1. TOP
  2. 生姜
  3. 生姜で便秘解消!効果的な理由・飲み方・注意点をお伝えいたします!
Sponsored Link

生姜で便秘解消!効果的な理由・飲み方・注意点をお伝えいたします!

生姜   2,408 Views

生姜は便秘解消に効果的な食材です。

  • 生姜の温め効果
  • 生姜の胃腸の働きを良くする効果
  • 生姜の排出機能を高める効果

によって便秘が解消されていくからです。

生姜の便秘解消効果をじゅうぶんに活かすためには、体を芯から温める加熱した生姜を使うことがポイントです。

  • 蒸し生姜
  • 干し生姜
  • レンジで加熱した生姜

を上手に使って生姜入りドリンクを作り、体を温めるのに活用していきましょう。

生姜が便秘に効果的な理由

  • 生姜の加熱の仕方
  • 生姜ドリンクのレシピ
  • 生姜の注意点
  • 妊娠中の生姜について
  • 生姜のその他の効能効果

について解説しますので、参考にしながら便秘解消に役立ててください。

Sponsored Link



Contents

生姜が便秘解消に効果的な理由

生姜は便秘解消に効果的な食材ですが、なぜ効果が発揮されるのでしょうか。

生姜の便秘解消効果について解説します。

頑固な便秘は冷えで作られる

便秘に悩んでいる場合、同時に冷えで悩んでいる人も多くいます。

実は便秘と冷えには関連があるのです。

便秘の原因は内臓の冷えにあり

便秘の原因は内臓の冷えです。

体が冷えて血行不良になると指先が冷たくなってきますが、そのとき内臓も同時に冷たくなっています。

血液がじゅうぶんに行き渡らず冷えた内臓は機能低下してしまいますので、腸の場合には便秘になるというわけです。

冬は便秘になる人が増える季節といわれていますが、それも気温が低くなることで冷える人が増えることによります。

腸の冷えは悪玉菌優勢の状態を作る

また腸の冷えは腸内環境を悪化させてしまうので、そのことでも便秘が悪化してしまいます。

冷えた腸では善玉菌が上手に活動できず、悪玉菌ばかりが増えてしまうのです。

悪玉菌が増えた腸内では食べ物の消化がうまくいかず有毒ガスが発生しやすくなり、便秘がどんどん悪化していきます。

 

Sponsored Link



生姜の温め効果で便秘が解消される

生姜は冷えが原因の便秘を温め効果で解消することができます。

特に加熱した生姜に豊富に含まれるショウガオールは、腹部の血流を活発にして体を芯から温めて全身を温かな状態にしてくれます。

そのため冷えによる腸の機能低下を改善し、便秘になりづらい状態を作れるというわけです。

生姜の胃腸の働きを良くする効果で便秘が解消される

また生姜には胃腸の働きを良くするという効果もありますので、その働きによって便秘が解消されることも期待できます。

生姜に含まれるジンゲロールが胃腸の働きを活発にすると消化がされやすくなりますので、便秘になりづらくなるというわけです。

生姜の排出機能で便秘が解消される

生姜にはむくみの解消とも関わる排出機能がありますのが、それも便秘解消に役立つ働きです。

体の余分なものを外に出すという働きが促されるので、溜まった便の排出にも役立ち便秘解消につながります。

Sponsored Link



生姜で便秘になる理由は生生姜を食べているから

生姜は便秘解消に役立ちますが、生姜を食べたら逆に便秘になるというケースもあります。

体を温めるはずの生姜で便秘になるのは、生生姜を食べている場合です。

生生姜でなぜ便秘になるのか解説します。

生生姜は体を冷やす

生姜は体を温めるという印象がありますが、生生姜の場合には最終的に体を冷やしてしまいます。

生生姜で体が冷える理由を解説します。

生生姜のジンゲロールは発汗によって体温を下げる

生生姜にはジンゲロールがたっぷり含まれています。

ジンゲロールも血行促進して体を温める働きがありますが、ショウガオールの温め効果と比較して温まりやすく冷めやすいというのが特徴です。

発汗作用があるのでそれによっても体温が下がっていきます。

そのため生生姜は最終的には体温を下げて体を冷やしてしまうのです。

体が冷えると便秘になる

そして体が冷えると内臓が機能低下してしまいますので、便秘につながってしまいます。

そのため生生姜を食べていると便秘には逆効果で、むしろ便秘を悪化させてしまうことがあるのです。

 

