1. TOP
  2. スムージー
  3. スムージーで便秘解消!水溶性食物繊維で快便習慣!
Sponsored Link

スムージーで便秘解消!水溶性食物繊維で快便習慣!

スムージー   1,815 Views

スムージーは便秘解消に効果を発揮します。

ただし全ての便秘にスムージーが効くわけではありません。

スムージーで解消できるのは食習慣が原因で起こる便秘なので、主にストレスが原因で起こる痙攣性便秘の場合には効果を実感できないでしょう。

また不溶性食物繊維をとり過ぎてしまった場合や、体が水分を溜め込みやすくなる生理前、スムージーの好転反応として起こっている便秘の場合にも、スムージーでは改善できません。

しかし食習慣で食物繊維が慢性的に不足している場合には、不足している分が補われるので便秘が解消されてスムーズな排便の習慣ができるようになります。

その際に特に心がけたいのが水溶性食物繊維たっぷりのスムージーを飲むということです。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類がありどちらも便秘解消に大切なのですが、不溶性食物繊維はとり過ぎると逆に便秘の原因になることがあります。

そのためスムージーで便秘対策をする場合には水溶性食物繊維をとることが正解です。

水溶性食物繊維がたっぷりとれるのは果物です。

  • キウイ
  • りんご
  • もも
  • いちご
  • レモン

などには特に多くの水溶性食物繊維が含まれていますので、積極的にスムージーに入れるようにしましょう。

ダイエットが目的のスムージーの場合には果物を多く使うと糖分のとり過ぎでカロリーオーバーの恐れがありますが、便秘解消を目的とする場合には果物を多めに入れた方が効果が出やすくなります。

またスムージーには食物酵素もたっぷり含まれていますので、酵素によって腸内環境が整えられることでも便秘解消の効果が期待できます。

スムージーの便秘解消の働きは妊婦さんや子供にも優しく働いてくれるので、便秘薬を使えないときの対処法として活用することも可能です。

便秘対策のためのスムージーの作り方や飲み方についても解説していますので、参考にしながらスムージーを便秘解消に役立てていきましょう。

Sponsored Link



Contents

スムージーで便秘解消できるのは乱れた食生活が原因の便秘

スムージーは便秘解消にも役立つことが知られていますが、全ての便秘に効果を発揮するというわけではないことに注意が必要です。

スムージーが効果を発揮する便秘は、食物繊維の不足で起こっている便秘です。

自分の便秘のタイプを知り、スムージーで解消できるかどうかを判断して取り入れるようにしてください。

乱れた食生活で便秘が起こるサイクル

食生活の乱れは便秘を引き起こします。

食生活がコンビニ弁当や菓子パン類に偏るとどうしても食物繊維が不足しがちになるので、腸内環境が悪玉菌優勢となり悪い状態になってしまうからです。

また食物繊維が不足すると便のかさが増えづらいので、そのことも便秘を引き起こす原因の1つです。

その結果腸のぜんどう運動がスムーズに行われなくなってしまい、排便習慣が滞り便秘になります。

便秘が習慣化しなかなか治らないのは、このサイクルがずっとまわり続けてしまうからです。

便秘を根本から解決したい場合には、食物繊維をとって便秘サイクルを中断させることが重要です。

 

