1. TOP
  2. 生姜
  3. 生姜が血圧に即効性がある理由と効果的なとり方について完全解説!
Sponsored Link

生姜が血圧に即効性がある理由と効果的なとり方について完全解説!

生姜   4,072 Views

生姜は血圧に即効性があるため、高血圧の改善が期待できます。

高血圧は何らかの理由により血液が流れづらい状態になると引き起こされる状態です。

現在日本で高血圧と診断されている患者数はおよそ1000万人にのぼります。

このように多くの方が悩んでいる高血圧を生姜で改善できるのです。

生姜の

  • 血管を広げる
  • 血液をさらさらにする
  • 心筋の収縮力を弱める

という働きが血液を流れやすくし、血管にかかる圧力を調節することで高血圧を予防・改善してくれます。

こうした生姜の働きを取り入れる際におすすめの方法は、

  • 酢生姜
  • 生姜ココア
  • 生姜緑茶

です。

生姜の血圧を下げる働きに加え、酢・ココア・緑茶もそれぞれ血圧の安定に良い働きをしてくれます。

また生姜を料理に上手に取り入れることで、おいしい減塩メニューを作ることができますので、このことによっても生姜は血圧降下に役立つといえるのです。

生姜の血圧に対する効果について、

  • 生姜が高血圧に即効性のある理由
  • 効果的な生姜の取り入れ方
  • 生姜と妊婦の高血圧

などについてわかりやすく、詳しくお伝えしております。

生姜と血圧についての知識を身につけ、生姜の効果を活かせるようになるためにぜひご覧ください。

Sponsored Link



Contents

生姜の効能は高血圧に即効性あり

生姜には様々な効能がありますが、高血圧を下げるのにもそれらの効能は即効性を発揮します。

なぜ生姜が血圧を下げるのかという理由とあわせ、高血圧がどのような状態なのかということも解説します。

生姜が血圧を下げる理由

生姜の血圧を下げる働きについて解説します。

生姜は血管を広げて血液が流れやすくしてくれる

生姜には血管を広げる働きがあります。

血管が広がるとその分血液が流れやすくなりますので、血圧をそれほど高くしなくても全身に血液を送れるようになるのです。

そのため生姜の血管を広げる働きは血圧降下につながります。

生姜は血液をさらさらにして流れやすくしてくれる

生姜には血液をさらさらにする働きもあります。

ところどころに血栓ができているどろどろの血液は流れづらく、全身に送るためには血圧がどうしても高くなってしまいます。

生姜で血液がさらさらになれば血流がその分良くなりますので、血圧を低くしてもじゅうぶんに血液を全身に送れるようになります。

生姜は心筋の収縮力を弱めて血圧を下げる

また生姜には心筋の収縮力をゆっくりと弱める働きもあります。

心筋がぎゅっと収縮したときの力が強いと、その分血液が送り出される勢いが強くなりますので血圧が高まります。

生姜によって心筋の収縮する力が適度に弱まると、血液の勢いも弱まるので血圧が下がるのです。

 

Sponsored Link



血圧が高い状態とは?

高血圧が健康に良くないということはよく知られていますが、そもそも高血圧とはどのような状態なのでしょうか。

血圧と高血圧について解説します。

血圧は血が流れるときに血管にかかる圧力

血圧というのは血が流れるときに血管にかかる圧力のことです。

水道につないだホースをイメージすると分かりやすいのですが、勢い良く水が出てくるホースには高い水圧がかかっていて簡単に押しつぶすことができません。

これは高血圧の状態と同じです。

なんらかの原因によって血液を勢い良く送り出さなければいけない状態になってしまうと、血管にかかる圧力が大きくなってしまい、その状態を高血圧というのです。

血圧が決まる条件

血圧を決めるのは血の流れやすさです。

具体的には、

  • 血流量(多いと血圧が高くなる)
  • 血液のどろどろ具合(どろどろだと血圧が高くなる)
  • 血管の収縮具合(収縮していると血圧が高くなる)

