1. TOP
  2. ココア
  3. ココアの健康効果を徹底解説!成分や飲み方・注意点と他の健康飲料との比較
Sponsored Link

ココアの健康効果を徹底解説!成分や飲み方・注意点と他の健康飲料との比較

ココア   781 Views

ココアの健康効果が注目されています。

ココアは、様々な病気の予防や改善効果があり「万能薬」といえるほど優秀な健康飲料なのです。

ココアの健康効果は幅広く、主なものには次のようなものがあります。

ココアの健康効果には動脈硬化予防効果がある!

ココアの健康効果には高血圧・糖尿病予防改善効果がある!

●ココアの健康効果には腸内環境・便秘の予防改善効果がある!

ココアの健康効果には冷え症改善効果がある!

ココアの健康効果には免疫力UP効果がある!

ココアの健康効果にはダイエット効果がある!

●ココアの健康効果には認知症予防効果がある!

●ココアの健康効果には癌・生活習慣病予防効果がある!

●ココアの健康効果には虫歯・口臭予防効果がある!

●ココアの健康効果にはピロリ菌の除去効果がある!

●ココアの健康効果にはアレルギー改善効果がある!

その他にも、数多くの効果があります。

ココアを飲むことで、様々な方向から体質を改善しながら健康な体づくりが目指せます!

そんなココアの健康効果に関わる全てを、徹底解説していきます。

 

 

Sponsored Link



Contents

ココアとチョコレートは同じ原料

ココアとチョコレートは、カカオ豆を原料にして作られます。

カカオ豆を発酵・乾燥して焙煎・磨砕すると、カカオマスになります。

カカオマスまでは、ココアもチョコレートも同じものです。

ココアは、カカオマスからカカオバター(脂肪分)を一定量取り除いたものを粉末にしたものです。

チョコレートは、カカオマスに砂糖・ミルク・カカオバターを加えて固めたものです。

 

ココアとチョコレートの違い

 

ココアとチョコレートは原料が同じですが、大きな違いはカロリーと脂肪分です。

カロリー・・・・・チョコレート=約200kcal > ココア=約160kcal

カカオバターや砂糖・ミルクが入っていない分、ココアの方が低カロリーです。

脂肪分・・・・チョコレート=約35% > ココア=約20%

 

ここ最近では、カカオポリフェノールを高配合したチョコレートが多く販売されています。

そのため、チョコレートからポリフェノールを摂取しやすくなりました。

ただしカカオポリフェノールが多く配合されているチョコレートは、普通のチョコレートと比べるとカロリーが高い傾向にあります。

そのため、食べ過ぎると太りやすくなってしまうというデメリットがあります。

チョコレートをココアの代用品としてお勧めはできませんが、健康効果は同じなので違いを知ったうえで活用するなら十分利用価値があるものです。

ココアとチョコレートの違いについては、「ココアとチョコレートの違いと効果を徹底解説!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの健康効果

 

ココアには、様々な健康効果があります。

ココアの期待される健康効果には、主に次のようなものがあります。

●動脈硬化予防効果

●糖尿病予防・改善効果

●冷え症改善効果

●免疫力UP効果

●ダイエット効果

●認知症予防効果

●癌予防効果

●虫歯・口臭予防効果

●ピロリ菌の除去効果

●アレルギー改善効果

その他にも様々な効果があります。

 

ココアのすべての効果については「ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えします!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアを代表する成分とその健康効果 

 

ココアの健康効果が注目される理由は、カカオ成分を丸ごと摂取できるという点です。

ココアの健康効果は、カカオポリフェノールの作用がベースとなっています。

このカカオポリフェノールの作用を中心に、テオプロミン・リグニン・カカオFFA・ミネラル類が、様々な方向から体質を改善していくことで大きな健康効果を導き出すのです。

では、ココアを代表する有効成分を紹介しましょう。

 

ココアの健康成分:最も注目を浴びる成分カカオポリフェノール

 

