1. TOP
  2. 烏龍茶
  3. 烏龍茶は脂肪吸収を抑える作用が抜群!ダイエットにも効果的!
Sponsored Link

烏龍茶は脂肪吸収を抑える作用が抜群!ダイエットにも効果的!

烏龍茶   268 Views

烏龍茶は、健康茶として私たちの生活に浸透しています。

烏龍茶の「脂肪の吸収を抑える」作用は、特に有名です。

しかし、烏龍茶が「脂肪を分解する」と誤解している人も多く、烏龍茶を飲めば体脂肪が分解され、ダイエット効果があるとの誤解が少なからず存在します。

烏龍茶は「脂肪の吸収を抑える」のであって、「脂肪を分解」することはありません。

烏龍茶の脂肪の吸収を抑える作用が、ダイエット効果につながるのです。

烏龍茶に含まれるダイエットに有効な成分は、次の通りです。

・烏龍茶重合ポリフェノール(OTPP):脂肪の吸収を抑える

・カフェイン:基礎代謝のアップ・脂肪を燃焼させる

・テアニン:ダイエット中のストレスを緩和する

烏龍茶は、これらの成分の働きでダイエット効果を発揮します。

ここでは、烏龍茶の脂肪吸収を抑えるメカニズム、関与する成分、そして烏龍茶ダイエットを成功させる効果的な飲み方やタイミングなども含め、ご紹介していきます。

Sponsored Link



烏龍茶には脂肪吸収を抑制する作用がある

烏龍茶と言えば「脂肪の吸収を抑制するお茶」とイメージできるほど、その作用は広く知られています。

烏龍茶の脂肪吸収を抑制する作用は、烏龍茶の特有成分「烏龍茶重合ポリフェノール」によるものです。

脂肪吸収を抑える烏龍茶重合ポリフェノール(OTPP)とは?

烏龍茶重合ポリフェノールは、烏龍茶の原料であるチャノキの茶葉を発酵する過程で生成されます。

緑茶、烏龍茶、紅茶など、お茶には種類があり風味も全く異なりますが、全て同じチャノキの茶葉が原料になっています。

それぞれ茶葉の発酵度の違いで、独特の風味が引き出されるのです。

緑茶は全く発酵させず、紅茶は完全発酵させ作られます。

烏龍茶は、茶葉の発酵途中で火入れをし、発酵を止めて作られるため半発酵茶になります。

その絶妙なタイミングで発酵を止めることで、烏龍茶の豊かな香りが醸し出されるとともに、烏龍茶の特有成分「烏龍茶重合ポリフェノール(OTPP)」が生成されるのです。

茶葉には、ポリフェノールが含まれており、またそれを酸化発酵させる酸化酵素、ポリフェノールオキシターゼが含まれています。

茶葉を摘採後、葉をしおらせる萎凋という過程で、ポリフェノールオキシターゼが活性化し、茶葉に含まれるポリフェノールが酸化発酵されていきます。

酸化発酵中に加熱することで、ポリフェノール内のカテキン類が熱重合反応(加熱によって起こる複雑な結合反応)を起こし、烏龍茶重合ポリフェノールが生成されます。

このようにして生成された烏龍茶重合ポリフェノールには、緑茶や紅茶に含まれるポリフェノールとは、また異なる作用を発揮します。

その代表的なものが「脂肪の吸収を抑制する」作用です。

烏龍茶重合ポリフェノールには、その他にも次のような作用があります。

・脂肪の吸収を抑制する作用

・食物コレステロールの吸収を抑制する作用

・血圧を低下させる作用

・血液凝固を抑制する作用

・抗酸化作用

・抗菌作用

烏龍茶重合ポリフェノールは、これらの作用で、ダイエット効果や生活習慣病の予防・改善、美肌などアンチエイジング、虫歯・歯周病予防など様々な健康効果を発揮するのです。

 

