1. TOP
  2. 納豆
  3. 納豆を夜食べるダイエット・美肌・健康効果が凄い!痩せる太らない食べ方・レシピも徹底解説!
Sponsored Link

納豆を夜食べるダイエット・美肌・健康効果が凄い!痩せる太らない食べ方・レシピも徹底解説!

納豆   865 Views

納豆は夜食べるのが最も効果的といわれています。

夜納豆の効果には、

  • 心筋梗塞のリスクを下げる
  • 疲労を回復させる
  • 風邪予防
  • 美肌作り
  • ダイエット

などがありますので、ぜひ活用していきましょう。

夜納豆は夕食時はもちろん夜食など間食に食べるのもおすすめです。

食べる際には納豆の効果をより良く発揮できるよう、ポイントを押さえて食べるようにしましょう。

この記事では夜に食べる納豆がなぜ良いのかについてはもちろん、食べ方のポイントや納豆の栄養についても解説しています。

夜納豆を効果的に活用できるようにぜひご覧ください。

Sponsored Link



Contents

納豆を夜食べるべき理由

納豆は夜食べるのが効果的といわれていますが、それはどのような理由によるのでしょうか。

納豆を夜食べるべき理由について解説します。

夜納豆は夜間の心筋梗塞のリスクを下げる

心筋梗塞は血液中にできた血栓が心臓に詰まることで引き起こされる病気です。

血栓が脳で詰まると脳梗塞になります。

納豆にはこれらの病気を予防する働きがあります。

ナットウキナーゼの血液サラサラ効果で血栓ができにくくなる

納豆に含まれるナットウキナーゼには血液をサラサラにする働きがあります。

このときナットウキナーゼは血液中の血栓を溶かしているのです。

ナットウキナーゼの血栓を溶かす働きはおよそ10時間程度持続します。

夜間は血液がドロドロになりやすい

夜間は血液がドロドロになりやすい時間帯です。

夜眠っている間は水分をとらないですし、血流自体も緩やかになっているからです。

そのため血液が固まって血栓ができやすい状態になり、心筋梗塞や動脈硬化のリスクが高まります。

夜ご飯の納豆が心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ

そこで納豆が役立ちます。

納豆を夜の7~8時、ちょうど夕飯の頃に食べる習慣を身につけると、夜眠っている間の血液をナットウキナーゼがサラサラに保ってくれます。

その結果心筋梗塞や脳梗塞を防いでくれるのです。

 

Sponsored Link



 

夜納豆は疲労回復効果で翌朝すっきり起きられる

納豆を夜食べておくと翌朝のすっきり感に違いが出てきます。

いくら寝ても疲れがとれない・なんとなく体がだるいといった場合には、納豆の疲労回復効果を活用しましょう。

ナットウキナーゼの働きで血行促進されるからむくみがすっきり

1日のむくみが寝ている間に解消されないと起きた後もなんとなくすっきりしない状態が続いてしまいます。

むくみが取れない原因の1つは血行不良です。

血流が滞るので余分な水分がうまく排出されずむくみが残った状態になります。

夜に納豆を食べておくとナットウキナーゼが血栓を溶かし血液をサラサラにしてくれるので、血行が良くなりむくみが解消されやすくなります。

納豆に含まれる抗酸化物質でデトックスされるからすっきり

納豆には抗酸化物質が含まれていて体内の活性酸素を取り除く働きをしてくれます。

それによって内臓の働きが活性化されると、体内に溜まった老廃物の排出が促進されます。

その結果デトックスが進むと細胞の働きも活性化されますので、活動に必要なエネルギーをたっぷり作れるようになり、疲れを翌朝に引きずらない状態を作れるのです。

 

Sponsored Link



 

