1. TOP
  2. 乳酸菌
  3. 乳酸菌のアレルギー改善効果が凄い!
Sponsored Link

乳酸菌のアレルギー改善効果が凄い!

乳酸菌   365 Views

乳酸菌にアレルギー改善効果があることをご存じでしょうか?

アレルギーは、一度発症すると治療が難しいと言われています。しかし、乳酸菌によってアレルギーの改善は可能です。

「では、どういった仕組みで乳酸菌がアレルギーに効くのでしょうか。」

「たくさん種類がある中で、どの乳酸菌にアレルギー改善効果があるのでしょうか。」

「乳酸菌がアレルギーの原因になることはないのでしょうか。」

この記事を読めば、乳酸菌がなぜアレルギー改善効果があるのか、根拠のある証拠を知ることができます。

また、どのように摂取すればアレルギー改善効果があるのか、その具体的な情報もお伝えします。

実は、筆者自身ひどいアレルギー体質で、ダニ、ハウスダスト、花粉症などがあり、ひどい時期では身体中に湿疹ができ、ティッシュは1日〜3日で一箱なくなっていました。

アレルギーに効果があるというものをいろいろ試してみましたが、どれも一時的、あるいはほとんど効果のないものばかりでした。

しかし、乳酸菌を『ある条件で』とり続けていたら、たった1週間と少しで効果が出始めました。

いまでは、しばらく忘れていた「ティシュのいらない生活」と、「かゆみに我慢する必要がない安堵感」を味わっています。

この記事では、次の点についてわかりやすく解説します。

・乳酸菌に、アレルギー改善効果があるのはなぜか
・どの種類の乳酸菌にアレルギー改善効果があるか
・アレルギー改善のための乳酸菌摂取の方法

乳酸菌の力さえ借りればアレルギーは、一生悩み続けるものではありません。

乳酸菌によって、アレルギー体質が改善され、さらに免疫力が高まることによって病気になりにくい健康的な体を作ることができます。

ぜひ、最後までお読みください。

Sponsored Link



Contents

乳酸菌はアレルギーに効く

乳酸菌は、アレルギー改善に大きな効果があります。

アレルギー対策は、大きく分けて次のような3つの方法がありますが、乳酸菌の効果は3番目の「免疫力を強める」というものです。

① アレルギーの原因となるアレルゲンをできるだけ抑制する。
② アレルギー症状を抑える薬を飲む。
③ 免疫力を強めて、アレルギー反応を抑える。

アレルギー改善の働きに対して、乳酸菌の効果がどれほど素晴らしいか注目するために、それぞれの働きについて詳しく解説します。

①アレルギーの原因となるアレルゲンをできるだけ抑制する

「アレルゲンの抑制」というのは、アレルギー対策において非常に大切な方法のひとつですが根本的な解決策とはいえません。

アレルゲンとなる花粉やダニは私達の身近に常にあるので、この対策法だけだと生涯にわたり対策をし続けなければならないことになります。

アレルギーの種類 対策法 問題点
花粉症 マスク、メガネをかける。

 

 

100%除去することはできない。
ダニ、ハウスダスト 部屋清潔にし、埃を除去する。

ダニを除去する。

埃を100%除去することはできない。

ダニを除去しても、死骸や糞がアレルゲンとなる。

ダニはすぐに増殖する。

 

食品アレルギー アレルゲンとなる食事をとらない。 アレルギーの発症は避けられるが、改善には至らない

 

Sponsored Link



②アレルギー症状を抑える薬を飲む

「アレルギー症状を抑える薬を飲む」という方法は、即効性があり、辛い時期に心強い味方となります。

しかし薬を飲まなくなるとアレルギー症状が出てきますので、やはりこれだけでは根本的な解決策とはいえません。

花粉症のような、ワンシーズンだけの症状ならその時期にだけ薬を飲めばいいのですが、ハウスダストのような長期間症状が出る場合、「薬なしではいられない」というジレンマに陥ってしまいます。

③免疫力を強めて、アレルギー反応を抑える

この点で免疫力を強めて、アレルギー反応を抑えるというのは、根本的な解決策に津軽唯一の対策法です。

アレルギー症状そのものをコントロールするによってアレルギー症状を改善することになるからです。

乳酸菌は、免疫力を強め、アレルギーバランスを整える点で優れた力を発揮します。

しかし、乳酸菌を使ったこの対策法は『即効性がない』というデメリットがありますので、辛いアレルギー症状に悩んでいる人は別の対策も必要となってきます。

最も効果的なアレルギー対策

最も効果的にアレルギー対策をするために、アレルギーが以前に必要な3つの対策全てを行うことが大切です。

つまり、薬で一時的な反応を抑えながら、アレルゲンをできるだけ除去することにより外部からの侵入を抑え、その間に乳酸菌によって内部を少しずつ強めます。

例えばハウスダストで悩んでいる人は、次のような対策をしましょう。

① 部屋にいるダニを駆除し、ダニの死骸や糞をほこりと共に丁寧に掃除することによって、アレルゲンを抑制する。
② アレルギー反応を抑える薬を飲む。(市販薬もありますが、病院に行けば保険の効いた値段で購入することができます。)
③ 乳酸菌を毎日飲む

このようにすれば、最初は薬を飲むことによって症状を抑えることができますが、その間に乳酸菌によってアレルギー体質が改善されますので、薬を飲まなくなっても症状をかなりの程度抑えることができます。

