1. TOP
  2. 乳酸菌
  3. 乳酸菌の口臭効果を徹底解説!
Sponsored Link

乳酸菌の口臭効果を徹底解説!

乳酸菌   353 Views

乳酸菌が口臭を抑えるのに役立つとしたら、あなたもその意外性にビックリするかもしれません。

乳酸菌といえば、腸内環境の事が頭に浮かびますし、口臭といえば、お口の問題と考えるからです。

乳酸菌と口臭の関係を調べてみると、実は深い関係がありました。

今回の記事では、次の点についてわかりやすく解説します。

・口臭の原因

・乳酸菌による腸内環境の効果と口臭予防

・乳酸菌の口内環境の効果と口臭予防

・口臭予防に効果的な乳酸菌のとりかた

口臭は、「単なるエチケット」にとどまりません。

口臭がひどければ、「不潔」というイメージがついてしまい、その人の人間性への評価にも影響します。

一方口臭がほとんどなければ、それだけであなたの印象は格段にアップします。

ぜひ、最後まで読んで、口臭が気にならない生活を送ってください。

Sponsored Link



乳酸菌と口臭は関係があるのか?

乳酸菌と口臭は、関係がないようで実は大きく関係しています。

乳酸菌が、腸内環境を整えることは多くの人に認知されていると思いますが、腸内環境が良くなることが、口腔内環境を整え、口臭を防ぐ効果があるということはあまり知られていないかもしれません。

細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がありますが、これらのバランスが取れた状態が「腸内環境が整っている状態」ということができます。

それで、乳酸菌の効果で、腸内だけでなく口腔内に存在する善玉菌を増やすことによって、口臭予防ができます。

そもそも口臭があるのはなぜか、原因となるものについて取り上げてみます。

口臭の原因となるもの

口臭の原因となるものは、歯磨きの有無だけではありません。

事実、「きちんと歯を磨いているのに息が臭い」と気になる人は多いのではないでしょうか。

日本口腔外科学会によりますと、口臭の原因は大きく分けて5つの種類があります。

1. 生理的口臭
2. 飲食物嗜好品による口臭
3. 病的口臭
4. ストレスによる口臭
5. 心理的口臭

引用元:日本口腔外科学会 口腔外科相談室
https://www.jsoms.or.jp/public/soudan/kouku/kousyu/

生理的口臭

生理的口臭とは、病気が関係していない自然に起こる口臭で、乳酸菌よりも歯磨きでとれます。

私たちが普段生活している中で、食べ物、飲み物、ほこり、雑菌など様々なものを口の中に入れています。

これら口の中に入った物質から口臭の原因となるVSCというガスを発生させます。

私たちの身体から分泌する唾液は、これらを洗浄する作用がありますが、唾液量が少ないと口内環境が悪くなりきつい臭いの口臭が発生しやすくなります。

生理的口臭を避けるために、次のような点に気を付けてください。

・朝晩しっかりと歯磨きをする。
・食べ物はよく噛んで食べる。
・唾液の分泌量を上げるため、出来るだけ口呼吸を避ける

腸内環境が影響する口臭

治療が必要なほどの消化器系の病気はなくても、腸内環境が影響して口臭が起きることがあります。

腸の中で善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると、アンモニアなどの有毒ガスが発生します。

腸内から発生した有毒ガスは、血液中に吸収され身体全体を循環し、肺に吸収された時に呼吸とともに口臭となってしまいます。

腸内環境が最も悪くなると、口臭から便のような臭いになってしまうこともあります。

腸内環境が悪くなる原因には、次のようなものがあります。

・便秘
・水分不足
・肉や乳製品の取り過ぎ
・過度のストレス
・善玉菌である乳酸菌の不足

 

Sponsored Link



飲食物嗜好品による口臭

飲食物嗜好品による口臭とは、飲食物そのものが口臭の原因となる場合で、これも乳酸菌は役に立ちません。

少し難しい説明の仕方でしたが、「ニンニクが原因で口臭になる」というとわかりやすいかもしれません。

ニンニクには、「アリシン」という成分が含まれていますがこのアリシンは摂取するとすぐに血液に取り込まれて肺に届くという特徴があります。

このような飲食物嗜好品による口臭は、臭いを避ける成分を避けるしか方法がありません。

口臭の原因となる飲食物とその成分には次のようなものがあります。

・コーヒー(コーヒーの匂いに加え、カフェインは唾液の分泌を減らして口臭の原因となります)
・タバコ(タールのヤニ臭さに加えて、ニコチンが唾液の分泌を減らして口臭の原因となります)