Sponsored Link



烏龍茶重合ポリフェノールが脂肪吸収を抑制するメカニズム

烏龍茶重合ポリフェノールの脂肪吸収抑制作用は、脂肪分解酵素であるリパーゼを阻害することによります。

食事で体に取り入れられた脂肪分は、まず小腸にて胆汁により乳化されます。

そして、すい臓から分泌される分解酵素リパーゼにより、脂肪酸やグリセロールなどに分解され、腸管で吸収されていきます。

烏龍茶重合ポリフェノールは、このリパーゼの活性を阻害する作用があります。

リパーゼが阻害されると、小腸にて脂肪が分解されず、そのため脂肪は吸収されることなく、そのまま腸管を流れ排泄されることになります。

烏龍茶摂取による、便中の脂肪排泄量の増加も実証されています。

そして、食物中の脂肪の吸収が阻害されるため、中性脂肪となり血中に溶け込む量も減ります。

そのため烏龍茶重合ポリフェノールの作用は、食後の血中中性脂肪の上昇を抑制することにもつながるのです。

血中の中性脂肪が抑えられると、脂肪細胞に取込まれる量も減少し、長期的にみると内臓脂肪や皮下脂肪という体脂肪の減少につながっていきます。

このように烏龍茶は、メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防・改善、ダイエットにも効果を発揮していくのです。

烏龍茶のその他の効果効能については「ウーロン茶の効果が凄い!健康・ダイエット・美肌などの効能を徹底解説!」をぜひご覧ください。

Sponsored Link



烏龍茶には脂肪を分解する作用はない

烏龍茶は脂肪を分解する、と認識している人も見受けられますが、烏龍茶には脂肪を分解する作用はありません。

さらに、烏龍茶にはすでに蓄積されている皮下脂肪や内臓脂肪に対し、それを分解したり、燃焼させるという作用もありません。

烏龍茶重合ポリフェノールは脂肪の吸収を抑えるのみ

先に述べたように烏龍茶の脂肪に対する作用は、烏龍茶重合ポリフェノールの脂肪分解酵素リパーゼの活性阻害による、脂肪の分解・吸収を抑制する作用です。

烏龍茶の継続摂取で中性脂肪低下につながる

烏龍茶により食後中性脂肪の上昇が抑えられることは、脂肪細胞への余剰な中性脂肪の蓄積も防ぐことにつながります。

このことは長期的にみると、体脂肪の減少効果が期待できるのです。

サントリー黒烏龍茶での調査で、黒烏龍茶1日350mlを3ヶ月続けて摂取したところ、内臓脂肪の減少が認められています。

 

Sponsored Link



烏龍茶の成分カフェインは脂肪燃焼作用がある

烏龍茶には、カフェインが含まれています。

カフェインには、脂肪を燃焼させる作用や、体温を上昇させる作用があります。

カフェインの脂肪を燃焼させるメカニズム

脂肪細胞内の中性脂肪は、そのままではエネルギーとして消費することができません。

中性脂肪をエネルギー源として消費するには、中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解する必要があります。

その分解を促す働きがあるのが、カフェインです。

カフェインの大部分は肝臓で分解され、中間代謝物が生成されます。

中間代謝物の多くはパラキサンチンで、テオブロミン、テオフィリンなどもあります。

このパラキサンチンが、中性脂肪の分解を促し、エネルギー源として消費(燃焼)させる働きをするのです。

パラキサンチンは、脂肪細胞内の中性脂肪を分解し、血中に遊離脂肪酸を放出させますが、その時にエネルギー源として遊離脂肪酸を消費(燃焼)すると、体脂肪の減少につながります。

しかし、遊離脂肪酸が放出されても消費されない場合、中性脂肪に再合成され、脂肪細胞に蓄積されていきます。

そのため、体脂肪を減らしたい場合は、血中に遊離脂肪酸が放出されている間に消費(燃焼)しなければなりません。

エネルギー源として消費するベストな方法は、やはり運動でしょう。

烏龍茶を摂取後に運動すると、カフェインの脂肪燃焼作用が効率よく発揮されることになります。

 

