1. TOP
  2. 納豆
  3. 朝納豆のダイエット効果が凄い!便秘解消・痩せる食べ方・レシピ・アレンジなど徹底解説!
Sponsored Link

朝納豆のダイエット効果が凄い!便秘解消・痩せる食べ方・レシピ・アレンジなど徹底解説!

納豆   5,138 Views

朝の納豆は昔から朝食の定番です。

納豆が健康に良いということは有名ですが、朝の納豆は特に

  • 冷え性対策
  • ダイエット
  • 便秘解消

に効果的です。

納豆というと健康のためには夜に食べるのが良いといわれていますが、冷え性やダイエットの目的で納豆を食べる場合には朝の方が向いているのです。

こうした朝納豆の効能を活かすためには、食べ合わせの良い食品を組み合わせるのもおすすめです。

冷え性には卵や味噌汁を、ダイエットには大麦・生姜・豆腐を、便秘にはキムチ・めかぶ・オリーブオイルをそれぞれ組み合わせると、更に違いを実感しやすくなります。

この記事では朝納豆をより良く活かすために、

  • 朝納豆がおすすめな理由
  • 朝納豆は妊婦にもおすすめ
  • 朝納豆におすすめの食べ合わせ
  • 朝納豆を活かす食べ方

など朝納豆について解説すると同時に、夜納豆がおすすな理由についても解説していますので、ぜひご覧ください。

自分に最も合った納豆の食べ方を知り、ダイエットや冷え性に効果的に活かしていきましょう。

Sponsored Link



Contents

朝納豆がおすすめな理由

納豆は栄養豊富な食品なのでいつ食べても体に良いものです。

では特に朝納豆がおすすめな理由は何でしょうか。

朝納豆がおすすめな理由について解説します。

朝食べる納豆は冷え性対策に効果的

朝納豆を食べることは冷え性対策につながります。

夜眠っているときは起きているときよりも体温が低い状態になっています。

朝起きると徐々に体温は上がっていくものですが、冷え性の場合にはその体温の上昇がとても遅く、場合によっては1日中低いままということもあります。

納豆を朝食べると下がっている体温を上げることにつながり、冷え性対策につながるのです。

ナットウキナーゼの働きで体温があがりやすくなる

納豆に含まれるナットウキナーゼには血液をサラサラにする働きがあります。

そのため血流が良くなり血行促進されることにつながるのです。

体の中で冷えたままで温かくならない場所というのは、血行が悪く血が行き届いていないところです。

そのためナットウキナーゼの血液サラサラ効果で全身に血液がくまなく行き渡るようになると、体が温まり体温があがりやすくなります。

大豆たんぱく質が体を芯から温める

納豆には豊富な大豆たんぱく質が含まれています。

そして大豆たんぱく質は消化吸収される過程で熱エネルギーを発するため、体の芯からしっかりと体を温める効果が期待できるのです。

朝納豆+味噌汁は最強の温め朝食

朝の体を温めて冷え性改善するためには、納豆と味噌汁がベストの組み合わせです。

納豆にも味噌汁にも大豆たんぱく質が豊富で熱エネルギーを作り出すことができますし、味噌は東洋医学では体を温める食材というふうにもいわれています。

また朝の冷えた体に温かい味噌汁を飲むことでも体がぽかぽかとしてきます。

納豆と味噌汁は別々に食べても良いですし、味噌汁に納豆を入れて食べるのもおすすめです。

 

Sponsored Link



朝食べる納豆はダイエットに効果的

朝の納豆はダイエットにも効果的に働きます。

ダイエットしようと思うと、食事量を減らすことにばかり気が向いてしまうかもしれません。

しかし健康的に痩せることを目指すのであれば、むしろ朝食に納豆をプラスするのがおすすめです。

納豆が脂肪や糖の吸収を緩やかにする

納豆には食事でとった脂肪や糖の吸収を緩やかにする働きがあります。

納豆のネバネバに豊富に含まれる水溶性食物繊維が、腸内で糖や脂肪が吸収されるスピードを遅くしてくれるのです。

そのため納豆を食べると急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

血糖値は急激に上がるとその後急激に下がりますので空腹を感じやすくなってしまいます。急激な血糖値の上昇を抑えることは血糖値を安定させ食欲を抑えることにつながるのです。

