1. TOP
  2. 生姜
  3. 生姜は効果ない?生と加熱、食べ方で違う生姜の効能を徹底解説!
Sponsored Link

生姜は効果ない?生と加熱、食べ方で違う生姜の効能を徹底解説!

生姜   2,061 Views

 

生姜の効果は美容や健康に役立つことが分かっています。

 

  • 冷え性改善効果
  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 消化サポートの効果
  • 免疫力を高める効果
  • 食中毒の予防効果
  • 吐き気止め効果
  • 生活習慣病予防効果
  • 糖尿病予防効果
  • 認知症予防効果

 

などが生姜の代表的な効果としてあげられます。

生姜は古くから薬として活用されてきた食材で漢方薬にも使用されているくらい効果を実感しやすいのが特徴です。

しかしそれでも生姜は効果ないと感じている人もいます。

生姜の効果を実感しやすい人としにくい人の違いの1つに食べ方の違いがあります。

生姜は生で食べるときと加熱して食べるときでは摂取できる成分に違いが生じるため、得られる効果も違ってくるのです。

生姜の冷え性改善効果を期待している場合には体を芯から温めるショウガオールをたっぷり摂取できる加熱した生姜がおすすめですし、殺菌作用や風邪予防を期待しているのであれば生の生姜がおすすめです。

つまり生姜の効果を実感するためには、生姜に期待する効果によって食べ方を変えなければいけないのです。

生姜の効果を存分に活かせるように、この記事では

 

  • 生姜の効果効能
  • 生姜に含まれる成分
  • 生姜の食べ方のポイント
  • 生姜の加熱方法
  • 生姜チューブの利点と注意点
  • 生姜のアレンジ方法

 

について解説していますのでぜひご覧ください。

生姜の特徴を知って生姜パワーを健康や美容に役立てていきましょう!

Sponsored Link



Contents

生姜の効果効能

漢方薬にも使われている生姜は、単に料理をおいしくするだけでなく様々な効果効能が期待できます。

生姜の効果は幅広く多くの人の健康や美容に役立てることが可能です。

生姜のたくさんの効果効能について解説します。

生姜の冷え性改善効果

生姜で最も代表的なのは冷え性改善効果です。

生姜の温め効果によって血行が促進されることで体温が高まり冷え性が改善されていきます。

生姜に含まれるショウガオールの温め効果で体温を上げる

生姜は蒸す・乾燥するなどの方法で加熱するとショウガオールが増加します。

ショウガオールは体の深部を温める働きがあり、体を内側からしっかりと温めてくれます。

そのため冷え性で上がりにくい体温を上げることができるので、冷え性改善の効果が期待できるのです。

ショウガオールの温め効果は3~4時間持続する

ショウガオールの温め効果はおよそ3~4時間持続することが分かっています。

そのため生姜を冷え性改善に役立てるのであれば、3~4時間ごとに生姜を摂取するのがおすすめです。

3~4時間ごと1日に2~3回生姜を摂取すると、常に生姜の温め効果でぽかぽかした状態を維持しやすくなります。

生姜は血行不良で起こる不調も改善する

生姜で冷え性改善されると、血行不良によって引き起こされる

 

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 生理痛
  • 神経痛

 

などの不調も改善していきます。

単に冷え性が改善されるだけでなく、冷えによって引き起こされるマイナートラブルの改善にもつながるのです。

生姜の冷え性改善効果については『生姜で冷え性対策!効果的な理由や取り入れ方について徹底解説!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



