1. TOP
  2. 水素水
  3. パーキンソン病への水素水の効果について
Sponsored Link

パーキンソン病への水素水の効果について

水素水や水素ガス、水素入浴は病気の症状を改善したり、健康や美容にも良いと注目されています。その中でパーキンソン病に対する水素水の効果も期待されています。

今回の記事では水素水のパーキンソン病への効果について様々な視点や観点から調べた結果をお伝えします。

Sponsored Link



Contents

医療の現場でも水素水が大活躍

医療の現場で実際に水素水を患者様に飲んでもらい治療と併用している所も多くあります。そして「どういう病気」で「どれだけの患者様」に「どれだけの効果」があったのか?というのも論文で発表されています。

水素水を導入している医療機関の特徴

・代替医療に注目している病院

・研究熱心な病院

・話題性の高いものを積極的に採用している医療機関

・お医者さんや医療従事者が実際に試し、効果を実感している医療機関

どんな病気に水素水は効果があるのでしょうか?

水素水は、関節リウマチやパーキンソン病などの難病の他、糖尿病や脳梗塞など生活習慣に密接に関係する病気、便秘や歯周病・肩こり・疲労・アレルギーの改善にも効果が得られたという論文が多くあります。

その中で、気になるパーキンソン病と水素水について調べました。

なおその他の水素水の効果に関しては水素水のカテゴリーにてそれぞれ詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



パーキンソン病とは

パーキンソン病とは、脳から出た運動の指令がうまく筋肉に伝わらず、スムーズに動く事が出来なくなってしまう病気です。

これは、中脳の「黒質」という部分の神経細胞が減少してしまった事で起きます。

パーキンソン病と診断された方の中脳の断面図を見ると通常であれば、黒く見える部分(黒質)が減って、白く見える所が多くなります。

黒質の減少の原因

中脳にある黒質(神経細胞)はドーパミンという神経伝達物質を作り出していますので、黒質が何らかの原因で減少するという事は、ドーパミンも減少します。

ドーパミンは神経伝達物質ですから、減少すると指令が伝達しにくいという結果になります。

一般的に年齢を重ねると黒質が減少していきますが、パーキンソン病の方はそのスピードが早いです。

その減ってしまう原因については、まだ解明されていない所ではありますが、現在考えられているのは、以下の通りです。

  1. αシヌクレインというタンパク質が蓄積し、黒質を減少させているのではないか
  2. 活性酸素による酸化ストレスによるものではないか
  3. 酸化ストレスからくるミトコンドリアの機能低下があるのではないか

αシヌクレイン

αシヌクレインとはたくさんあるタンパク質の中の一つです。

まだ現在の様に、解明されていない事が多かった時代、アルツハイマー型認知症の方の脳内に蓄積されているアミロイドが発見され、のちにアミロイド中の成分として命名されましたのが、αシヌクレインです。

アミロイドもタンパク質の一つで、体には絶対に必要なタンパク質ではありますが、異常に増えたり、減少したりするのは、パーキンソン病をはじめとする神経変性性疾患の原因になると言われ、脳内に異常にタンパク質が蓄積すると、老人班といわれるシミが出来ています。

 