によって決まります。

血が流れにくい状態になると血圧が上がる

そして血圧が高くなるのは血が流れにくい状態になっているときです。

流れる血の量が多いのにどろどろしていて血管が狭まっていれば、血液を心臓というポンプで全身に送るためには相当な力が必要になります。

そのため心筋の収縮する力が強まり、血管に高い圧力をかけながら血液を送り出すことになるというわけです。

高血圧の基準

高血圧は基準が決まっています。

心臓が血液を送り出したときの血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上、もしくは心臓の収縮が終わったときの血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上の場合に高血圧と判断されます。

140mmHg以上もしくは90mmHgという数字の理由は、この状態が続くと命に関わる脳卒中や心筋梗塞といった病気のリスクが高まることが分かっているからです。

生姜は血液を流れやすくするから血圧降下に役立つ

生姜が高血圧に即効性があるのは、生姜の血液を流れやすくする働きによります。

高血圧は流れにくい血液を無理やり流そうとするために引き起こされる状態なので、血液をさらさらにしたり血管を広げたりして血流を良くすることができれば改善できるのです。

生姜にはこうした働きがあることが分かっているので、血圧を下げるのに役立つといえます。

Sponsored Link



生姜を取り入れて血圧を下げる食べ物・飲み物

生姜で血圧を下げる場合におすすめの食べ方・飲み方を紹介します。

生姜の働きはもちろん、一緒にとる食材の働きによっても血圧を良好な状態に保てるようになります。

酢生姜は食事に活かして血圧下げる

酢生姜は酢と生姜の働きを同時に取り入れることができる方法です。

簡単に作れておいしく食べられるので、毎日の食生活にプラスして高血圧の改善や予防に役立てましょう。

酢と生姜のダブルの働きで血圧降下

酢生姜は酢と生姜の2つの食材の働きを同時に取り入れることができます。

  • 酢:血行促進、疲労回復、脂肪分解
  • 生姜:温め効果、血管拡張、血液さらさら

酢と生姜の働きを見てみると、どちらも血液を流れやすくする働きがあることが分かります。

酢にも血行促進する働きがありますし、生姜にも血液や血管の状態を良くすることで血液が流れやすい状態を作る働きがあります。

そのため酢生姜は血圧を下げるのに効果的なのです。

酢生姜の作り方

  1. よく洗った生姜を皮のまま薄切りにする
  2. 1を保存ビンに入れ、生姜が浸るくらいまで酢を入れる
  3. 冷蔵庫で1日置く

酢生姜は酢と生姜があればすぐに作れます。

作り方もシンプルなのでチャレンジしやすいでしょう。

冷蔵庫に保存して1週間程度で食べきるようにするので、1週間分をまとめて作っておくと便利です。

 

Sponsored Link



アミノ酸豊富な黒酢で作る酢生姜はより効果的

酢生姜の酢を黒酢にして作ると、高血圧対策により効果的になります。

黒酢は普通の米酢と比較して熟成期間が長いという特徴があります。

そしてその長い熟成期間中に抗酸化物質が作られるのです。

この抗酸化物質には血管の老化を予防する働きがありますので、柔軟性の高い血液の通りやすい血管を保ちやすくなります。

血管が若々しい状態だと血圧が高くなりにくいので、高血圧に効果的というわけです。

リンゴ酢で作る酢生姜は酢が苦手でも食べやすい

酢生姜を高血圧対策に食べたいけれど酢が苦手という人もいます。

そんな場合には酢をりんご酢にしてみましょう。

りんご酢なら酢特有のつんとした感じが少ないので食べやすい酢生姜が作れます。

酢生姜作りにはちみつやメープルシロップを加えるとまろやかになる

また酢生姜を作るときにはちみつやメープルシロップを加えるのもおすすめです。

少し加えると甘味でまろやかになりぐっと食べやすくなりますので、酢が苦手な場合には1さじ加えて酢生姜を作りましょう。

酢生姜の活用法

酢生姜はそのまま食べてもおいしいですし、アレンジすることもできますので、毎日の食事に気軽に使っておいしく生姜を取り入れることができます。

  • 刻んで野菜とあえる
  • ドレッシング代わりに使う
  • ごはんにかけて食べる

などがおすすめです。

酢生姜には塩が入っていませんので、上手に活用することで減塩メニュー作りにも役立ちます。

 