Sponsored Link



便秘には主に3種類ある

便秘といってもどの便秘も同じ原因で起こっているわけではありません。

中にはスムージーでは解決できない便秘もあります。

そのため便秘の種類について知り、自分の便秘はどのタイプかをきちんと知ることが大切です。

弛緩性便秘

弛緩性便秘は3種類の便秘の中で最も一般的です。

便が溜まり過ぎ大腸が動きづらくなることで起こる便秘です。

女性や高齢者に多く、ぽっこりお腹の状態になっているのは弛緩性便秘といえます。

直腸性便秘

直腸性便秘は筋力の低下により起こる便秘です。

高齢者など筋力が弱まってくると、腸の筋肉も弱い状態になってしまい、排便反射を起こせなくなってしまいます。

そのため直腸に便が溜まり便秘になってしまうのです。

直腸で便が留まってしまうので水分が吸収されてしまいコロコロとした便になるのが特徴です。

痙攣性便秘

痙攣性便秘は主にストレスによる自律神経の乱れによって引き起こされる便秘です。

腸が過敏に反応して痙攣を起こしている状態の上、大腸が細くなってしまうので便が通りにくくなります。

便秘と下痢が交互に起こるのも特徴です。

環境が変化したときなどになりやすく、便秘解消するためにはストレスの原因になっていることを解決したり、上手にストレス発散する方法を見つけることが重要です。

 

Sponsored Link



スムージーで治らないのは痙攣性便秘

痙攣性便秘はスムージーでは治りません。

なぜなら便秘の原因が自律神経の乱れにあるからです。

スムージーは食物繊維や酵素を補うことで便秘解消に働きかけてくれますが、自律神経の乱れによる便秘は食物繊維や酵素では治らないのです。

スムージーで便秘改善できるのは食習慣が原因の便秘

スムージーで改善できる便秘は食物繊維が不足する食習慣が原因で起こっている便秘です。

スムージーを飲むと普段の食事で不足している食物繊維を補うことができるので便秘が解消していきます。 

Sponsored Link



スムージーで便秘が治る理由

スムージーが便秘に良いというのは多くの人が知っていることですが、なぜスムージーは便秘解消に効果があるのでしょうか。

スムージーで便秘が治る理由について解説します。

不足しがちな食物繊維を補える

スムージーで便秘が治る理由としてまずあげられるのは食物繊維が補えるということです。

私たちが1日にとるべき食物繊維は成人で男性19g以上、女性17g以上とされていますが、ほとんどの年代で摂取目安量に到達していないのが現実です。

特に20~40代の若い世代は食物繊維の摂取量が不足していて、男女ともプラス5gは食物繊維をとらなければいけません。

スムージーを飲むと不足しがちな食物繊維を効率よく摂取することができます。

水溶性食物繊維の働き

食物繊維には2種類あり、そのうちの1つ水溶性食物繊維は便秘解消のために特に役立ちます。

水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなることで腸内環境を整えて、腸内が善玉菌優勢になるのを手伝います。

また便の水分量を整えてスムーズに排便しやすい状態に調節してくれる役割も担っています。

不溶性食物繊維の働き

もう1種類は不溶性食物繊維といって、野菜に多く含まれている食物繊維です。

不溶性食物繊維は便の量を調節することで排泄を促してくれるのですが、たくさんとり過ぎると便秘を悪化させることもあります。

 

Sponsored Link



便秘解消のためにとりたいのは水溶性食物繊維

便秘解消のためにスムージーで積極的にとりたいのは水溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維をとり過ぎると便の量が増えすぎて便秘になってしまうことがあるのに対し、水溶性食物繊維は便の水分を調節してスムーズな排便を助けるからです。

そのため便秘解消を目的にスムージーを飲む際は、水溶性食物繊維たっぷりのレシピでスムージーを作ると良いでしょう。

水溶性食物繊維を多く含むのは果物

水溶性食物繊維を多く含んでいるのは果物が多いです。

りんごやいちご・ももなどにはペクチンという水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

また意外なところではアボカドも水溶性食物繊維が豊富ですので、積極的にスムージーに活用していくと良いでしょう。

食物繊維が豊富というとバナナを思い浮かべるかもしれませんが、バナナに豊富に含まれているのは不溶性食物繊維ですので、その点には注意が必要です。

 

