1. TOP
  2. 甘酒
  3. 甘酒サプリメントの効果・メリット・デメリット・飲み方を徹底解説!
Sponsored Link

甘酒サプリメントの効果・メリット・デメリット・飲み方を徹底解説!

甘酒   301 Views

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれていて、「疲労回復・リラックス・集中力アップ・免疫力向上(風邪予防)・各種疾患の予防」などの健康効果を期待することができます。

甘酒は「飲む美容液」として「美肌美髪・美白・基礎代謝促進(脂肪燃焼促進)・便秘解消・腸内フローラ改善」などの美容・ダイエット効果も期待できます。

素晴らしい効果の多い甘酒ですが、近年は伝統飲料(ドリンク)としての甘酒だけではなく「甘酒のサプリメント」にも注目が集まっています。

甘酒サプリメントは「タブレット・カプセルの形状」が多く、外見は薬剤に近い印象を受けるのですが、サプリメントは法的にあくまで「食品・健康食品(栄養補助食品)」の位置づけになります。

サプリメントは医薬品と同等の有効成分を配合することは法律で禁止されていて、「臨床試験・治験で実証されていない効果効能・疾患(病気)に対する影響」を直接の文言で宣伝することはできません。

この記事では甘酒サプリメントの成分・説明から期待できる「美容・ダイエット・健康の効果」についてお伝えして、「甘酒サプリメントのメリット・デメリット・飲み方」を徹底的に解説していきます。

Contents

甘酒サプリメントの成分から期待できるとされる効果

甘酒サプリメントには、「美容・健康・ダイエット」に良いとされる「ビタミンB群(ビオチン)・タンパク質(レジスタントプロテイン・ペプチド)・アミノ酸・酵素・食物繊維・オリゴ糖・エルゴチオネイン・ポリフェノール」などの甘酒の栄養成分が含まれています。

甘酒サプリメントには、甘酒由来の成分以外にも「ビフィズス菌・乳酸菌・難消化性デキストリン・ビタミンC」などがプラスされていることもありますが、甘酒に由来しない成分もすべて健康や美容に効果のあるものになっています。

それらの甘酒サプリメントが含む成分から期待できる効果には、以下のようなものがあります。

ただしこれらの効果は、実験群(摂取した群)と対照群(摂取したと思い込ませた群)を比較した医学的な比較臨床試験の結果を踏まえた「医薬品としての効果」ではなく、「栄養成分から推測される効果・体験談で実感することのできた効果」として解釈されるべきものです。

・「脂肪燃焼促進・基礎代謝アップ・便秘解消」によるダイエット効果

・「美肌・美髪・アンチエイジング(老化抑制)」による美容効果

・「疲労回復・リラックス・睡眠改善・免疫力アップ」による健康効果

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

 

Sponsored Link



甘酒サプリメントの原材料は「米麹・米糠」と「酒粕」の両方を含むことが多い

甘酒の種類は大きく「お米・米麹の甘酒」と「酒粕の甘酒」に分けることができますが、甘酒のサプリメントはこの二つの甘酒を区別していないことが多くなっています。

現時点では、「酒粕パウダー+穀物麹(米麹含む)の栄養成分」を抽出・凝縮して特殊製法で作ったサプリメントが多くなっていて、甘酒のサプリメントは成分だけから見れば米麹の甘酒と酒粕の甘酒の「良いとこ取り」をしているとも言えるでしょう。

甘酒サプリは甘酒を直接サプリ化(乾燥粉末化)しているわけではなく、甘酒以外の栄養成分もミックスしている

甘酒サプリは「飲み物としての甘酒そのもの」ではないということがあります。

甘酒サプリは、飲み物の甘酒と全く同一の原材料から作られたものではないということです。

甘酒サプリメントは、飲み物の甘酒をそのまま乾燥粉末化して製造しているわけではなく、甘酒を作る前の段階にある「酒粕・穀物麹(米麹含む)」をベースにして栄養成分を凝縮・抽出しています。

甘酒サプリメントは、「酒粕・穀物麹・米麹・米ぬか・穀物顆粒・果物」などをフリーズドライなどの特殊製法で乾燥粉末化(パウダー化)しています。

酒粕・穀物麹のパウダーに、ビタミンCやエンザミン酵素など独自の栄養成分を付け加えて「タブレット(錠剤)・カプセルのサプリの形態」にしていることが多いのです。

 

Sponsored Link



甘酒サプリメントのダイエット効果について

甘酒サプリメントは、基礎代謝(新陳代謝)を促進する補酵素である「ビタミンB群」をメインの成分として含んでいます。

三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)のエネルギー代謝の活発化によって、ある程度食べても太りにくい体質になります。

便秘を解消して腸内環境を改善したり、腸内の老廃物・油分(脂肪)を排出したりする「食物繊維・オリゴ糖・酒粕レジスタントプロテイン」なども含むので、ダイエット効果を期待できるのです。

甘酒サプリに期待される脂肪燃焼(基礎代謝)の促進

甘酒サプリは「ビタミンB群・ビオチン」の働きによって、「炭水化物・脂質・タンパク質のエネルギー代謝」を活発化するので、食物に含まれている栄養成分がエネルギー(熱)として使用(異化)されやすくなります。

甘酒サプリにはビタミンB群だけではなく、食物を細かく分解して栄養成分の消化吸収を良くする「酵素」、筋肉・神経の疲労を回復して基礎代謝を促進する「アミノ酸」も含まれています。

健康な身体を構成して胃腸の消化機能を良くする働きのある「酵素・アミノ酸」も、基礎代謝を活発化させることによって脂肪燃焼を促進してくれます。

甘酒サプリには、余分なエネルギーが「白色脂肪細胞(皮下脂肪・内臓脂肪の細胞)」に脂肪として蓄積することを防ぐ脂肪燃焼効果を期待できるのです。

甘酒サプリに期待される便秘解消・腸内環境改善

甘酒サプリには、胃・小腸で消化されずに大腸にまで届く「食物繊維・オリゴ糖」が配合されているので、大腸内の老廃物・油分(脂肪)を綺麗に排出して、腸内細菌のバランスを整えてくれる効果を期待することができます。

