1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水の癌(ガン)と抗がん剤に対する効果とは?
Sponsored Link

水素水の癌(ガン)と抗がん剤に対する効果とは?

この記事では水素水における「癌に対する効果(第一部)」と「抗がん剤に対する効果(第二部)」の二部構成でお伝えいたします。

 

水素水はさまざまな病気に効果があると言われています。その代表的な病気が、ガン(癌)です。ガン(癌)は予防することも改善することも難しい病気ですが、水素なら予防・改善できる可能性があるのです。

水素水がガンに対して持つ効果に関する、数多くの研究報告があります。

今回の第一部では、水素水がガン(癌)に及ぼす効果についてご紹介します。

Sponsored Link



水素水が癌(ガン)に効果をもたらす理由(第一部)

ガンができる仕組みについて、少し詳しくご説明しましょう。

ガンとは、ガン細胞が大きく増殖してしまう病気です。
ガン細胞は遺伝子が何らかの原因で傷つけられたときに作られる細胞です。

人体は、60兆個の細胞で構成されていると言われています。実は、ガン細胞も、毎日数千、数万個が発生しています。ただ、1センチくらいまで成長して健康に問題を起こすガンに成長するまでには、10年くらいかかると言われています。

遺伝子は、細胞を作る設計図です。この設計図が壊れてしまうと、新陳代謝によって細胞を毎回作りなおすときに、その都度間違った細胞を作ってしまうことになります。

こうして、ガン細胞が作られ、増殖するのです。

人間の身体は、新陳代謝によって、古い細胞と新しい細胞を入れ替えています。古い細胞は死んで排除され、新しい細胞に入れ替わります。

このとき、新しい細胞は、古い細胞の遺伝子情報をコピーすることで誕生します。ところが遺伝子が壊れていると、間違った情報を元に新しい細胞が作られるのです。

ガン細胞が発生しても、通常は大きく成長せず消滅するのですが、間違った遺伝子情報による細胞の生成が繰り替えされると、ガン細胞は増殖してしまいます。

細胞の遺伝情報は、細胞の分裂回数や寿命の情報が含まれています。この情報に傷がつくと、ガン細胞が発生してしまうのです。

つまりガン細胞は、分裂回数や寿命が通常の細胞と異なり、無限に分裂しようとしてしまうのです。また、通常の細胞は自然死する機能が備わっているのですが、ガン細胞は自然死しないのです。

白畑教授の研究では、ガン細胞の内部では、健康な細胞よりもはるかに多い活性酸素が発生していることが分かっています。ガン細胞は、活性酸素が遺伝子を傷つけることで作られてしまうものですが、ガン細胞の成長にも活性酸素は影響を及ぼします。

ガン細胞の周辺を活性酸素が酸化することで、成長を促しているのです。

しかも、ガン細胞は、活性酸素を周囲に放出するので、その周囲にある他のガン細胞を成長させてしまうのです。

ガンは新生血管という新しい血管をわざわざ作り、栄養を補給して成長します。しかも、それを通じて他の組織にまで転移してしまいます。

私たちの身体には、壊れてしまった細胞や遺伝子を修復する機能がもともと備わっているのですが、加齢などが原因で、その機能がうまく働かない場合があります。

こうして、ガン細胞は、健康を脅かしてしまうほどの大きさにまで成長してしまうのです。

Sponsored Link



ガン(癌)の増殖をくい止める水素

しかし、活性酸素を除去することができれば、ガンの増殖をくい止めることができます。

活性酸素がガンの成長と増殖に関係しているので、活性酸素さえ除去できれば、成長と増殖を食い止められます。

実際、すでにガン化してしまった細胞であっても、細胞内の活性酸素を除去することで、増殖が食い止められるこという報告例があります。

したがって、身体のすみずみにまで行き渡ることができる水素で、細胞内の活性酸素を除去すれば、ガンの成長・増殖を遅らせることも可能なのです。

ガンの成長や増殖を抑えるだけでも、ガンを克服するためにはとても効果的です。

というのも、私たちの身体には、ガンを退治する機能がもともと備わっています。
ガンの成長と増殖をなんとか食い止めれば、身体にもともと備わっているガンに対抗する力のほうが勝ってきます。

ガン抑制遺伝子が、ガン化してしまった細胞の遺伝子の情報を修復することで自然死させてしまうことができます。免疫細胞も抗ガン作用を持つものがあります。こうして、ガンを退治することができるのです。

水素の効果はそれだけではありません。

ガンは新生血管を通じて栄養を補給して成長しますが、この新生血管が作られることを水素が阻止してくれることが分かっています。

水素は、ガンの栄養素を断ち、転移も食い止めてくれるのです。

水素は、ガン細胞が発生するきっかけとなる遺伝子のダメージを抑制し、ガン細胞の成長・増殖を抑え、新生血管の発生も阻止し、ガンの転移を防いでくれる可能性があるのです。

 

Sponsored Link



従来のガン(癌)治療は活性酸素を増やす

ガンの治療方法は何種類かあります。外科手術によってガン細胞を切除する方法もあります。また、化学治療の一種、抗ガン剤治療もあります。最近では、放射線治療を行う場合もあります。