500種類あるといわれているポリフェノールは、各種類それぞれの作用をもっています。

全てのポリフェノールに共通しているのは、抗酸化作用があることです。

抗酸化作用は活性酸素を除去するため、癌や老化防止に効果があることが明らかになっています。

また血中のLDL(悪玉)コレステロールの酸化を防ぐため、脂質異常症などの予防にも役立ちます。

ココアに含まれるカカオポリフェノールは、主にエピカテキン・カテキン・プロシアニジンによって構成されています。

カカオポリフェノールは抗酸化作用のほかに、循環器の機能改善・血圧上昇抑制効果に強い効力を発揮します。

 

ココアの健康成分カカオポリフェノールの効果

 

  • 血行促進の効果
  • 血中のコレステロール値を下げる効果
  • ストレスへの抵抗力を強める効果
  • ストレスホルモンの増加を抑制する効果
  • アレルギーの症状を緩和する効果
  • 動脈硬化などの生活習慣病予防・改善効果
  • ガンの予防効果
  • シミ・しわ・紫外線から肌を守る美肌効果
  • 虫歯予防・口臭予防の効果
  • 免疫力を高める効果
  • 抗菌・消臭効果
  • メタボリックシンドロームの改善効果

 

カカオポリフェノールについての詳しい情報は「ココアのポリフェノール効果は絶大!その効能から摂取量まで徹底解説!」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

ココアには、抗酸化作用が強いといわれる「ビタミンE」も含まれるため、さらなる効果が期待できます。

 

Sponsored Link



ココアの健康成分:ココア特有の苦み成分テオブロミン

 

テオブロミンはチョコレートやココアの苦味成分で、天然の成分としては「カカオ」のみに含まれている成分であるといわれています。

テオブロミンの作用はカフェインにも似ていますが、カフェインよりも緩やかに成分が吸収されます。

ただし、テオブロミンの過剰摂取は利尿作用を引き起こしたり、興奮作用を高めてしまうことに繋がります。

テオブロミンを多く含む食品には、チョコレートがあります。

そのため、高カカオのチョコレートを食べる際には過剰摂取に気をつける必要があります。

 

🔷高カカオをうたったチョコレート:国民生活センターより

国民生活センターによる高カカオチョコレートの調査情報を、消費者に向けて提供しています。

 

ココアの健康成分テオブロミンの効果

 

  • 自律神経を整えリラックス効果
  • 毛細血管への血流促進効果
  • 集中力・記憶力・思考力を高める効果

 

テオブロミンの健康効果は直接的なものではなく、自律神経や脳・血流改善への強い働きかけにより様々な健康効果の後押しをするものです。

テオブロミンは緩やかに成分が吸収されるため、効果もゆっくりと現れてきます。

 

テオブロミンについては「ココアのテオブロミンとカフェインについて」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの健康成分:ココアの植物繊維リグニン

 

ココアのリグニンは不溶性植物繊維で、カカオポリフェノールと同様の抗酸化作用をもつのが特徴です。

植物繊維は、2つの種類があります。

■水溶性植物繊維・・・粘性があり水分を保つ働きがある

腸内で粘性物質に変わり、糖質・脂質の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑える働きをします。

また、コレステロールの吸収を抑制することで動脈硬化などを予防し、塩分なども体外へ排出してくれるので血圧の低下にも効果があります。

■不溶性植物繊維・・・水に溶けにくい繊維質で水分を吸収する働きがある

不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らむため、満腹になりやすく食べ過ぎを防いでくれます。

腸内で水分を吸収して膨らみ、腸の蠕動運動を活発にして便通を良くします。

また老廃物を排出するデトックス効果により、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の摂取量の目安は1:2が理想です。

ココアには水溶性植物繊維と不溶性植物繊維が理想に近い割合で含まれています。

 

ココアの健康成分リグニンの効果

 

  • 善玉菌を増やす効果
  • 腸内環境を整えながら便秘を改善する効果
  • 血糖値の上昇を緩やかにする効果
  • 余分な脂肪の排出を助ける効果
  • コレステロール値を抑制する効果

 

