1. TOP
  2. 納豆
  3. 納豆ヨーグルトを毎日食べ合わせる効果は?味や玉ねぎとの相性など徹底解説!
Sponsored Link

納豆ヨーグルトを毎日食べ合わせる効果は?味や玉ねぎとの相性など徹底解説!

納豆   1,423 Views

納豆とヨーグルトは相乗効果を発揮するベストマッチな組み合わせです。

納豆に含まれる納豆菌はヨーグルトの乳酸菌の増加を促し、腸内を乳酸菌が活動しやすい状態に整えてくれます。

また納豆のビタミンKはヨーグルトに豊富なカルシウムを骨や歯に吸収されやすい状態にしてくれます。

どんなに効果が高くても納豆ヨーグルトはまずいんじゃないか?と思っている人も多いかもしれませんが、納豆ヨーグルトは味も相性が良く納豆が苦手な人でも食べやすいのが特徴です。

ご飯はもちろん野菜やお肉とも合う納豆ヨーグルトを毎日の習慣にぜひ食べてみてください。

納豆ヨーグルトを健康や美容に効果的に活かせるように、

  • 納豆とヨーグルトの相性について
  • 納豆・ヨーグルトそれぞれの効果と特徴
  • 玉ねぎヨーグルトとの食べ合わせについて
  • 納豆ヨーグルトと食べる時間の関係
  • 納豆ヨーグルトと妊婦や赤ちゃんの離乳食について

それぞれ解説しています。

参考にしながら納豆ヨーグルトを活用しましょう!

Sponsored Link



Contents

納豆とヨーグルトは相性抜群!

納豆とヨーグルトは異色の組み合わせのように感じられますが、実際には発酵食品どうし相性が良く、効果の面でも優れています。

そんな納豆とヨーグルトの相性について解説します。

納豆の納豆菌がヨーグルトの乳酸菌を大幅に増やす

納豆とヨーグルトの相性が良い理由の1つは、納豆菌が乳酸菌の増加をサポートするという点にあります。

そのため食べる前に納豆とヨーグルトを混ぜて置いておくと、ヨーグルト単品で食べるときよりも乳酸菌がたっぷり増えているのです。

納豆菌が乳酸菌の増加を10倍に増やす

納豆菌と乳酸菌を一緒にしておくと乳酸菌の増加が10倍になるという実験結果があります。

そのためヨーグルトの乳酸菌をたっぷり摂取したいと思うなら、納豆と一緒に食べるのが効果的なのです。

納豆が乳酸菌の働きやすい腸内環境を整える

納豆は腸内環境を乳酸菌が働きやすい状態に整える働きもします。

納豆には豊富な食物繊維が含まれていますし、納豆菌はとても強い菌で生きたまま腸内まで到達し腸内細菌のバランスを良好に保つように働きかけるからです。

納豆菌が腸内の悪玉菌を退治する

納豆菌は腸内にいる悪玉菌を退治します。

腸内には善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3種類の腸内細菌がいて、善玉菌が優勢のときには良好な状態が保たれ、悪玉菌が優勢になると便秘や下痢をしたりおならが臭うなど不調が出てしまいます。

悪玉菌優勢のときにヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取することは腸内環境を整えるのに役立ちますが、乳酸菌にとっては過酷な環境で効果を存分に発揮することができません。

納豆ヨーグルトにしてたっぷりの乳酸菌と同時に納豆菌を摂取すると、納豆菌が悪玉菌を減らし善玉菌を増やして、腸内の環境整備を行います。

するとヨーグルトの乳酸菌が効果的に働きやすくなるのです。

納豆の食物繊維が腸内を掃除する

また納豆には食物繊維も豊富に含まれています。

食物繊維は腸内の掃除屋です。

不溶性食物繊維が便のかさを増やし、水溶性食物繊維が便の固さを調節することで、便秘を解消しすっきりときれいな腸内にしてくれます。

便が排泄されずにいつまでも残っていると、段々と腐敗して悪玉菌が増えていってしまいます。

悪玉菌のもとを排泄してくれる食物繊維も、乳酸菌が働きやすい腸内環境作りをしてくれるのです。

 

