1. TOP
  2. 納豆
  3. 納豆の効果効能が凄い!ダイエット・健康・食べ方や効果を高める方法など徹底解説!
Sponsored Link

納豆の効果効能が凄い!ダイエット・健康・食べ方や効果を高める方法など徹底解説!

納豆   541 Views

納豆の効果は健康に良いというイメージがありますが、美容やダイエットにも役立つことが分かっています。

具体的な効果には、

  • アンチエイジング
  • 美肌
  • ダイエット
  • デトックス
  • 育毛
  • 代謝アップ
  • 疲労回復
  • 記憶力アップ
  • 血行促進
  • 骨粗しょう症予防
  • 更年期障害や生理痛の改善
  • 免疫力を高める
  • うつ病の改善

などがあります。

こうした納豆の効果を活かすためには1日1パックの納豆を習慣にするということが大切です。

毎日納豆を食べることで納豆に含まれる

  • 納豆菌
  • ナットウキナーゼ
  • 大豆サポニン
  • ポリアミン
  • 大豆イソフラボン

などの成分が健康や美容に働きかけてくれます。

納豆の効果を高めるためには、賞味期限直前のものを食べることや生のまま加熱せずに食べることも大切です。

また納豆の効果を高める食べ合わせの良い食材もたくさんありますので、好みに合わせて楽しみながら取り入れていきましょう。

ここでは納豆の効果を正しく活かせるように、

  • 納豆の効果
  • 納豆の効果の理由
  • 納豆の効果を高めるポイント
  • 納豆の副作用

について解説していますのでぜひご覧ください。

普段何気なく食べている納豆についてきちんと知ることで、納豆の効果をより良く活かせるようになりますよ。

Sponsored Link



Contents

納豆の効果は美肌・ダイエット・健康に役立つ

納豆は健康に良いというイメージがありますが、納豆の効果はそれだけではありません。

納豆は美肌にもダイエットにも効果的ということが分かっているのです。

納豆の効果について代表的なものを具体的に解説していきます。

納豆のアンチエイジング効果

納豆にはアンチエイジングの効果があることが分かっています。

納豆のアンチエイジング効果で特徴的なのは

  • ポリアミン
  • ポリグルタミン酸

という2つの成分です。

ポリアミンは新陳代謝を高めて肌を美しい状態に保つ成分で、ポリグルタミン酸はヒアルロン酸の10倍の保水力を持つ保湿成分です。

年齢を重ねた肌は乾燥しがちですし新陳代謝のサイクルも乱れがちになってしまいます。

納豆のポリアミンとポリグルタミン酸の働きでそんな年齢肌を整えられるので、アンチエイジングにつながるのです。

 

Sponsored Link



納豆の美肌効果

納豆は美肌効果も期待できます。

毎日の食事に納豆をプラスすることで健やかな美肌作りに役立ちます。

納豆の血行促進作用で美肌作りの基礎ができる

納豆には血液をサラサラにして血行促進する働きがあります。

美肌を作るために必要な栄養は血流に乗って運ばれていきますので、血行促進が行われて毛細血管の隅々まで栄養が行き届くと新しく作られる肌細胞は健やかで美しい状態になるのです。

しかも納豆には肌を作るもとである良質のたんぱく質が豊富に含まれていますので、その点でも美肌に欠かせない食材であることが分かります。

レシチンが毒素を取り除くから肌トラブルが解消していく

また納豆にはレシチンが含まれていますので、毒素の排出を促進する働きがあります。

体内に溜まった毒素は吹き出物など肌トラブルの元ですので、納豆のレシチンで毒素排出することは美肌につながるのです。

ビタミンB2の働きが肌の健康を守る

納豆には生の大豆の2倍のビタミンB2が含まれています。

ビタミンB2には肌や粘膜を健康に保つ働きがあり、不足するとニキビなどの原因になってしまいます。

そのためビタミンB2を豊富に摂取できる納豆は美肌に役立つのです。

納豆の美肌効果については『納豆は美肌に効果的!期間・成分・食べ方・レシピも徹底解説!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



納豆のダイエット効果

納豆はダイエット効果も期待できます。

ダイエット中に不足しがちな栄養を補うことができますし、納豆に含まれる成分によってダイエットを促進することもできるのです。

納豆の血行促進の働きで痩せやすい状態を作る

納豆には血行を促進する働きがありますが、血行促進効果はダイエットにも役立ちます。

指先や足先まで血液が行き渡ると冷えが解消されて体温が高まるからです。

体温は1度あがると基礎代謝が13~15%あがるといわれています。

基礎代謝というのは運動など何もしていないときでも行われている代謝のことですので、納豆で血行促進して基礎代謝をあげると効率的に痩せやすい体の状態を整えられるのです。

納豆のビタミンB2がエネルギー代謝を促進する

納豆に含まれるビタミンB2は脂質や糖質などエネルギーの元をエネルギーとして実際に使える状態にする働きを促します。

つまり脂肪を燃焼しやすくしたり、血糖値を下げる働きがあるということです。

そのため納豆はダイエットをサポートするのに最適な食材といえます。

納豆のデトックス効果

納豆にはデトックス効果があります。

食物繊維が豊富な納豆は整腸作用が期待できるのです。

また同時に納豆菌の腸内環境を整える働きもありますので、腸内に溜まっている不要なものを排出するデトックスを促進できます。

納豆ダイエットについて解説している『納豆ダイエットの効果が凄い!痩せる理由・食べ方・レシピを徹底解説!』もぜひご覧ください。

 

