1. TOP
  2. 烏龍茶
  3. 烏龍茶で痩せる理由と効果的な飲むタイミングを徹底解説!
Sponsored Link

烏龍茶で痩せる理由と効果的な飲むタイミングを徹底解説!

烏龍茶   596 Views

烏龍茶は、脂肪の吸収を抑える作用があり、ダイエット効果が期待できます。

しかし、「ダイエットには効果がない」「痩せない」という声も多く聞かれます。

烏龍茶は0カロリーの飲み物ですが、痩せる効果を期待する場合、飲むタイミングと、飲んだ後の運動がとても大切になります。

烏龍茶の痩せる効果を発揮させるポイントは、次の通りです。

・烏龍茶を食事と一緒に飲む

・烏龍茶を食後30分以内に飲む

・烏龍茶を運動する30-40分前に飲む

・烏龍茶を飲んだ後、運動をする

ここでは、烏龍茶の痩せる効果について、有効成分、痩せるメカニズム、痩せる効果を発揮する飲むタイミングなどを詳しく説明していきます。

Sponsored Link



烏龍茶で痩せるメカニズム

烏龍茶は、痩せる効果、ダイエット効果が期待できる飲み物です。

烏龍茶の痩せる効果は、主に烏龍茶に含まれる特有成分「烏龍茶重合ポリフェノール」と「カフェイン」の働きによります。

それぞれの成分の作用、痩せることにつながるメカニズムを見ていきましょう。

烏龍茶重合ポリフェノールが脂肪吸収を抑制する

烏龍茶重合ポリフェノールとは

烏龍茶重合ポリフェノールは、烏龍茶の原料、チャノキの葉に含まれるポリフェノールが、発酵する過程で生成されます。

茶葉には、ポリフェノールの他、酸化酵素ポリフェノールオキシターゼが含まれています。

茶葉を萎凋(水分を失くし萎れさせること)すると、ポリフェノールオキシターゼの活性化が起こり、ポリフェノールの酸化発酵が進行します。

烏龍茶は、ある程度酸化発酵をさせた後、釜炒りで加熱することで、発酵を止めるため、半発酵茶に属します。

酸化発酵の過程で、ポリフェノール内の低分子カテキン8種が重合反応(低分子同士の結合で大きな化合物を作る化学反応)し、ウーロン茶特有の成分、烏龍茶重合ポリフェノールが生成されるのです。

烏龍茶重合ポリフェノールは、痩せる効果につながる脂肪吸収抑制作用を始め、次のような作用があります。

・脂肪吸収抑制作用

・血圧低下作用

・血液凝固抑制作用

・食物コレステロール吸収抑制作用

・抗酸化作用

・抗菌作用

そして、これらの作用により、次のような効果が認められています。

・肥満の予防・改善=ダイエット効果

・動脈硬化の予防・改善

・生活習慣病の予防・改善

・アンチエイジング(美肌・美髪など)

・虫歯予防

烏龍茶重合ポリフェノールは、体内でとても優れた効果を発揮する成分なのです。

烏龍茶重合ポリフェノールの脂肪吸収を抑制するしくみ

通常、食事により体内に入ってきた脂肪は、すい臓から分泌される脂肪分解酵素リパーゼにより、脂肪酸、グリセロールに分解され、腸管内で吸収されます。

烏龍茶重合ポリフェノールは、そのリパーゼの活性を阻害し、脂肪の分解を抑制する作用があります。

そのため、脂肪が分解・吸収されないまま、体外へ排出されることになります。

このように烏龍茶重合ポリフェノールは、食物内の脂肪の分解・吸収を抑制し、そのまま体外へ排出することで、食後の血中中性脂肪値の上昇を抑えてくれるのです。

実際、便中の脂肪排泄量の増加が認められています。

そして、烏龍茶重合ポリフェノールを多く含む黒烏龍茶では、次のような体脂肪の減少効果も確認されています。

・黒烏龍茶を1日350ml・3ヶ月継続摂取→ 内臓脂肪面積の減少

・黒烏龍茶を1日700ml・4ヶ月継続摂取→ 腹部脂肪全体面積(皮下脂肪・内臓脂肪)の減少

もちろん、一般の烏龍茶にも烏龍茶重合ポリフェノールは含まれていますが、含有量は黒烏龍茶の約60%になります。

烏龍茶重合ポリフェノールは、皮下脂肪、内臓脂肪にすでに蓄積された中性脂肪に対し、直接燃焼させる作用はありません。

しかし、烏龍茶を継続的に摂取すれば、食物中の脂肪吸収を抑制し、血中への中性脂肪放出を抑えるため、脂肪細胞への取込みも減少していきます。

そして、エネルギー源として血中のブドウ糖が不足したり、運動でのエネルギー源が必要な場合、蓄積された中性脂肪がどんどん利用されていきます。

その結果、「脂肪細胞内の中性脂肪が減る=痩せる」ことにつながるのです。

 

