1. TOP
  2. 生姜
  3. 生姜の健康効果について徹底解説!食べ方・保存方法もお伝えします!
Sponsored Link

生姜の健康効果について徹底解説!食べ方・保存方法もお伝えします!

生姜   1,770 Views

生姜の健康効果には

  • 冷え性改善
  • 肥満予防
  • 消化のサポート
  • むくみ解消
  • 血液をさらさらにする
  • イライラ解消

などがあります。

これらの効果は生姜に含まれる

  • ジンゲロール
  • ショウガオール
  • ジンゲロン

という有効成分の働きによって引き起こされます。

生姜はどこにでも売っているごく一般的な食材ではありますが、古くから生薬として利用されているほどパワフルに健康に働きかけてくれる食材でもあるのです。

そのため生姜健康法を実践する際には、摂取量にじゅうぶん注意しなければいけません。

生姜の1日の摂取目安量は10gです。

生姜は健康に良いですが、だからといって10gを超えて大量に食べてしまうと、胃痛や肌の乾燥といった不調が起こる可能性があります。

また生姜の健康効果は誤った生姜の利用の仕方をするとうまく発揮されないことがあります。

例えば冷え性改善のために生姜をとりたいのに生の生姜を食べてしまうと、一時的に体が温まりますが、最終的には冷えてしまいます。

生姜の健康効果を活用する場合には、生の生姜と加熱した生姜を上手に使い分けていきましょう。

生姜のパワフルな健康効果を活用できるようになるために、

  • 生姜の成分
  • 生姜の効果
  • 生姜健康法
  • 生姜の健康被害
  • 生姜を手軽にとる方法
  • 生姜の保存方法

について解説します。

生姜について正しく知り、健康な毎日のために活用していきましょう。

Sponsored Link



Contents

生姜の健康効果と有効成分

生姜は古くから生薬として使われていることからも分かる通り、強力な健康効果があります。

そこで生姜に含まれる有効成分と、代表的な効能について解説します。

生姜に含まれるジンゲロールの健康効果

生姜に含まれるジンゲロールは辛味成分で、生姜の健康効果のもとになっています。

ジンゲロールの性質と健康効果について解説します。

ジンゲロールは生の生姜にたっぷり含まれている

ジンゲロールは生の生姜にたっぷり含まれています。

そのためジンゲロールの働きを健康に活かしたい場合には、生の生姜をそのまま食べたり飲んだりするようにしましょう。

ジンゲロールの殺菌作用

ジンゲロールの代表的な効果に殺菌作用があります。

薬味としておろし生姜が添えられていたり、お寿司にガリが添えられているのは、ジンゲロールの殺菌作用によって食中毒を予防するためでもあります。

ジンゲロールの殺菌作用はピロリ菌さえも撃退しますので、胃潰瘍を予防することにもつながります。

ジンゲロールの免疫力向上

ジンゲロールは免疫力を向上させる働きもします。

なぜならジンゲロールを摂取すると体内の白血球が増加するからです。

白血球は免疫力を司っていますので、白血球が増加すればその分免疫力が高まるといえます。

ジンゲロールの吐き気どめの効果

ジンゲロールには吐き気を抑える働きがあることも分かっています。

乗り物酔いやつわりによる吐き気があるときに生の生姜を食べると吐き気が和らいでらくになるのです。

生姜の乗り物酔いに対する効果の高さは、ドイツの薬用植物評価委員会というドイツ厚生省設置の組織が正式に承認しているということからも明らかです。

ジンゲロールの糖質や脂肪の吸収を抑える効果

ジンゲロールには糖質や脂肪の吸収を抑える働きもあります。

糖質や脂肪の吸収を抑えることができると、食後の急激な血糖値の上昇を抑えたり、肥満を予防したりすることにつながります。

血糖値の急上昇や肥満は生活習慣病につながるものですので、生姜は生活習慣病予防にも働きかけてくれるということが分かります。

 