Sponsored Link



パーキンソン病に対する活性酸素の影響

体内で酸素を使う際に必ず自然と発生するのが活性酸素です。

体の中で必要な働きがありますが、増えすぎると毒性が強く、体内の細胞を酸化させ老化や病気を引き起こしてしまいます。

活性酸素の役割

体内に侵入した細菌などを取り除く働きがあり、エネルギーを作る過程の中で、必ず活性酸素は作られ、余った活性酸素は水素と結合して水となり体外へ排出します。

活性酸素が増えすぎると

過剰に活性酸素が発生すると体を酸化させ害となり、正常な細胞をやっつけ、老化・シミ・ソバカス・シワ・癌・動脈硬化・糖尿病・認知症などの原因となります。

なお活性酸素に関しては「活性酸素とは?」にてより詳しくお伝えしています。

ミトコンドリア機能の低下について

ミトコンドリアとは、体の中にある60兆個の細胞の事です。

ミトコンドリア細胞がキチンと機能しないという事は細胞が活性化しないので、ドンドンと細胞の老化が進むという事になります。

細胞を老化させない = 病気の発症遅らせる

パーキンソン病の進行について

パーキンソン病は進行性神経難病という病気のくくりのなかにありますので、進行していきます。

上手に薬で症状をコントロールするという事と進行に備えて上手く付き合っていく心構えや準備が必要です。

昔は症状に対する薬しかありませんでしたが、現在は治療薬が出て来ています。

その薬は体に「合う・合わない」というのがありますので、担当医とよく相談をして調整ししていきます。

パーキンソン病をより詳しく知る

パーキンソン病の方は、専門家が見れば一目で「疑わしい」と診断がつきます。

それは、ある一定の特徴があるからです。

パーキンソン病の特徴

・表情が乏しい(筋の拘縮により起こる)

・顔は仮面様で脂ぎっている事が多い

・前傾もしくは前屈姿勢

・歩く際には手を振らないか、振りが小さい

・ふるえが手指・下あご・足にみられる(静止時の振戦)

・字を書かせれば、ふるえて小さくなる

・すくみ足や小刻み歩行(寡動・無動)

・転びやすい(姿勢反射障害が起きる)

・多くの場合、便秘に傾く

などの症状が見られた時には、パーキンソン病を疑い、詳しく診察を行います。

 

Sponsored Link



パーキンソン病とパーキンソン症候群は違います。

前述の通り、パーキンソン病は明確な症状が出ますので医療関係者はもちろんの事、パーキンソン病の特有症状を知っていればすぐにわかります。

しかしパーキンソン病ではなくてもパーキンソン病と似た症状が常用している薬などの影響で出ることがあります。そのことをパーキンソン症候群やパーキンソン様症状と言います。

パーキンソン症候群(パーキンソン様症状)が出る薬として挙げられているのは高血圧のお薬や精神安定剤、睡眠導入剤(睡眠薬)などが挙げられています。

具体的なパーキンソン病の症状

一般の人には、なかなかパーキンソン病のイメージがつかないと思いますが、大分前の映画で、ロビン・ウィリアムズとロバート・デ・ニーロ主演の「レナードの朝」を見るとパーキンソン病が理解しやすいでしょう。

あの時代では、パーキンソン病の事が全く分からず、それでも懸命に治療を行って行く様子が描かれています。

結果、ドーパミン投与の効果は劇的でした。

最後は薬にも反応しなくなり、進行して行くのですが、今は医学の進歩により、さらに解明されてきています。

パーキンソン病は脳の病気

脳のMRI画像を丹念に調べると、脳の中枢部分に水素が集合しています。

脳が正常に働いていれば、問題はありませんが、加齢と共に脳も老化つまり酸化し細胞が死んで行きます。

高齢の方の脳を解剖すると、皮膚に出来るシミと同じように脳内にもシミがあります。

このシミは活性酸素による影響で酸化しことが原因だと言われています。

つまり、活性酸素を取り除くことが出来れば、酸化を防ぎ老化を遅らせる事が出来ます。

以上の発想から、水素水や水素ガスによるパーキンソン病の予防や治療に効果があるのではないかと注目されています。

Sponsored Link



水素は最も小さい原子

人の体の約70%が水分です。(HO)

つまり水素(H)と酸素(O)の化合物です。

更に体重から見た存在量として酸素が65%、水素は10%を占めています。

そして水素は宇宙で一番最初にでき、しかも最も小さい元素ですので、体の隅々まで行き渡っているという特徴を持っています。

なお、水素に関するより詳しい情報は「水素とは?」にてお伝えしています。

体の70%が水。水と健康の関係

身体は食物で作られ、添加物が少なく、良質な食物を摂取する事で丈夫で健康的になれる事は、多くの方たちが理解しています。

そして、体内の約70%は水分で、水分を貯蓄して置く場所は筋肉の中です。

赤ちゃんとご高齢の方が容易に脱水になりやすいのは、筋肉量が単純に少ない為、水分を貯蓄して置けないという生理的背景が影響しています。

健康的な体の源は良質な水環境の維持と言っても過言ではありません。

日本列島各地には「名水」と呼ばれる所が多くあり、マグネシウムやケイ素、ミネラル鉱石に影響され、溶解された水素の放出が多く、治療効果の高い養分が含まれているため、地元の人がそれは神の力と信じ大事にして来た所も多いです。

滝も自然界におけるマイナスイオンの宝庫です。

 