病的口臭

病的口臭には、大きく分けて「口内からくる口臭」と「それ以外の原因で起こる口臭」に分けることができます。

口内からくる口臭には、歯周病、虫歯、歯石の蓄積などが原因ですので歯医者さんに行って原因を取り除いてもらう必要があります。

それ以外の原因で起こる口臭とは、腸内環境によるもので今回のメインテーマである乳酸菌によって改善を期待できます。

ただし、口臭をもたらす次のような原因は、必ず病院で治療してください。

・胃炎
・胃がん
・逆流性食道炎
・十二指腸潰瘍
・その他胃腸の病気

ストレスによる口臭

ストレスは万病の元といわれますが、口臭にも大きく影響します。

もちろんストレスがたまることが直接口臭の原因になることはありませんが、ストレスは唾液分泌量を減らしてしまいますので、結果口内環境を悪くしてしまいます。

心理的口臭

心理的口臭とは、「自分に口臭があるという思い込み」で、自臭症のひとつです。

だれでもある程度の口臭はあるという事実に加えて、口臭は自分でなかなか自覚できないので、一度思い込んでしまうと人と会うことに恐怖を覚えてしまいます。

もし、病的なほど自分の口臭が気になるなら一度は医者に行って相談してみることをオススメします。

第三者の専門的な立場から口臭がないとう言われればかなりの安堵感となりますし、もし原因があるならそれは早期治療にもつながります。

 

Sponsored Link



口腔内環境が影響する口臭

ご存知の通り、口腔内の状態のほとんどは口臭に大きく影響します。

口腔内には300~700種類の常在菌がバランス良く存在していますが、虫歯、歯周病、歯石や汚れが溜っていると細菌が繁殖し口臭の原因になります。

唾液が少ない場合も、口腔内の自浄作用が低下し口臭となることがあります。

それで、口臭が気になるかとはまず口内環境を徹底して整え、次いで乳酸菌による口臭対策を行うという順番で行いましょう。

乳酸菌は口臭を抑える助けとなる

乳酸菌は口臭を抑える効果がありますが、どのようなメカニズムなのでしょうか?

善玉菌である乳酸菌は、腸内や口腔内のニオイのもととなる悪玉菌を吸収し善玉菌が優位になるとき口臭予防効果があります。

Sponsored Link



なぜ乳酸菌で腸内環境が整えられると口臭対策になるか?

それではなぜ乳酸菌で腸内環境が整えられると口臭対策になるのか、具体的な点について考えてみましょう。

まず乳酸菌の働きにより腸内環境が整うということは、腸内の善玉菌が増えて悪玉菌よりも多くなっている理想の状態であるといえます。

つまり、腸がとても元気で、食べたものがスムーズに消化吸収され、腸内にカス(便)が溜まっていない状態になっています。

そのため、腸内のガスは腸内で処理され、アンモニアガス口臭に発展することはありません。

乳酸菌は腸内環境を整え口臭を減らす

腸内環境が悪いために起きる口臭対策の一つとして、乳酸菌で腸内環境を整えることが大切です。

私たちの腸の中には、無数の腸内細菌が存在しており消化吸収を助けていますが、腸内細菌である善玉菌を増やすと腸の働きは良くなり口臭改善に効果があります。

乳酸菌は、善玉菌の代表格となる菌なので乳酸菌を取り入れることが善玉菌を増やすことに直接つながります。

 

Sponsored Link



腸内環境に起因する口臭に効果のある乳酸菌を取り入れる

腸の健康を保ち口臭を予防するために、日々の生活の中で乳酸菌を積極的に取り入れましょう。

乳酸菌は発酵食品にたくさん含まれていますが、現代人の発酵食品の摂取量は昔と比べて大場に減っています。

次のような発酵食品は、乳酸菌が豊富に含まれています。

・漬物、ぬか漬
・キムチ、水キムチ
・味噌
・しょう油

これらは「植物性乳酸菌」といわれ、多くの乳酸菌は生きたまま腸に届きます。

一方、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は「動物性乳酸菌」といわれていて、胃酸によって乳酸菌が死滅されやすいのが特徴です。