Sponsored Link



納豆の育毛効果

納豆には育毛をサポートする効果があります。

直接的に納豆が育毛に良いわけではありませんが、育毛しやすい環境を整えるのに納豆は役立つのです。

大豆イソフラボンが不足しがちな女性ホルモンの働きをサポート

髪の毛は女性ホルモンが不足すると薄毛になったり抜け毛が起きたりします。

納豆には女性ホルモンのエストロゲンのように働く大豆イソフラボンがたっぷり含まれていますので、不足しがちな女性ホルモンの働きをサポートして育毛に働きかけてくれるのです。

納豆には髪を作るためのたんぱく質が豊富

育毛のためには髪の毛をたくさん作る必要がありますが、そのためには髪の原料になるたんぱく質が欠かせません。

納豆には良質なたんぱく質が豊富に含まれていますので育毛に役立ちます。

納豆の血行促進の働きで髪に栄養が届く

育毛のためには髪を作るのに必要な栄養を確実に届けることが必要です。

そのために欠かせないのが栄養を運ぶ血液の流れを良くするということです。

納豆は血液をサラサラにして血流を改善してくれますので、育毛のために必要な栄養をしっかりと届けることができます。

納豆の育毛効果について詳しくは『納豆で髪が伸びる・生える・増えた・サラササになる効果と理由を徹底解説!』をご覧ください。

 

Sponsored Link



納豆の代謝アップ効果

納豆には代謝を高める働きがあります。

代謝アップの効果に役立つのは、納豆の血行促進の働きとたんぱく質です。

納豆による血行促進の効果で体温があがるとその分代謝が高まることが分かっています。

また納豆の植物性たんぱく質は良質な筋肉の元で筋肉作りをサポートします。

筋肉が増えると代謝を高めることにつながりますので、納豆のたんぱく質も代謝アップに役立つのです。

納豆の疲労回復効果

納豆には疲労回復する効果があります。

疲労が溜まるのはエネルギーを作り出す働きがうまく機能しなくなっているからです。

エネルギーを作るためには脂質や糖質を代謝によってエネルギーにかえる必要があり、そのために必要なのがビタミンB群です。

納豆にはビタミンB群が豊富に含まれていますので、納豆を食べるとエネルギーがスムーズに作られるようになります。

そのため納豆を食べると疲労回復につながるのです。

 

Sponsored Link



納豆の記憶力アップ・認知症予防の効果

納豆は記憶力を高めることにも効果を発揮します。

納豆にはレシチンが含まれていますが、このレシチンが脳の中で記憶に関係する神経伝達物質のアセチルコリンが作られるのを促す働きがあるからです。

そのため納豆を食べると記憶力アップに役立てることができますし、同時に認知症予防にも役立つことが分かっています。

納豆の血行促進効果

納豆に含まれるナットウキナーゼは血液をサラサラの状態にして血行促進することが分かっています。

ナットウキナーゼは血液内にできた血栓を溶かす働きがあるので、ドロドロの血液をサラサラの状態にするのです。

ナットウキナーゼの血液サラサラ効果は半日持続する

ナットウキナーゼによる血液サラサラ効果の持続時間は長く、納豆を食べてから半日程度その状態を持続することができます。

血栓は動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞などの血管系の病気の原因になりますので、納豆を食べて効果的に予防しましょう。

特に活動量が減る就寝中は血栓ができやすいことが分かっていて、その血栓が起床後の脳梗塞などにつながるのです。

そのため就寝中に血栓ができるのを防ぐためには夕食など夜に納豆を食べると効果的です。

 

Sponsored Link



納豆の骨粗しょう症予防効果

納豆には骨粗しょう症を予防する効果が期待できます。

骨粗しょう症は女性ホルモンが不足する閉経後に起こりやすいことが分かっています。

女性ホルモンのエストロゲンが不足すると骨の新陳代謝のバランスが乱れて骨密度が低下してしまうのです。

そのため女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを納豆で摂取すると、大豆イソフラボンが女性ホルモンの働きを補い骨粗しょう症の予防ができるのです。

また骨粗しょう症の治療薬として使われているビタミンK2が豊富ということも、納豆が骨粗しょう症予防に効果的な理由です。

納豆の生理痛や更年期障害を改善する効果

納豆に豊富に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンの働きをサポートします。

そのため女性ホルモンが不足することで引き起こされる生理痛や更年期障害の症状を改善するのにも納豆が役立つのです。

納豆の免疫力を高める効果

納豆には免疫力を高める効果があります。

このことは納豆菌入りの水を飲ませたマウスの体内で、インフルエンザウィルスの増殖が抑えられていたことからも証明されています。

また納豆には血行促進の働きもありますので、冷えを解消することによる免疫アップの効果も期待できます。

 

Sponsored Link



納豆のうつ病改善の効果

納豆にはうつ病を改善する効果が期待できます。

なぜなら納豆には「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの原料トリプトファンが豊富に含まれているからです。