Sponsored Link



生姜に含まれるショウガオールの健康効果

生姜に含まれるショウガオールは主に体を温めるということで健康効果を発揮します。

ショウガオールの性質と代表的な効果について解説します。

ショウガオールは加熱した生姜にたっぷり含まれている

ショウガオールが含まれているのは加熱した生姜です。

生の生姜にはほとんど含まれておらず、加熱することでジンゲロールが変化してショウガオールになります。

そのためショウガオールの働きで体を温めたいなら加熱した生姜をとりいれるのが正解です。

ショウガオールの血行促進の効果

ショウガオールには血行促進の効果があります。

血行促進効果自体はジンゲロールにもありますが一時的なものに過ぎません。。

ショウガオールの血行促進は体の芯からぽかぽかと温まる効果があり、その働きはおよそ3時間持続します。

体の不調の多くは血行不良によって隅々まで栄養が届かなかったり、冷えていることによります。

そのためショウガオールで血行促進することは健康につながりますし、特に冷え性改善やダイエットに効果的です。

ショウガオールの痛みを軽減する効果

ショウガオールには痛みを軽減する効果があります。

頭痛や生理痛などの痛みの原因はプロスタグランジンという物質です。

ショウガオールにはプロスタグランジンの働きを弱めるという性質がありますので、痛みを和らげることができます。

ショウガオールの抗がん作用

ショウガオールには強力な抗酸化作用があり、抗がん作用が期待できます。

がんは活性酸素によって引き起こされる病気ということが分かっていますので、抗酸化作用によって活性酸素が取り除かれるとがん予防になるというわけです。

がん予防に効果的な食材をまとめたデザイナーズフーズピラミッドにも生姜は含まれていますので、そのことからもショウガオールの抗がん作用の強さが分かります。

 

Sponsored Link



生姜に含まれるジンゲロンの健康効果

ジンゲロンもショウガオールと同じく加熱した生姜に含まれる成分です。

ジンゲロンの性質と効果について解説します。

ジンゲロンも加熱した生姜に含まれる成分

ジンゲロンもショウガオールと同じで、生姜を加熱したときにジンゲロールが変化してジンゲロンにになります。

そのためジンゲロンの働きを健康に活かすためには生姜を加熱してから利用しなければいけません。

ジンゲロンの認知症予防効果

ジンゲロンには認知症予防効果があることが分かっています。

認知症と診断されたときの一般的な治療として進行を遅らせる薬を服用するという方法があります。

ジンゲロンはこの認知症の進行を遅らせる薬と同じ働きをするということが分かっています。

そのためジンゲロンには認知症予防の働きがあるといえるのです。

ジンゲロンの燃焼効果

ジンゲロンには燃焼効果もあります。

そのためジンゲロンを摂取すると痩せやすくなり肥満を予防することができます。

 

Sponsored Link



生姜の代表的な効能

生姜には様々な効能があります。

中でも代表的な効能について解説します。

生姜の冷え性改善の効能

生姜には冷え性改善の効能があります。

血行を良くし全身の隅々までくまなく血液が行き渡るようになりますので、手足が冷えてつらい状態が緩和されます。

特に加熱した生姜は体を芯から温めるのでがんこな冷えを取り除いてくれます。

生姜の肥満予防の効能

生姜は肥満予防にも効果的です。

体を温めることで冷えを取り除き燃焼しやすい状態を作れるだけでなく、生姜の食物繊維によって糖分や脂質の吸収が緩やかになるからです。

糖分や脂質の吸収が緩やかになると、食後に血糖値が急上昇するのを抑えられます。

血糖値の急上昇を抑えることで肥満になりやすい状態を避けられるのです。

生姜の消化を助ける効能

生姜には消化を助ける効能もあります。

胃腸を丈夫にしてくれるので、食べたものをより良く消化できるのです。

また豊富な食物繊維も消化を助けますので、すっきりとしたお腹の状態を作れます。

生姜のむくみ解消の効能

生姜には体内の水分を調節しむくみを解消する効能があります。

水分代謝をあげる働きがありますので、溜まり過ぎてむくみの原因になっている水分を体外へ排出ししてくれるのです。

生姜の中でも特に皮の部分はむくみ解消に効果的ですので、むくみ対策のために生姜を摂取するときには皮ごと生姜をとるようにしてください。

生姜の血液をさらさらにする効能

生姜には血液をさらさらにする効能があります。

どろどろの血液は血栓を作り様々な病気の原因になります。

生姜にはジンギベロールという成分が含まれていて、これが血小板が集まってかたまるのを防ぎます。

その結果さらさらで流れの良い血液になるというわけです。

生姜のイライラを解消する効能

生姜にはイライラを解消する効能もあります。

イライラは東洋医学では気のめぐりが滞っているから起こると解釈されます。

気のめぐりが悪い状態というのは、血のめぐりを改善することで良くなると考えられていますので、血行促進する生姜は漢方で「気剤」と呼ばれイライラ解消に活用されているのです。

