1. TOP
  2. コーヒー
  3. コーヒーが飲めない原因・理由・克服法をお伝えします!
Sponsored Link

コーヒーが飲めない原因・理由・克服法をお伝えします!

コーヒー   2,982 Views

「コーヒーが飲めないと恥ずかしい」

「ブラックコーヒーを飲めるようになりたい」

コーヒーの香りに気分が癒されると感じたことのある人は多いでしょう。

でも、コーヒーの香りは大好きなのに、飲めない人が意外と多いのも事実です。

友達にカフェに行こうと誘われたり、仕事の接待の場でコーヒーを出されて気まずい思いをしたりした人もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、「コーヒーが飲めるようになりたい」という人に向けて、コーヒーの飲めない原因を考察し、その原因から改善方法を提案します。

コーヒーが飲めない理由には、以下の点が考えられます。

・苦いから飲めない
・まずいから飲めない
・酸味がきついから飲めない
・胃が痛くなるから飲めない
・カフェインが苦手だから飲めない
・病気だから飲めない
・宗教的な理由で飲めない

コーヒーはどうしても飲めない人もいますが、多くの場合原因は克服すれば飲めるようになります。

コーヒーは、美味しいのはもちろんですが気分をリラックスさせ、脳を活性化させ、健康にも良い飲み物です。

この記事を読めば、コーヒーが飲めないあなたも、生活の中で欠かせない飲み物のひとつに変わるかもしれません。

ぜひ、最後までお読みください。

Sponsored Link



Contents

カフェブームだけどコーヒーを飲めない人が意外と多い

街を歩けばいろいろな場所でカフェが目につきますが、コーヒーが飲めない人は意外と多いようです。

チェーン店からこだわりの一杯を入れるお店まで実に様々な、雰囲気の良いカフェがありますが、コーヒーは飲めないからという理由で、カフェに入るのをためらう人もいらっしゃるかもしれません。

実際、世の中にコーヒーが飲めない人はどれくらいいるのでしょうか?

コーヒーが飲めない人の割合

コーヒーを飲めない人の割合は、少数とはいえ一定人数存在しています。

それで食事を招待した時にはコーヒーが飲めない人のために、「食後はコーヒーにしますか?それとも紅茶にしますか?」と尋ねる人も多いでしょう。

@niftyニュースが行ったコーヒーが好きか嫌いかというアンケート調査によりますと、「コーヒーに肯定的な意見を持っていた人の割合は全体の75%で、否定的な意見を持っていた人10%を大きくうわまわりました。

引用元:@nifty2013年3月29日付「【コーヒー好きの割合調査】好き派が75%に対し嫌い派が10%」より
https://news.nifty.com/article/item/neta/12225-130327002031/

このように、コーヒーが飲めない人はマイノリティーなので、社会に出ると肩身の狭い思いをしてしまうかもしれません。

なおそれほど多くはありませんが、コーヒーが飲めない人の中にはコーヒーは好きだけど「健康上の理由から飲めない」という人もいます。

 

Sponsored Link



コーヒーを飲めない男性

男性がコーヒーを飲めない場合、「大人なのに恥ずかしい」と感じる人が多いようです。

社会人の男性といえば、片手にコーヒーというイメージが強く、「仕事ができない」という印象さえ持たれるケースがあります。

ミルクや砂糖を入れたら飲める、という男性の中にも「ブラックコーヒーを飲めない」ということに恥ずかしさを感じている人は少なくありません。

コーヒーを飲めない女性

女性がコーヒーを飲めない場合、「かわいらしい」と感じる人のほうが、「大人なのに恥ずかしい」と感じる人より多いようです。

それで、恥ずかしいから克服したいという人は男性に比べると、わずかかもしれませんが、コーヒー好きの恋人や夫と一緒に飲みたいと思うかもしれません。

女性の中には、胃腸が弱いという人や、カフェインに弱いということでコーヒーが飲めない人も比較的多くいます。

またコーヒーは砂糖やミルクを入れないと飲めないという女性は、太るのを気にしてコーヒーが飲めないというかもしれません。

妊娠中でもコーヒーが飲めないわけはない?

