1. TOP
  2. 水素水
  3. 水素水がアトピーに効果的な理由とは?
Sponsored Link

水素水がアトピーに効果的な理由とは?

健康志向の高い人たちの間で話題になっている水素水はアトピーにどんな効果があるのでしょうか?水素水がどのような水でどれほどアトピーに効果的なのかを徹底的に調べました。

Sponsored Link



Contents

水素水について

そもそも水素水ってなんだろう?
水素水とは、水分子(H2O)の中に水素分子(H2)が高い濃度で溶け込んでいる無味・無臭の水のことで、普段の飲料水としてはもちろん、最近では医療現場でも多く用いられるようになりました。

水素水のアトピーに対する効果以外の効果や、水素水については「水素水とは?」を始めとする「水素水」のカテゴリーでより詳しくお伝えしています。

水素水の選び方を知る

水素水は、製造過程や保管容器によって、水に含まれる水素濃度や価格に違いがあります。ライフスタイルに合った水素水を選ぶようにしましょう。

・ペットポトル

水素水商品として200円以下で売られているものが多いです。しかし、水素はとても小さな分子なので通常のペットボトルでは容器の外に逃げ出してしまいます。店頭に並ぶ頃には、容器の中は普通のお水になっていることもありますので、注意が必要です。

・アルミボトル

アルミボトルの商品価格は200円から400円ほど。ペットボトルに比べ水素分子が抜けにくい容器ですが、やはり時間が経つにつれて濃度は下がっていきます。

・アルミパウチ

比較的、水素濃度が下がりにくいアルミパウチ。販売価格は400円から500円ほどで、少々高価ですが飲み続けることで健康維持や向上に効果が見込めます。

・水素発生スティック

「水素水製造キット」で水素水を作ることができます。専用のボトルに水を入れ、マグネシウムを含むスティックを設置すると水とマグネシウムが化学反応を起こして水素ガスを発生させます。500mlボトル1本あたり190円ほどで価格も経済的、出来たての高濃度水素水を摂取することができるので、水素が健康や美容に対する効果も高く見込まれます。

ただし、商品によっては、水の中にマグネシウムも溶け込んでしまうものもあり、腎臓に疾患のある方は副作用の危険性があります。摂取する際には医師にご相談ください。

また、最近では、スティックが特殊フィルターで覆われており、マクネシウムが水に溶け出さないような仕組みになっている商品もあります。

適量のマグネシウム摂取は、血行促進やダイエット、便秘改善に効果がありますので、健康状態に合わせて水素水を選ぶことが大切です。

・水素水生成器

高濃度の水素水を発生させる水素水生成器はいつでも水素水を生成できるのでとても便利です。

また生成器は耐用年数にも優れているため使い切りのボトルやパウチのものよりもランニングコストがかかりません。

そしてスティック状のものも含めて他のどのようなものよりも濃度の高い水素水を摂取することができます。

水素水の効果効能

水素水を飲むといったいどんなことがあるのでしょう。

医療機関や飲料・食品メーカー、大学などの研究機関で実に様々な方面で水素水を用いた実験や検証が行われており、水素水のアトピーに対する効果はもちろんのこと、「病気の治療」や「ダイエット」「美容」といった私たちの身体に対してうれしい実証結果が発表されています。

水素水の効果効能に関しては「水素水」のカテゴリーでそれぞれより詳しくお伝えしています。

水素水の効能が抜群である理由とは?

水素水の効果について徹底検証とその結果とは?

水素水の人気が高まり続けている理由とは?

Sponsored Link



病気の治療や改善分野での活躍

ガンやアトピー性皮膚炎といった重い疾患に悩む方は多くいらっしゃいます。「お薬の服用や通院を長く続けていても、なかなか症状が良くならない」「薬の副作用もあり、副作用を抑えるための薬も飲んでいる」・・・など、薬に頼らざるをえない患者さんのお話も見受けられます。

水素水は水素の含有量が多いお水ですから、お薬ではありません。当然、副作用もなく安全です。

水素水を飲むことで、水に含まれる水素が、病気の原因となる悪玉活性酸素を取り除き、体内から排泄されていきます。これを毎日行うことで、体内環境を改善させ、病気の治療と予防につなぐことができるのです。

