1. TOP
  2. 烏龍茶
  3. 烏龍茶ダイエットの効果が凄い!おすすめの方法・やり方・タイミング・食前・食後など徹底解説!
Sponsored Link

烏龍茶ダイエットの効果が凄い!おすすめの方法・やり方・タイミング・食前・食後など徹底解説!

烏龍茶   349 Views

烏龍茶は緑茶・紅茶と同じツバキ科の「チャノキ(Camellia sinensis)」の茶葉から作られた半発酵茶で、植物の抗酸化物質であるポリフェノールを多く含んでいます。

烏龍茶の独自成分としてのポリフェノールは「ウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP:Oolong Tea Polymerized Polyphenols)」と呼ばれ、特にダイエット効果があるとして注目されています。

ウーロン茶重合ポリフェノールとは、烏龍茶が含んでいる「カテキン」がポリフェノールオキシターゼ(酵素)による発酵過程で複雑に結合した抗酸化物質です。

ウーロン茶重合ポリフェノールは、以下のような多くの効果効能を持っています。

・脂肪吸収抑制効果……脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害し、腸管からの脂肪吸収を抑制することで「中性脂肪値・コレステロール値」を下げます。

・脂肪排出促進効果……胃・腸の内容物(排泄物)に含まれる脂肪を体外に押し流して排出する作用で、体細胞への脂肪吸収を抑制します。

・脂肪燃焼促進効果……基礎代謝・脂質代謝を高め、運動で脂肪を燃焼しやすい体質にします。

・糖質吸収抑制効果……食事に含まれる糖質の吸収を緩やかにして血糖値上昇を抑え、血中に余分な糖質を増やさないようにします。

・抗酸化作用による動脈硬化・血管障害(脳梗塞・心筋梗塞)の予防効果

・抗酸化作用によるアンチエイジング効果

・紫外線ダメージ緩和による美肌・美白の美容効果

・コレステロール値低下・HDLコレステロール(善玉コレステロール)の酸化防止の効果

・殺菌作用・抗ウイルス作用

・抗がん作用

ウーロン茶重合ポリフェノールは食事由来の脂肪(脂質)の吸収を抑え、消化器内の脂肪分解を促進するだけでなく、排泄物中の脂肪排出量を増やしてくれます。

烏龍茶はさっぱりした味わいと爽やかな後口で「脂っこい食事・中華料理(酢豚・チンジャオロースーなど)」と良く合います。

それは烏龍茶が含むウーロン茶重合ポリフェノールが、口腔内の油分を分解して洗い流してくれるからです。

烏龍茶にはウーロン茶重合ポリフェノール以外にも、ダイエット効果につながりやすい成分が含まれています。

・カテキン……肝臓の脂質代謝と基礎代謝を高めて、脂肪燃焼を促進します。

・カフェイン……自律神経系の交感神経を刺激して、脂肪燃焼を促進します。

・サポニン……界面活性作用で脂肪分解を促進して、体内の余分な脂肪を排出します。

・テアニン……心身のリラックス作用でダイエット特有の精神的ストレスを緩和し、ダイエット失敗を防ぎます。

・テアフラビン……カテキンの発酵過程でできる健康に良い抗酸化物質で、脂肪燃焼を促進します。

この記事では「烏龍茶のダイエット効果」について、烏龍茶の栄養成分やダイエット法と合わせて、徹底的に分かりやすく解説します。

烏龍茶ダイエットの「おすすめの方法・やり方・飲むタイミング・飲む適量・口コミ・成功と失敗の原因」についても取り上げていますので、ぜひ最後までお読みください。

Sponsored Link



Contents

烏龍茶のダイエット効果と肥満予防効果:烏龍茶に痩せる効果を期待できる理由

烏龍茶には、「ウーロン茶重合ポリフェノール・カテキン・カフェイン」などのダイエットをバックアップしてくれる栄養成分が含まれています。

烏龍茶のダイエット効果は、脂肪を蓄積させない「肥満予防効果(メタボリックシンドローム予防効果)」としても理解できます。

特に、脂っこい食べ物に含まれる脂肪を体細胞に取り込まないようにする肥満予防効果があります。

烏龍茶の持つ「痩せる効果・太りにくくなる効果」に期待できる理由について説明していきます。

 

Sponsored Link



烏龍茶は「マイナスカロリー飲料」:烏龍茶を飲むだけでカロリーを消費する

烏龍茶のカロリーは、緑茶と同じ「0kcal(ゼロカロリー)」です。

糖質(炭水化物)を含まないゼロカロリーの烏龍茶を飲んでも、エネルギー(熱量)を摂取することはなく、「余分な糖質・脂質」が体脂肪になることもありません。

烏龍茶のダイエット効果を生み出す要因の一つは、烏龍茶がゼロカロリー飲料を越えた「マイナスカロリー飲料」ということです。

マイナスカロリー飲料とは、飲み物自体が持つカロリーの摂取量より、飲食物を体内で消化吸収するために必要なカロリー消費のほうが多い飲み物のことです。

野菜・果物・海藻に多いマイナスカロリー食品は、「ネガティブカロリー・フード」と呼ばれています。

烏龍茶1杯200mlを飲むと約40kcalを消費する

烏龍茶は「油分の多いコッテリした食べ物」と一緒に飲むことで、食べ物が含む脂肪・糖質を分解するためにカロリーを余分に消費してくれます。

マイナスカロリー飲料の烏龍茶は「1杯200ml」を飲むことで、「40kcal」を消費することができます。

ただし、烏龍茶を400ml飲めば確実に80kcal消費できるというような、「飲む量に対する確実かつ比例的なカロリー消費効果」があるわけではありません。

烏龍茶を飲み過ぎれば、逆に太りやすくなるリスクと各種の副作用もあります。

烏龍茶のカロリー消費効果は「食事誘発性熱産生(DIT)」が生み出す

烏龍茶の持つとされるカロリー消費効果は、烏龍茶200mlあたり約40kcalとされます。

烏龍茶のカロリー消費効果を生み出す要因の多くは、1日の総カロリー消費量の約10%を占める「食事誘発性熱産生(DITDiet Induced Thermogenesis)」にあります。

