1. TOP
  2. 生姜
  3. 生姜で冷え性対策!効果的な理由や取り入れ方について徹底解説!
Sponsored Link

生姜で冷え性対策!効果的な理由や取り入れ方について徹底解説!

生姜   1,011 Views

生姜が冷え性対策に効果的ということは一般常識といえるくらい多くの人に浸透している知識です。

  • 生姜の血行促進効果
  • 生姜の体を芯から温める効果
  • 生姜の体温を高める効果

によって、生姜をとると冷え性の改善が期待できるのです。

ただし冷え性改善に効果的なのは加熱した生姜です。

生の生姜を食べていると逆に体が冷えてしまい冷え性が悪化することもありますので注意しましょう。

  • 蒸し生姜
  • 乾燥生姜
  • レンジで加熱した生姜

を料理や飲み物に活用して生姜の働きを冷え性改善に役立ててください。

また生姜は食べ過ぎも不調のもとですので、1日に10gを目安に摂取するのが良いでしょう。

生姜を冷え性対策に活用できるように、生姜ドリンクの作り方や男性の冷え性と生姜についても解説していますのでぜひご覧ください。

今回の記事を活用して生姜を冷え性改善に役立てて、ぽかぽかの体を手に入れましょう。

Sponsored Link



Contents

生姜が冷え性に効果的な理由

生姜が冷え性に効果的な理由について解説します。

生姜の血行促進で冷え性改善される

生姜を食べたり飲んだりすると血行が良くなり、全身の隅々まで血液が行き渡るようになります。

温かな血液がきちんとめぐるので、指先が冷たくてつらいということが解消されるのです。

生姜が血管を拡張して血行を良くする

生姜には血管を拡張する働きがあります。

血液の通り道が広がりますので、それまでより血流が良くなるのです。

特に指先や足先の毛細血管など細かな血管は血液が通りにくく冷えてしまいがちなので、生姜の働きによる温かさの違いを実感しやすいでしょう。

生姜がさらさらの血液にするから血行が良くなる

また生姜には血液をさらさらにして流れやすい状態にする働きもあります。

さらさらの血液は曲がった血管や細くなった血管でも通り抜けていきやすいので、血液が無理なく全身に行き渡りやすくなるのです。

 