Sponsored Link



カフェインが体温を上昇させる

烏龍茶には、痩せる効果に関与するカフェインが含まれています。

カフェインは、交感神経を刺激し、体の活動性を上げる作用があり、熱産生を促し体温を上昇させます。

体温の上昇は、基礎代謝の上昇となり、エネルギー消費量が増し、脂肪がつきにくい体質になります。

さらに、運動前にカフェインを摂取すると、カフェインの作用に、運動による体温上昇、エネルギー消費が加わるため、相乗効果が発揮されます。

運動前のカフェイン摂取は、発汗量の増加、発汗持続時間の延長にもつながり、重ねて痩せる効果が期待できるのです。

カフェインが脂肪を燃焼させる

カフェインは、脂肪を燃焼させる働きがあります。

カフェインの70-80%は、肝臓で代謝され、いくつかの中間代謝物ができます。

その内の1つ、パラキサンチンという成分は、脂肪の分解・代謝を促進する作用があります。

脂肪細胞内の中性脂肪を消費するには、遊離脂肪酸とグリセロールに分解する必要があります。

分解されることで、初めてエネルギーとして、代謝(燃焼)されるのです。

パラキサンチンの作用で、中性脂肪が分解されると、血中に遊離脂肪酸が増加します。

その時に遊離脂肪酸をエネルギーとしてどんどん利用し、燃焼させる必要があります。

もし、遊離脂肪酸が使われず、血中に残っていると、再度中性脂肪に合成され、脂肪細胞に取込まれていってしまいます。

遊離脂肪酸をエネルギーとして燃焼させる最良の方法は、運動です。

また、カフェインには、運動時のエネルギー源としてブドウ糖よりも脂肪を優先させる働きがあります。

カフェインの脂肪燃焼作用は、烏龍茶でカフェインを摂取した後、運動をすることで発揮されるのです。

 