アトピー性皮膚炎の症状、原因をまず知る

アトピー性皮膚炎とは、どのような病気なのでしょう。詳しく知って、治療に活かします。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹ができ、アレルギーが起きやすい体質の人に見られる皮膚疾患です。

よくなったり悪くなったりを繰りかえし、人によって症状も原因も様々です。

アトピー素因による原因

アトピー性皮膚炎の原因の一つとして、体質や遺伝的にアトピー素因が多いことがあげられます。

人間の体の中に異物が入ると、それを除去しようとして抗体を作り出す「免疫システム」があります。しかし免疫が異状に強く起こることが「アレルギー反応」の原因となっています。

ドライスキンによる原因

皮膚は、表面の角質層にある保湿成分や油分がバリアとなり、外からの刺激や体内から水分が出ていくことを防いでいます。しかし、このバリアを作りにくい、乾燥肌体質を「ドライスキン」と言います。

紫外線やアレルギー物質、化粧品、金属、などの外的刺激を非常に受けやすいのが特長です。健康な肌状態に比べ、ドライスキンは少しの刺激でかゆみが出ます。

痒くなると患部を掻いてしまい、皮膚表面のバリアを破壊してしまい、さらに刺激物の侵入を許してしまうことになり、かゆみが増し、患部をまた掻いてしまう悪循環が起こってしまいます。

 

Sponsored Link



アトピーは紫外線による刺激で悪化する

生活するにあたって、肌に刺激を与えるものは多くあります。紫外線もその一つです。

肌に有害となる紫外線には、波長エネルギーが低めの「UVA」と強めの「UVB」があり、両方の作用で肌の表面や内部の細胞組織を破壊し、日焼けやシミ、炎症、アトピーを引き起こし、皮膚ガンの原因にもなりかねません。

低刺激の日焼け止めを使う、UVカット効果のある長袖を着る、マスクをするなどして、紫外線からお肌を守りましょう。

アトピーは汗による刺激で悪化する

季節の移り変わりにより、気温が上昇する時期は、紫外線の影響が強くなるだけでなく、汗による刺激にも気をつけましょう。

汗には塩分やアンモニアなどが含まれており、汗を肌に残しておくと、それらがかぶれや炎症の原因となります。

汗をたくさんかくと汗腺が詰まり、悪化の原因となりますので、汗をかくような時には、できるだけ肌を清潔に保つことを心がけましょう。後述しますが肌の洗浄に、水素水はとても効果的です。

アトピーは空気の乾燥で悪化する

寒い時期には、空気が乾燥していますので、肌を守る水分や油分が肌から離れて行きやすくなります。それにより、肌を覆うバリや効果が減り、衣類や髪の毛などが触れるだけでも大きな刺激となります。

また、乾燥している肌のpHは6付近で、アルカリ性に傾いており、ちょうど雑菌が繁殖しやすい数値pH6〜8に値します。乾燥している肌は、雑菌の繁殖にも要注意です。

水素水で肌を保水することで、乾燥肌の調子を整える効果が期待できます。

アトピーは心理的なストレスで悪化する

仕事や生活などでストレスを受けると、皮膚に疾患が現れることがあります。

原因や症状は様々ですが、アトピー性皮膚炎を引き起こしたり悪化させることもあります。

ストレスを受けることで、体内に活性酸素が大量発生し、悪くなってしまった細胞だけでなく、健康な細胞までもはないしてしまうため内臓疾患や皮膚疾患などの一因となります。

ストレスを受けないで生活をすることは難しくても、水素水による活性酸素除去の効果で、体への負担を軽減することが期待されます。

アトピーは花粉やダニ、ハウスダスト「アレルゲン」による刺激で悪化する

アレルギー性鼻炎の原因にもなっている、微細な物質「アレルゲン」もアトピー性皮膚炎の悪化を招く原因の一つです。アレルゲンが体内に入ると、それを退治するための抗体ができます。