Sponsored Link



カフェインは基礎代謝を上昇させる作用がある

烏龍茶の成分カフェインには、体温を上昇させる作用があります。

カフェインは自律神経のうち、交感神経を刺激することで体のパフォーマンスを上げるよう働きます。

その際、熱産生を促進するため体温が上昇します。

体温の上昇は基礎代謝の上昇につながり、エネルギー消費量を増加させるため、脂肪も消費されやすくなります。

烏龍茶を飲むことは、基礎代謝上昇による脂肪燃焼作用が期待できるのです。

他にもカフェインには、利尿作用もあり、むくみの解消やデトックス効果も期待できます。

烏龍茶の利尿作用に関しての詳しい内容は「烏龍茶の利尿作用でむくみ解消!デトックス効果も抜群!」をぜひご覧ください。

Sponsored Link



烏龍茶の効果が発揮される1日量

烏龍茶は、脂肪の吸収を抑える作用が優れているため、多く飲めばダイエット効果も早く現れるのでは、と期待してしまいます。

しかし、健康茶である烏龍茶にも適量があります。

飲み過ぎでは副作用が現れる危険があり、逆に少なすぎると効果が十分発揮されないことになります。

烏龍茶の1日の適量は、含まれる成分の安全性、そして有効性を踏まえて算出します。

烏龍茶の成分で摂取量を考慮する必要のある成分は、烏龍茶重合ポリフェノールとカフェインです。

烏龍茶重合ポリフェノールの1日摂取許容量

烏龍茶の主要成分である烏龍茶重合ポリフェノールの含有量は、烏龍茶100ml当たり12㎎です。

サントリーの黒烏龍茶は、100ml当たり20㎎含まれています。

烏龍茶重合ポリフェノールの1日摂取量は、特に規定はありません。

安全性に関する調査では、烏龍茶重合ポリフェノールが70㎎含まれる烏龍茶を1日3回摂取(合計210㎎/日)しても、健康に問題となる所見は認められませんでした。

また、有効性に関する調査では、烏龍茶重合ポリフェノールを1日140㎎一定期間摂取することで、体脂肪の減少、血中の中性脂肪値の低下が認められています。

これらの結果から烏龍茶重合ポリフェノールは、140㎎以上で効果が発揮され、210㎎までは安全ということになります。

安全性と有効性を考慮した烏龍茶の1日量は、次の通りです。

・一般の烏龍茶:1160ml

・黒烏龍茶:700ml

烏龍茶重合ポリフェノールは、脂肪分解酵素リパーゼを阻害するため、脂肪は分解・吸収されずそのまま大腸に運ばれます。

脂肪は腸管への刺激が強く、烏龍茶重合ポリフェノールを摂り過ぎると、下痢や腹痛を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

 

Sponsored Link



カフェインの1日摂取許容量

烏龍茶のカフェイン含有量は、100ml当たり20㎎です。

この量はコーヒーの1/3量程になります。

カフェインの感受性は個人差が大きく、健康に対する評価を出すことが難しいため、日本では摂取許容量の規定は定められていませんが、米国・ヨーロッパでは、妊婦を除く成人で1日摂取許容量400㎎とされています。

カフェインには、覚醒作用があり集中力の向上、運動パフォーマンスの向上、交感神経刺激による基礎代謝促進、そして利尿作用もあり、健康効果に優れています。

しかし、過剰摂取によるさまざまな副作用が指摘されています。

カフェイン400㎎を烏龍茶のみで換算すると2000mlになりますが、カフェインはコーヒー、紅茶、緑茶はもちろん、エナジードリンクや頭痛薬、チョコレートにも含まれており、烏龍茶を多量に飲むとカフェイン過剰摂取になりかねません。