納豆のセカンドミール効果

納豆にはセカンドミール効果があることが分かっています。

セカンドミール効果というのは、納豆を朝食に食べると次の昼食の糖や脂肪の吸収も緩やかにしてくれる働きのことです。

そのため朝納豆を食べておくと昼食のときにも糖や脂肪の吸収が穏やかになり、血糖値の急上昇を抑えられます。

そのため昼食が高カロリーになりがちな場合にも、朝納豆を食べておくというのが効果的です。

また血糖値が安定しますので空腹感を感じにくく満腹感を持続できますから、昼食前におやつを我慢できないという場合にも朝納豆がおすすめです。

納豆が基礎代謝を高めて痩せる

納豆には基礎代謝を高めることも期待できます。

基礎代謝が高くなるということは、何もしていないときに消費するカロリーが増えるということですので、痩せやすい状態が作れるのです。

納豆で基礎代謝が高まるのは、

  • ナットウキナーゼの血液サラサラ効果
  • 大豆たんぱく質の筋肉を増やす働き

によります。

ナットウキナーゼによって血流が良くなると体温が上がります。

体温が1度上がると基礎代謝は13~15%高くなるといわれていますので、その分痩せやすくなるのです。

また筋肉はエネルギーを多く消費しますので、大豆たんぱく質によって筋肉が作られることも基礎代謝を高めるのに役立ちます。

納豆ダイエットについて解説している『納豆ダイエットは簡単!食べるだけで痩せる理由と食べ方を解説!』もぜひご覧ください。

 

Sponsored Link



朝納豆を朝食で食べることは便秘解消につながる

朝納豆を食べることは便秘解消にも役立ちます。

毎日すっきりの習慣を身につけるためにも朝納豆を継続すると良いでしょう。

朝食が腸の活動を活性化する

便秘解消のためには、まずは朝食をきちんと食べることが大切です。

朝食を食べることで腸の活動が活発になりますので、朝の排便が起こりやすくなります。

朝はたくさん食べられないという場合でも、納豆だけで良いので食べることを心がけると、自然なお通じがやってきやすくなります。

納豆は食物繊維たっぷり

納豆は食物繊維がたっぷり含まれているという点でも便秘解消に効果的です。

納豆1パックおよそ50gには6gもの食物繊維が含まれていて、これはごぼうの約2倍の分量です。

しかも便を柔らかくする水溶性食物繊維と便の量を調節する不溶性食物繊維の両方がバランス良く含まれていますので、便秘解消のためにちょうど良く食物繊維を摂取できます。

納豆は腸内環境も改善してくれる

納豆は腸内環境の改善にもつながります。

納豆菌はとても安定した強い菌のため、胃液など消化液でも死滅せず腸まで生きたまま到達できます。

そして悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことで腸内環境を善玉菌優勢の良好な状態に保つのです。

腸内環境が整うと定期的な排便ができるようになりますので、便秘が改善されていきます。

納豆の便秘への効果については『納豆は便秘に効く効かない?効果的な食べ方・期間・時間などを徹底解説!』もご覧ください。

Sponsored Link



朝納豆は妊婦の朝食にも最適

朝納豆は妊娠中の朝食としても適しています。

妊娠中は体調が不安定だったり急な眠気に襲われたりといったことで朝食を抜いてしまうこともあります。

しかしそんなときでも朝納豆を食べておくことで、妊婦の健康や体重管理・胎児の成長に役立てることが可能です。

朝食抜きは太る原因!

妊婦は脂肪がつきやすく太るものですが、適切な範囲内であれば問題ありません。

しかし太りやすい生活習慣を送り適切な範囲を超えて脂肪がついてしまった場合には、単に太ったというだけでなく出産時のリスクも増えてしまいます。

そして朝食を食べないということは太る原因の1つなのです。

朝食抜きは昼食時のエネルギーを溜め込みやすくなる

朝食を抜くと1食分のカロリーをカットできるので数字上では痩せそうに思えます。

しかし実際には思ったほど痩せることはありませんし、昼食の食べ方によっては太ってしまいます。

なぜなら朝食を抜くと昼食時に食べたもののエネルギーを急激に吸収して溜め込もうとするからです。

そのため必要以上に太らないようにするためには、朝食を食べる習慣を身につけることが大切です。

 

