。

サプリメントの健康食品の規定している法律は?

サプリメントは、アメリカの場合、食事で不足しがちな栄養を補う、あるいは薬効のある食品に使われる用語です。

例えば、ビタミンやミネラル、アミノ酸などです。栄養が十分な人やサプリメントの効果を必要としない人が服用すると、リスクが起こるとアメリカの研究者が論文で報告しています。

日本では、サプリメントの健康食品は、いくつかの法令で規定されています。これらは、健康・安全にかかわる食品として規定されています。

サプリメント規定している法律は、食品安全基本法、食品衛生法、健康増進法、薬事法、JAS法、景品表示法の6つの法律です。健康と安全に関わる法律についての概略を下記に示します。

 

Sponsored Link



食品安全基本法について

食品安全基本法の制定の背景には、2001年9月のBSE感染牛の発見、2002年1月の雪印食品の偽装表示事件、2002年3月中国産冷凍ほうれん草のクロルピリホスの残留農薬など、日本の食生活を脅かす事件の発生が起こりました。

食品安全基本法は、2003年の平成15年に制定され、最終改正が2015年の平成27年にありました。当法律は、科学技術の発展、食の国際化の進展、食生活の環境の変化から、食品の安全性の確保を基盤とし、公共機関、食品関連事業者、消費者の役割を明らかに提起し、総合的に食の安全確保を推進することを目的として制定されました。

食品安全基本法は、医薬品、医療部外品、再生医療等の製品を除く「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全氏の確保等に関する法律」に定められたものを食品と定義づけています。

そして、食品の安全性の確保と未然防止の処置として国などの公共機関と食品を取り扱う業者の添加物・容器包装・生産等々の責務、消費者の食品の安全性の確保の知識や理解と意見表明の役割が明記されました。

食品衛生法について

1947年の昭和22年に制定。国民の健康の保護を目的として、食品が原因で発生する病気の未然に防止し、食品の安全性の確保を公衆衛生の見地から制定されました。

地域に保健所を設置の義務付けはこの法律の規定です。

保健所は、食品の検査能力の向上など図り、地域における食の安全確保の処置を講ずることが定められています。

食品の範囲と添加物、保健所をはじめとする公的機関の役割及び食品取り扱い業者関する事項も規定されています。

健康増進法について

戦後の国民の栄養状態の改善のため、1952年の昭和27年に栄養改善法が制定さてました。

この時代の国民の栄養状態を明らかにし、国民の栄養改善を図り、健康と体力の維持向上を目的として制定さてました。

日本の栄養状態の改善に伴い、これが原因となって生活習慣病が浮上してきました。

循環系疾患や脳血管疾患などの突然死の発症から、国民の健康維持と病気の予防を目的として、2002年の平成14年に健康増進法が制定され、栄養改善法が廃止されました。

健康増進法は、国民の健康増進の推進事項を定め、国民の生涯にわたる健康の向上を目的として、国民は健康維持を図ることを義務とし、地方自治体などの公的機関にそれの協力の義務を課すと定めています。

つまり、大半の病気が生活習慣の乱れにより引き起こされるものであり、個々の生活習慣の改善を図り、病気の改善と予防を図ることが必要として定め、病気の予防と改善の推進に公的機関の協力が定められました。

薬事法について

1960年の昭和35年に「医薬品、医療機器等の品質、有効性及安全性の確保等に関する法律」(略して薬事法)が、医薬品等の安全確保と保健衛生上の害の発生や拡大を防止する目的で制定されました。

医薬品等は、人・動物に使用する医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器などについて規定を定めています。

2013年の平成25年に医薬品等の実用化に安全対策を強化するため、医薬品等の販売業者の知見の添付文書を厚生労働大臣に届け出と、情報の迅速提供を義務付け、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と名称を変更しました。

薬事法では、指定品目の製造・取り扱い文書・表示などを規定し、広告の規定も定められています。

 

Sponsored Link



サプリメントの健康食品の規定は

サプリメントの健康食品は食品です。サプリメントは、食品だから医薬的効果の表示、用法、用量の明記は薬事法違反です。

また、医薬品のみに許可されている成分を配合したサプリメントは、サプリメントではなく医薬品と判断され、薬事法に抵触します。特に輸入のサプリメントは、日本と諸外国の薬事の規定が異なるため注意が必要です。