生姜のダイエット効果

生姜はダイエット効果がある食材としても有名です。

生姜にはダイエットに役立つ様々な働きが期待できるので、健康的に美しく痩せたい場合にはぜひ有効活用しましょう。

生姜で血行促進できるから代謝アップで痩せやすくなる

生姜は血行促進することによる温め効果が期待できます。

体が温まり体温が高くなると代謝が高まりカロリー消費しやすくなるので、生姜を食べるとダイエットしやすくなることが期待できるのです。

体温が1度上がると代謝はおよそ13%高まるといわれていますので、生姜で積極的に体を温めましょう。

生姜の食物繊維が糖分や脂肪の吸収を緩やかにする

生姜は食物繊維が豊富です。

食物繊維たっぷりの食事をとると、小腸での糖分や脂肪の吸収が緩やかになり食後の血糖値の急上昇を抑えることができます。

空腹を感じるのは血糖値が上がってから下がるタイミングなので、食後に血糖値が急上昇してしまうと空腹感を感じやすくなってしまいます。

生姜の豊富な食物繊維で血糖値を安定した状態に保てると、空腹を感じにくくなるので食べ過ぎを抑えられるのです。

生姜に含まれるジンゲロールが脂肪の蓄積を抑える

生の生姜に豊富に含まれる辛味成分のジンゲロールには、脂肪の蓄積を抑える働きがあることが分かっています。

動物実験ではジンゲロールによって皮下脂肪が減ったことが確認されているのです。

生姜は低カロリーだから安心してプラスできる

また生姜は低カロリーなので、ダイエット中でも安心してプラスできるのが良い点です。

ダイエットに役立つ食品でも意外とカロリーが高いものもあり、その場合には摂取量に気をつけなければいけません。

生姜の場合にはカロリーの心配をせずに活かすことができます。

生姜のむくみ解消効果で見た目にもすっきり

生姜にはむくみ解消効果もあるので、見た目にもすっきりした状態を作り出すのに役立ちます。

 

  • 血行促進して汗をかきやすくする
  • 腎臓の働きを向上させて尿を出やすくする
  • 水分代謝をあげて不要な水分を排出しやすくする

 

といった生姜の働きがむくみを解消してくれるのです。

体重が減ってもむくみが取れないままだと見た目に痩せた実感を持てないということもあります。

むくみが取れると見た目に成果を実感しやすくなるのでダイエットのモチベーションを保ちやすくなることも期待できます。

生姜のダイエット効果については『生姜湯のダイエット効果が凄い!』もご覧ください。

Sponsored Link



 

生姜の美肌効果

生姜は美肌効果も期待できます。

生姜を食べることで得られる美肌効果について解説します。

生姜が血行促進して水分と栄養が隅々まで届く

美肌のためには健やかな肌細胞を作るための水分と栄養が隅々までしっかりと届くことが大切です。

生姜は血行を良くする働きがありますので、スムーズに流れる血液に乗って水分と栄養をしっかりと肌細胞に届けられます。

その結果新しく美しい肌細胞が作られますので美肌になれるのです。

生姜がターンオーバーを促すから美肌になる

また生姜はターンオーバーを促進することでも美肌作りに役立ちます。

美肌のためには肌細胞の入れ替わりをスムーズにすることが重要ですが、生姜を取り入れているとそれが可能になります。

ショウガオールの抗酸化作用によるアンチエイジング効果

生姜に含まれるショウガオールは抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果が期待できます。

エイジングは活性酸素によって細胞が酸化することで進行していき、シミやシワなどの原因にもなります。

そのため生姜を摂取してショウガオールの働きで活性酸素を取り除くことができると、アンチエイジングによって美肌になれるのです。

 

Sponsored Link



生姜の消化をサポートする効果

生姜には消化を助ける働きもあります。

生姜はどのように胃腸の働きをサポートするのでしょうか。

生姜には健胃作用がある

生姜は胃を丈夫にする働きがあり、胃もたれを起こしにくくすることが分かっています。

食事をすると胃もたれしてしまうという場合には、薬味として生姜を添えるなど意識して生姜をとるようにしましょう。

生姜で血行促進すると内臓の働きも活発になる

また生姜の血行促進する働きも消化をサポートするのに役立ちます。

なぜなら血行が良くなると内臓の働きが活発になるからです。

胃腸も温められると活発に働くので消化吸収がスムーズに行われるようになります。

生姜のたんぱく質分解酵素で肉類の消化がしやすくなる

生姜にはジンジベインというたんぱく質分解酵素が含まれていますので、肉類の消化がスムーズに行われやすくなります。

そのため肉類をよく食べる場合には生姜を積極的にとるのが良いでしょう。

たんぱく質分解酵素は熱に弱いので、肉類の消化のサポートを期待する場合には、おろし生姜など生のままの生姜を食べるようにしましょう。

生姜の消化をサポートする効果については『生姜で便秘解消!効果的な理由・飲み方・注意点をお伝えいたします!』でも触れていますのでご覧ください。

Sponsored Link



 

生姜の免疫力アップ効果

生姜には免疫力を高める働きがあります。

そのため生姜を食べることは風邪をひきにくくするなど感染症予防に役立つことが期待できるのです。

生姜の温め効果で免疫力が高まる

生姜には温め効果がありますが、体温が上がると免疫力が高まることが分かっています。

体温が1度上がると免疫力が5~6倍も上昇するのです。

そのため生姜を毎日食べる習慣を身につけていると、日常的に免疫力が高い状態を維持できます。

生姜に含まれるジンゲロールが白血球を増やす

生の生姜に含まれるジンゲロールには免疫細胞の白血球を増やす働きがあることが分かっています。

ジンゲロールの白血球を増やす働きによっても免疫力を高めることができます。

生姜の免疫力アップの効果については『生姜湯は風邪への効果が抜群!予防や対策するときの正しい方法』もぜひご覧ください。

生姜の食中毒予防効果

生姜には強い殺菌力がありますので食中毒予防効果も期待できます。

お寿司にガリを添えるなど、生食するときには昔から生姜を合わせることがありますが、これは生姜の殺菌力によって食中毒を予防する働きがあるからなのです。

生姜には強い殺菌力がある

生姜には強い殺菌力があり、

 