食事誘発性熱産生(DIT)とは、食品の栄養を消化吸収して代謝するプロセスでカロリーが消費されて発生する熱(エネルギー量)のことです。

食事をすると体が熱くなりやすいのは、この食事誘発性熱産生で食物が代謝されて熱が発生し、カロリーが消費されているからです。

1日の総カロリー消費量の内訳は、「基礎代謝が約60%・生活活動代謝が約30%・食事誘発性熱産生(DIT)が約10%」となっています。

生命活動維持のための「基礎代謝の消費カロリー量」は、男性が「約1,500kcal、女性が「約1200kcalです。

器官別の基礎代謝のカロリー消費量の内訳は、「肝臓が27%・脳が19%・筋肉(骨格筋)が18%・腎臓が10%・心臓が8%になります。

烏龍茶のマイナスカロリー効果で減らせる脂肪量と科学的根拠

マイナスカロリー飲料の烏龍茶の効果(40kcalのカロリー消費)で減らせる脂肪量は「約5~6gになります。

体脂肪1gの減少には「7~9kcalの消費」が必要なため、烏龍茶1杯(200ml)で約5~6gの体脂肪を減らせる計算になります。

一方で、烏龍茶を飲むことによる「食事誘発性熱産生(DIT)」で、実際にどれくらいのカロリー量が消費されているのかを正確に測定することは困難です。

飲食物自体の「摂取カロリーと消費カロリーの正確な比較測定データ」がないからです。

その意味で、マイナスカロリー食品の「カロリー消費量」の科学的根拠は弱い部分があります。

烏龍茶のカロリー消費効果を「カテキン・ビタミンB2」が促進する

烏龍茶が含むポリフェノールのカテキンは、基礎代謝(脂質代謝)を高めて脂肪燃焼を促進する効果があります。

烏龍茶が含むビタミンB2は、消化酵素の補酵素として働く「基礎代謝促進のビタミン」として知られます。

ビタミンB2は三大栄養素の「糖質・脂質・タンパク質のエネルギー代謝」を活性化して、カロリー消費量を増やしてくれます。

ビタミンB2は「健康な皮膚・髪・粘膜の維持+皮膚粘膜の炎症の抑制」の効果もあり、美容にも効きます。

ビタミンBは抗酸化作用を発揮し、「過酸化脂質」を分解・除去することで動脈硬化など生活習慣病も予防します。

 

Sponsored Link



烏龍茶の「ウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP:Oolong Tea Polymerized Polyphenols)」がダイエットに効く

烏龍茶のダイエット効果と肥満予防効果の中心にある栄養成分が、「ウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP)」です。

ウーロン茶重合ポリフェノールの名称は、サントリーが名付けたものです。

ウーロン茶重合ポリフェノールは、「中性脂肪(トリグリセリド:TG)」を体に付きにくくする効果が、大規模な臨床試験のデータで裏付けられています。

烏龍茶の発酵過程で生成されるウーロン茶重合ポリフェノールとはどんな成分か?

烏龍茶は、茶葉が含んでいる「酸化酵素」で進行する発酵を途中で止めた「半発酵茶(約3070%の発酵)」です。

緑茶は摘み取った直後に熱を加えて発酵を止めた「不発酵茶」、紅茶は完全に赤くなるまで発酵・酸化させた「発酵茶」です。

チャノキの茶葉を発酵させる酵素は、タンニンを酸化させる「ポリフェノールオキシターゼ(ラッカーゼ)」です。

茶葉の発酵過程で、カテキンが多重に結合したものが「ウーロン茶重合ポリフェノールなのです。

単純にウーロン茶ポリフェノールともいいます。

ウーロン茶重合ポリフェノールには「脂肪吸収抑制の効果」がある

ウーロン茶重合ポリフェノールは、食べ物に含まれる脂質・糖質が「体脂肪(皮下脂肪・内臓脂肪)」として吸収されるのを防ぐ効果があります。

膵臓から分泌される脂肪分解酵素リパーゼを阻害することで、食物の脂質が小腸から脂肪として吸収されるのを防ぎます。

肝臓の脂肪酸代謝を促進して、血中の中性脂肪値を下げる効果(約20%減少)もあります。

ウーロン茶重合ポリフェノールには「脂肪排出促進の効果」がある

烏龍茶重合ポリフェノールは、食物から摂取した脂肪・脂質を吸着分解して体外へと排出してくれるので、余分な脂肪が体細胞に取り込まれにくくなります。

食物に含まれる脂質・油分を排泄物に多く吸着して、「脂肪燃焼(カロリー消費)の効率」も高めます。

高脂肪食と一緒に黒烏龍茶を飲んでもらう10日間のサントリーの実験では、糞便中の脂肪含有率が1.6倍に増加しました。

黒烏龍茶を飲むことで脂肪排泄量が約2倍に増加するので、食物の脂質が体脂肪として蓄積されにくくなります。

「ウーロン茶重合ポリフェノールの摂取だけで痩せられる」は間違った認識

ウーロン茶重合ポリフェノールをただ多く摂取すれば、何もしなくても痩せられるという認識は間違っています。

ウーロン茶重合ポリフェノールの効果は、厳密には「ダイエットの支援効果」であり「肥満予防効果(今より太りにくくする効果)」です。

今の時点ですでに身体についている「皮下脂肪・内臓脂肪」は、烏龍茶を飲むだけでは取り除くことはできません。

烏龍茶重合ポリフェノールの持つ「脂肪吸収抑制効果・脂肪排出促進効果」は、食物に含まれる脂質・糖質を体に脂肪として付きにくくする効果のことです。

今の肥満体を自動で痩せさせる効果までは持っていないのです。

黒烏龍茶は烏龍茶の約2倍のウーロン茶重合ポリフェノールを含む

サントリーの黒烏龍茶は、「特定保健用食品(トクホ)」に指定されています。

特定保健用食品(トクホ)とは、食品の有効性・安全性などの科学的根拠が国の厳しい審査で認められたもので消費者庁の承認を受けています。

トクホは「特定の保健の目的で摂取する者に対し、その摂取により当該保健目的が期待できる旨の表示が許可された食品」と定義されています。

トクホなら「血圧・脂肪・コレステロールが気になる方へ」「お腹の調子を調える」など特定の保健用途をパッケージに記載できます。

黒烏龍茶は特殊な成分濃縮製法によって、一般的な烏龍茶の「約2倍以上のウーロン茶重合ポリフェノール」を含んでいます。

そのため、一般的な烏龍茶より強力なダイエット効果を期待できるとされています。

 

Sponsored Link



烏龍茶の「カフェイン」が脂肪燃焼促進と利尿の効果を発揮する

烏龍茶が含むカフェインは「脂肪燃焼促進」と「利尿作用」の効果があります。

運動の約30分前にカフェインを摂取すれば、脂肪燃焼を効率的に促進できます。

利尿作用で、顔や手・脚の「むくみ(浮腫)」の予防に役立ちます。

烏龍茶の「カテキン」が糖質の吸収を緩やかにする

烏龍茶が含むカテキンは、強力な抗酸化作用と脂肪燃焼促進作用を持っています。

カテキンは食物の消化吸収速度を落とす作用があり、太る原因となる「糖質(炭水化物)の吸収」を緩やかにします。

その結果、コレステロール値の低下や血糖値上昇速度の抑制(糖尿病予防)の効果を発揮します。

カテキンは、エネルギーとして使用されなかった余分な糖質が体脂肪として体に吸収されることを防いでくれるのです。

 