Sponsored Link



納豆とヨーグルトは味も好相性

納豆ヨーグルトが効果的なことは分かったけれど、食べ合わせ的に味はまずいんじゃないかと感じる人もいるでしょう。

しかし実際には納豆ヨーグルトは味も好相性です。

ヨーグルトの酸味で納豆のにおいがマイルドになりますので、納豆が苦手という人でも食べやすくなります。

納豆ヨーグルトの作り方とアレンジ

納豆ヨーグルトは混ぜるだけで作れるのでとても簡単です。

しかもアレンジの幅も広いので、おいしく食べられるレシピがきっと見つかります。

納豆ヨーグルトの作り方

納豆1パックをしっかり混ぜて、そこにプレーンヨーグルト大さじ4杯を加え混ぜます。

基本の納豆ヨーグルトはこれで完成です。

好みでたれや醤油・からしを加えても良いですし、洋風の料理に合わせる場合にはブラックペッパーを入れてもよく合います。

またプレーンヨーグルトを水切りヨーグルトに変更すると、より濃厚な味わいが楽しめます。

納豆ヨーグルトサラダ

納豆ヨーグルトサラダは納豆ヨーグルトで野菜をあえるだけで作れる簡単なサラダです。

きゅうりやセロリ・レタスなど好みの野菜と混ぜて楽しみましょう。

納豆ヨーグルトトースト

納豆ヨーグルトを食パンに乗せてチーズをトッピングしトーストすれば、納豆ヨーグルトトーストのできあがりです。

朝食にもぴったりのおいしくヘルシーな一品になります。

納豆ヨーグルト温野菜

にんじん・じゃがいも・かぼちゃ・ブロッコリー・アスパラガスなど、好みの野菜を温野菜にして納豆ヨーグルトをかけるのもおいしい組み合わせです。

マヨネーズやタルタルソースのような感覚で納豆ヨーグルトをかけてみてください。

カレーやパスタのトッピング

納豆ヨーグルトはカレーやパスタともよく合いますので、トッピングとして添えるのもおすすめです。

別々に食べ進めるのも良いですし、混ぜながら食べるのもおいしいです。

納豆とヨーグルトは別々に食べても良い

納豆とヨーグルトは混ぜることで乳酸菌を増やすことができますが、もちろん別々に食べてもそれぞれの効果を取り入れることができます。

そのため納豆ヨーグルトの味がどうしても苦手という場合や毎日で食べ飽きてしまったという場合には、無理せず別々に食べてください。

納豆とヨーグルトの効果を活かすためにはおいしく毎日食べることが重要ですので、納豆とヨーグルトを一緒に食べることにこだわり過ぎず楽しみながら食べましょう。

Sponsored Link



納豆の効果と特徴

納豆ヨーグルトを食べることで取り入れられる納豆の効果や、納豆の特徴について解説します。

効果をより良く発揮できる食べ方で納豆を食べられるようにしましょう。

納豆に期待できる効果

納豆の健康効果や美容効果には様々なものがありますが、中でも代表的なものを紹介していきます。

ナットウキナーゼが血液をサラサラにする

納豆にはナットウキナーゼという成分が含まれています。

この成分は大豆が納豆菌によって発酵していくときにできる納豆特有のものです。

ナットウキナーゼの特徴は、血栓を形成するたんぱく質に働きかけて血栓を溶かし、血液サラサラにするという点です。

ナットウキナーゼによって血栓がなくなると脳梗塞など血栓によって引き起こされる病気の予防につながりますし、血液サラサラで血流が良くなり血管の壁に負担がかからないので高血圧の予防にもつながります。

