1. TOP
  2. ココア
  3. ココアがニキビや肌荒れに効果があるのはピュアココア!その理由を徹底解説
Sponsored Link

ココアがニキビや肌荒れに効果があるのはピュアココア!その理由を徹底解説

ココア   267 Views

ココアは美肌効果だけでなく、ニキビの予防改善にも大きな効果があります。

ニキビは皮脂の過剰分泌によって、毛穴に汚れが詰まって炎症した状態をいいます。

ココアの抗酸化作用は、炎症を鎮め毛穴の汚れが酸化するのを防いでくれる効果があります。

また抗酸化作用には活性酸素の働きを抑制して、肌のターンオーバーを正常に保つ効果があります。

 

実は、治りにくいニキビの原因は複雑で、様々な要因が絡み合っています。

ココアは、これらの様々な要因に対しても効果を発揮して、身体の内側からニキビ肌を改善していく効果があるのです。

ニキビになる要因に対してのココアの効果には、次のようなものがあげられます。

 

  • ココアはホルモンバランスの乱れを調整してニキビを予防改善する
  • ココアは腸内環境を良くしてニキビを予防改善する
  • ココアは身体の冷えを解消してニキビを予防改善する
  • ココアは血行不良を解消してニキビを予防改善する
  • ココアは紫外線による酸化を防いでニキビを予防改善する
  • ココアは睡眠の質を高めてニキビを予防改善する
  • ココアはストレスを緩和してニキビを予防改善する
  • ココアはアレルギー体質を正常化してニキビを予防改善する
  • ココアは肝機能を高めてニキビを予防改善する

 

ココアのニキビ予防改善とは、どんなものかを詳しく解説していきましょう。

 

 

Sponsored Link



Contents

ココアのニキビ予防改善と美肌効果

ニキビの予防改善には日々のスキンケアも大切ですが、角質の異常角化や皮脂の過剰分泌を抑えるためにも、身体の内側からの改善が必要になってきます。

ニキビの予防改善には、まず皮脂の働きや皮脂とニキビの関係性を知ることが必要です。

 

Sponsored Link



ニキビができる直接的な原因

 

そもそもニキビは、皮脂の過剰分泌によって毛穴に汚れが詰まることで、毛穴の奥でアクネ菌が繁殖して炎症が起きている状態をいいます。

皮脂分泌とニキビには深い関係があり、皮脂のバランスが乱れると肌の状態が悪くなっていきます。

では、まず初めに皮脂の働きとニキビとの関係を知ることから始めましょう!

 

ニキビと皮脂の関係

 

本来、正常な肌はターンオーバーにより、毛穴の詰まりは解消されていきます。

ところが何らかの要因でターンオーバーが乱れると、角質が硬くなる異常角化や皮脂の過剰分泌により、毛穴が詰まってニキビが発生しやすい肌になってしまいます。

毛穴に詰まった皮脂や角質の固まりを「角栓」(=コメド)といいます。

この角栓にアクネ菌が繁殖することで、ニキビができてしまうのです。

つまり角栓はニキビの芯になるもので、ニキビの初期段階といえます。

ニキビ対策では、この角栓ができるのを防ぐことが重要になってきます。

 

Sponsored Link



ニキビと水分摂取の関係

 

実は、ニキビは身体の水分量とも密接な関係があります。

私たちの身体は、6割以上が水でできています。

最近の研究で、肌の水分量は大人になるにつれて増加していることが分かりました。

それだけに水分不足が起きた場合、肌へのダメージも大きいのです。

肌が乾燥すると、過剰に皮脂が分泌されて毛穴が皮脂で詰まるため角栓になっていきます。

乾燥肌や脂性肌は、どちらも肌のターンオーバーの異常からくる症状です。

充分な水分摂取は、肌の潤いと新陳代謝を高めデトックス効果があるため、美容には大切なことなのです。

 

ニキビは内臓の悪化のサイン!

内臓機能の低下も、ニキビの要因になることを知っていますか?

ニキビは、ストレスや疲労などで内臓機能が低下しているときにもできるものです。

どんな方法でスキンケアをしてもニキビが治らない人は、内臓機能の低下に原因がある場合があります。

実は、なかなか治らない大人のニキビの原因は複雑で、様々な要因が絡み合っているのです。

 

Sponsored Link



ココアのニキビに効果的な栄養成分

     

ニキビ予防や改善には、抗酸化作用をもつ成分・ビタミン類・美容成分など多くの成分を意識的に摂取する必要があります。

では、ニキビに効果的な栄養成分とは、どんなものなのでしょうか?