Sponsored Link



温め効果があるのは加熱した生姜

生姜で体を温めて便秘解消したい場合には、必ず加熱した生姜を取り入れるようにしましょう。

温め効果があり便秘解消に役立つのは加熱した生姜だからです。

生姜を加熱するとジンゲロールがショウガオールに変化する

生の生姜に豊富に含まれているジンゲロールは加熱するとショウガオールに変化します。

ポイントは100度以下で加熱することです。

ジンゲロールやショウガオールは100度以上の高温で加熱すると分解されて効果がなくなってしまいます。

また風味を保ちおいしく食べたり飲んだりするためには、80度以下での加熱がおすすめです。

ショウガオールの温め効果は体の芯からポカポカを作る

加熱した生姜に含まれるショウガオールは体を芯から温めます。

腹部の血行を良くしてぽかぽかした状態を内側から作りますので、温かさが持続するのです。

生姜で便秘解消をするなら加熱した生姜がベスト

生姜の便秘解消効果は体を温めて冷えを取り除くことによる

  • 腸の機能向上
  • 腸内環境の改善

によるところが非常に大きいです。

そのため便秘解消には温め効果の高い加熱した生姜を取り入れるようにしましょう。

Sponsored Link



生姜の加熱の仕方と便秘に効果的な生姜ドリンクレシピ

便秘解消に役立つ生姜の加熱の仕方と効果的な生姜ドリンクのレシピについて解説します。

蒸し生姜の作り方

  1. 生姜を洗って皮ごとスライスする
  2. 重ならないように並べて約30分間蒸す(甘い香りがしてくればOK)
    レンジで加熱する場合にはシリコンスチーマーに入れて約10分加熱する
  3. 蒸しあがった生姜を干して乾燥させる

じゅうぶんに乾燥した蒸し生姜は容器に乾燥剤と入れて保存します。

そのままお湯や紅茶に浮かべるだけで簡単に生姜ドリンクが作れるので、まとめて作っておくと便利です。

乾燥生姜の作り方

  1. 生姜をよく洗い皮ごとスライスする
  2. 重ならないように並べて干す
    天日なら1~2日、室内なら1週間程度が目安

乾燥生姜は加熱しているわけではありませんが、しっかりと乾燥させることで温め効果が期待できます。

生姜をレンジで加熱する方法

  1. 生姜を皮ごとすりおろす
  2. カップなど容器に生姜とひたひたの水を入れる
  3. レンジで500wなら4分、750wなら3分加熱する

レンジで加熱する方法は少量ずつ作ることができますし短時間で作れるので、加熱した生姜をとりたいと思ったときにすぐに使うことができます。

 

Sponsored Link



より手軽に取り入れるなら市販の生姜パウダーが便利

加熱した生姜をより手軽に取り入れたい場合、市販の生姜パウダーを使うのもおすすめです。

生姜パウダーなら食べ物にも飲み物にもさっと一振りするだけなので、食べたい・飲みたいと思ったときにすぐに生姜を摂取できます。

生姜湯の温め効果で便秘解消

生姜湯は生姜を取り入れる際の最もシンプルな方法です。

白湯を使うことで温かな飲み物になりますので、生姜だけでなく白湯の温かさによっても腸が良好な状態になります。

生姜湯の作り方

  1. お湯をカップに入れる
  2. 1のカップに加熱した生姜を加える

生姜湯の作り方はとても簡単です。

お湯と加熱した生姜があればいつでも作れるので、便秘解消のためにはじめに挑戦する生姜ドリンクとしておすすめです。

生姜湯のアレンジ方法

生姜湯はシンプルな飲み物なのでアレンジの仕方で様々な味わいが楽しめます。

  • 生姜湯+はちみつではちみつ生姜湯
  • 生姜湯+レモンでレモン生姜湯
  • 生姜湯+すりりんごでりんご生姜湯
  • 生姜湯+葛で生姜葛湯
  • 生姜湯+スープの素で生姜スープ

など組み合わせ次第で様々な味わいになりますし、期待できる効果にもバリエーションが出ます。

生姜湯の効果について解説している『生姜湯の効果はこんなにある!驚きの生姜パワーについて』もご覧ください。

 