ナットウキナーゼの働きについては『ナットウキナーゼに効果がないのは本当・嘘?時間・血圧・血栓等への効果や働きを徹底解説!』もご覧ください。

納豆のダイエット効果

納豆にはダイエット効果があることが期待できます。

  • ビタミンB2がエネルギー代謝を高めるので脂質を溜め込まない
  • 大豆たんぱく質が燃焼効果を高める
  • 食物繊維と納豆菌が便秘解消してくれる

といった働きによって、余分なものを溜め込まないすっきりとした体作りに役立つのです。

納豆ダイエットについては『納豆ダイエットの効果が凄い!痩せる理由・食べ方・レシピを徹底解説!』でも解説していますのでご覧ください。

納豆の便秘解消効果

納豆には納豆菌による整腸作用があるため、腸内環境を整えて便秘を解消することができます。

また食物繊維の量も豊富で、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を同時に摂取できますので、便の固さと量を調節しながら便が出やすい状態に整えることが可能です。

納豆の便秘解消効果については『納豆は便秘に効く効かない?効果的な食べ方・期間・時間などを徹底解説!』もご覧ください。

納豆の美肌効果

納豆は美肌にも役立つ食品です。

豊富なたんぱく質が美しい肌を作るもとになりますし、肌細胞の修復に役立つ成長ホルモンの分泌に欠かせないビタミンB群がたっぷり含まれています。

また豊富な栄養がバランス良く含まれていますので、体の内側から美しい肌作りができます。

納豆の美肌効果について『納豆は美肌に効果的!期間・成分・食べ方・レシピも徹底解説!』もぜひご覧ください。

納豆のアンチエイジング効果

納豆にはアンチエイジング効果も期待できます。

年齢を重ねた肌は乾燥してしまいがちですが、納豆にはヒアルロン酸よりも高い保水力を持つポリグルタミン酸やポリアミンが含まれています。

またナットウキナーゼの血液サラサラ効果によって、アンチエイジングに必要な栄養を体の隅々まで届けることができるのです。

納豆の骨粗しょう症予防効果

納豆は骨粗しょう症予防にも役立つことが分かっています。

カルシウムが含まれているのはもちろん、カルシウムの吸収を高めるビタミンKも同時に摂取できるからです。

また骨粗しょう症は閉経後の女性が発症することが多く、女性ホルモンのエストロゲンが減少することと関連があることが分かっています。

納豆にはエストロゲンの働きをサポートする大豆イソフラボンが含まれていますので、その点でも骨粗しょう症予防に役立ちます。

納豆の骨粗しょう症予防効果については『納豆のイソフラボンは女性ホルモンをサポート!その効果を徹底解説!』でも解説していますのでぜひご覧ください。

納豆の風邪予防の効果

納豆は風邪予防にも役立ちます。

納豆のネバネバ成分がのどや鼻の粘膜を保護するので、ウィルスや細菌に感染しづらくなるのです。

また腸には多くの免疫細胞が存在しますが、納豆の整腸作用で腸がきれいな状態になると免疫力が高まることが分かっています。

そのため納豆を食べることは風邪予防にもつながるのです。

納豆の効果効能について解説している『納豆の効果効能が凄い!ダイエット・健康・食べ方や効果を高める方法など徹底解説!』では納豆に期待できる効果についてより詳細に解説しています。ぜひ参考にご覧ください。

 