妊娠中は、コーヒーが全く飲めないという人がいますが実は誤りです。

妊婦のカフェインの血中濃度は、胎盤を通して胎児も同じ濃度になるので、妊婦のカフェイン摂取量が増えれば増えるほど、流産や死産、早産のリスクが増えます。

しかし、世界保健機構WHOによりますと、妊婦は全くコーヒーを飲めないというのではなく、むしろコーヒーの摂取量を1日3~4杯までにすべきとしています。

これだけの量のコーヒーが飲めれば、普段の生活と変わらないという人がほとんどでしょう。

ただし、カフェインはコーラや緑茶などコーヒー以外にも含まれるので、念には念を入れて1日1杯くらいに抑えておいた方がよいといえます。

コーヒーが飲めない子供

子供にとってコーヒーは苦くて飲めないという人がほとんどですが、砂糖やミルクを入れても
親が子供にコーヒーを飲ませたくないと思っている人もいます。

やはりコーヒーのカフェインは、子供の成長に影響を与えますが、少量であるなら問題はありません。

日本にはありませんが、海外ではカフェインの摂取目安に規定設けている国があります。

例えば、カナダ保健省は次のような規定があります。

子供の行動に及ぼすカフェインのリスクは高く、妊娠適齢女性の生殖に及ぼすリスクも高いことから、カフェインの悪影響が出ない一日当たりの最大摂取量について、4歳~6歳の子供は一日最大 45 mg、7歳~9歳の子供は一日最大 62.5 mg、10歳~12歳の子供は一日最大 85 mg、妊婦や授乳中あるいは妊娠を予定している女性は一日最大 300 mgまでとしました。

引用元:東京都福祉保健局「東京都食品安全FAQ」より
http://food-faq.jp.net/modules/faq/?action=Detail&faqid=50

コーヒー100mlにはおよそ60mgのカフェインが含まれていますので、12歳から15歳なら、1日に1杯くらいのコーヒーは問題ありませんし、ミルクをたっぷり入れるならそれ以上コーヒーを飲むことができます。

Sponsored Link



コーヒーが飲めないためにおきる問題点

コーヒーが飲めないために、おきる問題点があります。

大多数の人がコーヒーを好んで飲むため、世の中は「コーヒーが飲めること」が前提で動いていることがあるからです。

社会人でコーヒーが飲めないと困ること

社会人になると、コーヒーを飲む機会は増えるかもしれません。

特に、自分が飲みたいときではなく、状況的に飲まざるを得ない時は困ってしまいます。

「コーヒーも飲めないの…?」と子供っぽく扱う人もまだいるようです。

会社でコーヒーが飲めない

コーヒーを飲めない人は、会社で寂しい思いをすることがあります。

最近は手頃なカフェサーバーなどの普及により、自分のオフィスで気軽に美味しいコーヒーを入れることが可能になっています。

コーヒーにはリラックス効果や集中力を高める効果がありますので、休憩時にコーヒーを飲めない人は仕事を続ける上で不利であるといえるでしょう。

加えて、会社によっては全社員にコーヒー代を徴収しているところもあり、コーヒーを飲めないのにお金だけ払わなければならないということもあります。

客先でコーヒーが飲めない

客先に訪問した時、コーヒーが出される確率は低くありません。

こちらの飲みたいものを聞かれるより、「コーヒーどうぞ」と出されることもあり、コーヒーが「嫌い」とか、「飲めない」とは言いにくいものです。

大切な取引先の方に対して、失礼だと感じてしまうものです。

コーヒーが飲めない時の上手な断り方

コーヒーが飲めないなら、相手の気分を害さずに断るようにしましょう。

正直に、「コーヒーが飲めない」ということを取引先の方に言ってください。

伝え方に工夫が必要で、コーヒーを出してもらったことにまずお礼を伝えてから、丁寧な口調で、飲めない理由を簡単に説明し、「申し訳ありません」といいましょう。

「カフェインを取ると気分が悪くなる」「胃が痛くなる」など健康的な事情を説明すれば、気分を害する方はまずいません。

逆にNGなのが、「まずい」「嫌い」など否定的な言葉を使うことで、そのような言葉を聞くと心理的に「自分が否定された」と思わせてしまいます。

 