Sponsored Link



烏龍茶の「テアニン」が精神的ストレスを緩和して過食・リバウンドを防ぐ

アミノ酸のテアニンは、烏龍茶に含まれる「旨味・甘味の成分」です。

テアニンは烏龍茶の味をまろやかにする旨味を出すだけではなく、人の脳(中枢神経系)の興奮・緊張・イライラを和らげてくれるリラックス効果があります。

烏龍茶のテアニンを摂取すると、精神がリラックスした時にしか出ない脳波の「α波(アルファー波)」が出るのです。

ダイエットが失敗する原因として「食べたい物が食べられないストレス」が蓄積し、そのリバウンド(反動)で「大食い・過食」をしてしまうことがあります。

烏龍茶のテアニンはつらいダイエットにつきまとう「精神的ストレス」を緩和して、心身をリラックスさせることでダイエットを成功しやすくしてくれます。

烏龍茶の「サポニン」が脂肪分解・脂肪排出を促進する

サポニンは烏龍茶の「苦味の成分」になっている抗酸化物質(配糖体)です。

サポニンは石鹸のように泡立って脂肪を分解する「界面活性作用」があり、「口腔・胃・小腸・大腸の内部にある脂肪」を綺麗に洗い流してくれます。

サポニンは体内の脂肪を分解して排出する作用で、食物の脂質が「体脂肪」として脂肪細胞に取り込まれるのを防ぐのです。

サポニンにはインスリン類似の血糖値を下げる作用もあり糖尿病を予防します。

サポニンは過酸化脂質抑制で血液をサラサラにする

サポニンは抗酸化作用で、腸管で吸収した糖質が脂肪と結合しないようにします。

食物が含む脂質の過酸化を抑制することで、過酸化脂質の悪玉コレステロールが血管に付着することを防ぎ血液をサラサラにします。

サポニンは、血中の中性脂肪値とコレステロール値を下げてくれるのです。

サポニンの血液をサラサラにする抗酸化作用で、「脂質異常症・高血圧・動脈硬化などの生活習慣病」を予防しやすくなります。

 

Sponsored Link



烏龍茶とその他のお茶のダイエット効果の比較

烏龍茶以外のその他の各種のお茶にも、優れた「ダイエット効果」があることが分かっています。

ダイエット効果のある「各種のお茶の特徴・効果」について分かりやすく説明していきます。

黒豆茶のダイエット効果について

炒った黒豆を煮出す黒豆茶は、ダイエット効果のある成分として「ポリフェノール・イソフラボン・サポニン・食物繊維」を含んでいます。

黒豆茶のポリフェノールは、脂肪燃焼を促進して脂肪の吸収・蓄積を抑えます。

女性ホルモンのエストロゲンと類似の作用がある「イソフラボン」は美肌・アンチエイジング・更年期障害改善の効果が注目されますが、脂質代謝も改善します。

サポニンは「界面活性作用」で体内の脂肪・油分を綺麗に排出しますが、更に「脂肪吸収・食欲」を抑制してくれる効果があります。

食物繊維は、腸内の老廃物・水分・毒素を吸着して便通を改善することでダイエットに役立ちます。

杜仲茶のダイエット効果について

中国原産の落葉高木樹「トチュウ」の葉を原材料とする杜仲茶は、ノンカフェイン・ゼロカロリーのお茶で妊婦・子供も安心して飲めます。

杜仲茶を飲むとアディポネクチンやゲニポシド酸の分泌が増え、「コレステロール値・中性脂肪値」を下げてくれます。

ゲニポシド酸は副交感神経を刺激し、大腸内の便の排出をスムーズにします。

杜仲茶が含むアスペルロシドは「胆汁酸ダイエット」をサポートする成分です。

アスペルロシドは「胆汁酸」の分泌を増やすことで、基礎代謝を高め脂肪燃焼を促進します。

その結果、「白色脂肪細胞(皮下脂肪・内臓脂肪)」が減少するのです。

杜仲茶のカリウムは塩分排出の利尿作用を高め、肝臓・腎臓の働きを活発化することでダイエットをサポートします。

 

Sponsored Link



緑茶のダイエット効果について

緑茶も烏龍茶と似たダイエット効果を持っています。

緑茶が含むポリフェノールの「カテキン」には、脂肪燃焼促進と糖質の吸収を穏やかにする効果があります。

緑茶のカテキンには「コレステロール値・血糖値の上昇」を抑える効果もあり、健康的なダイエットをサポートしてくれます。

血糖値の上昇速度が緩やかになると、食物の糖質・脂質が脂肪として体内に取り込まれにくくなります。

緑茶には交感神経を刺激することで新陳代謝(脂質代謝)を活性化してくれる「カフェイン」も含まれます。

有酸素運動をする30分前に緑茶を飲めば、脂肪が燃焼しやすい状態になるのです。

紅茶のダイエット効果について

紅茶は100mlあたり1kcalの低カロリーのお茶で、無糖なら飲みすぎても太る心配がありません。

紅茶ポリフェノールが酵素リパーゼを阻害し、食物の脂質が分解されて体脂肪として取り込まれるのを防いでくれます。

紅茶のカフェインは交感神経を刺激したり褐色脂肪細胞(脂肪を熱として消費する細胞)を活性化して、「脂肪燃焼促進・新陳代謝促進のダイエット効果」を発揮します。

紅茶のカフェインは腎臓の血流を増やす利尿作用があり、むくみを防ぎます。

麦茶のダイエット効果について

麦茶は100mlあたり1kcalの低カロリーのお茶です。

麦茶には血流を促進して新陳代謝を活性化する「ピラジン」という香り成分が含まれていて、ダイエットに効きます。

麦茶が含むアミノ酸「GABA」は腎臓機能アップ(利尿)でむくみを解消し、血中の「中性脂肪値・コレステロール値」を下げてくれます。

マテ茶のダイエット効果について

マテ茶は南米でよく飲まれているビタミンとミネラルが豊富なお茶で、「飲むサラダ」とも呼ばれます。

モチノキ科のマテの葉や小枝を乾燥させて作ったものがマテ茶です。

マテ茶が含むゲニポシド酸は、副交感神経を刺激して「血圧・中性脂肪値・コレステロール値」を下げる効果があります。

マテ茶のポリフェノールのフラボノイドには、強力な抗酸化作用があります。

フラボノイドは脂質の酸化を防いで、血中のコレステロールを減らし体細胞への脂肪の蓄積を防ぎます。

マテ茶は緑茶の約13倍のマグネシウム、約4倍のカルシウムを含み、豊富なミネラルによって新陳代謝(脂肪燃焼)を活性化させるダイエット効果があります。

 

