1. TOP
  2. 乳酸菌
  3. 乳酸菌で痩せる効果が凄い!種類・やり方・方法など徹底解説します!
Sponsored Link

乳酸菌で痩せる効果が凄い!種類・やり方・方法など徹底解説します!

乳酸菌   63 Views

乳酸菌には痩せる効果があります。

乳酸菌が腸内環境に良いことは良く知られていますが、実は腸内環境をよくすることは痩せることにもつながることがわかってきています。

乳酸菌と一言で言っても、数多くの種類がありますので、痩せるのに効果的な乳酸菌の種類や、摂取の仕方を知りたいと思われることでしょう。

今回は、次の点に焦点を当てて、詳しく解説します。

・乳酸菌で痩せる理由
・痩せるのに効果のある乳酸菌の種類
・効果的な乳酸菌の摂取方法

もう痩せるために無理なダイエットは必要ありません。

乳酸菌で簡単にそして健康的に痩せることができます。

是非、最後までお読みください。

Sponsored Link



なぜ乳酸菌に注目が集まっているか

最初に、なぜ乳酸菌に注目が集まっているかを解説します。

乳酸菌の効果は、端的に言いますと腸内環境を整えるだけですが、この腸内環境を整えることで様々な効果があることが知られてきているからです。

例えば、次のような記事を読んでみて乳酸菌の素晴らしい効果についての理解を深めてください。

・アレルギー改善効果
乳酸菌のアレルギー改善効果が凄い!

・免疫力の改善
乳酸菌の働きが凄い!効果・種類・免疫力など徹底解説!

・口臭の改善
乳酸菌の口臭効果を徹底解説!

鬱病、美容、その他
乳酸菌の効果が凄い!便秘・ダイエット・アトピー・アンチエンジング・アレルギーなど抜群に効く!

この一覧を見るだけでも、腸内環境整えると身体全体に影響することが理解できたと思います。

この中でも、今回は乳酸菌の痩せる効果に注目していきたいと思います。

 

Sponsored Link



乳酸菌で痩せる理由

乳酸菌によって痩せる効果があるのはなぜでしょうか?

その理由は、乳酸菌が腸内環境を整えるのを助け、腸内環境が整うと肥満や極度の痩せを改善するからです。

つまり、乳酸菌を摂ることで、腸内の善玉菌が増え肥満の原因となる便秘や代謝の低下や自律神経の乱れを改善します。

乳酸菌によって腸内環境が整うと体調が良いと感じ、規則正しい生活習慣、食習慣や運動習慣を保ちやすくなり、自然と痩せて適切な体重を維持することができます。

では、体重が増えてしまう原因と、乳酸菌によってどのように改善できるか見ていきましょう。

体重増加の原因その① 便秘

便秘は体重が増えてしまう大きな原因の一つです。

便秘になると、腸で消化された食べ物のカスが便として腸内に溜り、物理的に体重が増加してしまいます。

便秘は体の老廃物(便)が腸内に溜ることになり、溜った便から毒素がつくられ、さらに腸内環境を悪化させ、便秘の悪循環を引き起こしてしまいます。

便秘を解消するためには、腸内環境を整える必要がありますが、乳酸菌は腸内環境を整えるのに非常に効果的です。

 

Sponsored Link



体重増加の原因その② 代謝

身体の代謝が低下すると体重が増加してしまいますが、代謝の低下は腸内環境の悪化と大きく関係しています。

先ほど書いた便秘とも関連していますが、便秘や悪玉菌によって腸内環境が悪くなると代謝が低下してしまいます。

代謝が低下すると、カロリー消費ができなくなるため、脂肪や糖分の分解が出来ずに体内に吸収されてしまい体重の増加につながります。

乳酸菌によって腸内環境が向上すると、代謝も向上し正常な消化吸収を促し痩せる、正確に言うと「痩せやすい体質」になります。

体重増加の原因その③ 自律神経の乱れ

自律神経は、身体の機能を支配しており、消化吸収などの内臓の働きや呼吸、体温など、私たちが生きていくのに必要な働きをつかさどっています。

自律神経が乱れると、腸の働きが悪くなり消化吸収、排便機能の低下をひきおこして、太りやすくなります。

乳酸菌を摂って腸内環境が良くなると、自律神経のバランスが良くなります。

Sponsored Link



痩せるのに効果のある乳酸菌の種類

乳酸菌は実に種類の多く、数千という種類があるといわれています。

数千とある乳酸菌の中で研究はかなり進んでいて300種類の乳酸菌の効果がわかってきています。

乳酸菌は、サプリからも取ることができますが、発酵食品に多く含まれており、食品から摂取する方法が最も自然であり効果的な方法と言えます。

乳酸菌は熱に弱いため過熱した食品では生きたままの乳酸菌を腸に届けることはできませんし、乳酸菌は種類によっては胃酸にも弱いので胃を通過するときに死んでしまうことがあります。