健康志向の現在、虚偽・誇大広告などは薬事法の広告制限に関わり違法となります。

つまり、サプリメントは、健康に良いとされる食品であって、医薬効果のある薬物は使用されませんし、あたかも医薬効果があるかのような広告はしてはならないのです。

このようなサプリメントは、無承認無許可医薬品と判断されます。

サプリメントの成分には、医薬品、生薬の配合は禁止されています。

サプリメントの使用の注意は、表示が医薬品のように明確に用法や用量服用間隔やなどの記載は薬事法に触れます。

そのため曖昧な「目安」などの言葉が使われます。

症状に応じた使用法の表示も、病状や部位に対する効果・効能も薬事法違反になります。

サプリメントの健康食品とは?

サプリメントは、食品であって医薬品ではありません。ですから、医学的効果・効能を表示できませんが、それらしき効果効能の表示の仕方が認められています。

日本では、サプリメントは、健康食品で食品に分類されます。

1991年の平成3年の保健機能食品が制定され、保健機能の基準を満たし、特定の栄養素の量が基準値を満した食品は、栄養食品の表示が可能となりました。

健康食品から栄養機能食品を除いた除いた健康食品を表現し、2つに分割されました。

また、形状が医薬品に類似したものは、食品の明記があれば、食品と容認されるまでに緩和されました。

国民の健康の関心が高まり、食品機能食品が求められ、血圧や血糖値などの維持・改善や体構造と機能の改善など様々な用途の明記が必要になりました。

また、食品機能の研究開発が進展し、食品の機能の解明と開発が行われ、進化しています。

さらに、食の情報の氾濫と、健康食品の利用の増加と健康被害も発生も生じ、情報の提供の歪みの改善が必要と健康食品の見直しが行われました。

2004年の平成16年「健康食品に係わる制度のあり方に関する検討会」は、このような状況により改正を提言しました。

その結果、規格基準型特定保健用食品の設定、特定保健用食品の審査基準の見直しと疾病リスクの効果の表示の容認などの提言がありました。

表示に関して、選択のための必要な情報の表示が実現し、健康食品偏重の表現を避け「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランを」等の表示を義務付けました。ダ

イエット用食品などには栄養機能食品の未表示とし、栄養機能食品は栄養素名と栄養食品対象外の食品にはビタミン・ミネラルの表示の義務付けを提言しました。

そして、健康食品の安全性と普及を啓発し、食育を踏まえた効果的な健康食品の活用が行えるように正しい情報の確保が必要と指摘しました。

このような経過から、医薬的効果があるような表現が、サプリメントの健康食品に認められるようになりました。

この表示には、科学的な根拠が必定であることは当然のことであり、現在の日本の状況から、目的に沿った健康食品の選択の必要です。しかしサプリメントの健康食品は、食品であって医薬品ではありませんから製造工程での医薬品の使用は禁止されています。

Sponsored Link



水素サプリとは?

水素水はとても多くの方々が利用しています。

水素の研究のはじまりは、1800年のイギリスのニコライとカ―ライルが発見した水の電気分解です。

高校の化学の水の電気分解の実験です。

これが水素水の研究の原点です。

「昔から電解陰極水が健康にいい」といわれていました。

医療現場、農業現場、動物園などから多くの立証がありましたが、水素の効果の科学的な根拠がないとたびたび批判され、1997年の白畑教授の「電解陰極水中の活性の高い原子上状の水素が活性酸素の除去する能力がある」の趣旨の論文が脚光をあび、再び水素の研究に関心が高まりました。

太田教授は、「水素分子を含んだ中性の水素水の水素が、活性酸素の除去に有効」と、効果は水素H2であると論文を発表され、活性水素原子か水素分子かとアカデミック界では議論・研究が重ねられています。

IT界に欠かせない半導体と同じように水素も、立証が先になり、理論が後から立証される事態です。水素の科学的な理論の確立は、さほど遠くないと思います。

理論の確立とともに水素水の効果が生活・医療機関にも取り入れていますが、サプリメントとしての水素サプリも販売され、次第に水素サプリの市場も拡大しています。

水素サプリは、水素水のように持ち運びの問題もなく、水素水のパックのようにH2の減少もなく、かつ作る手間もかからず、しっかりと体内に取り込むことができると好評です。