Sponsored Link



コーヒーは飲めないけれど、飲みたくなるのはなぜ?

コーヒーは飲めないけど、飲みたくなってしまうことがあるのはなぜでしょうか。

恐らく、コーヒーの香りと雰囲気が関係していると思われます。

それで、コーヒーは飲めないけどコーヒーの香りは好きという人はたくさんいます。

コーヒーのリラックス効果のある香気成分がありますので、緊張を強いられるときや、疲れている時には特に飲みたいという気持ちになります。

また、友人とカフェでゆっくりおしゃべりしたり、自宅で一人の時間を楽しんでいたりするときにもコーヒーを飲みたくなります。

また美味しいケーキや、チョコレートなど甘いものを食べるときにもコーヒーが欲しくなります。

コーヒーの香り

コーヒーをドリップした時の香り、カフェに入った時の心地よい香りは、「コーヒーを飲める、飲めない」にかかわらず私たちをリラックスさせます。

コーヒー豆と香りについて実験を行った杏林大学医学部の古賀良彦教授は、香りにについて次のような興味深い見解を述べています。

「匂いによって昔の記憶を呼び起こされた経験を皆さんお持ちでしょう。『見る』『聞く』行為は『よい』『悪い』という理性的な判断をしますが、匂いは『好き』『嫌い』しかない。きわめて感覚的なものなのです」

引用元:全日本コーヒー協会「香りから生まれる、 「癒し」と「集中力」。」より
http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/health/doctor/health69-2

香りには「見る、聞くという行為よりも、もっと深い部分で人の心を揺さぶる不思議な力を持っています」が、コーヒーの香りは多くの人を引き付ける力をもっています。

カフェブームでコーヒーが飲めないのに飲みたくなる

最近のカフェブームにより、コーヒーが飲めないのに飲みたくなる人もいるでしょう。

一昔前は、外出先でコーヒーを飲むという時は、自動販売機やコンビニで缶コーヒーや紙パックのコーヒーを買うしか方法がありませんでした。

しかし今ではほとんどどこのコンビニや、ハンバーガーショップ、あるいはスーパーにいっても、本格的なドリップコーヒーを手頃な価格で飲めるようになりました。

そのような雰囲気、香り、気軽さに加え、コーヒーを飲んでいる人の至福の表情を見ていると、コーヒーを飲めないと思っている人でも飲みたくなります。

 

Sponsored Link



コーヒーは健康にも良い

コーヒー飲めないという人には、コーヒーが健康にもよいという事実を知っておく必要があるでしょう。

一部の人は、コーヒーは体に悪いというイメージを持っていていますが、それは全くの誤りで、むしろ驚くべき健康効果があることが様々な論文によって報告されています。

例えば、医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」の中で、英国サウサンプトン大学のロビン・プール氏は、2017年11月22日付の発表で「コーヒーを1日3杯飲む人は、全く飲まない人に比べてがん、糖尿病、肝疾患、認知症、がん、そして早死になどのリスクが低下すると発表しています。

また、1日に3杯以上飲んだとしても健康面でマイナスになることはないと認めています。

一般的に言われているコーヒーに含まれる2大成分は、カフェインとポリフェノールです。

コーヒーのカフェインには、覚醒作用があるので疲れが緩和したように感じられます。

また、カフェインには思考力を高めたり、体内の余分の水分や老廃物を排出したりする作用があります。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、血液をサラサラにしたり血圧を安定したりさせ、血糖値、内臓脂肪などの改善に効果があるとされています。