オリゴ糖はビフィズス菌・乳酸菌などの善玉菌のエサになる特殊な少糖類で、オリゴ糖が大腸にまで到達することで、善玉菌が増え悪玉菌が減るという腸内フローラ改善の効果が発揮されるのです。

甘酒サプリの「酵素・アミノ酸」も、食物を細かく分解して消化吸収を促進するので、胃腸の働きが良くなって便秘解消につながりやすくなります。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

 

Sponsored Link



甘酒サプリメントの美容効果について

甘酒サプリメントには、「美容ビタミン」と呼ばれるビタミンB群(ビオチン)、ビタミンCが配合されていて、肌の弾力性・ハリ・保湿力を高めるコラーゲン(タンパク質の一種)が含まれていることも多いです。

ビタミンB群は皮膚の正常なターンオーバー(角質細胞の生まれ変わり)を促進し、ビタミンCはコラーゲン合成を促進することで「美肌・美髪」の効果を発揮します。

甘酒サプリには、細胞を老化・酸化させる「活性酸素」の働きを抑えるポリフェノールやエルゴチオネインといった抗酸化物質も含んでいます。

甘酒サプリに期待される美肌・美髪の効果

甘酒サプリは、「皮膚の正常なターンオーバー(28~56日周期)の促進」「傷ついた皮膚・毛髪・粘膜の修復」を行ってくれるビタミンB1、B2、B6、ビオチン、パントテン酸といったビタミンB群を主な成分としています。

ビタミンB群は皮膚の新陳代謝を促進し、正常な角質のターンオーバーを維持しながら、傷ついた皮膚・粘膜・毛髪の修復を行ってくれるので「美肌・美髪の実現」に役立つのです。

特に、ビオチンとパントテン酸は「保湿効果・抗酸化作用」に優れていて、「皮膚の乾燥・毛髪のパサつき・肌の老化(たるみ)」を防いでくれます。

ビオチンはビタミンCとの相互作用で、ぷるぷる肌(弾力性のある肌)の原材料となる真皮のコラーゲン合成を促進します。

甘酒サプリには、美しい肌や髪の材料となる「タンパク質・アミノ酸」も配合されていることが多いのです。

「酵素・食物繊維」の働きで代謝・腸内細菌環境が良くなって肌荒れ・ニキビも起こりにくくなります。

甘酒サプリに期待されるアンチエイジング(老化抑制)効果

甘酒サプリには、「活性酸素の働き」を抑えて細胞の老化を抑制するとされるポリフェノールやエルゴチオネイン、ビタミンB群、ビタミンCなどが配合されています。

甘酒サプリは、「活性酸素を原因とする身体の酸化・老化」を抑える成分を含んでいるので、一定のアンチエイジング効果を期待することができるのです。

なお、甘酒の美容効果については、本サイトの「甘酒の美容効果は凄い!美肌・美髪・美白に効く甘酒の効果的な飲み方」の記事で詳しく説明していますのでぜひお読みください。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

 

Sponsored Link



甘酒サプリメントの健康効果について

甘酒サプリには、「ビタミンB群・アミノ酸(GABA)・酵素・食物繊維・オリゴ糖」などが配合されており、以下に示す健康効果が期待できます。

甘酒サプリに期待される疲労回復・リラックス・快適な睡眠

甘酒サプリの主成分であるビタミンB群は、「美容ビタミン」としてだけではなく、三大栄養素のエネルギー代謝を活発化して、脳・心身を元気にする「疲労回復ビタミン」としても知られています。

甘酒サプリのアミノ酸には、運動時に筋肉のエネルギー源になったり脳疲労を回復したりする「BCAA(分岐鎖アミノ酸:バリン・ロイシン・イソロイシン)」や中枢神経の興奮を抑えてリラックスさせてくれる「GABA(ガンマアミノ酪酸)」が含まれていることもあります。

米ぬか由来のGABA(ガンマアミノ酪酸)は、精神科・心療内科で処方される催眠誘導薬・抗不安薬の有効成分でもあり、「リラックス・睡眠誘導(快適な睡眠)」の効果が期待できます。

甘酒サプリに期待される免疫力アップ

甘酒サプリが含む「ビタミンB群」は基礎代謝促進によって免疫力を高め、「酵素・アミノ酸」は食べ物(栄養)の消化吸収を良くして腸内環境を改善することによって免疫力を高めます。

腸内には身体各部に移動する免疫細胞が多く存在するため、腸内細菌バランスである「腸内フローラ」が改善されると、お通じが良くなるだけではなく「免疫力アップ」につながるとされます。

甘酒サプリの「食物繊維・オリゴ糖」は、大腸の老廃物・毒素を排出したり善玉菌を増やしたりすることで「腸内細菌環境(腸内フローラ)」を改善してくれるのです。

 

Sponsored Link



サプリメントとは何か?

サプリメントは現代人の「健康維持・栄養補助・美容増進」に大きな役割を果たしていますが、サプリメントの法的な位置づけは「治験で効果と安全が実証された医薬品ではない・食品(健康食品)である」というだけで明確な法律上の定義が行われているわけではありません。

日本では、サプリメントと食品の法的な区別に曖昧な部分が残されています。

アメリカのFDA(食品医薬品局)では、サプリメントを“Dietary Supplement”と呼んで、「従来の食品・医薬品とは異なるカテゴリーの食品で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブ等の成分を含み、通常の食事を補うことを目的とするあらゆる製品(タバコを除く)」と定義しています。

アメリカでは一般の食品と間違いにくい形状(錠剤・カプセル)を採用させ、サプリメントにラベル表示を義務づけています。

この項目では「サプリメントの定義・特徴・法律(薬機法の規制)・成分・種類」について徹底的に分かりやすく解説していきます。

サプリメントは薬(医薬品)ではなく食品である

日本の国内法では、サプリメントや健康食品とは何かについて、法律的な規制はあっても明確な定義はありません。

日本ではサプリメントは、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」で規制されています。

日本の薬機法(医薬品医療機器等法)は、サプリメントについて「医薬品ではない」としており、「医薬品と混同するような効果効能の標榜・宣伝」は禁止されています。

サプリメントは薬(医薬品)ではなく、健康の維持増進に良い栄養成分を含んだ食品(栄養補助食品)という位置づけなのです。

 