うつ病改善のカギはセロトニン

うつ病やうつ状態になると強い不安感に襲われるようになります。

このときに大切なのがセロトニンです。

セロトニンがきちんと分泌されると不安な気持ちを感じにくくなり、幸せな気持ちを感じやすくなるからです。

セロトニンを充分に分泌するためには、まずはセロトニンの材料となる必須アミノ酸のトリプトファンを摂取することです。

トリプトファンは体内では作れない成分ですので、食べ物によって取り入れるようにしましょう。

納豆にはトリプトファンが豊富に含まれている

納豆はセロトニンの材料となるトリプトファンを摂取するのにも最適です。

納豆には豊富にトリプトファンが含まれていますので、毎日食べるのを習慣づければうつ病改善につながることが期待できます。

Sponsored Link



納豆の効果のもとになる成分

納豆の効果は健康だけでなく美容やダイエットにも役立つということが分かりました。

こうした納豆の効果を発揮するために働いている様々な成分について解説します。

納豆菌

納豆菌は枯草菌(コソウキン)というバクテリアの一種です。

茹でた大豆に納豆菌をプラスすることで発酵が進み納豆になります。

納豆菌の代表的な働きについて解説します。

納豆菌は強い!

私たちが日々食べている食べ物には、様々な菌類が含まれています。

例えばヨーグルトに含まれる乳酸菌などもそうです。

こうした菌類は健康や美容に役立つものではありますが、体内に入ると消化吸収の過程で死んでしまうものがほとんどです。

しかし納豆菌はとても強い菌で、腸内まで生きたまま届くのはもちろん、そのまま4~5日は腸内で生息していられます。

そのため腸内環境の正常化を強力にサポートしてくれるのです。

納豆菌は乳酸菌を10倍にする!

また納豆菌は乳酸菌と一緒にとると効果的です。

なぜなら納豆菌と乳酸菌を一緒にしておくと、乳酸菌が10倍に増加するという研究結果が報告されているからです。

腸内まで生きて届いた納豆菌は乳酸菌の増殖をサポートし、強力な抗菌作用で悪玉菌が増殖するのを防ぎます。

その結果、納豆菌は腸内を健やかな状態に保つのに役立つというわけです。

納豆と乳酸菌の関係について詳しく解説している『納豆と乳酸菌は相性抜群!キムチ・ヨーグルト・チーズ・玉ねぎを同時に食べて腸内環境正常化!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



納豆特有の成分ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは納豆菌の働きによって作られるたんぱく質分解酵素で、納豆特有の成分です。

ナットウキナーゼの働きについて解説します。

ナットウキナーゼは血液をサラサラにする

ナットウキナーゼには血液をサラサラにする働きがあることが分かっています。

血液中にできた血栓を溶かして血液が流れやすいようにしてくれるのです。

そのため血行促進につながり冷え性改善に役立ちますし、動脈硬化や脳梗塞などの病気予防にもつながります。

しかもナットウキナーゼの血液をサラサラにする働きは半日続きますので、夕食に納豆を食べておくと血栓のできやすい夜間の血液をサラサラに保ち、朝方に脳梗塞などを引き起こすのを防げるのです。

ナットウキナーゼで血流促進すると免疫力アップにもつながる

ナットウキナーゼで血行促進され体温が高くなると免疫力も高まります。

体温が1度高くなると免疫力は5~6倍も高まるといわれています。

そのためナットウキナーゼで血流を良くすることは免疫力を高め様々な病気を予防することにつながるのです。

ナットウキナーゼの働きについて詳しくは『ナットウキナーゼに効果がないのは本当・嘘?時間・血圧・血栓等への効果や働きを徹底解説!』もご覧ください。

高血圧の予防改善に役立つ大豆サポニン

大豆サポニンは大豆の苦味や渋味の成分です。

大豆で作られている納豆にも大豆サポニンは含まれていて、高血圧の予防改善に効果的ということが分かっています。

大豆サポニンは抗酸化作用が強いことも分かっています。

抗酸化作用というのは体内で発生し様々な病気や不調の原因になる活性酸素を取り除く働きです。

そのため大豆サポニンは活性酸素によって引き起こされるがんを予防するのにも役立つといえます。

 

Sponsored Link



動脈硬化を抑えるポリアミン

納豆に含まれるポリアミンという成分には血管の炎症を抑えて動脈硬化を予防する働きがあることが分かっています。

ポリアミンは細胞の増殖や再生のために必要不可欠な成分なので私たちの体内にも元から存在しています。

しかし加齢とともにポリアミンは減少していき、動脈硬化になりやすい状態になってしまいます。

そのため納豆でポリアミンを摂取することは動脈硬化予防に効果的というわけです。

女性の健康と美容をサポートする大豆イソフラボン

納豆に豊富な大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

そのため女性ホルモンが不足することで引き起こされる様々な不調を改善することが可能です。

大豆イソフラボンが女性ホルモンの働きをサポートする

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンは、摂取すると女性ホルモンの働きをサポートしてくれます。

女性が感じるマイナートラブルの多くは女性ホルモンの不足によって引き起こされているともいわれています。

そのため大豆イソフラボンは女性の困った症状を予防・改善するための強い味方というわけです。

生理前の不調や生理痛を軽減して過ごしやすくしてくれる

生理前や生理中はホルモンバランスが乱れやすく、そのせいでPMS(月経前症候群)や生理痛が起こったり悪化したりしていることが考えられます。

そのため女性ホルモンをサポートする大豆イソフラボンを摂取すると、PMSや生理痛の症状が緩和・改善することが期待できます。

納豆は不妊にも効果が期待できる

また不妊も女性ホルモンのバランスが乱れていることによって引き起こされていることが考えられます。

そのため納豆で大豆イソフラボンを摂取して女性ホルモンのバランスを改善できると、妊娠しやすい体の状態が整うことも期待できるのです。

納豆に含まれる大豆イソフラボンについて詳しく知りたいなら『納豆のイソフラボンは女性ホルモンをサポート!その効果を徹底解説!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