Sponsored Link



納豆は豊富な栄養を含むパワーフード

納豆は日本で古くから食べられているパワーフードです。

たっぷりの栄養がバランス良く含まれているため、健康や美容など様々な効果が期待できます。

古くから食べられている納豆は日本人の体によく合う食品です。

元祖日本のパワーフードを上手に取り入れて、健康や美容に役立てていきましょう。

納豆の効果を高める食べ方

納豆は豊富な栄養が含まれる食品ですが、効果を高めるためには納豆の特徴を知り食べ方のポイントを押さえておくことが重要です。

納豆の特徴と効果的な食べ方について解説します。

1日1パックの納豆を継続する

納豆は1日1パックを毎日食べるということが大切です。

納豆は豊富な栄養が含まれていますが、その栄養を効果的に活かすには毎日食べるようにします。

また整腸作用などに役立つ納豆菌は腸の常在菌ではないので、毎日納豆を食べていないと3~4日ほどで便と一緒に排泄されてしまいます。

そのため納豆は毎日適量の1パックを食べるということが大切なのです。

納豆は生のまま食べる

納豆を食べるときには生のまま食べるのが1番です。

納豆にはナットウキナーゼやビタミン類など熱に弱い成分も含まれています。

そのため熱に弱い成分もしっかりと摂取することを考えると、納豆は生のまま食べるというのが良いのです。

調理などで納豆を加熱しない場合でも、熱々のご飯に納豆をかけると加熱したのと同じ状態になってしまう可能性があります。

そのため納豆ご飯を食べるときには、ひと冷まししたご飯に納豆をかけるのがポイントです。

納豆に期待する効果によって食べる時間帯を変える

納豆は1日のうちいつ食べても栄養豊富で効果的ですが、食べる時間帯によって何に効果的かということが変わってきます。

朝食べる納豆は特に冷え性やダイエットに効果が期待でき、夜食べる納豆は生活習慣病予防や美肌などに効果が期待できるのです。

朝納豆の効果については『朝納豆のダイエット効果が凄い!便秘解消・痩せる食べ方・レシピ・アレンジなど徹底解説!』夜納豆の効果については『納豆を夜食べるダイエット・美肌・健康効果が凄い!太らない食べ方・レシピも徹底解説!』をそれぞれご覧ください。

納豆の栄養価を考えるならひきわり納豆を選ぶ

納豆は種類によっても栄養価に違いがあります。

納豆が栄養豊富なのは納豆菌による発酵の結果です。

そのため表面積が大きく納豆菌がより多く付着する小さな粒の方が栄養価が高くなります。

大粒納豆より小粒納豆の方が良いですし、小粒納豆よりひきわり納豆の方が栄養価を考えるならおすすめです。

Sponsored Link



ヨーグルトの効果と特徴

ヨーグルトは乳酸菌の働きで腸内環境を改善するという働きが広く知られていますが、その他にも効果が期待できるのでしょうか?