Sponsored Link



サプリメント・健康食品に対する薬機法(旧薬事法)の法規制

サプリメント(健康食品)は薬機法(旧薬事法)の規定によって、以下のような「サプリメントと医薬品の混同・誤認を防ぐための法規制」が行われています。

サプリメント(いわゆる健康食品)は医薬的な効果・用法用量・病名の明記および医薬品のような宣伝広告は禁止されている

食品であるサプリメントは、薬機法と食品衛生法によって以下のような「効果効能の標榜・用法用量の記載・宣伝広告」などが禁止されています。

・医薬品と混同・誤認してしまうような食品の効果効能の標榜

・医薬品と混同・誤認してしまう蓋然性を高める「用法・用量」の記載

・医薬品のような治療・予防の効果効能を想起させる「病名・疾患名・障害名」の明記

昭和46年6月1日、厚生労働省は「46通知(無承認無許可医薬品の指導取締りについて)」を行いました。

46通知の別紙「医薬品の範囲に関する基準(健康食品規制の厚労省基準)」において、食品が標榜できない「医薬品的な効能効果の3類型」をあげています。

・疾病の治療又は予防を目的とする効能効果

・身体の組織機能の一般的増強・増進を主たる目的とする効能効果

・医薬品的な効能効果の暗示

サプリメントに医薬品成分(薬の効能・副作用のある成分)を含めてはならない

薬機法によると、サプリメントには医薬品にしか使用できない「医薬品成分」を配合することができないとされています。

海外のサプリメントは医薬品成分を配合している製品もあるので、医療関係者が輸入してサプリメントを処方する場合には、「混合診療・自由診療(保険外診療)」と見なされる可能性があります。

「治験(臨床試験)による効果・安全性の検証」が行われていないサプリメントに医薬品成分を含めると、副作用の健康被害が発生する恐れがあります。

そのため、日本のサプリメントには医薬品成分を含めることは法律で禁止されているのです。

健康食品でも「保健機能食品(トクホ・機能性表示食品・栄養機能食品)」なら栄養素に基づく一定の健康効果を記載しても良い

サプリメント(栄養補助食品)も健康食品の一種と見なされていますが、健康食品は大きく「保健機能食品」と「いわゆる健康食品」に分けることができます。

保健機能食品はさらに以下の3種類に分類されます。

保健機能食品とは、健康食品の中で「安全性・有効性」などが国の設定した一定の基準を満たした食品のことをいいます。

・特定保健用食品・トクホ(個別認可制)……特定の保健用途の表示が消費者庁(食品表示課)の審査基準によって個別に許可された食品で、健康食品の中では特別に高血圧・血糖値などの病名を上げることができ、「~が気になる方に」といった表現が許されています。

・栄養機能食品(規格基準型)……ビタミンやミネラルの栄養素の含有量が規格基準に適合しているため、自己認証に基づく栄養機能表示が許されている食品のことです。

・機能性表示食品(届出制)……2015年4月に導入されたトクホが規制緩和された届出制(消費者庁のトクホ水準の厳しい審査はなし)の健康食品の分類です。

事業者の自己責任を前提にして、「おなかの調子を整える・脂肪の吸収を抑える」など一定の科学的根拠に基づいた機能性を表示できるとした食品ですが、「安全性・有効性の実験データ(科学的根拠)が不十分である」という批判もあります。

特定保健用食品と栄養機能食品は「健康増進法」の対象なので、特例的に薬機法の効果効能の表示規制が緩和されているのです。

上記以外にも、医薬品ではないことが外見的・慣習的に明らかな食品である「明らか食品」については、医薬品的な効果効能(栄養学的・科学的な根拠のあるもの)を標榜しても薬機法違反にはなりません。

明らか食品とは、「野菜、果物、調理品等その外観、形状等から明らかに食品と認識される物」のことをいいます。

なお、サプリと法律・規制の関係については、本サイトの「水素サプリの効果について徹底解説!」の記事でも詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

 

Sponsored Link



サプリメントの種類・分類

サプリメントには以下のような種類・分類があります。

・ベースサプリメント……身体の健康維持に必要とされる基本的な栄養素である「ビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維・DHA・EPA」などを補助するためのサプリメントです。

・ヘルスサプリメント……健康の維持・美容の目的で摂取することの多いサプリメントで、ビタミン・ミネラルなどの基本的栄養素ではない「イソフラボン・ポリフェノール(カテキン)・ローヤルゼリー・プロポリス・セサミン」などのサプリメントです。

・オプショナルサプリメント……栄養成分が特定の部位・目的に対してオプショナル(選択的)に作用することが期待できるとされる「ウコン・マカ・ブルーベリー・グルコサミン」などのサプリメントです。

サプリメントの形状

サプリメントの形状には、「タブレット型(錠剤型)・カプセル型・顆粒型(粉末型)」があります。

日本で発売されているサプリメントの多くがタブレット型(錠剤型)かカプセル型で、顆粒型(粉末型)はかなり少なくなっています。

原材料・栄養成分の味やにおいが気になる人は、内容物が可溶性カプセルに包まれていて無味無臭に近くなる「カプセル型」を選ぶと良いでしょう。

 

Sponsored Link



なぜ現代でサプリメントが人気なのか?