夜納豆は風邪予防にも効果的

納豆を夜に食べることは風邪予防にも効果的に働きます。

夜納豆が風邪予防に役立つ理由を解説します。

夜間は唾液の分泌量が減るからウィルスが繁殖しやすい

夜は風邪のウィルスが繁殖しやすい状態です。

眠るときには唾液の分泌量が昼間と比べて少なくなるので、口やのどが乾燥しがちになりウィルスを遮る働きが弱くなってしまいます。

納豆のジピコリン酸の抗菌作用でウィルスの繁殖を抑える

納豆にはジピコリン酸といって抗菌作用のある成分が含まれています。

そのため夜に納豆を食べておくと、唾液の分泌が少なくなる夜間に口やのどで風邪ウィルスが繁殖するのを防げます。

そのため納豆を夜に食べることは風邪予防に効果的なのです。

 

Sponsored Link



 

夜納豆は美肌作りに役立つ

夜納豆を食べることは美肌作りにも役立てることができます。

納豆が美肌に役立つ仕組みを解説します。

納豆で成長ホルモンがより多く分泌される

納豆は成長ホルモンの分泌をサポートします。

成長ホルモンは夜眠っている間に分泌されるホルモンで、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促しますので、美しく健やかな肌作りに欠かせません。

納豆のビタミンB群が新陳代謝を促進する

新陳代謝を促し美肌作りに役立つ成分にビタミンB群があります。

納豆にはビタミンB群が含まれていますので、夜納豆を食べると新陳代謝が活発に行われることになり美肌が作られるのです。

納豆の大豆イソフラボンが肌へのダメージを蓄積しない

大豆イソフラボンには抗酸化作用がありますので、紫外線やストレスで発生した活性酸素を取り除きます。

そのため肌へのダメージをきちんと取り除くことで美肌作りができるのです。

また大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分でもあります。

エストロゲンは美肌に役立つホルモンですので、大豆イソフラボンを摂取することで美肌を実現できるのです。

ナットウキナーゼが血行促進するから肌細胞へ栄養が行き届く

ナットウキナーゼの血液をサラサラにして血行促進する働きは、美しい肌細胞を作るのにも役立ちます。

血行が良くなり細かい毛細血管まで血液が巡るようになると、血液に乗って全身に届けられる栄養も充分に行き届きます。

その結果美しい肌細胞を作るのに必要な栄養をしっかりと届けることができるので、美肌作りができるのです。

納豆はニキビやニキビ跡の改善にも役立つ

納豆の肌細胞の新陳代謝を促進させる働きと血行促進して栄養をしっかり届ける働きは、ニキビやニキビ跡の改善にも役立ちます。

たっぷりの栄養で新しい健康な肌細胞を作り、スムーズな新陳代謝で古くなった角質がきちんと剥がれるようにできれば、新しくできる肌細胞は徐々に健康で美しいものになります。

そのためニキビやニキビ跡も目立たなくなっていくというわけです。

納豆の美肌効果については『納豆は美肌に効果的!期間・成分・食べ方・レシピも徹底解説!』をご覧ください。

Sponsored Link



夜納豆はダイエットに最適!

納豆を夜食べることはダイエットにも向いています。

納豆ダイエットをしたい場合になぜ夜納豆が良いのか解説します。

納豆ダイエットとは?

納豆ダイエットは納豆を食べてダイエットする方法です。

どのように納豆を食べるとダイエットに効果的なのでしょうか。

納豆を毎日食べるだけの簡単ダイエット法

納豆ダイエットは納豆を1日1パック食べるダイエット方法です。

食事制限は特にしませんので、空腹感がつらいということがありません。

納豆はスーパーやコンビニなどどこでも安く手に入るので、誰でもすぐに取り組みやすいダイエット方法といえるでしょう。

納豆の食べ方は自由

納豆ダイエットでの納豆の食べ方は基本的に自由です。

納豆だけで食べても良いですし、納豆ごはんにして食べても良いですし、薬味を入れても入れなくても構いません。

とにかく1日1パック納豆を食べるということを実践すれば良いのです。

 

Sponsored Link



 