最近は、市販のヨーグルトには「生きたまま腸に届く」などと書かれたヨーグルトもたくさん売られています。

※乳酸菌が死菌になったとしても腸内で善玉菌の餌となり、結果的に体内の乳酸菌を増やす効果があります。

 

Sponsored Link



乳酸菌は自律神経の正常な働きを促し、口臭をなくす

乳酸菌は自律神経の正常な働きを促し、口臭をなくす効果があります。

腸と自律神経は相互関係にあり、腸の調子が悪いと自律神経の働きも悪く、逆に自律神経の調子が悪いと腸の調子も悪い人が多いといえます。

順天堂大学教授の小林弘幸氏によると、「自律神経を整えるカギは、腸内環境にある」と述べており、腸内環境と自律神経と口臭は非常に深い関係があることが分かります。

腸の働きは自律神経の中の副交感神経の領域で、自律神経のバランスが悪いと副交感神経の働きが悪くなり、その結果腸の働きも悪くなり口臭の原因となります。

副交感神経の働きが悪いと唾液の量も減り、口内の細菌が増え口臭の原因となります。

口臭を改善するためには、自律神経のバランスも整え、腸内環境も整えるというどちらも良い状態でなければなりません。

乳酸菌は腸の調子を活発にしたり自律神経のバランスを整えたりする働きをするので、口臭予防に優れた効果を発揮します。

乳酸菌の薬で口臭対策 ビオフェルミン

口臭の他に、最近下痢で悩んでいるという人は、乳酸菌の入った整腸剤をオススメします。

例えば大正製薬のビオフェルミンは3種類の乳酸菌を含んだ整腸剤で、腸内環境を整え口臭予防効果があることで人気があります。

乳酸菌のビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌が配合されており、悪玉菌の増殖を抑えたり、悪玉菌を排除したりする働きがあります。

その結果、腸の健康を整え、軟便を抑えるのと同時に口臭のもととなるガスの発生を抑えることができるので口臭を抑えることが出来ます。

ビオフェルミン以外にも、乳酸菌配合の整腸剤はたくさんありますので、ご自身にあった薬をぜひ探してみてください。

 

Sponsored Link



食物繊維で乳酸菌を増やして口臭効果を高める

腸内の乳酸菌を増やし口臭を抑えるためには、食物繊維を十分取り入れることは大切です。

なぜなら、食物繊維は乳酸菌の餌となるからです。

中でも、「水溶性食物繊維」は腸内細菌による分解がしやすいので、乳酸菌が餌としやすいという特徴があります。

「水溶性食物繊維」を多く含む食品には、次のようなものがあります。

・らっきょう
・大麦
・切り干し大根
・ゴボウ
・納豆

このように口臭効果を高める観点からみると、和食は質の高い食物繊維を取り入れることができるので、積極的に取り入れることをおすすめします。

なお、納豆は食物繊維の他に「ナットウキナーゼ」という成分が含まれており、乳酸菌の増殖を高めることがわかっています。

それで、納豆に、乳酸菌の宝庫であるキムチ(韓国の製法で作られたものに限る)を混ぜて食べれば、体内に入った大量の乳酸菌がさらに増殖します。

Sponsored Link



なぜ乳酸菌で口腔内を整えることが口臭対策に良いか?

普段歯磨きなどをしながら口腔内を整えていると思いますが、乳酸菌の力を借りると口臭対策に強い影響を及ぼします。

口内の乳酸菌の量と雑菌の量は大きく関係しているからです。

人間の体温は36℃~37℃くらいですから、口腔内は食べたものが腐敗しやすい環境で、ニオイのもととなる細菌が繁殖しやすい環境にあることは容易に想像できます。

善玉菌である乳酸菌の助けで、口腔内の善玉菌が増えるとニオイのもとになっている細菌の増殖を抑え、口臭のもととなる歯周病を予防する効果があります。

つまり、乳酸菌は口内の匂いのもとに影響することにより、口臭が出にくい環境に整えてくれます。

歯を磨くことはとても大切なことですが、磨きすぎると口腔内の善玉菌までも洗い流してしまうというデメリットがあります。

適度な歯磨きを定期的に行うことと、乳酸菌を常に取り入れることが最も良い口臭対策ということができます。

 