現代では、ドラッグストア(薬局)だけでなくコンビニやスーパーでも様々な種類のサプリメントが販売されていて、次から次に新しい素材・種類のヘルスサプリメントやオプショナルサプリメントが発売されています。

甘酒サプリメントも、健康維持や美容に良いとされる「ヘルスサプリメント」の一種なのです。

現代人の約7~8割が、今までに何らかのサプリメントを一度は摂取したことがあるとされています。

サプリメントが人気の理由としては、「健康志向・美容意識の高まり」「食生活・栄養バランスの乱れ」「心身の不調が多くなる高齢化社会の到来」「サプリメントの商品・情報・宣伝の増加」を考えることができます。

現代の豊かな先進国では、ただありのままに生きるだけではなく、「より健康になりたい・より美しくなりたい・高齢者になっても元気でいたい」というQOL(Quality Of Life:生活の質)に対する人々の意識・関心・欲求が高まり続けています。

現代の食生活の変化・栄養バランスの偏りもサプリ人気の一因

一方で、肉食で脂質の多い食生活の欧米化・高カロリー化で肥満になりやすくなり、ファストフードやジャンクフードの増加によって栄養バランスが偏りやすくなっています。

自炊・手作りで「栄養バランスの良い食事」を作る時間を家庭(ハードワークの共働きの家庭)で確保しづらくなったこともあり、サプリメントを活用して「不足している栄養を補いたい・栄養バランスの乱れを補正したい」という人が増えたのです。

サプリメントは薬ではありませんが、「ビタミンB・ビタミンC・マルチビタミン・鉄分・亜鉛・カルシウム・マルチミネラル・アミノ酸・食物繊維」などの単剤のベースサプリメントやマルチのビタミン・ミネラルであれば、自分の食生活で不足していると思われる栄養素を、ピンポイントで簡単に補給することができるメリットがあります。

サプリメントは医薬品ではないので「飲めば病気・症状が治る」とか「飲めばダイエットが成功する・飲めば美肌になれる」とかいう即効性・確実な効果を期待することはできません。

しかし、各種サプリメントを自分の健康上(栄養不足)のニーズに合わせて適切に利用することができれば、「現代人の栄養バランスの補助」や「健康維持・美容の観点からの栄養学的なバックアップ」に役立てることはできます。

食生活・運動習慣の改善とサプリメントを組み合わせる

サプリメントの薬機法違反になるような「誇大な広告・紛らわしい宣伝・詐欺的な情報」には注意が必要ですが、基本的栄養素のベースサプリメントや健康・美容の補助のヘルスサプリメントであれば、目安量を守っていれば大きな副作用の心配はないので安心して飲むことができるでしょう。

サプリメントだけに頼るのではなく、毎日の食事の栄養バランスやカロリー量を見直して改善していくことも大切です。

お米・パンなどの炭水化物や肉類・脂質ばかりの食事内容に偏らないようにして、「野菜・果物・乳製品・魚介類・ナッツ類・海藻」など多品目の食品をバランス良く食べる食生活へとシフトさせてください。

自分のニーズに合ったサプリメントを選ぶ際には、「成分名・含有量・販売元・問い合わせ先」を必ず確認してから購入するようにしましょう。

健康に対するサプリメントの安全性・有効性を判断するためには、「栄養成分の含有量のチェック(含有量が少なすぎると十分な有効性がない・含有量が多すぎると副作用の危険がある)」も重要になってきます。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

 

Sponsored Link



甘酒サプリメントに含まれていることが多い甘酒と共通の成分

甘酒サプリメントに含まれている成分には、以下のような「米麹の甘酒・酒粕の甘酒」とも共通する「健康・美容・ダイエット」に良い成分が多く含まれています。

甘酒サプリが含むビタミンB群・ビオチン

甘酒サプリの主要成分はビタミンB1、B2、B6のビタミンB群であり、特に「健康な皮膚・粘膜・毛髪(頭皮)を維持する美容効果」の高いビオチンを配合していることが多くなっています。

ビタミンB群は「美容の増進・心身の健康・ダイエット」と深く関わっていて、「基礎代謝促進・エネルギー代謝・脂肪燃焼・抗酸化作用・健康な皮膚や粘膜の維持・免疫力向上・脳機能の正常化(精神状態の安定)」などの働きを担っています。

甘酒サプリが含む食物繊維・オリゴ糖

甘酒サプリは、お米・酒粕・穀物麹に由来する「食物繊維・オリゴ糖」を配合しています。

甘酒サプリは、お米などの穀物由来の不溶性食物繊維であるセルロースやリグニンを含み、腸の蠕動運動を促進して「腸内の余分な水分・脂肪(油分)・老廃物」を吸収して排出します。

食物繊維は便秘解消の効果があるだけではなく、腸内細菌環境を良くするデトックス(毒出し)によって「ニキビ・肌荒れ」を予防してくれるのです。

甘酒サプリのオリゴ糖は、単糖が2~10個結合した少糖類で、胃で消化されずに大腸まで届き、善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌)のエサになって善玉菌を増やします。

オリゴ糖には、「腸内フローラ改善(整腸)・便秘解消・美肌(肌荒れ予防)・虫歯抑制・血糖値抑制・低カロリー・ミネラルの吸収促進」の効果を期待できます。

 

Sponsored Link



甘酒サプリが含む酒粕パウダー・酵母由来のトレハロース

甘酒サプリには酒粕を特殊製法で乾燥粉末化させた「酒粕パウダー」が含まれていることが多く、その酒粕パウダーに「タンパク質(酒粕レジスタントプロテイン)・アミノ酸・酵素・食物繊維・オリゴ糖」などの有効成分が含まれています。

日本酒をもろみから搾り取った後の圧搾残留物である酒粕は、「米麹+酵母の二重発酵」を受けているので酵母由来の「トレハロース」を含んでいます。

トレハロースはキノコ(菌類)や酵母などに含まれる自然界に存在する天然糖質ですが、人工甘味料としてトウモロコシ・デンプンのデンプンから酵素で生成される事が多いのです。

甘味は「砂糖の約40~45%(カロリーは1g4kcalで砂糖と同じ)」ですっきりした甘味があり、「食品の品質保持・見栄え」のために添加されています。

一部で、大量摂取による腸内の炎症を引き起こすリスクが指摘されていますが、現在までトレハロース摂取による副作用・健康被害の報告はありません。

トレハロースは「糖質・脂質・タンパク質の酸化(老化)防止」の作用があり、さらに「皮膚の保湿効果」もあるので化粧品に添加物として加えられることもあります。

 

Sponsored Link



甘酒サプリが含むアミノ酸(アルギニン・グルタミン・システイン)