納豆ダイエットで痩せるわけ

納豆ダイエットはただ食べているだけなのになぜ痩せるのでしょうか。

納豆ダイエットで痩せる理由を解説します。

大豆イソフラボンが血中コレステロールを減らす

納豆ダイエットで痩せる理由に大豆イソフラボンが血中コレステロールを減らしてくれるということがあります。

コレステロールの代謝が悪くなり血中コレステロールが高い状態になると脂肪が体につきやすくなってしまいます。

大豆イソフラボンは血中コレステロールを下げることで脂肪がつきやすくなるのを防いでくれるのです。

女性の場合には生理周期によって痩せにくい時期がありますが、その時期に体重をキープするのにも役立てることができる働きです。

大豆サポニンが肥満防止に役立つ

納豆に含まれる大豆サポニンもダイエットに役立ちます。

大豆サポニンも血中コレステロールを下げることで脂肪が溜まるのを防ぐ働きがあるからです。

大豆たんぱく質が代謝を高める

納豆の大豆たんぱく質は代謝を高めてダイエットしやすい状態を作るのに役立ちます。

大豆たんぱく質を摂取すると筋肉量が増えやすくなります。

筋肉はエネルギーをたくさん使い代謝を高めますので、その分カロリー消費しやすい状態を作るのです。

また大豆たんぱく質は糖代謝や脂肪代謝を促すことが分かっています。

血中のコレステロールを減少させ、内臓脂肪や中性脂肪を減らす働きもあるのです。

更に大豆たんぱく質は動物性たんぱく質より脂肪分が少ないので脂肪分のとり過ぎを抑えることができます。

大豆たんぱく質を米や麦と比較すると糖質が少ないので、主食の量を減らして納豆を食べることで糖質の摂取量を控えることも可能です。

 

Sponsored Link



 

納豆の食物繊維で満腹感を感じやすくなる

納豆は食物繊維が豊富なので、食物繊維によって満腹感を得やすくなるのも納豆でダイエットできる理由です。

食前に納豆を食べておけば食事を食べ過ぎてしまうのを抑えられますし、どうしてもお菓子類を間食してしまうという場合にも代わりに納豆を食べると満足感を得られます。

納豆の整腸作用で便秘を解消し脱ぽっこりお腹

納豆には整腸作用が期待できるので、便秘によるぽっこりお腹の解消に役立ちます。

納豆に含まれる納豆菌が腸内の善玉菌が増えるのをサポートしつつ悪玉菌を減らす働きをしてくれますので、腸内環境が整って便秘が解消されやすくなるのです。

また便の水分量を調節する水溶性食物繊維と便の量を調節する不溶性食物繊維の両方が含まれていますので、排便しやすい便の状態が整えられます。

納豆のビタミンB2が代謝を高める

納豆に含まれるビタミンB2は代謝を高めるのに役立ちますので、これも納豆でダイエットできる理由です。

ビタミンB2は糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素を代謝しエネルギー作りをサポートしますので、ダイエットに必須の成分といえるでしょう。

 

Sponsored Link



 

納豆ダイエットは食事前に食べるのがベスト

納豆ダイエットでは基本的に自由なタイミングで納豆を食べれば良いのですが、より高いダイエット効果を期待するのであれば食事前に食べるのがベストです。

なぜ食事前の納豆が納豆ダイエットに良いのでしょうか。

夜ご飯前の納豆で食べ過ぎ防止

夜ご飯前に納豆を食べておくとお腹がある程度満たされた状態で食事を食べ始めることができます。

すると空腹のまま食べ始めたときのように食べ過ぎるということがなくなるので、ダイエットにつながるのです。

ナットウキナーゼの血液サラサラ効果で代謝が上がる

ナットウキナーゼには血液をサラサラにして血行促進する働きがあります。

血行が良くなると冷えが取り除かれて体温があがりますので、それによって代謝が高まるのです。

代謝があがるとカロリー消費しやすくなり痩せやすくなります。

納豆のアルギニンが成長ホルモンの分泌をサポート

納豆に含まれるアルギニンという成分は睡眠時の成長ホルモンの分泌をサポートする働きで痩せやすい状態を作り出してくれます。

成長ホルモンは分泌されるだけで脂肪を燃焼してくれますので、アルギニンによって分泌が促進されることで痩せやすくなるのです。

納豆の整腸作用で翌朝すっきり

納豆には整腸作用があるので夕飯前に食べておくと便秘知らずのすっきりした状態を作れます。

納豆菌が腸内環境を良好に整えるのと同時に、食物繊維が便を排出しやすい状態に整えてくれるので、便秘解消してぽっこりお腹が改善されます。

 