健康と密接な関係がある腸内環境を整えるには、善玉菌をいかに増やしデトックス効果を上げるかがカギとなります。

 

ココアの植物繊維についての詳しい情報は「ココアの植物繊維は水溶性と不溶性の両方をもつリグニンが便秘や美容に抜群に効く!」で解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの健康成分:ココアの遊離脂肪酸カカオFFA

 

カカオの成分は、カカオバター(脂肪分)で50%以上を占めています。

カカオバターは良質な脂質といわれ、なかでもオレイン酸とリノール酸を代表とする遊離脂肪酸「カカオFFA」が注目されています。

 

ココアの健康成分カカオFFAの効果

 

遊離脂肪酸「カカオFFA」には、胃・十二指腸潰瘍、胃がんや胃炎の元となるピロリ菌を除去できる高い効果があることが研究結果で明らかになりました。

ピロリ菌に接触して侵入できるカカオFFAは、細胞膜を攻撃してピロリ菌を殺菌・除去する作用があります。

カカオFFAのピロリ菌への効力は、殺菌作用をもつ抗生物質のような働きがあるといわれています。

 

ココアのピロリ菌除去効果については「ココアで胃炎、胃癌予防をする!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの豊富な成分:ミネラル類

 

ミネラルは、5大栄養素のひとつでもあります。

体の組織を構成する原料でもあり、生命活動の維持をする大切な役割をもっています。

ココアには、現代人が不足しがちなミネラルが豊富に含まれています。

ココアのミネラル類のなかでも、特にマグネシウム・カルシウム・カリウム・鉄分・銅・亜鉛の含有量が多いといわれています。

 

ココアの健康成分ミネラル類の効果

 

  • ココアのマグネシウムの血圧を下げ・むくみを解消する効果
  • ココアのカルシウムの精神を安定させる効果
  • ココアのカリウムの糖質の代謝を促進する効果
  • ココアの鉄分の疲労回復・貧血の予防改善効果
  • ココアのの免疫力UP・動脈硬化の予防・貧血の予防改善効果
  • ココアの亜鉛の生活習慣病の予防改善・傷の治りを早くする効果

 

その他のミネラルには、ナトリウム・リンなどが含まれます。

ココアのミネラル類でも様々な効果効能があるのですが、日本人にはミネラル不足の人が多いのが現状です。

 

▶ココアの成分については「ココアの成分がすごい効果を発揮する!」「ココアの栄養成分とその効果効能を徹底解説!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

また、ココアの亜鉛については「ココアの亜鉛成分と含有量を徹底解説!」で詳しく解説しています!

 

Sponsored Link



ココアが体に悪いといわれるデメリットや注意点

 

ココアは健康に優れた有効成分をもっていますが、ごく一部に体に悪いとされるデメリットかあります。

ココアを飲む上での注意点について、詳しく解説していきます。

 

ココア 健康被害にはカカオアレルギーがある

 

ココアには大きな健康被害というものはありませんが、アレルギーをもっている人にはアレルギー症状が出る場合があります。

 

ココアのアレルギーはチラミンとニッケルが原因物質

ココアアレルギーは、原材料のカカオに対してアレルギー反応を起こしてしまうものです。

そのためカカオを原料としているチョコレートや、カカオ成分を含む食品すべてに関わります。

ココアアレルギーの原因物質は、カカオに含まれる「チラミン」という物質です。

チラミンに敏感な人は、頭痛や腹痛・下痢・吐き気が起こります。

また金属アレルギーがある人には、カカオに含まれる「ニッケル」が原因物質になることもあります。

口から摂取したニッケルは血液に乗って全身を巡り、汗をかくことで身体の表面に出て湿疹や痒みなどを起こします。

 

ココアアレルギーについては「ココアはアレルギーを改善する効果とアレルギーを発症する原因の2つがある!」のなかで詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

ココアの飲み過ぎによる身体への影響

 