Sponsored Link



妊婦の朝食に納豆を食べるメリット

妊婦の体重管理のためにも大切な朝食ですが、その際になぜ納豆を食べるのが良いのでしょうか。

妊婦が朝食に納豆を食べるメリットについて解説します。

納豆は食物繊維たっぷりで便秘解消に良い

まずあげられるのは納豆が便秘解消に良いということです。

妊娠中はホルモンバランスや大きなお腹の圧迫によって便秘になりやすいものですが、納豆の食物繊維と整腸作用によって便秘解消されやすくなります。

納豆は胎児の成長に欠かせない栄養たっぷり

納豆には豊富な栄養がバランス良く含まれていますので、胎児の健やかな成長に欠かせない栄養をたっぷりと摂取することができます。

特に妊娠中に摂取が推奨されている葉酸も含まれていますので、毎朝納豆を食べることで自然と取り入れることができます。

納豆は腹持ちが良いので食べ過ぎ防止に役立つ

妊娠中はとにかくお腹がすくという人も多いでしょう。

そんな場合に食欲を抑えるのはつらいものですが、納豆を食べておくと腹持ちが良いので自然と食欲を抑えることができます。

前述したセカンドミール効果も期待できますので、つい間食してしまうということも避けられるでしょう。

Sponsored Link



朝納豆の効能を高める食べ合わせ

朝納豆は納豆だけでも効果を得られますが、相性の良い食品と組み合わせることで効能を高めることができます。

朝納豆とおすすめの食べ合わせについて解説します。

納豆+大麦

納豆と大麦はセカンドミール効果を期待できる食品の組み合わせです。

大麦にはβ‐グルカンという成分が含まれていてセカンドミール効果を発揮します。

β‐グルカンは水溶性食物繊維の一種なので、胃の中で水分に溶けるとゼリー状になります。

胃の中にある食べ物はβ‐グルカンでできたゼリーに包まれたままゆっくりと移動しながら消化されていきますので、糖や脂肪の吸収が抑えられるのです。

また空腹を感じさせるホルモンの分泌を抑える働きもありますので、満腹感が持続して食べ過ぎ防止にもつながります。

納豆+生姜

納豆と生姜はダイエットに役立つ食品の組み合わせです。

生姜の辛味成分には、体を温めて代謝を高めることでダイエットしやすい体を作るという働きがありますが、同時に褐色脂肪細胞を増やすことで脂肪を燃焼しやすい状態を作ることもできます。

褐色脂肪細胞というのは脂肪を燃焼させて熱に変換することで体温を保つ働きをする脂肪です。

そのため褐色脂肪細胞が充分にあり機能している場合には脂肪が燃焼しやすくなります。

生姜のダイエット効果については『生姜ダイエットの効果が凄い!やり方・方法・痩せる理由など徹底解説します!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



納豆+キムチ

納豆とキムチは便秘解消に役立ちます。

納豆の納豆菌とキムチの乳酸菌はとても相性が良いことが分かっています。

納豆菌と乳酸菌を一緒にする実験では、乳酸菌が10倍に増えたという結果も出ているのです。

そのため納豆とキムチを一緒に食べると、乳酸菌がより活発に働き便秘解消につながることが期待できます。

納豆とキムチの組み合わせについて触れている『納豆と乳酸菌は相性抜群!キムチ・ヨーグルト・チーズ・玉ねぎを同時に食べて腸内環境正常化!』もご覧ください。

納豆+めかぶ

納豆とめかぶは豊富な食物繊維が便秘解消に効果的な組み合わせです。

めかぶには水溶性食物繊維が豊富ですので、特に便がかたくなって出にくくなっているタイプに効果を発揮します。

また水溶性食物繊維なので納豆とともに糖や脂質の吸収を緩やかにするのに役立つ食品でもあります。

納豆+豆腐

納豆と豆腐はダイエットに役立つ組み合わせです。

納豆というとご飯にかけて食べるというイメージがありますが、ご飯を豆腐に変えるだけで大幅なカロリーと糖質のカットができます。

そして良質な大豆たんぱく質を豊富に摂取できますので、筋肉を作り代謝を高めるのにも役立ちます。

 