Sponsored Link



生姜が胃壁を刺激して体を芯から温める

生姜は体を芯から温める働きによって冷え性改善を促す効果もあります。

生姜が体を芯から温めるのは、胃壁を刺激することができるからです。

胃壁への刺激によって体の内側が温まりますので、じんわりと長時間続く熱が生まれます。

生姜が体温を高めて冷え性を改善する

冷え性の人は低体温になりやすいのですが、生姜には体温を高める働きもあります。

体温が高くなると冷えが解消されて温まりやすくなります。

体温を高める働きによっても生姜は冷え性を改善してくれるのです。

Sponsored Link



生姜が冷え性に効かないのは生の生姜を使っているから

生姜は冷え性に効果的な食材ではありますが、生の生姜を食べたり飲んだりしている場合には冷え性に効かなかったり、逆に冷えやすくなってしまったりすることがあります。

生の生姜は体を冷やす

同じ生姜でも生の生姜には体を冷やす働きがあります。

生の生姜に含まれるジンゲロールは発汗で解熱を促す

生の生姜にはジンゲロールという成分が豊富に含まれています。

ジンゲロールには発汗によって体の熱を発散するという働きがありますので、生の生姜を食べていると熱が奪われて冷えてしまうことがあるのです。

生の生姜の温め効果は末端へ体の芯の熱を移動する

生の生姜を食べた場合でも体が熱くなる感じを実感しますが、その熱は体の芯の熱を末端へ移動させることで感じているものだといわれています。

そのため体の芯の熱が奪われてしまうので生の生姜を食べると冷えてしまうというわけです。

Sponsored Link



生姜の冷え性対策には加熱した生姜が効果的

生姜を冷え性対策に活用するためには加熱した生姜を使うようにしましょう。

加熱した生姜は温め効果抜群のショウガオールが増加する

生姜は加熱するとジンゲロールがショウガオールという成分に変化します。

そしてショウガオールは体を芯から温める働きをする成分なので、体がぽかぽかと温かくなり冷え性が改善されていくのです。

ショウガオールの温め効果の特徴

生姜は生でも温め効果はありますが、その効果は一時的で冷えにつながるものです。

生の生姜の温め効果と加熱した生姜のショウガオールの温め効果の違いは何なのでしょうか。

ショウガオールの温め効果について解説します。

ショウガオールの温め効果は体の芯を温める

ショウガオールの温め効果は体を芯から温かくしてくれます。

生の生姜は体の芯の熱を使って末端を温めますが、ショウガオールは体の芯を温めることで自ら熱を発する状態にするというわけです。

そのためじわじわと全身が温まり、指先や足先まで温かな状態になっていきます。

ショウガオールの温め効果は約3時間持続する

ショウガオールの温め効果は生の生姜と比べて長く続くのも特徴です。

ショウガオールの温め効果はおよそ3時間も持続しますので、1度生姜をとるとぽかぽかした状態が続くのです。

生姜の温め効果を持続させるためには、3時間おきに生姜をとるとより効果的です。

Sponsored Link



生姜を冷え性に活かすための食べ方・飲み方

生姜を冷え性に活かす食べ方や飲み方について解説します。

生姜の加熱の仕方や生姜ドリンクの作り方を知り、毎日の生活の中に取り入れていきましょう。

冷え性対策のための生姜の加熱の仕方

冷え性対策のためには生姜を加熱して取り入れるのがベストです。

そのための生姜の加熱の仕方について紹介します。

自分に合った方法で加熱した生姜を作り食べたり飲んだりしてみましょう。

生姜の加熱は100度以下で行う

生姜を加熱するときには必ず100度以下で行うようにします。

100度を超える熱を加えてしまうと、ショウガオールが分解されてしまうからです。

そのため生姜の加熱方法は野菜炒めにいれて高温で熱するというやり方では冷え性対策には向いていません。

冷え性対策のための生姜の加熱方法は、

  • 蒸し生姜
  • 乾燥生姜
  • レンジでの加熱

が最適です。

蒸し生姜の作り方

  1. 生姜を洗い皮ごとスライスする
  2. 生姜を重ならないように並べて約30分間甘い香りがするまで蒸す
    レンジで加熱する場合にはシリコンスチーマーに入れて約10分加熱する
  3. 2を乾燥させる

完成した蒸し生姜はビンなど保存容器に乾燥剤と一緒に入れて保存します。

ミルがあれば粉末にして保存しておいても便利です。

乾燥生姜の作り方

  1. 生姜をよく洗い皮ごとスライスする
  2. 生姜を重ならないように並べて乾燥させる
    天日なら1~2日、室内なら1週間程度が目安

乾燥生姜は加熱はしていませんが、しっかり乾燥させることで温め効果が期待できます。

飲みものに加えてとることもできますし、入浴剤代わりにお風呂に浮かべても体が温まります。

生姜をレンジで加熱する方法

  1. 生姜を洗い皮ごとすりおろし容器に入れる
  2. 容器に生姜がひたひたになるくらいの水を入れる
  3. レンジで加熱する(500wなら4分間、750wなら3分間)

生姜をレンジで加熱する方法は手軽なので使いたいときに使いたい分だけ加熱できて便利です。

 

Sponsored Link



シンプルな生姜湯で手軽に生姜を取り入れる

生姜を取り入れる方法として作り方がシンプルで簡単なのが生姜湯です。

味わいもシンプルなのでアレンジしながら楽しむこともできます。

生姜湯の作り方

  1. カップにお湯を入れる
  2. 加熱した生姜を加える

生姜湯は2ステップで簡単に作れる生姜ドリンクですので、生姜で冷え性対策をするときにまず試してみると良いでしょう。

生姜湯の簡単アレンジ

生姜湯はシンプルな味わいですのでアレンジ次第で色々な味にできます。

  • はちみつ
  • りんご
  • 黒糖
  • レモン

など甘味や酸味のあるものとよく合います。

またスープの素を加えれば即席の生姜スープになりますので、食事に合わせるのも良いでしょう。

生姜湯の効果について解説している『生姜湯の効果はこんなにある!驚きの生姜パワーについて』もご覧ください。

 