Sponsored Link



 

夜ご飯を納豆に置き換えると更に効果アップ

納豆ダイエットでは基本的に食事制限を行いませんが、夜ご飯を納豆に置き換えることで更にダイエット効果を高めることができます。

置き換えダイエットとは?

置き換えダイエットというのは1日のうち1食を通常の食事から低カロリーで栄養価の高いものに置き換えるダイエット方法です。

必要な栄養はきちんと摂取しながらカロリー摂取を控えることができるので、健康を害さず比較的短期間で痩せることができます。

納豆の置き換えダイエットなら栄養もしっかりとれる

納豆の置き換えダイエットの場合、夕食を納豆に置き換えます。

納豆には豊富な栄養がバランス良く含まれていますので、納豆の置き換えダイエットなら栄養不足になる心配がありません。

置き換えダイエット実践時は朝と昼のメニューにも気をつけて

置き換えダイエットを実践するときには置き換える以外の食事にも気をつけましょう。

納豆ダイエットで夕食を納豆のみにするのであれば、朝と昼の食事も栄養バランスのとれた健康的な内容にすることでダイエットしやすい状態を作れます。

 

Sponsored Link



 

納豆ダイエットにおすすめの食べ合わせ

納豆にプラスすることで納豆ダイエットの効果を高める食べ合わせの良い食材について解説します。

食べ合わせの良い食材をプラスして納豆ダイエットをより効果的に実践しましょう。

キムチ

キムチに含まれるカプサイシンによる脂肪燃焼効果や、植物性乳酸菌による整腸作用が期待できます。

また基礎代謝を高めるのにも役立つ食材ですので、納豆とキムチを組み合わせることでダイエット効果が高まります。

納豆菌によってキムチの乳酸菌を増加させる働きもありますので、食べる前にあらかじめ納豆とキムチを混ぜておき、5分~1日程度置いてから食べるのがおすすめです。

大根おろし

大根おろしには食物繊維がたっぷり含まれていますので、納豆と一緒に食べることで食べ過ぎ防止につながります。

また大根おろしには食物酵素がたっぷりなので、消化吸収の際に使われる体内の消化酵素を節約することでより多くの酵素を代謝に使えるようにして、代謝アップにつなげることもできます。

オリーブオイル

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は食欲を抑えたり中性脂肪の吸収を抑えたりするだけでなく、腸のぜん動運動を促すことで整腸作用も発揮します。

そのため納豆に1さじのオリーブオイルを加えるとよりダイエット効果が高まるというわけです。

納豆ダイエットについて詳しくは『納豆ダイエットは簡単!食べるだけで痩せる理由と食べ方を解説!』もご覧ください。

Sponsored Link



納豆は間食・夜食にも最適!お菓子代わりに納豆を食べましょう

どうしても間食や夜食をやめられずお菓子をたくさん食べてしまうというようであれば、お菓子の代わりに納豆を食べてみてください。

納豆はお菓子と比較して低カロリーなのにたっぷりの栄養がありますし、糖質もそこまで多くはありませんので、間食にも夜食にも最適です。

納豆はお菓子と比べて低カロリー

納豆は間食についつまんでしまいがちなお菓子と比較して低カロリーです。

納豆1パック(50g) 100kcal
ポテトチップス50g 277kcal
チョコレート50g 294kcal
レーズン50g 150kcal
アーモンド50g 303kcal