Sponsored Link



水素が活性酸素と結合して水になる

老化の進行や様々な病気が発症する過程で、主に「活性酸素」が深く関わっているという事が分かった為、活性酸素に水素がくっつくことで悪玉活性酸素を水に変え、体外に排出するという事が注目されました。

活性酸素が体を酸化(サビ)させるため、水素により還元します。

「酸化」と「還元」の意味について

教科書では、「酸化」は電子を失うこと、「還元」は電子を得ることと説明されています。

しかし、これでは理解しにくいので簡単に言いますと、「酸化は錆びる」に対して「還元は甦る」という解釈をします。

活性酸素は細菌やウイルスに対して必要なものです。

日常的に私達の体内では、酸化と還元が繰り返されています。

生きて行く上で絶対に必要な酸素ですが、その取り入れた酸素の2~3%程度が、活性酸素になり、善玉活性酸素と悪玉活性酸素に分かれます。

活性酸素はたくさん作られてしまうと、正常な細胞を傷つけ、それが原因で病気が発症したり癌細胞になったりする半面、血管拡張や体内に侵入した細菌やウイルスなどから体を守る役割も持っています。

水素は体の酸化を止めることが出来る

細胞の一つ一つに電子を与え(還元)、酸化を食い止める事をすれば、必然と細胞が甦り、結果として健康回復や老化のスピードを遅らせる事が可能となります。

良質な水を飲む = 水素が活性酸素と化合し水となり排出される = 活性酸素が減る

と考えることができます。

 

Sponsored Link



良質な水とは?

  1. 天然の鉱石などの影響をうけている
  2. 万病の元となる活性酸素を取り除く力がある
  3. 細胞の活性化に必要な電解ミネラルを多く含んでいる
  4. Ph(ペーハー)が体液に近い
  5. 水の組織浸透力が高い
  6. 酸化還元電位が低い

このように日本の名水はこれらに非常に近い成分を持っています。

水は生きて行くためには欠かせないもので、しかも体の70%を占めています。

いかに水の質が体に影響を与えているか容易に理解できます。

フランスにあるルルドには「奇跡の水」と呼ばれる水があり、分析及び解析を行った結果、水素を多く含んだ水であった事が分かりました。

Sponsored Link



パーキンソン病に対する水素水の効果について

では、パーキンソン病の方が水素水を飲むと、どのような変化があるのか?

効果的な飲み方について調べてみました。

パーキンソン病になぜ0.08ppm~1.6ppmの水素水なのか?

濃度が0.08ppm程度であっても、十分に効果があります。

一般的には0.8~1.2ppmの濃度の水素水が良いとされていますが、低濃度の水素水でも効果が得られたという研究結果もあります。大事な事は継続することです。

水素水の濃度について

色々と調べて行きますと、濃度が高ければそれだけ効果があるという記述がありますが、そこに惑わされる必要はないようです。

濃度が高くても、水素が抜けてしまえば、低濃度となってしまいますし、高濃度の水素水を飲んだからと言って、低濃度と比べて効果は変わらなかったという報告もあります。

水素水を毎日飲む理由は?

水素水は飲み過ぎても、悪玉活性酸素が無ければ、そのまま化合せず体から抜けて行きます。

大体の飲む目安として、1日300~500ml程度くらいが良いと言われていますが、遺伝子のスイッチを入れるという意味で、病気がある場合には1ℓ程度飲む方が良いようです。

必要水分量の計算の仕方

高齢で、なかなか水分摂取が難しい方

体重(1kg) × 20 ~ 30㏄ で計算します。

30Kgの体重の方は、30Kg × 20~30㏄ = 1日水分量は600~900㏄

50Kgの体重の方は、50Kg × 20~30㏄ = 1日水分量は1000~1500㏄

一般成人の方

体重(1Kg) × 35 ~ 50㏄ で計算します。

30Kgの体重の方は、30Kg × 35~50㏄ = 1日水分量は1050~1500㏄

50Kgの体重の方は、50Kg × 35~50㏄ = 1日水分量は1750~2500㏄

このような根拠から成人は大体1日に1000~1500㏄程度の水分を摂りましょうとなっています。

 

Sponsored Link



48週間以上、水素水飲み続ける理由とは?