しかし、この抗体がアレルゲンと結合することにより、炎症性物質のヒスタミンを発生させます。

これがアレルギー性鼻炎の原因であり、アトピー性皮膚炎体質の人にとっては皮膚の炎症やかゆみを招くものとなります。

炎症やかゆみは肌細胞を壊してしまう原因ですので、肌が弱い人にとっては症状を悪化させる大きな原因となります。

Sponsored Link



アトピー性皮膚炎に効く薬

アトピー性皮膚炎の完全治療について、「これをやれば大丈夫」というものが現時点ではありません。

アトピーの症状が出やすい体質であることをよく知り、上手に付き合っていくことが大切です。

薬を使う時に気をつけたいこと

アトピー患部にお薬を塗ることや、かゆみを抑える飲み薬を飲むことは、症状を緩和させるものであり、治療するものではありません。

しかし、皮膚のカサカサや体液が出てしまうことが気になったり、猛烈な痒みによって、普段の生活に支障が出てしまうこともあるでしょう。

また、患部の症状を気にして激しく肌を傷めたり、必要以上量の薬を使ってしまうことは、かえってアトピー性皮膚炎を悪化させる原因になります。これらのことに注意して、お薬を使っていきましょう。

ステロイド剤について

アトピー性皮膚炎とステロイド剤は、切っても切れないイメージがあります。

そもそもステロイドとは「副腎皮質ホルモン」のことで、もともと人間が体の中に持っているものを、人工的に合成されたホルモン剤のことです。

薬としての効果は、主に炎症を抑える働きがあります。

ステロイドの抗炎症作用は非常に強力で、本来人間に備わっている免疫力にも影響、働きを低下させてしまいます。

この作用による細菌の増殖にいるかゆみを防ぐものとして抗生物質を配合したものが「ステロイド配合外用薬」です。

ステロイド薬の効果と副作用

ステロイドが配合されたお薬は、抗炎症作用に即効性があり、ひどい症状を早く抑えたいときには効果的です。

ただし、本来備わっているべき免疫力をも低下させてしまうため、風邪やインフルエンザなど、炎症以外の症状を発生させてしまう可能性があります

また、人工的にホルモンを投与するため、ステロイド剤を使い続けることによって、生理的分泌がなくなっていきます。薬の使用をやめた時に、ホルモン分泌がなくなる状態になるため、吐き気や倦怠感、頭痛などを伴う副腎不全(ステロイド離脱症候群)が引き起こされます。

 

Sponsored Link



ステロイドによる副作用一覧

下記はステロイドの使用による副作用の一覧です。かなりの数がありますがその他にもステロイドによる副作用はあり、下記はその一部となります。

ステロイドの定期的な利用は少ならからずとも必ず副作用のあるものであることを知ることがとても重要です。

満月様顔貌

感染性

骨粗鬆症

糖尿病

消化性潰瘍

動脈硬化、高脂血症

骨壊死

白内障、緑内障

精神障害

高血圧

ステロイド筋症

副腎不全

ニキビ様発疹、多毛症

月経異常

皮下出血、紫斑

多飲、多尿

浮腫、低カリウム血症

中心性肥満

低身長

異常脂肪沈着

野牛肩

皮膚線条、皮膚萎縮 

発汗異常

眼球突出

鬱血性心不全

不整脈

白血球増多

中枢神経興奮性亢進

味覚・嗅覚の低下

海綿体・陰茎・陰核亀頭の肥大

 

Sponsored Link



脱ステロイドの考え方

ステロイド剤の効果が高いが故に多くの人は使い続けてしまうことになります。

それは、本来持っている自己ホルモン分泌や免疫力を低下させることになります。

アトピー性皮膚炎の根本的治療となるのは、自己治癒力の向上です。

薬に依存していてはアトピーは治らない

「自分のアトピーは、どういう時に悪化して、どういう風に薬を使えば症状が抑えられるか、また、どういう時に症状は緩和されているか」は、ひとりひとり異なります。

普段の生活を振り返り、見つめなおし、改善していくことも「治療」です。

多くの薬には添加物が入っています。

薬を使い続けることは、体内に害をもたらす人工添加物がどんどん体内に蓄積されていくということです。

蓄積された害のある人工添加物を除去する方法として、次の項で水素水の活用についてお話ししていきます。

ステロイドやアトピー治療薬の副作用の恐怖とそれに対する水素水の素晴らしさ。

アトピー治療に対する病院で処方される薬は副作用が必ずあります。

基本的に病院は患者に薬を利用してもらうために薬の安全性を伝えますが、しかし現実としてアトピー治療薬の長期利用は いろいろな副作用をもたらします。

定期的にステロイドを使っている人は ほぼ確実に太りますし顔が丸くなります。

顔が丸くなるのはステロイドによる副作用で満月様顔貌(ムーンフェイス)と呼ばれるものです。

そしてアトピーなどのアレルギーを持っている人がダイエットをしようとしてもなかなか痩せないのは、食事や運動の影響ではなくステロイド薬の常用が根本原因である場合は 非常に多いです。

病院ではその様な事を教えてくれませんし、そういったことを世の中の人は知りません。

それに対して水素水は副作用がなくアトピーに対して目覚しい効果を多くの方が実感しています。

 

Sponsored Link



アトピーの3ないとは?