 

ニキビ予防改善に効果的な栄養成分

 

ニキビの予防改善するためには、ニキビに効果的な栄養成分と働きを知っておく必要があります。

 

  • ビタミンA・・・皮膚の乾燥を防ぎ粘膜の働きを良くし免疫力をUPする抗酸化物質成分
  • ビタミンB2・B6・・・過剰な皮脂を防ぎ代謝機能を高める成分
  • B3(ナイアシン)・B5(パントテン酸)・・・皮膚や髪へ栄養を届ける成分
  • ビタミンB1・B12・・・神経と血液の働きを良くする成分
  • ビタミンC・・・コラーゲンの生成を助け代謝機能を高める抗酸化物質成分
  • ビタミンE・・・血流を良くして代謝機能を高める抗酸化物質成分
  • ミネラル類・・・身体の調子を整え、新しい細胞を作るのに欠かせない成分
  • コラーゲン・・・代謝を助け肌にハリや弾力を与え栄養の吸収や老廃物の排出を促す成分
  • セラミド・・・肌の保水力を高める成分
  • リコピン・・・メラニンの生成を抑制し高い美白効果の抗酸化物質成分
  • ムチン・・・免疫力をUPさせる成分
  • 食物繊維・・・便秘を改善させ腸内環境を改善する成分

 

ではココアにはニキビに対して、どのような有効成分が含まれているのでしょうか?

 

Sponsored Link



ココアに含まれるニキビに有効的な栄養成分

 

■カカオポリフェノール・・・強い抗酸化作用で活性酸素を抑える効果がある

抗酸化作用によって肌のターンオーバーが正常になり、活性酸素によるシミやニキビなどの肌のトラブルを防いでくれます。

またニキビ跡の色素沈着の予防や改善にも効果があります。

■リグニン・・・腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整え便秘を予防改善する効果がある

リグニンは不溶性食物繊維の一種で、ポリフェノールの作用も兼ね備えています。

腸内環境が正常になり、便秘が解消されるとデトックス効果が高まります。

■テオプロミン・・・自律神経を整える作用でストレスの軽減効果がある

リラックスした状態になるのでストレスによるニキビを防ぎ、睡眠の質を高めることで成長ホルモンの分泌を促す美肌効果があります。

■カカオプロテイン・・・腸内細菌のエサとなり腸内細菌のバランスを整え便秘改善効果がある

最近、注目を集め始めたココアの良質なタンパク質です。

■ミネラル類・・・豊富なカリウムやマグネシウムは肌の新陳代謝の向上に効果がある

豊富な亜鉛には、新陳代謝を促して細胞分裂を活発にする作用と、肌の保湿力を高めるコラーゲンの合成に関わっています。

 

ココアに含まれる栄養成分については「ココアの栄養成分とその効果効能を徹底解説!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

カカオポリフェノールについての詳しい情報は「ココアのポリフェノール効果は絶大!その効能から摂取量まで徹底解説!」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

●ココアの成分テオブロミンについては「ココアのテオブロミンとカフェインについて」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

ココアの植物繊維についての詳しい情報は「ココアの植物繊維は水溶性と不溶性の両方をもつリグニンが便秘や美容に抜群に効く!」で解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

ここからは、ニキビへのココアの効果を詳しく解説していくことにしましょう。

 

Sponsored Link



ココアの効果とニキビになる要因との関係性

 

ニキビの直接的な原因となる皮脂過剰には、食生活での動物性脂肪・糖質の過剰摂取や栄養バランスなどが関係します。

ニキビの根本的な原因には、身体のリズム・生活習慣や生活環境など様々な要因が複雑に絡んできます。

ニキビの様々な要因には、主に次のようなものがあげられます。

 

  • ホルモンのバランスの乱れ
  • 腸内環境の悪化
  • 身体の冷え
  • 血行不良
  • 紫外線
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • アレルギー
  • 肝機能の低下

 

ニキビを改善するには、ニキビになる要因が多岐にわたるため対処法が異なってきます。

正しいニキビ対策は、根本の原因を知ったうえで対処することが必要なのです。

では、これらの様々な要因とココアの効果との関係性を、詳しく解説していきましょう。

 

ココアの効果とホルモンバランスとニキビの関係

 

私たちの身体には、男性ホルモンと女性ホルモンの両方が存在します。

男性ホルモンには、皮脂分泌を促す働きがあります。

女性ホルモンのエストロゲンには、皮脂を抑え肌の水分量を保持しバリア機能を強化させる働きがあります。

この2つのホルモンが適度なバランスを保てれば、バリア機能や皮脂分泌量も正常な状態が維持できるのです。

ホルモンは、ストレスや乱れた食生活などでバランスが崩れやすいといわれてます。

 

ココアには、自律神経を整えホルモンバランスの乱れを防ぎ、脳や身体全体へのリラックス効果があります。

またココアには血管を拡張して血流を良くする作用で、肌のターンオーバーを高める効果があります。

 

妊娠や生理前のニキビはホルモンの乱れ!