それで、腸まで届く生きた乳酸菌、死んでしまった乳酸菌であっても、腸に届く乳酸菌が多いほど腸内環境が改善し痩せるのに効果的を発揮します。

ここでは、以下の乳酸菌食品について詳しく解説します。

・ヨーグルト
・ヤクルト
・カルピス
・ガゼリ菌
・植物性乳酸菌

ヨーグルトに含まれる乳酸菌で痩せる

乳酸菌の含まれる食品の中で、ヨーグルトは痩せるのに効果のある乳酸菌が多く含まれています。

中でも注目したいのは「ビフィズス菌」です。
※厳密に言いますとビフィズス菌は乳酸菌ではありませんが、乳酸菌と似た働きをするためここでは乳酸菌として紹介します。

「ビフィズス菌」には腸内で増えてしまった悪玉菌を抑制し、悪玉菌によって発生する毒素を減らす効果があるため、腸内環境が向上します。

前にも書いているように、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の多くは腸に届くころには死んでしまっています。

しかし、死菌となっても腸に届くことで腸が刺激されたり、善玉菌を増やす効果があり、腸内環境が改善される効果は依然としてあります。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内に住んでいる乳酸菌の99%は「ビフィズス菌」といわれており、人間の腸にとても良い善玉菌です。

しかし年齢とともに「ビフィズス菌」は減ってしまうので、一定のビフィズス菌の数を保つためには、外部から摂取する必要があります。

加えてヨーグルトは牛乳を乳酸菌によって発酵していますので、私たちの体に必要な栄養素ほとんどが含まれている完全食です。

それで、食事の前にヨーグルトを食べれば食事の量を抑えられますし、ヨーグルトから必要な栄養素を摂取できますので健康的に痩せることができます。

ただし、砂糖がいっぱい入った甘いヨーグルトを食べても意味がありませんので、痩せるために無糖のヨーグルトを食べるようにしてください。

 

Sponsored Link



ヤクルトに含まれる乳酸菌で痩せる

ヤクルトに含まれる乳酸菌は、痩せるためにどのような働きをするのでしょうか?

Yakultの研究によると、ヤクルトに含まれている乳酸菌「乳酸菌シロタ株」は、胃酸などでは死なない菌で生きたまま腸に届くとても優秀な乳酸菌です。

強化培養された乳酸菌 シロタ株は、胃液や胆汁などの強い消化液に耐えて生きたまま腸内に到達します。

実際、乳酸菌シロタ株(ヤクルト)を飲用したところ、もともと腸内に住む善玉菌のビフィズス菌が増加し、大腸菌が減少することがわかっています。

つまり、ヤクルトの「乳酸菌シロタ株」自体が善玉菌の一種ですが、腸内にすでにいる善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす作用があるという事です。

腸内環境の悪い人は、腸内で有害物質がつくられ、その結果便秘や、代謝の低下を引き起こして太りやすくなってしまいます。

しかしヤクルトの「乳酸菌シロタ株」は太る原因となる有害物質がつくられるのを防ぎ、腸内環境を改善し痩せやすい体質に助けます。

ただし、ヤクルトは糖分の多い飲み物ですので、飲むタイミングや飲みすぎには注意が必要です。

まずサプリや他の乳酸菌で腸内環境を整え、善玉菌が増え,調子が良くなってきたところでヤクルトを継続的に飲むこともできます。

カルピスに含まれる乳酸菌で痩せる

カルピスに含まれる乳酸菌は、痩せるのにどのような働きをするのでしょうか?