Sponsored Link



酵素を摂取することで腸内環境が整う

スムージーで便秘対策ができるもう1つの理由は、酵素が腸内環境を整えるのに役立つからです。

生の野菜と果物をたっぷり摂取できるスムージーは熱に弱い酵素を失うことなく取り入れることができます。

スムージーで食物酵素をとると消化力が高まる

スムージーなど食べ物から摂取できる酵素を食物酵素と呼びます。

食物酵素を摂取すると消化を助けてくれるので、食べ物をしっかりと消化できるようになります。

消化不良を起こさずにしっかり消化吸収ができると、腸内環境を良好に保ちやすいので便秘になりにくくなります。

体内の酵素を解毒に使える

便秘が続くと腸内で毒素が発生し、その毒素が原因で吹き出物ができてしまったり、体調が悪くなってしまったりします。

スムージーで食物酵素を摂取すると食物酵素が消化を助けてくれますので、体内にある酵素を消化以外の働きに使えるようになります。

腸内で発生した毒素を解毒するのにも体内の酵素を使うことができますので、便秘による毒素で体調が悪くなるのを避けることができるのです。

スムージーに含まれる酵素の働きについては『酵素スムージーの効果はダイエットにも美容にも最適!酵素ドリンクとの違いは?』もご覧ください。 

Sponsored Link



便秘に効くスムージーはグリーンスムージー

スムージーにはいくつかの種類がありますが、中でも食物繊維をたっぷり摂取できるのはグリーンスムージーです。

そのためグリーンスムージーは便秘に効くスムージーといえます。

グリーンスムージーは食物繊維たっぷり

グリーンスムージーは野菜の中でも食物繊維が豊富な葉物野菜を使って作るスムージーです。

そのためグリーンスムージーを飲むと食物繊維をたっぷり摂取できます。

野菜には不溶性食物繊維がたっぷり含まれていますので、果物は水溶性食物繊維が豊富なりんごやキウイを使うと良いでしょう。

グリーンスムージーはクロロフィルも摂取できる

グリーンスムージーを飲むと食物繊維だけでなくクロロフィルも摂取できます。

クロロフィルは葉物野菜の緑色の成分で、食物繊維よりも小さなサイズをしています。

そのため食物繊維よりも細かな部分まで入り込んで腸内を隅々まで掃除することができるのです。

デトックス効果があるといわれているクロロフィルは便秘を解消するのにも役立ちます。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーは葉物野菜と果物6:4で作るのが理想