アトピーが「3ない」と言われるのはアトピーという症状は死なない・治らない・(原因が)わからないから です。

しかしアトピーは排毒の病気と言われていて もともと体内の有毒物を汗尿便などでうまく出せれない 体質の人がなりやすい病気です。

体内の毒素を皮膚から出す症状がアトピーです。

勘違いされいることが多いのですが、年齢とともにアトピーが軽減する(事実おばあちゃんのアトピーはいない) というのはアトピーが治ったのではありません。

年齢の経過とともに体内の毒素を出す力がますます弱まることで 皮膚からも排毒ができなくなるから症状が出なくなります。(ある意味出せなくなる)

結果的に体内により毒素がたまりやすくなりますから 事実、アトピーを子供や若い時に持っていた 人は通常よりも便秘症の比率が高いのが統計で出ています。

また体内に毒素がたまりやすい体質はがんの発生率が高まります。

これはガンに限らず筋腫・イボ・ポリープなどの発生率も高まります。

そのため昔から「アレルギー体質はガン体質」という言葉があります。

それに対して水素水は薬の利用によって大量に体内に発生してしまう 活性酸素の中和や除去ができ、体内の免疫力・自己治癒力を高め、体内の余分な老廃物や毒素を排出できる体へと導きます。

事実、継続的に水素水を利用されている方たちはアトピー症状の軽減をとても実感しています。

Sponsored Link



活性酸素の除去に水素水

前述の通りアトピー性皮膚炎の症状を緩和させてくれる塗り薬や飲み薬には多くの副作用があります。

また多くの人工添加物が入っています。これらの人工添加物は本来、人間の体には不必要な物質です。

そのため体内で分解・除去・排出もしにくく蓄積される一方です。これら体内にとどまる不純物が「活性酸素」発生の大きな原因となります。

増え続ける活性酸素

活性酸素は、生活におけるあらゆるストレスや食品添加物、タバコの煙など、様々な要素で発生します。

特に薬は他の数倍もの形で体内に多くの悪玉活性酸素を発生させていることが臨床試験でわかっています。

そして、悪玉活性酸素による強力な酸化作用により人間の体にある正常な細胞を酸化、破壊していきます。

体内に存在する酵素などが活性酸素の分解をしてくれますが、その作用が活性酸素の増加に追いついてこなくなると、アトピー性皮膚炎をはじめ、様々な病気の原因となっていきます。

水素水で余分な活性酸素を除去

日々の生活の中で増えすぎてしまった活性酸素を、水素水を飲むことで取り除くことができます。

ご存知の通り水素は悪玉活性酸素とくっつく性質を持っています。これにより、体内にある余分な悪玉活性酸素と水素がくっつき、そのまま体外へ排出されていきます。

また水素は分子がとても小さいため、体内だけでなく肌でも同じ働きをします。

汗の汚れや紫外線などの刺激物から生まれた活性酸素は、肌表面の乾燥やかゆみを引き起こしますが、あらかじめ水素水で患部になりそうな部分を洗浄することにより刺激物の元と一緒に活性酸素が取り除かれ、清潔な肌の状態へと導きます。

水素水による体内と体外へのダブルアプローチは、アトピー性皮膚炎に大きな効果を発揮します。

薬には、病気によるつらい症状を抑えるだけの効果しかありません。それに対して水素水は皮膚を清潔に、そして正常な状態に持っていくことを根本て的に目指す作用を持っています。

Sponsored Link



水素水を使ったアトピー性皮膚炎の臨床現場例・川村宗典医師の場合

皮膚の炎症が、人の目に触れるという症状で、精神的負担が増し、周囲の目を気にし、また周囲から異質な目で見られることで奈落の底に突き落とされたような落ち込みを覚え社会的に損失を追う事もあります。