ヨーグルトの効果と特徴について解説します。

ヨーグルトに期待できる効果

ヨーグルトの効果はたくさんありますが、中でも代表的なものについて解説していきます。

ヨーグルトの腸内環境を整える効果

ヨーグルトの効果といってまず思い浮かぶのは腸内環境を整える働きです。

ヨーグルトには豊富な乳酸菌が含まれていますので、この乳酸菌の働きで腸内細菌のバランスが善玉菌優勢の良好な状態になりやすくなります。

乳酸菌は胃酸に弱いので腸まで生きたまま届くのはごくわずかですが、市販されている商品の中には生きたまま腸まで届く乳酸菌もあります。

またたとえ胃酸で死んでしまったとしても、乳酸菌の死骸は腸内の善玉菌のエサになりますので、それもまた腸内環境正常化に役立つのです。

ヨーグルトの健康な骨や歯を作る効果

ヨーグルトは乳製品なのでカルシウムも豊富です。

そのためヨーグルトを食べることは健康な骨や歯を作ることにつながります。

骨を作る成分はカルシウムだけでなくマグネシウムやリンなどもありますが、こうした成分が含まれているのもヨーグルトが健康な骨や歯を作るのに役立つ理由です。

ヨーグルトの美肌効果

ヨーグルトには美肌効果も期待できます。

牛乳から作られるヨーグルトにはたっぷりのたんぱく質や、肌細胞を作るのに必要な栄養が含まれているのが第一の理由です。

またヨーグルトの整腸作用も美肌作りには欠かせません。

腸内環境が悪玉菌優勢で便秘がちになると腸内で有毒ガスが発生し、その成分が吹き出物のの原因になることがあるからです。

そのため腸内を善玉菌優勢に整えてくれるヨーグルトは美肌作りに役立ちます。

ヨーグルトの内臓脂肪燃焼効果

ヨーグルトには内臓脂肪燃焼効果があることが分かっています。

ただしどのヨーグルトでもその効果が表れるというわけではなく、ガセリ菌SP株という種類の乳酸菌によって作られたヨーグルトに期待できる効果です。

そのためヨーグルトを食べて内蔵脂肪燃焼をしたいという場合には、ガセリ菌SP株のヨーグルトであることを確認してから食べましょう。

乳酸菌の働きについて解説している『乳酸菌の働きが凄い!効果・種類・免疫力など徹底解説!』もぜひご覧ください。

 