納豆には豊富な栄養がバランス良く含まれている

納豆にはその他にもたっぷりの栄養がバランス良く含まれています。

納豆に含まれている栄養について代表的なものを解説します。

植物性たんぱく質

通常植物にはそこまで多くのたんぱく質が含まれていませんが、大豆には豊富な植物性たんぱく質が含まれていますので納豆も同様に植物性たんぱく質が豊富です。

たんぱく質というと肉や魚といったイメージがありますので、どうしても脂質も一緒に摂取するものという印象があります。

しかし納豆の植物性たんぱく質の場合には脂質をほとんど含んでいませんので、ダイエット中でもヘルシーにたんぱく質を摂取できます。

ビタミンB

ビタミンBには

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • ビオチン

が含まれます。

ビタミンBというと肌荒れに良いイメージがありますが、それはビタミンBが新陳代謝を促進するからです。

他にも糖や脂肪の代謝を促進する働きもありますので、ダイエットにも役立つ成分といえます。

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用が注目されている成分で、肌に多く存在しており、美肌のビタミンともいわれています。

ビタミンEがあると肌は活性酸素の害を受けにくくなりますので、シミやシワなどができにくい美肌を維持できます。

 

Sponsored Link



ビタミンK

ビタミンKの働きとして代表的なのは、

  • 骨の形成
  • 血液の凝固

です。

ビタミンKが骨を形成することで適切な骨密度になり骨粗しょう症を予防できます。

また血液を凝固させる働きがあることで、ケガをしたときの止血が速やかに行われるようになります。

カリウム

カリウムはむくみの解消や高血圧の予防に役立ちます。

体の中で多くなり過ぎた塩分を排出する働きがカリウムにはありますので、塩分過多によって引き起こされる症状に対策することができるのです。

マグネシウム

マグネシウムは骨の形成や高血圧の予防・心筋梗塞や動脈硬化の予防などに役立つ成分です。

そのため納豆でマグネシウムを適量摂取すると健康の維持増進につながります。

鉄分

鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血になってしまいます。

また近年では鉄分がうつ状態と関連している可能性も指摘されています。

ただし鉄分は過剰摂取になると胃腸に悪影響が出やすい成分でもあります。

そのため納豆など食事の中で自然に摂取するというのが最適です。

カルシウム

カルシウムは骨の形成に欠かせない成分ですが、カルシウムだけ摂取していても吸収効率が悪いことが分かっています。

カルシウムがより良く吸収されるためには

  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • ビタミンD

が必要です。

納豆にはカルシウムだけでなくマグネシウムと亜鉛も含まれていますので、カルシウムを効率的に摂取できる食材です。

 

Sponsored Link



食物繊維

納豆には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維が豊富な食べ物は便通の改善に効果的なのはもちろん、食事後の血糖値の急上昇を抑える働きもしてくれます。

食物繊維があることで消化吸収のスピードが緩やかになり、その影響で血糖値の上昇が緩やかになっていくのです。

レシチン

納豆に含まれているレシチンの働きには下記があります。

  • 血中の脂質を低下させ高脂血症や動脈硬化を予防する
  • 肝臓の脂質合成を抑制し肝臓の機能を改善する
  • レシチンはコリンの供給源となり記憶力を高め認知症を予防する

レシチンが豊富な食材に卵がありますが、レシチンの摂取を気にかけて卵を多く食べているとコレステロールが過多になる可能性があります。

納豆はコレステロールの少ない食品ですので、レシチンの摂取に活用していくと良いでしょう。

セレン

セレンは抗酸化作用に深く関わる成分で、私たちが健康でいるために必要不可欠です。

ただしセレンには毒性もあり、体内で必須の量と毒性が発現する量の差がとても小さいので、サプリメントでの摂取ではなく食品に自然に含まれているものを摂取することが重要です。

納豆にはセレンが含まれていますので、納豆を毎日の習慣にすることでセレンを自然と摂取できます。

Sponsored Link



納豆の効果がアップする食べ方のポイント

納豆には多岐に渡る効果があり、豊富な栄養がバランス良く含まれていることも分かりました。

こうした納豆の効果をより良く活かすためには、食べ方にもポイントがあります。

納豆を賞味期限ぎりぎりまで冷蔵庫で寝かせる

納豆を買ってきたらすぐに食べるのはやめましょう。

納豆は賞味期限ぎりぎりになってから食べるのが最も効果的だからです。

賞味期限が近づいて割引になっている納豆を買うようにするとすぐに食べられますしお得です。

納豆はパックの中でも発酵が進んでいる

賞味期限ぎりぎりの納豆が効果的なのは、納豆はパックの中で発酵が進んでいるからです。

スーパーの売り場に並んでいるときにも納豆の発酵はどんどん進行しています。

納豆は発酵が進むほど有効成分が増加する

しかも納豆は発酵が進めば進むほど有効成分が増加していきます。

そのため購入したてではなく、賞味期限ぎりぎりになってから食べると効果的なのです。

 