Sponsored Link



納豆+卵

納豆と卵の組み合わせは冷え性改善に効果的です。

朝納豆は冷え性のあがりにくい体温をあげるのに役立ちますが、卵をプラスすることで更にその働きをサポートできます。

また卵のたんぱく質をエサに納豆菌が活発に活動し分解しますので、消化吸収しやすくなるというメリットもあります。

ただし卵と納豆を一緒に食べるときには卵黄のみにしましょう。

卵白と納豆を一緒にしてしまうと、納豆に含まれる美肌に良いビタミンの一種ビオチンと卵白に含まれるたんぱく質のアビジンが結合してしまい、ビオチンが吸収されなくなってしまうからです。

納豆+ネギ

納豆とネギを一緒に食べると血液サラサラ効果を更に高めることができます。

そのため血行を良くし代謝を高めて痩せやすい状態を作ることが期待できるのです。

またネギには納豆に含まれていないビタミンCが含まれていますので、納豆の栄養バランスをより良くするのにも役立ちます。

納豆+オリーブオイル

納豆とオリーブオイルの組み合わせは便秘解消が期待できます。

オリーブオイルは地中海地方では古くから便秘解消のために利用されてきました。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸による腸のぜん動運動を活発にする働きと、潤滑油としての働きによって便秘しにくくしてくれるのです。

またオリーブオイルの油分によって納豆に含まれる脂溶性ビタミンの吸収を高めるという効果も得られます。

Sponsored Link



朝納豆をより良く活かすための食べ方

朝納豆は単に納豆を食べるだけでも効果的ですが、食べ方のポイントを押さえておくことでより良く活かすことができます。

納豆の食べ方のポイントについて解説します。

納豆の食べ方は納豆ご飯でも納豆だけでもOK

朝納豆で納豆を食べるときには、納豆だけで食べても納豆ご飯にして食べてもどちらでも大丈夫です。

味付けも好みの味付けで構いません。

自分好みの味で毎日食べるだけですので、朝納豆は無理なく続けることができます。

納豆の量は1日1パックを毎日食べる

納豆を食べる量は1日に1パックが適量です。

大量の納豆を1度に食べるという食べ方ではなく、1パックを毎日継続して食べるようにしましょう。

納豆の食べ過ぎは不調の原因

納豆が適量を守って食べなければならないのには理由があります。

納豆の食べ過ぎが不調につながる可能性があるからです。

大量に納豆を食べ過ぎると、

  • 大豆イソフラボンの過剰摂取によるホルモンバランスの乱れ
  • セレンのとりすぎによる嘔吐や肝機能障害

といった中毒症状の恐れがありますので、1日1パックを守って食べるようにしましょう。

納豆の食べ過ぎについては『納豆の食べ過ぎで副作用!?納豆の栄養を活かす効果的な食べ方や妊娠中・離乳食の適量について徹底解説!』でも解説していますのでぜひご覧ください。

 

Sponsored Link



納豆は賞味期限に近いものを食べる

納豆を選ぶ際には賞味期限に近いものを選ぶようにしましょう。

納豆は原料の大豆と比較しても栄養豊富ですが、それは発酵によって元々大豆にも含まれている栄養が増えたり、納豆特有の成分が生成されたりしているからです。

そして納豆の発酵はパックの中でも進んでいます。

そのため納豆は賞味期限ぎりぎりまで発酵させてから食べた方が効果的といえるのです。

納豆の種類は小粒納豆がおすすめ

売られている納豆を見てみるといくつかの種類があることが分かります。

もちろん好みで選んでも良いのですが、納豆の効能を活かしたいという場合には、栄養価によって納豆の種類を選ぶようにしましょう。

納豆の粒の種類

納豆の粒の種類は大きく分けると

  • 粒納豆
  • ひきわり納豆

に分けられます。

そして粒納豆は粒の大きさによって大粒納豆・小粒納豆と分けられるのです。

納豆の栄養価は種類によって違う

納豆の栄養価は粒の種類によって違いますが、特に大きく違うのは粒納豆とひきわり納豆です。

粒納豆が大豆を丸まま発酵させるのに対し、ひきわり納豆は大豆を割って皮を取り除いてから発酵させるので、栄養価にも違いが生じます。

粒納豆に多い栄養 カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB2
ひきわり納豆に多い栄養 カリウム、リン、ビタミンB1、ビタミンE、ビタミンK