Sponsored Link



ヨーグルトの効果を発揮するには毎日食べるのがベスト

ヨーグルトの効果をしっかりと発揮するためには、まずは毎日食べるということが重要です。

毎日食べることでヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌が有効に働いてくれます。

これらの腸内細菌は加齢と共に減少していくことが分かっていますので、毎日ヨーグルトを食べることで働きをサポートすることにもつながるのです。

また単にヨーグルトで乳酸菌を摂取するだけでなく、オリゴ糖を同時に取り入れて腸内にいる善玉菌を活発にし増やすということも心がけると良いでしょう。

ヨーグルトの乳酸菌は胃酸に弱い

ヨーグルトにはたっぷりの乳酸菌が含まれていますが、無事に腸までたどりつけるのはごく一部です。

乳酸菌は胃酸に弱いので、ヨーグルトを食べても多くの乳酸菌が胃酸で死んでしまいます。

乳酸菌をできるだけ多く腸まで届くようにするためには、胃酸が薄まる食後にヨーグルトを食べるようにしましょう。

ヨーグルトは開封したら食べきるのが良い

ヨーグルトを大きなパックで購入して数日に分けて食べている人がいますが、できれば食べ切りの小さなパックで食べることをおすすめします。

なぜならヨーグルトの乳酸菌は空気に触れると活性が落ちてしまうからです。

そのため1度開封するとヨーグルトの乳酸菌はどんどん働きが悪くなり効果が実感できなくなってしまいます。

ヨーグルトの効果をしっかりと実感するためには、小さなパックで1回に食べきるようにしましょう。

Sponsored Link



納豆ヨーグルトは納豆とヨーグルトに期待できる効果を1度に得られる

納豆とヨーグルトの効果を別々に解説しました。

この2つを混ぜて食べる納豆ヨーグルトは、それぞれの効果を1度に得られるというのが魅力です。

しかもヨーグルトの乳酸菌が大幅に増え、乳酸菌が働きやすい状態まで作ってくれますので、納豆とヨーグルトを食べるのであれば混ぜて一緒に食べることをおすすめします。

納豆は玉ねぎヨーグルトととの食べ合わせもおすすめ

納豆ヨーグルトは納豆とヨーグルトの効果を同時に摂取でき、乳酸菌が増えるといったメリットも得られる食べ方です。

そんな納豆ヨーグルトの効果を更に高めることができるのが、玉ねぎヨーグルトです。

玉ねぎヨーグルトの特徴や作り方、納豆玉ねぎヨーグルトのおいしい食べ方など解説します。

玉ねぎヨーグルトとは

玉ねぎヨーグルトはテレビで紹介されダイエットに効果的と話題になった食べ方です。

玉ねぎヨーグルトには、

  • 整腸作用
  • 代謝アップ
  • 脂肪の吸収抑制
  • 食欲の抑制

といった働きがあり、その結果ダイエットへの効果も期待できます。

ヨーグルトの乳酸菌はもちろん、玉ねぎには善玉菌のエサになるオリゴ糖が含まれていますので、腸内環境正常化による便秘解消や免疫力アップの働きも期待できます。

また玉ねぎには血液サラサラ効果もありますので、玉ねぎヨーグルトは生活習慣病予防にも役立つ食べ方です。

玉ねぎヨーグルトの作り方

  • 玉ねぎ2分の1個
  • ヨーグルト200g
  • 塩小さじ2分の1

上記材料を用意したら下記の手順で作ります。

  1. 玉ねぎを薄くスライスして30分ほど置き辛味を取る
  2. 玉ねぎ・ヨーグルト・塩を全て混ぜる
  3. 冷蔵庫で一晩寝かせる

玉ねぎスライスは水にさらすというイメージがあるかもしれませんが、水にさらしてしまうと玉ねぎの有効成分が溶け出してしまいます。

そのため玉ねぎヨーグルトを作るときには30分ほど置いておくというようにしましょう。

納豆玉ねぎヨーグルトは混ぜるだけで簡単にできる

納豆玉ねぎヨーグルトは簡単で、混ぜた納豆に完成した玉ねぎヨーグルトを混ぜるだけでできあがります。

玉ねぎヨーグルトの量は好みによって加減してください。

納豆玉ねぎヨーグルトのおいしい食べ方

納豆玉ねぎヨーグルトは普通の納豆と同じようにご飯にかけて食べても良いですが、他にもおいしい食べ方があります。

サラダや温野菜のドレッシング代わりにかけて食べたり、ソース代わりに魚や肉にかけたりするのです。

また納豆・玉ねぎ・ヨーグルトはどれもカレーと相性抜群ですので、カレーに混ぜながら食べるのもおすすめです。

Sponsored Link



納豆ヨーグルトは食べる時間によって効果が違う

納豆ヨーグルトは栄養たっぷりですし、乳酸菌や納豆菌など健康や美容に役立つ成分も摂取できますので、いつ食べても効果的です。

ただし食べる時間帯によって期待できる効果が違いますので、納豆ヨーグルトを目的を持って食べるという場合には、時間帯も意識しながら取り入れると良いでしょう。

朝の納豆ヨーグルトに期待できる効果

納豆ヨーグルトは朝食べるのにも向いています。

朝食べる納豆ヨーグルトに期待できる効果について解説します。

朝食に納豆ヨーグルトを食べて冷え性改善できる

朝納豆ヨーグルトを食べると冷え性改善の効果が期待できます。

寝起きの体は1日の中で1番体温が低い状態です。

普通であれば時間の経過とともに徐々に体温が上がっていくのですが、冷え性の場合にはなかなか体温が上がらずそのまま1日が終わってしまうということもあります。

そのため体が冷えてしまうのです。

納豆ヨーグルトには豊富なたんぱく質が含まれています。

たんぱく質は消化吸収されたりエネルギーとして使用されるときに熱を作り出し体温をあげてくれます。

そのため朝食に納豆ヨーグルトを食べると体温が上がりやすくなり、冷え性改善に役立つのです。

朝食を納豆ヨーグルトにするとダイエットにも役立つ

朝食に納豆ヨーグルトを食べると体温が上がりやすくなることが分かりましたが、この働きはダイエットにも役立ちます。

なぜなら体温が上がると代謝も上がるからです。

代謝が上がるとカロリーを消費しやすい状態になるので、自然と痩せやすく太りにくい体質に変化していきます。

 

Sponsored Link



夜の納豆ヨーグルトに期待できる効果

夜に納豆ヨーグルトを食べると朝とは違った効果が期待できます。

夜食べる納豆ヨーグルトの効果について解説します。

夕食に納豆ヨーグルトを食べると生活習慣病予防ができる

夕食のときに納豆ヨーグルトを食べることは生活習慣病予防の効果が期待できます。

夜は休息の時間で活動量が減りますが、そうすると日中よりも血流が緩やかになり血栓ができやすい状態になります。

また就寝中には水分をとりませんので、そのこともドロドロ血液の原因になります。

ドロドロ血液になりやすい夜間は血栓が原因で引き起こされる脳梗塞や心筋梗塞などの病気のリスクが高まりますので、血液をサラサラにする納豆ヨーグルトを夕食で食べておくことが有効に働くのです。