妊娠や生理前にニキビや肌荒れが起こる原因は、ホルモンバランスが関係しています。

生理前や妊娠中には黄体ホルモンが増加しますが、過剰に分泌されると肌を菌から守る「抗菌ペプチド」が減ることでバリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると肌が乾燥するため、それを補うために皮脂分泌がさらに活発化してしまうのです。

 

Sponsored Link



ココアの効果と腸内環境とニキビの関係

 

肌は腸の鏡ともいわれるだけに、ニキビと腸内環境とは密接な関係があります。

腸内環境が悪いと悪玉菌の増加に伴い免疫力が低下して、ニキビや肌荒れが出やすくなるといわれています。

なぜなら腸内細菌は、肌の健康を維持するビタミン類や美容成分などを合成しているからです。

 

ココアには、善玉菌を増やして腸内環境を整えることで、便秘を改善する効果があります。

またココアには、便のかさを増やして腸に刺激を与える作用があるため、腸の働きを活発にしてデトックス効果が高まります。

 

ココアの腸内環境改善効果については「ココアの便秘解消・改善効果が凄い!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてくださ!

 

便秘は腸内環境の悪化を招くもと!

腸には、身体の免疫細胞の約70%が存在しています。

腸内環境が悪化して免疫力が低下すると、アクネ菌の繁殖力が高まり色素沈着やニキビ跡が残ってしまいます。

さらに便秘になると脂肪分の代謝が落ちるため、皮脂の過剰分泌が起こります。

便秘が慢性になると有害物や毒素が全身を巡り、活性酸素も多量に発生します。

活性酸素は肌細胞を老化させターンオーバーを乱すだけでなく、皮脂の酸化を加速させるといわれています。

新陳代謝を良くするには腸内環境を整える必要がありますが、排泄をスムーズにする身体を作らなければ改善されないのです。

 

Sponsored Link



ココアの効果と血行不良とニキビの関係

 

実は、冷え性の人もニキビができやすいといわれています。

身体の冷えは食生活や運動不足と関係していますが、ストレスを受けることでも冷え性に繋がります。

 

ココアには、血管拡張作用と血小板の凝集を抑える作用で血管を広げて、血液の質を高めて血流改善をする高い冷え性改善効果があります。

ココアに含まれるビタミンB群には、エネルギー代謝をサポートすることで冷えの改善に効果があります。

 

ココアの血管機能を高める効果については「ココアで血管機能を改善する!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

身体が冷えると代謝が落ちる!

身体が冷えるのは、血流が悪くて代謝が低下しているからです。

身体が冷えると毛細血管が縮まって肌が乾燥し、ターンオーバーが衰えてニキビの治りも悪くなります。

またホルモンのバランスも乱れやすくなるため、肌荒れやニキビになりやすくなるのです。

 

ココアの冷え性効果については「ココアの冷え性改善効果が凄い!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの効果と紫外線とニキビの関係

 

肌は常に空気にさらされているため、活性酸素の一番の標的になっています。

そのうえニキビができやすい肌は敏感になっているため、紫外線によるダメージも強く受けてしまいます。

紫外線はアクネ菌を増殖させる作用もあるため、ニキビの炎症が起こりやすくなります。

 

ココアには、活性酸素を除去する高い抗酸化作用があります。

またココアには、免疫力を高め炎症を抑える作用があるため、アテネ菌の繁殖を防止する効果があります。

 

紫外線は皮脂を酸化させバリア機能を攻撃する!