特に女性のアトピーについては、人生の様々なタイミングで、皮膚はおろかセルフイメージに自信を欠き、自己嫌悪や劣等感を招いてしまうことが多いようです。

アトピー性皮膚炎の治療の現場では主にステロイド剤が出され、炎症を抑え込むことで効き目を発揮するものですが、処置であって根本を解決するものではありません。

アトピー性皮膚炎だけでなく、全ての病気が治る過程には自然治癒力が前提で、薬剤は一時的に困った点を除去するだけの役割でしかないのです。

さて、アトピー性皮膚炎の治療においては、自然治癒力を発動させる水素還元水をひたすら飲んで根本治癒させた臨床例がいくつもあります。

多くのアトピー性皮膚炎の臨床例を持つ、特定医療法人誠仁会協和病院の元院長川村宗典医師によるアトピー性皮膚炎の原則は以下の通りです。

・ステロイド剤を完全中止

・飲用水を水素還元水に完全に切り替える

・病気の克服を強く希求する

ステロイド剤に関しては、やめると急性炎症が再び襲ってくる”リバウンド”が懸念されます。

かゆみや痛み、じくじくごわごわ、といった症状が、身体のあちこちで複雑に起き、全身がその対象になる生き地獄のような苦しみを味わう事もあるでしょう。

30年の臨床例から川村医師が得た経験値は、もはや医学を超えた域さえ感じさせられるところがあり、一部、その川村医師の還元水を用いたアトピー性皮膚炎根治治療のリバウンドに対する対処法を掲載致します。

”(ステロイド剤をやめてからの)リバウンドは程度の差はあれ、ほとんどの方に起こります。

(水素)還元水を飲みながら、頑張っているうちになんとか通り抜ける事ができますが、ここで喜んではいけないのです。

やっぱり水を替えてよかったと思って、手放しで喜んでいると、また症状が出てきます。

そうなりますと、アトピーの患者さんは、もともとこの病気を克服する希望も展望もない自信喪失の状態にある方が多いわけですから、やっぱり水も駄目かと思い、あの苦しかったリバウンドの有様を思い出し、パニックに陥ります。

こうなるともうだめです。やがて先刻通り過ぎたと同じひどいリバウンドがやって来ます。

このような患者さんには、最初のリバウンドが回復したときに、「また次のリバウンドが来ますよ。でも心配はいりません。きっとこの前のリバウンドよりも軽いはずです」と予告しておくのです。

そうしますと、患者さんは安心してリバウンドに対する心の準備が出来るのです。

すると二回目のリバウンドが過ぎた頃に、「今度のリバウンドは楽でした」と答えます。

暗示の力の凄さです。

こうなると、患者さんはリバウンドを克服するパターンに入った事になる訳です。”

(一部省略・転記終了)

「ステロイド剤を完全にやめろ」という医師は、今どきおそらくほとんどいないでしょう。

むしろ、患者さんから「やめたらぶりかえしますよ!!」と言われかねないものの、リバウンドを超えて患者さんの経過を見届け、多くの根治治療症例があるのは、ある意味奇跡です。

 

Sponsored Link



自然治癒力を発動させる水素水

川村医師が仰る「何かに頼って病気を治そうとする甘い方法や考えで病気が治るはずがない」という言葉には、「自己暗示」にヒントがあります。

自己暗示の力とは、身体の全ての細胞に「自然治癒」の強い信号を発動させるものであって、その力は、「何かに頼っている」という状態では、逆立ちしても生まれてこないものです。

これは、遺伝子にスイッチが入る状態に通じるところがあります。

「はあ?暗示の力とか、遺伝子にスイッチが入るとか、眉唾っぽいな…」というような誤解を招くかもしれません。

しかしどこか諦めたところがあって治療にあたっても、”あきらめた感覚”はどこまでも付きまとい、思考と行動を左右していくものですし、「何が何でも立ち直って自分の人生を精一杯生きるんだ」という意思のもとで治療に専念すると、思考と行動パターンが全て人生の目的に向かっていくものです。

これで自明の差が出る、というだけのことです。”だけのこと”、といっても、意志の力とは、想像をはるかに超えて心身に影響を及ぼすといって過言でありません。

Sponsored Link



水素水は、アトピー性皮膚炎治療の活性酸素除去において効果が高い

さて川村医師のアトピー根治治療には、もちろん水素還元水が使用されていました。

ですが自分が生まれた人生の目的に向かって生きて行こうとする強い希求の元では、水素水は主役ではないし、その目的に向かうためのパートナーでしかありません。

人の人生の主役が、方法やモノによって変わられるはずがないというこうした見方からすると、水素水は自然治癒にスイッチを入れるために精度の高い道先案内をしてくれる役割、というような言い方が丁度いいのかもしれません。