夕食の納豆ヨーグルトは美肌効果が期待できる

夕食に食べる納豆ヨーグルトは美肌にも役立つことが期待できます。

  • 納豆が肌の修復に欠かせない成長ホルモンの分泌を促す
  • 肌細胞の材料になるたんぱく質が豊富に摂取できる
  • 血液サラサラ効果で栄養が隅々まで行き渡る

というのが納豆ヨーグルトが美肌に役立つ主な理由です。

成長ホルモンは大人の場合細胞の修復のために働きます。

成長ホルモンは夜眠っている間に分泌されるホルモンなので、夕食で納豆ヨーグルトを食べておくのが効果的なのです。

夜食の納豆ヨーグルトは高い整腸作用が期待できる

納豆ヨーグルトは夜食に食べるのにも向いています。

夜22時~翌2時は1日の間で最も腸の働きが活発になる時間帯です。

この時間帯より少し前に腸内環境正常化を行う納豆ヨーグルトを食べておくと、腸が活発な時間帯に納豆ヨーグルトの効果を働かせることができます。

そのため納豆ヨーグルトは夕食後の夜食として食べるのにも最適です。

納豆ヨーグルトは期待する効果で食べるタイミングを変えるのがベスト

納豆ヨーグルトは時間帯によって期待できる効果が違います。

そのため期待する効果によって食べる時間帯を変えるようにしましょう。

朝は冷え性対策やダイエットのために、夜は生活習慣病予防や美肌・整腸作用のために食べるのに向いています。

納豆ヨーグルトはどのように食べるかだけでなく、いつ食べるかにも注目して取り入れましょう。

Sponsored Link



納豆ヨーグルトは妊婦や赤ちゃんの離乳食にも良い

納豆ヨーグルトは妊婦の栄養補給や赤ちゃんの離乳食にもぴったりの食べ方です。

そのため毎日の食事に取り入れて効果的に納豆ヨーグルトを食べられるようにしましょう。

納豆ヨーグルトは妊婦の体調を整える

納豆ヨーグルトを食べることは妊婦の体調管理と胎児の健やかな成長に役立ちます。

納豆ヨーグルトがなぜ妊婦に良いのか解説します。

納豆ヨーグルトで妊娠中の便秘を予防改善

納豆ヨーグルトは腸内環境を改善する働きがあり便秘予防に役立ちますが、その働きは妊婦にも有効です。

  • 乳酸菌と納豆菌の整腸作用
  • 豊富な食物繊維

が便秘を解消しやすくしてくれます。

また妊娠中の便秘はホルモンバランスの変化により引き起こされていることもありますので、納豆の大豆イソフラボンが便秘解消に役立つことも期待できます。

納豆ヨーグルトで赤ちゃんの成長に必要な葉酸を摂取

納豆ヨーグルトを食べるとお腹の赤ちゃんの健やかな成長にも役立ちます。

赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防したり細胞分裂をサポートするために葉酸をしっかり摂取することが推奨されていますが、納豆にはたっぷりの葉酸が含まれているのです。

そのため納豆ヨーグルトを食べていると自然と葉酸を摂取することができ、赤ちゃんの健康に役立ちます。

納豆ヨーグルトで妊娠高血圧症候群を予防する

納豆ヨーグルトは妊娠後期にリスクが高まる妊娠高血圧症候群を予防するのにも役立ちます。

妊娠中は血液量が増えるので高血圧になりやすくなりますが、納豆ヨーグルトは血液サラサラの状態を作り出してくれますので高血圧になりにくくなるのです。

 