グリーンスムージーの健康効果や美容効果を最大にすることを考えた場合、葉物野菜と果物の割合は6:4にするのが理想です。

6:4でグリーンスムージーを作ると、葉物野菜の味や香りが強めに感じられますので、グリーンスムージーを飲みなれていない場合には飲みづらさを感じるかもしれません。

その場合には果物の割合を高くして味の調節をしましょう。

また便秘対策のためのグリーンスムージーは水溶性食物繊維をとることが大切になりますので、その意味でも果物を少し多めにしても良いでしょう。

グリーンスムージーの効果については『グリーンスムージーの効果が凄い!飲み方・作り方も全てお伝えします!!』もご覧ください。 

Sponsored Link



便秘解消するためのスムージーの作り方

便秘解消を目的としたスムージーを作る場合にはどのようなポイントがあるのでしょうか。

スムージーの基本の作り方や作り方のポイントについて解説します。

手作りスムージーの作り方は簡単

手作りスムージーはミキサーやブレンダーがあれば簡単にできます。

  1. 野菜と果物を切る
  2. ミキサーに全ての材料を入れて撹拌する

という2ステップでスムージーの完成です。

加熱したり味付けをする手間がありませんので、忙しいときでもすぐに作って飲むことができます。

効果的な手作りスムージーのポイント

手作りスムージーは簡単に作ることができますが、便秘解消という目的がある場合には、きちんと効果が表れるようにしなければいけません。

そのためには押さえておくべきポイントがあります。

常温で作る

まずあげられるのはスムージーは必ず常温で作るということです。

野菜や果物を凍らせて作ったり、氷を入れて作ったりするのは、冷えたスムージーになってしまいますので避けなければいけません。

冷たいスムージーはお腹を冷やして腸の動きを悪くしますので、場合によっては便秘を悪化させてしまう可能性があるからです。

野菜と果物は皮ごと使う

スムージーの効果は野菜と果物の栄養を存分に摂取することで得られます。

そのためには野菜と果物は皮ごと使うようにしましょう。

皮ごと丸まま使うことで栄養はもちろん食物繊維も全て丸ごと取り入れられます。

水分には水を使う

スムージーの水分には水を使いましょう。

レシピを見ていると豆乳を使ったりしているものもありますが、効果を得るということを考えるのであれば水が最適です。

豆乳などたんぱく質を一緒にとると栄養の吸収率が悪くなるということもありますし、豆乳の場合には酵素の働きを邪魔するということもあるからです。

1回に飲みきれる分だけ作る

スムージーは1回に飲みきれる分だけ作るというのがベストです。

たくさん作って冷蔵保存しておくこともできますが、時間の経過とともに酸化して栄養成分がどんどん減っていってしまいます。

そのため効果を実感したいのであれば作りたてをすぐに飲むようにするのが良いでしょう。

 

Sponsored Link



寒い冬におすすめのホットスムージーの作り方

スムージーは常温で作ったとしても冬場には冷たく感じるものです。

そこでおすすめしたいのがホットスムージーです。

寒い冬でも温かいスムージーであれば飲みやすくなります。

作り方も簡単で、ポイントを押さえて作ったスムージーを鍋やレンジで温めるだけです。

温める際には沸騰させないようにすることだけ注意してください。

快便には水溶性食物繊維が豊富な果物たっぷりのスムージーが効く

特に便秘を治すためのスムージーとして飲む場合には、果物多めのスムージーが良いでしょう。

ダイエットなど他の効果を目的としたスムージーの場合には、糖分のとり過ぎを避けるためにスムージーの果物は控えめにするのが正解です。

しかし便秘解消のためには水溶性食物繊維を特に多くとることが大切になってきますので、水溶性食物繊維を豊富に含む果物を多めに入れてみてください。

甘く飲みやすい味になり便秘にも効果を発揮してくれます。

スムージーの作り方については『スムージーの作り方は簡単!基本の作り方から自作レシピの作り方まで全てお伝えします』でも詳しく解説していますのでご覧ください。

 