肌に紫外線を浴びると活性酸素が発生し、皮膚の皮脂を酸化させるため角栓になりやすくなります。

そのうえ紫外線はバリア機能を破壊するため、皮膚の水分保持ができなくなるため皮膚の細胞が弱り、ターンオーバーの乱れに繋がってしまいます。

さらに、炎症を起こしているニキビが紫外線にさらされると、メラニンの合成が促進されるためニキビが治りにくく、色素沈着して跡が残りやすくなるのです。

 

Sponsored Link



ココアの効果と睡眠とニキビの関係

 

肌は、睡眠中にダメージを修復しながら新しい皮膚を作ります。

寝不足や質の悪い睡眠が続くと、ターンオーバーが衰えて古い角質が残るため、毛穴の詰まりとニキビの原因になります。

肌細胞を活性化するのは成長ホルモンですが、分泌が低下すると健康な肌を維持することが難しくなります。

成長ホルモンは、最初の深い眠りの3時間で最も分泌されるため良質な睡眠が必要です。

 

ココアには、ストレスを緩和する作用があるためリラックス効果があります。

またココアには、安眠効果があるため質の高い睡眠により、肌の修復や再生能力が高まります。

 

交感神経が優位になると男性ホルモンの分泌を促す!

睡眠不足になると心と身体が緊張状態になり、交感神経が優位になります。

交感神経には、男性ホルモンの分泌を促す作用があるためニキビが悪化してしまいます。

さらに角化細胞の増殖を促し、“異常角化”という状態になり毛穴を塞いでしまうのです。

 

Sponsored Link



ココアの効果とストレスとニキビの関係

 

強いストレスや慢性的なストレスが続くと、肌の炎症を鎮める成分が消費され皮脂も過剰分泌します。

ストレスは血流を悪くしますが、縮んだ血管が拡張したときには活性酸素が大量発生してしまいます。

活性酸素が発生することで、細胞が傷つけられ免疫力が低下するとニキビを防ぎにくくなります。

そのうえ活性酸素は肌のターンオーバーを衰えさせるため、ニキビが治りにくく跡が残りやすくなります。

 

ココアには、緊張をやわらげストレスに対する適応力が高まる効果があります。

またココアには、活性酸素を除去し血管を広げる効果や、コルチゾールを排除する効果があります。

さらにストレスによって減少したセロトニンの働きを助ける作用もあるため、ストレスを抑えてくれる作用があります。

 

ココアのストレス軽減効果については「ココアのストレス解消・リラックス効果は凄い!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

ストレスホルモンは男性ホルモンを刺激する! 

人間にはストレスに対抗するために、抗ストレス作用がある「ストレスホルモン」が備わっています。

ところがストレスを防ぐはずのホルモンが、ニキビの原因になる場合があります。

ストレスホルモンのなかでもコチゾールには、男性ホルモンを刺激する作用があります。

強いストレスや慢性的なストレスが続くと、男性ホルモンの分泌量が増えて皮脂の過剰分泌が起きるのです。

また男性ホルモンは皮脂腺の細胞内に入ると、活性力が10倍以上になるため皮脂分泌が急激に増加します。

 

Sponsored Link



ココアの効果とアレルギーとニキビの関係

 

アレルギー体質の人は、アレルゲンに対して免疫機能が敏感に反応してしまうのですが、反応し過ぎるとニキビの原因となることがあります。

アレルゲンに反応すると、ヒスタミンが分泌されて炎症を起こすことで体内侵入を防ごうとします。

炎症が起こると活性酸素が大量発生するため、さらにアレルギー症状を重症化していきます。

アレルギー予防にはアレルゲンをなくすことだけでなく、ヒスタミンの分泌を抑えることが重要になります。

 

ココアには、ヒスタミンを抑える作用と殺菌作用があります。

また炎症が起こったときに発生する活性酸素を除去する作用で、アレルギーの悪化を防ぐ効果があります。

 

ココアのアレルギー効果については「ココアはアレルギーを改善する効果とアレルギーを発症する原因の2つがある!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

慢性的なニキビはアレルギーが原因かも!

慢性的なニキビは、「遅延型アレルギー」が原因の場合があります。

遅延型アレルギーは軽い症状が遅れて出るため、原因が分かりにくくアレルギーであること自体に気づかない場合があります。

ニキビは通常、アクネ菌という菌が繁殖することにより起こるのですが、カビが原因で起こる場合もあることがわかっています。

アレルギー体質の人は、カビにも反応しやすいためアトピーやニキビができやすくなるのです。

 

Sponsored Link



ココアの効果と肝臓機能とニキビの関係

 

ニキビは睡眠不足や疲労などで、内臓機能が低下することでもできてしまいます。

なかでも、大人のニキビと肝臓とは密接な関係があります。

肝臓は大量の活性酸素を発生させやすい臓器なのですが、 解毒処理中は特に活性酸素が大量に発生します。

また肝臓機能が低下すると、毒素を排除する力が弱まるためニキビが増えてしまいます。

 

ココアには、強い抗酸化力で活性酸素から肝細胞を守り、血流促進で肝臓の再生力を高める効果があります。

またココアの豊富な亜鉛とマグネシウムには、肝臓の細胞の新陳代謝を促進する酵素をサポートするため、肝機能を高める効果があります。

 

ココアの肝機能を高める効果は「ココアには肝臓機能を高める効果がある!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

肝臓は身体の”フィルター機能”の役割をしている!