甘酒サプリにはタンパク質の構成要素であるアミノ酸が含まれており、「新陳代謝(基礎代謝)促進・疲労回復・消化吸収の改善・免疫力向上(腸内フローラ改善)・筋肉増量・美肌美髪」などの作用を期待できます。

甘酒サプリには「アルギニン・グルタミン・システイン」のアミノ酸が含まれていることが多いのです。

・アルギニン……アルギニンは「疲労回復・代謝改善・免疫力向上・血管拡張(パンプアップによる筋肉増量)・肌の保湿・成長ホルモン分泌促進」の効果があるアミノ酸です。

・グルタミン……グルタミンは「筋力維持(タンパク質分解抑制)・胃腸改善・免疫力向上・成長ホルモン分泌促進」の効果があるアミノ酸です。

成長ホルモン分泌は、子供なら身長を伸ばす働きがありますが、大人でも疲労軽減やストレス緩和、美容(コラーゲン増加)の働きを期待できます。

・システイン……システインは「皮膚のターンオーバー正常化・表皮の新陳代謝促進・抗酸化作用(老化抑制)・メラニン生成の抑制」の効果のあるアミノ酸です。

「シミ・そばかす・肌荒れ」を予防する美白・美肌の効果があるアミノ酸として知られ、L-システインは美白化粧品・美肌サプリメントに含まれることの多い成分です。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

GABA(ガンマアミノ酪酸)の持つ効果

甘酒サプリには米ぬか・麦芽に由来するアミノ酸の「GABA(ガンマアミノ酪酸)」が含まれているので、脳の中枢神経活動を穏やかにして睡眠状態を改善してくれます。

催眠誘導薬・抗不安薬にも配合されるGABAは、快適な睡眠をもたらすだけではなく精神状態を安定させてストレスを緩和するので、「イライラ・欲求不満による過食」を抑制してくれます。

GABAには「睡眠改善・リラックス・ストレス軽減・過食や気晴らし食いの抑制(ダイエット効果)」を期待できます。

 

Sponsored Link



甘酒サプリが含むタンパク質

甘酒サプリには、「健康で美しい身体(皮膚・筋肉・骨・内臓・粘膜)の材料」となるタンパク質が配合されており、タンパク質は筋肉量を増やして基礎代謝・新陳代謝も促進してくれます。

甘酒サプリには、以下に示す酒粕に由来するレジスタントプロテインやペプチド(アミノ酸の結合体)が配合されていることもあります。

レジスタントプロテインの持つ効果

酒粕由来のレジスタントプロテインは、胃・小腸で吸収されない難消化性のタンパク質で、大腸に届いて「老廃物・毒素・余分な水分と油分(脂肪)」を吸着して排出してくれます。

老廃物を排出して便秘を改善する整腸効果は、食物繊維と同等以上と言われており、血中コレステロール値を下げる効果も注目されています。

レジスタントプロテインには、「便秘改善・代謝促進・肌荒れやニキビの予防・免疫力向上」の効果を期待できます。

ペプチドの持つ効果

甘酒に含まれるペプチドとは、「複数のアミノ酸が秩序を持って結合した分子」で、米麹・酒粕のタンパク質が分解する過程で発生します。

ペプチドには「血管拡張による血流改善・冷え性改善」や「酵素ACEを阻害することによる血圧上昇抑制(高血圧予防)」の効果が期待されています。

血圧と関係するホルモンのアンジオテンシンⅠは、酵素ACEの働きでアンジオテンシンⅡに変質させられると血圧を上昇させます。

ペプチドはこの酵素ACEの血圧上昇作用を阻害するのです。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

 

Sponsored Link



甘酒サプリが含む酵素・エンザミン酵素

甘酒サプリには穀物麹・酒粕に由来するとされる「酵素」が配合されていて、特に一部の甘酒サプリには「エンザミン酵素」という特殊な機能性酵素(有用菌生産物質)が配合されています。

酵素は生体内の化学反応の触媒として機能するタンパク質で、「消化酵素・代謝酵素・食物酵素」に分けることができ、消化酵素の「アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼ・セルラーゼ」がよく知られています。

酵素には、「新陳代謝(脂質代謝)の促進・栄養の消化吸収の改善・胃腸の負担の軽減」といった健康や美容、ダイエットに良い効果があります。

酵素の欠点として「温度約60~70℃以上で失活する・胃酸で失活する」という問題があります。

しかし、甘酒サプリに含まれることのあるエンザミン酵素は、「121℃まで失活しない・胃酸で失活しない・低カロリー(他の酵素の半分のカロリー)」という特長を持っています。

 

Sponsored Link



甘酒サプリが含むポリフェノール、エルゴチオネイン

甘酒サプリには、細胞の老化(酸化ストレス)を抑制する「抗酸化作用」を持つポリフェノールやエルゴチオネインも配合されています。

赤ワイン・チョコレート(カカオ豆)・コーヒー・緑茶の成分でもあるポリフェノールは、分子内にフェノール性水酸基を複数(ポリ)もつ植物成分の総称です。

ポリフェノールには以下の効果が期待されます。

・血管年齢を若く保ち、動脈硬化・脳梗塞・高血圧を予防する。

・美肌・老化抑制・アレルギー予防

・脳機能の活性化、脳の栄養になるタンパク質「BDNF(Brain-derived neurotrophic factor)」を増やす

カフェインやカテキン、アントシアニンなどもポリフェノールの一種で、活性酸素から種子・葉などを守る役割を果たしています。

キノコ類に含まれるアミノ酸・エルゴチオネインは、ビタミンEの約7000倍の強力な抗酸化作用を持っています。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

甘酒サプリは甘酒に由来しない色々な成分も含む

甘酒サプリは、甘味飲料(飲み物)の甘酒をそのまま乾燥粉末化したものではなく、サプリ開発会社の考え方(効果の意図)によって「甘酒以外の色々な栄養成分」をプラスしています。

肌を保湿して弾力性(ハリ・コシ・ツヤ)を持たせる「コラーゲン」を配合した甘酒サプリも多いですが、「ビフィズス菌・乳酸菌・難消化性デキストリンの効果」について説明します。