しかし、この抗ガン剤治療と放射線治療には、問題があると言われています。

抗ガン剤は、ガン細胞の遺伝子を直接攻撃することでガン細胞を死滅させます。したがって、抗ガン剤によってガン細胞は目に見えて収縮していきます。

ところが、抗ガン剤はこのとき大量の活性酸素を放出してしまうのです。すると、ガン細胞だけでなく、その周辺にある正常な細胞をも攻撃してしまうのです。

正常な細胞の遺伝子まで傷つけられると、そこからガン細胞が発生する原因になります。

つまり、抗ガン剤はガン細胞を攻撃するのですが、正常な細胞も攻撃してしまい、しかも新たなガンの発生にもつながってしまう恐れがあるということです。

放射線治療も、よいことばかりではありません。

放射線治療は、高いエネルギーを持つX線をガン腫瘍めがけて照射する治療方法です。この放射線によって、ガン細胞の遺伝子を物理的に破壊してガン細胞を死滅させます。

放射線によってガン細胞が攻撃されると、その内部にたくさんの活性酸素が発生します。

放射線治療は物理的に直接ガンの遺伝子に働きかける治療法ではありますが、ガン細胞にだけ放射線をピンポイントで照射することは現在の医学では不可能です。

ガン細胞だけを攻撃する放射線治療を開発するための研究は日々行われていますが、まだまだ理想には程遠い段階です。
そのため、放射線治療だと、ガン細胞の周囲の他の健康な細胞にも、放射線があたってしますのです。

放射線は、健康な細胞の遺伝子を壊してしまうリスクがあるので、さらにそこからガン細胞が発生する恐れがあります。

つまり、抗ガン剤も、放射線治療も、活性酸素を増やしてしまう治療法である上に、正常な細胞の遺伝子を破壊してしまう治療法でもあります。こうした問題は、まだ現在の科学的水準では克服できない課題です。

水素なら、健康な細胞を攻撃することなく、ガンの原因である活性酸素を除去するので、身体に負担がかからず、新たなガンが発生してしまうリスクもないのです。

Sponsored Link



水素の点滴

点滴に使う生理食塩水に水素を注入して点滴を行うと、ガン患者と健康な人とでは、水素に対する反応の仕方が違うという報告があります。

点滴をすると、体は水素を取り込み、活性酸素を除去し始めます。そして、余分な水素は呼気に混じって排出されます。この呼気に水素が混じり始めるのにかかる時間には、個人差があります。

健康な人では、点滴を開始して3分程度で呼気に水素が混じり始めます。しかし、ガン患者だと30分ほどしないと呼気に水素が混じらないのです。インフルエンザ患者も同様です。

体が病気と闘っているときには活性酸素が大量に作られているので、余分な水素が排出されるまでに時間がかかるのです。また、それだけ水素が顕著に活性酸素に反応していることを表しているとも言えます。

癌(ガン)は血液の汚れの塊(かたまり)

東洋医学の言葉で「癌(ガン)は血液の汚れの塊(かたまり)」と言われています。

どういう意味かというと癌というのは食べ過ぎやストレスなどで血液が汚れて(ドロドロ)それら汚れのかたまりが一箇所に集まって出来上がった悪性の腫瘍が癌であるという考え方です。

ようするに人は日々の生活の中で食べ過ぎやストレス、睡眠不足、、タバコ、人工添加物などで血液が汚れていき、特に負担のかかっているところが癌になりやすいということです。

例えば食べ過ぎは胃や腸や膵臓に負担をかけますし、タバコは肺に負担をかけます。お酒は肝臓や腎臓に負担をかけます。こういった負担のかかるところが癌になります。

それに対して水素水を定期的に常飲することは血液の流れを良くし体内の老廃物の除去につながります。これは普通の水を飲むことよりもはるかに血流が良くなることが臨床実験で解明されています。

日々の中で老廃物をためない生活は必然的に癌の予防のになり、そして老廃物をためない生活において水素水を毎日飲み老廃物を体内にためないことは最も適したがん予防と言えます。

Sponsored Link



女性のガン(癌)にも水素水は効果的

40代以降になると、女性のガン罹患率も急増します。
とくに、乳がん、子宮がん、卵巣がんなどの女性だけが罹患するガンがあります。
最近では20代でもガンになる女性が増えています。

このような、女性特有のガンは、女性ホルモンであるエストロゲンの働きが関わっています。

ガンになりやすい女性はどのような女性かというと、初潮が比較的早かった人、閉経時期が遅い人、出産経験がない人です。

これは、エストロゲンにさらされる時期が多いためです。

生活習慣も当然影響してきます。喫煙や栄養バランス、運動不足も重要な因子となっています。
アルコールの飲み過ぎや動物性脂肪の摂り過ぎは、乳がんのリスクを高めることが知られています。

ホルモンバランスだけでなく、こうした生活習慣も悪玉活性酸素を増やす原因となります。
悪玉活性酸素は、ガンをさらに悪性化する力がありますし、新たにガンを生み出す原因にもなります。

ミトコンドリアは細胞分裂に関わっています。悪玉活性酸素によりミトコンドリアが傷つけられると、細胞分裂が正常に行われず、ガン細胞ができます。これが増殖すると、ガン腫瘍になってしまいます。

悪玉活性酸素を水素により除去することでミトコンドリアが傷つけられることを防ぎ、ガンが作られることを防ぐことができます。

ガンとの闘いは非常に辛いものです。
抗ガン剤投与や放射線治療はガンの抑制に有効であると言われてはいますが、非常に深刻な副作用をもたらします。抗ガン剤の副作用として、髪が抜け落ちる、味覚障害が起こる、吐き気がする、という状態はよく知られています。

この副作用をもたらしているのは、実は悪玉活性酸素なのです。
したがって、水素水の悪玉活性酸素を除去する作用で、ガンの発生・悪性化を予防することができるのです。

この悪玉活性酸素を除去する水素水を飲むことで、抗ガン剤治療や放射線治療の副作用を抑えることができることが知られています。

手術の際には、麻酔薬が欠かせないですよね。この麻酔薬にも、副作用はあります。ですが、水素水によってこの副作用も軽減したという報告例があります。

手術後は、手術跡が傷むということもよくあります。これは、患部に炎症が起きるためです。この炎症を抑制するのに、水素水は力を発揮します。

ガンの予防、治療中、治療後に、水素水は力になってくれます。

 