肝臓には、外から摂取した毒素を取り除く働きがあります。

そのため肝臓の機能が低下すると毒素を排除する力が弱まり、肌に毒素がまわることでニキビが増えてしまうのです。

ニキビ以外にも肌の弾力がなくなりシミが増えて肌がくすみ、コラーゲンを作る機能も低下してしまいます。

肝細胞の新陳代謝を高めるためには、血液の循環を良くする必要があります。

 

Sponsored Link



ココアの効果的な飲み方や摂取量  

 

ココアの効果を効率的に活用するには、飲むタイミングも重要なポイントになってきます。

ココアを飲むベストなタイミングと、1日の摂取量目安を知っておきましょう!

 

ニキビ予防改善には寝る前のココアがお勧め!

 

ニキビ予防改善や美容にとって一番重要な鍵を握っている成長ホルモンは、就寝してから最初の深い眠りの3時間で最も分泌されます。

ココアには、成長ホルモンの分泌を高める良質な睡眠効果があります。

ニキビ予防改善や美容には、寝る前の約2時間前にココアを飲むのがベストな飲み方です。

 

ココアを夜寝る前に飲む効果については「夜ココアの効果が凄い!ダイエット・睡眠・ニキビ対策など様々な効能を発揮する!」 ・「寝る前にココアは効果抜群!その理由とは?」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

ココアの摂取量目安

1日のココアの摂取量目安は、1~3杯です。

ココアの効果でニキビ肌を予防改善するには、毎日継続して飲むことが重要です!

■ピュアココア(純ココア)1杯分(6g)のカロリー=16kcal

 

Sponsored Link



ニキビの予防・改善が目的ならピュアココア

 

ココアには、ピュアココア(純ココア)と調整ココアの2種類があります。

ピュアココアは一定量の脂肪分を取り除いたもので、砂糖やミルクなどを含まない100%カカオ成分からできています。

一方の調整ココアは、飲みやすくするために、砂糖やミルクの他にも食品添加物が含まれています。

ニキビ予防や美容・健康が目的であれば、ピュアココアをお勧めします。

 

ピュアココア(純ココア)については「純ココアがおすすめ!効果と飲み方について全てをお伝えいたします!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアやチョコレートが肌やニキビに悪いといわれる理由

 

ココアとチョコレートは、ニキビの悪化と関連付ける科学的根拠はないとされています。

ピュアココア(純ココア)は脂肪分が少なく糖分が含まれていないため、多くの健康・美容効果があります。

一方、チョコレートには皮脂の分泌を過剰にする糖質・脂質が多く含まれています。

チョコレートは美容効果も期待できますが、チョコレートに含まれる糖質・脂質・食品添加物の摂りすぎは、ニキビの悪化に繋がるといえるでしょう。

 

知らないと怖い!砂糖のニキビや身体への影響  

 

糖分を摂取しすぎると、血液の循環が悪くなり肌荒れを起こす原因になってしまいます。

砂糖がニキビの原因になる理由には、次のようなものがあります。

  • 砂糖は血糖値を急激に上昇させる・・・皮脂を過剰分泌させる
  • 砂糖は血行不良を起こさせる・・・新陳代謝や肌のターンオーバーを低下させる
  • 砂糖はビタミンやミネラルを吸収する・・・代謝に関わる酵素の働きを悪くする
  • 砂糖はコーラゲンを糖化させる・・・肌が乾燥して毛穴が詰まり炎症する

 

Sponsored Link



ココアの過剰摂取によるニキビへの影響

 

ココアには、カフェインやテオブロミンが含まれています。

またココアにはアレルギーがるといわれますが、どんなものなのでしょうか?

ココアを摂取するうえで、身体やニキビへの影響を知っておきましょう!

 

カフェインはニキビを悪化させる! 