Sponsored Link



烏龍茶サプリメントもダイエットに効く

烏龍茶には、カプセル型の烏龍茶サプリメント(黒烏龍茶サプリメント)もあります。

烏龍茶サプリの成分は「ウーロン茶重合ポリフェノールの濃縮エキス」で、飲み物のウーロン茶より手軽に摂取できるメリットがあります。

ウーロン茶ポリフェノールを効率的に摂取してダイエットの成果を出したいなら、「携帯性・飲みやすさ・コスパ」に優れた烏龍茶サプリも選択肢の一つになります。

コーヒーもダイエットに効く

コーヒーはカフェインを大量に含む飲み物で、100mlあたり約60mgものカフェインを含みます。

カフェインの交感神経興奮作用による脂肪燃焼促進の効果は強力で、コーヒーは「運動の30分前のダイエット飲料」としても注目されています。

カフェインの利尿作用で「水分と老廃物の排出」が促進されるので、むくみを軽減し便秘も解消します。

コーヒーポリフェノールのクロロゲン酸にも、脂肪分解と脂肪吸収抑制のダイエット効果があります。

烏龍茶に生姜を加えるとダイエット効果が増す

生姜には「新陳代謝・脂肪燃焼の促進」と「体を温める・冷え性改善の効果」があります。

生姜の辛味成分のジンゲロールを加熱すると、体を温めて基礎代謝を活発化する「ショウガオール」というダイエット効果のある成分に変わるのです。

ホット烏龍茶に、加熱した生姜を一かけら入れるだけでダイエット効果は抜群です。

Sponsored Link



烏龍茶をダイエット目的で飲んでいて「太る人」と「痩せる人」の違いは何か?

烏龍茶をダイエット目的で飲んでいる人は多いですが、毎日、同じ程度の量の烏龍茶を飲んでいても「太る人」と「痩せる人」が分かれます。

烏龍茶ダイエットで「太る人」と「痩せる人」の違いはどこにあるのでしょうか。

この項目では、烏龍茶ダイエットをしていて「太る人の原因」と「痩せる人の原因」について分析していきます。

烏龍茶ダイエットをしても太る人は「食事の摂取カロリー・運動不足」が問題

人が太ってしまう原因は大きく分ければ、「遺伝要因・食事要因・運動要因」の3に分けることができます。

・遺伝要因……生来的な遺伝子の要因によって、「食欲の強さ・食事量の多さ・体格の良さ(親の肥満体型・太りやすさとの類似性)」が規定されることがあります。

 ただし、各家庭の後天的な食習慣の要因と先天的な遺伝要因を明確に区別することはできません。

・食事要因……「糖質(炭水化物)・脂質」が多い食事を頻繁に摂取したり、「一回の食事量」が多すぎたりすることで、カロリーオーバーで太りやすくなります。

 「男女別・年齢別の推奨摂取カロリー量」を大幅に超えた「高カロリーの食事」を頻繁に食べれば必然的に太ります。

・運動要因……高カロリーの食事を摂って運動不足で体を動かさなければ、「カロリー消費+脂肪燃焼」ができないので、余分な糖質・脂質が体脂肪として蓄積しやすくなります。

烏龍茶ダイエットをしても太る人は、「食事要因(過食・糖質や脂質の過剰摂取)」「運動要因(体を動かさない)」に問題を抱えていることが多いのです。

男女の年齢別の1日の推奨摂取カロリー量について

男女の年齢別の「1日の推奨摂取カロリー量」は、以下の公式によって求められます。

1日の推奨摂取カロリー量(kcal/日)=基礎代謝量(kcal/日)×身体活動レベル(Ⅰ~Ⅲの定数)

「仕事別の運動量・消費カロリー量」で規定される「身体活動レベル」は、以下の3つに分けられます。

Ⅰ(身体活動レベルが低い)……椅子に座るデスクワーク。座位が多く移動が少ない。

Ⅱ(身体活動レベルが中等度)……営業・販売など立ち仕事。1日数時間程度の軽い運動・作業をする。

Ⅲ(身体活動レベルが高い)……農業・工場・土木建設など肉体労働。1日数時間程度の激しい運動・作業をする。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では総エネルギー摂取量のうち、健康維持に良い「糖質・タンパク質・脂質の比率」が定められています。

1日のカロリー摂取量に占める比率は、「糖質(5065%)・タンパク質(1320%)・脂質(2030%)」が健康を維持しやすい食生活として推奨されています。

・男女の年齢別と身体活動レベル別(Ⅰ~Ⅲ)の「1日の推奨摂取カロリー量」

性別 男性 女性
身体活動レベル
12~14歳 2350kcal 2650kcal 2950kcal 2050kcal 2300kcal 2600kcal
15~17歳 2350kcal 2750kcal 3150kcal 1900kcal 2200kcal 2550kcal
18~29歳 2300kcal 2650kcal 3050kcal 1750kcal 2050kcal 2350kcal
30~49歳 2250kcal 2650kcal 3050kcal 1700kcal 2000kcal 2300kcal
50~69歳 2050kcal 2400kcal 2750kcal 1650kcal 1950kcal 2200kcal
70歳以上 1600kcal 1850kcal 2100kcal 1350kcal 1550kcal 1750kcal

 

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットをしても太る人は「糖質(炭水化物)摂取」が過剰

烏龍茶ダイエットをしても太る人は、普段の食生活で「糖質(炭水化物)」を過剰に摂取している可能性があります。

糖質は主食である「米飯・パン・麺類(ラーメンやパスタ)」に大量に含まれています。

糖質はカロリー量(熱量)が高くて、「運動時・疲労時のエネルギー源」としては最適ですが、あまり運動していない人が食べ過ぎるとカロリーオーバーで太りやすいのです。

糖質(炭水化物)には、1g当たり約4kcalのカロリーがあります。

主食の糖質は味が淡白で食べやすく依存性もあるため、「タンパク質・脂質」と比べてつい大量に食べ過ぎてしまいやすいのです。

ご飯一杯(200g)で336kcal、食パン一枚(5枚切)で約200kcal、ラーメン一杯で約500~600kcal(ラーメン二郎・天下一品などこってり脂系は1,000kcalオーバー)のカロリー量があります。