Sponsored Link



生姜ココアで腸のむくみを解消する

便秘解消に役立つ生姜ドリンクに生姜ココアがあります。

生姜ココアが便秘解消に役立つのは

  • 腸のむくみをとりすっきりさせる
  • ココアの食物繊維で排便しやすくする

という働きによります。

すっきりとして便秘にならない腸作りのサポートに生姜ココアを活用しましょう。

生姜ココアの作り方

  1. カップのお湯に加熱した生姜を加える
  2. 1にココアを加えよくかき混ぜる

生姜ココアに使うココアは必ずピュアココアにしましょう。

ピュアココアには苦味がありますが、ココアに本来含まれている食物繊維がポリフェノールを豊富に摂取できるからです。

生姜ココアについては『生姜ココアの効果効能が物凄い!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



生姜紅茶でぽかぽかを持続させる

生姜紅茶は生姜の温め効果を活用する場合にとても人気のドリンクです。

生姜のショウガオールと紅茶のテアフラビンのダブルの働きで血行促進されるので、ぽかぽかが長く続きます。

生姜紅茶の作り方

  1. カップのお湯に紅茶のティーバッグを入れ紅茶をいれる
  2. 1に加熱した生姜を加える

おいしく飲みやすい生姜紅茶を作るためには、紅茶のティーバッグを引き上げるときにぎゅーっと
絞らないことです。

ティーバッグを絞るようにすると余計な苦味や雑味が出てしまい飲みにくい紅茶になってしまいます。

生姜紅茶については『生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!』をご覧ください。またおいしい紅茶の入れ方を解説している『紅茶の入れ方(淹れ方)で美味しさ・味・香りは大きく変わる!』もご覧ください。

生姜ドリンクに甘味をプラスしたいなら黒糖やはちみつで

生姜ドリンクは生姜の辛味が出るので味が飲みにくいと感じるかもしれません。

そんなときには甘味を加えたいと思うかもしれませんが、白砂糖を使うのは控え黒糖やはちみつを使うのがおすすめです。

なぜなら白砂糖は体を冷やす食材と言われているからです。

冷えは便秘につながりますので、できるだけ体を冷やす食材は避けるようにします。

黒糖やはちみつであれば白砂糖のように体を冷やすことはありませんが、できるだけ量は少量にし少しずつ減らして、甘味を加えない味に慣れていくのがおすすめです。

Sponsored Link



生姜の食べ過ぎに要注意!

生姜は温め効果があり便秘解消に効果的な食材ですが、食べ過ぎると不調が出る場合がありますので注意しなければいけません。

生姜を便秘解消に役立てる際の1日の摂取量は10g

生姜を便秘解消に役立てたいと思っても食べ過ぎは禁物です。

生姜の1日の摂取目安量は10g、生姜パウダーだと1gですので、その分量を目安に食べたり飲んだりするようにしましょう。

食事で生姜をとる場合には特に決められた摂取上限はないのですが、食べ過ぎの影響で不調が出ることのないように注意してください。

生姜の食べ過ぎは体調に悪影響が出る可能性もあり

生姜を食べ過ぎると体調に悪影響が出ることもありますので、食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

生姜を食べ過ぎたときに出る可能性のある悪影響について具体例をあげていきます。

生姜の食べ過ぎで乾燥する

生姜を食べ過ぎると乾燥してしまうことがあります。

生姜には体を温める働きがありますが、温められることで水分が減りやすい状態になってしまうのです。

加熱した生姜に多いショウガオールは体の内部を温めるので体内の水分を減らしてしまいますし、ジンゲロールは発汗作用によって水分を減らしてしまいます。

そのため生姜で便秘解消を目指す場合には水分補給を忘れずに行いましょう。

水分補給の際には冷えている飲み物ではなく白湯など温かい飲み物だと便秘解消に効果的です。

生姜の食べすぎで腹痛になる

生姜は食べ過ぎると腹痛になることがあります。

生姜で腹痛になる原因は、

・胃腸の働きが活発になること
・下痢
・ガスが溜まる
・生姜の刺激

といったことが考えられます。

どれも生姜の働きがパワフルであるために起こる症状ですので、適度な分量で食べることで便秘解消に役立てることができるでしょう。

 