ココアにはカフェインが含まれています。

一般的にカフェインの過剰摂取による体への影響は、中枢神経を刺激するため不眠症や下痢・めまい・心拍数の増加・吐き気をもたらすことがあるとされています。

ココアにはカフェインが含まれていますが、微量なのでカフェインによる影響はほとんどないといわれます。

ただひとつ注意すべきことは、テオブロミンという成分がココアに含まれていることです。

デオブロミンはカフェインに比べ緩やかに移行しますが、カフェインと同様の作用があるため注意が必要です。

 

【ココアのカフェインとデオブロミンの150mL中の含有量】

■ピュアココア➡カフェイン=2~20mg:テオブロミン=75~150mg。

■調整ココア➡カフェイン=1~15mg:テオブロミン=50~100mg

こうしてみると、カフェインよりもテオブロミンが多く含まれるのが理解できるはずです。

 

Sponsored Link



妊婦・授乳中での健康への影響

 

ココアは栄養価に優れているので、妊婦さんにとって良い効果をもたらしてくれます。

ただしココアには、カフェインとデオブロミンが含まれています。

カフェインは、過剰摂取すると妊婦さんにとって悪い影響があります。

妊娠中のカフェインの過剰摂取は、胎児の成長を妨げる可能性があり流産や早産になるリスクが高くなるといわれています。

ココアに含まれるカフェインは微量なので、カフェインによる影響はほとんどないといわれています。

1日あたり1~3杯ほどの量なら、デオブロミンに関しても過剰摂取しない限り大丈夫です。

摂取後30分くらいで母乳に移行していくといわれていますので、気になる人は3時間くらいあけて体外に排出してから授乳するようにすることをお勧めします。

■カフェイン摂取量の目安=WHOでは1日に300mg

※100mg以上摂ると、胎児の発育遅延や早産のリスクが少しずつ上がっていくことが報告されています。

 

ココアの妊娠中飲み方については「ココアは妊娠中・妊婦に大丈夫?おすすめの理由と正しい飲み方」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

Sponsored Link



赤ちゃんや子供の健康への影響

 

子供は年齢が低いほど、1日あたりに摂取してもよいカフェインの量も少なくなります。

赤ちゃんへのココアはフォローアップミルクが始まる9ヶ月頃から飲めるようになります。

始めは、耳かき1杯程度からスタートしましょう。

1歳を過ぎる頃からは、少し薄めのココアを飲ませても大丈夫です。

ココアを摂り過ぎると、お腹がゆるくなってしまうこともあるので飲み過ぎには注意が必要です。

【カフェインの1日の摂取量】

●4歳~6歳・・・45mg
●7歳~9歳・・・62.5mg
●10歳~12歳・・・85mg

 

ココアの健康効果を高める 効果的な飲み方

目的によって、ココアの効果的な飲み方は変わってきます。

食前のココアは、余分なコレステロールの吸収を抑えてくれるのでダイエットや高血糖の改善に最適です。

食間のココアは、ヘルシーな間食代わりにもなり、空腹を抑えてくれます。

 

ココアを朝一番に飲む健康効果

 

朝食前の空腹時にココアを飲むと、腸が刺激されて排便を促す効果があります。

朝一番は1日のなかでも体温が一番低い時なので、身体が温まって1日を活動的に過ごすことができます。

また、豊富な栄養素を十分に取り入れることで、活動のためのエネルギーの補給ができます。

 

ココアを朝飲む効果については「朝ココアを飲むべき理由とその効果とは?」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

 

Sponsored Link



ココアを夜寝る前に飲む健康効果

 

夕食後の寝る前のココアはリラックス効果があり、質の良い睡眠を得ることができます。

質の良い睡眠は、成長ホルモンの分泌を促します。

成長ホルモンには、細胞の新陳代謝を促し身体の機能の再生・修復や免疫力を向上させる働きがあります。

実は成長ホルモンには脂肪を燃焼させる働きがあるため、睡眠時間が少なかったり眠りが浅かったりすると脂肪が燃焼されずに蓄積してしまうのです。

ダイエットが目的であれば、寝る2時間前に飲むことをお勧めします。

なぜなら、胃に残っている食物を優先してエネルギーにするため、体脂肪の燃焼が後回しになるからです。

体脂肪を燃やすのであれば、空腹にすることが重要なポイントです。

 