Sponsored Link



納豆は加熱しない

納豆料理のレシピには加熱して作るものもありますが、納豆を効果的に食べる場合には生のまま食べるのがおすすめです。

ナットウキナーゼは70度以上で失われる

納豆に含まれるナットウキナーゼはたんぱく質分解酵素ですが、酵素のため加熱には弱いです。

70度以上の温度になるとナットウキナーゼの効果は失われてしまいます。

そのため納豆を効果的に摂取するのが目的の場合には、過熱はせずに食べるようにしましょう。

納豆は程よい温かさのごはんにかける

気をつけたいのはご飯に納豆をかけて食べるときです。

炊きたてあつあつのご飯が70度を超えている場合には、その熱でもナットウキナーゼは働かなくなってしまいます。

そのためご飯はあつあつではなく、ひと冷まししてから納豆をかけてください。

納豆を毎日食べる

納豆で健康になりたい!
納豆できれいになりたい!

そう思うとつい集中的にたくさん食べてしまいがちですが、それは避けてください。

納豆は1度にたくさん食べるのではなく、毎日継続的に食べるのが効果的です。

納豆の1日の摂取量は1~2パックが適量

納豆の1日の摂取目安量は1~2パック程度です。

栄養豊富な納豆ではありますが、食べ過ぎは栄養バランスの偏りを作り出してしまう可能性があります。

特に和食では納豆以外にも豆腐や油揚げ・味噌・しょうゆなど大豆を使った製品を多く使いますので、納豆を多く食べ過ぎると大豆をとり過ぎてしまう可能性があるのです。

納豆の食べ過ぎはNG

納豆は体に良いですが、食べ過ぎは避けましょう。

吐き気が起こりやすくなってしまったり、通風になる可能性もあるからです。

また大豆イソフラボンのとり過ぎでホルモンバランスが崩れてしまうということも考えられます。

そのため納豆を食べる量の基本は1日1パックなのです。

 

Sponsored Link



納豆の効果を高める食べ合わせの良い食材

納豆の効果を高めるためには食べ合わせも重要です。

食べ合わせの良い食材をプラスして納豆の効果を引き出しましょう。

納豆+ごはんでたんぱく質の栄養価アップ

納豆ごはんはおいしいだけでなく栄養的にも効果的です。

大豆とごはんの組み合わせにはたんぱく質の栄養価を高める働きがあるからです。

そのため納豆ごはんは栄養的にも適した食べ方といえます。

納豆+ネギでビタミンB1の吸収率アップ

納豆にネギを加える食べ方は定番中の定番ですが、これも優れた働きがある食べ方です。

ネギの辛味成分であるアリシンがビタミンB1を吸収しやすくしてくれるのです。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換する働きがありますので、ダイエットはもちろん糖をエネルギー源にしている脳の活性化にも効果があります。

納豆+キムチで乳酸菌パワーを活かす

納豆とキムチはキムチに含まれる乳酸菌のパワーを最大限に活かす組み合わせです。

納豆に含まれる納豆菌と乳酸菌を一緒にしておくと乳酸菌が10倍に増えたという研究結果もあります。

消化液にも耐え腸内でも生きられる納豆菌はとても強い菌ですが、乳酸菌の増殖も強力にサポートするのです。

キムチ納豆は乳酸菌を豊富に摂取できるとともに腸内環境の改善にも役立つので、便秘解消効果も期待できます。

 

Sponsored Link



納豆+生卵で動物性たんぱく質も摂取

納豆と生卵の組み合わせは、納豆の植物性たんぱく質だけでなく卵の動物性たんぱく質も同時に摂取できます。

そのため朝食に生卵入りの納豆を食べると1日しっかり体を動かせる状態に整えることができます。

生卵のたんぱく質を納豆菌が分解するから消化吸収しやすい

納豆と卵を混ぜる場合、混ぜ合わせた後に少し時間をおいておくとより効果が増します。

納豆菌が卵のたんぱく質を分解するので、卵の消化吸収が良くなると同時に納豆菌が増殖するからです。

生卵は黄身だけがベスト

ただし納豆と合わせる卵は黄身だけにしておくのが良いでしょう。

卵白に含まれるアビジンという成分が納豆のビオチンと結合することで吸収を邪魔するからです。

納豆+オリーブオイルで血液サラサラ

納豆の新しい食べ方としてオリーブオイルを加えるというのが注目されています。

納豆に1さじのオリーブオイルを加えるのです。

タレや醤油など塩分を加えないで食べられる方法ですので、塩分がプラスされることでポリアミンの増殖が抑えられてしまうのを防げます。

また味わいもコクととろみが出て食べやすいのでおすすめです。

ナットウキナーゼとオリーブオイルの働きできれいな血管になる

納豆とオリーブオイルにはどちらも血液をサラサラにする働きがあります。

そのため血管から健康できれいな状態を作るので、血栓によって引き起こされる病気を予防するのに効果的です。

オリーブオイルのオレイン酸が腸のぜんどう運動を促す

オリーブオイルに含まれるオレイン酸には腸のぜんどう運動を促す働きがあることも分かっています。

同時に油分で便のすべりが良くなりますので、排便しやすい状態が整えられて便秘解消につながるのです。

 