Sponsored Link



皮膚ガンにも効果が期待

太陽からは、紫外線がたくさん放出されています。
これをお肌に受けると、皮膚では活性酸素が発生します。この活性酸素によって、日焼けやシミ、お肌のシワ・タルミが起こります。

ひどい場合には、活性酸素はお肌の遺伝子を傷つけます。そうすると、皮膚ガンになってしまうこともあります。

活性酸素による遺伝子のダメージは、自分の体で自己修復できます。しかし、年齢を重ねると、この自己修復機能が十分に働かなくなります。

こうして、皮膚ガンをはじめとして、さまざまなガンにかかってしまうのです。

したがって、水素水は、美容効果としてのお肌のシミ、シワ、たるみばかりではなく、皮膚ガンといったお肌の病気にも効果があると言われているのです。

Sponsored Link



舌ガンへの効果についての報告例

水素水を口に含むと、舌の健康の維持に役立つ可能性があります。

2006年の読売新聞に、県立広島大学生命科学科の三羽信比古教授らのチームが水素を従来技術の10倍含む水の開発に成功したと報道されました。
この研究は、電力設備メーカーの高岳製作所との共同研究です。

水を電気分解することで水素を含むアルカリ水を作るサーバが開発されていますが、十分な水素濃度の水は作れませんでした。県立広島大学の技術では、活性炭フィルターを利用することで高濃度の水素水を作ることに成功しました。

この高濃度の水素水は、ガン細胞に直接有効な作用をもたらします。

舌ガンの細胞に水素水を与えて培養すると、ガン細胞が壊れて、増殖が通常の3分の1にまで抑えられることが報告されました。

シャーレに分離した舌ガン細胞を水素水の中で培養すると、細胞膜が変質して細胞が死んでいました。一方、ふつうの水では、ガン細胞が三日後に8個に増殖してしまいました。

三羽教授らの水素水は、口に含んで10秒程度なら、90%は水素濃度を維持することができます。

口に含むだけで健康管理ができるのはお手軽でいいですね。

 

Sponsored Link



放射線の害にも水素は効果的

2011年3月11日の東北で起きた大震災の後、原子力発電所が爆発するという事故が起こりました。
この事故によって、セシウム、ストロンチウム、その他数種類の放射性物質が日本列島に撒き散らされました。

放射性物質は、その名前のとおり、放射線を放出する大変危険な物質です。放射線物質から放出されるガンマ線、ベータ線、アルファ線といった放射線が体の細胞にあたると、遺伝子が傷つき、ガン化する恐れがあります。

皮膚などに放射線が照射されてしまう被曝のことを、外部被曝といいます。

放射性物質を呼吸によって吸い込んでしまい肺に沈着してしまったり、食事を通じて体に取り込んでしまい筋肉や甲状腺、骨に吸着してしまうことがあります。

このとき、体内に取り込んだ放射性物質は、長期間放射線を放出し続けます。体の組織はその間常に放射線を浴び続けることになります。

これを内部被曝といいます。

こうしたさまざまなタイプの被曝による健康被害を、水素によってくい止めることができるのではないかという提案がなされました。

日本医科大学の太田成男教授が、放射能には水素がいいのではないかと提言しています。

放射線が人体に照射されると、照射された水分子が分解されます。これは電離と呼ばれる化学反応です。
この水分子の電離によって、活性酸素などのラジカルが発生します。この活性酸素が細胞の遺伝子を破壊してしまうのです。

この活性酸素を除去するのに水素を利用しようと太田教授は考えたのです。

放射線の被害を軽減する抗酸化剤、アミフォスチンが、アメリカでは薬として承認されています。
しかし、この薬は副作用が強いため、処方できるのは、特定の状況だけです。

水素水なら、副作用がないので、こうした抗酸化剤の代替になる可能性があるのです。

Sponsored Link



NASAも水素水を研究

水素水によって放射線による被害をどの程度軽減することができるか、動物実験による検証が2010年に中国で行われました。

中国上海の第二軍事医科大学がその検証実験を行いました。
まず、複数のマウスを放射線照射し、急性大量被曝させました。この被曝したマウスを2つのグループに分けて、一方には普通の水を飲ませ、もう一方には水素水を飲ませました。

その結果、普通の水を飲んだマウスたちは、10日で95%が死に至りました。ところが、水素水を飲ませたマウスは20%しか死ななかったのです。

ところで、放射線をたくさん浴びてしまう可能性のある場所は、原子力発電所だけではありません。

宇宙には、たくさんの放射線が降り注いでいるのです。実は、飛行機に乗っただけでも、健康にはほとんど影響がないレベルですが、地上にいるよりもほんの少し被曝します。

したがって、宇宙研究と放射線は、深いつながりがあります。

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、放射線対策として水素水の効果を研究しています。

活性酸素のなかでも、とくに強い酸化力を持つヒドロキシルラジカルが水素と結合して安定化し、活性酸素が除去される化学反応プロセスに、NASAは注目したのです。

水素の効果にも限界がある

ただし、水素で放射性物質から放出される放射線による遺伝子のダメージを軽減できるからと言って、放射能汚染された食品を食べることをおすすめしているわけではないことに注意してください。

あくまでも、放射能被害に対する水素の効果は、可能性にとどまるもので、実証されているわけではありません。

放射性物質から放出される放射線は、遺伝子を直接破壊する威力を持っています。水分子の電離によって発生した活性酸素による害だけでなく、放射線によって直接遺伝子がダメージを受ける場合もあります。