Sponsored Link



生姜の食べ過ぎで低血糖になる

生姜は食べ過ぎると低血糖になってしまうことがあります。

なぜなら生姜には血糖値の上昇を抑える働きがあるからです。

通常の摂取程度では低血糖になることはありませんが、食べ過ぎると低血糖になってしまう可能性がありますのでじゅうぶん注意してください。

特に糖尿病の人は目安量を守って食べるようにするのが良いでしょう。

生姜の食べ過ぎで止血しにくくなる

生姜には血液をさらさらにする働きがあります。

この働き自体は生活習慣病を予防するのに効果的で健康維持に役立ちます。

しかし血液をさらさらにする薬を服用している場合には、生姜の働きと相まってケガをしたときに血がとまりにくくなるという悪影響を及ぼすことがあるのです。

そのため血液さらさらの薬を飲んでいる場合には生姜の食べ過ぎに注意しましょう。

生姜の食べ過ぎで眠れなくなる

生姜は夜取り入れると体が温まり深い眠りにつくことができますが、ストレスを感じてイライラしているときには逆に眠りづらくなることがあります。

ストレスを抱えている場合には生姜の成分が脳を刺激して活性化してしまうので、食べ過ぎると眠れなくなってしまうのです。

そのためイライラしているときには夜の生姜は控えるのが良いでしょう。

生姜の副作用に似た症状について解説している『生姜に副作用!?生姜の効果的な食べ方・飲み方と正しい知識をお伝えします!』もぜひご覧ください。

Sponsored Link



生姜は妊娠中の便秘や体調管理にも役立つ

生姜は上手に活用することで妊娠中の便秘解消や体調管理にも役立てることができます。

生姜はつわりの吐き気を軽減する

生姜には吐き気を抑える働きがあります。

そのためつわりによる吐き気を軽減することができるのです。

生姜の吐き気を抑える効果はドイツ厚生省設置の機関でも正式に認められていますので、つわりで気持ち悪いときには生姜をとりいれてみると良いでしょう。

生姜の血行促進効果で胎児の成長をサポート

生姜によって血行促進されると妊娠中の便秘解消にも役立ちますし、同時に胎児の成長をサポートすることにもつながります。

なぜなら胎児の成長に欠かせない栄養と酸素は血液によって運ばれているからです。

血行促進されればたっぷりの栄養と酸素が胎児に届きますので、健やかな成長を手助けすることができます。

 

Sponsored Link



ただし妊婦の生姜の食べ過ぎは流産の可能性が高まるので要注意

注意しなければいけないのはやはり食べ過ぎです。

妊娠中の生姜の食べ過ぎは流産の可能性を高める危険があるといわれています。

そのため生姜を使った料理や生姜ドリンクがとりやすいという場合でも、摂取量は1日10gまでに抑えておきましょう。

極端に生姜に偏った食生活はやめて、生姜を取り入れながらもできるだけバランスよく色々なものを食べるようにするのが正解です。

妊婦と生姜との関係について『妊婦が生姜湯で得られる効果が凄い!』も参考にご覧ください。

Sponsored Link



便秘解消以外の生姜の効能効果

生姜には便秘解消以外にも様々な効能効果があります。

生姜の代表的な効能効果を解説します。

生姜のダイエットの効能

生姜をダイエットのために活かしたいという人も多く、生姜紅茶や生姜ココアが人気です。

生姜の温め効果で基礎代謝アップ

生姜をとると血行が良くなり体温が高くなります。

体温が高くなると基礎代謝が高くなることが期待できますので、何もしていないときの消費カロリーが多くなります。

また運動をしたときのカロリー消費も効率が良くなります。

そのため生姜をとると燃焼しやすくダイエットの成果が出やすい体質になれるのです。

生姜のむくみ解消効果ですっきり

生姜には体の水分量を調節することでむくみを解消する働きもあります。

亜鉛の余分な水分を排出する働きや水分代謝を促す働きによってむくみが解消されるのです。

むくみは水分ですが放置しておくとセルライトの原因にもなりますので、生姜の摂取で毎日リセットすることが大切です。

特に生姜の皮の部分がむくみ解消には効果的ですので、生姜を皮ごと使うようにしましょう。

生姜の便秘解消効果もダイエットにつながる

生姜で便秘解消するとぽっこりお腹が解消されますので見た目にダイエットの成果が見えやすくモチベーションが維持しやすいという利点があります。

また体内に溜まった不要なものを排出するデトックスが行われますので、めぐりの良い痩せやすい状態を作り出せるのです。

 