90年の歴史があるカルピスは発酵飲料で、乳酸菌がたくさん含まれていますが、含まれている乳酸菌の種類について調べてみました。

カルピスには、「プレミアガセリ菌CP2305 」という乳酸菌が含まれており、整腸効果に加え、便秘や下痢を改善するので、痩せる効果も期待できます。

「プレミアガゼリ菌CP2305」は死菌となっても腸に到達したときに腸を刺激したり、すでに存在している腸内細菌の餌となったりするので、結果として腸内環境をよくするのを助けます。

また、カルピス社の研究によると、乳酸菌飲料の香りは自律神経に働きかけ、リラックス効果があることが分かりました。

自律神経が整うことで、腸の働きや整腸効果を高め痩せやすい体質をつくることが期待できます。

 

Sponsored Link



その他痩せるのに効果的な乳酸菌

ここまでで、痩せるために乳酸菌として3種類の食品を紹介しましたが、この乳酸菌以外にも痩せる効果のある乳酸菌はたくさんあります。

痩せる効果のある乳酸菌として、ガゼリ菌について取り上げてみます。

※ガゼリ菌・・・この乳酸菌は腸内に存在する乳酸菌で、脂肪の吸収を抑え、腸内環境を良くする善玉菌です。

雪印メグミルクは、「ガセリ菌SP株」の機能を科学的に検証するために、成人を対象としたヒト試験を行いました。肥満傾向(BMI値:25kg/m²以上30kg/m²未満、内臓脂肪面積:80cm²以上)の20歳以上65歳未満の成人被験者101人を対象として比較試験を実施しました。全体を二つのグループに分け、それぞれ「ガセリ菌SP株」入りヨーグルトと、「ガセリ菌SP株」を含まないプラセボヨーグルトを1日1個(100g)、12週間摂取してもらいました。その結果、「ガセリ菌SP株」入りヨーグルトを摂取したグループでは、「ガセリ菌SP株」を含まないプラセボヨーグルトを摂取したグループに比べて、内臓脂肪の有意な減少が認められました。
引用元:雪印メグミルク
http://www.megumi-yg.com/gaseri/

このように、乳酸菌ガゼリ菌sp株は、内臓脂肪という見た目では判断できない肥満にも効果的です。

植物性乳酸菌も痩せる効果が

乳酸菌は、ヨーグルトやチーズのような動物の乳を原料とする乳酸菌(動物性乳酸菌)の他にも、みそ、しょうゆ、漬物のような植物を原料とする乳酸菌(植物性乳酸菌)もあります。

これら植物性乳酸菌は、次のような特徴があるため痩せる効果を期待できます。

・胃酸に強く乳酸菌が生きたまま腸に届きやすい
・乳酸菌と食物繊維のダブル効果で腸内環境が改善する。
・カロリーが低く栄養価が高い

なお、乳酸菌食品の種類やその効果については「乳酸菌は食品で摂ろう!おすすめの種類や効果をすべてお伝えします!」で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

また植物性乳酸菌の中で、痩せるために特にお勧めしたいのが乳酸菌キャベツ(ザワークラウト)です。

乳酸菌キャベツの作り方や効果については「乳酸菌キャベツの効果がすごい!安くて作り方も簡単!レシピも含めて徹底解説!」で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

Sponsored Link



痩せるのに効果的な乳酸菌の取り方

ただやみくもに乳酸菌をとっても、痩せる効果は期待出来ません。

乳酸菌の特性を知っておくと、痩せるために効果的な摂取方法がわかるでしょう。

乳酸菌が活発に働く温度

乳酸菌が活発に働く温度は、38℃~40℃といわれており、「人間の体温より少し高いくらい」が目安です。

これより低い温度になっても乳酸菌は死にませんが、徐々に活動が弱まります。冷凍庫に入れると活動が完全に停止しますが、解凍すると再び活動を始めますので心配無用です。

それで、暑い夏ではヨーグルトを凍らせたフローズンヨーグルトがおすすめです。体内で温まると活動停止した乳酸菌が活動を始めます。

逆に乳酸菌は、熱に弱く60℃を超すと乳酸菌は30分で、100℃を超えると数秒で死滅してしまいます。

 