Sponsored Link



生姜ココアは血圧を下げる飲み物

生姜ココアは血圧の改善に役立つ飲み物です。

生姜とココアの働きで血流が良くなるから血圧降下に役立つ

生姜ココアを飲むと生姜とココアの2つの働きで血流が良くなります。

血流がスムーズになると血圧が下がりますので、血圧降下に役立つというわけです。

ココアに血圧下げる働きがあるという研究結果もある

またココアには血圧を下げる働きがあるという研究結果も出ています。

ココアを飲んだ直後から高めの血圧を下げる結果が出ているのです。

つまりココアの血圧を下げる働きも生姜の働きと同様に高血圧に対して即効性があるといえます。

生姜ココアの作り方

  1. カップにお湯を入れる
  2. すりおろした生姜とピュアココアを加える
  3. ダマにならないようによくかき混ぜる

生姜ココアはおいしく飲んで血圧を下げることができます。

簡単に作ることができるので、毎日の習慣にして飲み続けるようにすると良いでしょう。

生姜ココアを血圧に役立てるならピュアココアを使いましょう

生姜ココアを作るときに注意しなければいけないことがあります。

それはピュアココアを使うということです。

ココア本来の働きを活かすためには、砂糖やその他の添加物が含まれたミルクココアではなく、ピュアココアを選ぶことが重要です。

生姜ココアはピュアココアで作ることで血圧にも効果を発揮します。

生姜ココアの効能効果についてまとめている『生姜ココアの効果効能が物凄い!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



生姜緑茶はカテキンの働きで血圧を下げる

血圧対策に効果的なドリンクに生姜緑茶もあります。

生姜を入れたお茶というと生姜紅茶がよく知られていますが、高血圧を下げたいという場合にはカテキン豊富な緑茶がおすすめです。

血圧対策なら生姜紅茶より生姜緑茶

生姜紅茶と生姜緑茶では生姜緑茶の方が血圧対策に向いています。

血圧を下げるのにはカテキンが有効で、カテキンがより豊富に含まれているのは緑茶だからです。

そのため血圧対策で生姜をお茶に入れる場合には、緑茶に入れるようにすると良いでしょう。

生姜緑茶なら食後のお茶の習慣で自然に血圧対策ができる

生姜緑茶の場合には食後に飲む緑茶に生姜を入れれば良いだけですので、これまでの習慣そのままに血圧対策ができます。

日常のお茶として定着している緑茶は毎日の習慣として取り入れやすいのが魅力です。

Sponsored Link



生姜の効果的な取り入れ方

生姜を血圧対策のために活用する際のポイントを解説します。

生姜の血圧対策は毎日とるのが効果的

生姜を血圧対策のために摂取する場合には毎日とるということが重要になります。

生姜の血圧を下げる働きはずっと続くものではないからです。

そのため1度にたくさんとるよりは、毎日少しずつとるというのが効果的といえます。

生姜の摂取量は1日に10gが適量

生姜の摂取量に明確な上限はありませんが、1日におよそ10g程度を上限にとるのが良いといわれています。

生姜は古くから漢方薬など生薬として使われている食材ですのでパワフルに働きます。

そのため多く取り過ぎるより少しずつ毎日とるというのを習慣づけるようにしましょう。

生姜の過剰摂取による悪影響

また生姜は取り過ぎると体調に悪影響が出ることもありますので注意しましょう。

生姜の過剰摂取の悪影響には、

  • 乾燥やほてりの悪化
  • 胃痛
  • 血糖値の低下
  • 止血しにくくなる
  • 流産

といったことがあげられます。

適量の生姜は体に良い働きをもたらしますが、取り過ぎると副作用のような症状が出てしまう可能性があるのです。

そのため生姜は1日に10gを目安に摂取するようにしましょう。

生姜の過剰摂取による不調については『生姜に副作用!?生姜の効果的な食べ方・飲み方と正しい知識をお伝えします!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