ビフィズス菌・乳酸菌の持つ効果

甘酒サプリには、ヨーグルトに含まれていて整腸作用のある「ビフィズス菌・乳酸菌」が配合されていることが多いのです。

ビフィズス菌は約50種類以上もあり、「腸内フローラ改善による整腸作用・感染症予防・骨の補強・アレルギー予防(免疫バランス改善)」の効果を発揮します。

乳酸菌にも「整腸作用・免疫力向上」の効果が期待できますが、大腸内の善玉菌のビフィズス菌と乳酸菌の割合は「ビフィズス菌99.9%・乳酸菌0.1%」なので、ビフィズス菌の方が直接的な整腸作用が強いと考えられています。

ビフィズス菌・乳酸菌は、生きて腸に届いて健康改善効果を発揮する善玉菌を意味する「プロバイオティクス」と呼ばれています。

難消化性デキストリンの持つ効果

甘酒サプリに含まれることのある難消化性デキストリンは、トウモロコシのデンプンから作られる胃・小腸で消化吸収されにくい「水溶性食物繊維」のことです。

脂肪・甘味料を代替する添加物として広く使用される難消化性デキストリンは、「規格基準型」のトクホ(特定保健用食品)の有効成分として認められています。

そのため、「おなかの調子を整える・食後血糖値が気になる方に適している・食後の中性脂肪が気になる方の食生活の改善に役立つ」などの効果の表記が可能です。

なお、甘酒の栄養と効果については、本サイトの「甘酒の栄養成分と効果がすごい!米麹の甘酒と酒粕の甘酒の栄養の比較」の記事で詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

 

Sponsored Link



甘酒サプリメントに「ダイエット・美容の効果」はあるのか?

甘酒サプリメントを飲もうとしている人が気になるのは、やはり本当に「ダイエット・美容・健康の効果」があるのかどうかということでしょう。

甘酒サプリなどサプリメントは「医薬品・トクホ」ではないため、飲めば効くという「効果効能」を直接的に表記して宣伝・販売をすることはできません。

甘酒サプリも体験談や効きそうな言い回し、イラストなどを用いて「間接的な効果効能の表現」をしていますが、「配合成分・ダイエット(体重の増減)の仕組み」から考えた場合、実際にダイエット・美容の効果はあるのでしょうか?

甘酒サプリを飲むだけでも美容効果はある

甘酒サプリの主要成分としてほぼ必ず含まれているのは以下の成分です。

・ビタミンB群・ビオチン

・タンパク質

・食物繊維・オリゴ糖

・アミノ酸・酵素

甘酒サプリにこれらの栄養成分が含まれていて、一定以上の期間サプリを飲み続けたのであれば、「新陳代謝の促進・健康な皮膚や粘膜や毛髪の維持・」といった効果は実感しやすくなると推測されます。

「肌がしっとりして綺麗になった・肌がぷるぷるでお通じの調子が良くなった・肌荒れが改善した」などの美容効果は、甘酒サプリのポジティブな口コミ・体験談でもっとも多い意見になっています。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

甘酒サプリのダイエット効果

甘酒サプリの成分である「ビタミンB群・タンパク質・アミノ酸・酵素」には、消化吸収を良くして基礎代謝(新陳代謝)や脂肪燃焼、お通じを促進する一定のダイエット補助効果がありますが、甘酒サプリを飲むだけですぐに痩せるという薬剤的な効果効能があるわけではありません。

しかし食べたものを脂肪として蓄積しづらくするので、「体重が増えなくなった・3ヶ月以上継続して3キロ痩せた」という体験談が多いです。

甘酒サプリを食生活・運動習慣の改善と組み合わせる

甘酒サプリのダイエット効果を引き出すためには、ただサプリを飲むだけではなく、「食生活・運動習慣の改善」と組み合わせるを結果が出やすくなります。

食生活の改善では、炭水化物(ご飯・パン・麺類)をやや少なめにして、「炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維」をバランスよく摂るようにしましょう。

座位が多く運動量が少ない人(18~49歳)の場合、食事による1日の総摂取カロリーは、男性なら「約2300kcal」、女性なら「約1700kcal」を超えないようにしてください。

痩せるための運動習慣として、「有酸素運動(ランニング・ウォーキング・水泳など)・無理のない筋肉トレーニング」を取り入れても良いでしょう。

甘酒サプリをダイエット法と組み合わせる

甘酒サプリのダイエット効果を引き出すためには、体重減少・筋肉増加(基礎代謝アップ)の有効性が実証されている「ダイエット法」と組み合わせてください。

食事内容と関係する有効なダイエット法には「カロリー制限ダイエット・糖質制限ダイエット(ローカーボダイエット、ケトジェニックダイエット)・低GIダイエット」などがあります。

なお、甘酒サプリと組み合わせ可能な各ダイエット法の詳細な理論・実践について、本サイトの「甘酒のカロリーは高いのか?ダイエットと糖尿病に対する甘酒の影響」で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

 

Sponsored Link



甘酒サプリの効果的な飲み方・飲む時間

甘酒サプリの「効果的な飲み方・飲む時間(飲むタイミング)」について解説していきます。

甘酒サプリを「朝の時間帯」や「運動前」に飲むと良い

甘酒サプリは「ビタミンB群・タンパク質・アミノ酸・酵素」などの働きによって、基礎代謝(新陳代謝)を高めて脂肪を燃焼させてくれますから、一日を代謝の良い状態で過ごすためには「朝の時間帯・起床の1時間後くらい」に飲むと良いでしょう。

脂肪燃焼効果を高める目的であれば、ウォーキングなどの有酸素運動をする「約30分前」に飲むのがおすすめで、「運動によるカロリー消費・脂肪燃焼の効率」を高めてくれます。

ビタミンB群やアミノ酸には、一日を意欲的に過ごすために必要なエネルギーチャージ(エネルギー代謝)や疲労回復の効果も期待できますから、一日の活動・思考をスタートさせる朝に飲んでみてください。