ココアを夜寝る前に飲む効果については「寝る前に飲むココアは効果抜群!その理由とは?」「夜ココアの効果が凄い!ダイエット・睡眠・ニキビ対策など様々な効能を発揮する!」とで詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

ココアの選び方と1日に飲む目安量

 

ココアには、純ココアと調整ココアがあります。

一般的によく飲まれているのが調整ココアで、ミルクココアといわれているものです。

一方の純ココアは、カカオ成分100%のココアです。

■ココアの1日の摂取量目安は=1~3杯

 

純ココアと調整ココアの違い

調整ココアは、ココアパウダーに砂糖・ミルク・添加物がたくさん入っています。

純ココアはカカオパウダーのみで、カカオの成分の他に何も入っていない無糖ココアです。

健康効果が目的であれば、純ココアがに限ります。

純ココアは、甘味の調節ができてアレンジできるのが利点です。

 

市販のミルクココアや缶ココアは健康効果を妨げる!

市販のミルクココアや缶ココアが体に悪いといわれるのは、砂糖と添加物に原因あります。

相当量の砂糖に加え、植物油脂・香料、カゼイン、乳化剤・脱脂粉乳などの添加物の塊です。

添加物は、アレルギー・生活習慣病・発癌性・内臓障害など様々な病気への原因となります。

また、複数の添加物の成分が合わさることで想定外の危険が生じることもあるため、添加物が入っている食品は極力避けることが賢明です。

 

Sponsored Link



ココアの健康効果を妨げる 砂糖の影響

 

砂糖は、肥満や慢性疾患の発症を促進する食品であることが確認されています。

そのうえ、アルツハイマー病やその他の脳障害や代謝機能不全、癌細胞の分裂を促進し増殖を加速させるともいわれています。

特に白砂糖は血糖値が急激に上がるため、血糖を下げようとしてインスリンが大量に放出されます。

それが繰り返されると、肝臓・すい臓・副腎に大きな負担がかかります。

血糖値のコントロールできなくなると、糖尿病・肥満など生活習慣病のリスクが高くなるのです。

 

Sponsored Link



ココアとその他の健康飲料の比較

 

今!ココアの優れた健康効果が改めて注目されています。

健康効果が高いといわれる「コーヒー」「紅茶」「緑茶」の3つを「ココア」と比較してみました。

それぞれアプローチが違うだけで、どの飲料にも優れた効果があります。

目的に合わせて飲み分けるのも、より効果的な健康効果を得る方法のひとつといえるでしょう。

 

「ココア」「コーヒー」「紅茶」「緑茶」の大きな違い

ココアとコーヒーは原料が豆で、カカオやコーヒーの豆を醗酵・焙煎して作られます。

一方、紅茶と緑地は茶葉より作られます。

もともと紅茶と緑茶の茶葉は同じものですが、発酵させる製造方法の違いで成分が変わってきます。

「コーヒー」「紅茶」「緑茶」は、ドリップした抽出液です。

ココアが他の3つの飲料と違うのは、カカオ豆を粉末にしたものをそのまま溶かして飲むところです。

粉末を溶かして飲む分、丸ごとカカオ成分が取り込めるところに利点があります。

 

「ココア」「コーヒー」「紅茶」「緑茶」の共通点

「ポリフェノール」と「カフェイン」「香りによるリラックス成分」がどれにも含まれているところです。

ポリフェノールは共通する抗酸化作用をもちながら、それぞれの種類で違った働きをします。

カフェインは、気管支喘息の改善や、偏頭痛の緩和など健康に大きく役立ってくれるものです。

香りによるリラックス成分は、ストレス緩和やうつ病等にも効果があるといわれています。

 

ただし、どの飲料も飲み過ぎるとカフェインの作用で胃への負担や、動悸・不眠症・吐き気・貧血を引き起こしてしまう可能性があります。

【カフェインの含有量(カップ1杯/約150ml)】

コーヒー=100㎎〜150㎎>紅茶=30㎎〜75㎎>緑茶=40㎎〜50㎎>ココア=10㎎~50㎎

 

※濃さを売りにしている市販の飲料は、コーヒーと同量近くカフェインが含まれている場合があります。

いずれにしろ、体の調子に合わせて適度な量を守ることが大切です。

 

ではまず、それぞれの飲料の健康効果を見てみましょう!