Sponsored Link



口腔内に存在する乳酸菌を増やす

口腔内の乳酸菌を増やすために、乳酸菌の含まれた食品を定期的に取り入れることは大切です。

唾液の中には乳酸菌が含まれていて、これが口臭予防に大きな役割を担っていますが、年齢とともに減っていくという傾向があります。

なので、毎日の食事でヨーグルトや乳酸菌が含まれている発酵食品を取り入れ、口内の乳酸菌を増やす必要があります。

最近では、いくつかの種類の乳酸菌が口臭の原因ともなる虫歯や歯周病に対して一定の効果があることがわかっています。

例えば、「LS1」と「ロイテリ菌」という種類の乳酸菌は、一部の歯周病菌の繁殖の抑制効果があることが広島大学や東海大学での実験でわかりました。

歯磨きは、口内の悪玉菌を減らすための大切な方法ですが、それだけではどうしても限界がありますが、乳酸菌は歯磨きでは除ききれない悪玉菌を取り除いてくれます。

乳酸菌で歯を磨く

乳酸菌をとりいれることが口臭予防に効果があることが分かりましたが、乳酸菌で直接歯を磨くという方法もあります。

乳酸菌で歯を磨くと、歯の洗浄と共に歯や歯茎、歯周ポケットなどに直接乳酸菌が届きますので、乳酸菌をただ口の中に入れる以上に、歯周病菌や口臭に強い効果を発揮します。

歯磨き粉に乳酸菌が含まれている商品がありますので、口臭が気になる人は試してみてください。

例えばL8020乳酸菌は歯周病菌や虫歯菌を抑制し、口臭予防の働きもありますので、歯周病菌が付着しやすい歯茎を中心に丁寧に磨いてみてください。

また、無糖のヨーグルトで直接磨くという方法もあります。

通常の歯磨きの後に、歯ブラシにヨーグルトをつけて磨き、その後ゆすがないでそのままにしておきます。

ヨーグルトにいる乳酸菌、が歯や歯茎に浸透し歯周病菌を抑制してくれます。

 

Sponsored Link



乳酸菌は口臭の原因となる歯垢に効果

乳酸菌は、口臭の原因となる歯垢にも効果があります。

歯垢は口の中の食べかすが固まったもので、口内で腐敗し口臭の原因となります。

また、虫歯菌は歯垢を餌に増殖し、口臭の原因となる虫歯の原因ともなります。

しかし、わかもと製薬の研究では、乳酸菌によって歯垢の原因物質の産生が抑制され、歯垢の付着状態が改善されるという研究結果が出ています。

引用元:わかもと製薬 「生きた乳酸菌の力」
http://www.wakamoto-pharm.co.jp/avantbise/wb2000/

このように乳酸菌は、口臭の原因となる歯垢の付着を抑え口臭改善が図れることが分かります。

乳酸菌は口臭原因の歯周病にも効果

20歳を過ぎると、ほとんどの人は歯周病が始まり、口臭が気になるようになります。

口の中の悪玉菌が増殖し、歯と歯の間にできる隙間「歯周ポケット」ができ口臭の原因となります。

歯周病が進行すると、「歯周ポケット」に食べかすが溜り、細菌が増殖し歯を支える骨までも溶かしていきます。

歯周病に効果があるといわれるのが、歯に良い善玉菌=乳酸菌を摂取することです。

歯周病の予防改善に効果のある乳酸菌LS1やロイテリ菌によって、口内環境が正常化され口臭も抑制されます。

歯周病に対するバクテリアセラピー

バクテリアセラピーという治療を聞いたことはあるでしょうか?

この療法は、乳酸菌が生産する乳酸菌生産物質を使って口腔内の善玉菌を強化し増やす働きがあります。

「乳酸菌ジェル」を口腔内の清掃後に塗り込み、歯周病菌を抑えると同時に乳酸菌を増やしていきます。

この結果、口腔内の善玉菌と悪玉菌のバランスが整い、歯周病改善による口臭抑制効果があります。

Sponsored Link



口臭改善のため効果的に乳酸菌を取り入れる?

口臭には、胃腸から発生するものと、口腔内で発生するものがありますが、そのどちらも乳酸菌によって抑えることができます。
私たちの生活の中で、効果的に乳酸菌を取り入れるためにはどうすればいいでしょうか?