  • 腸チフス
  • コレラ菌
  • アニサキス

 

なども予防することができます。

そのためお寿司やお刺身を食べるときには生姜を一緒に食べるようにしましょう。

生姜はピロリ菌も撃退する

生姜の殺菌力はピロリ菌も撃退することができます。

ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因になりますので、生姜でピロリ菌を撃退することは丈夫で健康な胃を維持するために役立ちます。

 

Sponsored Link



生姜の乗り物酔いや吐き気止めの効果

生姜を摂取すると吐き気止めに役立てることができます。

乗り物酔いやつわり・二日酔いなどに効果を発揮します。

ジンゲロールやショウガオールが吐き気を抑える

生姜に含まれるジンゲロールやショウガオールといった成分には、吐き気や嘔吐を抑える働きがあります。

そのため生姜を摂取することで吐き気止めの働きを期待できるのです。

生姜の吐き気止め効果はドイツの薬用植物評価委員会で承認済み

しかも生姜の乗り物酔いによる吐き気止め効果はドイツの「薬用植物評価委員会」で正式に承認されています。

「薬用植物評価委員会」はドイツの厚生省が設置した専門家の委員会です。

生姜を乗り物酔い予防に活かす方法

生姜で乗り物酔いを予防するためには、乗り物に乗る1~2日前から生姜をとるようにします。

すりおろした生姜小さじ1杯か粉末生姜小さじ2分の1杯を摂取しましょう。

生姜の吐き気止め効果はつわりや二日酔いにも良い

生姜の吐き気止め効果は乗り物酔いだけでなく、つわりの吐き気や二日酔いにも効果を発揮します。

ただし妊娠中の生姜は過剰摂取になると流産の危険性が出てしまうことに注意しましょう。

生姜のとり過ぎに注意して適量摂取で吐き気止めに活用してください。

Sponsored Link



 

生姜の生活習慣病予防効果

生姜を食べると生活習慣病予防にもつながります。

なぜなら生姜には血液サラサラ効果があるからです。

ドロドロの血液は高血圧や動脈硬化につながり、健康に悪影響を与えてしまいます。

そのため生姜で血液サラサラにすることは生活習慣病予防をし健康を保つのに役立つのです。

生活習慣病予防と密接に関わる血圧対策と生姜について解説している『生姜が血圧に即効性がある理由と効果的なとり方について完全解説!』もご覧ください。

生姜の糖尿病予防効果

生姜は糖尿病予防にも役立てることができます。

生姜を食べると血糖値の急上昇を防ぎやすくなり、血糖値が安定した状態を保てるからです。

食物繊維豊富な生姜は食べたものの消化吸収を緩やかにして糖質や脂質が一気に吸収されるのを防ぎます。

その結果、生姜を食べると血糖値が安定して糖尿病になりにくくなるのです。

 

Sponsored Link



生姜の認知症予防効果

生姜は認知症予防効果が期待できるという点でも注目を集めています。

なぜ生姜に認知症予防が期待できるのでしょうか。

生姜の抗酸化作用で海馬へのダメージを軽減できる

認知症は記憶力を司る脳の海馬という部分が酸化によってダメージを受けることで引き起こされます。

そのため酸化の原因となる活性酸素を取り除くことができると、認知症予防につながると考えられるのです。

生姜の辛味成分であるジンゲロールやショウガオールは抗酸化作用があり活性酸素を取り除くことができるので、海馬への酸化ダメージを軽減して認知症予防に役立つことが期待できます。

生姜に含まれるジンゲロンは認知症の進行抑制薬と同じ働きをする

また加熱した生姜に含まれるジンゲロンという成分も認知症の予防と関わりがあることが分かっています。

認知症には進行を遅らせる薬がありますが、それはアセチルコリンエステラーゼの働きを悪くすることで得られる効果です。

ジンゲロンは認知症の進行を遅らせる薬と同じ様な働きをするので、認知症の進行を遅らせるのに役立つといえます。

生姜の効果については『生姜湯の効果はこんなにある!驚きの生姜パワーについて』も参考にご覧ください。

Sponsored Link



生姜の効果を発揮する代表的な成分

生姜にはたくさんの効果があることが分かりました。

それらの効果を発揮する成分として代表的なものに

 

  • ジンゲロール
  • ショウガオール
  • ジンゲロン

 