Sponsored Link



生姜ココアはぽかぽかの持続時間アップ

生姜ココアは生姜の温め効果にプラスしてココアの温かさを持続する働きも活かすことができます。

ココアはお茶や白湯と比べて上がった体温を持続する効果が高いことが分かっています。

そのため生姜ココアを飲むと温まった体が冷えにくく、冷え性を改善するのに役立つといえるのです。

生姜ココアの作り方

  1. カップにお湯を入れる
  2. 加熱した生姜とピュアココアを加える
  3. よく混ぜて完成

生姜ココアを作るときには必ずピュアココアを使います。

お湯に溶くだけで甘いミルクココアができるタイプのココアだと糖分が多く含まれていますし、ココアに本来含まれている食物繊維や栄養成分がほとんど含まれていないからです。

生姜ココアは便秘解消にも役立つ

生姜ココアは冷え性改善だけでなく便秘解消にも役立ちます。

便秘の原因にはいくつかありますが、生姜ココアは中でも腸のむくみによる便秘解消に効果的です。

腸のむくみがとれてすっきりするので便の排出がされやすくなります。

またピュアココアに豊富に含まれている食物繊維も便秘解消に効果的です。

生姜ココアの様々な効能を解説している『生姜ココアの効果効能が物凄い!』もご覧ください。

生姜紅茶はダイエットの定番ドリンク

ダイエットの定番生姜ドリンクとして人気の生姜紅茶も冷え性対策に役立ちます。

生姜紅茶のダイエット効果は体を温めて代謝を高めることによるものなので、冷え性改善の効果もあるからです。

生姜紅茶の作り方

  1. カップにお湯と紅茶のティーバッグを入れて紅茶を作る
  2. 紅茶に加熱した生姜を加える

生姜紅茶をおいしく作るためには紅茶をおいしくいれることです。

ティーバッグで紅茶をいれる場合には、ティーバッグを引きあげるときにぎゅーっと絞ると苦味や雑味が出てしまいます。

ティーバッグは絞らずにそっと引きあげるだけにしてください。

紅茶のおいしい入れ方は『紅茶の入れ方(淹れ方)で美味しさ・味・香りは大きく変わる!』をご覧になり参考にしてみてください。

生姜紅茶は生姜と紅茶のダブルの働きでダイエット効果が期待できる

生姜紅茶は生姜の温め効果はもちろん、紅茶ポリフェノールの脂肪の吸収を抑える働きもありますので、生姜と紅茶のダブルの働きがダイエットにも効果的です。

そのため生姜紅茶は冷え性を改善しながらダイエットにも働きかけることができる生姜ドリンクといえます。

生姜紅茶の効果を解説している『生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!』もぜひご覧ください。

 

Sponsored Link



生姜ドリンクの甘味ははちみつや黒糖がおすすめ

紹介した生姜ドリンクは全て甘味を加えていない作り方で作っています。

そのため生姜の辛味が苦手という人や、元々ココアや紅茶は甘くないと飲めないという人の場合には飲みづらく感じるかもしれません。

そうしたときにおすすめなのは、白砂糖の代わりにはちみつや黒糖を使うことです。

白砂糖は体を冷やす

白砂糖は体を冷やす性質がある食材といわれています。

せっかく生姜の温め効果で冷え性改善をしていこうとしているのに、白砂糖を入れてしまうと温めた体を冷やしてしまいます。

そのため甘味づけに白砂糖は向いていないのです。

はちみつや黒糖の量は少しずつ減らしていく

はちみつや黒糖は体を冷やすものではありませんが、生姜ドリンクに加えればそれだけカロリーが高くなります。

そのためはちみつや黒糖を加えるとしても分量は少なめにしておき、徐々に減らしていくようにしましょう。

少しずつ減らしていけば、最終的には甘味を加えなくても飲めるようになります。

生姜スープで野菜の栄養と食物繊維もたっぷり摂取

生姜スープを食事ごとに食べるのも冷え性改善におすすめです。

生姜の温め効果と同時に野菜の栄養や食物繊維も摂取できますので、日頃の野菜不足を補い体調を整えるのにも役立ちます。

生姜スープの作り方

  1. 季節の野菜やきのこなど好みの材料を食べやすい大きさに切る
  2. 1を炒める
  3. 水を入れて煮込む
  4. 塩・スープの素・出汁などで味付けする
  5. すりおろした生姜を加える