Sponsored Link



乳酸菌と免疫力とアレルギー

乳酸菌と免疫力とアレルギーは、それぞれ深い関係がありますので、この点についての理解をさらに深めていきましょう。

日本に住んでいる限り、一定の量の花粉を吸っているはずなのに、花粉症になる人、ならない人がいるというのは免疫力が関係していることの証拠のひとつです。

乳酸菌によって免疫力が高め、今までと同じようにアレルゲンを取ってもアレルギー反応がでなくなるのが、ここでの到達点です。

なお、乳酸菌と免疫力の関係について詳しくは「乳酸菌の働きが凄い!効果・種類・免疫力など徹底解説!」で解説していますので、あわせてお読みください。

アレルギー抑制効果のある乳酸菌

乳酸菌をとれば、まずアレルギー反応が抑制されます。

この段階では、完全に治っているわけではありませんが、「目立ってアレルギー反応が減る日」と、「再びアレルギー反応が出る日」が繰り返されます。

私の場合は、乳酸菌をとる前は朝起きてから昼過ぎまでくしゃみ、鼻水が出続けていまして身体中に湿疹ができてかゆくてたまりませんでした。

これに加えて、スギ花粉のシーズンがやってくると、目のかゆみや涙が加わりました。

しかし、乳酸菌を毎日摂取して1週間を少し過ぎたころ、スギ花粉のシーズンでしたが鼻をかむ回数が数回まで減り、涙も出なくなりました。

翌週は、鼻水がひどい日と、そうでない日が繰り返されましたが、徐々にそうでない日の間隔が長くなってきました。

しかしこのように、最初にアレルギー反応が抑えられる日が来るのは、1週間〜8週間と人によって差異はありますので、すぐに反応が変わらなくてもあきらめないで乳酸菌の摂取を続けてください。

 

Sponsored Link



乳酸菌を取り続ければアレルギーが改善される

アレルギー反応が抑えられたことを実感しても、引き続き乳酸菌を取り続ければアレルギーがさらに改善されます。

後ほど紹介しますが、数々の研究報告は、ある特定の種の乳酸菌をとることによってアレルギー反応が抑えられていることが証明されています。

それゆえ、乳酸菌をとっている限りアレルギー反応は抑制され、体質の改善につながるといえます。

最も大切なのは、毎日欠かさず乳酸菌を取り続けることです。アレルギー改善に特化した商品は目安となる摂取量がかかれている場合がありますので、その指示があるなら従ってください。

もしヨーグルトなら1日200gで効果が出ますが、さらに効果を高めたい方は、1日400gとるようにし、そのほか醤油、味噌、漬物、キムチといった乳酸菌食品をとるようにしてください。

アレルギー予防効果のある乳酸菌

乳酸菌をとれば、まだアレルギーになっていない人もアレルギー予防効果があります。

今や2人に1人はなんらかのアレルギーを持っている時代ですので、「自分にはアレルギーが何もない」といっても、もはや人ごとではありません。

何かがきっかけになって、少しでもアレルギー反応が出始めると、対策をしない限り悪くなることはあっても良くなることはありません。

それで、アレルギーを持っていないとしても今のうちに乳酸菌をとって免疫力を強めておけば、長い時間をかけてアレルギー症状を改善させる必要がなくなります。

 

Sponsored Link



アレルギーと乳酸菌に関するエビデンス

乳酸菌がアレルギーの発生予防、もしくは改善するというエビデンスがあるかどうかを確かめることは大切です。

※エビデンスとは、科学的に明らかにされた事実のこと。

この記事には、筆者が乳酸菌によって実際にアレルギーが改善された実例を紹介していますが、当然のことながら個人の実例だけでは「科学的に明らかにされた」ということはできません。

乳酸菌がアレルギー改善に効果がない?

乳酸菌によるアレルギー改善効果について、疑問を投げかけている専門家もいます。

正確にいうと、乳酸菌によるアレルギー改善効果のエビデンスがあるわけではないので、性急に判断すべきではないということです。

この点に関して、千葉大学大学院医学研究院 耳鼻咽喉科岡本 美孝氏は、次のような見解を述べています。

民間医療(代替医療)とは、通常多くの医師が医療施設において施行したり指導する医療以外の医療で、その多くのものは作用機序が科学的には検証されていないものと考えられています。アレルギー性鼻炎に対してもいわゆる健康雑誌やインターネット上には多数の代替医療に関連した宣伝記事や情報があふれています。
(中略)
民間医療の科学的評価についてはほとんど行われていません。……使用頻度が増加しているヨーグルト、乳酸菌剤ですが、一般医療機関を受診しているアレルギー性鼻炎患者さんの調査では、効果ありと判断されている方は30%以下です。

厚生労働省「花粉症の民間医療について」より
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/okamoto.html

このような見解をみると、「乳酸菌ブームも他の健康食品と同じで、いずれは人気のなくなる一過性のものではないだろうか」と心配になるかもしれません。

しかし、ここで「乳酸菌の効果ありと判断されている方は30%以下です」という表現だけで、どの種類の乳酸菌をどのように摂取したかが書かれていません。

正しい知識がないままただやみくもに乳酸菌を摂取してもほとんど効果がありませんが、その中で30%近くの人に効果があったというのは注目に値する事実です。

その種類の乳酸菌をどのように摂取したらよいかは、後ほど詳しく説明します。

乳酸菌とアレルギーに関する論文

一方で、乳酸菌がアレルギーの改善に一定の効果が得られたことに関する論文はたくさんあります。

例えば、カルピス株式会社発酵応用研究所の鷲谷敦廣氏は、乳酸菌の一種であるL-92株乳酸菌についての論文で次のように報告しています。

L-92株は、花粉症、通年性アレルギー性鼻炎、およびアトピー性皮膚炎といったア レルギー疾患の症状改善に有効であることが示されている。

Lactobacillus acidophilus L-92 株の抗アレルギー作用について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jslab/21/3/21_207/_pdf/-char/ja