なお、コーヒーには健康効果のある様々な成分とその効果については、「コーヒーの成分と効果を徹底解説!」で詳しく解説されていますのであわせてお読みください。

Sponsored Link



コーヒーが飲めない人の理由別克服方法

では、ここからはコーヒーを飲めない理由と、その理由別克服方法について紹介します。

コーヒーが飲めない原因を知れば、何をすればコーヒーを飲めるようになるかがみえてきます。

ここでは、コーヒーが飲めない6つの理由を取り上げます。

コーヒーが飲めない理由①苦い

コーヒーが飲めない1番目の理由は、コーヒーの苦みです。

実際現在どんなにコーヒーが好きだという人でも、初めてコーヒーを飲んだ時は「苦さ」に抵抗があったことと思います。

なぜなら私たちが持っている「味覚」には食欲を刺激する感覚である「美味しさ」だけではなく、毒物の摂取を避けるための感覚もあり、それが「苦み」です。

つまり、コーヒーを始めて飲んで、「苦い!飲みたくない!」というのは、本能的に「この飲み物は危険かもしれない」という判断を下していることになります。

しかし、コーヒー好きの人がしてきたように、コーヒーが飲めないあなたも、最初は抵抗は感じたとしても、飲み続ければ次第に「苦み」が「毒」ではないという認識になり、苦みを楽しめるようにさえなるかもしれません。

なので、コーヒーを飲んで苦いという不快感は自然な反応であり、それがイコール「自分にコーヒーは合わない」と早急に判断しない方が賢明です。

コーヒーの苦みを抑える方法

「コーヒーの苦みはいずれ慣れる」とわかっていたとしても、やはりコーヒーを飲むことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

しかしコーヒーの苦みは、工夫次第でかなりの程度抑えることができます。

加えて、そのように自由に調整できるのがコーヒーの楽しみのひとつでもある、といえます。

コーヒーの苦みを抑える方法には、次のような方法があります。

コーヒーの苦みを抑える焙煎方法

コーヒーの焙煎には、8つの段階があり、深く煎れば煎るほど、コーヒーの上質な苦みが増します。

しかし、浅煎りのコーヒー豆は、確かに苦みはないのですが、コーヒーの香りやコクもほとんどないため、主にテスト用として使われており、一般的にはほとんど流通していません。

それで、コーヒーの苦みが苦手な人は適度に苦みが抑えられ、コーヒーのコクや香りを楽しめる「中煎りのミディアムロースト」の焙煎をおすすめします。

なお、8種類の焙煎方法は、次の通りです。

【浅煎り(主にテスト用)】
1. ライト
2. シナモン

【中煎り(主にレギュラーコーヒー用)】
3. ミディアム
4. ハイ
5. シティ

【深煎り(主にアイスコーヒー、エスプレッソ用)】
6. フルシティ
7. フレンチ
8. イタリアン

コーヒーの苦みを抑える器具と挽き方

苦みを抑えるためには、粗く挽いたコーヒー豆でコーヒープレスやパーコレーターなど、お湯にコーヒー豆を浸透させるような淹れ方をした器具を使ってください。

粗く挽いたコーヒー豆を、時間を入れて浸透させて抽出しますので、苦みがあまり出ないで爽やかな酸味のあるコーヒーを楽しめます。

なお、コーヒーの器具の種類とおすすめの挽き方は次の通りです。

【エスプレッソメーカー、水出しコーヒー】
・苦みが強く、酸味が少ないコーヒー。細挽きがおすすめ。

【ペーパードリップ、コーヒーメーカー、ネルドリップ、サイフォン】
・苦みと酸味のバランスが取れているコーヒー。中挽きがおすすめ。

【コーヒープレス、パーコレーター】
・苦みが弱く、酸味が強いコーヒー。荒挽きがおすすめ。

 