があります。

生姜に含まれる3つの代表的な成分について解説します。

ジンゲロールの特徴

ジンゲロールは生の生姜に含まれている辛味成分で、

 

  • 殺菌効果によって食中毒を予防する
  • 白血球を増やして免疫力を高める
  • 体の末端に熱を移動し体を冷やす
  • 脂肪の燃焼をサポートする

 

といった働きがあります。

ジンゲロールの働きを活かすためには生姜をどのように取り入れるのが良いのでしょうか。

ジンゲロールの働きを活かすなら生姜は生のまま食べる

ジンゲロールは生の生姜に含まれていますので、ジンゲロールを活かしたいという場合には加熱せずに生姜を食べることが重要です。

またジンゲロールはとても酸化しやすい成分ですので、できるだけたくさん摂取するためには食べる直前に生姜をすりおろしたり刻んだりするようにしましょう。

ジンゲロールは体の末端を温めた後冷やす

生姜には体を温める働きがありますが、ジンゲロールが豊富な生の生姜の場合には体を冷やす働きがあることに注意してください。

ジンゲロールは手先や足先など体の末端を温める働きがありますが、それは体深部の熱を末端に移動させているためです。

そのため一時的に体が温まったような感じがしますが、最終的には冷えた状態になります。

 

Sponsored Link



ショウガオールの特徴

ショウガオールはジンゲロールが加熱によって変化した辛味成分です。

体の深部を温めるショウガオールは血行を良くして冷えを取り除き、冷えによって引き起こされる様々な不調を改善します。

またショウガオールは抗酸化作用にも優れていますので、活性酸素が原因で引き起こされる病気やエイジングの対策にも効果を発揮することが分かっています。

生姜の効果として代表的な冷え性改善に特に効果を発揮する成分です。

ショウガオールは生姜を加熱すると増加する

ショウガオールは生のままの生姜には含まれていない成分で、加熱することでジンゲロールがショウガオールに変化します。

そのためショウガオールを積極的にとるためには、生姜を加熱しなければいけません。

しかし100度を超えるような高熱で加熱してしまうとショウガオールは破壊されてしまいますので、80度程度の温度で過熱するようにしましょう。

ショウガオールの抗酸化作用はジンゲロールの3.3倍

ショウガオールにもジンゲロールにも抗酸化作用がありますが、ショウガオールの方が3.3倍も高い抗酸化作用があることがインドの研究によって分かっています。

そのため活性酸素による害や病気を防ぎたいという場合には、生姜を加熱してから摂取するようにしましょう。

ショウガオールは体の深部を温める

ショウガオールは体を温める働きをします。

しかも体の奥からじっくりと温めてくれますので、冷えを取り除きポカポカした状態を作り出すのにぴったりです。

Sponsored Link



 

ジンゲロンの特徴

ジンゲロンもショウガオールと同じでジンゲロールを加熱することで増加する成分です。

ジンゲロンは血行促進に役立つ成分で健康や美容に役立ちます。

ジンゲロンは生姜の加熱で増加する

ジンゲロンを効果的に摂取するためには生姜を加熱することが重要です。

ショウガオールと同じように80度程度で加熱すると良いでしょう。

ジンゲロンに期待できる主な効果

ジンゲロンは血行促進に働きかける成分ですので、

 

  • 脂肪燃焼効果
  • 便秘改善効果

 

が期待できます。

血行促進して冷えが改善されると体温が上がるので脂肪燃焼しやすくなります。

また内蔵の血流も良くなりますので胃腸の働きが活発化して便秘が解消されることも期待できます。

 

Sponsored Link



生姜の種類による効果の違い

生姜は種類によっても異なる効果が期待できます。

金時生姜や黒生姜など特徴的な成分を含むパワフルな生姜もありますので、それらの特徴について解説します。

金時生姜の特徴と効果

金時生姜は日本の気候に合わせて改良された生姜で、ガラノラクトンという香り成分が通常の生姜の11倍も含まれているのが特徴です。

ガラノラクトンには体を温める効果や抗炎症作用が期待できます。

金時生姜には通常の11倍ものガラノラクトンが含まれていますので、その分温め効果や抗炎症の効果が高くなることが期待できるのです。

黒生姜の特徴と効果

黒生姜はブラックジンジャーやクラチャイダムとも呼ばれているタイ原産の生姜です。

通常の生姜と比べるとアミノ酸が豊富で、18種類ものアミノ酸を摂取することができます。

黒生姜は原産国のタイでは1000年以上前から、滋養強壮・疲労回復・血圧の調整などに役立てられてきました。

Sponsored Link



生姜の男性に嬉しい効果

生姜というと温め効果が代表的で、女性に嬉しい食材という印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