この論文では、人を対象にした実験で実際に乳酸菌を取ることによって、アレルギーが改善したいくつもの報告がありますが、その中から「通年性アレルギー性鼻炎」に関する研究報告を紹介します。

我々は L-92 株摂取による通年性アレルギー性鼻炎に対する効果についても検証した。通年性アレルギー性鼻炎患者 49名を2群に分け、一方には100 mlの加熱殺菌した L-92 株発酵乳を含む飲料を、もう一方 には同容量のプラセボ飲料を 8 週間連続摂取させ、2週間ごとの自覚症状スコア、ならびに医師による他覚 所見スコアを測定した。その結果、自覚症状スコアにおいては、鼻SMSが有意に緩和され、眼SMS が緩和される傾向が認められた。また、他覚所見でも、鼻粘膜の腫脹および色調において、スコアの低下が認められた。
これらのことから、L-92 株は、花粉症のみならず通年性アレルギー性鼻炎においても、自覚症状および鼻粘膜症状の改善に有効であることが示された。

このような実験で注目したいのは、「ラット」ではなく「人」を実験対象として使っているという点と、プラセボ効果を使っているという点です。

プラセボとは、「試験者に特定の成分であると思わせて何の成分も入っていない偽薬」のことで、この場合「L-92乳酸菌は体に良い」という先入観からくる誤った結果を避けるために用いています。

風邪をひいている人に、ただの水に「これは風邪薬だ」と思わせると、風邪が治ってしまうことがあり、これをプラセボ効果と呼んでいます。

このように、乳酸菌に効果があるという専門家と、そうでないという専門家にわかれています。

しかし効果が実証されていて、他の有効な解決策がない以上、一度試してみる価値があるといえるのではないでしょうか。

Sponsored Link



牛乳(ミルク)と乳酸菌とアレルギー

乳酸菌というと、牛乳が関係しているようなイメージがあるかもしれませんが、実際のところどうなのでしょうか。

「乳」という文字があるので、乳製品と関係のありそうな気がしますが、実は醤油やみそなど「乳」とは関係のないものにも、乳酸菌が豊富に含まれています。

乳酸菌によるアレルギー反応という不安を持っている人もいると思いますので、以下の三つの点について詳しく解説していきます。

・乳酸菌は乳製品アレルギーでも食べられるか
・牛乳に乳酸菌は含まれているか
・乳酸菌が乳アレルギーの原因になることはないのか

乳酸菌は乳製品アレルギーでも食べられるか

乳酸菌アレルギーを持っている人でも、乳酸菌は問題なく摂取することができます。

乳アレルギーは、牛乳に含まれている「ガゼイン」が原因ですが、乳酸菌には牛乳は含まれておらず、ガゼインという成分もないからです。

東京都福祉保健局は、「牛乳アレルギーがある場合に、「乳酸菌」など乳○○を含む食品は食べられないでしょうか。」という質問に対して、次のように答えています。

牛乳は加工食品のアレルギー表示が義務付けられていますが、名称上の「乳」という文字の有無だけでは、一概に食べられるかどうかを判断できません。誤食なく、食べられる食品を増やすためには、アレルギー表示から、食べられる食品と食べられない食品を正しく見分けることが重要です。……「乳化剤」「乳酸菌」「乳酸カルシウム」「乳酸ナトリウム」「カカオバター」はその名前から、乳製品と誤解されやすいのですが、牛乳とは関係ありません。

引用元:東京都福祉保健局「東京都アレルギー情報navi.」より
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/allergy/faq/food_allergy.html

このように、乳酸菌が乳アレルギー反応を起こすことはありません。

ただし乳酸菌が含まれている食品の中に「乳」という成分が含まれていることがありますので、乳アレルギーの方は、成分をよく確認するようにしてください。

 

Sponsored Link



牛乳(ミルク)に乳酸菌は含まれているか

牛乳には、本来乳酸菌が含まれていますが、私たちが飲む牛乳には乳酸菌は含まれていないものがあります。

乳酸菌は高温に弱いので高温殺菌の過程で死んでしまうので、高温殺菌をしている牛乳の乳酸菌は全滅しています。

しかし、搾りたての生乳や、「低温殺菌牛乳」は、乳酸菌が生きています。

ちなみに乳酸菌が入っていると、牛乳に含まれている、お腹を壊す原因となる「乳糖」を「乳酸」にかえますので、お腹が弱い人でも安心して飲むことができます。

いずれにしても、牛乳に含まれている乳酸の数はそれほど多くないため、アレルギー症状を改善するためには、ヨーグルトなど発酵して乳酸菌が多く含まれているものをとるようにしましょう。