Sponsored Link



苦くないコーヒー豆を選ぶ

コーヒーは豆の種類によって、苦みが強いものとそうでないものがあります。

苦みと酸味は相対関係にあり、酸味が強いコーヒー豆は苦みが弱く、苦みが強いコーヒー豆は酸味が弱い傾向にあります。

コーヒー豆を売っている店では、大抵苦みが強いか酸味が強いかが表示されていますのでしっかり確認してから購入してみてください。

苦みが少ないコーヒー豆には、次のような種類があります。

・メキシコ
・コロンビア
・グアテマラ

原産地以外にも、店によってブレンドの仕方が違いますが、「マイルド」という表示のあるブレンド(マイルドコーヒーブレンド等)は、苦みが抑えられた飲みやすいコーヒー豆です。

コーヒーの苦みを抑えるその他の方法

コーヒーの苦みを抑えるためには、今まで解説した、焙煎、挽き方、器具、豆の選び方が基本ですが、この他にもいくつか方法がありますので紹介します。

・コーヒーの温度を抑える。
コーヒーの温度が高ければ高いほど、苦み成分が抽出されます。基本的には90℃がオススメですが、苦みを抑えたければ80℃くらいまで下げてください。

・新鮮なコーヒー豆を選ぶ
コーヒーの豆が古くなれば古くなるほど、酸化して質の悪い苦みが出てしまいます。また、コーヒーの豆が新しくても、酸素に多く触れると酸化がすすみます。

・ドリップした最後の数滴は捨てる
ドリップコーヒーに限りますが、コーヒーの最後の数滴は質の悪い苦み成分が出てしまいますので、まだお湯がぽたぽた出ている状態でコーヒー豆を捨ててください。

コーヒーに牛乳や豆乳を加えてみる

コーヒーに牛乳や豆乳を入れることによって、コーヒーの苦みがマイルドな優しい味わいになります。

この場合、出来るだけ苦いコーヒーに、出来るだけ濃厚な牛乳か豆乳を入れてください。

コーヒーの苦さを楽しむ

逆転の発想ですが、コーヒーの苦さを楽しみながら飲もうとすれば、あなたも意外とコーヒーが美味しいと思えるようになるかもしれません。

コーヒーが飲めない人にとっては、まだ理解できないかもしれませんが、多くのコーヒー好きな人にとっては「コーヒーの苦さ」はコーヒーの魅力を高めるものであり、なくそうとするものではありません。

 

Sponsored Link



コーヒーが飲めない理由②まずい

コーヒーがまずいから飲めないという人がいます。

コーヒーがまずいと感じるのは、コーヒー本来の美味しさが引き出せていないコーヒーに出会ってしまったからかもしれません。

あるいは、コーヒーの香りからは想像できない味だからか、というのも理由として考えられます。

コーヒーの淹れ方や、豆を変えて、本当においしいコーヒーを飲めばあなたもコーヒーが好きになるかもしれません。

コーヒーの淹れ方を変える

美味しいコーヒーを淹れるために、絶対にしなければいけない事と、してはいけない事があります。

絶対にしなければいけない事は、ドリップする前に60秒ほど「蒸らす」ということです。

絶対にしてはいけない事は、コーヒーの最後の数滴は「落とさない」ということです。

この2つの点を守るだけで、コーヒーの味が劇的に変わります。

くせのないコーヒー豆を選ぶ

コーヒーがあまり美味しい飲み物ではないと感じる人は、万人受けするコーヒー豆を選んでみるとよいでしょう。

コーヒー通の人は、苦み、酸味、コクなど色々な特徴のある豆を試して飲むことを楽しみますが、豆の種類によってはクセが強すぎて飲みづらいものもあります。

コーヒー豆を売っている店では、大抵万人受けするオリジナルブレンドがありますので、まずそのコーヒー豆で試してみて、もし美味しいと感じるなら、いろいろな豆の種類を試してみるのもいいかもしれません。