しかし、水素は活性酸素を除去しますが、破壊されてしまった遺伝子を直接修復することはできません。水素の能力は、せいぜい、水分子の電離によって発生した活性酸素を除去したり、ガン抑制遺伝子の働きを邪魔する活性酸素を取り除くことで精一杯です。

放射性物質を体に取り込むと、妊婦の場合には胎児が放射線にさらされることになります。
細胞分裂を繰り返して成長する胎児に放射線が照射されると、遺伝子が破壊されたまま成長し、奇形児が産まれることになります。

水素には放射線由来の活性酸素を除去できる可能性は十分ありますが、放射性物質から放出される放射線の照射による直接的なダメージを防ぐことができるわけではありません。

したがって、奇形児などのリスクを抑制できるかどうかも未解明ですので、その点は注意してください。

Sponsored Link



水素水の癌に対する効果まとめ(第一部)

ガン(癌)は生活習慣病の代表として、日本でも増えてきた病気です。致死率も高く、国の医療費も圧迫するガン。このガンに水素水で闘えるなら、とても頼もしいですよね。

ガンの発生、増殖の原因である活性酸素を効果的に除去することで、ガンの予防や改善につながるという研究報告がされています。

放射線の害に対しても、研究が進められています。

まだまだ水素水とガン(癌)との関係については研究段階のところが多いのですが、希望の持てる研究報告がたくさんあります。

 

水素はつらい抗がん剤治療の救世主(第二部)

終戦のもの不足に、キッチンカーの栄養指導が一層食生活の欧米化を進行させ、粗食の和食から洋食が大衆化し始め、1949年以降、がんの死亡者数は急速な直線勾配で急増し、近年、がんが死因の死亡者数は1/3に達しています。巷に、2人に1人ががん患者とまで言われる今日、やはりがんの恐怖は募るばかりです。

がんも生活習慣病の一つと近年認識されています。がんの早期発見、早期治療が叫ばれ、がん検診を受診者は増加しているにもかかわらず、がんが死因の死亡者数は第1位です。

がんは切除後の治療が、がんの進行状況によっては大変な病気です。抗がん剤の苦痛は、やはりがんは治らない病気、怖い病気で不治の病で死ぬしかないと思われがちでもあり、保険適用外の治療費も莫大な負担がかかることも大きなリスクです。

確かに、抗がん剤治療は大変な治療であり、副作用に苦しまない人はいません。この抗がん剤治療時に水素H2が有効の論文が発表されましたので、紹介します。

この紹介の前に、様々な病気などを決定づける情報は、ミリミクロのミトコンドリアの変化で起きる事象ですから、ミトコンドリアについてまとめます。

ミトコンドリア形状と発見

現在、中学・高校で習ったミトコンドリアの世界ついて様々な研究がすすめられ、今まで謎であったことが続々と解明されています。

ミトコンドリアは、核をもたないDNAで、人も含めて動物のDNAミトコンドリアの形状は、丸い輪状で端末がなく、卵子に存在のDNAミトコンドリア、つまり母系のみが継承されるDNAです。

ミトコンドリアは、筒状の形状で学習したと思いますが、蜘蛛の巣のような形で常に形状を変え、互いにくっついたり離れたりするアメーバ―のような生命体です。

1882年、細胞内に小さな糸くず状の細胞が見つかり1898年にこれをミトコンドリアと命名しました。

ミトコンドリアは、酸素と食べ物から摂取した栄養を使って、二酸化炭素と水を排出して生命に必要なエネルギーを産出する生命維持には欠かせない細胞です。

ミトコンドリアは、細胞核とは異なるDNAの存在を1963年スットクホルム大学の生物学者のマーギット・ナスが発見し、ミトコンドリアの中には数千のミトコンドリアのDNAがあり、ミトコンドリアのDNAをmtDNAと表示します。

DNAの4塩基配列

DNAは、遺伝情報を記録・保存しているデオキシリボ核酸で、遺伝子の情報を保存しているらせん状の生物体です。

DNAは、ヒトの場合、リボースのアルコール性の水酸基が水素に置換されたデオキシリボースと4つの塩基で形成されています。DNAはヌクレオチドという生物体が複数個集まった重合体で、糖分子と塩基分子とリン酸分子が結合してできる長いDNAの一部に遺伝子情報が組み込まれています。

DNAは、4つの塩基のA(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)がつながったものをゲノム情報(遺伝情報)といいます。

この4塩基は、1つの塩基が決まれば、水素結合でもう1つの塩基も決まる性質を持ち、A-T間の水素結合は2か所、G-C間の水素結合は3か所あり、A-T対とG-C対をつくる補助的塩基対の性質があります。ヒトの塩基対は約31億もあります。

ゲノム情報の伝達と転写

増殖時にDNAをコピー(転写)しますが、間違った転写の塩基置換が起こることがあります。

また何らかの影響で塩基置換されたり、環境変化に適応するために塩基置換したりします。mtDNAの塩基置換は、通常のDNAより5~10も早く起こります。

並び方、塩基の置き変わり、繋がりの変化が病気の発症原因でもあり、一方、環境の変化に対応し生存維持を図るためにDNAの塩基の配列を変化させていることも判明しました。

DNAは、生物によって4種の塩基を略してATGCといいますが、何百万もの並びが決まっています。このATGCの配列を塩基配列といいます。ゲノム情報を解析すると、特有の体質や病気の特性が解明でき、現在の最先端医療に活用されています。