乳酸菌が乳アレルギーの原因になることはないのか

乳酸菌が、乳アレルギーの原因になることはありません。

乳酸菌は、「乳」という言葉がついているため不安に思う人もいるかもしれませんが、牛乳とは全く関係のない菌です。

むしろ乳酸菌は、基本的なアレルギー症状を抑える働きがありますので乳アレルギーの方は積極的に乳酸菌をとることをおすすめします。

ただし、ヨーグルトやチーズなど乳由来の乳酸菌食品は、「ガゼイン」が含まれていますので、味噌、醤油、漬物など植物乳酸菌を中心にとるようにしておきましょう。

Sponsored Link



乳酸菌は様々なアレルギーに効く!そのメカニズムとは

これまで解説してきたとおり、乳酸菌はアレルギーに効果がありますが、いろいろな種類のアレルギーになぜ効果があるのか、そのメカニズムを解説したいと思います。

アレルギーを引き起こすメカニズムを理解していると、乳酸菌に効果があるといえる信ぴょう性が高まります。

本当に効果があるものでも、疑ってかかると効果がなくなるどころか身体に害を与えることもあります。

※このような現象をノシーボ効果(悪い作用があると思いこむと、そうでなくても副作用が起こってしまう現象のこと)といいます。

乳酸菌が、下記のアレルギー症状になぜ効果があり、どうして乳酸菌がおすすめできるかを解説します。

・花粉症
・食品アレルギー
・ハウスダスト(ダニアレルギー)
・猫アレルギー
・犬アレルギー

アレルギーと乳酸菌―花粉症

2008年に行われた調査によると、花粉症は26.5%およそ、4人に1人が発症している国民病です。

花粉症の原因は、花粉を侵入者と判断する「勘違い」によるものです。

私たちの身体には、異物が体内に入ったときそれが「無害なもの」か、「害をもたらす侵入者」かを判断します。

花粉は当然身体にとって無害なのですが、あまりにも大量に入ってくると危機を感じ、涙、鼻水、くしゃみなどで身体から追い出そうとします。

一度侵入者と判断したら、それ以降花粉が入るたびに過剰に追い出そうとするようになってしまいます。

人間の腸に住みついた乳酸菌は、アレルゲンである花粉が体内に入り込むのをブロックします。

さらに、花粉を追い出そうとする抗体の増殖を抑える効果がありますので、過剰に反応しなくなります。

 

Sponsored Link



アレルギーと乳酸菌―食品アレルギー

食品アレルギーは、花粉症とメカニズムは同じですので、乳酸菌で改善効果を期待できます。

ただし、食物アレルギーは、アナフィラキシーショックという急性アレルギー反応を起こすことがありますので、「乳酸菌を摂取しているから大丈夫」と安易に判断しないようにしましょう。

食物アレルギーによるアナフィラキシーショックは、日本でも定期的に死亡例がある恐ろしいものです。

食物アレルギー対策に、乳酸菌を取ることはおすすめしますが、治ったかどうかを確認するときにアレルギー対象となる食品をとることはおすすめできません。

改善効果を確かめるときは、必ず病院でアレルギー検査をするようにしてください。

アレルギーと乳酸菌―ハウスダスト

乳酸菌は、ハウスダストにも効果がありますが、まずハウスダストとは何かを明確にしてみましょう。

ハウスダスト(家のほこり)とは、ほこりに対するアレルギー反応ですが、厳密にいうとほこりに含まれている成分です。

ほこりには、「細菌」「虫の死骸や糞」「ヒトやペットの毛」など様々なものがありますが、アレルゲンとして最も多いのが「ダニ」です。

つまり、ハウスダストというのは、ほこりに含まれている成分すべてを総称したアレルギー反応といえます。

それで、ダニアレルギーの人は、イコールハウスダストですが、ハウスダストイコールダニアレルギーとは限りません。

乳酸菌でハウスダストも改善する

乳酸菌の摂取は、ハウスダストで苦しんでいる方にとりわけおすすめしたい対策法です。

ほこりは、花粉のようにワンシーズンではないため、アレルゲンの除去に限界があるからです。

ダニアレルギーの場合でも、アレルギーが発症するのは生きているダニよりも、ダニの死骸や糞が原因です。

それで、ダニが大量発生する梅雨時期だけではなく、冬場にもアレルゲンが存在していることになります。

 