生姜を野菜と一緒に炒めると生姜の加熱温度が高くなり過ぎてしまいますので、生姜は後から加える方が良いでしょう。

野菜の種類や味付けに使う調味料によってバリエーション豊かになりますので、毎日飽きずに食べられます。

生姜スープで野菜不足が改善できる

生姜スープは野菜たっぷりにすることで野菜不足を解消するのにも役立ちます。

スープにすることで野菜がしんなりしてカサも減りますので、たっぷり食べられるのも良い点です。

 

Sponsored Link



生姜入り味噌汁なら手軽に毎食生姜を摂取できる

生姜入り味噌汁は生姜の温め効果と同時に味噌による温め効果もあります。

毎日の味噌汁で冷え性改善ができる手軽な方法です。

生姜入り味噌汁の作り方

  1. 味噌汁を温める
  2. 加熱した生姜を加える

生姜入り味噌汁は味噌汁に生姜を加えるだけで作れますのでとても手軽です。

朝食の味噌汁は冷え性対策にぴったり

また味噌汁に使われている味噌のたんぱく質には体の深部体温を上げやすくする働きがあります。

そのため特に体温が低くなっている朝食時の味噌汁を生姜入り味噌汁にすることで、体温が上がりやすくなり冷え性対策につながります。

Sponsored Link



手軽に生姜を取り入れる方法

加熱した生姜を取り入れる方法を紹介しましたが、蒸したり乾燥させたりといった手間がかかるのが面倒に感じるかもしれません。

そこでより手軽に生姜を取り入れる方法として

  • 生姜パウダー
  • 生姜チューブ
  • 生姜サプリメント

を紹介します。

生姜パウダー

生姜パウダーは生姜の温め効果を簡単に取り入れられる方法です。

パウダー状の生姜はドリンクにも溶けやすいので使い勝手の良さも魅力です。

生姜パウダーを一振りするだけで生姜をプラスできる

生姜パウダーは飲み物や料理に一振りするだけで生姜の温めパワーをプラスできます。

生姜をすりおろしたり加熱したりする手間がいりませんので、生姜を取り入れたいと思ったときにすぐに実行できて便利です。

完成した料理や飲み物に使えるから便利

完成した料理や飲み物に直接加えられるのも生姜パウダーの便利な点です。

家族と一緒に食事をする場合には、家族の料理には生姜を加えたくないということもあります。

生姜パウダーなら取り分けた自分の分にだけ振りかけて使うことができますので、生姜を使いたい人だけが使うというのが簡単にできます。

 

Sponsored Link



生姜チューブ

生姜チューブはすりおろした生姜がチューブに入っていますので、絞るだけで簡単に生姜を使えます。

ただしそのままでは生の生姜を使うことになりますので、冷え性対策に活かしたいのであれば加熱しましょう。

生姜チューブで簡単に加熱した生姜を作る方法

  1. 生姜チューブを絞りカップに生姜を入れる
  2. 1に水を加える
  3. レンジで加熱する

レンジを使えば簡単に加熱した生姜を作ることができます。

加える水の量を加減すればそのまま生姜湯として飲むこともできます。

生姜チューブは添加物が含まれているので使用を限定するのがおすすめ

生姜チューブはすりおろす手間がないので便利ですが、添加物が含まれていることには注意しなければいけません。

保存料や着色料などの添加物はただちに悪影響が出ることはありませんが、長期間取り続けることで悪影響が出るというふうにもいわれています。

そのため生姜チューブは朝の忙しい時間や職場で生姜を使いたいとき用など使うシーンを限定することをおすすめします。

生姜チューブについては『生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します』も参考にご覧ください。