しかし実際には男性にも役立つ成分がたっぷり含まれています。

男性にも嬉しい生姜の効果について解説します。

生姜の精力増強効果

生姜は精力増強に役立つことが期待できます。

そのため男性も日頃から生姜を取り入れることで悩み解消につなげることができるのです。

生姜の血行促進効果で精力増進できる

生姜が精力増強に役立つのは血行促進効果があるからです。

男性機能の向上と血行とは強い関連性がありますので、生姜で血行が良くなると精力増強につながります。

 

Sponsored Link



生姜の育毛効果

生姜には育毛効果も期待できます。

そのため薄毛や抜け毛が気になる男性にも生姜は嬉しい働きをしてくれるのです。

生姜の血行促進効果が育毛に役立つ

生姜には血行促進効果がありますが、この働きによって髪の毛を作る頭皮周辺の血行も改善されます。

髪の毛を作るのに必要な栄養は血液によって運ばれていきますので、頭皮の血行が良くなることは育毛につながるのです。

ショウガオールの抗酸化作用で頭皮のトラブルを予防する

健康な髪のためには活性酸素除去で頭皮トラブルをなくすことは欠かせません。

生姜に含まれるショウガオールには抗酸化作用がありますので、頭皮トラブルの原因になる活性酸素を取り除くことができます。

その結果スムーズに育毛することができるのです。

生姜の体臭予防効果

生姜には体臭を予防する働きも期待できます。

生姜の持つ

 

  • 抗酸化作用
  • 殺菌作用

 

が体臭の原因となる活性酸素や雑菌を取り除いてくれるからです。

Sponsored Link



生姜の効果的な取り方のポイント

生姜には様々な効果があることが分かりましたが、それらの働きを存分に活かすためには食べ方のポイントを押さえることが重要です。

生姜の効果的な取り方について知り、毎日の生活に活かしていきましょう。

生姜は1日に10g食べるのがベスト

生姜を食べるときには1日に10gがベストの量です。

大きさにすると親指の第一関節くらいまでの大きさですので、そこまで多くなく食べやすい分量といえます。

パウダーの生姜で摂取するのであれば1日1gが目安です。

生姜は1日10g(パウダーなら1g)の摂取目安量を守って取り入れることが大切です。

生姜の過剰摂取はNG

生姜は様々な効果が期待できますが、食べれば食べるほど良いというわけではありません。

高い効果が期待できる食品だからこそ、過剰摂取になってしまうと不調が出てしまうのです。

 

  • 胃腸に刺激になる
  • 乾燥肌や炎症を悪化させる
  • 止血作用を弱める

 

などの悪影響が生姜の過剰摂取によって表れる可能性があります。

特に元々胃腸が弱いとか、乾燥肌気味とか、止血作用のある薬を服用中という場合には注意が必要です。

生姜は適量を続けることが大切

生姜の効果を発揮するためには1日10gの適量を毎日続けるということが重要です。

生姜は食べた直後から体がポカポカしてきますので即効性を感じられますが、その効果が持続するのは3~4時間です。

そのため1回食べただけでずっと効果が期待できるわけではないので、毎日続けるということが大切になります。

生姜は期待する効果によって食べ方を変える

生姜は生か加熱するかによって摂取できる成分に違いが出てきますので、当然効果にも違いがあります。

特定の効果を期待して生姜を食べるのであれば、摂取できる成分を意識して食べ方を変えるようにしましょう。

生姜の正しい食べ方・飲み方については『生姜に副作用!?生姜の効果的な食べ方・飲み方と正しい知識をお伝えします!』もぜひご覧ください。

風邪予防ならおろしたての生の生姜が効果的

生姜を風邪予防や食中毒予防に役立てたい場合には生の生姜が効果的です。

生の生姜に含まれているジンゲロールの殺菌作用や白血球を増やす働きによって、風邪のウィルスや食中毒の原因菌を撃退できます。

ただしジンゲロールは酸化しやすい成分ですので、しっかりとその効果を実感したい場合にはおろしたての生姜を食べるのが良いでしょう。

温め効果のためなら加熱した生姜がベスト

生姜の温め効果は代表的な効果ですが、しっかりと体の内側から温めるためには加熱した生姜を摂取するようにします。

生の生姜に含まれるジンゲロールにも温め効果はありますが、手足の末端を一時的に温めるだけで最終的には体を冷やしてしまいます。

一方、加熱した生姜に含まれるショウガオールは体を芯から温めてくれますので、ポカポカを持続することができるのです。

生姜は皮ごと使う

生姜を食べるときには皮ごと使うというのもポイントです。

生姜の皮は利尿作用が高いのでむくみの解消に効果的ですし、皮のすぐ下の部分には香り成分が含まれています。

そのため生姜の効果を実感するためには皮ごと食べるというのがベストなので、生姜は皮をよく洗ってから丸ごと使うようにしましょう。

Sponsored Link



生姜の栄養価を高める加熱の方法

生姜は加熱したり乾燥したりすることでジンゲロールがショウガオールやジンゲロンに変化し、温め効果などが高まります。

ショウガオールやジンゲロンを増やすためには80度くらいの温度で加熱することが重要で、

 