Sponsored Link



頑固な便秘に効くスムージーのおすすめレシピ

便秘のときにおすすめのスムージーのレシピをお伝えします。

キウイ+小松菜

  • 小松菜1束
  • キウイ1個
  • 水100~200ml

水溶性食物繊維が豊富なキウイと、クロロフィルも摂取できる小松菜のスムージーは便秘対策にぴったりです。

ただしキウイにはソラレンという紫外線の吸収を高める成分が含まれていますので、朝ではなく夜飲むようにしましょう。

りんご+バナナ+小松菜

  • 小松菜1束
  • りんご2分の1個
  • バナナ2分の1本
  • 水100~200ml

水溶性食物繊維たっぷりのりんごを中心にした食物繊維豊富なレシピです。

バナナが入ることでとろみが出ますので飲み応えもあります。

もも+サニーレタス

  • サニーレタス2~3枚
  • もも1個
  • 水100~200ml

甘いももとレタスのさっぱりとしたスムージーです。

サニーレタスの水溶性食物繊維の量は100g中0.6gで普通のレタスは0.1gですので、レタスでスムージーを作る場合にはサニーレタスを使いましょう。

手軽に作れる市販の粉末スムージーもおすすめ

スムージーをより手軽に便秘対策に取り入れたいのであれば、市販の粉末スムージーを活用しましょう。

栄養バランスがきちんと考えられて作られている粉末スムージーであれば、手軽に健康にも美容にも役立てることができます。

便秘改善のためには食物繊維量がきちんと表示されている粉末スムージーを購入することが大切です。

品質表示をよく見て選ぶようにしましょう。

Sponsored Link



便秘を治すスムージーは朝飲むのがベスト

便秘を治したい場合、スムージーを飲むベストな時間帯は朝です。

朝のスムージーが便通を良くする

朝にスムージーを飲む習慣を身につけると、食物繊維をたっぷり摂取できるので腸内環境が改善し頑固な便秘も良くなっていきます。

スムージーを継続すればするほど食物繊維がしっかりと働く状態を作ることができますから、毎日スムーズに排便できるようになるのです。

朝食とスムージーを置き換えればダイエットもできて一石二鳥

おすすめは朝食をスムージーに置き換える方法です。

朝食をスムージーに置き換える方法はスムージーダイエットの方法としてもオーソドックスなので、便秘改善とともにダイエット効果も期待できます。

ただしスムージーで朝食置き換えをする場合には、スムージーは必ず噛みながら飲むようにしましょう。

噛むことと腸のぜんどう運動は強い関連があり、きちんと噛むことで腸が正常に働くようになるからです。

朝スムージーについては『朝スムージーのダイエット効果が絶大!おすすめレシピと作り方も大公開!』でも解説していますのでご覧ください。

Sponsored Link



スムージーで便秘が治らない理由

スムージーを毎日飲み始めても便秘がなかなか治らないということがあります。

また場合によっては飲み始めてからの方が便秘が悪化してしまったということもあります。

スムージーで便秘が治らないのはどうしてでしょうか。

食物繊維のとり過ぎ

スムージーで便秘が治らなかったり悪化してしまう理由としてまずあげられるのは食物繊維のとり過ぎです。

特に野菜に多く含まれている不溶性食物繊維をとり過ぎてしまった場合、便秘が改善されない可能性があります。

便秘改善のためには食物繊維をたっぷりとることが重要ですが、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスを考えてとることも重要です。