糖質は量を多く摂りやすいので、「糖質制限ダイエット(ローカーボダイエット)」をイメージして摂取量を意識的に減らしましょう。

上記の「年齢別・身体活動レベル別の推奨摂取カロリー量」を参考に、糖質を食べ過ぎないようにすれば、烏龍茶ダイエットの効果が出やすくなります。

糖質・脂質はタンパク質よりも「高カロリー」な栄養素

糖質のカロリー量はタンパク質と同じ4kcal/1gで、脂質の9kcal/1gよりは少なくなっています。

しかし、糖質は「ご飯・パン・麺類」などの主食で量を多く摂取しがちです。

またご飯は脂質の多いおかず(焼肉・炒め物など)と一緒に食べることが多く、ラーメンのスープには大量の「豚骨・鶏ガラ・魚の脂質」が含まれます。

糖質を過剰摂取すると「体脂肪」になって蓄積してしまう

食物から摂取した糖質は、主に肝臓でエネルギー代謝(酸化分解)されてATP(アデノシン3リン酸)」と呼ばれるエネルギーが作られます。

糖代謝で肝臓に送られるグルコース(ブドウ糖)は血糖になったり、脳・身体の活動のエネルギー源として消費されたりします。

肝臓ではブドウ糖を材料にして、「グリコーゲン(糖質の貯蔵形態)・脂肪・非必須アミノ酸」が合成されます。

ご飯やパン、糖類などから糖質を過剰摂取すると、余ったエネルギーはグリコーゲンとして肝臓・筋肉に貯蔵されます。

この肝臓・筋肉における「グリコーゲン貯蔵量の上限」を超えてしまうと、糖質が脂肪に変質します。

糖質は体脂肪(皮下脂肪・内臓脂肪)として蓄えられるので太るのです。

 

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットをしても太る人は「運動不足」である

烏龍茶ダイエットをしても太る人のもう一つの原因は、日頃から運動をほとんどしていないという「運動要因」です。

18~49歳の「1日の推奨摂取カロリー量」を比べると、「身体活動レベル」が「Ⅰ(ほとんど動かない)」と「Ⅲ(1日数時間以上の激しい運動)」では摂取カロリーが大きく違うのです。

・女性は身体活動レベルⅠだと摂取しても太らないカロリーは1700kcalですが、Ⅲだと2300kcalです。

・男性は身体活動レベルⅠだと摂取しても太らないカロリーは2300kcalですが、Ⅲだと3050kcalです。

一日中ほとんど動かない人は、激しく運動する人と比べると、「約600~700kcal」も多く摂取しているのと同じになります。

女性の身体活動レベルⅠ(1日の大半が座位・動かない)の人が、少し過食すれば「1日1700kcal」はあっという間にオーバーしてしまい、太りやすくなるのです。

たくさん食べながら烏龍茶ダイエットをしたいなら、「走る・歩くの有酸素運動量」を意識的に増やして下さい。

烏龍茶のダイエット効果は、すでに体に付いている脂肪までは落とせない

烏龍茶のダイエット効果は厳密にいうと、「今の時点ですでに体に付いている脂肪(皮下脂肪・内臓脂肪)」を落とす効果はありません。

烏龍茶のダイエット効果を整理すると、大きく以下の3点にまとめることができます。

・酵素リパーゼの阻害によって、食べ物の糖質・脂質の吸収を穏やかにすることで、「今の時点」から体(皮下・内臓)に脂肪が付きにくくする効果

・ウーロン茶重合ポリフェノールが便からの脂肪排出を促進し、サポニンが体内に付着する脂質・油分を洗い流すことで、体に脂肪を蓄積させない効果。

・運動の2030分前に烏龍茶を飲むことで、「ウーロン茶ポリフェノール・カフェイン・カテキン」の脂肪燃焼促進効果(運動で痩せやすい効果)が得られる。

 

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットで痩せる人は「健康的な食事・適正カロリー」を摂取している

烏龍茶ダイエットで痩せる人の要因は、1日の適正摂取カロリー量に対して、「カロリーオーバーにならない健康的な食事」をしていることです。

現在では「脂質制限ダイエット」より「糖質制限ダイエット(ローカーボダイエット)・低GIダイエット」の方がカロリーを効率的に制限しやすいことが分かっています。

烏龍茶ダイエットの効果を高めるため、「糖質・脂質を減らしてタンパク質を増やす」「血糖値上昇速度が緩やかな低GI食品(雑穀・ライ麦パン・大豆・葉物野菜など)を選ぶ」を意識するといいでしょう。

 

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットで痩せる人は「運動のカロリー消費・筋力強化」を組み合わせている

烏龍茶ダイエットで痩せる人の要因は、「1日のカロリー摂取量」がカロリーオーバーにならない程度に、運動習慣を身につけてカロリーを消費していることです。

身体活動レベルⅡ(1日数時間の軽い運動・作業)でも、男性なら2650kcal、女性なら2050kcalまではカロリーを摂取してもまず太らないのです。

ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動だけでなく、「筋肉トレーニング」をすることでも基礎代謝量を増やして太りにくい体質を作ることができます。

1日のカロリー総消費量のうち、約60~70%を占めるのが「基礎代謝」です。

基礎代謝の約18~20%が、「骨格筋(筋肉)」で行われているため、筋トレで筋肉を増強すれば何もしなくても1日のカロリー消費量は微増します。

烏龍茶ダイエットは「烏龍茶を飲みさえすれば痩せるダイエット方法」ではない

烏龍茶ダイエットで太る原因として大きいのは、「烏龍茶ダイエットは烏龍茶を飲みさえすれば痩せるダイエット方法ではない事実」を正確に理解していない事です。

1日の適正カロリー量を摂取する「食生活の改善」、1日の適切なカロリー消費を実現する「運動」を組み合わせなければ、烏龍茶ダイエットは失敗するリスクがあるのです。

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットを成功させる方法:効果的な飲み方・飲むタイミング・適切な分量

烏龍茶ダイエットを成功させるには、「烏龍茶ダイエットの正しい方法」を実践しなければなりません。

この項目では、正しい烏龍茶ダイエットの方法として、「効果的な飲み方・飲むタイミング・適切な分量」について分かりやすく解説していきます。

烏龍茶ダイエットは「食事中に飲む・食後に飲む・脂っこい食事と一緒に飲む」と太りにくくなる

烏龍茶ダイエットは、「食前(胃の中が空で胃酸の刺激を受けて胃痛が起きやすい状態)」よりも「食事中・食後」に飲むことがおすすめです。

烏龍茶ダイエットの飲むタイミングは「食事中に飲む・食後に飲む」がベストで、「食物が含む糖質・脂質」が脂肪になって体に蓄積するのを防ぎ油分の排出を促進してくれます。

烏龍茶ダイエットは「脂っこい食事・コッテリした料理と一緒に飲む時」に、「脂肪吸収抑制・脂肪排出促進の効果」を発揮します。

とはいえ、いくら烏龍茶を飲んでも脂っこい高カロリー食品が「ゼロカロリー」になるわけではなく、初めから油の多い食品を食べない方が痩せやすい事実もあります。

どうしても「脂質の多い高カロリー食品」を食べなければならない時には、烏龍茶を必ず飲むようにすると、余分な脂質の体内への吸収・蓄積を抑えてくれます。

 