Sponsored Link



カフェインがむくみを改善する

カフェインには、利尿作用があります。

腎臓の血管を拡張させることで、尿細管での水分の再吸収を抑え、尿量を増やし、利尿を促します。

また、カフェインは循環器系に働きかけ、血液やリンパの循環を促す作用があります。

循環が改善されると、体内の老廃物の排出が促されます。

烏龍茶を飲むことで、利尿作用や循環改善作用を通し、体内の余剰水分が排出され、むくみを改善、水太りが解消され、痩せる効果につながります。

テアニンがダイエット中のストレスを解消してくれる

烏龍茶には、アミノ酸の1つであるテアニンが含まれています。

テアニンは、茶の甘みや旨みを醸し出す成分です。

テアニンの代表的な作用は、リラックス効果です。

テアニンは、副交感神経に働きかけることで、脳や体の興奮を鎮静させる作用があります。

そして、筋肉の緊張を和らげることで、血管を拡張させ、全身の血液循環を改善し、心身両面においてリラックスできるよう作用します。

テアニンを摂取後、30-40分後の脳波を見ると、アルファ波(リラックスした時に現れる脳波)の発生が認められます。

烏龍茶ダイエットのみならず、どんなダイエットも食事制限や運動負荷など、制限や節制などがつきもので、ストレスが溜まりやすいものです。

そんな時にテアニンのリラックス効果を利用できるのが、烏龍茶です。

さらに烏龍茶にはさまざまな香気成分も含まれ、香りによるリラックス効果もあります。

烏龍茶は痩せる効果を発揮しながら、そのリラックス効果でダイエット中のストレスを解消に導いてくれます。

その他の烏龍茶の効果についての詳細は「ウーロン茶の効果が凄い!健康・ダイエット・美肌などの効能を徹底解説!」をぜひご覧ください。

Sponsored Link



烏龍茶で痩せる効果が発揮される飲むタイミング

烏龍茶には、痩せる効果があることが分かりましたが、口コミなどでは「痩せない」という意見も多く見られます。

烏龍茶は、ただ飲むだけでは痩せる効果を発揮できません。

痩せる効果につなげるには、飲むタイミングがとても大切になるのです。

烏龍茶をいつ飲めば、痩せる効果につながるのかをご説明します。

烏龍茶を食事と一緒に飲む

烏龍茶の痩せる効果を発揮させるタイミングは、食事と一緒に飲むことです。

烏龍茶に含まれる烏龍茶重合ポリフェノールは、食物内の脂肪の吸収を抑える作用があるため、食事による余分な脂肪の吸収をダイレクトに阻止します。

そのことが、食後の血中中性脂肪値の上昇の抑制につながり、食事以外の時間に飲むより、体内への脂肪蓄積を抑えることができるのです。

 

Sponsored Link



烏龍茶を食後30分以内に飲む

食事中に烏龍茶を飲めなかったとしても、食後30分以内に飲めば同じ作用が発揮されます。

脂肪は消化の始まりが遅い

脂肪は水に溶けにくいため、胆汁により乳化される過程を経る必要があります。

そのため、消化が始まるまでに時間が掛かります。

よって、乳化の過程で脂肪が消化管に停滞している時、脂肪分解酵素リパーゼの作用を受ける前に烏龍茶を飲めば、脂肪の分解を阻止することができます。

通常、脂肪は消化吸収までに3-4時間かかります。

そのため、食後30分以内に烏龍茶を飲めば、消化が始まる前のため、烏龍茶の脂肪吸収抑制作用が同じように発揮されるのです。

食後の烏龍茶はリラックス効果も発揮される

食後はホッと一息つくために、お茶類を飲むことが多いと思います。

食後に飲む烏龍茶は、食事中よりも、烏龍茶の香りや風味をゆっくり楽しみながら飲むことができるため、烏龍茶のリラックス効果が発揮されやすくなります。

食後のウーロン茶でリラックスしながら、ストレス解消効果が期待できます。

 

Sponsored Link



烏龍茶を運動する30-40分前に飲む

烏龍茶に含まれるカフェインの体温上昇作用、脂肪燃焼作用は、運動をすることで、相乗的、相加的に効果が高まるため、痩せる効果を期待する場合、烏龍茶摂取後の運動は必須になります。

カフェインは、摂取後約30分で吸収されます。

また、カフェインの体温上昇作用は、摂取後1時間程度で高まってきます。

そのため、運動する30-40分前にカフェインを摂取すると、運動を始める時点で脂肪燃焼作用が発現します。

そして、運動しながら体温上昇作用が発現、運動負荷により、その作用が増大し、痩せる効果につながるのです。

Sponsored Link



烏龍茶で痩せるためのおすすめの運動

烏龍茶で痩せるためには、摂取後の運動が必須ですが、どのような運動が良いのでしょうか。

烏龍茶で痩せるには有酸素運動が最適

有酸素運動とは、運動時に呼吸により酸素を取り込みながら、体に継続した軽い負荷をかけて行う運動で、ダイエットには最適です。

体内に酸素が取り込まれると、細胞内のエネルギー産生器官ミトコンドリアが活発に働くようになり、細胞の活性化が図れエネルギー産生量が増加します。

そして、有酸素運動開始後しばらくの間、筋肉細胞は、酸素とブドウ糖をエネルギー源として利用しますが、徐々に中性脂肪を分解し、利用するようになります。

そのため、脂肪燃焼には、有酸素運動が有効になるのです。

有酸素運動を行うポイント

・1回20分以上続ける

有酸素運動開始後15分以降で、脂肪燃焼が始まるため、20分以上続けると効果的です。

しかし、最近の研究では、運動を20分持続せず、5分、10分と分割しても同等の効果が得られると報告されています。

・食後30-60分後に行う

食後血糖値のピークは、60-90分後です。

ピーク前に有酸素運動をすると、血糖値の上昇を抑え、中性脂肪への合成を抑制できます。

食事中~食後に烏龍茶を飲み、約30分後に有酸素運動を行うと、脂肪燃焼効果が相乗することになります。

・毎日、または週3日以上行う

毎日20分以上運動することが理想的ですが、無理な場合は、週3日以上、1週間の合計運動時間150分を目安に運動をしても、同等の効果を得ることができます。

 