水素サプリの販売状況

水素を扱う市場の売る上げが、2015年では水素の取り扱うメーカー約150社中47社のアンケート回答から300億円大台が見込まれました。

アルカリイオン整水器も含めると、約400億円の市場規模です。

また、水素水に必要なアイテムも水素水ブームで大変好調で、水素に係わる市場は、拡大の一途で次の市場は水素ともいわれています。

この背景は、やはり水素水の研究が大きく影響しています。

活性酸素除去の抗酸化作用、生活習慣病の改善のほか認知症など様々な病気に水素水の効果が臨床実験で立証され、次第に水素の効果の理論も深まり、明らかになっていることがあります。

このように水素の市場の拡大は、国民の健康の関心がいかに高くて、予防医学の考え方も浸透してきたことを物語っています。生活習慣病の予防と改善のために一層に水素水の関心は高まることでしょう。

水素サプリも売り上げを伸ばしています。楽天市場では水素サプリが4,243件もリストアップされています。

水素サプリは、水素を発生させる主原料が、カルシウムと岩塩に大きく分けられます。

カルシウムは、サンゴや牡蠣の殻を焼成して使用しますが、水素の発生の主原料のカルシムと岩塩の2種を比較しました。

 

Sponsored Link



カルシムを使用の水素サプリ

1958年に誕生した「シンノオル液製造機」に、厚生省が、アルカリ性のpH維持のため乳酸カルシウムの添加を指導した経過がありました。

乳酸カルシウムの添加は、電解水(アルカリイオン水)を生成し水素イオン発生の補助剤として使われています。

乳酸カルシウムは、乳Caと表示され、菓子や炭酸水に付記されている身近な食品添加物で、安全です。乳酸Caと同じ役割をもつカルシウムを使用した還元水のサプリの2例を実際にあげてみます。

水素美人の原材料

・未焼成カルシウム;貝殻やサンゴ・卵の殻などを乾燥させ、カルシム塩を主成分とする。安全性に問題はなし。

・結晶セルロース;樹木などの植物のパルプからとる不溶性食物繊維。腸内改善し、デトックス効果が期待できる。

・貝殻焼成カルシウム;主に天然牡蠣を焼成した天然カルシウム。殺菌・抗菌効果があり、臭気・化学物質の分解除去・

抑制効果があり、食品添加物として認可で安全性に問題なし。

・HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース);増粘剤として使用、体内にほとんど吸収されず、遺伝毒性・発がん性・生殖発生毒性の問題なし。

・ステアリン酸カルシム;薬剤の安定に使用、体内にほとんど吸収されない、安全性に問題なし。

・二酸化ケイ素;固結防止剤として使用、体内にほとんど吸収されず、毒性は認められない。

ステアリン酸カルシウムとバルミチン酸カルシウムを主成分の高級脂肪酸カルシウム塩の混合物で、低水溶性・粉体の流動性向上・固結防止などの機能があり結着剤、乳化剤、固結防止剤の使用認可の食品添加物。

命源水素の原料

・焼成カルシウム;牡蠣の焼成カルシウム使用は、「酸化物の還元の活性水素」の製造法として特許第3650871登録され、健康補助食品で、マイナス水素イオンを長時間発生させる。

・ゼラチン;美肌効果・間接に良く健康食品に使用される。

・ステアリン酸カルシウム;上記に記載。

・二酸化ケイ素;別名は石英、シリカ。非結晶のシリカは発がん性の報告なし、体内では骨、血管、髪、間接に含まれ髪や爪の再生、免疫力や肌の保湿の役割をもつ。

・ゼオライト;結晶の中に微細孔をもつアルミノ珪酸塩の1種で、溶岩と塩分が化学反応結合し数億年かかってできた天然の鉱物を使用。

体内のpH調整、老廃物・有害ミネラルの排出、免疫機能の保持の助長。既存添加物名簿番号1218-2/236指定の健康補助食品で、副作用や常習性がない安全が認められているの既存添加物。