烏龍茶の1日の適量は1000ml

烏龍茶重合ポリフェノールやカフェインの安全性、有効性から見た許容摂取量や、水分量などを考慮した烏龍茶の1日の適量は次の通りです。

・一般の烏龍茶:1000ml

・黒烏龍茶:700-800ml

この量が烏龍茶の脂肪の吸収抑制作用や、他の健康効果を安全かつ有効に発揮させる適量になります。

Sponsored Link



烏龍茶で脂肪吸収を抑える効果的な飲むタイミング

烏龍茶に含まれる烏龍茶重合ポリフェノールは、脂肪の分解・吸収を抑制する作用に優れていますが、その効果を十分発揮させるには、飲むタイミングがとても大切です。

烏龍茶を食事の時に飲む

烏龍茶重合ポリフェノールの脂肪に対する作用は、脂肪分解酵素リパーゼの働きを弱め、食物中の脂肪の分解を抑制し、脂肪を体内に吸収させないようにすることです。

そのため、食事と一緒に烏龍茶を飲むことで、食物中の脂肪は、全てではありませんが、分解・吸収されず、そのまま排泄されることになります。

食事の度に烏龍茶を飲めば、その時摂取した脂肪は吸収されにくくなるため、食後の血中中性脂肪の上昇を抑え、体脂肪への蓄積も抑制できるのです。

烏龍茶を食後1時間以内に飲む

烏龍茶を食事中に飲めなかった場合、食後1時間以内に飲むと同等の効果が得られます。

脂肪は、糖質やタンパク質に比べ、分解・消化が始まるまでに時間が掛かります。

それは、脂肪は親水性がなく、ダイレクトに消化ができないため、まずは十二指腸で胆汁により乳化させる必要があるためです。

その後に、すい臓から脂肪分解酵素リパーゼが分泌され、その働きで脂肪酸やグリセロールに分解されます。

そのため、脂肪の乳化過程で、脂肪が十二指腸に停留している時に、烏龍茶を飲めば、リパーゼが分泌される前のため、その働きを阻害することができます。

胆汁は、食後約1時間後から分泌されるため、食後1時間以内に烏龍茶を飲めば、脂肪吸収を抑える効果が期待できます。

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットを成功させるには

烏龍茶の脂肪の吸収を抑える作用は、烏龍茶を継続して摂取することで、ダイエット効果にもつながります。

烏龍茶の継続摂取がポイント

烏龍茶の脂肪吸収を抑える作用は、短期間では体内に蓄積された体脂肪に対し、影響を与えられません。

烏龍茶を継続して摂取すると、食事からの脂肪吸収が抑えられる分、エネルギー不足の時に、体脂肪からエネルギー源を放出するようになるため、体脂肪の減少が期待できます。

体脂肪を減らし、ダイエット効果を得るためには、最低でも3ヶ月は継続する必要があります。

カフェインによるダイエット効果

烏龍茶に含まれるカフェインには、基礎代謝の向上によるエネルギー消費増加や、脂肪の燃焼を促進する働きがあり、ダイエット効果が期待できます。

烏龍茶を運動する30分前に飲む

烏龍茶の成分カフェインの脂肪燃焼作用は、カフェイン摂取後約30分で現れ始めます。

体温上昇させ代謝を高める作用は、カフェイン摂取後、約1時間で高まります。

運動を始める30分前に烏龍茶を飲んでおくと、運動時にカフェインの作用が発揮され、脂肪燃焼促進や代謝向上効果がさらに高まり、ダイエット効果もより期待できます。

 