私たちの食習慣では水溶性食物繊維が不足しがちですので、スムージーでは水溶性食物繊維が豊富な果物を多めに入れることが大切です。

野菜も水溶性食物繊維が比較的多く含まれているほうれん草やサニーレタスなどを使うようにすると良いでしょう。

生理前

生理周期と関連して起こる便秘はスムージーで治すことはできません。

なぜなら生理前の便秘は女性ホルモンの働きによって引き起こされているものだからです。

生理前になると女性ホルモンは体に水分を溜め込むように指令を出します。

その結果、腸内の便の水分も吸収されてかたくなってしまうので、排便がうまくいかなくなり便秘になってしまうというわけです。

そのため生理前の便秘は生理周期によって女性ホルモンの働き方が変化するのを待つことで解決します。

スムージーの好転反応による便秘

スムージーを飲み始めると好転反応という症状が出ることがありますが、その影響で便秘になることがあります。

好転反応による便秘を治すためには、スムージーの量を減らしながら継続することです。

好転反応は一時的な症状ですので、1週間~1ヶ月程度様子を見ながらスムージーを継続することで改善していくことがほとんどです。

Sponsored Link



スムージーは妊婦や子供の便秘解消にも効果あり

スムージーの便秘解消の働きは、便秘薬を使えない妊婦さんやなるべく薬に頼りたくない子供の便秘を治すのに活用することもできます。

妊婦さんの便秘解消にもスムージーはぴったり

妊娠中は様々なマイナートラブルに見舞われがちですが、便秘もそのうちの1つです。

妊娠中には薬をなるべく使いたくないものですが、そんなときに便秘対策をするのにもスムージーが役立ちます。

水溶性食物繊維をとることを意識してスムージーを作れば便秘解消ができますし、妊娠中に必要な葉酸などの栄養をたっぷり摂取することもできます。

たっぷりの野菜と果物が摂取できるから栄養補給にもぴったり

スムージーは便秘解消をしながら栄養補給ができるというのも優れた点です。

妊娠中はより一層バランス良く栄養をとることが必要になりますが、スムージーを飲むことで不足しがちなビタミンやミネラルをたっぷり摂取できます。

胎児の健やかな成長に役立つ葉酸もスムージーで取り入れることができるのです。

においが気にならないから妊娠初期のつわり中でも飲みやすい

スムージーは生の野菜と果物で作られていますので、においがあまり気になりません。

そのため妊娠初期につわりの吐き気などで食欲が出ないときにも比較的口にしやすい飲み物です。

妊娠中のどのタイミングでも飲みやすく栄養たっぷりなのは、妊婦さんの便秘対策として嬉しい点といえます。

妊婦さんのスムージーは必ず常温で

スムージーというと冷たい飲み物というイメージがありますが、妊婦さんが飲む場合には必ず常温で作るようにしましょう。

冷たいスムージーを習慣として飲んでいると体がどうしても冷えてしまいます。

妊娠中の冷えは妊婦さんの便秘を悪化させてしまったり、お腹の張りを引き起こす原因になる可能性があります。

そのため妊婦さんが便秘改善のためにスムージーを飲む場合には、必ず常温で飲んでください。

ただし遅延型フードアレルギーには注意が必要

妊婦さんの便秘にもスムージーはとても役立ちます。

ただし遅延型フードアレルギーには注意しなければいけません。

遅延型フードアレルギーというのはアレルゲンの食べ物を食べてから数時間~数週間後に症状が出るアレルギーのことです。

妊婦さん本人にアレルギー症状が出るだけでなく、胎児にも悪影響を与える可能性があります。

スムージーによく使われる牛乳やヨーグルトなどは遅延型フードアレルギーが出やすい食材の代表ですので、とり過ぎには気をつけてください。

 

Sponsored Link



子供の便秘解消にはフルーツスムージーが優しく効く

子供は便秘に無縁なイメージがありますが、実際には便秘で苦しい思いをしている子供は多くいます。

しかし子供に便秘薬を使うのは子供用だったとしてもなるべく避けたいものです。

そこで役立つのがスムージーです。

子供の便秘解消ということであれば特にフルーツスムージーをおすすめします。

フルーツスムージーならたっぷりの水溶性食物繊維がとれる

果物には水溶性食物繊維がたっぷり含まれていますので、果物で作ったフルーツスムージーを飲むと腸内環境を整えてスムーズに排便しやすい状態を作ってくれます。

グリーンスムージーなどたっぷりの野菜が入って不溶性食物繊維もしっかりとれるスムージーの場合、子供の未熟な胃腸には負担が大きい場合があります。

するとせっかくスムージーを飲ませても逆に便秘がひどくなってしまうこともあるのです。

そのため子供の便秘解消にはフルーツスムージーが向いていますし、野菜を入れる場合にも少なめにしておくのが良いでしょう。

フルーツスムージーは甘く飲みやすいので小さな幼児でもおいしく飲める

またフルーツスムージーが子供に向いているのはその味とも関係があります。

野菜を入れたスムージーだと苦味や青臭さを敏感に感じ取って飲まない子供もいますが、フルーツスムージーであれば甘く飲みやすいのですんなり飲んでくれます。

もしも果物の甘みが足りない場合には、オリゴ糖で甘みづけをすると良いでしょう。

オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになる糖分ですので、腸内環境を整えるのにも役立ちます。