甘酒サプリを「食事前・空腹時」に飲むと良い

甘酒サプリの有効成分の消化吸収効率を高めて脂質代謝を促進する目的であれば、「食事前の空腹時」に飲むのがおすすめです。

食物が胃腸に入っていない空腹時のほうが、甘酒サプリの成分が速やかに胃・小腸から吸収されて身体の各細胞に運ばれやすくなり、レジスタントプロテインなどの働きでコレステロール値も下がりやすくなります。

「酵素・アミノ酸・ビタミンB群の働き」によって、食事後の糖質・脂質を効率的に分解吸収するので、余分な糖質が中性脂肪に変えられて脂肪細胞に取り込まれるのを防ぎます。

甘酒サプリを「就寝前」に飲むと良い

「美肌美髪(美容)・腸内フローラ改善(便秘解消)・安眠(リラックス)」を目的にして甘酒サプリを飲む時には、「就寝の約1時間前」に飲むのがおすすめです。

就寝中も、身体の基礎代謝は休まず行われていますので、寝ている間に甘酒サプリの「GABA・ビタミンB群・タンパク質・アミノ酸・酵素・食物繊維・オリゴ糖・レジスタントプロテイン」などの成分がゆっくり浸透していきます。

その結果、寝つきの良さ・熟睡(心身をリラックスさせる副交感神経の優位)、しっとりぷるぷるの肌、お通じの良さといった甘酒サプリの作用を実感しやすくなるのです。

甘酒サプリは「継続的」に飲むのが基本

甘酒サプリは、医薬品ではないので飲んで数時間後に(飲んですぐに)効果が発現するというものではありません。

健康食品である甘酒サプリは、一般の健康に良い野菜・果物類などと同じで、毎日適量をコツコツ摂取することで、「健康・美容・ダイエット」の補助的効果を実感しやすくなるのです。

口コミ(体験談)の評価や体質改善のスピードを考慮すると、甘酒サプリの良い作用を実感するには、「約2~3ヶ月以上」の継続的な服用が求められてきます。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

 

Sponsored Link



甘酒サプリメントのメリット・デメリットと注意点

甘酒サプリメントのメリット・デメリットと注意点について解説していきます。

甘酒サプリメントのメリットについて

甘酒サプリには、甘味飲料の甘酒にはない以下のメリットがあります。

甘酒の味・においが苦手でも飲める

甘酒サプリは、飲み物の甘酒と比べると「甘酒独特の甘いにおい・風味(酒粕の甘酒のお酒臭さ)」が抑えられていて、小さなタブレット(錠剤)なので「甘酒の味(ブドウ糖や砂糖の甘さ・酒粕のお酒らしさ)」を気にせずに飲むことができます。

酒粕パウダーや穀物麹などによる甘酒のような香りが若干あるので、無臭とまではいきませんが、「甘酒の味・においが苦手で飲めない人」でも飲みやすいメリットがあります。

酒粕甘酒の「アルコール・砂糖」が入っていない

酒粕甘酒には約1%未満のアルコール分が残留していることが多く、さらに砂糖(ショ糖)も加えられるので高カロリー(砂糖10gを加えると約110kcal)になりがちです。

甘酒サプリにはアルコールは含まれていませんので、「妊婦さん・授乳中のお母さん・子供さん」でもアルコールの副作用を気にせずに安心して飲むことができます。

砂糖不使用の甘酒サプリが多いので、高カロリーによる太りやすさの心配も要りません。

なお、甘酒とアルコールの関係については、本サイトの「甘酒にアルコールは入っているのか?飛ばし方や子ども赤ちゃん妊娠中の影響など」の記事で詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

甘酒のカロリーを気にしなくて良い

米麹の甘酒は約81kcal、酒粕の甘酒は約72kcal(砂糖10g追加で約110kcal)のカロリーがあり、飲料としては高カロリーな飲み物になります。

1日200ml以下が甘酒の適量とされていますが、美味しいからと飲みすぎてしまうと、カロリーオーバーで肥満の原因になってしまいます。

甘酒サプリは非常に小さいタブレット(錠剤)型が多く、「1粒あたり1~2kcal以下」とほぼゼロカロリーなので、カロリーを気にせずに飲み続けることができます。

ただし、甘酒のような飲み応えやブドウ糖による満腹感も当然ないので、甘酒サプリを「食事の代替」にすることはできません。

甘酒を作る手間がかからず、持ち運びも簡単

甘酒サプリは小さなタブレット(錠剤)なので、ピルケースなどに入れてどこにでも簡単に携帯して飲むことができます。

市販の缶・瓶に入った甘酒ならその場ですぐに飲めますが、「米麹の甘酒・酒粕の甘酒」を手作りする場合には、お湯に溶かして軽く煮込むだけで簡単にできる酒粕の甘酒でも、10分程度の時間がかかり後片付けも必要になります。

米麹の甘酒を手作りするとなると、作り方そのものは簡単ですが、米麹・お米に約65~70度以下のぬるま湯を加えて、約8時間も待つ必要があります。

甘酒サプリなら甘酒づくりの手間が一切かからず、その場ですぐに飲むだけです。

甘酒より続けやすい

甘酒は美味しい伝統的な甘味飲料ですが、それでも毎日のように約100~200mlの甘酒を飲もうとすれば大変です。

頻繁に飲みすぎて「甘酒の味・香り」に飽きてくると、元々甘酒好きな人でもあまり量を飲めなくなることは多いのです。

甘酒サプリは、味わうものではなく錠剤を飲み込むだけのタイプですから、飲み物の甘酒よりも長く手軽に続けやすいのです。

 

Sponsored Link



甘酒サプリメントのデメリットについて

甘酒サプリには、ゼロカロリーに近くて手軽に飲めて味に飽きないというメリットばかりではなく、いくつかのデメリットもあります。

薬のような「即効性・確実な効果」があるわけではない

栄養補助食品のサプリメント一般に対する誤解として、「サプリメントを飲めばすぐに効果効能を実感できるはず」ということがあります。

これはサプリメントを医薬品と混同しているために起きる誤解であり、サプリメントは医薬品ではないというだけでなく、薬機法によって「医薬品と同じ化学的な有効成分を配合すること(副作用のある薬の成分の配合)」自体が禁止されています。