Sponsored Link



納豆ヨーグルトは離乳食にもぴったり

納豆ヨーグルトは赤ちゃんの離乳食にするのにもぴったりです。

納豆の臭いが苦手な赤ちゃんでも食べやすくなりますし、栄養もたっぷり摂取できます。

納豆ヨーグルトの便秘解消効果で赤ちゃんの便秘を優しく改善する

納豆ヨーグルトの腸内環境正常化の働きは赤ちゃんの便秘解消にも役立ちます。

赤ちゃんの胃腸は未熟なので、ちょっとした変化ですぐに便秘になりがちです。

特に離乳食期は初めて食べる食材が多いので、実は便秘になりやすい時期でもあります。

納豆ヨーグルトなら薬に頼らず優しく赤ちゃんの便秘を解消することができます。

納豆ヨーグルトのたっぷりのカルシウムで丈夫な骨作りができる

納豆ヨーグルトはたっぷりのカルシウムを摂取することができます。

カルシウムは単体ではなかなか骨や歯に吸収されづらいのですが、納豆にはカルシウムの吸収を高めるビタミンKも含まれていますので、納豆ヨーグルトは丈夫な骨や歯を作るのに良い働きをするのです。

納豆ヨーグルトは栄養たっぷりだから離乳食の栄養バランスを取りやすくなる

離乳食期の赤ちゃんは食べられる食材が限られていますので、どうしても栄養バランスが偏ってしまいがちです。

納豆ヨーグルトはたっぷりの栄養がバランス良く含まれていますので、離乳食にプラスするだけで赤ちゃんの栄養バランスを取りやすくなります。

納豆を離乳食に食べさせる注意点を解説した『離乳食の納豆はいつから?目安量・加熱方法・おすすめレシピ・納豆の選び方もすべて解説します!』もご覧ください。

Sponsored Link



納豆ヨーグルトを毎日食べて健康や美容に役立てましょう

納豆ヨーグルトは一見異色の組み合わせに感じられますが、実際には効果の面でも味わいの面でもとても優れた食べ方です。

納豆の納豆菌がヨーグルトの乳酸菌を大幅に増やすため乳酸菌の効果が高まります。

しかも納豆菌は乳酸菌が働きやすい腸内環境に整えてくれますので、乳酸菌の効果を実感しやすいのです。

納豆ヨーグルトを食べる習慣を身につけると、

  • 腸内環境の正常化
  • 血液サラサラ効果
  • ダイエット効果
  • 丈夫な骨や歯を作る働き
  • 免疫力向上

などの効果を期待できます。

納豆ヨーグルトのどの効果も基本的に毎日食べることで得られるものですので、1日のうちどこかのタイミングで口にするようにしましょう。

食べる時間帯によっても効果に違いが出てきますので、冷え性改善やダイエットを目指すなら朝に、生活習慣病予防や美肌を目指すなら夜に、主に食べるのがおすすめです。

納豆ヨーグルトはおいしく食べるだけで納豆とヨーグルトの相乗効果を得られる食べ方ですので、ぜひ毎日の食事に取り入れて健康と美容に役立てていきましょう。

納豆と乳酸菌について解説している『納豆と乳酸菌は相性抜群!キムチ・ヨーグルト・チーズ・玉ねぎを同時に食べて腸内環境正常化!』もぜひ、ご覧ください。

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 朝納豆のダイエット効果が凄い!便秘解消・痩せる食べ方・レシピ・アレンジなど徹底解説!

  • 納豆は健康に悪い?効果と健康に良い食べ方・レシピを徹底解説!

  • 納豆は便秘に効く効かない?効果的な食べ方・期間・時間などを徹底解説!

  • 離乳食の納豆はいつから?目安量・加熱方法・おすすめレシピ・納豆の選び方もすべて解説します!

  • 納豆ダイエットの効果が凄い!痩せる理由・食べ方・レシピを徹底解説!

  • 納豆の効能が凄い!副作用・美肌・ダイエットなど効果の全てを徹底解説!