納豆1パックと同じ50gで比較すると納豆が低カロリーであることが分かります。

ヘルシーなおやつの代名詞ともいえるドライフルールのレーズンよりも納豆の方が低カロリーです。

納豆のダイエット効果も得られる

納豆を間食に食べると、単にカロリー摂取を抑えられるだけでなく、納豆のダイエット効果を得ることもできます。

そのため脂肪燃焼しやすくなったり代謝が高まったりすることも期待できるのです。

 

Sponsored Link



 

夜中に小腹がすいたときの夜食にも

納豆は夜食に食べるのにも最適です。

夜中はなるべく食べずに寝るのが良いですが、お腹がすくと眠りにくいこともあります。

そんなときに小腹を満たしつつ太りにくいのが納豆です。

納豆のみなら低糖質なので寝る前でもOK

納豆は米や小麦と比較して糖質が低い食品です。

そのため夜中に納豆を食べたとしても太りにくいのです。

夜食で納豆ご飯は太る

ただし夜食に納豆ご飯を食べるのは太るもとですので避けましょう。

納豆だけなら糖質はそこまで高くありませんが、ご飯と一緒に食べるとご飯の糖質で太ってしまうからです。

納豆は夜食にも向いていますが、その場合には納豆のみで食べるようにしてください。

 

Sponsored Link



 

夜納豆の効果をより高めるためのポイント

納豆を夜に食べるのは納豆の効果を活かすのに最適のタイミングですが、下記のポイントを守ると更に効果的になります。

ポイントを押さえて夜納豆をより効果的に食べましょう。

賞味期限直前の納豆を食べる

納豆を夜に食べるときには、賞味期限直前のものを選ぶようにしましょう。

納豆はパックの中でも発酵していて、発酵が進むほど栄養成分の量が増えます。

そのため賞味期限ぎりぎりまでしっかり発酵させることで、納豆の有効成分をたっぷり摂取できるというわけです。

納豆は食べる前に常温に戻しておく

納豆は食べる前に常温に戻しておくことも大切です。

常温に戻しておくことで納豆に含まれる納豆菌が活性化して発酵が進みます。

その結果常温にしておく方がより効果的な状態で納豆を食べられるのです。

納豆は加熱せず生のまま食べる

納豆を食べるときには生のまま食べるのがベストです。

焼いたり揚げたり加熱して食べる納豆料理もありますが、納豆の有効成分を活かすということを考えた場合には生のまま食べるようにしましょう。

70度以上で加熱してしまうとナットウキナーゼが壊れてしまいますし、ビタミンBも熱に弱いからです。

納豆を毎日1パック食べる

納豆は1日1パック食べるようにしましょう。

夜納豆の効果は1日食べたから実感できるというものではなく、継続することで発揮されるものです。

また一気にたくさん食べたからといって高い効果が期待できるというわけでもありません。

そのため納豆は適量を継続して食べるということを心がけましょう。

Sponsored Link



納豆に含まれる栄養と効能

納豆には豊富な栄養がバランス良く含まれています。

納豆に含まれている栄養とその効能について解説します。

納豆菌

納豆菌は大豆を分解して発酵させることで納豆を作る菌です。

自然界でとても安定した状態で存在している強い菌で、私たちの体内に入った後多くが腸内まで生きたまま到達します。

納豆菌は腸内環境を改善する

納豆菌の働きとして代表的なのは腸内環境を善玉菌優勢の良好な状態に整えることです。

納豆菌は抗菌作用によって悪玉菌を退治しながら善玉菌を増やすサポートをするので、便秘を解消してすっきりとした状態を実現するのに役立ちます。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは納豆のみに含まれている特有の成分です。

ナットウキナーゼの代表的な働きは血栓を溶かすことです。

血液中の血栓を溶かすことでサラサラの流れやすい血液を作る働きをしてくれます。

ナットウキナーゼの働きについて詳細は『ナットウキナーゼに効果がないのは本当・嘘?時間・血圧・血栓等への効果や働きを徹底解説!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分です。