コーヒーに使う水にこだわる

コーヒーは、水が美味しければ多少安いコーヒー豆でも美味しくいれることができます。

コーヒーの成分のうち、99%は水だからです。

名水百選に選ばれた水を汲んでコーヒーを淹れれば、今までのコーヒーの印象ががらりと変わります。

そうでなくても、最低限以下の点にこだわってください。

・軟水の水を使う。

・浄水器などを使ってカルキをぬく。

・水道水ならくみたての水を使う。

コーヒーの香りを楽しむ

コーヒーが飲めないという人は、香りを楽しめばコーヒーの味も楽しめるようになるかもしれません。

コーヒーの香りは魅力的なもので、飲めない人でも飲みたいと感じる方は多いでしょう。

コーヒー豆の産地や焙煎度によって、甘味のある香り、酸味の効いた香りなどいろいろありますので、ご自分の好きな香りがするコーヒーを見つけてみてください。

また、コーヒーの本来の香りに加えて、バニラやチョコレート、ナッツなどの香りをコーヒーの粉に付けたフレーバーコーヒーは、コーヒーが飲めない人でも美味しく楽しめます。

 

Sponsored Link



コーヒーが飲めない理由③酸味がきつい

日本人は、酸味の効いたコーヒーが苦手な人が多いといわれます。

しかし、実は多くの人はコーヒーの酸味を誤解しています。

コーヒーの酸味について正しい理解をもつことによって、苦手だった酸味が好きになる人もいます。

それでは、コーヒーの特徴の一つである酸味の正体について解説します。

コーヒーの酸味とは

コーヒーの酸味は、果実の酸味です。

コーヒーは、コーヒーノキになる赤い果実コーヒーチェリーが焙煎されて、黒いコーヒー豆になります。

このようにコーヒーの酸味は果実からくるものなので、どの種類のコーヒー豆にも少なからずの酸味はあります。

酸味の強さを決めるのは、焙煎時間が多く関係していて、焙煎時間の少ない豆は酸味がきつく、焙煎時間が長くなるほど苦みが増す分酸味が少なくなります。

新鮮なコーヒー豆を選ぶ

コーヒーの酸味が苦手な人は、出来るだけ新鮮なコーヒー豆を選んでください。

コーヒー豆は、古くなって酸化することにより酸味が増すことがあります。

これは、コーヒー本来の酸味というよりは、古くなったがゆえに生じる酸味です。

この「酸味」はコーヒー好きの人が好きな、果実からくる酸味とは違います。

コーヒーの酸味は美味しい

コーヒーの果実からくる酸味は、美味しいもので、嫌な酸味ではありません。

それでコーヒー本来の酸味を抑えるよりも、酸化によって生じる嫌な酸味を抑えるように工夫すべきです。

コーヒーを出来るだけ酸素に触れないように密封して、開封後は出来るだけ早く飲むようにしてください。

なお、酸味のあるコーヒーと酸化したコーヒーの違い、またコーヒーの酸化を防ぐ方法は「コーヒーの酸化が体に及ぼす影響とは」で詳しく解説されていますのであわせてお読みください。

 