Sponsored Link



がんの発生

がんの研究の先駆けは、東京帝国大学の山極勝三郎教授です。

山極教授は、コールタールが皮膚がん引き起こしやすいことが知られていたので、コールタールを使用して1915年に人工がんを発生させました。

染色工の膀胱がん、ホルモンなどによって発生するがんなどのように化学的因子で起こるがんもあります。

歯のかみ合わせの悪さが粘膜を刺激し舌癌や口腔内癌や、紫外線や原爆の被ばくなどによる白血病や甲状腺癌は、物理的因子で発生するがんがあります。

ウィルスにはDNAウィルスとRNAウィルスがあり、DNAウィルスは染色体に侵入し異常因子を作り出すB型肝炎ウィルスの肝臓がん、EBウィルスのリンパ腫などの生物的因子で発生するがんがあります。

また、RNAウィルスは、DNAを転換できる酵素を使って自身のDNAを転換させ増殖します。現在、ピロリ菌が胃がんやリンパ腫を引き起こすことが明らかになっています。

動物実験で、体内にある変異遺伝子を試験管内で培養し正常細胞にかけるとがん化します。

このがん発生遺伝子は、正常なヒトにも存在し、何らかの影響で点突然変異が蛋白の細胞増殖を引き起こしがん発生要因になります。このように色々ながん発生要因がありますが、DNAの異変転写ががんの発生要因です。

 

Sponsored Link



がん遺伝子が増幅するとは?

細胞には、がん抑制遺伝子がありますが、何らかの影響で機能を失いがんを進行させます。1対の染色体一方が正常で他方が異常ならばがんは発生しませんが、両方とも異常のときがんが発生します。

遺伝子の1か所以上の異常の点突然変異から特定の蛋白を増殖させ、がん発生の基を作るがんがあります。

DNAの複成は、二重らせんが複成フォークを形成し、DNAポリメラーゼという酵素の働きでDNAに延期をつなぎ合わせて行いますが、老化などの原因で複成に違うDNAを形成することもあり、複成障害を起こすこともあります。

遺伝子増幅とは細胞の増殖することを遺伝子増幅といいます。その他に、染色体の一部が他の染色体に飛び新たな遺伝子を作って増殖するがんを転座といいます。

がん細胞が増えることをがんの遺伝子が増幅するといいます。

がんの増幅は、複成障害の細胞が1日1000~2000個も発生するといわれていますが、健全な体であれば、白血球のリンパ球ががん細胞を消滅させますが、リンパ球が処理しきれないくらい増幅が多くなったり、リンパ球の働きが弱まったりすると「がん」と診断可能な大きさにがん細胞が成長します。

Sponsored Link



がんの治療方法は

がんの治療法は、がんの増殖を抑える抗がん剤の投与として、化学療法・ホルモン療法・分子標的療法・放射線治療があります。

薬物療法には飲み薬と、点滴や注射及び直接がん部に投与するカテーテルの方法があります。放射線治療法には、放射線を外から照射する外部照射・内部照射と、この2つを組み合わせて行う3つ方法があります。

抗がん剤は、DNAに作用し、がん細胞の増殖を抑制・死滅の効果がありますが、正常細胞も攻撃します。

そして、副作用があり、正常細胞まで攻撃しますから大変つらい吐き気、嘔吐、脱毛、白血球の減少、手足のしびれなどの副作用があります。

抗がん剤として使用するインターフェロンやホルモン剤は、うつ症状が起こることもあります。

抗がん剤の開発も日進月歩で進んでいます。例えば、がんの特性を生かしたP53誘導体DBグルコースなどの新薬も登場しています。

放射線治療は、x線、ɤ線、電子線の放射線種があります。

放射線は、新細胞にがんのDNAが転写させない仕組みを促し、がん細胞を消滅させる治療法で、がんの種類によってその効果は異なり、照射場所によって副作用の起こり方も違います。

照射技術も進歩していますが、正常細胞にダメージがあり、体のだるさや照射部の変色した皮膚の化粧など施さないで肌が弱っていますので直射日光など当てないなどの注意が必要です。照射による副作用も抗ガン剤同様にあります。

放射線の特性とは?

原子核に余分なエネルギーをもつ原子は、核を安定させようと放射線を放出します。

放射線の種類は、エネルギーの高い粒子線と電磁波があります。粒子線には、α線、β線、中性子線などです。電磁波は、X線、ɤ線などです。電磁波には電波、可視光線ですが、エネルギーは低く放射線ではありません。

放射線の特徴は、物質を通り抜ける透過力があり、放射線によって異なります。透過力が最も弱いα線は紙1枚で遮断できます。

最も透過力の強い中性子線は、鉛板も透過し水で遮断できます。プルトニウムとウランはα線を放出し、衣服で遮断でき、体外からの放射線の影響はほとんどありません。

セシウムやヨウ素は、ɤ線とβ線を放出し、鉛や厚い鉄板で遮断が可能です。

被ばくには、外部被ばくと内部被ばくがあり、いずれも放射線を受けています。外部被ばくは、自然放射能・事故などによる放射能と医療放射能があり、線量は、線量率と被ばく時間で決まります。

内部被ばくは、呼吸や水・食物などが体内に入り、体内に残存している間、内部からの放射線被ばくを起こっています。

放射線は、エネルギーが高いため、原子や分子を電離することもでき、この効果ががんの治療に使われています。

Sponsored Link



がん治療の方法

がんの治療法は、がんの増殖を抑える抗がん剤の投与として、化学療法・ホルモン療法・分子標的療法と、放射線治療があります。

薬物療法には飲み薬と、点滴や注射または直接にがん部に投与するカテーテルの方法があります。放射線治療法には、放射線を外から照射する外部照射、服用による内部照射と、この2つを組み合わせて行う3つ方法があります。