Sponsored Link



生姜の美肌の効能

生姜の摂取は美肌にもつながります。

生姜の血行促進効果で隅々まで栄養が行き渡る

生姜で血行促進されると、血液によって運ばれる栄養が全身の隅々の毛細血管にまで行き渡ります。

肌細胞はこのように血液の流れで運ばれていった栄養で作られますので、たっぷりの栄養が運ばれるとより健やかで美しい細胞が作られるというわけです。

生姜が腸内環境を改善するから吹き出物ができにくくなる

生姜は便秘を解消し腸内環境を善玉菌優勢の良い状態に整えてくれます。

そのため腸内に溜まったものが腐敗して吹き出物の原因になる有毒ガスを作り出すのを避けることができるのです。

腸内がきれいなので肌も荒れることなく健やかな状態を保てます。

生姜の風邪予防の効能

生姜は風邪予防に効果的です。

それは2つの免疫を高める働きによります。

生姜に含まれるジンゲロールが白血球を増やす

生姜に含まれるジンゲロールには免疫細胞の白血球を増やす働きがあります。

そのため生姜をとると免疫力が高まり風邪をひきにくくなるのです。

生姜の温め効果で免疫力が高まる

生姜の体を温める働きも免疫力を高めるのに役立ちます。

なぜなら体温が1度あがると免疫力は5~6倍も高まるといわれているからです。

そのため生姜で体を温めることは免疫力アップに役立ち風邪予防につながるというわけです。

 

Sponsored Link



生姜の冷え性改善の効能

生姜は冷え性改善にも効果的です。

特に加熱した生姜は腹部の血行を促進するので体を芯から温めその状態を持続してくれます。

血管を広げ血液が通りやすいようにする働きによって全身の細かな血管の隅々まで血液を行き渡らせることができるというのも、冷え性改善につながります。

生姜の認知症予防の効能

生姜には認知症予防の効能があることも分かっています。

なぜなら生姜のジンゲロールが認知症の進行を遅らせる薬と同じ働きをするからです。

そのため生姜を日常的に摂取することで認知症予防につながることが期待できます。

生姜のがん予防の効能

生姜はがん予防の効能があることも分かっています。

生姜の抗酸化作用ががん細胞をできにくくする

生姜には抗酸化作用といって活性酸素を取り除く働きがあります。

がんの原因の1つとして活性酸素があげられますので、生姜の抗酸化作用はがん細胞ができにくい状態を作り出してくれるというわけです。

生姜の温め効果ががん細胞をできにくくする

がん細胞は36度より低い低体温の状態だとよりできやすくなってしまいます。

そのため生姜で体温を高めることができると、がん細胞ができにくい状態にすることができるのです。

生姜はデザイナーズフーズピラミッドにも含まれている

デザイナーズフーズピラミッドにはがん予防に効果的な食材がまとめられています。

その中には生姜も含まれているのです。

生姜のがん予防の効果が高いことがこのことからも分かります。

生姜の効能効果について解説している『生姜の効能(美容・ダイエットなど)と成分・食べ方を完全解説します!』もご覧ください。生姜の働きや性質についての理解を深めることができます。

Sponsored Link



生姜の便秘解消効果は温め効果で発揮される

生姜には便秘解消効果があります。

便秘の原因というと食物繊維不足や腸内環境の悪化がまず思い浮かびますが、実は根本的な原因は冷えにあることも多いのです。

冷えが腸の機能低下を引き起こすために頑固な便秘になってしまうのです。

生姜には温め効果がありますので腸が冷えることも予防できます。

腸が温かい状態を保てれば腸内細菌のバランスも善玉菌優勢の良好な状態を維持できますので、そのことでも便秘解消が促されます。

ただし生姜を便秘解消に活かすためにはいくつかの注意点を守らなければいけません。

  • 加熱した生姜を摂取すること
  • 適切な分量を守って生姜を摂取すること

この2点を守って取り入れるようにしましょう。

同じ生姜でも生の生姜には体を冷やす働きがありますので、場合によっては腸の冷えを促進して便秘を悪化させてしまう可能性があります。

また生姜の取り過ぎは、

  • 乾燥
  • 腹痛
  • 低血糖
  • 血が止まりづらくなる
  • 寝つきが悪くなる
  • 妊娠中の流産の可能性

といった悪影響の可能性がありますので、1日に10gという目安量の上限を守ることが大切です。

生姜の便秘解消の効果を発揮するためには正しく生姜を活用するようにしましょう。

生姜を便秘解消に活用する方法を知って、頑固な便秘を改善するのに役立ててください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 生姜の健康効果について徹底解説!食べ方・保存方法もお伝えします!

  • 生姜で温まるは嘘?効果を発揮する正しい方法を徹底解説!

  • 生姜は効果ない?生と加熱、食べ方で違う生姜の効能を徹底解説!

  • 生姜で冷え性対策!効果的な理由や取り入れ方について徹底解説!

  • 生姜に副作用!?生姜の効果的な食べ方・飲み方と正しい知識をお伝えします!

  • 生姜サプリメントの効果 飲み方と正しい選び方徹底解説!