生姜は高血圧の人の減塩メニューに役立つ

生姜は生姜そのものの血圧を下げる働きだけでなく、生姜を活用することによる減塩の成功によっても高血圧を改善することができます。

血圧を下げるレシピで減塩は必須

血圧を下げるための食事メニューでは減塩が必須です。

しかしただ単に塩分の量を減らすだけだと味が物足りなく感じて食事の満足感が得られなくなってしまいます。

減塩メニューでは生姜などの香辛料を上手に活用して味の満足感を高める工夫をしましょう。

減塩メニューは香辛料や出汁の利用でおいしく仕上がる

減塩メニューをおいしく作るのに生姜は役立ちます。

生姜特有の香りや辛味が味にパンチを効かせ満足感を与えてくれるからです。

生姜以外の香辛料や様々な出汁も減塩メニューをおいしく仕上げるために役立ちますので上手に活用していきましょう。

生姜は減塩を成功させるために活用できる

減塩成功のためには単純に薄味の食事を作るだけではいけません。

薄味の食事で満足感が得られるのであれば良いのですが、そうでない場合には継続するのが難しいからです。

塩を控えても満足できる食事を作るのに生姜の味と香りをぜひ活かしてください。

生姜の香りで満足のいく味付けがされた食事であれば、減塩メニューでも続けやすくなります。

生姜は減塩を成功させるのにも役立つ食材なのです。

酢生姜をドレッシングに使うだけでも効果的

生姜を活用して減塩する手軽な方法として、酢生姜をドレッシング代わりに使うというのがおすすめです。

酢生姜は塩を使わずに作っていますので、ドレッシングを酢生姜で代替するだけで簡単に減塩できます。

しかも同時に酢と生姜の血圧を下げる働きを活かすことも可能です。

生姜を減塩に活かすときには、まず酢生姜ドレッシングから始めてみてはいかがでしょうか。

生姜は高血圧の食事療法に役立てることで血圧対策につながる

生姜を高血圧の食事療法に取り入れることは、

  • 満足感のある味付けになり減塩が続けやすくなる
  • 生姜の血圧を抑える働きを取り入れられる

という2つの点で血圧対策に最適です。

おいしく減塩メニューを食べながら血圧を改善していくために生姜を活かしていきましょう。

Sponsored Link



生姜は妊婦の高血圧対策に有効

生姜は妊娠中の高血圧対策に活用することもできます。

妊娠中は高血圧になりやすい

妊娠すると普段は血圧に問題の無い人でも血圧が高くなってしまいがちです。

妊娠中には血液の量が増えて、大量の血液が血管をめぐります。

通常よりも多くの血液が血管を通りますので、血管にかかる圧力が高くなってしまうのです。

妊娠高血圧症候群の可能性も

また妊娠中に血圧が高くなる状態は、妊娠高血圧症候群の可能性も出てきます。

妊娠高血圧症候群は重症化すると母子ともに命の危険にも関わってくるものです。

そのため妊娠中の高血圧はじゅうぶん注意するとともに、日頃の食生活に生姜を取り入れて予防・改善していきましょう。

妊娠中の高血圧は冷えによって促進される

妊娠中の高血圧は冷えによっても促進されるということが分かっています。

そのため妊娠中は冷えに気をつけて体を温めることを心がけましょう。

冷え取りに効果的な生姜を上手に活用しましょう

生姜の冷えを改善する働きを活用するのもおすすめです。

生姜湯を飲んだり食事に生姜を取り入れるようにすると、体がぽかぽかして温まるのを実感できます。

冷え取りに使う生姜は加熱して取り入れるのが有効

生姜を妊娠中の冷え取りに使いたい場合には、加熱して食べたり飲んだりすることが重要です。

生姜の温め効果は加熱することで増えるショウガオールによるものです。

生の生姜は一時的に体が温かくなっても最終的には体を冷やす働きがあります。

そのため冷え改善のために生姜を取り入れたいのであれば、加熱した生姜を使うということが重要です。

 

Sponsored Link



生姜を効かせた食事で塩分を控えて高血圧を予防しましょう

妊娠中には高血圧になりやすいので、日頃の食事に生姜を活かして塩分を控えておくことも大切です。

生姜を加えると塩分控えめでも満足できる味に仕上がります。

妊娠高血圧症候群は原因が明らかになっていないので、誰でもなる可能性があると考え、できる限りの予防策をとっておくことが重要です。

ただし生姜の食べ過ぎには要注意!