Sponsored Link



スムージー以外の便秘解消法も組み合わせてみましょう

スムージーは便秘解消法として優れた方法ですが、他の方法と組み合わせることでよりスムーズに素早く便秘解消することができます。

乳酸菌などプロバイオティクスをとる

プロバイオティクスというのは乳酸菌やビフィズス菌といった腸内環境の正常化に良い影響を与える菌類のことです。

プロバイオティクスをとると腸内が正常な状態になっていきますので、便秘が改善されてスムーズな排便ができるようになると期待されます。

プロバイオティクスのためには生きた乳酸菌を含むヨーグルトを食べるというのが最も手軽です。

スーパーなどでも探すとプロバイオティクスという表示のあるヨーグルトがありますので、そうした商品を上手に取り入れるようにしましょう。

オリゴ糖などプレバイオティクスをとる

プレバイオティクスというのは今腸内にいる善玉菌のエサのことでオリゴ糖やイヌリンなどの食物繊維を指します。

プレバイオティクスをとると腸内の善玉菌を増やしたり活性化したりすることができますので、腸内環境が改善されて便秘が解消されていくことが期待できます。

食事をきちんと食べる

便秘改善のためには3食の食事をきちんととることも重要です。

ダイエット目的などで食事の量を過度に減らしていると、便の量が少なくなってしまいどうしても便秘しやすくなってしまいます。

特に炭水化物を減らし過ぎると便秘になりやすいので、バランス良く様々な食べ物をとるようにしましょう。

水分をしっかりとる

便秘になっている人の中には飲む水分が不足しているというケースがあります。

水分が不足しているため腸内の便からも水分がとられてしまい、かたく排便しにくい状態になってしまうというわけです。

いつも便がかたくて出づらいと感じる場合には水をたっぷり飲むことを意識しましょう。

 

Sponsored Link



運動不足の解消

スムーズな排便をするためには腹筋で押し出す力が必要です。

運動不足で腹筋が弱ってしまうと便を押し出せなくなってしまいますので、その結果便秘になってしまうことがあります。

運動不足が気になるという場合には、腹筋やストレッチなど室内で簡単にできることから始めて運動不足を解消することも大切です。

冷えを解消する

冷えは万病の元といわれますが、便秘の原因にも冷えが関わっていることがあります。

体が冷えると内臓の働きが鈍くなり、胃腸も通常よりも働きが悪くなってしまいます。

すると消化がきちんとされなくなってしまいますので、排便がうまくいかなくなってしまうのです。

バランスの良い食事を心がける

栄養バランスの良い食事を心がけることも便秘解消には重要です。

外食やコンビニ弁当などに食事が偏ってしまうとどうしても食物繊維は不足してしまいがちですから、便秘になりやすくなってしまいます。

そのため肉・魚・野菜・果物などの食材をバランス良く使った食事をするようにしましょう

 

Sponsored Link



スムージーを上手に飲めば便秘を撃退できる!

頑固な便秘はなかなか治らないものですが、スムージーを活用すれば便秘解消することができます。

ただしスムージーで改善する便秘は食習慣が原因で起こっている便秘に限ります。

ストレスによって自律神経が乱れることで起こる痙攣性便秘の場合にはスムージーで食物繊維を摂取しても効果はありません。

スムージーで便秘が治るのは、

  • 不足しがちな水溶性食物繊維をとれる
  • 酵素によって腸内環境が整う

というのが主な理由です。

そのため便秘解消に良いスムージーを手作りする場合には、水溶性食物繊維の多い果物を多めに使うのがおすすめです。

他のポイントとしては

  • 常温のスムージーを飲む
  • 材料は皮ごと使う
  • 水で作る
  • 作りたてのスムージーを飲む

ということがあげられます。

甘さが足りないと感じるときにはオリゴ糖で甘みを調節すると、腸内の善玉菌を増やしたり活性化したりするのに役立ちますので、これも便秘解消につながります。

またスムージーは便秘薬を使えない妊婦さんや子供の便秘にも優しく作用してくれます。

便秘は毎日の習慣で作られます。

つまり便秘を治すには便秘にならない習慣を身につけるしかありません。

そしてそのために役立つのがスムージーを飲む習慣というわけです。

スムージーをおいしく飲んで上手に便秘解消していきましょう。 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • スムージーダイエットは効果抜群!その理由と正しい飲み方・作り方徹底解説!

  • 小松菜スムージーの効果が凄い!作り方・飲み方も全てお伝えします!

  • 朝スムージーのダイエット効果が絶大!おすすめレシピと作り方も大公開!

  • スムージーダイエットで効果的に痩せる方法!おすすめの飲み方!

  • スムージーは健康に悪い?正しく飲めば栄養サポートにぴったり

  • デトックススムージーの効果が凄い!ダイエットや脂肪肝の予防にも抜群!