・デキストリン;グルコース吸収の抑制、消化されにくい食物繊維と同じ整腸効果がある。

焼成カルシウムを使用したサプリで水分を多めにとるようにと付記されています。

 

Sponsored Link



太田教授研究グループの精製岩塩を使った水素サプリ

太田教授と機能研究所の斉藤医師共同開発の「水の素」サプリの原料です。

・精製岩塩;主原料で、ナトリウムは除かれている。

・イノシトール;脂質代謝を促進、肝臓の脂肪蓄積防御。

・酸化マグネシウム;排便促進、胃酸を中和する。

・ステアリン酸カルシウム;安定剤として使用される。体内で吸収はない、毒性は認められていない。

・酸化チタン;発がん性の疑いも言われていますが、着色剤として食品添加物として認可。表示は無害と記されている。

・HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース);増粘剤、体内の吸収はなし、大量摂取しても軟便の軽い影響のみ。

太田教授と斎藤医師が開発した水素サプリは、週刊文春の水素溶存濃度の公開テストで、他の水素サプリとは比べ物にならないくらい多くの水素が溶解のデータの記載があります。

水素の発生量は、精製岩塩がっもとも多く、フラナガン水素、ゼオライト、サンゴカルシウムの順です。

田教授開発の精製岩塩は、水素化マグネシウムではないかといわれています。

1カプセルで1ℓの飽和水素水の15.7mℓ/1ℓですから、1ℓ中にH2が1.57ppm=約0.0015gです。

ちなみに、水素が4%(1リットル中に水素が40g)以上でなければ爆発しません。

このごく微量の1.57ppmに、水素の個数は、なんと約4.688×1020個です。信じられないほどの数ですね。

なお、水素H2は1995年の平成7年に安全な既存添加物に承認されています。

太田教授研究グループでは、数多くの研究論文を発表されています。

水素イオンではなく、水に溶解したH2の水素が、効果があると一貫して発表されています。

イオン化した物質は、胃の生体膜を通過できませんが、イオン化していない分子のH2は、どの生体膜も通過できるので胃の生体膜も通過します。

一般的にサプリには腸溶解カプセルが使われますが、水素サプリには使われていません。

その理由として、千葉大学と九州大学の共同研究のパーキング病の研究論文が参考になるのではないでしょうか。

親水性の極性があるものやイオンはどの生体膜も通過が妨げられるが、非極性分子は生体膜を通過できます。このように物質によって透過性を左右されることを選択的透過性といいます。

千葉大学・九州大学の共同研究の論文では、胃から分泌の脳神経の保護の働きで知られているグレリンは、胃中の水素濃度が高くなると分泌が増えることを発見し、グレリンは血液で脳に運ばれ脳を護る働きを水素は間接的に働いていることが判り、腸細菌も水素を発生させますが、効果はないと報告されている今までの結果と同じとあります。

このように分子で極性のない水素H2は、どの生体膜も通過でき、間接的に脳を護る効果から、必然的に、胃の中で水素の発生が体にとってより効果的と考えられます。

よって、腸溶解カプセルが使われていないといってよいでしょう。

太田教授が考案された精製岩塩を水素化マグネシウムと仮定します。

マグネシウムは、必須ミネラルの1つで、酵素の働きの補助効果でもあり、健康維持にも歯や骨にも必要なミネラルで、1日の摂取量の目安は270~340㎎ですから、1日に1、2個のサプリでは問題ないといわれています。

ミネラルに水素を吸着させた精製岩塩の溶解の酸化還元電位の測定は、開始から1時間まではあまり数値が上がりませんが、1時間から2時間後までが急激に上がり、2時間後がピークに達します。

これより、精製岩塩の溶解は遅いと考えられます。

また、この実験で、水素効果も持続性が4時間くらいあることも実証されています。

水素サプリの副作用は?