生姜の効能について解説している『生姜の効能(美容・ダイエットなど)と成分・食べ方を完全解説します!』もぜひご覧ください。

Sponsored Link



生姜健康法は毎日生姜を食べるだけ!

健康のために生姜を取り入れる生姜健康法は毎日の食事や飲み物に生姜をプラスするだけで簡単に実践できます。

生姜の健康効果を活用するための最適な食べ方、おいしい生姜の食べ方・飲み方、生姜の摂取量について解説します。

生姜の食べ方は期待する効果によって変えるのがベスト

生姜健康法を実践する場合、生姜の食べ方は期待する効果によって変えるようにしましょう。

生姜は生と加熱後では期待できる効果が違いますので、それぞれの性質を知って上手に活用することが大切です。

生の生姜は免疫力アップや殺菌作用に

生の生姜の効能として代表的なのは免疫力アップや殺菌作用です。

そのため風邪などの感染症予防や、食中毒予防のために活かすのに向いています。

生姜というと体を温めてくれるイメージがありますが、生の生姜はその逆で体を冷やします。

生の生姜を食べた直後は血行が良くなるので温かく感じるのですが、発汗によって熱が奪われ最終的には冷えてしまうのです。

加熱した生姜は冷え性改善や血行促進に

体を温める働きをするのは加熱した生姜です。

加熱した生姜は体を芯から温める働きがあります。

その結果血行促進し冷え性が改善されるので、ダイエットにも向いています。

生姜の温める働きを活かしたいという場合には、必ず加熱した生姜をとるようにしましょう。

 

Sponsored Link



生の生姜は食べる直前にすりおろすのがポイント

生の生姜を食べるときには直前にすりおろすことが重要です。

なぜなら生の生姜に豊富に含まれるジンゲロールは酸化しやすい成分だからです。

ジンゲロールをたっぷりとって生の生姜の効果を実感したいのであれば、おろしたての生姜を食べましょう。

生姜を加熱するときのポイントと加熱の仕方

生姜を加熱してショウガオールたっぷりにするためにはコツがあります。

100度以下で加熱する

生姜を加熱するときには必ず100度以下で加熱します。

100度を超える熱が加わると、ジンゲロールやショウガオールが分解されてしまい生姜の効能が働かなくなってしまいます。

また風味も落ちてしまいますので生姜のおいしさを楽しむこともできません。

そのため生姜の加熱は100度以下で行います。

蒸し生姜の作り方

生姜の加熱のしかたとして蒸し生姜の作り方を紹介します。

  1. 生姜をよく洗い薄くスライスする
  2. 蒸し器に重ならないように並べて約30分間甘い香りがするまで蒸す
    レンジの場合にはシリコンスチーマーに入れて10分程度加熱す
  3. 蒸しあがった生姜を並べて干し乾燥させる
  4. じゅうぶんに乾燥したら完成

完成した蒸し生姜は乾燥剤と一緒に容器に入れて保存します。

そのままお湯に入れて生姜茶にしたり、紅茶に浮かべて生姜紅茶にしたりします。

レンジで生姜を加熱する方法

レンジで生姜を加熱することもできます。

  1. カップにすりおろした生姜を入れる
  2. 水を入れる
  3. レンジで加熱する(500wなら3分、750wなら4分が目安)

加熱した生姜で飲み物を作りたいときに便利な方法です。

レンジで加熱した生姜にはちみつを加えればはちみつ生姜湯になりますし、ココアを加えれば生姜ココアになります。

 