そのため大豆イソフラボンを摂取するとエストロゲンの働きをサポートできます。

エストロゲンが不足すると月経不順やPMS・更年期障害などの症状が出ることがありますが、大豆イソフラボンでエストロゲンの働きをサポートできると、こうした症状が緩和されることが期待できます。

大豆イソフラボンの働きについては『納豆のイソフラボンは女性ホルモンをサポート!その効果を徹底解説!』をご覧ください。

大豆サポニン

大豆サポニンには抗酸化作用があります。

そのため細胞を酸化させて様々な病気や老化を引き起こす活性酸素を取り除くことができるのです。

また脂肪が溜まるのを防いだり、アレルギー症状を和らげたりするのにも役立ちます。

大豆たんぱく質

植物性たんぱく質である大豆たんぱく質は、動物性たんぱく質と比較して脂質が少ないのが特徴です。

そのためたっぷり摂取して丈夫な体作りに役立てることができます。

大豆たんぱく質は筋肉を作る元になりますので、筋肉量を増やすことで代謝を高めることにもつながります。

大豆たんぱく質については『納豆のたんぱく質量は少ない?筋トレ・ダイエット・離乳食への役立て方や良質な理由を解説!』もご覧ください。

ビタミンB群

ビタミンB群は、

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 葉酸
  • ビオチン

という8種のビタミンの総称です。

ビタミンB群は代謝や疲労回復と深い関わりがありますので、納豆で毎日確実に摂取すると健康にも美容にも役立ちます。

 

Sponsored Link



 

ビタミンK2

ビタミンK2はカルシウムの吸収をよくする働きがある成分で、骨粗しょう症の治療薬にも使われているくらい強い効果を発揮します。

納豆にはビタミンK2はもちろんカルシウムも含まれていますので、効率的に骨を丈夫にすることができるのです。

ビタミンE

ビタミンEは高い抗酸化力でアンチエイジングに特に効果的な成分です。

紫外線やストレスなどで発生した活性酸素を取り除くことができますので、肌がダメージを受けるのを予防することができます。

カリウム

カリウムはむくみ解消に役立つ成分です。

体内の水分量を調節する働きがありますので、余分な水分を排泄することで見た目にすっきりとします。

また高血圧の予防にも役立つ成分です。

マグネシウム

丈夫な骨や歯を作る成分というとカルシウムが思い浮かびますが、マグネシウムも骨や歯の形成に欠かせない成分です。

また血圧を正常に保つよう整える働きもありますので、マグネシウムは高血圧の予防改善にも役立ちます。

鉄は貧血予防のために欠かせない成分です。

しかし鉄のとり過ぎは胃腸の働きを悪くする可能性がありますので、バランス良く摂取するということが大切になります。

納豆には鉄が含まれていますので、毎日の夜納豆の習慣は適切な鉄分補給に役立ちます。

Sponsored Link



夜納豆を健康や美容に活かすときは食べ過ぎに要注意!

納豆を夜食べることは健康や美容・ダイエットに役立ちますが、栄養価の高い納豆は食べ過ぎに注意して取り入れなければいけません。

せっかく健康や美容のために納豆を食べたとしても、食べ過ぎは悪影響になってしまうことがあります。

納豆を食べる量は1日1パックが最適

納豆を健康や美容に活かすためのベストな分量は1日1パックです。

毎日の習慣として納豆を食べる場合には、夜に1パック食べるというのを継続すると良いでしょう。

納豆の食べ過ぎによる悪影響

納豆は食べ過ぎると悪影響が出る可能性があります。

納豆の過剰摂取による悪影響について解説します。

大豆イソフラボンのとり過ぎでホルモンバランスが乱れる恐れ

納豆には大豆イソフラボンが豊富に含まれていますが、納豆を過剰摂取すると大豆イソフラボンのとり過ぎになってしまいます。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンをサポートする働きをしますが、摂取し過ぎてしまうと女性ホルモンのバランスを崩してしまい不調の原因になることがあるのです。

 

Sponsored Link



 