 

Sponsored Link



ココアとコーヒーの健康効果の違い   

 

コーヒーの健康に良い影響を与える大表的な成分には、「クロロゲン酸」「ニコチン酸」「カフェイン」があります。

コーヒーの主な健康効果

●抗酸化作用

●脂肪燃焼効果

●自律神経の調整・利尿作用

●疲労回復効果

●集中力をアップさせる効果

●コレステロールや中性脂肪を減らす効果

●癌・予防・生活習慣病の予防効果

●動脈硬化・糖尿病の予防改善

●うつ病リスクの軽減

●その他etc・・・

 

コーヒーには、心臓病・呼吸器疾患・脳卒中・糖尿病・感染症などによる死亡のリスクを減少する効果があることがわかっています。

ココアには、ピロリ菌を除去する高い効果がありますが、実はコーヒーにも同じ効果があります。

ピロリ菌は胃潰瘍や胃癌の原因とされていますが、ココアのピロリ菌の除去効果はコーヒーの3倍の効果をもっています。

 

【コーヒーのデメリット】

コーヒーはカフェインの含有量が多いので、過剰摂取には注意が必要です。

食後のコーヒーは、コーヒーに含まれるタンニンが体内の鉄分と化合してしまいます。

鉄分を溶かしてしまうことを防止するためにも、できれば2時間ほど空けて飲むようにしましょう。

 

▶コーヒーの健康効果については「コーヒーの効果がもの凄い!そのすべてをお伝えします!!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアと紅茶の健康効果の違い        

 

紅茶の健康に良い影響を与える大表的な成分には、「カフェイン」「タンニン」「テアフラビン」があります。

テアフラビンはカテキンが変化した成分で、脂肪や糖質の吸収を抑える高い効果をもっています。

テアフラビンは、特保のお茶などに含まれている成分でもあります。

紅茶には、健康に良い影響を与えるビタミンCは含まれていないのが特徴ともいえます。

 

紅茶の主な健康効果

●抗酸化作用

●癌予防・生活習慣病の予防効果

●ダイエット効果

●血糖上昇抑制・高血圧予防改善効果

●インフルエンザの感染予防効果

●歯垢防止・虫歯予防効果

●リラックス効果

●その他etc・・・

 

紅茶は、インフルエンザのウィルス撃退については、テアフラビンがウイルスの働きに強力に抑制します。

テアフラビンは、ウイルスに付着して活動を抑制するインフルエンザ抑制効果があります。

また、うがいをする時にも紅茶は効果があるようです。

ココアのインフルエンザ予防効果は、NK活性を上昇させて免疫を高めることで高いインフルエンザウイルス感染抑制効果があるものです。

 

紅茶のデメリット

紅茶には、カフェインの他に尿路結石や腎結石の原因となり得る「シュウ酸」も含まれています。

 

▶紅茶の健康効果については「紅茶の健康効果のすべてをお伝えします!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアと緑茶の健康効果の違い

 

緑茶のの健康に良い影響を与える大表的な成分には、「カテキン」と「タンニン」があります。

緑茶の豊富なビタミンCは、健康な肌や免疫力の強化に貢献してくれ、脂肪燃焼をサポートする成分でもあります。

【緑茶の主な健康効果】

●抗酸化作用

●癌予防

●血糖上昇抑制効果・高血圧予防改善効果

●ダイエット効果

●殺菌効果

●コレステロール値を下げる

●生活習慣病の予防効果

●風邪予防

●虫歯・口臭予防

●リラックス効果

その他etc・・・

 