生姜サプリメント

生姜サプリメントは飲むだけで生姜の温め効果を活用し冷え性改善ができる健康食品です。

生姜サプリメントは生姜が苦手でも飲める

生姜サプリメントはカプセル状になっているものが多いので、味やにおいが気にならず生姜が苦手な人でも無理なく飲めます。

生姜の冷え性改善効果は続けることでより効果が実感しやすくなりますので、生姜ドリンクや生姜入りの料理が苦手な場合には生姜サプリメントを上手に活用する方が継続しやすいでしょう。

生姜サプリメントには生姜以外の有効成分も含まれている

また生姜サプリメントの場合には生姜以外の有効成分も含まれていることがありますので、生姜以外の成分の働きで冷え性改善がより効果的になることが期待できます。

冷え性対策のために生姜サプリメントを選ぶ場合には、温め効果が期待できる成分が豊富な商品を選ぶと良いでしょう。

生姜サプリメントの効果と正しい活用方法については『生姜サプリメントの効果 飲み方と正しい選び方徹底解説!』をご覧ください。

手軽に取り入れられる生姜商品を活用すれば毎日の冷え性対策に使いやすい

生姜の冷え性対策は毎日続けることも大切ですので、手間がなく続けやすいことが重要です。

そのため便利な生姜パウダーや生姜チューブ・生姜サプリメントを上手に活用していきましょう。

Sponsored Link



生姜を冷え性に活かすための1日の摂取量は10g

生姜の1日の摂取量は10gを目安にしましょう。

生姜パウダーの場合には1gです。

古くから漢方として使われてきた生姜は適切な摂取目安量で取り入れることで効果的に活用することができます。

生姜は多くとれば効果的は間違い

生姜の温め効果は多くとればとるほど高くなると考えてしまいがちです。

しかし実際には違います。

生姜は効果が高いので、取り過ぎてしまうと悪影響が出て不調が起こってしまうことがあるのです。

生姜の過剰摂取は様々な不調の原因になる

生姜の過剰摂取は様々な不調の原因になります。

生姜の取り過ぎで引き起こされる可能性のある不調には、

  • 乾燥やほてり
  • 腹痛
  • 低血糖
  • 止血がしにくくなる
  • 眠れなくなる
  • 流産

といったものがあります。

そのため生姜は1回に大量にとるのではなく、適量を毎日継続するのが良いでしょう。

生姜を冷え性に活かすベストな量は1日10g

生姜で冷え性対策をする場合には1日10g摂取するのがベストです。

1日に3回生姜を摂取するのであれば1回分の分量は約3gになりますし、1日に5回生姜を摂取するのであれば1回分の分量は2gになります。

適量を守って生姜を冷え性に活かしていきましょう。

生姜の副作用に似た症状について解説している『生姜に副作用!?生姜の効果的な食べ方・飲み方と正しい知識をお伝えします!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



新鮮な生姜を冷え性対策に使うための保存方法

新鮮な生姜を使うための保存方法について解説します。

生姜保存の基本は冷暗所

生姜の保存方法の基本は冷暗所です。

家の中に涼しく野菜類の保管に適した場所があるのであれば、生姜もそこで保存するようにしましょう。

生姜保存にベストな温度は13度

生姜の保存にベストな温度は13度です。

そのため冷蔵庫での保存だと温度が低すぎて低温障害を起こしてしまいます。

新聞紙に包んで冷暗所で保存するのがベスト

生姜はそのまま保存しておくと乾燥しすぎてしまいますので、冷暗所で保存するときには新聞紙に包んでおくようにしましょう。

適度な水分が保たれますのでみずみずしいまま生姜を保存できます。

生姜を水に漬けて冷蔵庫保存すれば1ヶ月保存できる

生姜を1ヶ月みずみずしいままで保存する方法もあります。

それは生姜を水に漬けて冷蔵庫保存するという方法です。

この方法で保存しておくと生姜が乾燥したりカビたりすることがなくなります。

保存のポイントは2~3日に1度水を交換すること

生姜を水に漬けて保存する場合には2~3日に1度水を交換することです。

生姜を使うときに毎回水を交換する決まりにしておけば良いだけなので簡単です。

 