抗がん剤は、DNAに作用し、がん細胞の増殖を抑制・死滅の効果がありますが、正常細胞も攻撃し、破壊します。

そして、副作用としてつらい吐き気、嘔吐、脱毛、白血球の減少、手足のしびれなどの症状を引き起こします。

抗がん剤として使用するインターフェロンやホルモン剤は、うつ症状の副作用が起すこともあります。

抗がん剤の開発も日進月歩です。がんが成長に必要とする糖を吸収しやすい特性を生かしたP53誘導体DBグルコースなどの新薬も登場しています。

放射線治療は、x線、ɤ線、電子線の放射線種が使われます。放射線照射は、新細胞にがんのDNAを転写させない仕組みを促し、がん細胞を消滅させる治療法です。放射線療法は、がんの種類によってその効果も異なり、照射場所によっても副作用の起こり方も違います。

照射技術も進歩していますが、透過の通り道にある正常細胞にもダメージを与え、体のだるさや照射部が変色します。

変色した皮膚の部分には、化粧など施さない、肌が弱っていますので直射日光など当てないなどの注意が必要です。照射による副作用も抗ガン剤同様にあります。

Sponsored Link



放射線が体になぜ良くないのか

遺伝子が壊れるから「がん」になるのですが、照射は遺伝子を壊す治療ですからがんの死滅のほかに正常細胞も壊します。

毎日1つの細胞あたり5~20万か所くらい遺伝子が傷つき、傷ついた遺伝子を直し、また傷き、また直しと常に繰り返しています。

自然治癒力の働きが生命体には備わっており、がん細胞の増殖も抑えられていますが、治癒できないあるいは修復されないまま残る傷は1日10〜100カ所程できます。

放射線は、怖いイメージがありますが、20ミリシーベルトの放射線を一度にあびた場合、遺伝子が完全に切れてしまうのは1つの細胞でわずか1カ所、1年間で20ミリシーベルトならば、1細胞で1日平均0.0027カ所しか遺伝子は完全には壊れません。

そのため、この程度の放射線をあびても、毎日の修復不能の数から推察して健康の問題にはなりません。

生活習慣にはもっと怖い原因があります。

例えば、がんの死亡で大きな影響を及ぼしているたばこは、がん死亡死因の15%以上占めています。

喫煙の害と年間20ミリシーベルトの放射線の影響を比べると、100倍以上といわれています。いかに喫煙ががんに良くないかわかります。

上記のように年間に20ミリシーベルトくらいでは問題になりませんし、実は、放射線が全てよくないのではありません。

自然界の低線量の放射線は有益で、放射線フルミシス効果が確かめられています。

秋田の玉川温泉は、天然記念物に指定されている放射線鉱物の北投石があります。

東北大学などの臨床研究が行われ、「難病を治す」「がんに良い」と評判です。

鳥取県の三朝温泉はラジウム温泉で放射線フルミシス効果が岡山大学の研究班により発表がすでに行われています。

世界の自然放射能の平均は2.4ミリシーベルトで、日本でも地域によって違いはありますが平均で1.5ミリシーベルトです。

ブラジルやインドでは20ミリシーベルト以上もあり、イランにおいては100ミリシーベルト以上の地域もありますが、地域の住民の健康被害は見られません。

毎日の生活の中で、空気から1.26ミリシーベルト、食べ物から0.29ミリシーベルト体内に取り込み内部被ばくが起こっています。

また、被ばくなどの特別な事情がなくても、体重60㎏では7000ベクレルもの放射線物質をもっていることが現状です。

しかし、放射線が良いことばかりではありません。

医療に使われている放射線は、レントゲン撮影のX線、光速の原子核壊れると飛び出すɤ線は、検査のほかに細胞を殺す性質があり、がん治療にも使用されています。

原子核が壊れると飛び出すマイナスの電気をもつ小さく数十ミリメートル飛ぶことができるβ線は、通り道の細胞をX線やɤ線同様に細胞を傷つけます。

α線はヘリウムの原子核で、プルトニウムのような大きな原子核が壊れるときの飛び出すプラス電気を帯びた放射線です。

電荷を帯びたα線の放射線を浴びると、内部被ばくし、細胞を傷つけ、がんなどの原因になり、同量の線量でも20倍も強力に細胞を傷つけます。その他に核兵器に使われる中性子線などがあります。

人の体の70%は水分です。放射線は水と反応しやすく、活性酸素を大量に発生させるため、遺伝子の破壊作用を起こしやすく、細胞の酸化・老化・病気を引き起こす原因になります。

破壊されたDNAを修復させる機能もあり、5~20万個の修復をしていますが、がん因子となるDNAやがん抑制DNAが5か所以上修復されないとき、がんになる可能性が高くなります。

放射線治療は、活性酸が大量に発生しますので、正常細胞を破壊しやすくこの放射線の対処は、遺伝子を破壊する活性酸の発生を少なくすることです。

また、放射線が遺伝子の近くを通ると、この時も遺伝子は破壊されます。

生命維持のために呼吸で酸素を体内に取り入れ、この酸素をミトコンドリアが使ってエネルギーを産出し、副産物として約2%の活性酸素が発生します。

Sponsored Link



放射線と水素水

放射線は、体内に蓄積しませんが、透過力が強いため体中を透過し、大量の活性酸素を発生させます。

活性酸素の除去に有効と考えられるものに水素水があります。

水素は、ダメージのある個所や活性酸素のヒドロキシラジカルのみを撃退する効果があることは、論文等で立証されています。

また、当「水メディア」でも報告されています。

水素は、他の抗酸化作用のようにすべての活性酸素を攻撃するのではなく、悪玉酸素のヒドロキシラジカルのみ撃退する優れものです。

そして、水素は、内粘膜を通過できる小さな粒子で、細部まで行くことができる利点もあります。

この水素の効果が、放射線・抗がん剤治療で有効と、今、注目されています。

放射線に対する水素水の効果の臨床実験の報告の概略をまとめました。

 