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットは「食前・空腹時(胃が空の状態)」は避けるようにする

烏龍茶ダイエットの脂肪燃焼効果を高めるために、何も食べていない「食前」に飲みたいという人もいるかと思います。

しかしその場合でも、「おにぎり・パン・カロリーメイト」などの軽食と一緒に飲んだ方が、烏龍茶の副作用として起こることがある「胃痛・腹痛」を防ぎやすくなります。

烏龍茶のカフェインが交感神経を刺激して胃酸分泌を増やすので、できるだけ「胃の中に食べ物が入った状態」で飲むことが望ましいのです。

烏龍茶ダイエットは「毎日飲む」が基本的なやり方

烏龍茶ダイエットは、「食事の糖質・脂質」が脂肪となって体につくのを抑えてくれる効果があります。

そのため、「食事ごとの脂肪吸収・脂肪蓄積を防ぐ」意味では、「毎日飲む」が基本的なやり方になってきます。

特に、焼肉・中華料理・炒め物などの脂質の多い料理が好きな方、ご飯・麺類の糖質が好きな方は、「毎日・毎食ごとに適量(約200ml)を飲む」を心がけて下さい。

 

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットは「運動の30分前に飲む」と痩せやすくなる

烏龍茶が含むカテキンとカフェイン、ウーロン茶ポリフェノールは、自律神経系を興奮させ基礎代謝を活発にすることで「脂肪燃焼促進効果」を発揮します。

烏龍茶ダイエットでこの脂肪燃焼促進効果を有効に活用するなら、コーヒーダイエット等のカフェイン効果と同じように「運動する2030分前」に飲むのがおすすめです。

おにぎり・調理パンなどの軽食と一緒に一杯の烏龍茶を飲んで「約2030分」が経過してから、ジョギングなど有酸素運動を始めましょう。

有酸素運動によるカロリー消費量について

身体(皮下・内臓)についた脂肪を運動によって減らそうとするのであれば、「有酸素運動」がおすすめです。

有酸素運動とは、「負荷が軽い・動きが素早くない(無酸素運動の全力疾走・激しい動きではない)・動きに持続性がある」の特徴を持つ運動です。

有酸素運動は、持続的な動きをしながら酸素を多く取り入れ、その酸素で体内の脂肪を酸化させて燃焼させる運動です。

有酸素運動は一般に無酸素運動よりも大きなダイエット効果(脂肪燃焼による効果)を期待できます。

代表的な有酸素運動のカロリー消費量は以下になります。

・ジョギング・ランニング(30分間)……約145260kcal

 ・ウォーキング(30分間)……普通に歩いて約80100kcal、早足で歩いて約130160kcal

 ・水泳(1時間・クロール)……約5001,000kcal以上

 ・エアロビクス(30分間)……約200250kcal

 ・登山(1時間)……約500600kcal

 

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットは「入浴前に飲む」と痩せやすくなる:「お風呂ダイエット」でカロリー消費

烏龍茶ダイエットで烏龍茶を飲むタイミングは、「入浴前に飲む」のやり方もおすすめです。

発汗する入浴自体にカロリーを消費する「お風呂ダイエットの効果」があるので、入浴前に烏龍茶を飲むことで脂肪燃焼効率を高められます。

お風呂ダイエットには以下の効果があります。

・発汗によるデトックス効果……発汗で体内の水分・老廃物を排出でき、「むくみ・肌荒れ・ぽっこりお腹」を改善します。

・血流改善・基礎代謝アップ……入浴で消費カロリー量が増加します。

お風呂ダイエットの消費カロリーは以下です。

「入浴前・シャワー前に烏龍茶を飲むやり方」で更に脂肪燃焼効果を高めることができます。

・シャワー(10分間)……10kcal、シャワーは1分あたり1kcalを消費。

・半身浴……「体重(kg×時間(分)÷20」の公式で半身浴の消費カロリーを求められます。

体重50キロの女性が60分間の半身浴をした場合、50×60÷20150kcal

・全身浴(30分間)……120kcal、全身浴は1分あたり4kcalを消費。

・高温反復浴(約42度以上の熱めのお湯)……「5分間お湯に浸かり+5分間休憩するの1セット」を繰り返す。

1時間の高温反復浴で、約300kcal以上を消費します。

 

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットの適量は約600~800ml:食事中・食後に1杯(200ml)を1日3回が基本

烏龍茶ダイエットは、烏龍茶を多く飲めば飲むほど痩せられるわけではなく、飲み過ぎると各種の副作用がでたり逆に太りやすくなったりします。

烏龍茶ダイエットの適量は1日約600800mlで、2~3回以上に分けて飲むことが効果的です。

烏龍茶ダイエットの基本的なやり方は、「食事中・食後」「コップ1杯の烏龍茶(200ml)を毎食後13回」飲むようにして下さい。

 

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットを成功させる方法:烏龍茶と「食事の見直し・運動習慣の改善」を組み合わせる

烏龍茶ダイエットを成功させる方法は、上記した「烏龍茶の正しい飲み方・飲むタイミング・飲む分量」をきちんと守ることです。

「お風呂ダイエット」とセットにすれば、消費カロリー増加でダイエット効果が高まります。

烏龍茶ダイエットは、ただ飲みさえすれば痩せられるダイエットではありません。

烏龍茶の適量を守り正しい飲み方を実践しながら、「糖質制限・カロリー制限の食事療法」1日約60分間の運動習慣」を組み合わせることで、烏龍茶ダイエットで成功できるのです。

なお、カロリーとダイエットの関係については、本サイトの「甘酒のカロリーは高いのか?ダイエットと糖尿病に対する甘酒の影響」でも詳しく解説していますので、ぜひお読み下さい。

Sponsored Link



烏龍茶の飲み過ぎはダイエットに逆効果:太りやすくなるデメリットもある

烏龍茶ダイエットで絶対に気をつけたいポイントとして「烏龍茶の飲み過ぎ」があります。

烏龍茶の飲み過ぎによって発生する副作用の症状は様々なものがありますが、その一つに「太りやすい体質になるデメリット」があります。

どうして烏龍茶を飲み過ぎると太りやすくなるのかの原因について、詳しく説明していきます。

烏龍茶の飲み過ぎは「下痢」の副作用で太りやすい

烏龍茶の飲み過ぎで、ダイエット効果が相殺されて逆に太りやすくなると言われています。

太りやすい原因となる烏龍茶の副作用は「下痢」です。

烏龍茶はタンニン(酸化したカテキン)の「収斂作用」によって、大腸の腸壁を引き締めて「下痢・便秘」を防ぐ効果もあります。

しかし烏龍茶を飲み過ぎると、「水分の過剰摂取・カフェインの胃腸刺激・脂肪を洗い流すデトックス作用」によって、お腹がゆるくなって「下痢」になってしまうことがあります。