Sponsored Link



アレルギーと乳酸菌―猫アレルギー

乳酸菌は、猫アレルギーにも効果があります。

猫アレルギーとは、猫のフケ、毛、尿、唾液が原因で、これらを空気中から取り込んでしまうと、アレルギー反応を引き起こします。

猫アレルギー対策は、まず猫との接触を出来るだけ避けるのが基本的な対策ですが、やはり免疫力を高めてアレルギー反応を抑えるのも有効な手段です。

乳酸菌を毎日摂取すれば、他のアレルギー症状と同じく、緩和、改善が期待できます。

アレルギーと乳酸菌―犬アレルギー

乳酸菌は、犬アレルギーにも効果があります。

人間と犬の歴史は長く、生まれたころからずっと犬を飼っているという人も少なくないと思います。

アレルギー症状は突然起こるため、原因が花粉なのかダニなのか、または他のアレルギー成分が関係しているかすぐに気づかないこともあります。

基本的なメカニズムや症状は、他のアレルギー症状と変わりませんので乳酸菌が効果的であるということができます。

アレルギー体質の犬にも乳酸菌

飼っている愛犬が、アレルギー症状を引き起こすことがありますが、犬も乳酸菌でアレルギーを改善できます。

犬も人間と同じように「腸」があり、腸には「乳酸菌」がいて、腸内環境が悪いとアレルギー症状など色々な病気を引き起こしてしまいます。

原因としては、人間と同じように「花粉」「ハウスダスト」「食物アレルギー」であったりしますが、とりわけ多いのが「ドックフードアレルギー」です。

そのため、まず毎日食べているドックフードを変えて様子を見ておく必要がありますが、それと同時進行にすでに弱っている腸内環境をよくするため乳酸菌をあげてください。

サプリタイプのものや、ヨーグルトなど人間と同じものをあげることができますが、その際必ず無糖、無塩のものを選んでください。

※キムチ、味噌、醤油などは塩分が多いため決してあげないでください。

Sponsored Link



アレルギーに効果のある乳酸菌の種類

アレルギーに効果のある乳酸菌の種類を紹介します。

すべての乳酸菌は、腸内フローラのバランスを整えるので、一定の効果がありますが、その中でもアレルギー症状に大きな効果が実証されている種類のものがあります。

一方で、有名な乳酸菌の種類が入っている商品の中には、アレルギー改善効果が特に大きくないものもあります。

次の種類の乳酸菌がアレルギーに特別な効果があるかどうかについて、詳しく解説します。

・LG-21株乳酸菌
・L-92株乳酸菌
・LGG乳酸菌
・KW-3110株乳酸菌
・乳酸菌シロタ株
・フェカリス菌

lg21株乳酸菌はアレルギーに効果があるか

ネットでは、LG-21株乳酸菌はアレルギーに効果があるという記事がありますが、特別な効果は期待できません。

LG-21株乳酸菌は、他のヨーグルトと同様、腸内バランスをよくし、免疫力を高める効果がありますので、「特別な効果」は期待できないとはいえ、アレルギー改善に「一定の効果」はあるといえます。

しかしLG-21株乳酸菌は、ピロリ菌への対抗力に効果がある菌ですが、今のところ開発者が「アレルギー改善に効果がある」といった要旨の発表は見当たりません。

LG-21株乳酸菌は、CMなどの影響でかなり認知度が高いので、もしかしたら次のような流れでうわさが広まったのかもしれません。

「LG-21株乳酸菌は健康にすごくいいらしい」

「ヨーグルトはアレルギーにいいらしい」

「LG-21株乳酸菌の入ったヨーグルトはアレルギーにいいらしい」

このように、根拠を確かめないと間違った方法で乳酸菌を摂取してしまうことになります。

そしてそれが「やっぱり乳酸菌はアレルギーに効果はないらしい」という誤った情報の発信源となってしまうかもしれません。

LG-21株乳酸菌は、ピロリ菌抑制や、免疫力を向上するという点では優れた力を発揮する乳酸菌ですが、アレルギーに対して特別な効果はないということを覚えておきましょう。

 

Sponsored Link



アレルギーに効果のある乳酸菌の種類l92

今、アレルギー対策として最も効果が期待されている乳酸菌のひとつは、L-92株乳酸菌です。

L-92株乳酸菌は、ヒト由来の乳酸菌で、一般の乳製品からは摂取できません。カルピス社のみが、L-92株乳酸菌を保有しています。

このL-92株乳酸菌は、数ある乳酸菌の中から「アレルギー改善効果」という面で選び抜かれた乳酸菌です。

このL-92株乳酸菌によるアレルギー改善効果の有効性は、様々な実験からも実証されています。

例えば、ダニやハウスダストによるアレルギー症状に、L-92株乳酸菌がどのような効果があるかという点で、次のような報告があります。

ダニやハウスダストによる通年性アレルギー性鼻炎をもつ49名を2つのグループに分け、25名に「L-92乳酸菌」を含む食品を、24名に「L-92乳酸菌」を含まない食品(プラセボ)を8週間摂取してもらいました。
(結果は)「L-92乳酸菌」を摂取した群では、摂取していない群と比較して、鼻の症状は改善、眼の症状は改善傾向が確認されました。

引用元:「カルピス」由来健康情報室「『L-92乳酸菌』アレルギー症状の緩和に」より
http://calpis-kenko.jp/l92/research.html#section3

L-92乳酸菌は、ダニやハウスダストだけではなく、次のようなアレルギー症状にも効果があったことが報告されています。

・乳幼児アトピー性皮膚炎
・成人のアトピー性皮膚炎
・ダニ、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎
・花粉症

また興味深いことに、「8週間」の継続的な乳酸菌の摂取でも効果が見られましたが、「24週間以上」の長期の摂取ではアレルギー症状の緩和が維持されていることも確認されています。

 

Sponsored Link



アレルギーに効果のある乳酸菌の種類LGG乳酸菌

アレルギーに効果のある別の種類の乳酸菌は、LGG乳酸菌です。

LGG乳酸菌は、胃酸に強く生きたまま腸に届きやすいという特徴があり高い整腸作用がありますが、アレルギーに対しても効果があることがわかっています。

LGG乳酸菌を摂取したグループと、プラセボを摂取したグループに分けた実験結果に注目してみましょう。

結果、LGG乳酸菌を摂取した妊婦さんから生まれた子どものアトピー発症率が23%(15人/64人)であったのに対し、プラセボを摂取したグループでは46%(31人/68人)という結果が得られました。これは、LGG乳酸菌を摂取することでアトピーの発症率が半分に抑えられたという画期的な報告です。妊娠中の女性が腸内環境を整えることは、自分のためだけでなく、生まれてくる赤ちゃんの健康にもつながることを示すものです。