Sponsored Link



納豆+山いもで頻尿を解消

納豆に山いもを加える山かけ納豆は頻尿の解消に効果を発揮します。

山いものムチンが腎機能を向上させてくれる

山いもにはムチンという成分が含まれていて、それが腎機能を向上させてくれるのです。

腎機能が向上・回復することで頻尿が改善されていくことが期待できます。

ムチンはオクラなどネバネバ食材に豊富

ムチンは山いも以外にもオクラなどネバネバした食材に豊富です。

納豆のネバネバともよく合いますので、組み合わせて活用していきましょう。

ただし海藻類のネバネバはムチンではなくフコイダンという成分ですので、腎機能への効果を期待する場合には山いもやオクラなどを組み合わせてください。

納豆+スライス玉ねぎでぐっすり眠れる

納豆にスライス玉ねぎを組み合わせるとぐっすり眠れるようになります。

生の玉ねぎに含まれている硫化アリルという成分が睡眠に誘うからです。

硫化アリルは玉ねぎを切ったときに目にしみる成分ですが、

  • ぐっすり眠れる
  • 血液をサラサラにする
  • 疲労回復
  • 食欲増進

といった働きがありますので、効果的に活用していきましょう。

 

Sponsored Link



納豆+酢で作る酢納豆はダイエットにも健康にもおすすめ

納豆に酢を加えて食べる酢納豆が健康にもダイエットにも良いということで話題になっています。

酢と納豆は意外な組み合わせですが、実際にやってみると、納豆のにおいも酢のツンとする感じもどちらもマイルドになり食べやすくなるのです。

納豆のネバネバも弱まりフワフワした食感に近づくので、納豆のネバネバが苦手な人にも食べやすいでしょう。

納豆1パックに酢小さじ1が基本

酢納豆の作り方の基本は、納豆1パックに酢小さじ1を加えます。

酢を加えると納豆のネバネバした糸がフワフワと白く泡立ったような見た目になります。

酢だけだと塩味はありませんが、納豆の旨みと適度な酸味がおいしい食べ方です。

黒酢やバルサミコ酢・ポン酢でもOK

納豆に加える酢は米酢意外にも、

  • 黒酢
  • バルサミコ酢
  • ポン酢

など好みの酢を使いましょう。

また酢玉ねぎや酢生姜などの酢漬けを活用するのもおいしいですし、健康や美容への効果もプラスされて効果的です。

酢以外の食材もプラスしてよりおいしく効果的に

もちろん酢の他にも食材をプラスしても良いでしょう。

卵やサバの水煮・キムチなど、好みの食材を酢納豆にプラスしておいしく食べてください。

 

Sponsored Link



納豆+梅干でダイエット

納豆と梅干は特にダイエットに嬉しい組み合わせです。

納豆にも梅干にもダイエットに役立つ成分が含まれていますので、同時に食べて痩せ体質になりましょう。

納豆のアディネポネクチンが脂肪燃焼を促進

納豆には脂肪燃焼を促す働きがあります。

これは納豆に含まれるアディネポネクチンという成分によるものです。

脂肪燃焼を促すアディネポネクチンの働きによってダイエットしやすい状態が作られます。

梅干のクエン酸が代謝アップ

また梅干には代謝を促進するクエン酸が含まれています。

代謝を促すということはそれだけカロリーが消費しやすい状態を作ってくれるということですので、梅干を食べるとダイエットしやすくなることが期待できるのです。

Sponsored Link



納豆の粒の種類

納豆には粒のサイズや形状でいくつかの種類があります。

ここでは代表的な小粒納豆・大粒納豆・ひきわり納豆について解説します。

ごはんと相性抜群の小粒納豆

小粒納豆は現在最も人気で主流の納豆です。

ごはんと一緒に食べたときに相性が良く食べやすいのが特徴です。

大粒納豆と比較して表面積が大きくなるので納豆菌による発酵が進みやすく有効成分が多く発生しやすいという利点があります。

食べ応えのある大粒納豆

大粒納豆は粒が大きく大豆の食感が残っているので食べ応えがあるのが特徴です。

しっかり噛みしめて食べたい、豆の味を楽しみたいという場合には大粒納豆が良いでしょう。

ビタミン類の多いひきわり納豆

ひきわり納豆は大豆を砕いてから発酵させる納豆です。

大豆を小さな粒にしてから発酵させるので、小粒納豆よりも更に表面積が広く納豆菌による発酵が進みやすいのが特徴で、その結果ビタミン類が多く含まれる納豆になります。

小粒納豆・大粒納豆と比べて発酵の進みが早いので独特の風味がして好みが分かれる納豆でもあります。

最初から小さな粒になっているので刻まなくても離乳食に使いやすいという便利さもあります。

Sponsored Link



納豆を食べるタイミング・時間による効果の違い

納豆は食べるタイミングによっても期待できる効果に違いがあります。

どんな効果を期待するのかによって、1日1パックの納豆をいつ食べるか決めましょう。

朝の納豆は冷え性改善にぴったり

朝食べる納豆は体温を上げてくれるので、冷え性対策にぴったりです。

納豆の植物性たんぱく質が消化されるときに体内で熱が発生するので、その熱によって午前中のうちに体温があがりやすくなるのです。

冷え性の人は朝起きても体温がなかなか上がらず、日中も体温が低いままということがあります。

朝食に納豆を食べる習慣を身につけると、そのように1日中寒いままという状態が解消され温かさを感じられるようになるのです。

朝食べる納豆の効果については『朝納豆のダイエット効果が凄い!便秘解消・痩せる食べ方・レシピ・アレンジなど徹底解説!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