 

Sponsored Link



烏龍茶の飲み過ぎによる「下痢」で太る理由:擬似的な飢餓状態で栄養吸収・脂肪蓄積の効率が上がる

烏龍茶の飲み過ぎで起こる副作用の「下痢」で、なぜ太りやすい体質になってしまうのでしょうか。

小腸・大腸の機能が低下して下痢が起こると、「大量の水分」と同時に十分に消化吸収できなかった「食物のカス(栄養素を多く含む食物残滓)」が排泄されてしまいます。

ひどい下痢になると、排泄物と一緒に身体の健康維持や組織の要素に必要な「大量の糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル」まで体外に排出されてしまいます。

下痢を起こして「脱水・栄養不足になった身体状態」を「擬似的な飢餓状態」であると、脳が間違って判断してしまうのです。

脳が下痢後の身体の状態を擬似的な飢餓状態と誤認してしまうと、「食欲の増進・栄養吸収率の上昇・脂肪蓄積率(グリコーゲン貯蔵率)の向上」などの心身の変化が起こります。

その結果、「太りやすい体質・便秘体質(=デトックスの排出効率が落ちて栄養素を貯め込む体質)」になりやすいのです。

冷たい烏龍茶の飲み過ぎは「冷え性・基礎代謝低下」の副作用がでて太りやすい

烏龍茶ダイエットの目的で烏龍茶を飲むなら、「冷たい烏龍茶」よりも「温かい烏龍茶(ホット烏龍茶)」のほうが効果は高くなります。

冷たい烏龍茶を飲み過ぎると、体や胃腸が冷えて「冷え性」の症状が出やすくなります。

冷たい烏龍茶を飲み過ぎて体温が下がる「冷え性」になると、体が熱エネルギーを発散してカロリーを消費する「基礎代謝の効率低下」も起こります。

その結果、代謝が活発ではない「太りやすい体質」になってしまうのです。

 

Sponsored Link



烏龍茶の飲み過ぎは「貧血・脱水」の副作用がでて健康を壊す

烏龍茶には非ヘム鉄と結合する性質のある「タンニン」が含まれているので、烏龍茶を飲み過ぎると「鉄欠乏性貧血」のリスクが上がってしまいます。

タンニンと結合した鉄は難消化性の「タンニン鉄」に化学変化して、胃・小腸で消化吸収することができなくなります。

体内に吸収されずタンニン鉄のまま大腸から排出されるので、烏龍茶の飲み過ぎは血中の鉄不足のリスクがあります。

烏龍茶には利尿効果のある「カフェイン」も含まれているので、烏龍茶を大量に飲み過ぎると逆に喉が乾いて「脱水状態」になるリスクもあります。

烏龍茶の飲み過ぎによる様々な症状にも注意:「烏龍茶を常飲するとヤバイ」は部分的には本当である

烏龍茶の飲み過ぎとも重なる口コミの意見として、「烏龍茶を常飲するとヤバイ」というものがありますが、これは事実でしょうか。

烏龍茶の常飲が「1日約600~800mlの上限」をちゃんと守っているのであれば、副作用の心配はほとんどありません。

ただし烏龍茶の常飲が、毎日1~2リットル以上の烏龍茶を長期にわたって大量に飲んでいることを意味しているのであれば、以下の副作用・症状が出現する恐れがあります。

・下痢・腹痛……水分の過剰摂取、ウーロン茶重合ポリフェノールやサポニンの脂肪排出作用の効きすぎで、「下痢・腹痛」が起こることがあります。

・便秘……カフェインの利尿作用やタンニンの収斂作用の効きすぎで、便中の水分量が減少して「便秘」になることがあります。

・頭痛・吐き気(気持ち悪くなる)……カフェインの中枢神経刺激作用、血管収縮作用で「頭痛・吐き気(気持ち悪い)」が出ることがあります。

・利尿作用の効きすぎ……カフェインの利尿作用の効きすぎで、「頻尿・多尿・脱水症状」が出ることがあります。

・口渇・喉のイガイガ……ウーロン茶重合ポリフェノールやサポニンの脂肪を洗い流す作用で、口が乾燥したり喉のイガイガが出たりすることがあります。

・むくみ(浮腫)……烏龍茶に限らず、水分の過剰摂取は顔・手足のむくみの要因になります。

・睡眠障害……カフェインの中枢神経刺激作用(自律神経系の交感神経刺激作用)・覚醒作用によって、「睡眠障害・不眠」の副作用が出ることがあります。

・鉄欠乏性貧血のリスク……タンニンが鉄分と結合して小腸から吸収されずに排出される「タンニン鉄」になることで、鉄欠乏性貧血になりやすくなります。

「烏龍茶を常飲するとヤバイ」という口コミ情報は「毎日大量に飲み過ぎればヤバイ・危ない」という意味で、部分的には本当の情報なのです。

烏龍茶の飲み過ぎは「空腹時血糖値の上昇」で糖尿病に悪影響の可能性がある

烏龍茶の成分であるウーロン茶重合ポリフェノールやカテキンには、糖質・脂肪の小腸からの吸収を緩やかにして「血糖値を下げる効果」があるとされます。

烏龍茶は今までこの「血糖値低下の作用」から、糖尿病予防に良いと考えられていました。

しかし「京都大学医学研究科」の林野泰明准教授らのグループによる生活習慣病予防の職域コホート研究で、烏龍茶(1日2杯以上)の常飲には「空腹時血糖値を上げる副作用」があることが指摘されています。

京大医学研究科の職域コホート研究は、健康な労働者4975人を対象に3~4年の追跡調査を行った研究です。

後天的な「2型糖尿病」は、過食・糖質の過剰摂取や運動不足による「肥満」が主な原因となって発症することが多い生活習慣病(一部に遺伝要因も含む)なので、生活習慣改善である程度の予防が可能です。

「2型糖尿病発症リスク」は、烏龍茶を全く飲まない群を“1”とした時、以下の結果が得られています。

・烏龍茶を全く飲まない群……糖尿病発症リスク1

・烏龍茶を11杯飲む群……糖尿病発症リスク1

・烏龍茶を12杯以上飲む群……糖尿病発症リスク1.64

この結果だけ見れば、烏龍茶を飲み過ぎると糖尿病発症リスクが上がるように思えます。

しかし、空腹時血糖値を上げる仕組みや栄養成分などの「烏龍茶の糖尿病に対する影響」は、科学的には明らかになっていません。

なお、烏龍茶の飲み過ぎによる副作用については、本サイトの「烏龍茶の飲み過ぎで下痢・頭痛・気持ち悪い・太るなどの症状について徹底解説!」で詳しく説明していますので、ぜひお読み下さい。