Sponsored Link



代表的な有酸素運動

有酸素運動は、ゆっくり、長く負荷をかける運動のため、体への負担が少ないという利点があります。

痩せる目的だけでなく、健康維持のためにも有酸素運動はおすすめです。

・ウォーキング

有酸素運動の中で、最も手軽に始められるのがウォーキングでしょう。

わざわざウォーキングの時間を作らなくても、日々の通勤・通学・買い物などの移動時間を利用できます。

いつもより早く歩く、歩幅を広げる、腕を前後に振るなどを意識するだけでもエネルギー消費が違ってきます。

一駅前で降りウォーキングの距離を増やす、階段を多く使うようにするのも良い方法です。

・水泳

水泳も代表的な有酸素運動ですが、水泳が苦手な人は、水中ウォーキングをしましょう。

膝や腰への負担も少ない上、地上でのウォーキングより消費カロリーが多くなります。

・サイクリング

サイクリングも自転車があれば、手軽に始められる有酸素運動です。

走りながら爽快感が得られ、ストレス解消にもつながります。

普段の車や電車での移動を、自転車に代えてみるのも良いでしょう。

・ヨガ

ヨガは、呼吸を意識しながら行う有酸素運動です。

場所を取らず、簡単なポーズなら自宅で始めることができます。

ヨガは、脂肪燃焼作用のみならず、姿勢矯正、柔軟性アップ効果なども期待できます。

・縄跳び

縄跳びは、比較的消費カロリーの高い有酸素運動です。

縄がない、外で出来ない、跳ぶのが苦手、、そのような時は、室内でもできる「エア縄跳び」がおすすめです。

縄があるつもりで構え、縄を跳ぶのと同じようにジャンプするだけで良いため、天候や時間に関係なく始められます。

烏龍茶ダイエットについての詳細は「烏龍茶ダイエットの効果が凄い!おすすめの方法・やり方・タイミング・食前・食後など徹底解説!」ぜひご覧ください。

Sponsored Link



烏龍茶で痩せるための1日適量

烏龍茶で痩せる効果を発揮させるには、飲む適量があります。

痩せたいからと飲み過ぎると、烏龍茶の副作用が出てしまったり、もちろん少なすぎても効果は十分発揮されません。

烏龍茶の1日適量

烏龍茶の1日適量は、その含まれる成分の摂取許容量や安全性、有効性などを考慮して、算出する必要があります。

カフェイン量について

烏龍茶の成分で気をつけたいのは、カフェインです。

烏龍茶には、100ml当たり20㎎のカフェインが含まれています。

カフェインの1日摂取許容量は、300㎎/日です。

(400㎎/日と規定している国もある)

カフェイン300㎎を烏龍茶に換算すると、1500ml飲めることになりますが、カフェインはコーヒー、紅茶、緑茶、そしてチョコレートなどにも含まれているため、烏龍茶のみで摂ってしまうと過剰摂取になる可能性があります。

 

Sponsored Link



烏龍茶重合ポリフェノール量について

烏龍茶重合ポリフェノールは、100ml当たり12㎎含まれています。

(黒烏龍茶は、100ml当たり20㎎)

<烏龍茶重合ポリフェノールの安全性が確認された量>

烏龍茶重合ポリフェノールの1日量は決められていませんが、安全性に関する研究では、烏龍茶重合ポリフェノール70㎎含有の烏龍茶を1日3回(合計210㎎)摂取しても、特記する異常所見は見られていません。

<烏龍茶重合ポリフェノールの有効性が確認された量>

烏龍茶重合ポリフェノールの脂肪吸収抑制作用は、1日140㎎の摂取で、体脂肪減少、血中中性脂肪値の低下という有効性が確認されています。

烏龍茶の量に換算すると、次のようになります。

・黒烏龍茶の場合:700ml

・一般の烏龍茶の場合:1160ml

烏龍茶重合ポリフェノールの注意点は、下痢症状です。

烏龍茶重合ポリフェノールは脂肪を分解せず、そのまま大腸に送るため、脂肪による腸管刺激が強くなり、下痢や腹痛などを起こす可能性があります。

総合的に考えた烏龍茶の1日量

烏龍茶に含まれるのカフェインの1日摂取許容量、烏龍茶重合ポリフェノールの安全性、痩せる効果につながる作用の有効性、水分量などを鑑みて、烏龍茶の1日量を算出すると、次のようになります。