バランス良く栄養価が高いのは小粒納豆

栄養価を重視して納豆の種類を選ぶ場合、特におすすめなのは小粒納豆です。

小粒納豆は大豆の表面積が大きいので発酵しやすく、発酵による栄養の増加もしやすい特徴があります。

それでいてひきわり納豆では減ってしまう食物繊維もしっかり摂取できますので、小粒納豆は納豆の粒の種類の中で最もバランス良く豊富な栄養を摂取できるといえるのです。

 

Sponsored Link



納豆は常温に戻してから食べる

納豆は食べる20~30分前には冷蔵庫から出し、常温に戻してから食べるようにしましょう。

常温に戻すことで冷蔵庫内で休息状態だった納豆菌が活発に動き出すからです。

少量の砂糖とオイルが納豆の効能を高める

納豆を混ぜるときに少量の砂糖やオイルを加えると、納豆の効能をより活かすことにつながります。

砂糖は納豆菌のエサになり納豆菌がより活発に増殖するのを助けますし、オイルは納豆に含まれる脂溶性ビタミンの吸収をしやすくしてくれるからです。

納豆は生のまま食べる

納豆の効能を充分に発揮するためには加熱せず生のまま食べるのがベストです。

納豆を加熱するレシピもありますが、納豆に含まれるナットウキナーゼやビタミン類は熱に弱いので、生のまま食べた方がより多くの栄養を摂取することができます。

Sponsored Link



納豆を食べるタイミングは朝だけ?

納豆を食べるタイミングとして朝をおすすめしてきましたが、納豆の豊富でバランスのとれた栄養は1日中どのタイミングで食べたとしても体にとって良いものです。

ただしタイミングによって納豆に含まれている有効成分の働き方に違いが出てきます。

そのため納豆をどのような目的で摂取するかによって食べるタイミングを決めるのがおすすめです。

朝の納豆であれば冷え性やダイエット・便秘改善のために食べるのに特に役立ちますので、こうした効果を期待している場合には納豆は朝食べるのが良いでしょう。

夜納豆がおすすめな理由

夜食べる納豆も朝と同様に体に良い効果が期待できます。

夜納豆に期待できる効能について解説します。

ナットウキナーゼの血液サラサラ効果

夜納豆の効能として代表的なのはナットウキナーゼの血液サラサラ効果です。

ナットウキナーゼの血液サラサラ効果はいつ食べても働きますが、特に有効に働いてくれるのが夜食べた場合です。

夜は血栓ができやすい

夜は1日の中で最も血栓ができやすい時間帯です。

日中と比べて運動量が減りますので血液の流れが穏やかになりますし、就寝中には水分をとらないので血液がドロドロした状態になりやすくなってしまいます。

そのため血栓ができやすいのです。

夜納豆で脳梗塞や心筋梗塞の予防ができる

夜納豆を食べておくとナットウキナーゼの働きによってできてしまった血栓を溶かすことができます。

そのため血栓が原因で引き起こされる脳梗塞や心筋梗塞の予防をすることが可能です。

血栓ができやすい夜間から明け方は血栓が原因の病気のリスクが高まる時間帯でもありますが、夜に納豆を食べておくとそのリスクをできるだけ低く抑えることができます。

血圧や血糖値が気になる人は夜納豆を食べましょう

血栓による病気のリスクが高い人は、血圧や血糖値が高い傾向にありますので、そうした場合には夜に納豆を食べるのがおすすめです。

ドロドロの血液になりやすい夜間に納豆の血液サラサラ効果を取り入れることで、気になる病気の予防ができます。

 