今では川村医師が実践した水素還元水などによるアトピー治療が、日本国内の多くの医療機関で受けられる時代になりました。

ここでは全く、「自己判断でステロイド剤を完全に止める」、といったことを薦めている訳ではなく、川村医師のような実践者を探し、医師の適切なアドバイスを元に水素水の活用をする方法もある、ということを念を押してお伝えさせて頂きます。

Sponsored Link



水素水のアトピー性皮膚炎への作用機序

アトピー性皮膚炎のようなアレルギー疾患は、多数の要因が複雑に絡み合っており、従来の分子病態的医薬では全てを対処できるわけではないようです。

水素水が上の例のように活用されている背景としては、薬の使用が、「一時的対処法」でしかないという所にあり、多くの患者さんが長年アトピー性皮膚炎に悩まされているからです。

しかし水素水は程度の差はあれ、上の例のようにその根本治療の可能性を示すものです。

アトピー性皮膚炎のアレルゲンとされる原因物質が体内に入った時に、体内ではそれを異物としてみなし、白血球が活性酸素を使って攻撃しようとしています。

抗原に対する抗体が増えすぎた結果、活性酸素も多く発生する羽目になってしまうからです。活性酸素は、肥満細胞にIgE抗体が付着することによる刺激を促し、また、ミトコンドリアにおける・O²-やH₂O₂を躍起し、脱顆粒(ヒスタミンやロイコトリエンの放出)、サイトカインの産出を促進していることが明らかになっています。

多くの罹患が後を絶たないアトピー性皮膚炎に関しては、症状の元となっている活性酸素の除去という所がより注目されることになるでしょう。

Sponsored Link



水素水によるアトピーへの効果に対するまとめ

このように水素水はアトピーに対してとても高い効果を多くの方たちが実感しています。

アトピーに対する水素水の効果をまとめます。

アレルギー体質は免疫力・抵抗力・自己治癒力が低いことにより症状が出ています。

それに対して水素水を日々の生活で取り入れることで、体内の悪玉活性酸素を除去・中和し身体の免疫力・抵抗力・自己治癒力を高めアレルギー症状が出ることのない体質へと導きます。

アトピーに対する薬の使用は多くの副作用をもたらします。そして人工的に作成している薬には多くの有害物質が含まれているため、利用することで症状が抑えられても免疫力・抵抗力・自己治癒力は低下します。

さらに薬の有害物質は体内に多くの悪玉活性酸素を発生させます。

しかし水素水を活用することでアトピーの薬の使用頻度を使う必要がなくなったり、減らしたりすることができるので薬の副作用を受けることも無くなります。

また薬を利用して大量に発生する悪玉活性酸素を水素水を活用することで除去・中和できるため薬の副作用を最小限にまで抑えることが可能です。

水素水はアトピーに対してとても大きな期待ができます。さらに水素水はアトピーに対する効果が期待できるだけでありません。

三大死因である癌・心臓病・脳卒中、そして各種病気・生活習慣病や老化現象においても様々な論文が発表されており、事実、それらに対する効果を多くの方々が実感しています。

このように水素水はとてもすばらしいものです。ぜひこれからも水素水を活用し続ける生活を送り、いつまでも健康で若々しく生活をされ続けることを願ってやみません。

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 酵素は太るためのサプリ?その理由と方法や食べ物・太る痩せる効果の違いを解説

  • 酵素は美容効果も凄い!サプリの飲み方や酵素美容液の正しい使い方まで徹底解説

  • 水道水について完全にまとめ上げました!

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

関連記事

  • 水素サプリの効果について徹底解説!

  • 水素水をペットボトルに入れるとただの水?水素水の特徴を知って最適な保存方法とは?

  • 水素水の効能が抜群である理由とは?

  • 水素水の美肌効果がすごい理由

  • 水素水の美容効果はもの凄い!化粧水より美容に最適な理由とは?

  • 水素風呂(水素バス)の効果は飲むときの数倍!驚異の結果を大公開!