・黒烏龍茶:700ml-800ml

・一般の烏龍茶:1000ml

この量を3-4回に分け、食事中や食後、運動前に飲むことが、最も安全で痩せる効果が十分発揮される量と言えます。

飲み過ぎには注意が必要

このように烏龍茶には適量があり、飲み過ぎると次のような副作用が現れる可能性があるため、気をつける必要があります。

・カフェイン過剰摂取による副作用

(睡眠障害、胃痛、頭痛、カフェイン中毒など)

・下痢症状

・利尿作用による頻尿・多尿 など

烏龍茶の飲み過ぎによる副作用やリスクについては「烏龍茶の飲み過ぎで下痢・頭痛・気持ち悪い・太るなどの症状について徹底解説!」をぜひご覧ください。

 

Sponsored Link



烏龍茶による痩せる効果が発現する期間

烏龍茶で痩せるためには、どのくらいの期間飲む必要があるのでしょうか。

烏龍茶は、食物内の脂肪の吸収を抑制するため、食後の血中中性脂肪値の上昇を抑える効果は、すぐ現れます。

しかし、体脂肪が減少し、実際に痩せる効果が現れるまでには3-4ヶ月かかるため、継続して摂取することが大切です。

 

Sponsored Link



烏龍茶で痩せない場合の理由

烏龍茶を飲んでも痩せない、とあきらめている人もいることでしょう。

しかし、烏龍茶の体脂肪を減らす作用、脂肪を燃やす作用は、研究により実証されています。

それでは、なぜ痩せる効果が現れないのでしょうか。

烏龍茶を飲むタイミングがずれている

前述の通り、烏龍茶で痩せるためには、飲むタイミングが大切になります。

烏龍茶をベストタイミングと関係なく飲むと、痩せる効果は現われにくくなります。

特に体脂肪を減らすためには、食物内の脂肪の吸収を抑える必要があるため、食事と一緒に、または食後30分以内の飲むことが必須になります。

 

Sponsored Link



烏龍茶を飲んだ後に運動をしていない

烏龍茶の体温上昇作用、脂肪燃焼作用は、運動により相乗的、相加的な効果を発揮します。

特に脂肪燃焼作用は、脂肪が分解された後、エネルギーとして消費しないと、脂肪が再合成されてしまいます。

烏龍茶を飲んた後は、ストレッチや簡単な体操など、少しでも良いので体を動かすようにしましょう。

食後に運動をしていない

食後の運動は、食後血糖値の上昇を抑えてくれます。

血糖は、多くなりすぎると中性脂肪に合成されていくため、痩せるためには、食後血糖値の上昇を抑えなければなりません。

烏龍茶により、食後の血中中性脂肪値の上昇を抑え、運動により食後血糖値の上昇を抑えれば、体に余分な脂肪が蓄積されません。

さらに運動を通し、エネルギー代謝も促進されるため、脂肪がつきにくい体となり、痩せる効果に結びつきます。

Sponsored Link



まとめ

烏龍茶は、その有効成分により、体脂肪を減らす=痩せる効果が実証されています。

しかし、烏龍茶をただ飲むだけでは、痩せにくいのは事実です。

ここでご紹介したように、飲むタイミング、1日に飲む量を守って飲むことがとても大切です。

そして、烏龍茶の痩せる効果を発揮させるには、運動が不可欠です。

ウォーキングや縄跳びなど、手軽にできる運動から始め、これを機に運動を習慣化してみてください。

烏龍茶の痩せる効果で、スリムで健康な体を手に入れましょう。

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 「牛乳を噛んで飲む」の意味は?メリットはあるの?

  • 牛乳はバストアップに効果あり?!胸を大きくする効果的な牛乳の飲み方は?

  • 薬は牛乳で飲んでも良い?ダメ?薬と牛乳の飲み合わせについて

  • 牛乳は骨粗しょう症対策に最適!女性は40歳を過ぎたら気をつけよう!

関連記事

  • 烏龍茶で胃痛・胃もたれ・胃が荒れる?飲み過ぎによる副作用やデメリットについて

  • 烏龍茶の効果効能が凄い!便秘解消・美肌・ダイエットなどすべての効果を徹底解説!

  • 烏龍茶の飲み過ぎで下痢・頭痛・気持ち悪い・太るなどの症状について徹底解説!

  • 烏龍茶の利尿作用でむくみ解消!デトックス効果も抜群!

  • 烏龍茶の妊婦への影響は大丈夫?飲み過ぎ・量・カフェインについて徹底解説!

  • 烏龍茶は脂肪吸収を抑える作用が抜群!ダイエットにも効果的!