Sponsored Link



コーヒーが飲めない理由④胃が痛くなる

コーヒーを飲むと胃が痛くなる(あるいはお腹が痛くなる)のでコーヒーを飲めないという人も多くいます。

胃の弱い人は、コーヒーに含まれるカフェインによって胃の調子が悪くなるかもしれません。

カフェインは胃酸の分泌を促す作用があるため、空腹時にコーヒーを飲むと胃酸がたくさん出すぎて、胃の粘膜があらされ痛みが生じることがあります。

胃酸過多の症状があるときや、胃の調子が悪い時などはコーヒーを控えたほうがいいかもしれません。

実はコーヒーは胃に悪くない

少し逆説的ですが、コーヒーは実は胃に悪くありません。

先ほど書いたように、コーヒーに含まれるカフェインには胃酸の分泌を促す作用があります。

そのため、コーヒーを飲むタイミングによっては胃には悪くなることもあれば、逆に良い作用として働きます。

コーヒーを飲む悪いタイミングとは、空腹の状態でコーヒーを飲むことです。胃に何も入っていない状態で胃酸がでてしまうからです。

コーヒーを飲む良いタイミングとは、食後コーヒーを飲むことです。コーヒーのカフェインによって胃酸の分泌が促されるので、胃の中に入ったものが素早く消化されます。

消化が促されることによって、胃もたれや胃の不調予防となりますので、結果的にコーヒーは胃に良い飲み物であるということができます。

なお、コーヒーと胃の関係について詳しくは「コーヒーは胃に悪くない!知られざるコーヒーの誤解とは」で詳しく解説されていますのであわせてお読みください。

 

Sponsored Link



コーヒーが飲めない理由④カフェイン

コーヒーが飲めない、という人にコーヒーのカフェインが苦手という人がいます。

カフェインには、「眠れない」「胃に悪い」「体に悪い影響がある」など否定的なイメージがあるからです。

しかし諸説はありますが、大人の1日のカフェイン摂取許容量は400mgとされていて、計算上は1日3杯くらいのコーヒーを飲んでも健康に影響はありません。(1日3杯以上飲んでも悪い影響は全く及ぼさないという専門家もたくさんいます。)

※コーヒーに含まれるカフェインは、コーヒー100mlに60mgです。

カフェインには興奮作用や利尿作用がありますので、コーヒーを飲むと眠れなくなったり、頭痛がしたりする人もいます。

それで、コーヒーのカフェインが苦手という人はまずカフェインの良い影響についての理解を深め、次いで悪い影響を極力なくすコーヒーを飲むタイミングを覚えておきましょう。

適度なカフェインは体に良い

コーヒーのカフェインは、身体にとても良い影響を及ぼすことがわかっています。

コーヒーのカフェインは脳を覚醒させ、計算能力や記憶能力の向上、疲労の抑制などに役立ちます。

また、血管を拡張させるので頭痛が改善されることもあります。

とはいえ、体の状態やカフェインに対する許容量は個人個人違うので、体調に合わせてコーヒーを楽しむことをお勧めします。

なお、コーヒーが脳にもたらす覚醒効果については、「コーヒーが脳にもたらす効果や影響」で詳しく解説していますので、あわせてお読みください。

 

Sponsored Link



コーヒーの飲む量や時間帯に気を付ける

カフェインが苦手という人は、コーヒーそのものを避けるよりも、まずはコーヒーの飲む量や時間帯に気を付けるようにしてください。

コーヒーのカフェインは、体に入った後、30分くらいで脳を刺激し始め、その後4時間から6時間後までがピークとなります。

なので、コーヒーを飲むのは、午後三時くらいまでにしないと睡眠に少なからずの影響を与えます。

それぞれの年齢や肝臓の処理能力にもよりますが、カフェインの影響を受けやすい人は、朝起きたときや、午前中に美味しいコーヒーを飲む事にしている人もいます。

またすでに説明したように、コーヒーは空腹の状態で飲むと胃によくありませんが満腹の状態で飲むと胃の消化を助ける働きがあります。

カフェインが入っているから飲めないと思い込むよりも、午前中や食後に少しの量のコーヒーを楽しむなら、良いこと影響はたくさんあっても悪い影響はほとんどありません。

デカフェ(カフェインレスコーヒー)

どうしても、カフェインが苦手なら、「デカフェ(カフェインレスコーヒー」も選択肢にいれてみてください。

カフェインレスコーヒーは、コーヒーの製造過程でカフェインを抽出するので、身体に害を及ぼすものはなにもありません。

ただし味や香りの面で通常のコーヒーには劣ってしまうので、コーヒー好きの人にはあまり好まれません。

しかし、カフェインを控えた方がいい時間帯や状態の人にも飲めるコーヒーとして、一部の人に強い人気があります。

カフェインレスコーヒーとして特におすすめなのが、たんぽぽコーヒーです。カフェインレスでありながら、コーヒーの風味を楽しむことができ、健康にもとても良いコーヒーです。詳しくは、「たんぽぽコーヒーの効果について全てお伝えいたします!」で詳しく解説されていますのであわせてお読みください。