人間の身体の細胞が入れ替わる時期がそれぞれのパーツで違いますが、骨折した場合に骨が再生するのには、約3カ月間(12週間)かかり、血液は120日間(約17週間)かかります。

筋肉や肝臓の再生には2カ月(8週間)かかり、全身の細胞が全て入れ替わるのには6年位をみる必要があるとも言われています。

効果を感じるには最低でも8週間くらいはかかり、更にパーキンソン病の症状が軽減され始めたのは、48週目からであったという研究から、長いスパンで取り組むことが重要です。

活性酸素と水素水の関係

呼吸により取り入られた酸素の2~3%程度が活性酸素になると言われていますが、活性酸素の中のフリーラジカルと言われる、スーパーオキシド・ラジカルは善玉活性酸素で、ヒドロキシルラジカルは悪玉活性酸素です。

スーパーオキシド・ラジカルは善玉ですが、電子を16個ではなく17個持っています。

そのため、そのうちの1個の電子が不対電子であることで、不安定となり他の分子から電子を奪おうとして暴れます。

電子を失うと酸化しますので、このフリーラジカルが原因でサビ付き老化していくという仕組みです。

水素はその不安定となっているフリーラジカルと化合(くっつく)して、水(HO)となり体内から排出されます。

水素水は、悪玉活性酸素のみを選択的に排出している訳です。

なお水素水と活性酸素に関しては「水素水による活性酸素の除去効果とは?」にてより詳しくお伝えしています。

 

Sponsored Link



水素水の還元力について

酸化を防ぐ効果があるポリフェノールやビタミンCも有名ですが、水素水は地球上で最も還元力が優れています。

その還元力は、ポリフェノールの約220倍、ビタミンCの約175倍もあると言われています。

シミやシワに効果があるポリフェノールやビタミンCよりも、数段上の還元力を持つ水素水を毎日継続的に飲み続けた方が良いのは、一目瞭然です。

しかも、水素は非常に小さいので、体の隅々まで行き渡る事が可能です。

水素はペットボトルでも容易に抜け出せる程の大きさなので体のあらゆるところにまで届きます。

脳関門を通れる水素水

脳関門は非常に狭い所です。

体に良いとされる色々な成分を摂取したとしても、脳関門を通過出来なければ、脳へ影響を与えることにはなりません。

そうなるといくら良いものでも、効き目がないという事になります。

脳内には水素が集合している事は明らかですから、水素は脳関門を通過出来ていることになります。

つまり、良質の水素を体に取り入れ脳内の活性酸素を取り込めば、脳細胞を活性化出来るのです。

ミトコンドリア機能低下と水素水の関係

ミトコンドリアとは、私たちの細胞の中にある小器官で、細胞全体の10~20%程度をしめています。

ミトコンドリアとは、体を動かしたり、考えたり、熱を生み出したりするためのエネルギーを作り出す所ですので、細胞レベルで質を高めておく必要があります。

ただし、ミトコンドリアが活動するには酸素が必要不可欠となり、酸素の一部は活性酸素になるので、ミトコンドリア自体を傷つけ機能の低下を招く恐れがある訳です。

ミトコンドリアの機能を高めて置くことが、健康維持に直結し、ここでも水素の還元力が発揮されます。

その他、水素水の様々な効果については「水素水」のカテゴリーにて詳しくお伝えしています。

Sponsored Link



パーキンソン病・認知症

パーキンソン病や認知症の原因は、脂質酸化やミトコンドリアの劣化

パーキンソン病は、脳内の黒質線条体と呼ばれる部分にあるドーパミン神経細胞が脱落することが原因で、顏や手脚、全身の筋肉が硬直、個縮・震戦・無動・姿勢反射障害などを主な兆候としている疾患です。

脳内は、一般に想像する以上に酸化・劣化のターゲットになりやすく、神経性疾患である認知症やパーキンソン病が難治性と言われるのは脂質の変性が原因と疑われていました。

またごく最近の研究結果では、古くなったミトコンドリアが機能しなくなってエネルギーが作る事が出来なくなり、活性酸素が発生しやすい環境となり、神経細胞が障害を受けた結果である、との報告があります。