Sponsored Link



痩せる効果を高める!乳酸菌を食べるタイミング

痩せる効果を高めるための、乳酸菌を食べるタイミングがあります。

乳酸菌は胃酸にも弱く、口から食べたものは必ず胃を通過しますから、そのタイミングで乳酸菌は死んでしまう可能性があります。

そこで、胃酸が薄まっているとき、つまり食後にヨーグルトなど乳酸菌が含まれているものを摂取するのも、乳酸菌が腸に到達するのに良いタイミングです。

しかし、乳酸菌が死んでしまったとしても、死んだ菌は腸に達する時、すでに腸内に存在している善玉菌の餌となり、善玉菌を活性化させ腸内環境を良くする効果があるので、気にせずにたくさん乳酸菌を摂ることが痩せるのに大切です。

乳酸菌で痩せるために食習慣を見直す

乳酸菌で痩せるのに効果的な食習慣を確立することは大切です。

もし、偏食傾向があったり、不規則な食事の時間があったりするなら痩せるためにも改善しましょう。

例えば、3食きちんと食事をすることは、痩せるのにとても大切なことです。

毎回の食事は栄養バランスの整った食事を腹八分目にすると、食事と食事の間に空腹を感じることが少なく間食もあまりせずに過ごせる食習慣を保てます。

肉や炭水化物を抜くダイエットもありますが、栄養の偏ったダイエットをすると体に必要な栄養素やビタミンが摂ることができません。

また栄養の偏ったダイエットは、便秘にもなりやすく逆効果の場合がありますし、一生の間そのダイエットをするわけにはいきません。

そうするよりも、3食きちんと栄養バランスの良い食事を食べて、乳酸菌を摂るのを忘れないようにするなら健康的に痩せることができます。

 

Sponsored Link



乳酸菌と運動

痩せるのに効果的な乳酸菌を摂るのに加えて、運動はとても重要です。

運動は体の筋肉を鍛えるときにカロリーを消費するだけではありません。運動によって筋肉がつくと代謝がよくなり痩せやすい体になります。

女性のなかには筋肉をつけると腕や足が太くなってしまうのではないか、と思っている人もいますがその心配はありません。

女性ホルモンの働きがありますので、アスリート並みに運動しない限り運動や筋トレによって体が太くなることはなく、むしろ引き締まったほっそりとした体になります。

また、適度な運動は体の疲労回復や、リラックス効果もあるので、自律神経の働きを保つのに効果的です。

自律神経が正常になると腸内環境が良くなり、体に取り入れた乳酸菌の働きも向上します。

乳酸菌と睡眠

睡眠不足が続くと、自律神経の乱れやストレスや代謝が悪くなり腸内環境は悪化してしまい、痩せにくい体質になってしまいます。

いくら乳酸菌をたくさんとっても生活習慣が悪いと、効果が薄れてしまいます。

成人した人であれば、痩せるために最低6時間の睡眠と、寝る前2~3時間は食べないようにしましょう。

もしお腹がすいて眠れないというときは、無糖のヨーグルトがおすすめです。

乳酸菌効果に加えて、ヨーグルトは比較的カロリーが低く、お腹がいっぱいになり、また安眠効果もありますので夜ぐっすりと眠ることができます。

 

Sponsored Link



自分に合う乳酸菌を探して痩せる

どんな乳酸菌でも自分の体にとって良いというわけではありませんので、自分の体にあった乳酸菌を取り続けることが、痩せるために必要なことです。

ヨーグルトひとつをとっても、メーカーによって乳酸菌の種類が様々ですが、それに加えてマッコリ、チーズ、漬物など乳酸菌食品はたくさんあります。

自分に合う乳酸菌を探す良い方法は、ある乳酸菌食品を3週間食べ続けることです。その後腸の調子が良いかどうかを便の状態を観察します。

汚い話で恐縮ですが、便は腸内環境の状態をみる最高のバロメーターです。

毎日、「バナナのような便」が出ているなら腸が最も良い環境にあるといえます。
一方便秘だったり、「柔らか」かったり「硬くてコロコロ」していたりするならあまり腸内環境がよくありません。

もしある種類の乳酸菌をしばらく食べ続けてみて、便に全く変化がなければ別の乳酸菌をやはり3週間試してみてください。

自分に本当に合った乳酸菌に合うと、すぐに便に変化が出てくるでしょう

痩せるためには乳酸菌を摂る頻度を考える

どのくらいの頻度で乳酸菌を摂ると、痩せるのに効果があるのでしょうか?