夜の納豆は血流を良くして血栓を予防する

納豆の血液サラサラ効果を健康のために活用したいのであれば、納豆は夜食べるのがおすすめです。

活動が低下する夜は血栓ができやすい

血液が活発に流れる日中は多少血液がドロドロしていても血栓ができてすぐに詰まってしまうということはありません。

しかし活動が低下して血流も穏やかになる夜間は血栓ができやすくなってしまいます。

そして夜間にできてしまった血栓が起床後活動したときに詰まってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすのです。

納豆の血液サラサラ効果で起床後の脳梗塞を予防する

夜納豆を食べておくと、納豆の血液サラサラ効果はおよそ半日ほど持続しますので、夜間に血栓ができてしまうのを防げます。

そのため夜できた血栓によって起床後に脳梗塞を引き起こすというリスクを下げることができるのです。

 

Sponsored Link



夜の納豆には美肌効果も期待できる

夜納豆を食べておくことは美肌効果にもつながります。

なぜなら納豆に含まれる植物性たんぱく質は美肌の元である成長ホルモンが作られる材料になるからです。

成長ホルモンは夜眠っている間に分泌されて美肌に働きかけてくれますので、納豆でより良く分泌される状態を作っておきましょう。

夜納豆の効果については『納豆を夜食べるダイエット・美肌・健康効果が凄い!痩せる太らない食べ方・レシピも徹底解説!』をご覧ください。

食前の納豆はダイエットに効果的

食前に納豆を食べておくことはダイエットに効果的です。

納豆には食物繊維が豊富に含まれていますので、食前に食べることで満腹感を感じやすくなります。

また納豆の豊富な食物繊維は食べたものの消化吸収スピードを緩やかにしてくれますので、食後の血糖値の急上昇を抑えることにもつながります。

そのため食前に納豆を食べておくことはダイエットに効果的に働くというわけです。

Sponsored Link



妊婦や子供に納豆が効果的な理由

納豆は妊婦や子供が食べても効果的です。

妊娠中や離乳食期の乳児、成長期の子供に納豆が良い理由を解説します。

納豆は妊娠中にも良い

納豆は妊娠中に食べると妊婦本人の体調や胎児の成長をサポートする効果が期待できます。

妊娠中に役立つ納豆の成分について解説します。

大豆イソフラボンが女性ホルモンのバランスを整えてくれる

妊娠中はホルモンバランスが乱れて様々なマイナートラブルが出がちです。

そこで納豆を習慣的に食べるようにすると、大豆イソフラボンの女性ホルモンをサポートする働きでホルモンバランスが整えられます。

すると様々なマイナートラブルが解消されて快適な妊娠生活が送れるのです。

妊娠中に摂取すべき葉酸が豊富

妊娠中に摂取すべき栄養として推奨されているものに葉酸があります。

特に妊娠6週目までの葉酸摂取は重要で、この時期に葉酸が不足してしまうと胎児に神経管閉鎖障害が起こる可能性が高まり、無脳症や二分脊椎といった状態になってしまうリスクが高まるのです。

納豆には葉酸が含まれていますので、妊娠中にも積極的に食べたい食材といえます。

鉄分豊富なので妊娠中の貧血対策ができる

妊娠中は血液量が急激に増えますので、血中のヘモグロビンの割合が低くなり鉄分が不足した状態に陥りがちです。

納豆は鉄分も豊富な食材ですので、納豆を食べることは妊娠中の鉄欠乏性貧血を予防・改善することにもつながります。

豊富な食物繊維で便秘解消できる

妊娠中はホルモンバランスの乱れや大きくなるお腹に圧迫されることで便秘になりがちです。

納豆に含まれる豊富な食物繊維はお腹の調子を整えて便秘を解消するのに役立ちます。

また納豆に含まれる納豆菌は腸内環境を善玉菌優勢に整える働きもありますので、腸内環境を改善するという点からも便秘を解消してくれることが期待できます。

 

Sponsored Link



納豆は子供の成長に欠かせない栄養が豊富

納豆には子供の成長に欠かせない栄養が豊富に含まれています。

骨の形成に欠かせないカルシウムや、体を作る元になるたんぱく質などです。

同じたんぱく質でも動物性たんぱく質の場合には同時に脂質もとることになりがちですが、納豆の植物性たんぱく質は低脂肪なので脂質の取り過ぎになることがありません。

つまり納豆は質の良い栄養をたっぷり摂取し、子供の健やかな成長に役立つ食材なのです。

納豆は離乳食にもおすすめ

納豆は成長期の子供だけでなく離乳食を食べている乳児にもおすすめです。

栄養バランスが良い納豆は離乳食中期から

納豆の豊富な栄養は離乳食にも活用できます。

7ヶ月頃の離乳食中期に入ったくらいから納豆を少しずつ与えてみると良いでしょう。

納豆を刻んだりすりつぶしたりして食べやすくしてあげましょう

離乳食で納豆を与えるときには、刻んだりすりつぶしたりして赤ちゃんが食べやすいようにしてあげることが大切です。

ネバネバを嫌がる場合にはぬるま湯で納豆を洗ってから与えると良いでしょう。

そうして食べやすくした納豆をおかゆと混ぜて与えると、赤ちゃんでも無理なく納豆を食べられます。

離乳食に納豆を与える方法について詳しくは『離乳食の納豆はいつから?目安量・加熱方法・おすすめレシピ・納豆の選び方もすべて解説します!』をご覧ください。

Sponsored Link



納豆に副作用はある?