Sponsored Link



納豆の美肌効果

納豆の美肌効果を期待している場合にも夜食べるのがおすすめです。

夜は健康で美しい肌作りのためのゴールデンタイムなので、夜に納豆を食べればその時間帯に合わせて納豆の効能を活かすことができます。

納豆で美肌に欠かせない成長ホルモンの分泌が多くなる

納豆には成長ホルモンの分泌をサポートするアルギニンが含まれています。

そのため納豆を夜食べておくと就寝中の成長ホルモンの分泌が活発に行われるのです。

成長ホルモンは子供の間は文字通り成長のために使用されますが、大人になると組織の修復などを行うことで体全体の調子を整えるために使用されます。

ダメージを受けた肌を修復するのも成長ホルモンの働きがあるからなのです。

そのため夜に納豆を食べておくことは美肌につながります。

大豆イソフラボンが女性ホルモンの働きをサポートして美肌になれる

納豆に含まれる大豆イソフラボンも美肌のために重要な働きをしてくれます。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンをサポートする働きをしてくれますが、その働きによっても美肌が作られるのです。

エストロゲンは美肌ホルモンとも呼ばれるくらい美肌と関係していて、女性らしいきめ細かな美しい肌はエストロゲンによって作られています。

そのためエストロゲンの働きをサポートする大豆イソフラボンも美肌に役立つのです。

大豆イソフラボンは抗酸化作用もある

また大豆イソフラボンには抗酸化作用があるので、それも美肌に役立つ理由です。

抗酸化作用は肌にダメージを与える活性酸素を取り除く働きです。

活性酸素は日常生活の中で自然と発生してしまうものですので、納豆を食べてこまめに取り除くことが美肌につながります。

納豆で血行促進すると栄養が隅々まで行き渡る

納豆には血液サラサラ効果があり血行が促進されますが、その働きも美肌に役立ちます。

美肌のためには健康で美しい肌細胞が作られる状態が必要です。

そしてそのためには全身の隅々まで栄養が行き届いているということが大切です。

栄養は血液に乗って運ばれていきますので、血流が良くなることで美肌が作られやすくなります。

また血流が良いと老廃物の排出もスムーズに行われますので、吹き出物などの肌の不調が出にくくなるというのも美肌につながる理由です。

夜納豆の効能効果については『納豆を夜食べるダイエット・美肌・健康効果が凄い!痩せる太らない食べ方・レシピも徹底解説!』もご覧ください。

Sponsored Link



納豆に含まれる栄養と効果

納豆には豊富な栄養がバランス良く含まれていて、その内容は日本のスーパーフードともいえるほどです。

では納豆に含まれている栄養には具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。

解説します。

納豆菌

納豆菌で大豆を発酵させることで納豆は作られます。

自然界でとても安定した状態で存在している納豆菌はとても強い菌です。

藁についていることが多いため、古くから大豆を煮て食べていた日本では自然と納豆ができたといわれています。

納豆菌は善玉菌を増やし悪玉菌を減らす働きによって腸内環境を改善してくれます。

また乳酸菌と一緒にすることで乳酸菌を10倍に増やすという研究結果もあります。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは納豆特有の成分で、他の食品から摂取することはできません。

納豆菌とナットウキナーゼは同じものと混同されていることもありますが、両者は別のものです。

大豆を納豆菌で発酵させる過程でできるのがナットウキナーゼです。

ナットウキナーゼに期待できる効果は血液サラサラ効果で、血液中の血栓を作るフィブリンというたんぱく質を溶かすことでできてしまった血栓を溶かします。

そのため血栓が原因で起こる病気や高血圧の予防などに役立ちます。

ナットウキナーゼの効果について詳しく解説している『ナットウキナーゼに効果がないのは本当・嘘?時間・血圧・血栓等への効果や働きを徹底解説!』も参考にご覧ください。

 

Sponsored Link



大豆たんぱく質

納豆には大豆たんぱく質が豊富に含まれています。

大豆たんぱく質は動物性のたんぱく質と比較して低カロリー低脂質で取り入れることができますので、健康やダイエットのために積極的に活用したいたんぱく質です。

日本人は古くから大豆を食べる習慣がありますので、大豆たんぱく質の方が動物性たんぱく質よりも消化吸収しやすいというのも大きなメリットといえます。

大豆たんぱく質は筋肉をつけるのに役立つ栄養ですので、エネルギーを消費しやすい体作りに役立ちます。

また大豆たんぱく質には満腹中枢を刺激する働きがありますので、食欲を抑える効果も期待できます。

大豆たんぱく質については『納豆のたんぱく質量は少ない?筋トレ・ダイエット・離乳食への役立て方や良質な理由を解説!』もご覧ください。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンのように働く成分です。