  • 蒸し生姜
  • 乾燥生姜
  • レンジでの加熱

 

が代表的な方法です。

蒸し生姜の作り方

 

  1. よく洗った生姜を皮ごとスライスする
  2. 重ならないように蒸し器に並べて約30分間甘い香りがするまで蒸す
  3. 蒸しあがった生姜を乾燥させる

 

できあがった蒸し生姜は乾燥剤と一緒に保存容器に入れて保存しましょう。

ミルがあれば粉末状にしておいても便利です。

 

Sponsored Link



乾燥生姜の作り方

 

  1. よく洗った生姜を皮ごとスライスする
  2. 重ならないように並べて乾燥させる(天日なら1~2日、屋内なら1週間程度が目安)

 

乾燥生姜も蒸し生姜と保存方法は同じです。

お湯に浮かべるだけで簡単に生姜湯が作れます。

生姜をレンジで加熱する方法

 

  1. 生姜をすりおろし水と一緒にカップに入れる
  2. 電子レンジで加熱する(500wなら4分間、750wなら3分間が目安)

 

レンジを使う生姜の加熱方法は手軽で実践しやすいのが特徴です。

加熱中に熱くなり過ぎてしまうのを防ぐためにも、初めて行うときには様子を見ながら加熱してください。

市販の粉末生姜を使うのも便利

生姜を加熱したり乾燥させたりするのが手間に感じる場合には、市販の粉末生姜を使うというのも1つの方法です。

市販の粉末生姜であれば飲み物やスープなどにサッとプラスできます。

Sponsored Link



便利なチューブ生姜の利点と注意点

生姜をより手軽に使う方法にチューブ生姜があります。

しかしチューブ生姜には添加物が含まれているといった注意点もあります。

チューブ生姜を使うときの利点と注意点について解説します。

チューブ生姜は手軽に使えて便利

チューブ生姜の利点はなんといっても手軽で便利なところです。

チューブ生姜を活用すればいつでもどこでも生姜を取り入れられます。

生姜をすりおろす手間がいらないから手軽

チューブ生姜は生姜をすりおろさなくてもすぐに使えますので、手間なく生姜を食べたり飲んだりできます。

そのため忙しい朝の時間帯でも生姜湯や生姜紅茶をすぐに作って飲むことができるのです。

持ち運びしやすいから外出先でも生姜を取り入れられる

チューブ生姜は持ち運びしやすいというのも魅力です。

バッグに入れて持っていけば職場でも生姜入りの飲み物を飲めますし、食べ物に薬味として添えることもできます。

 

Sponsored Link



チューブ生姜は添加物が入っていることに要注意

チューブ生姜は便利に使うことができますが、添加物が含まれていることには注意が必要です。

添加物は安全性が確認されていますし、食べたからといってただちに不調が出るというものではありません。

しかし長年食べ続けることでどのような影響が出るかということがはっきり分かっているわけではないのです。

そのためチューブ生姜を使う場合には添加物が含まれているということを知っておきましょう。

チューブ生姜に入っている主な添加物

スーパーで販売されている一般的なチューブ生姜に含まれている添加物は下記の通りです。

 

  • でんぷん
  • デキストリン
  • ソルビトール
  • 酒精
  • 酸味料
  • 安定剤(キサンタンガム)
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • 調味料(アミノ酸)
  • 香料
  • 香辛料抽出物

 

これだけ多くの添加物が含まれていることに注意して使うようにしましょう。

チューブ生姜はシーンを限定して活用するのがおすすめ

チューブ生姜には手軽で便利という利点がありますが、添加物が多く含まれているという点は注意しなければいけません。

添加物の取り過ぎでどのような影響が出るかが分からないからです。

そこでおすすめなのが、チューブ生姜をシーンを限定して使うという方法です。

例えば朝食時など急いでいるときや、職場など出先で生姜をとりたいときに使うようにします。

使うシーンを限定すれば添加物の取り過ぎを避けながら便利に生姜を取り入れることができます。

チューブ生姜の便利な使い方や注意点についての詳細は『生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します』もあわせてご覧ください。