毎日の食事に何らかの乳酸菌を含む食品を取り入れることは腸内環境を良くするのを助け、痩せるのに効果的です。

なぜなら外部から取り入れた乳酸菌は2週間程度しか腸内で生きることができないからです。

多くの腸内細菌は、死滅したり便として毎日排泄されたりするので、毎日定期的に乳酸菌を補充することで、腸内の善玉菌のバランスを保つことができます。

 

Sponsored Link



乳酸菌で痩せるために一緒に摂るといい栄養素

乳酸菌がその働きを発揮し、腸内環境を整え、痩せやすい体質をつくるために、乳酸菌と一緒に摂ると良い栄養素があります。

乳酸菌のような善玉菌を活性化し増やす効果があるのは、食物繊維や海藻などです。食物繊維はとても大切で、第六の栄養素ともいわれるほど腸内環境の向上に効果的です。

食物繊維の含まれている食品を積極的に摂ると、もともと腸内に存在する善玉菌が活発になり乳酸菌の働きも良くなります。

そのように腸内環境が整うことによって痩せやすい体質となります。

また、オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やすのにとても良いので、ヨーグルトなどを食べるときにオリゴ糖を加えたり、オリゴ糖を多く含む豆類を摂ったりすることも大切です。
※はちみつは、オリゴ糖の含まれているヨーグルトととても相性の良い食材です。

人間の体はたんぱく質が必要ですが、肉をたくさん摂ると悪玉菌が増えるといわれています。

肉を食べるときは、植物性乳酸菌を多くとったり、ナッツ類などを多くとるなら悪玉菌を減らして乳酸菌のような善玉菌を増やす効果があります。

乳酸菌サプリで痩せ効果アップ

食事だけでは、なかなか効率的に乳酸菌を摂ることが出来ないと感じるときは、乳酸菌サプリを使うのも痩せるのに効果があります。

サプリは、特定の種類の乳酸菌を定期的に飲むことができるので、何となく健康にいいから、というのではなく「痩せる」という明確な目的があるあなたに特に効果的です。

サプリに含まれる乳酸菌の効能に、ダイエット、整腸効果、内臓脂肪など痩せることに関係する作用が含まれているものがあります。

ただしやはり乳酸菌サプリにも合う合わないがありますので、3週間のんでみて自分に合う乳酸菌サプリを見つけるようにしてください。

同時に、サプリだけに頼るのではなく、やはり食習慣、生活習慣にも気を配り、乳酸菌が腸内で効果的に働き痩せやすい体質作りができるようにしておきましょう。

Sponsored Link



まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。
いかがだったでしょうか?

痩せたい願望は永遠のテーマですが、身体の中から体質を改善して痩せ効果が期待できるのが乳酸菌です。

太ってしまう原因はたくさんありますが、今回取り上げたのは、便秘、代謝の低下、自律神経の低下です。

これらの原因は、腸内環境と密接に関係しており腸内環境を整えることで改善されるという理由から乳酸菌がとても効果的で重要な働きをすることが分かりました。

ただやみくもに乳酸菌をとっても痩せることは期待できません。
乳酸菌は数多くの種類があり、その中でも痩せるのに効果的な乳酸菌選び、食習慣や生活習慣の改善も大切です。

また、乳酸菌サプリメントを上手に使うことも痩せる効果を期待できます

乳酸菌は、痩せるだけでなく体全体の調子を整えるのにとても重要なものですから、毎日の生活で取り入れ、さわやかな健康ライフを楽しみましょう。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • アトピーへの乳酸菌効果が凄い!改善方法などすべてを徹底解説!

  • ヨーグルトの乳酸菌がすごい!自分に合った乳酸菌の見つけ方

  • 便秘には乳酸菌が効果的!おすすめの理由を徹底解説!

  • 赤ちゃんへの乳酸菌効果とおすすめの理由とは?いつからなど徹底解説!

関連記事

  • 乳酸菌は熱に弱い?上手に利用する方法や耐熱温度、繁殖について徹底解説!

  • 乳酸菌ダイエットの効果が凄い!おすすめのやり方・方法も徹底解説!

  • 味噌と乳酸菌は最高のパートナー!効果やレシピなどすべてお伝えします!

  • アトピーへの乳酸菌効果が凄い!改善方法などすべてを徹底解説!

  • 乳酸菌は食品で摂ろう!おすすめの種類や効果をすべてお伝えします!

  • 乳酸菌のアレルギー改善効果が凄い!