水素サプリも全くといってよいほど副作用はありません。

水素は、細胞にダメージを与える悪玉といわれる活性酸素のヒドロキシルラジカルにアタックしますが、その他の活性酸素にはアタックしません。

ヒドロキシルラジカルと反応して無害の水に変化し体外に排出します。

余剰となった水素は、何処でも通過可能ですから体外に排出され、副作用を起こさない優れものです。

また、添加物も食品添加物にリストされたもので、問題はないといわれています。

太田教授は、ただ、困っていることとして、効果が確認できない水素水やサプリが市場に出回っていることで、購入時は信頼のおける水素水やサプリを選んでほしいとコメントされています。

Sponsored Link



水素サプリはとても注目されています。

先に水素サプリは、持ち運び、水素H2が減ることもなく、作る手間もなくて、しっかりと摂取できることについて、少し詳しくまとめます。

水素サプリの取り扱いについてこれだけは注意してください。

水素サプリは、カプセル錠剤で、アルミパッケージ入りですが、空気中の水分と反応しやすいですから、出し入れ時は素早し、チャックをしっかりと閉め、常温で湿りがなくて光の当たらない場所で保管することが肝要です。

詰め替えはしない方がよいです。

冷蔵に入れるとカプセルが壊れることがありますので冷蔵庫には入れないでください。

水素サプリは、必要な時に服用ができ、とても便利です。

例えば、今夜は飲み会、二日酔いなどのここぞというときに使用ができます。しかも1錠で飽和水素水1ℓ分の水素です。

水素サプリの服用は、体内で水素が発生ですから、しっかりと飽和水素水1ℓ分の水素が取れます。

水素サプリは、水素水生成機などの高価な機械も必要としませんし、持ち運び用の水素が抜けにくいアイテムも必要としません。

このような手間もコストも必要ないとても優れた商品です。

水素を発生させる生成機も必要なし、パウチの置き場も必要なしの場所を取らないところも水素サプリの良いところです。

Sponsored Link



水素サプリのまとめ

健康は誰しも願うことですが、なかなかその実行には至らないものです。

毎日必要とされている水を水素水に換えればよいことなのですが、これまた購入から持ち運びのことを考えると、よいとわかっていても億劫になりがちです。

この点、サプリの水素は楽です。持ち運びの不便もなく、安全で安心の水素サプリは、現代の日本の生活習慣病の問題の解決策にも役立ち、今後一層の愛飲者が増えるでしょう。

疾病の発生要因は、遺伝子要因と病原体や有害物質などの外部環境要因がありますが、最も多くの病気の要因は食生活・運動・休養・喫煙・飲酒・精神活動パターンなどの生活習慣です。

あの怖い「死の四重奏」の内臓脂肪型肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症もその他の生活習慣病といわれる様々な病気も生活習慣の乱れが原因で引き起こされる病気です。

大半の病気が、風邪などのように急性ではありません。

病気の要因の生活習慣の乱れが、じわじわと忍び寄り自覚症状もなく、ある日突然、命にかかわる心筋梗塞や脳血管疾患の突然死を招きかねません。

欧米化した食習慣の改善、運動不足の解消、たばこ、ほどほどの楽しい飲み会、生活サイクルなど日頃の生活の改善が、病気の予防と改善につながります。

そして1日でも長く健康で楽しい暮らしができるように、日頃から心がけることが大切です。

刻々と発生する活性酸素の除去は、今ではごく当たり前に必要と考えられていますが、水素は、柑橘類などがもつ抗酸化作用のようにすべての活性酸素を攻撃するのではなく、ヒドロキシルラジカルの活性酸素のみを撃退させ、悪影響を及ぼさない水として体外に排泄します。

水素の効果は、体内の健康維持に大切と指摘され、健康と病気の改善・予防に役立つと注目されています。

諏訪氏の陰極水生成のシンノオル液から60年が経過しましたが、水素は原子として一番小さいからこそミトコンドリアにも関与できる優れ者です。

また、太田教授の研究グループでは医療現場からの臨床の立証も多く発表され、様々な病気への効果が報告されています。

水素の体内における働きのメカニズムが解明され、日進月歩で水素の効果が一層明らかになり、水素の力が今以上に評価される日もすぐに来ることでしょう。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • 水素水をペットボトルに入れるとただの水?水素水の特徴を知って最適な保存方法とは?

  • 水素水サーバーの効果と正しい選び方完全解説!

  • 水素水の効果が凄い!徹底検証した結果を完全解説!

  • パーキンソン病への水素水の効果について

  • 水素水の持ち運びは水素濃度を保てる容器を選びましょう!