引用元:タカナシ乳酸菌LGGラボ.JP「アレルギー(アトピー)疾患に関する研究」より
http://lgglab.jp/possibility/possibility.html

LGG乳酸菌を摂取したグループに、倍以上の効果があったのも驚きですが、生まれてくる赤ちゃんも母親の食べるものでこれほど影響されるというのも興味深い事実です。

アレルギー体質として生まれ、そのまま一生改善することなく一生を過ごすということにならないよう、妊婦さんは乳酸菌を積極的に取り入れ、食べるものや飲むものに注意を払いましょう。

アレルギーに効果のある乳酸菌の種類L-55株乳酸菌

アレルギーに効果のある別の種類の乳酸菌は、L-55株乳酸菌です。

L-55株乳酸菌は、免疫バランスを調整してアレルゲンに対する過剰反応をしているlgE量を減らすことができるので、いろいろな種類のアレルギーに効果が期待できます。

岡山大学と、オハヨー乳業株式会社の共同研究グループは、L-55株乳酸菌を使った次のような結果を報告しています。

モデルマウスに、L-55 乳酸菌と S4-A 酵母 (サッカロマイセス・セレビシエ S4-A 株) の 菌体を 0.1 mg ずつ合計 0.2 mg/匹を同時に摂取させると、両菌体をそれぞれ単独で 0.2 mg/匹ずつ摂取させたときよりも、マウスの鼻炎症状 (くしゃみ反応と鼻掻き行動)が、より早くそして強く緩和された。さらに、両菌体を同時に摂取したマウスでは、 摂取を中止したあとでも、鼻炎症状がより強く抑えられていた

引用元:岡山大学「L-55乳酸菌のアレルギー抑制作用の機序を解析」より
http://www.okayama-u.ac.jp/jp/press/data/210217/shiryou5.pdf

「摂取を中止したあとでも、鼻炎症状がより強く抑えられていた」というのは、L-55乳酸菌が免疫力を高め、アレルギーになりにくい体を作り上げていることがわかります。

 

Sponsored Link



アレルギーに効果のある乳酸菌の種類KW-3110株乳酸菌

アレルギーに効果のある別の種類の乳酸菌は、KW-3110株乳酸菌です。

キリンビール(株)及びそのグループ会社が持つ乳酸菌101株の中で、KW-3110株乳酸菌が、アレルギーが関係する免疫に最も強く影響するということに気づきました。

キリンビール(株)基盤技術研究所は、KW-3110株乳酸菌の花粉症改善効果に対する有用性について次のように報告しています。

実験では、KW-3110株乳酸菌が含まれているヨーグルトを食べた群(14名)と、含まれていないヨーグルトを食べたB群(14名)の結果です。

1 月から 4 月にかけて Th1/Th2 比の有意な低下(p=0.0052)が観察され、アレルギー状態の 悪化が示唆された。これは Th1 細胞数の増加というより、Th2 細胞数の減少に起因することが示唆され ている(data not shown)。一方、KW-3110 株群では有意な変化は認められなかった。また、Th1/Th2 比が 変動しない乃至は増加した被験者が B 株群では 3 名であったのに対し、KW-3110 株群では 7 名であった。

抗アレルギー効果のある乳酸菌 KW-3110 株の発見と活用
http://www.fbi-award.jp/sentan/jusyou/2004/tokubetsu_kirin.pdf

少し難しい説明ですが、KW-3110株乳酸菌が含まれているヨーグルトを食べたグループは、花粉症の人が悪化するシーズン中でもアレルギー症状が出なかったということです。

アレルギーに効果のある乳酸菌の種類乳酸菌シロタ株

アレルギーに効果のある別の種類の乳酸菌は、乳酸菌シロタ株です。

乳酸菌シロタ株の特徴は、生きて小腸まで届くというものですが、アレルギー症状を引き起こす原因となる、細胞バランスを整え活性化を促す効果があります。

株式会社ヤクルト本社 中央研究所の志田 寛氏は次のような論文を記載しています。

日本で実施した試験では、スギ花粉症患者 120 名に L. casei YIT 9029 含有乳酸菌飲料(菌数 : 4 x 1010 個 /1 本)またはプラセボを 2 月初旬から 8 週間飲用しても らった 12)。最終的に試験要件を満たした 109 名について解析したところ、乳酸菌飲料摂取期間中および摂取 終了後のいずれの時期においても、鼻および眼の自覚 症状、血中スギ花粉特異的 IgE レベル、末梢血単核細 胞中の IFN- γ /IL-4 産生細胞の割合(Th1/Th2 細胞比) に両群間で有意な差は認められなかった。

引用元:J stage「Lactobacillus casei YIT 9029(乳酸菌シロタ株)の アレルギー抑制効果:作用機序と臨床応用への可能性」より
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jslab/21/2/21_2_107/_pdf

ここでも、乳酸菌シロタ株を摂取することによって、花粉症の時期でも大きなアレルギー反応が起こらなかったことがわかります。

 