Sponsored Link



手軽に作れる生姜ドリンク

生姜はドリンクにして飲むとおいしく手軽にとりいれることができます。

人気の生姜ドリンクについて解説します。

生姜湯

生姜湯は1番シンプルな生姜ドリンクです。

お湯に生姜を加えればすぐにでき上がります。

シンプルなのでアレンジ次第で様々な味わいが楽しめるのも魅力です。

  • はちみつと合わせてはちみつ生姜湯
  • レモンと合わせてレモン生姜湯
  • すりりんごを加えてりんご生姜湯
  • 黒糖を加えて黒糖生姜湯
  • コンソメや鶏がらスープの素を加えて簡単生姜スープ

など食材をプラス1することで楽しみ方の幅が広がります。

生姜湯の作り方については『生姜湯の作り方を徹底解説!基本・アレンジ・簡単レシピ全てお伝えします』もぜひご覧ください。

生姜紅茶

生姜紅茶はダイエットにも人気の生姜ドリンクです。

  1. カップにお湯を入れ紅茶のティーバッグを入れる
  2. 1~2分蒸らしてからティーバッグを取り出す
  3. 生姜を加える

加熱した生姜を加えると温め効果が期待できます。

紅茶の入れ方を解説している『紅茶の入れ方(淹れ方)で美味しさ・味・香りは大きく変わる!』も参考にご覧ください。おいしい生姜紅茶をいれるために役立ちますよ。

生姜ココア

生姜ココアは腸のむくみを取り除くことで、便秘解消やぽっこりお腹の解消に役立つと話題になった生姜ドリンクです。

  1. カップのお湯に生姜を加える
  2. ピュアココアを加えてよく混ぜる

生姜ココアを健康のために役立てるときのポイントはピュアココアを使うことです。

お湯で溶くだけのミルクココアには砂糖が含まれていますし、ピュアココアに含まれている食物繊維がほとんど入っていないからです。

話題の生姜ココアについては『生姜ココアの効果効能が物凄い!』もぜひご覧ください。

 

Sponsored Link



生姜のはちみつ漬けは風邪対策に最適

生姜のはちみつ漬けは風邪対策にぴったりです。

生姜の働きで免疫力を高めて風邪をひきにくくすることができますし、風邪のひき始めにははちみつの働きで喉の痛みを予防改善することもできます。

生姜のはちみつ漬けの作り方

  1. 生姜をよく洗いスライスする
  2. 消毒したビンに入れる
  3. 生姜がひたひたになるようにはちみつを入れる
  4. はちみつがサラサラした状態になったら完成