Sponsored Link



放射線の水素水効果が有効

先に述べましたが、外部被ばくではほとんどの放射線は透過し、放射能が体内に蓄積ではなく、透過した部分に大量の活性酸素と正常細胞の破壊が起こることが怖いことです。

医療の現場から、抗がん剤や放射線療法は、体内に高エネルギーやフリーラジカルを発生させ、がん細胞のDNAを破壊し、がんを撃退させていますが、体内にヒドロキシラジカルも大量に発生し、肝臓・心臓・腎臓などの臓器の機能の低下と、正常細胞もダメージを被り、免疫力や治療に耐える体力までも低下させてしまいます。

また、がん治療の抗がん剤や放射線療法は、がんの再発・2次がんの発生が高いことも報告されています。

この活性酸素の除去や細胞破壊の修復に抗酸化作用のある水素水の効果が、脚光を浴びています。

がん治療の副作用の軽減は、他のビタミンCなどの抗酸化作用を有する物質より、悪玉活性酸素といわれるヒドロキシラジカルのみ除去する優れものの水素が最適と報告されています。

NASAとピッツバーク大学の研究グループが、2011年の4月に、宇宙の放射線障害予防に水素が、酸化ストレスの軽減に有効の可能性が大きいと発表しました。

生物医学分野では、水素が抗酸化剤、抗炎症作用を有し、宇宙放射線の酸化ストレスは、DNAや脂質の損傷などの有害事象の予防と治療に有効である可能性が高いことを示唆しています。

2011年に韓国ソウルのカトリック大学病院治療放射線科の研究グループは、肝臓がんの患者に、放射線治療の水素水の副作用の効果を臨床的に立証しました。

患者グループを水素水飲料グループと水素を含まない水飲料のグループに分け、6週間飲料した結果、水素水グループは活性酸素の生成が低下し、抗腫瘍効果を損なわず放射線の生活の影響が質的に改善されたと発表しました。

マウスの動物実験で、高放射線量の防護に水素が有効の発表が2010年に中華民共和国上海からありました。

心臓照射は慢性疾患を引き起こしますが、水素の豊富な水をマウスに与えて照射すると、水素は、放射線が誘発する損傷から心筋の変性を保護し、培養では心筋の抗酸化物質を増加させ心臓保護作用が実証されたとあります。

ヒトならばほぼ完全に死に至る強い照射レベルで、水素水を飲んだ実験のマウスの生存率は、照射後30日でも80%生存の結果が得られたとあります。

2011年、マウスの動物実験で、照射はがんの発生頻度を高くしますが、水素を点滴液で注入あと照射した結果、リンパ腫の発症が抑えられた報告があります。

2011年、放射線治療の疲労と生活QOLの質損は、反応性酸素生成の活性酸素が増加による酸化ストレス・炎症によると考えられ、抗酸化特性をもつ水素は、これらの炎症を抑えることができると実証されました。

臨床対象者は、悪性肝腫瘍の放射線治療患者で、0.60mM前後の水素水の飲料の効果を反応性代謝産物と末梢血中の生物学的抗酸化力の誘導体の濃度が検証されています。

結果、反応性代謝物の産物を減少させ、血中の酸化電位の維持とQOLの改善がみられ、放射線治療の主要応答には影響がなかったとあります。

よって、毎日飲料する水素水の水素H2が、QOL改善に有効で、放射線治療の抗腫瘍効果を損なうことなく、放射線誘発の酸化ストレスの体内の影響を低減させると結論付けています。

2012年に水素の豊富な生理食塩水が、放射線誘発障害から精子形成を保護し、精子細胞のヘッドの数と組織分析で精子形成を評価しました。

造血の保護は、内因性造血脾臓コロニーの形成・骨髄有各細胞・末梢血の白血球から評価しました。

これらを調べた結果、水素H2を投与したマウスの精子細胞の頭数の増加し、IRから精子上皮の保護と、BMNCとPBの白血球の増加が実証され、水素の豊富な生理食塩水の照射前の飲料は、精子形成造血を保護することを示唆しています。

2016年、上海第2軍事大グループが、水素が豊富な食塩水は、頭頸部のがんの放射線照射による副作用の顎の骨壊死の新たな治療法として、ヒドロキシラジカルの特異的な攻撃をするため顎の放射線骨壊死に有意な効果があり、頭頸部がんの放射線治療の併用治療法として骨壊死を防止すると示唆しました。

2016年6月に、ステージⅣの進行がんに水素吸入と高濃度ビタミンC点滴の唾液ORP値の変化の臨床研究が、第16回日本抗加齢医学会総会で発表されました。

唾液ORPとは、唾液の酸化還元電位値で、酸化還元確認計で測定でき、数値が高いほど酸化状態を示します。

ステージⅣの患者抗がん剤治療の患者の唾液ORP値の変動が大きく、水素酸素吸入だけの平均ORP値が-29.1mv下がったことから、活性酸素の除去は水素の効果と考えられ、ヒドロキシラジカル消去効果が窺えます。

高濃度ビタミンC点滴を加えると、さらに唾液ORPが平均で-78mVまで下がったとあります。水素とビタミンCの抗酸化作用の相乗効果が考えられます。

このように、医療現場で、臨床報告が多くなされ、水素水の水素H2のヒドロキシラジカルのみ攻撃する効果が認められ、医療の現場で活かされるようになりました。

水素を体内に取り入れる方法として水素浴もあります。水素は宇宙で一番小さな分子で、皮膚呼吸により全身の皮膚から水素が吸収でき、高い吸収力が期待できます。

水素浴は、全身からの吸収と呼吸により浴室内に充満した水素も取り込むことができ、水素の効果が内外からの吸収で一層高まります。

入浴は疲労回復効果がありますが、水素浴は乳酸の抑制や代謝の促進作用があり、リラックス効果と不調の調整効果もあり、血管の拡張効果もいわれていますので、全身のヒドロキシラジカルに有効と考えられます。