納豆を健康や美容のために活かすときに気になるのは副作用があるかどうかです。

納豆に副作用はあるのでしょうか?

納豆に副作用はない

結論からいうと納豆に副作用はありません。

なぜなら副作用というのは医薬品を摂取したときに表れる副反応のことをいうからです。

食品である納豆の場合にはアレルギーが出る・食べ過ぎによる不調が起こるという可能性はありますが、副作用が起こることはあり得ません。

納豆の食べ過ぎには要注意

注意したいのは納豆の食べ過ぎです。

納豆は健康にも美容にも良いですが、食べすぎると不調が出る可能性があります。

また納豆そのものだけでなく、豆腐や味噌など他の大豆製品を食べていたり、大豆由来のサプリメントを摂取していたりすると、食事全体のバランスが大豆製品に傾きすぎてしまうことがあります。

そのため納豆を1日1パックを目安に食べるのと同時に、大豆製品にも気をつけて摂取するようにしましょう。

 

Sponsored Link



納豆の食べ過ぎによる症状

納豆の食べ過ぎによって引き起こされる可能性のある症状について解説します。

納豆でおならが出る?

納豆を食べすぎるとおならの量が増えると感じる場合があります。

しかしこれは厳密にいうと納豆のせいではなく、腸内で悪玉菌が増えていることが原因です。

悪玉菌は納豆はもちろん肉や魚なども含むたんぱく質を分解し、有毒ガスを発生させます。

そのガスがおならとして出てしまうのです。

納豆には腸内を善玉菌優勢の状態に整える役割がありますので、納豆を食べる習慣を継続することでおならが減っていくことが期待できます。

納豆で下痢や腹痛になる?

納豆を食べることで下痢や腹痛になるという場合、セレンの過剰摂取になっている可能性があります。

セレンを多量に取り過ぎてしまうと、脱毛・爪の変形・下痢・嘔吐・頭痛などの症状が表れる可能性があります。

セレンは納豆を食べすぎてしまっただけで過剰摂取になることは通常ありませんが、体質によってはセレンの影響を受けやすいということもあります。

上にあげた症状が出るという場合には注意しましょう。

 

Sponsored Link



ワーファリンを飲んでいる場合は納豆に要注意

ワーファリンという薬を飲んでいる人は納豆を食べる場合に注意が必要です。

ワーファリンは抗血栓薬

ワーファリンというのは抗血栓薬のことです。

ビタミンKの血液を凝固させる働きを抑制することで血栓をできにくくする働きがあります。

そのため血栓ができることで引き起こされる、心筋梗塞や脳梗塞といった病気の治療薬として使われています。

納豆のビタミンKがワーファリンの効果を弱める

ワーファリンと同時に納豆を習慣的に食べていると、せっかくのワーファリンの効果を弱めてしまうことに注意してください。

ワーファリンはビタミンKの働きを抑えることで血栓をできにくくしますが、納豆にはビタミンKが含まれているからです。

ワーファリンが処方される際には納豆を食べ過ぎないよう医師より説明を受けるはずですので、注意点を守って飲んでください。

Sponsored Link



納豆の効果で健康も美容も手に入れよう!1日1パックを習慣づけて

納豆の効果は健康だけでなく美肌にもダイエットにも良いということが分かりました。

納豆が効果的なのは、

  • 納豆菌
  • ナットウキナーゼ
  • 大豆サポニン
  • ポリアミン
  • 大豆イソフラボン

をはじめとする豊富でバランスの良い栄養が含まれているからです。

これらの栄養を活かし納豆の効果を存分に発揮するためには、

  • 1日1パックの納豆を習慣化する
  • 賞味期限直前の納豆を食べる
  • 加熱せずに食べる(ごはんも熱々は避けて!)

というポイントを意識して納豆を食べるようにしましょう。

納豆を食べるタイミングによる効果の違いについて知っておくことも役立ちます。

  • 朝の納豆は冷え性改善に効果的
  • 夜の納豆は脳梗塞や心筋梗塞予防に効果的
  • 夜の納豆は成長ホルモンの分泌を助け美肌に効果的
  • 食前の納豆はダイエットに効果的

期待する効果によって納豆を食べるタイミングを変えることでより良く役立てることが可能です。

納豆は食べ合わせによっても違う効果が期待できます。

  • キムチ
  • ネギ
  • オリーブオイル

など一緒に食べておいしい上に納豆の効果を高める食材がたくさんありますので、楽しみながら納豆の効果を取り入れられます。

納豆をおいしく食べながらその効果を健康や美容に役立てていきましょう。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 朝納豆のダイエット効果が凄い!便秘解消・痩せる食べ方・レシピ・アレンジなど徹底解説!

  • ナットウキナーゼに効果がないのは本当・嘘?時間・血圧・血栓等への効果や働きを徹底解説!

  • 納豆は健康に悪い?効果と健康に良い食べ方・レシピを徹底解説!

  • 納豆で血圧は下がる!レシピ(酢納豆など)や効果、毎日の食べ方など徹底解説!

  • 納豆ヨーグルトを毎日食べ合わせる効果は?味や玉ねぎとの相性など徹底解説!

  • 納豆のたんぱく質量は少ない?筋トレ・ダイエット・離乳食への役立て方や良質な理由を解説!