甘酒サプリを何日間か飲んだからといって、短期間で風邪の症状が良くなる、疲労困憊状態が改善するとか、美肌・美髪を手に入れられて痩せられるとかいうわけではないのです。

甘酒サプリは薬ではないので、「即効性・確実な効果」が保証されているものではなく、継続的な摂取によって「栄養成分による健康・美容の効果」が得られやすくなるというものです。

「効果・メリット」が実感できないと続かない

甘酒サプリは手軽に飲むことはできますが、飲んでいて「自分にとっての主観的な効果・メリット」をまったく実感できなければ、「飲む意味がないという考え方」に傾いてやめてしまいやすいのです。

甘酒サプリは、「約1~3ヶ月の継続摂取」によって一定の美容・健康の改善効果を実感できたという体験談が多いのですが、「効果・メリット」が実感できないと長続きしないデメリットはあります。

甘酒のような「飲む満足感・味のおいしさ」はない

甘酒サプリのメリットとして「甘酒が苦手な人でも飲みやすい」や「甘酒の味・においがほとんどない」がありますが、これは逆に甘酒のような「飲み物としてのおいしさ・飲み応え・飲む満足感(満腹感)」がないというデメリットにもなっています。

甘酒のような「味のおいしさ・飲む満足感・ブドウ糖の満腹感」がないことによって、「食事の代替・置き換えダイエットの手段」にはならず「飲みたいから飲むという動機づけ」が働きにくいのです。

甘酒サプリをただ飲むだけですぐ痩せられるわけではない

飲むだけですぐに痩せられるという「夢のダイエット薬」は、医薬品の中にさえもありません。

甘酒サプリは「基礎代謝(新陳代謝)のアップ・脂肪燃焼の促進・脂肪蓄積の予防・消化吸収の改善・便秘解消(老廃物や油分の排出)」を補助的にサポートする効果が期待できます。

 

Sponsored Link



甘酒サプリメントは基本的に副作用の心配がない

甘酒サプリメントの素晴らしいポイントとして、甘酒サプリの目安(飲むタブレットの数)を守っていれば、基本的に副作用の心配がない「安全な健康食品」であるということがあります。

甘酒サプリには健康被害を引き起こすような有害な成分やアルコールが配合されておらず、副作用のある医薬品の薬効成分(薬の化学物質)も含まれていないからです。

甘酒サプリメントの飲みすぎ・アレルギー(乳・大豆)には注意:目安を守るのが原則

ただし、甘酒サプリを飲み過ぎて「腹痛・下痢(お腹が緩くなる)・気分の悪さ」が起こったという口コミもあるので、甘酒サプリのパッケージに記載されている「目安量」を守るように気をつけてください。

また甘酒サプリには製造過程で「乳製品・乳・大豆」が加えられていることがあるので、「牛乳アレルギー・大豆アレルギー」がある人は摂取の際に成分の注意書きによく目を通すようにしてください。

甘酒サプリを飲んでいて「かゆみ・発疹・湿疹・息苦しさ(呼吸困難感)・動悸・めまい」などのアレルギー反応と疑われるような症状が起こった場合には、すぐに甘酒サプリの摂取をやめて医師にそのサプリを見せて相談してください。

なお、サプリメントの副作用の可能性について、本サイトの「水素サプリメントは副作用が心配?」でも詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

 

Sponsored Link



甘酒サプリメントについてのまとめ

甘酒の有効成分を手軽に摂取できる甘酒サプリメントに対する注目が高まっていますが、甘酒サプリには以下の効果を期待することができます。

・「脂肪燃焼促進・基礎代謝アップ・便秘解消」によるダイエット効果

・「美肌・美髪・アンチエイジング」による美容効果

・「疲労回復・リラックス・睡眠改善・免疫力アップ」による健康効果

ただし甘酒サプリは実質的にも法律的にも「医薬品」ではなく、健康に良い成分が含まれているという「健康食品」のカテゴリーに当てはまります。

サプリメント全般は、薬機法の規制によって「飲めば病気・美容・ダイエットに効くというような直接の効果効能」を宣伝して販売することはできません。

甘酒サプリには、「ビタミンB群・タンパク質・アミノ酸(GABA)・酵素(エンザミン酵素)・食物繊維・オリゴ糖・レジスタントプロテイン」などの栄養成分が配合されているので、健康・美容・ダイエットに一定の効果を期待できると考えられます。

甘酒サプリの口コミ情報・体験談では、ダイエット効果よりも美容・健康の効果を実感した人が多くなっているようですが、甘酒サプリの好ましい効果を引き出すには「効果的な飲み方・飲む時間(飲むタイミング)」にも注意する必要があります。

甘酒サプリを飲むことによって、「美肌・美髪・脂肪燃焼(太りにくい体質)・疲労回復・便秘解消・風邪予防(免疫力向上)・安眠(リラックス)」などの好ましい作用を実感しやすくなります。

日々の健康的な食習慣・生活習慣をサポートするために、手軽にどこでも飲める甘酒サプリをぜひ飲んでみてください。

水メディア推薦!

最も信頼できる甘酒サプリ!

あまざけ美人酵素

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水の美容効果が絶大な理由とは?

  • 奇跡の水と水素水の驚くべき関係とは?

  • 活性酸素とは?

  • 水素水の癌(ガン)と抗がん剤に対する効果とは?

関連記事

  • 甘酒の飲み過ぎは太る?原料による成分・カロリーの違いや飲み過ぎによるデメリットについて

  • 酒粕甘酒の効果効能と栄養・作り方・保存のすべて!

  • 甘酒を夜飲む効果が凄い!

  • 甘酒の美容効果は凄い!美肌・美髪・美白に効く甘酒の効果的な飲み方

  • 甘酒にアルコールは入っているのか?飛ばし方や子ども赤ちゃん妊娠中の影響など

  • 甘酒の栄養成分と効果がすごい!米麹の甘酒と酒粕の甘酒の栄養の比較