Sponsored Link



生姜を冷凍しておけば使い勝手抜群

生姜は冷凍保存することもできます。

冷凍保存しておけば長期保存ができますし、使いたいときに使いたい分だけすぐに取り出して使うこともできます。

生姜はすりおろして冷凍すると便利

生姜の冷凍保存はすりおろしておくと使い勝手が良く便利です。

すりおろした生姜を保存バッグに入れて平らにならして冷凍しておきます。

使うときには必要な分だけ割って使うだけです。

生姜氷なら生姜ドリンクを手軽に作れる

生姜ドリンク作りに便利なのは生姜氷です。

  1. 生姜を洗い一口大に切る
  2. 生姜と水をミキサーにいれてドロドロになるまで撹拌する
  3. 製氷皿や保存バッグに入れて冷凍する

生姜氷を熱湯に入れればすぐに生姜湯になりますし、紅茶に入れれば生姜紅茶になります。

生姜氷が溶けて適度に熱が加わった頃にはドリンクの温度も適度に冷めて飲みやすくなっています。

 

Sponsored Link



生姜の冷え性改善以外の効果

生姜には冷え性改善以外にもたくさんの効果があります。

ここでは生姜の冷え性改善以外の代表的な効果を解説します。

生姜の肩こりを治す効果

生姜には肩こりを治す効果もあります。

肩こりの原因は血行不良ですので、生姜によって血行が改善されることで肩こりも良くなっていくことが期待できるのです。

生姜のダイエットの効果

生姜はダイエットにも役立つ食材です。

生姜の温め効果は代謝を高めて消費カロリーを多くしてくれますし、胃腸の働きを活発にすることで便秘解消してぽっこりお腹の解消にも役立ちます。

また生姜はむくみを改善することもできますので、見た目にもすっきりすることを実感できます。

生姜の風邪予防の効果

生姜は風邪予防にも役立ちます。

生姜の温め効果で体温が上昇すると免疫力が高まるからです。

免疫力は体温が1度あがると5~6倍も高まるといわれています。

免疫力が高まればその分風邪を含めた感染症にかかりづらくなるということですので、生姜は風邪予防にも効果的なのです。

 

Sponsored Link



生姜の生活習慣病予防の効果

生姜は生活習慣病予防にも効果的です。

生姜には血液をさらさらの状態にする働きや、血管を若々しく保つ働きがあります。

これらの働きは高血圧を予防することにつながり、高血圧によって引き起こされる様々な病気を防ぐことにつながるのです。

生姜のがん予防の効果

生姜にはがん予防の効果もあります。

がんは活性酸素が原因で引き起こされる病気ということが分かっていますが、生姜に含まれる抗酸化物質は体内の活性酸素を取り除く働きをしてくれるのです。

生姜の体温を上げる働きもがんを予防するのに役立つと考えられます。

がん細胞は低体温の方ができやすいからです。

生姜はがん予防に効果的な野菜や果物をまとめたデザイナーズフーズピラミッドにも含まれていますので、このことからもがん予防に役立つ食材であることが分かります。

生姜の効果効能について『生姜の効能(美容・ダイエットなど)と成分・食べ方を完全解説します!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



生姜は男性の冷え性にも効果的

冷え性というと女性のマイナートラブルというイメージがありますが、最近では男性の中にも冷え性に悩む人が増えてきています。

生姜の温め効果は冷え性に悩む男性にも役立ちます。

男性の冷え性が増えている

男性は女性よりも筋肉量が多いことから比較的冷え性になりにくいのですが、近年男性にも冷え性が増えてきているといわれています。

男性も4割以上が冷えに悩んでいる

ある冷え性に関するアンケートでは、男性でも4割以上が「冷えに悩んでいる」という結果が出ています。

アンケートによってはもっと多くの男性が「冷えに悩んでいる」と答えているケースもありますので、冷え性は男性にとっても悩みの種であることが分かります。

立ちっぱなし・座りっぱなしの仕事が冷えの原因のことも

男性の冷え性の原因の1つに仕事中の姿勢があります。

立ちっぱなし・座りっぱなしなど、長時間同じ姿勢でい続ける仕事をしていると、血流が悪くなってしまい冷えの原因になるのです。

仕事中にずっと同じ姿勢でいることが多い人は、意識してストレッチをしたり定期的に姿勢を変えるといったことを心がけると良いでしょう。

 