Sponsored Link



アレルギーに効果のある乳酸菌の種類フェカリス菌

アレルギーに効果のある別の乳酸菌は、フェカリス菌です。

フェカリス菌は、新型の乳酸菌と呼ばれ次のような特徴がありますので、アレルギー対策に効果的です。

・他の乳酸菌と比べてとても小さいので、一度に多く摂取できる(乳酸菌は大きさではなく個数で効果が出てきます)
・他の乳酸菌が熱に弱く胃酸で死滅するのに対し、フェカリス菌は熱に強く、生きて腸まで届く。
・死滅した乳酸菌の効果が、他の乳酸菌よりも高い。

伊藤園は、フェカリス菌が確かにアレルギーの改善に効果があったことを示す実例を次のように報告しています。

フェカリス菌を含む乳性飲料(1本200mlあたりフェカリス菌1000億個)を毎日1本、継続的に摂取することによって、「鼻かみ回数」「鼻づまり」「眼のかゆみ」等の花粉症の症状改善に有意な差が認められました。
(伊藤園中央研究所による、NPO日本健康増進支援機構の花粉暴露(ばくろ)試験施設での試験)

これらの結果により、フェカリス菌含有乳性飲料を毎日飲用することで、花粉症症状緩和に役立つこと、さらにその効果は飲用を止めても数日間続くことが分かりました。

引用元:ITOEN「フェカリス菌の働き」より
http://www.faecalis-kin.jp

なお、フェカリス菌の正式名称は、「エンテロコッカス属フェカリス菌」で、フェカリス菌種には、たくさんの菌株がありますが、その中で代表的なものには、次のような種類があります。

・EC-12株
・FK-23株
・EF621K株
・EF-2001株

Sponsored Link



アレルギーに効果のあるおすすめの乳酸菌

アレルギーに効果のあるおすすめの乳酸菌を紹介します。

この記事は、特定の商品やメーカーをすすめることを目的としたものではありませんので、極力商品名やメーカー名を伏せています。

ただし、メーカーが独自で開発して特許をとっている乳酸菌株もありますので、ここではつぎのようなメーカー名からわかる乳酸菌株の中で、アレルギー対策に効果があるものを紹介します。

・ヤクルト(乳酸菌シロタ株)
・カルピス(L-92乳酸菌)

アレルギーに効果のあるおすすめの乳酸菌ヤクルト

アレルギーに効果のあるおすすめの乳酸菌は、乳酸菌シロタ株が含まれているヤクルトです。

乳酸菌シロタ株が商品化されたのは、1935年なので、数ある乳酸菌飲料の中でも長い歴史を持っていて、現在ではたくさんの種類の商品が販売されています。

乳酸菌シロタ株は、世界でも認知されている乳酸菌なので、海外に販売されていることも多く、「海外で乳酸菌の種類がわからない」という人に特におすすめです。

アレルギーに効果のあるおすすめの乳酸菌カルピス

アレルギーに効果のあるおすすめの乳酸菌は、L-92乳酸菌を保有しているカルピスです。

ヒト由来の乳酸菌で、アレルゲンフリーなので、乳アレルギーを含む食物アレルギーに悩んでいる人に特におすすめです。

ちなみに、L-92株乳酸菌は、私たちが慣れ親しんでいるいわゆる「カルピス飲料」に含まれているわけではありませんので、必ず乳酸菌の種類を確認して購入してください。

乳酸菌によるアレルギー対策はサプリタイプがおすすめ

乳酸菌によるアレルギー対策はサプリタイプがおすすめです。

L-92株乳酸菌は、飲料タイプ、粉末タイプ、サプリタイプなどにわかれていますのでご自分の好みに合わせての見分けることができます。

乳酸菌によるアレルギー対策は、毎日8週間以上続けて摂取するのが基本ですので、摂取しやすいサプリタイプの乳酸菌はおすすめです。

サプリタイプの中に入っている乳酸菌のほとんどは死んでいますが、乳酸菌は死滅しても効果があることがわかっていますので、大きな問題ではありません。

外出先でも決して忘れないように、L-92株乳酸菌を常備しておくようにしておきましょう。

 

Sponsored Link



乳酸菌アレルギー対策はいつから始めたら良いか

アレルギー対策として乳酸菌をとり始めるには、早ければ早いほどいいといえます。

アレルギーは兆候がなく突然現れるので、気づいてからではすでにかなり深刻な状況になっているからです。

アレルギーは一度発症すると、「完治する」、つまりアレルギー発症前の状態に戻るのは難しいので、一度アレルギー体質になって完治したという話は聞いたことがありません

それで、アレルギーが発症する前から、副作用のない乳酸菌によってアレルギー対策を行えば、アレルギー体質になってしまうことを避けることができます。

乳酸菌は免疫力を高めることによるアレルギー対策なので、あらゆる病気にも負けない健康的な身体も作ることができます。

アレルギー対策で子供のころから乳酸菌を

アレルギーを発症しているかそうでないかにかかわらず、子供の頃から、乳酸菌を使ったアレルギー対策を始めるのはよいことです。

乳酸菌は、薬や他の健康食品と比べて、美味しく取り入れることができるものも多いので、子供でも続けられます。

乳酸菌を意識した食事に加え、子供が喜ぶ乳酸菌飲料を定期的に飲ませてあげましょう。

【子供が喜ぶ乳酸菌】
・ヤクルト
・カルピス
・マミー
・飲むヨーグルト

幼児期に乳酸菌でアレルギーを

幼児期に乳酸菌でアレルギー対策することは、非常に大切なので、離乳食が始まってからすぐに、ヨーグルトなどから乳酸菌をとりいれることは大切です。

幼児期から大人へと成長する過程で、乳酸菌をはじめとする善玉菌の数はどんどん減少していきます。

大人になると、善玉菌が多ければよいというものではなく、他の悪玉菌や日和見菌とのバランスが重要になってきますが、日本人の多くの成人は善玉菌の数が足りません。

それで、幼児期から徐々に減り始める善玉菌の数を極力抑えるために、定期的な乳酸菌の摂取が大切です。

幼児期に腸内環境をしっかり整えることが、病気になりにくい免疫力の高い基礎的な体作りとつながります。

 