毎日の食事で乳酸菌が多く含まれる発酵食品を積極的に取り入れることと、取り入れた乳酸菌を元気な状態で保ち、増殖させることが大切です。

口臭予防のために乳酸菌を摂るタイミング

就寝前は、口臭予防のために乳酸菌を摂るよいタイミングです。

人は眠っているときに腸が活発に動くので、就寝前に乳酸菌を摂ることで腸内環境をより効果的に整えることができます。

眠る前にきちんと歯磨きをし、清潔にしておくなら乳酸菌が効果的に働き、悪玉菌増殖を防ぎます。

とはいっても、寝る前に何かを食べるのはあまりお勧めできないので、無糖の乳酸菌飲料やサプリメントを活用すると効果的です。

 

Sponsored Link



乳酸菌タブレットで口臭予防

乳酸菌タブレットという商品を目にすることが多くなってきましたが、気軽に活用して口臭予防に努めることができます。

乳酸菌タブレットはコンビニでも売っていますので、いつでも気軽に購入することができます。

「オーラルヘルス」と呼ばれている乳酸菌タブレットは、乳酸菌に加えてマスキング効果もあり、口内が爽やかな香りで満たされます。

どの乳酸菌もある程度の効果がありますが、口臭対策としてはLS1乳酸菌やTI2711が含まれるタブレットがお勧めです。

この乳酸菌は、口臭の原因となる悪玉菌や歯周病菌に対して殺菌効果があり善玉菌優位の助けとなります。

乳酸菌サプリの口臭効果

乳酸菌サプリメントは複数の種類の乳酸菌が濃縮されているもので、価格も安く、腸内環境を整え、口臭や健康に効果があり好まれています。

食品と違って、サプリメントは乳酸菌が生きたまま腸に届く工夫がされているものが多くあるため、ある程度早く効果が実感できることが利点といえます。

Sponsored Link



乳酸菌と口臭まとめ

乳酸菌が口臭対策に優れた効果があるということについて解説しましたが、いかがだったでしょうか?

乳酸菌は腸内環境を整えて、腸から発生する臭いをなくす効果がありました。

腸の調子を整えるためには、積極的に乳酸菌を取り入れる事が大切なので、乳酸菌をたっぷり含んだ発酵食品やヨーグルトを定期的食べるようにしましょう。

口臭は、口内環境によっても生じます。

虫歯や歯周病があったり、歯みがきが十分でなかったりすることは口臭の原因になります。

歯みがきや歯医者さんに通うことで定期的なクリーニングを行い、悪玉菌を減らすことはもちろん大切ですが、乳酸菌という善玉菌を取り入れて増やすのも大切です。

歯周病菌はいわゆる悪玉菌ですが、善玉菌の乳酸菌が歯周病菌を抑え口臭を減らす効果があります。

口内で悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れると口臭の原因にもなるので、乳酸菌が増える事は口臭予防になります。

最近は、タブレットやサプリメントで乳酸菌を効果的に摂取出来るようになりましたので、日々の食事に加えて口臭対策の強い見方となります

今までいつもいつも口臭を気にしているとしたら、口臭を全く気にしない生活なんてにわか信じられないかもしれません。

しかし、乳酸菌によって口臭の改善は可能です。

この記事によって、あなたが口臭が全く気にならない生活を送れることができるよう、心より願っています。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • キムチの乳酸菌は効果がすごい!腸から脳に至るまでいろいろなメリットがある!

  • キムチの成分はバランスがいい!効果や食べ方などすべて解説します!

  • キムチは朝食べても匂いは怖くない!口臭をなくし効果を高める方法について徹底解説します!

  • キムチで美肌を手に入れよう!キムチと美容の関係とは?

関連記事

  • 牛乳に乳酸菌は入っているのか?牛乳と乳酸菌の関係について

  • 乳酸菌は食品で摂ろう!おすすめの種類や効果をすべてお伝えします!

  • キムチの乳酸菌は効果がすごい!腸から脳に至るまでいろいろなメリットがある!

  • 乳酸菌のアレルギー改善効果が凄い!

  • 便秘には乳酸菌が効果的!おすすめの理由を徹底解説!

  • アトピーへの乳酸菌効果が凄い!改善方法などすべてを徹底解説!