Sponsored Link



烏龍茶を摂取後に有酸素運動を行う

烏龍茶の摂取で、脂肪の吸収が抑制されても、エネルギーが不足しなければ、体脂肪は使われません。

また、カフェインにより脂肪燃焼作用が高まることで、体脂肪から脂肪酸が放出されても、消費しなければ中性脂肪に再合成され、体脂肪に戻されてしまいます。

そのため、ダイエット効果を期待する場合、体のエネルギー消費量を高める必要があります。

エネルギー消費量を高める最適な方法は、有酸素運動です。

有酸素運動は、呼吸で酸素を十分に取込みながら、軽い負荷を比較的長い時間かけていく運動です。

エネルギー源に脂肪を分解し利用するため、ダイエットにとても適しています。

代表的な運動には、ウォーキング、水泳、ヨガなどがあります。

有酸素運動に関する詳しい内容は「烏龍茶で痩せる理由と効果的な飲むタイミングを徹底解説!」をぜひご覧ください。

烏龍茶ダイエットについての詳しい内容は「烏龍茶ダイエットの効果が凄い!おすすめの方法・やり方・タイミング・食前・食後など徹底解説!」をぜひご覧ください。

Sponsored Link



烏龍茶の飲み過ぎには注意

前述のように、烏龍茶には1日の適量があり、飲み過ぎは思わぬ副作用が引き起こされることもあり、注意が必要です。

カフェインの過剰摂取による副作用の発現

烏龍茶の飲み過ぎは、カフェインの過剰摂取につながり、次のような症状が現れることがあります。

・睡眠障害

コーヒーに比べ、烏龍茶のカフェイン含有量は少ないですが、睡眠障害予防のため、就寝3~4時間前は摂取を控えた方が賢明でしょう。

・胃痛

カフェインは胃酸分泌作用があるため、空腹時の烏龍茶の摂取は避けましょう。

・カフェイン中毒

カフェインの過剰摂取は、中毒症状を引き起こすこともあります。

中毒症状としては、頭痛、吐き気、動悸、神経過敏、イライラ感、不眠などがあります。

カフェインは、大部分は肝臓で代謝され、排出には腎臓が関わってきます。

そのため、肝臓や腎臓に疾患のある人は、カフェインの作用が強くなったり、排出までに時間が掛かるため作用が長く続きます。

妊娠中も同様の現象が起きます。

肝臓や腎臓疾患のある人、妊娠中の人は、特に注意が必要です。

烏龍茶の妊婦への影響については「烏龍茶の妊婦への影響は大丈夫?飲み過ぎ・量・カフェインについて徹底解説!」をぜひご覧ください。

 

Sponsored Link



烏龍茶の飲み過ぎによる下痢症状

烏龍茶の成分烏龍茶重合ポリフェノールは、脂肪の分解・吸収を抑える働きがあるため、分解されなかった脂肪は、そのまま大腸に運ばれてきます。

脂肪は大腸を刺激し、蠕動運動を活発にする働きがあります。

その働きは便秘解消にもなりますが、多量の脂肪の通過で大腸が過敏になり、下痢、腹痛、ガス発生による腹部膨満感などの症状が引き起こされる可能性があります。

利尿作用の効きすぎによるデメリット

烏龍茶は利尿作用にも優れ、むくみ解消やデトックス効果も期待できます。

しかし、飲み過ぎると利尿作用の効き過ぎによるデメリットが現れることもあります。

利尿作用の効き過ぎによるデメリットは次の通りです。

・低カリウム血症

・カルシウムの排出

・頻尿

烏龍茶の十分な健康効果を期待するには、適量を守ることが基本になります。

烏龍茶の飲み過ぎに関する詳しい内容は「烏龍茶の飲み過ぎで下痢・頭痛・気持ち悪い・太るなどの症状について徹底解説!」をぜひご覧ください。

Sponsored Link



まとめ

日本でも健康茶としてお馴染みの烏龍茶ですが、含まれる成分の効果・効能、性質・作用などを知った上で生活に取り入れると、本来の効果を十分享受することができます。

烏龍茶の脂肪の吸収を抑える作用は、烏龍茶の特有成分、烏龍茶重合ポリフェノールの働きによります。

その作用は「食物中の脂肪の分解を阻害し体に吸収させない」というものですが、烏龍茶を継続摂取することで、血中中性脂肪値の低下、体脂肪の減少にも効果があることが実証されています。

烏龍茶は、生活習慣病の予防・改善や、ダイエットにも大いに効果が期待できるのです。

健やかな毎日のために、烏龍茶を食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 牛乳は消化の良い食品!子供から高齢者まで栄養補給に最適!

  • 母乳と牛乳、授乳中の母乳への影響について

  • 牛乳は睡眠効果も抜群!朝と寝る前の牛乳で睡眠の質を高めよう!

  • 牛乳は温めても栄養価はそのまま!レンジや鍋で上手に温めて飲もう!

関連記事

  • ウーロン茶の効果が凄い!健康・ダイエット・美肌などの効能を徹底解説!

  • 烏龍茶の飲み過ぎで下痢・頭痛・気持ち悪い・太るなどの症状について徹底解説!

  • 烏龍茶の妊婦への影響は大丈夫?飲み過ぎ・量・カフェインについて徹底解説!

  • 烏龍茶ダイエットの効果が凄い!おすすめの方法・やり方・タイミング・食前・食後など徹底解説!

  • 烏龍茶で胃痛・胃もたれ・胃が荒れる?飲み過ぎによる副作用やデメリットについて

  • 烏龍茶の利尿作用でむくみ解消!デトックス効果も抜群!