Sponsored Link



赤ちゃんや乳児のアレルギーのための乳酸菌

赤ちゃん(乳児)の時も、乳酸菌でアレルギー対策をすることができます。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸は、悪玉菌も日和見菌もいない無菌状態。善玉菌(ビフィズス菌)が大量にいる状態です。

赤ちゃんのウンチが、大人と比べて黄色くてすっぱい匂いがするのはビフィズス菌が大量にいることの証拠です。

もし赤ちゃんのウンチが、酸っぱい匂いをしなかったり、便秘が続いていたりするなら腸内環境が悪いというサインです。

母乳には乳酸菌がたっぷり含まれていますが、もし粉ミルクをあげるなら、乳酸菌が多く配合しているものを選んでください。

妊娠中に乳酸菌をとることが生まれてくる子供のアレルギー対策に

妊娠中に乳酸菌をとることが、生まれてくる子供のアレルギー対策につながります。

なぜならお母さんの腸内環境にいる善玉菌が、子供へと引き継がれていくからです。

母親の善玉菌が生まれてくることどもと関係していることは、次の論文からも証明されています。

オランダで行われた、母体の妊娠期間のストレス度と赤ちゃんの腸内細菌叢を調べた研究では、妊娠中にストレスや不安度が高く、ストレスホルモンといわれるコルチゾール値が高かった母親から生まれた赤ちゃんの便を分析したところ、病気の原因になることもある菌を含むプロテオバクテリアという種類の菌が多く、ビフィズス菌や乳酸菌が少なかった。さらにこの細菌叢はその後のアレルギー発症などにも関連していたという

Psychoneuroendocrinology;53,233-245,2015

健康的な子供を産むためには、母親が心身ともに健康であることが大事であるということがよくわかります。

妊娠中はストレスがたまらないように気をつけながら、乳酸菌をしっかりとれば、生まれてくる子供に大切な贈り物である乳酸菌をしっかりと引き継ぐことができます。

Sponsored Link



乳酸菌とアレルギーまとめ

今回は、乳酸菌にどれほどアレルギー改善効果があるかについて解説しました。

アレルギー改善のためには、①アレルゲンを抑制する、②薬を飲んで症状を抑える」、そして③「乳酸菌を摂取して免疫力を高め、腸内環境を整える」という三つの方法全てを行う必要があります。

乳酸菌にアレルギーの改善効果があるのは、免疫力を高めることと、アレルゲンを追い出そうとする抗体の暴走をコントロールする働きがあるからです。

基本的にどの乳酸菌もどの種類のアレルギー症状に効果がありますが、とりわけアレルギー改善効果が強い種類の乳酸菌があります。

アレルギー改善効果の強い特定の乳酸菌を選んだら、少なくても8週間継続的に取り続けてください。毎日欠かさず飲むのがポイントです。

早ければ1週間過ぎたあたりから改善の兆候が見られ、8週間でかなり良くなりますが、長くとり続ければそれだけ改善効果が長く続きます。

アレルギーは一度発症すると、完治はおろか改善も難しいと言われてきましたが、乳酸菌はそんなアレルギーに悩む人たちに一筋の光を与えています。

完治するというのはまだ難しいとはいえ、症状がかなりの程度抑えられます。

長くアレルギーに苦しんでいた人は、今まで忘れていたような安らぎを実感することでしょう。

では、今アレルギーに悩んでいる人もそうでない人も乳酸菌によってアレルギー体質を予防・改善しましょう。

乳酸菌は、アレルギー改善効果ではなくダイエット効果やアンチエイジングなど様々な効果があります。

下記の記事も読んで、乳酸菌の素晴らしい効果についての理解をさらに深めてください。

「乳酸菌の効果が凄い!便秘・ダイエット・アトピー・アンチエンジング・アレルギーなど抜群に効く!」

「乳酸菌ダイエットの効果が凄い!おすすめのやり方・方法も徹底解説!」

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • しじみのオルニチンがすごい!

  • 二日酔いにはしじみが一番!効果的な二日酔い対策やしじみレシピをお伝えします!

  • しじみの栄養はすごい!食事の味を深め肝臓を守ってくれる!

  • 乳酸菌の効能は整腸効果だけではない!腸から脳まで幅広い効果が!

関連記事

  • チョコレートと乳酸菌の相乗効果が凄い!効能などを徹底解説!

  • アトピーへの乳酸菌効果が凄い!改善方法などすべてを徹底解説!

  • 乳酸菌は食べ物で摂取しよう!おすすめの食べ物や食べ方を徹底解説!

  • 乳酸菌で免疫力が劇的に向上する!おすすめする理由を徹底解説!

  • 乳酸菌の効果が凄い!便秘・ダイエット・アトピー・アンチエンジング・アレルギーなど抜群に効く!

  • 味噌と乳酸菌は最高のパートナー!効果やレシピなどすべてお伝えします!