緑茶には、脂肪を分解する強い作用があり、身体に脂肪が蓄積するのを防ぐ効果があります。

コレステロールを下げ血糖値や血圧を抑え、脂肪燃焼を促進する効果はココアに匹敵する効果があります。

ココアの脂肪燃焼効果は、様々な方向から脂肪の燃焼効果を大幅に高めることができものです。

ところが、脂肪の燃焼は、ビタミンCやビタミンB1・B2が必要不可欠です。

緑茶にはビタミンCが豊富で、ビタミンB類も同時に摂取できるところにメリットがあります。

ココアの場合、脂肪の燃焼に必要なビタミン類が少ないため他から補う必要があります。

またココアには、血行を促進や筋力を高める効果で基礎代謝をUPさせたり、インスリン分泌の抑制する効果もあります。

さらに不飽和脂肪酸には、体内の中性脂肪やコレステロールを排出する働きがあります。

 

 

緑茶はココアと同様、抗菌作用や虫歯予防、口臭予防にも効果を発揮します。

ココアの場合は口臭予防にとどまらず、便臭や体臭を軽減する消臭効果にも優れています。

実際にココアの消臭効果は、医療や介護の現場で活用されるほどの実力をもっています。

 

緑茶のデメリット

緑茶にはカフェインの他に、鉄分との相性が良くないタンニンが含まれています。

そのため食事と同時に摂取すると、鉄分の吸収率を下げてしまうので注意する必要があります。

 

Sponsored Link



まとめ:ココアの健康法は毎日飲む習慣が重要ポイント!

 

現代人の生活が引き金となる「生活習慣病」には、高血圧・糖尿病・脂質異常症など、悪化すると命に関わる病気が多く存在しています。

生活習慣を急に変えることは難しいことです。・・・・・でも!

ココアの健康法は、今までの生活スタイルを変えずにココアを飲むことを加えるだけです。

ただしルールがあります。

これらの高い健康効果が目的であれば、純ココアを使うことが第1条件!

最大の重要ポイントが、ココアを毎日飲む習慣!

 

ココアを毎日飲むことで得られる健康効果には、

●血液の質や血管機能をUPさせてる高い血流促進効果

●自律神経のバランスを調整する高いリタックス効果

●ピロリ菌を除去する高い効果

●血糖上昇抑制への高い効果

●腸内環境を整えて便秘を改善する高い効果

●コレステロールのバランスを保つことでの生活習慣病予防への高い効果

 

このほかにもココアには、まだまだ健康効果がたくさん詰まっています。

嬉しいことにココアは、味をアレンジできるので飽きずに続けられるメリットがあります。

目的に合わせてアレンジすれば、ココアの効果をさらにパワーUPすることも自由自在です。

 

▶ココアのアレンジについては「純ココアの飲み方を徹底解説!おいしい飲み方からダイエットに効果的な飲み方まで」「純ココアがおすすめ!効果と飲み方の全てをお伝えいたします!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

さらにココアの健康効果をスピードUPさせたいのであれば、ココア習慣を継続しながら少しづつでも悪しき習慣を改善すればいいのです。

まずは、ココアを飲むことを生活スタイルに加えることから始めてみましょう!

 

なお、ココアの全ての効果については「ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えいたします!」で紹介していますので是非ご覧ください!

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 酵素は太るためのサプリ?その理由と方法や食べ物・太る痩せる効果の違いを解説

  • 酵素は美容効果も凄い!サプリの飲み方や酵素美容液の正しい使い方まで徹底解説

  • 水道水について完全にまとめ上げました!

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

関連記事

  • ココアのポリフェノール効果は絶大!その効能から摂取量まで徹底解説!

  • ココアの便秘解消・改善効果が凄い!

  • ココアのダイエット効果がもの凄い!!

  • ココアは喉や咳の症状を緩和する効果がある!

  • 豆乳ココアの効果はダイエットや美容などに抜群に効く!作り方・レシピ・カロリーも徹底解説!

  • ココアで更年期障害や月経前症候群を改善する!