Sponsored Link



男性の冷え性改善も生姜が効果的

男性の冷え性改善のためにも温め効果の高い生姜は効果的に働いてくれます。

加熱した生姜を取り入れて体を芯から温めるようにすれば冷え性が和らぎ良くなっていくことが期待できるのです。

生姜料理や生姜ドリンクで冷え対策をしましょう

男性の冷え性対策に生姜を活用する際にも、まず取り組むのは生姜料理や生姜ドリンクを日常の食事の中に取り入れることです。

自炊しない場合でも、

  • メニューを選ぶときに生姜入りのものにする
  • 温かい飲み物や汁物には生姜を入れる

といったことを意識するだけで大分違いが出てきます。

無理なく続けられるところから生姜を取り入れていきましょう。

Sponsored Link



冷房やアイスで冷える!夏の冷え性対策にも生姜が有効

冷え性は寒い冬になるものというイメージがありますが、現代日本では夏も冷え性になる危険性がいっぱい潜んでいます。

そんな夏の冷え性にも生姜で対策しましょう。

夏は意外と冷えやすい

夏は以外と冷えやすいものです。

外は暑くても室内はクーラーで冷えていることが多く、中には寒いくらいの場所もあります。

また暑い夏は冷たいものを飲んだり食べたりしたくなってしまうので、体を内側から冷やしてしまいがちでもあるのです。

夏の冷え性も生姜を活用して改善しましょう

夏の冷え性対策にも生姜を活かしていくと効果的です。

温かい飲み物に生姜をプラスして温め効果を高める

夏だからと冷たい飲み物ばかり飲むのではなく、温かい飲み物を飲みその中に生姜を加えます。

夏でも温かい生姜ドリンクを飲む習慣を身につければ、冷たい飲み物で内臓を冷やすことがなくなります。

乾燥生姜をお風呂にいれて入浴の温め効果を高める

乾燥生姜をお風呂に入れて入浴するのも効果的です。

夏はついシャワーですませてしまいがちですが、クーラーや冷たい食べ物・飲み物で冷えた体をしっかりとお風呂で温めてあげましょう。

乾燥生姜の入浴剤は生姜の温め成分を肌から取り入れることができるので、ぽかぽかと温かな状態が持続します。

Sponsored Link



生姜で冷え性対策をするなら加熱するのが効果的

生姜は冷え性を改善するのに役立つ食材です。

ただし冷えに役立つ生姜は加熱した生姜です。

そのため生姜は

  • 蒸し生姜
  • 乾燥生姜
  • レンジで加熱した生姜

など加熱してから使うことが冷え性対策では重要です。

  • 生姜湯
  • 生姜ココア
  • 生姜紅茶

などの生姜ドリンクを飲むことや、

  • 生姜スープ
  • 生姜入り味噌汁

などを食事のメニューにプラスすることで効果的に生姜を摂取することができます。

また最近では男性の冷え性が増えてきていますし、暑い夏でもクーラーや冷たい食べ物・飲み物で冷え性になってしまいがちです。

そんなときにも生姜を活用して体を温め冷えを取り除いていきましょう。

生姜のあたため効果でぽかぽか温かな体作りに取り組んでください。

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 生姜が血圧に即効性がある理由と効果的なとり方について完全解説!

  • 生姜に副作用!?生姜の効果的な食べ方・飲み方と正しい知識をお伝えします!

  • 生姜の効能(美容・ダイエットなど)と成分・食べ方を完全解説します!

  • 生姜の健康効果について徹底解説!食べ方・保存方法もお伝えします!

  • 生姜は効果ない?生と加熱、食べ方で違う生姜の効能を徹底解説!

  • 生姜ダイエットの効果が凄い!やり方・方法・痩せる理由など徹底解説します!