そのためエストロゲンの働きをサポートし、ホルモンバランスを整えてくれます。

ホルモンバランスが乱れることで起こりやすくなる生理不順や生理痛、更年期障害などの不調を改善してくれるのはもちろん、美肌のサポートや骨粗しょう症予防にも欠かせません。

大豆イソフラボンの働きを解説している『納豆のイソフラボンは女性ホルモンをサポート!その効果を徹底解説!』もご覧ください。

大豆レシチン

大豆レシチンは納豆に豊富に含まれていて、記憶力向上や認知症予防に役立つといわれている成分です。

脳の中では絶えず情報伝達が行われており、そのときに脳内を駆け巡っているのが神経伝達物質のアセチルコリンです。

大豆レシチンはアセチルコリンを作る元なので、納豆でレシチンを摂取するとアセチルコリンが作られて記憶力が良くなったり認知症予防につながったりすることが期待できます。

 

Sponsored Link



食物繊維

納豆には食物繊維が豊富に含まれています。

納豆1パック50gでおよそ6gの食物繊維を摂取でき、その量はごぼうの食物繊維量のおよそ2倍です。

しかも納豆の食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がバランス良く含まれていますので、便秘解消に効果的に働きます。

食物繊維は単に便秘解消に良いだけでなく、糖や脂肪の吸収を緩やかにするのにも役立つので、ダイエットや血糖値を安定させるためにも役立てることが可能です。

カルシウム

納豆にはカルシウムが含まれています。

しかもカルシウムの吸収を高めるビタミンKも同時に含まれていますので、取り入れたカルシウムを効率よく吸収することができるのです。

カルシウムは丈夫な骨や歯を作るもとですので、納豆を食べることで丈夫な骨を維持し骨粗しょう症予防にもつながります。

ビタミンB群

納豆にはビタミンB群も豊富に含まれています。

ビタミンB群はエネルギー代謝を活性化することで体を元気に働かせるエネルギーを作るため、疲労回復に役立つビタミンともいわれています。

また皮膚や粘膜の健康にも欠かせないので、納豆でビタミンB群を摂取することは美肌にも役立つのです。

Sponsored Link



朝納豆は冷え・ダイエット・便秘に効果的!納豆は時間帯によって違う効果を使い分けて

納豆には豊富な栄養がバランス良く含まれていますので、いつ食べても健康や美容に役立てることができます。

特に朝食べる納豆は、冷え性の改善・ダイエット・便秘解消に役立てることができますので、納豆にそれらの効果を期待する場合には朝に納豆を食べるようにしましょう。

一方夜食べる納豆は、血液サラサラ効果をより良く活かすことができますし、美肌作りに役立てることができます。

納豆の効能は時間帯によって働き方に違いがありますので、期待する効能に合わせて食べる時間帯を選ぶと良いでしょう。

またより納豆を効果的に摂取する場合には、食べ方のポイントを押さえておくことや食べ合わせの良い食材を組み合わせることも役立ちます。

押さえておくべき食べ方のポイントは、

  • 1日1パック毎日食べる
  • 賞味期限に近い納豆を食べる
  • 小粒納豆を食べる
  • 常温に戻してから食べる
  • 少量の砂糖やオイルを加える
  • 生のまま食べる

ですので、納豆を食べるときには意識して実践してみてください。

納豆は日本の元祖スーパーフードといっても過言ではないほど豊富な栄養を摂取できる食品です。

栄養豊富だからこそ毎日適量を継続することで朝納豆の働きを効果的に取り入れていきましょう。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • ナットウキナーゼに効果がないのは本当・嘘?時間・血圧・血栓等への効果や働きを徹底解説!

  • 納豆は便秘に効く効かない?効果的な食べ方・期間・時間などを徹底解説!

  • 納豆は美肌に効果的!期間・成分・食べ方・レシピも徹底解説!

  • 納豆を毎日食べる効果は?食べ過ぎは体に悪いって本当?健康や美容に良い納豆の食べ方について解説!

  • 納豆の効果効能が凄い!ダイエット・健康・食べ方や効果を高める方法など徹底解説!

  • 納豆と乳酸菌は相性抜群!キムチ・ヨーグルト・チーズ・玉ねぎを同時に食べて腸内環境正常化!