Sponsored Link



生姜の効果を取り入れるおすすめアレンジ方法

生姜を毎日摂取するためのおすすめの飲み方や食べ方について紹介します。

おいしく生姜を取り入れられるレシピで生姜習慣を身につけましょう。

生姜紅茶

生姜紅茶は生姜だけでなく紅茶の温め効果も同時に活かすことができるアレンジです。

特にダイエット効果に注目が集まっている生姜紅茶は、おいしく体を温めることができるドリンクです。

生姜紅茶の作り方

生姜紅茶をおいしく作るためには紅茶をおいしくいれることが重要です。

紅茶は茶葉でもティーバッグでも良いですが、熱湯を使ってしっかり蒸らします。

ここでは手軽なティーバッグを使った作り方を紹介します。

 

  1. マグカップに沸かしたての熱湯を入れる
  2. 紅茶のティーバッグを入れ1~3分程度蒸らす
  3. ティーバッグを取り出す(このときティーバッグを絞らない)
  4. できた紅茶に蒸し生姜や生姜パウダーを加える

 

このままだと飲みづらいという場合にはハチミツや黒糖を少し加えて甘味をプラスすると飲みやすくなります。

ただし甘くし過ぎてしまうとカロリーオーバーにつながりますので、加えるハチミツや黒糖の量は小さじ1杯程度に留めておきましょう。

味に慣れてきたらハチミツや黒糖の量を少しずつ減らしていくと甘味が少ない味になれていきます。

生姜紅茶に期待できる効果

生姜紅茶の効果として代表的なのはダイエット効果です。

生姜と紅茶の温め効果によって代謝が高まるので、痩せやすく太りにくい体作りをすることができます。

これまでダイエットに挑戦してもなかなか成果が出なかったという場合には、冷えによる代謝の悪化がその原因かもしれません。

冷えを改善して温め効果を期待する場合には、体温が低くなっている朝に生姜紅茶を飲むのが良いでしょう。

生姜紅茶のダイエット効果について解説している『生姜紅茶のダイエット効果が凄い!そのやり方や方法とは?』もご覧ください。

 

Sponsored Link



生姜湯

生姜湯は生姜入りの飲み物の中でも最も簡単に作れます。

味付けのアレンジの幅も広いので、自分好みの飲み方を見つけておいしく飲みましょう。

生姜湯の作り方

生姜湯はカップに入れたお湯に蒸し生姜や乾燥生姜を入れるだけで作れます。

そのため蒸し生姜をまとめて作っておくとすぐに生姜湯を作れて便利です。

そのまま飲んでも良いですが、辛味が苦手な場合にはハチミツや黒糖で甘味をプラスします。

ただし生姜湯も生姜紅茶と同じで、慣れてきたら甘味を少しずつ減らしていくと良いでしょう。

生姜湯のアレンジ方法

生姜湯は食材をプラスすることで様々な味わいに変化させることができます。

そのため毎日飲んでも飽きずに続けられるのです。

 

  • 生姜湯+レモン
  • 生姜湯+すりおろしりんご
  • 生姜湯+コンソメなどスープの素

 

など様々な組み合わせでおいしく飲めます。

生姜湯に期待できる効果

生姜湯を作るときには期待する効果によって生姜の調理方法を変えます。

温め効果を得たい場合には蒸し生姜や干し生姜を、殺菌作用を活かしたい場合にはおろしたての生姜を使うのが良いでしょう。

生姜湯の効能について解説している『生姜湯の効能の全てと上手に活かす作り方と飲み方について』もご覧ください。

Sponsored Link



 

生姜ココア

生姜ココアはココアに生姜をプラスした飲み物です。

テレビ番組で紹介され、お腹周りをすっきりさせるのに役立つと注目を浴びた生姜ドリンクです。

生姜ココアの作り方

 

  1. カップにお湯と生姜を入れて生姜湯を作る
  2. 生姜湯にピュアココア(純ココア)を加え混ぜる

 

生姜ココアは生姜湯さえ作れればあとは簡単にできます。

注意すべきなのはピュアココアという砂糖などが含まれていないココアを使うという点です。

生姜ココアの効果はピュアココアに含まれるポリフェノールなどの働きによって得られます。

同じココアでもお湯で溶くだけでミルクココアになるタイプだと、砂糖や添加物などが含まれていますしココアの成分も少ないので思うような効果がでなくなってしまいます。

そのため生姜ココアのココアは必ずピュアココアを選びましょう。

生姜ココアに期待できる効果

生姜ココアに期待できる効果として最も注目されているのは、お腹周りをすっきりさせる働きです。

生姜ココアでお腹周りがすっきりするのは、むくみ腸が解消されるからです。

むくみ腸は腸に水分が溜まりむくんだ状態になってしまうことで、便秘の原因になりぽっこりお腹になってしまうだけでなく、大腸がんの原因になる恐れさえあります。

生姜ココアを飲むとむくみ腸が解消され、しかもココアに含まれる豊富な食物繊維で便秘が解消されるので、見た目にもすっきりしたお腹周りを実現できるのです。

生姜ココアの効果について解説している『生姜ココアの効果効能がもの凄い!』も参考にご覧ください。

 