Sponsored Link



烏龍茶ダイエットの口コミには「ダイエット効果がある・ダイエット効果はなくて嘘」の両方の意見がある

インターネット上の商品レビューやダイエットサイトには、「烏龍茶ダイエットの口コミ」が多くあります。

烏龍茶ダイエットの口コミでは「烏龍茶をただ飲んだだけで簡単に痩せられた」や「烏龍茶を飲んで短期間ですぐに痩せられた」というほどの楽観的な意見は少ないようです。

しかし、口コミには「烏龍茶にダイエット効果があるという意見」と「烏龍茶ダイエットは嘘(効果がない)という意見」の両方があります。

それぞれの口コミの事例を紹介して、烏龍茶ダイエットで痩せられた原因(痩せなかった原因)を分析していきます。

 

Sponsored Link



「烏龍茶にはダイエット効果がある・烏龍茶を飲んで痩せた」という口コミの意見

烏龍茶のダイエット効果に肯定的な口コミとしては以下のようなものがあります。

・烏龍茶を食事中に飲んで、毎日休まず1時間以上のウォーキングをしていたら、3日で4キロも痩せました。

・朝・昼・夜・寝る前に烏龍茶を飲んでランチをサラダだけにしたら、3ヶ月で1.5キロ減りました。

・空腹時に烏龍茶を飲むことを心がけて、1ヶ月で13キロの減量に成功しました。

・毎食後、必ず黒烏龍茶を飲んでいたら痩せました。

烏龍茶のダイエット効果が実感できた原因の分析

烏龍茶のダイエット効果が実感できた人の原因として大きいのは、体質に合っていて飲み続けても副作用が出なかったということです。

「カロリー制限・糖質制限のダイエット」と組み合わせることで、烏龍茶ダイエットは成功しやすくなります。

「ウォーキング・ランニング・水泳など有酸素運動」と組み合わせることで、烏龍茶ダイエットの減量効果は有意に実感しやすくなります。

 

Sponsored Link



「烏龍茶のダイエット効果は嘘・烏龍茶を飲んで太った」という口コミの意見

烏龍茶のダイエット効果に否定的な口コミ(烏龍茶ダイエットは嘘という口コミ)としては以下のようなものがあります。

・1ヶ月続けて朝・昼・晩の食後に飲みましたが、年齢の影響もあるのか体重に変化はありませんでした。

・烏龍茶を飲んでいても体重は変わらず、口の周りがカサカサしてきて胃痛の副作用が出ました。

・烏龍茶を毎食後に飲み続けても、ダイエットの即効性はないようです。

・味が好きで烏龍茶を飲み続けましたが体重は変わらず、口腔・喉の油分が洗い流されて嚥下障害になりました。

烏龍茶のダイエット効果が実感できなかった原因の分析

烏龍茶のダイエット効果が実感できなかった人の最大の原因は、「烏龍茶が体質に合わなかったこと」と「烏龍茶を飲み過ぎて副作用が出たこと」です。

烏龍茶を毎日飲み続けることで、「胃痛・口渇・喉の違和感・嚥下障害」といった飲み過ぎの副作用が出たという烏龍茶ダイエットの失敗例が多くなっています。

「食事の改善(糖質制限)・有酸素運動」を全くせず、烏龍茶を飲むだけで減量しようとした人も、ダイエット効果を実感しにくくなっています。

Sponsored Link



烏龍茶にはダイエット効果だけでなく「健康・美容の効果効能」もある

烏龍茶にはダイエット効果だけではなく、以下のような「健康・美容」の効果効能もあることが分かっています。

・殺菌作用、抗ウイルス作用

・虫歯と歯周病の予防効果、口臭の予防効果

・利尿作用、むくみ(浮腫)軽減

・覚醒効果、集中力アップ

・疲労回復効果

・リラックス効果

・動脈硬化・高血圧・脂質異常症の予防効果

・抗がん作用

・美肌・美白、アンチエイジング(抗酸化作用による老化抑制)

なお、烏龍茶の一般的な効果効能については、本サイトの「烏龍茶の効果効能が凄い!便秘解消・美肌・ダイエットなどすべての効果を徹底解説!」で詳しく解説していますので、ぜひお読み下さい。

 

Sponsored Link



烏龍茶のダイエット効果についてのまとめ

烏龍茶のダイエット効果は、主に「ウーロン茶重合ポリフェノール・カテキン・カフェイン・サポニン」の働きで生み出されています。

ウーロン茶重合ポリフェノールは、食事に含まれる「脂質・糖質」が分解されて中性脂肪(TG)として体内に吸収されることを防いでくれます。

胃腸の内部にある脂肪・油分を体外に排出することで、「皮下脂肪・内臓脂肪」の蓄積も抑えてくれます。

ウーロン茶重合ポリフェノールの「脂肪吸収抑制・脂肪排出促進の効果」が、烏龍茶のダイエット効果の中心にあります。

烏龍茶のカテキンとカフェインは脂肪燃焼促進で、有酸素運動によるダイエットをサポートします。

サポニンは体内の脂肪・油分をサッパリと洗い流して動脈硬化も防いでくれます。

烏龍茶は飲み過ぎたり間違ったタイミングで飲んだりすると、ダイエット効果が落ちるだけでなく「副作用の症状」が出やすくなるので注意しましょう。

烏龍茶ダイエットの「正しい方法・適量・飲むタイミング」を守って「食事改善・運動習慣」も組み合わせながら、おいしい烏龍茶でダイエット成功を目指しましょう。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 烏龍茶の妊婦への影響は大丈夫?飲み過ぎ・量・カフェインについて徹底解説!

  • 烏龍茶ダイエットの効果が凄い!おすすめの方法・やり方・タイミング・食前・食後など徹底解説!

  • 烏龍茶の飲み過ぎで下痢・頭痛・気持ち悪い・太るなどの症状について徹底解説!

  • 甘酒サプリメントの効果・メリット・デメリット・飲み方を徹底解説!

関連記事

  • 烏龍茶の利尿作用でむくみ解消!デトックス効果も抜群!

  • 烏龍茶の妊婦への影響は大丈夫?飲み過ぎ・量・カフェインについて徹底解説!

  • 烏龍茶で胃痛・胃もたれ・胃が荒れる?飲み過ぎによる副作用やデメリットについて

  • 烏龍茶は脂肪吸収を抑える作用が抜群!ダイエットにも効果的!

  • ウーロン茶の効果が凄い!健康・ダイエット・美肌などの効能を徹底解説!

  • 烏龍茶で痩せる理由と効果的な飲むタイミングを徹底解説!