生姜をスライスして漬けるだけで簡単に作ることができます。

保存性も高いのでまとめて作っておくと使いたいときに便利です。

生姜のはちみつ漬けの活用方法

生姜のはちみつ漬けは様々な使い方ができます。

  • お湯で割る
  • 炭酸水で割る
  • シロップ代わりに使う
  • 料理を作るときに砂糖代わりに使う
  • 漬けた生姜をお茶うけとして食べる

などが代表的です。

変わった使い方では、入浴剤代わりにお風呂に入れるのもおすすめです。

生姜の温め効果だけでなくはちみつの保湿効果も期待できますので、特に乾燥がちな冬の入浴剤として活躍します。

生姜とはちみつの働きについては『生姜はちみつドリンクは簡単・おいしい・効果的!』もご覧ください。

酢生姜は生活習慣病予防に最適

酢生姜は生活習慣病予防に生姜を取り入れるときにおすすめの使い方です。

酢と生姜の働きによって、

  • 動脈硬化改善
  • 血圧を下げる
  • 血糖値を下げる
  • コレステロール・中性脂肪を減らす

という効果が期待できるので、血管年齢を若々しく保つのに役立つからです。

酢生姜の作り方

  1. 生姜を洗い皮ごとみじん切りにする
  2. ビンに生姜と酢とはちみつ少々を入れ混ぜる
  3. 一晩置いたら完成

冷蔵庫で1週間程度保存できます。

酢生姜作りにはアミノ酸豊富な黒酢がおすすめ

酢生姜作りには通常の米酢を使用しても良いですが、より高い健康効果を求めるのであれば黒酢がおすすめです。

黒酢は米酢よりも熟成期間が長いので、その分アミノ酸の含有量が多くなっています。

アミノ酸は体作りに欠かせない成分ですので、黒酢で効果的に摂取すると良いでしょう。

お酢が苦手ならリンゴ酢で作る酢生姜が食べやすい

酢生姜を試してみたいけれど酢が苦手という場合には、まろやかな味わいのリンゴ酢で作ると良いででしょう。

リンゴ酢は米酢よりも酸味がきつくないですし、りんごの爽やかな香りでツンとした感じも少ないので酢が苦手でも食べやすい酢生姜に仕上がります。

酢生姜の活用方法

酢生姜はそのまま食べることもできますが、料理に使うことで毎日無理なくおいしく食べることができます。

  • サラダのドレッシング代わりに
  • お肉のソース代わりに
  • ごはんにそのままかける

といった食べ方で取り入れてみてください。

 

Sponsored Link



1日に食べる生姜の量は10g

生姜の摂取目安量は1日に10g(粉末生姜の場合には1g)です。

10gの生姜はそれほど多い量ではないので物足りなく感じるかもしれませんが、適度な分量で継続することで健康効果を実感できるようになります。

生姜は健康に良い!けれど食べ過ぎには注意

生姜はスーパーで購入できる普通の食材ですが、生薬として利用されてきているほどのパワフルな働きが健康に効果的であることも分かっています。

しかし食べれば食べるほど良いというわけではありません。

食べ過ぎは逆効果になってしまうこともあるので、1日10gの摂取目安量を守って食べるようにしましょう。

生姜レシピはたくさんあるから毎日おいしく続けられます

生姜健康法では生姜を毎日継続することが大切です。

毎日食べ続けているとどんなものでも飽きてしまいますが、生姜の場合には様々な利用法とレシピがあります。

そのため毎日自然と取り入れることができますので、飽きずに継続することが可能です。

おいしく続けて健康になれるというのが生姜健康法の魅力でもあります。

Sponsored Link



生姜には健康被害がある?生姜は食べ方に要注意

生姜は健康に良い食材ですが健康被害はあるのでしょうか?

生姜は食べ方によって体に悪い影響を与えます

生姜を健康のために食べているのに逆に不調が起こるという場合があります。

それは生姜そのものの健康被害によって悪影響が出ているのではなく、生姜の食べ方が適切でなかったために引き起こされている悪影響です。

生姜のどのような食べ方で悪影響の可能性があるのか解説します。

生姜の食べ過ぎで起こる不調

生姜の不適切な食べ方としてたくさん食べ過ぎということがあります。

健康に良い生姜も食べ過ぎてしまうと悪影響が出てしまうのです。

生姜の食べ過ぎで胃が痛くなる

生姜は刺激が強いので食べ過ぎると胃が痛くなる場合があります。

特に元々胃が弱い人の場合には、生姜の刺激を敏感に感じ取ってしまう可能性がありますので注意が必要です。

生姜の食べ過ぎで乾燥やほてりが悪化する

肌が乾燥がちだったりほてりがある人の場合には、生姜を食べ過ぎることで状態が悪化することがあります。

そのため乾燥やほてりが気になる場合は生姜を少なめにしたり、場合によっては控えておくようにしましょう。

生姜の食べ過ぎで流産の危険性が高まる

妊娠中の生姜の食べ過ぎは流産の危険性を高めてしまいます。

生姜はつわりの吐き気を抑えるので妊娠中にも上手に取り入れたいものですが食べ過ぎは禁物です。

生姜の食べ過ぎで血が止まりづらくなる

生姜には血液をサラサラにする働きがありますが、血液をサラサラにする薬を服用中の場合には、ケガをしたときに血が止まりづらくなるといった悪影響が出る場合があります。

そのため血液サラサラの薬を飲んでいる場合には、生姜の摂取量に注意しましょう。

 