納豆のセレンで中毒症状がでる可能性

納豆には抗酸化作用のあるセレンが含まれています。

セレンは体に必要不可欠の成分ですが、必要量と中毒になる量の差が極めて少ないので、過剰摂取にならないよう充分注意が必要です。

納豆の食べ過ぎでセレンの中毒になった場合には、嘔吐や肝機能不全などの症状がでる可能性があります。

納豆の豊富なたんぱく質で腎臓に負担をかける

納豆には豊富なたんぱく質が含まれていますが、納豆を食べ過ぎてしまうとたんぱく質が腎臓に負担をかける可能性があります。

たんぱく質は重要な栄養源ですが、体内で使われた後に老廃物が発生します。

そのためたんぱく質を多くとり過ぎてしまうと老廃物の処理をする腎臓に負担がかかってしまうのです。

ワーファリン服用中の納豆はNG

納豆はどんな人にとっても健康や美容に役立つ食品ですが、ワーファリン服用中に限っては控えなければいけません。

ワーファリンは血液を固まりにくくする抗血栓薬で、ビタミンKの働きを弱めることでその効果を発揮します。

納豆にはビタミンKが含まれているので、ワーファリン服用中に納豆を食べてしまうとワーファリンの効果を打ち消してしまうのです。

そのためワーファリンを飲んでいる場合には納豆は控えるようにしてください。

Sponsored Link



納豆は夜食べるのが新常識!夜納豆で健康と美容を手に入れましょう

納豆というと朝食の定番というイメージがありますが、実は夜食べる納豆の方が高い効果が期待できることが分かっています。

そのため健康や美容に納豆をより良く活かしたいという場合には、納豆は夜食べるようにしましょう。

夜納豆には心筋梗塞の予防や疲労回復・美肌・ダイエットなどの効果が期待できます。

納豆は朝や昼に食べても同様の効果が期待できますが、夜食べる方がこれらの効果が実感しやすくなるのです。

納豆の効果を更に実感しやすくするためには、

  • 賞味期限間近の納豆を食べる
  • 食べる前に常温に戻しておく
  • 加熱せず生で食べる
  • 毎日1パック食べる

というポイントを押さえて食べるようにしましょう。

ただし食べ過ぎは納豆に含まれる成分の過剰摂取につながり不調の原因になる可能性がありますので、1日1パックという適量を守るようにしてください。

納豆を夜食べることは健康にも美容にも良い働きをします。

夜納豆を食べて健康に美容にダイエットに活かしていきましょう。

納豆の効果について解説している『納豆の効果効能が凄い!ダイエット・健康・食べ方や効果を高める方法など徹底解説!』と『納豆は健康に悪い?効果と健康に良い食べ方・レシピを徹底解説!』もぜひご覧ください。日常生活で納豆をどのように活かしていけるのかとても参考になります。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素ガス吸入の効果が凄い!副作用ゼロで活性酸素を取り除く!健康や美容・妊婦のつわり・脳への働き

  • 納豆の食べ過ぎで副作用!?納豆の栄養を活かす効果的な食べ方や妊娠中・離乳食の適量について徹底解説!

  • 納豆を夜食べるダイエット・美肌・健康効果が凄い!痩せる太らない食べ方・レシピも徹底解説!

  • 納豆で髪が伸びる・生える・増えた・サラサラになる効果と理由を徹底解説!

関連記事

  • 納豆は太る?痩せる食べ方や夜食で食べる際の注意点などを徹底解説!

  • 納豆のたんぱく質量は少ない?筋トレ・ダイエット・離乳食への役立て方や良質な理由を解説!

  • 朝納豆のダイエット効果が凄い!便秘解消・痩せる食べ方・レシピ・アレンジなど徹底解説!

  • 納豆と乳酸菌は相性抜群!キムチ・ヨーグルト・チーズ・玉ねぎを同時に食べて腸内環境正常化!

  • 納豆は健康に悪い?効果と健康に良い食べ方・レシピを徹底解説!

  • 納豆は便秘に効く効かない?効果的な食べ方・期間・時間などを徹底解説!