 

Sponsored Link



コーヒーが飲めない理由⑥病気

コーヒーが飲めない理由が、何らかの病気によるものであることがあります。

コーヒーは、基本的に体に良い飲み物ですが、病気の種類によっては控えたほうがいい場合もあるので、持病のある方や、体調がすぐれないときは主治医に相談することをおすすめします。

また、何事も「過ぎる」ことは良くありませんので、毎日に5杯以上のコーヒーを飲むなど、飲みすぎると、健康を損なうこともありますので注意が必要です。

アレルギーでコーヒーが飲めない

コーヒーを飲むといつも気分が悪くなったり、頭痛や腹痛が起きたりする人はアレルギーの可能性もあります。

コーヒーアレルギーは、遅延型アレルギーのひとつであり一部の病院ではアレルギー検査 の項目に含まれています。

もし、コーヒーアレルギーが原因でコーヒーが飲めないのであれば、コーヒーの摂取は控えてください。

なお、コーヒーアレルギーの具体的な症状や改善方法については「コーヒーアレルギーとは?その症状と改善方法をお伝えします!」で詳しく解説されていますのであわせてお読みください。

コーヒーが飲めない理由⑥宗教

宗教的な理由で、コーヒーが飲めない人たちもいます。

例えば、モルモン教はコーヒーが飲めない宗教のひとつです。

宗教的な理由でコーヒーが飲めない場合は、本人の信条に関係することですので無理にコーヒーを飲むことをすすめずに、その信条を尊重するべきでしょう。

 

Sponsored Link



コーヒー飲めない人に関するまとめ

コーヒーを飲めない理由について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

コーヒーの飲めない理由は、大きく分けると3つあります。

原因①:コーヒーの味に関係する問題(苦い、まずい、酸味がきつい)
新鮮なコーヒー豆を購入し、焙煎、挽き方、豆、水にこだわりましょう。飲み続ければ、大抵コーヒーを飲めるようになります。

原因②:コーヒーに関する知識の欠如(胃に悪い?カフェインが苦手?)
コーヒーに対する正しい理解をもっていれば、克服できます。コーヒーを飲むタイミングに注意しましょう。

原因③:克服できない問題(病気、宗教)
この場合はどうしようもありません。このような理由でコーヒーが飲めない人がいるということも認め、もしそのような人がいたら無理にコーヒーをすすめないようにしてください。

コーヒーが本当に飲めないというのは、ごくわずかでありほとんどの人は、ちょっとした見方や方法でコーヒーが飲めるようになります。

そしてコーヒーの味がわかるようになって、本当においしいコーヒーを飲めた時の感動は他の飲み物ではなかなか味わえないものです。

コーヒーは、リラックスしたい時、友人とおしゃべりする時、朝の目覚めの時欠かせない飲み物となるコーヒーをぜひ好きになってもらいたいと思います!

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 乳酸菌の効能は整腸効果だけではない!腸から脳まで幅広い効果が!

  • 乳酸菌は食べ物で摂取しよう!おすすめの食べ物や食べ方を徹底解説!

  • 乳酸菌は殺菌しても効果は変わらない!死菌の効果や乳酸菌の殺菌力を徹底解説!

  • アトピーへの乳酸菌効果が凄い!改善方法などすべてを徹底解説!

関連記事

  • バターコーヒーの作り方を徹底解説!

  • コーヒーダイエットの効果がもの凄い! 

  • インスタントコーヒーは体に悪いのか

  • コーヒーの飲み過ぎと頭痛の関係について

  • コーヒーは老化防止に役立つのか

  • コーヒーの利尿作用について