生姜は妊娠中の高血圧対策に活用できますが、食べ過ぎには注意しましょう。

生姜を過剰摂取することで流産になる可能性があるからです。

生姜の1日の適量は10g程度ですので、その分量を守って少しずつ食べるようにしてください。

妊娠中の生姜については『妊婦が生姜湯で得られる効果が凄い!』も参考にご覧ください。

Sponsored Link



生姜の血圧を下げる以外の効能効果

生姜には血圧を下げる以外の効能効果もあります。

生姜の様々な効能効果について解説します。

生姜のダイエット効果

生姜にはダイエット効果があります。

  • 生姜の温め効果
  • 生姜の代謝を高める効果
  • 生姜のむくみ解消効果
  • 生姜の便秘解消効果

といった働きによって、ダイエットしやすい体を作ってくれるのです。

ダイエットするためには摂取カロリーより消費カロリーを多くすることが大切ですが、運動で消費できるカロリーは意外と少ないものです。

生姜で代謝を高めることができると何もしていなくても消費できるカロリーが増えるので、自然と痩せやすい状態が作れるといえます。

生姜の冷え性改善効果

生姜には冷え性改善効果があります。

冷え性に効果的なのは加熱した生姜です。

加熱した生姜に含まれるショウガオールが体を芯から温めますので、ぽかぽかした状態が維持できます。

生姜の温め効果は約3時間持続するといわれていますので、3時間ごとに生姜をとるのがベストです。

生姜の生活習慣病予防の効果

生姜は生活習慣病予防にも役立ちます。

生姜の血圧対策の働きによって高血圧が予防されることや、抗酸化物質により体内の活性酸素を取り除けるということが、生活習慣病予防につながるのです。

 

Sponsored Link



生姜の認知症予防の効果

生姜は認知症予防にも効果的ということが分かってきています。

生姜に含まれるジンゲロールが認知症の進行を遅らせる薬と同じ働きをすることが分かったからです。

生姜の免疫力を高める効果

生姜には免疫力を高めて風邪やインフルエンザなど感染症にかかりにくくする働きもあります。

生姜の免疫力向上の仕組みは、

  • ジンゲロールが白血球を増やす
  • ショウガオールが体温をあげる

という2つの働きによります。

体温が1度あがると免疫力は5~6倍にもなるといわれていますので、生姜は免疫力アップにも役立つ食材なのです。

生姜の効能効果についてまとめている『生姜の効能(美容・ダイエットなど)と成分・食べ方を完全解説します!』もご覧ください。

Sponsored Link



生姜は血圧を良好な状態に整えてくれます

生姜には血圧を良好にする働きがあります。

血圧は血液が流れづらい状態になると高くなってしまいますが、

  • 血管を広げる
  • 血液をさらさらにする

という生姜の持つ血流を良くする効果によって改善されます。

また生姜には心筋の収縮する力を調節する働きもありますので、高血圧の場合には心筋の収縮力を弱めて血液を送り出す勢いを弱くすることでも血圧を下げることに役立つのです。

高血圧と診断されると減塩を中心とする食事療法も必要になってきますが、その際にも生姜は役立ちます。

生姜を効果的に使うことで塩分控えめのメニューでも満足できる味付けができるからです。

また高血圧になる前から日頃の食事に生姜を活用して塩分を控えておくことは、高血圧予防につながります。

生姜で血圧を下げる場合におすすめの取り入れ方には、

  • 酢生姜
  • 生姜ココア
  • 生姜緑茶

があります。

生姜はもちろん酢・ココア・緑茶にもそれぞれ血圧を整える働きがありますので、日常的に取り入れると良いでしょう。

生姜の高血圧改善の働きは1度生姜をとるとずっと続くというものではありませんので、少しずつ毎日摂取する習慣を身につけることも大切です。

生姜をとる習慣を身につけて、高血圧の改善・予防に活かしていきましょう。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 生姜で冷え性対策!効果的な理由や取り入れ方について徹底解説!

  • 生姜で便秘解消!効果的な理由・飲み方・注意点をお伝えいたします!

  • 生姜の健康効果について徹底解説!食べ方・保存方法もお伝えします!

  • 生姜で温まるは嘘?効果を発揮する正しい方法を徹底解説!

  • 生姜の効能(美容・ダイエットなど)と成分・食べ方を完全解説します!

  • 生姜に副作用!?生姜の効果的な食べ方・飲み方と正しい知識をお伝えします!