Sponsored Link



生姜のはちみつ漬け

生姜のはちみつ漬けは風邪のひきはじめに特に嬉しい生姜ドリンクです。

甘く飲みやすい味わいなので子供から大人までおいしく生姜を取り入れることができます。

生姜のはちみつ漬けの作り方

 

  1. 生姜をよく洗い皮ごとスライスする
  2. スライスした生姜とはちみつをビンに入れ一晩以上漬ける

 

これで生姜のはちみつ漬けのできあがりです。

お湯や炭酸水などで割って飲んでも良いですし、漬け込んである生姜は料理に使うこともできます。

生姜のはちみつ漬けに期待できる効果

生姜のはちみつ漬けでは生姜を加熱しませんので、ジンゲロールの働きを活かすことができる食べ方といえます。

ジンゲロールは酸化しやすいのでスライスした生姜をそのまま放置していると効果が薄れてしまいますが、はちみつに漬けることで酸化を防ぐことも期待できます。

そのため風邪のひき始めに飲んだり、のどが痛いときに飲むのがおすすめです。

 

Sponsored Link



酢生姜

酢生姜は血流を良くするのに役立つ生姜の食べ方です。

生姜だけでなく酢の健康効果も同時に得られます。

酢生姜の作り方

 

  1. 生姜100gをスライスするかすりおろして保存容器に入れる
  2. 保存容器に酢100ccとはちみつ20gを加え混ぜる
  3. 一晩置いたら完成

 

作った酢生姜は2週間程度保存して食べられますので、2週間で食べきれる分量で作ると便利です。

酢生姜の食べ方

酢生姜には様々な食べ方があります。

 

  • そのままスプーンで1さじすくって食べる
  • ごはんにかけて食べる
  • ドレッシングとして好みの野菜と合わせる
  • お湯で割って飲む

 

など無理なく続けやすい食べ方で取り入れましょう。

酢生姜に期待できる効果

酢生姜に特徴的なのは血流を改善する働きです。

酢の主成分である酢酸にも血行促進の働きがありますし、生姜にも血行を良くする働きが期待できます。

そのため酢生姜を食べると血流が良くなることが期待できます。

乾燥生姜を入浴剤にするのもおすすめ

生姜は単に飲んだり食べたりするだけでなく、入浴剤にすることもできます。

スライスして乾燥させた生姜をお風呂に入れるだけですので、ぜひやってみてください。

特に冷えを感じている人には最適で、生姜入りのお風呂に入るとぽかぽかと温まる実感があるでしょう。

生姜の成分は飲んだり食べたりして取り入れるだけでなく、お風呂に浮かべることで皮膚の表面からも取り入れることができるのです。

Sponsored Link



生姜効果で健康も美容も!おいしく食べて取り入れましょう!

生姜の効果は単に体を温めるというだけではありません。

生の生姜に含まれるジンゲロールは殺菌作用や免疫力アップに役立ちますし、加熱した生姜に含まれるショウガオールはダイエットや美肌に効果的です。

また生活習慣病や糖尿病などの予防にも生姜は役立ちます。

こうした生姜の効果を活かすためには、

 

  • 1日に10gの適量を守って継続する
  • 期待する効果によって生か加熱かなど調理法を変える
  • 有効成分の含まれている皮がついたまま使う

 

といったポイントを押さえて食べるようにしましょう。

 

  • 生姜紅茶
  • 生姜湯
  • 生姜ココア
  • 生姜のはちみつ漬け
  • 酢生姜

 

など生姜のアレンジは様々ありますので、好みのものを見つければ毎日おしいく食べたり飲んだりできます。

生姜は漢方薬にも含まれていて、今でも薬として利用されている食材です。

それだけパワフルな効果を持っている生姜は、毎日の食事や飲み物に上手に活用することで、美容や健康に役立てることができます。

生姜を食べる習慣を身につけて、ダイエットや美肌・生活習慣病の予防などに役立てていきましょう。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 生姜で冷え性対策!効果的な理由や取り入れ方について徹底解説!

  • 生姜サプリメントの効果 飲み方と正しい選び方徹底解説!

  • 生姜が血圧に即効性がある理由と効果的なとり方について完全解説!

  • 生姜で温まるは嘘?効果を発揮する正しい方法を徹底解説!

  • 生姜に副作用!?生姜の効果的な食べ方・飲み方と正しい知識をお伝えします!

  • 生姜の効能(美容・ダイエットなど)と成分・食べ方を完全解説します!