Sponsored Link



生姜を食べてるのに体が冷えるのは生の生姜を食べているから

生姜の不適切な食べ方として、温め効果を期待しているのに生の生姜を食べているということがあります。

生姜は生と加熱後では効果が違ってきますので、それぞれの特徴を理解して正しく食べることが重要です。

生の生姜は体を冷やす

生の生姜も食べた直後は体が温まりますが、その後汗をかくことで体温が下がり体は冷えていきます。

そのため温め効果を期待して生の生姜を食べた場合、期待する効果とは逆に体が冷えてしまうのです。

生姜の温め効果を期待するなら必ず加熱した生姜を食べましょう

生姜の温め効果を期待する場合には、体を芯から温めてくれるショウガオールを豊富に含む加熱した生姜を食べるようにします。

  • 蒸し生姜
  • 乾燥生姜

を常備しておくといつでも簡単に加熱した生姜を使うことができます。

Sponsored Link



生姜を手軽に取り入れる方法

生姜を健康に活かすために毎日食べたいと思っても、すりおろしたり加熱したりするのが面倒ということもあるでしょう。

そこで手軽に生姜を取り入れられる方法を紹介します。

生姜チューブならすりおろす手間を省ける

生姜チューブはとても手軽に生姜を使える方法として代表的です。

絞るだけでいつでも生姜をプラス

生姜チューブがあればすりおろす手間をかけなくても絞るだけですぐに生姜をプラスできます。

持ち運びにも便利なので、職場でも生姜湯を飲むことができます。

生姜チューブは添加物が含まれている

生姜チューブを使う際に注意したいのは添加物が含まれているという点です。

生姜チューブには生姜の他にもたくさんの成分が含まれています。

  • でんぷん
  • 食塩
  • デキストリン
  • ソルビトール
  • 酒精
  • 酸味料
  • 安定剤(キサンタンガム)
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • 調味料(アミノ酸)
  • 香料
  • 香辛料抽出物

一般的に販売されている生姜チューブには生姜以外にこれだけの添加物が含まれているということを知った上で使うようにしましょう。

シーンを限定して上手に活用しましょう

生姜チューブは手軽に生姜を使えますが、添加物など余計な成分がたくさん含まれています。

健康のために生姜を活かすのであればできるだけ余計なものはとらない方が望ましいでしょう。

そのため生姜チューブを使うのであればシーンを限定して利用すると、生姜チューブの便利さを活かしつつ添加物の影響を最小限にとどめられます。

生姜チューブについては『生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します』もご覧ください。

 