皮膚呼吸で体内に取り込んだ水素が全身を巡る時間は約7分といわれています。

水素の効果をより高めるために温めの温度で10分以上の入浴が必要です。水素浴はがんの温熱療法として、家庭用水素風呂や水素温熱療法を勧める病院もあるそうです。

むろん、水素風呂は、活性酸素によるシミ、シワ、くすみなどのお肌のトラブルの解消にも、冷え性の解消にも効果があります。

Sponsored Link



水素の効果と抗がん剤治療

放射線は、水と反応して大量の活性酸素の発生させることが怖いのです。

放射線の抗酸化剤としてアミフォスチンが米国で開発されていますが、副作用が強く、現在は限定使用されています。

抗がん剤治療時に、発生する大量の活性酸素の除去には水素が有効の報告があります。

水素自体小さな分子ですから、浸透性が高く体の随所で発生するヒドロキシㇽラジカルの活性酸素の除去が可能で、薬物のような副作用は報告されていません。

がんの放射線治療で発生するヒドロキシㇽラジカルの活性酸素は、がんの撃退に有効であるが、一方、生命情報蓄積のDNAを損傷し、健康維持・老化や病気・がんを発生させ、がん退治ががんを作り出す治療方法です。この弱点を補う物質が水素であり脚光をあびています。

活性酸素の除去は、正常細胞の損傷を防ぎ、嘔吐などの副作用も軽減します。よって、医療の現場では、医薬品の未認可の水素H2を医療の補助的役割として活用されるようになっています。

NK細胞は自然のがん攻撃細胞

がんの治療法としてNK細胞治療も注目されていますので、概略を紹介します。

NK細胞は、ナチュラルキラー細胞の略称で血中の免疫細胞の1つで、リンパ球に約15%存在する細胞です。

NK細胞は、体内のがん細胞などの核にとって悪影響を及ぼす細胞の攻撃と全身の監視し免疫力を維持する必要な細胞です。

NK細胞は、がん細胞膜にパーフォリンというたんぱく質で孔をあけ、グランザイムのアポトーシス(細胞の自然死)たんぱく質を注入し、がん細胞を攻撃します。

NK細胞治療は、免疫力の病気のがんに有効で、難治性のがんにも最適な治療法と考えられています。

NK細胞治療は、採血した血液を約2週間無菌状態でNK細胞を約20~60億まで培養し、生理食塩液と一緒に点滴で体内に戻す簡単な治療です。

一般的に、4~5ℓ血液にNK細胞は1億個といわれていますので、培養されたNK細胞量は20~60人分の大量のNK細胞の投与がNK細胞治療です。

個人差などに合わせてこの投与の量が決められます。副作用が少なく、ほとんどのがんの患者に適用できる可能があり、安心・安全な治療です。

Sponsored Link



抗がん剤・放射線の治療に水素水が有効(第二部まとめ)

現在のがん治療は、放射線の照射、抗がん剤投与、手術、NK細胞などがあります。がんと診断される頃にはがんは直径が1㎝位まで進行し、ステージが高くなっていることが多いです。

早期発見・早期治療が叫ばれてはいますが、がんの死亡者は年々増加し、死因の第1位です。

がんの発生は、細胞の中の生命維持を司るミトコンドリア、4塩基をもつDNAのミリミクロの世界で起こる異常細胞の転写が原因です。

怖いがんもこの極小の世界が作り出す病気です。そして、このミス転写の原因が活性酸素です。

放射線の特徴は、透過で、体内に放射線が蓄積されるのではなく、放射線が透過したとおりに、水と反応して大量の活性酸素が作り出し、これが、がんを死滅させる反面、正常細胞を傷つけて新たながんを発生させるという皮肉な関係があります。

この負の効果を断つために、水素のヒドロキシラジカルのみ撃退する効果が有効で、副作用の軽減にもなり、照射後のQOLの改善につながることが報告されています。

水素は、副作用を軽減し、照射の効果を失わない優れものです。また、活性酸素のヒドロキシラジカルと水素が反応して無害の水を変化させ体外に排出します。活性酸素を断つことは、第2次のがん発生を抑制する効果も期待できます。

今後医療現場においての活用が一般的になるのではないでしょうか。

さらに、大半の病気が生活習慣の乱れによってお引き起こされるから、毎日発生する異常細胞や活性酸の除去に水素を役立ることは自身の健康維持ためにも、医療現場の向上のためにも必要ではないでしょうか。

水素水と癌については「水素水の論文 癌(ガン)について」でも別の切り口や角度で詳しく伝えています。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 烏龍茶の妊婦への影響は大丈夫?飲み過ぎ・量・カフェインについて徹底解説!

  • 烏龍茶ダイエットの効果が凄い!おすすめの方法・やり方・タイミング・食前・食後など徹底解説!

  • 烏龍茶の飲み過ぎで下痢・頭痛・気持ち悪い・太るなどの症状について徹底解説!

  • 甘酒サプリメントの効果・メリット・デメリット・飲み方を徹底解説!

関連記事

  • 水素水パックの驚きの効果とやり方のすべて!

  • 水素カプセルの効果は?水素水との違いや比較について

  • 水素水で便秘を根本から解消すべきその理由とは?

  • 水素水の美容効果が絶大な理由とは?

  • 水素水の作り方・買い方・飲み方最新版!

  • 水素水が頭痛に効果的な理由とは?