   

カフェインは神経を興奮状態にさせる作用があるため、血管が収縮して血行が悪くなります。

血行が悪くなると代謝が悪くなるため、肌荒れやニキビを引き起こすうえに治りも悪くさせてしまいます。

またカフェインの利尿作用により、ビタミン・ミネラル成分が一緒に排出されるため不足気味になります。

なかでもニキビの予防改善に必要なビタミンB2ビタミンCは、水に溶けるため排出されやすくなります。

■ピュアココア(純ココア)のカフェイン含有量=2~20㎎/150ml

 

Sponsored Link



ココアはカフェインよりでオブロミンに注意が必要!

 

ココアに含まれるカフェインは微量なので、ニキビや美容・健康に悪影響はありませんが、テオブロミンには注意が必要です。

テオブロミンはカフェインと同様の作用をもっているため、過剰摂取には気を付けましょう。

■ピュアココア(純ココア)のテオブロミン含有量=75~150㎎/150ml

 

ココアのテオブロミンとカフェインについては「ココアのテオブロミンとカフェインについて」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

ココアにはココアアレルギーがある!

 

ココアアレルギーは、カカオに含まれる「チラミン」と「ニッケル」が原因物質となるものです。

チラミンに敏感な人や、金属アレルギーのある人は、アレルギー症状が出る場合があります。

 

ココアアレルギーについては「ココアはアレルギーを改善する効果とアレルギーを発症する原因の2つがある!」のなかで、詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアのニキビ予防改善効果をより高める組み合わせ食材

 

ココアは単独でも優れた効果をもっていますが、他の食材と組み合わせることで”より効果を高める”アレンジができます。

 

ホルモンバランスによるニキビには!豆乳+ココア

豆乳のイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、ホルモンバランスを整えて肌のターンオーバーを促進する効果があります。

豆乳に含まれるビタミンB2ビタミンB6は、代謝を助ける働きがあります。

それ以外にも血流を良くするビタミンEや、肌の細胞の再生や成長を促すビオチンナイアシンも含まれています。

 

豆乳ココアの効果については「豆乳ココアの効果はダイエットや美容などに抜群に効く!作り方・レシピ・カロリーも徹底解説!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

 

ニキビ肌や美肌効果を高めるには!米麹甘酒+ココア

米麹の甘酒には、皮脂量を抑える効果があります。

甘酒の豊富な栄養素には、代謝に関わる酵素やニキビ予防改善に必要なビタミン類が豊富に含まれています。

またオリゴ糖食物繊維も豊富なため、腸内細菌のバランスを最適化して腸内環境を整える効果があります。

ただし、酵素やビタミン・ミネラルは熱に弱い成分なので”生の甘酒”に限ります。

 

甘酒の効果については「甘酒は美容効果が抜群!飲み方・方法も全てご紹介します!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



まとめ:ニキビになる要因を断ち切ることが改善への近道!

 

ニキビには、日々の生活習慣・栄養バランス・ストレスなど、様々な要因が複雑に絡み合っています。

ニキビの改善は自分に合った対策をしない限り、本当の意味での改善にはなりません!

根本的なニキビの改善は、ニキビになる要因を断ち切ることが一番の近道となります。

ニキビ改善での重要なポイントは、新陳代謝を高めて腸内環境を整えること!

ココアには、腸内環境と血行促進を改善する高い効果があるため、新陳代謝やデトックス効果が高まります。

その他にも強い抗酸化力・便秘改善・ストレス緩和などの様々な要因にも効果を発揮して、身体の内側から体質を改善していきます。

方法は簡単!ココアを毎日の生活スタイルの中に取り入れるだけで、ニキビや美容だけでなく身体の中からキレイにしてくれるはずです。

 

なお、ココアの全ての効果については「ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えいたします!」で紹介していますので是非ご覧ください!

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 酵素ドリンクダイエットの効果効能が凄い!断食・ファスティング・割り方など徹底解説!

  • 酵素サプリのおすすめは無添加の生酵素!ダイエット効果を酵素ドリンクと徹底比較

  • 酵素を食品から効果的に利用する方法や作り方などを徹底解説!

  • 酵素ファスティングの効果はダイエットだけじゃない!やり方・タイミング・おすすめの置き換え選び方などを徹底解説!

関連記事

  • ココアの髪や薄毛への効果が凄い!

  • ココアの便秘解消・改善効果が凄い!

  • ココアの栄養成分とその効果効能を徹底解説!

  • ココアカフェインの効果や副作用について

  • ココアの脳や精神に与える効果が凄い!

  • ココアのうつ病予防・改善効果が素晴らしい!