Sponsored Link



市販の粉末生姜ならショウガオールたっぷり

手軽に使える生姜として市販の粉末生姜も便利です。

粉末生姜は乾燥させているのでショウガオールもたっぷり含まれていますから、温め効果を期待している場合にも役立ちます。

粉末生姜は飲み物や料理に手軽にプラスできる

粉末生姜は飲み物や料理に簡単にプラスできるという点で優れています。

ペットボトルの飲み物に加えて生姜入りドリンクにしたり、みそ汁に入れて生姜みそ汁にしたりするのも簡単にできます。

料理を作り終わった後からでも生姜を足すことができるので、思い立ったときにいつでも生姜をとることができるのです。

乾燥させている粉末生姜は温め効果が高い

乾燥させて作っている粉末生姜は体を温める効果が高いのも魅力です。

粉末生姜の製造工程で温め効果の高いショウガオールが増えるので、手軽にぽかぽかを実感できるようになります。

生姜の健康食品なら生姜が苦手でも取り入れられる

手軽に取り入れられる生姜に健康食品があります。

生姜の健康食品は習慣化してしまえば毎日簡単に摂取できてしまいます。

生姜が苦手でもとりやすいというのも魅力です。

カプセルタイプの健康食品なら生姜の味や香りが苦手でも安心

生姜の健康食品の中でもカプセルタイプに加工されているものの場合には、生姜の味や香りを感じずに飲むことができます。

生姜を取り入れたくても味が苦手で無理だったという人でも、健康食品なら無理なく飲めるでしょう。

生姜の健康食品は生姜以外の有効成分も摂取できる

生姜の健康食品は生姜以外の有効成分が摂取できるというのも利点です。

黒酢や御種人参など生姜の働きと相性の良い成分を同時にとることができるので、上手に健康食品選びをすれば、期待する効果をより早く得られる可能性があります。

生姜サプリメントについて解説している『生姜サプリメントの効果 飲み方と正しい選び方徹底解説!』もご覧ください。

Sponsored Link



生姜を健康に活かすための保存方法

生姜を健康に活かすためには上手に保存するということも大切です。

生姜を新鮮な状態で保存する方法について解説します。

生姜の保存方法基本は風通しの良い冷暗所で

生姜の保存方法の基本は冷暗所です。

風通しの良い冷暗所に新聞紙やラップに包んで保存するようにしましょう。

生姜保存の適温は13度

生姜保存の適温は13度ですので、冷蔵庫では少し温度が低すぎてしまいます。

そのため冷暗所が適しているというわけです。

生姜を水に漬ければ1ヶ月保存可能

冷蔵庫保存をする場合には、容器に生姜をいれて生姜がかぶる程度の水を入れて保存しましょう。

2~3日に1度水を交換すれば1ヶ月は保存することができます。

水に入れずに保存すると表面がかさかさしたりカビのようなものがはえたりすることが多いですが、水に漬けておくと1ヶ月間ずっとみずみずしい状態が保てます。

 

Sponsored Link



生姜の冷凍保存も便利

生姜はすりおろして冷凍保存しておくのも便利です。

生姜氷を作っておけば生姜のお茶がすぐ飲める

生姜氷を作っておくと飲みたいと思ったときにすぐ生姜湯や生姜紅茶を飲むことができます。

冷凍なので長期間の保存にも向いていますから、生姜健康法を実践するときには作っておくと良いでしょう。

生姜氷の作り方

  1. 生姜を一口大に切る
  2. 生姜と水をミキサーに入れて撹拌する
  3. どろどろになったらフリーザーバックに入れて冷凍する

生姜氷を常備しておくと料理を作っているときやお茶をいれたときにポンと生姜を入れることができます。

生姜を買ってきたらまとめて生姜氷にしておいても良いでしょう。

乾燥生姜は生姜湯にも入浴剤にも

生姜を買ってきたらまとめて乾燥生姜にしておくのも便利です。

乾燥させておけば長期保存ができるという利点がありますし、含まれているショウガオールの量も増えますので温め効果が高まります。

乾燥生姜の作り方

  1. 生姜を洗って皮ごとスライスする
  2. 重ならないように並べて干す
    天日干しなら1~2日程度、室内で干すなら1週間程度が目安

しっかり乾燥したら乾燥剤と一緒にビンなどの容器に入れて保存します。

乾燥生姜の活用方法

乾燥生姜はそのままお湯に浮かべれば生姜湯になりますし、紅茶に入れれば生姜紅茶になります。

また料理や飲み物に使うだけでなく、入浴剤代わりにお風呂に入れるのもおすすめです。

肌表面から生姜のあたため成分がじんわり行き渡りますので、ぽかぽかと温まるお風呂に入れます。

Sponsored Link



生姜の健康効果は抜群!正しく使って活用しましょう

生姜の健康効果は古くから生薬として使われてきていることからも明らかです。

正しく使うことで

  • 血行促進
  • 冷え性改善
  • 肥満予防
  • むくみ解消
  • 生活習慣病予防
  • イライラ解消

といったことが期待できます。

生姜を健康に活かすときには毎日継続することが大切になりますが、1日の摂取目安量10gは守るようにしましょう。

生姜は食べ方や飲み方のバリエーションが多いので、毎日続けても飽きずに続けることができます。

  • 生姜湯
  • 生姜紅茶
  • 生姜ココア
  • 生姜のはちみつ漬け
  • 酢生姜

などを上手に組み合わせて生姜を食べたり飲んだりする習慣を身につけましょう。

また生姜は生と加熱後とでは効果に違いが出てきますので、期待する効果に合わせて生姜の利用方法を変えることも大切です。

生姜を毎日の習慣に上手に取り入れて、生姜の健康効果を活かしていってください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 生姜で便秘解消!効果的な理由・飲み方・注意点をお伝えいたします!

  • 生姜で温まるは嘘?効果を発揮する正しい方法を徹底解説!

  • 生姜ダイエットの効果が凄い!やり方・方法・痩せる理由など徹底解説します!

  • 生姜で冷え性対策!効果的な理由や取り入れ方について徹底解説!

  • 生姜の効能(美容・ダイエットなど)と成分・食べ方を完全解説します!

  • 生姜に副作用!?生姜の効果的な食べ方・飲み方と正しい知識をお伝えします!