難治性神経疾患であるパーキンソン病に対する、活性酸素除去効果が実証された実験があります。それは水素が、パーキンソン病の改善につながった好事例です。

Sponsored Link



水素水によるパーキンソン病の改善症例や論文

水素がこの疾患の改善につながった事例は「黒質線条体における脂質過酸化に、水素含有水が抑制効果を示した例」でした。

症例①水素水の飲用によるパーキンソン病の症状改善効果 (順天堂大学附属病院神経内科)

パーキンソン病は、酸化的ストレスによる影響、ミトコンドリアの異常やフリーラジカルの影響が疑われていていたが、これを長らく検証していた順天堂大学附属病院神経内科では、大々的な水素水を使ったパーキンソン病の試験を実施。

試験内容;18名のパーキンソン病被験者に対して、9名に一日1ℓの水素水を、残りの9名には普通の水を4年間飲み続けてもらった。

結果:水素水の飲用患者は優位にパーキンソン病の症状改善効果が確認できた。

論文①水素含有水が・OHによる酸化ストレスを減少させ、神経保護を確認(名古屋大学、ピッツバーグ大学)

※両大学では、この水素のあまりの効果に実験結果を信じられず、何度も繰り返し実験を行ったほどだと言います。

論文②水素含有水が・OHによる酸化ストレスを減少させ、神経保護を確認、パーキンソン病の行動障害について解明(九州大学薬学附属病院生理学分野藤田慶大)。

試験内容:ラットモデルに合成麻薬MPTPを用い、パーキンソン病を再現することができるとされていて、ミトコンドリアの機能異常と、それに伴う酸化ストレス、そして神経伝達物質ドーパミンが自動酸化することによてドーパミンが減少、神経細胞死が確認できる。

結果;MPTPを使って、60%の神経細胞死が起こったが、水素水がこの30%の細胞死を抑制。

電気分解で発生された水素を使った水素含有水の濃度が0.08ppmと、飽和濃度のわずか5%の低濃度であっても神経細胞死が抑制されただけでなく、容易に作成できるマグネシウムを用いた水素含有水であっても同様の結果が得られた。

これは上のMTPT急性投与ラットモデル以外に、慢性投与ラットモデルを用いることで、パーキンソン病特有の「行動障害」についても解明された。

慢性投与のモデルマウスの神経細胞死も、水素含有水で20%抑制できることが報告され、水素含有水が・OHによる酸化ストレスを減少させ、神経保護を行ったと考えられている。

かつて、元ヘビー級チャンピオンモハメドアリは、アトランタオリンピックの点火ランナーとして聖火を聖火台へと捧げようとしたときに、なかなか付けられないという事態に陥ってしまったと言います。彼は、パーキンソン病と闘病中で、手を自由に動かすことができず、やっとの思いで点火することができたのを、目にした人はいまだに記憶に残っているかもしれません。

ミトコンドリアを酸化から防ぐことができれば、パーキンソン病は予防できると考えられています。

Sponsored Link



パーキンソン病と水素水のまとめ

体内の水分量は60~70%を占めていますので日頃摂取する水はとても重要です。

良質で還元力の高い水を摂取すれば、細胞レベルで甦っていきます。

私達の老化は避けられないものではありますが、10年20年先には、他の同年代の人達と大きく違いが出ている事でしょう。

食べ物や飲み物から私達の体は作られている訳ですから、1日や2日で効果は表れないにしても、長い先には大きな結果があります。

今回、パーキンソン病と水素水についてお伝えしましたがパーキンソン病への治療効果や予防効果のみに限らず、水素水は日々の生活においてとても大きな貢献をしてくれます。

ぜひこれからも良質な水分補給の為に水素水を活用していただきたいと思います。

●参考文献

服部信孝:「順天堂大学が教えるパーキンソン病の自宅療法」主婦の友社 

太田成男:「水素水とサビない身体」小学館

山野井昇:「水素と電子の生命」現在書林

内尾貞子:「系統看護学講座 成人看護学 脳・神経疾患患者の看護」医学書院

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 水素水の健康効果に驚愕!

  • 水素水洗顔で美肌作り!最短で肌の悩みを解消するには水素水が効果的

  • 水素風呂(水素バス)の効果は飲むときの数倍!驚異の結果を大公開!

  • 水素水の癌(ガン)と抗がん剤に対する効果とは?

  • 水素水で便秘を根本から解消すべきその理由とは?

  • 水素水の美容効果が絶大な理由とは?