1. TOP
  2. ココア
  3. 豆乳ココアの効果はダイエットや美容などに抜群に効く!作り方・レシピ・カロリーも徹底解説!
Sponsored Link

豆乳ココアの効果はダイエットや美容などに抜群に効く!作り方・レシピ・カロリーも徹底解説!

ココア   5,648 Views

現代人の生活習慣の乱れが引き金となって起こる「生活習慣病」の多くが「肥満」と関係しています。

肥満は、驚くほど多くの病気をまねく要因となります。

近年、優れた健康効果が改めて注目されるようになったココア・・・・

このココアには優れた健康効果があり、「肥満の予防・改善」にも大きな効果を発揮します。

ココアは脂肪を燃焼しやすくするうえに、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きをもっています。

さらに女性にとって嬉しい「美容」にも高い効果があります。

『ココアのダイエットや美容に繋がる効果』だけでも、下記のような効果があげられます。

・冷え症改善効果

・脂肪燃焼効果

・ストレス軽減効果

・便秘改善と腸内環境改善効果

・血液の質の向上と血行改善効果

・アンチエイジング効果

ココアは、様々方向から健康へと導きながら、ダイエットや美容効果を高めてくれます。

 

一方、豆乳にはダイエットに効果があるタンパク質やイソフラボン、サポニン、ペクチド、ビタミンB群といったダイエットや美容に効果がある成分が豊富に含まれています。

『豆乳のダイエットや美肌の効果』は、以下のものがあげられます。

・食欲の抑制効果

・脂肪吸収の抑制効果

・基礎代謝を高める効果

・美肌・美白効果

・便秘改善と腸内環境改善効果

・アンチエイジング効果

豆乳は、ダイエットや美容に大変優れた効果を発揮します。

 

そんな「ココア」と「豆乳」がタッグを組んで『豆乳ココア』という飲み物に変わるだけで、優れた「健康効果」に「ダイエットや美容効果」がパワーUPしてプラスされるのです。

『豆乳ココア』には、ココアと豆乳の成分が引き継がれ、ダイエットや美容に必要な栄養成分を多く摂取できるようになることで抜群の相乗効果を発揮します。

この「豆乳ココア」には、いったいどれ程の効果があるのでしょうか?

この記事では豆乳ココアに関することを、様々な方向からわかりやすく詳しく解説していきます!

 

 

Sponsored Link



Contents

豆乳ココアとは

『豆乳ココア』とは、ココアを豆乳で割って飲む飲み方です。

そもそも、豆乳はダイエットや美容に効果的な飲み物だということを知っていますか?

注目の健康食材のココアは、豆乳とタッグを組むことで健康効果が高まり、美容・ダイエットに関しては強力な効果をもたらしてくれます。

 

豆乳とココアの相性は抜群!

豆乳ココアの主役となるのが、豆乳成分の「サポニン」とカカオ成分の「カカオポリフェノール」です。

どちらにも強い抗酸化作用があり、優れた健康効果と美容・アンチエイジング効果があります。

これに豆乳の栄養成分の中で、最も注目を集めている機能性成分「イソフラボン」がプラスされることで、ダイエットや美容効果を後押ししてくれるのです。

まさに女性にとって最強の組み合わせの『ダイエットと美容のサポート健康飲料』といえるでしょう!

 

Sponsored Link



豆乳ココアの栄養とカロリー 

 

豆乳ココアの効果を知るためには、「豆乳」と「ココア」について知っておく必要があります。

まず「豆乳」についての基礎知識を、解説していきましょう!

 

豆乳の基礎知識 

豆乳は、水に浸した大豆をすりつぶし、加熱したうえで搾ったものです。

食物繊維を除けば、大豆の栄養成分が豆乳にはほとんどそのまま含まれています。

 

豆乳の種類と無調整豆乳と調整豆乳の違い

 

豆乳は、大きく分けて3つの種類があります。

 

●成分無調整豆乳・・・大豆固形分が8%以上(大豆タンパク質換算3.8%以上)

大豆と水だけで作られ、そのまま飲む他に料理にも使いやすいタイプです。

●調整豆乳・・・大豆固形分が6%以上(大豆タンパク質換算3.0%以上)

甘みやカルシウム・食塩などを加えてあり、無調整豆乳よりも飲みやすいと感じる人が多いタイプです。

●豆乳飲料・・・大豆固形分が4%以上(大豆タンパク質換算1.8%以上)

豆乳にココアやコーヒー、果物のエキスなどを加えて飲みやすくアレンジしたタイプです。

(豆乳の量が調整豆乳と比較して20~50%位少ない)

 

無調整豆乳と調整豆乳は大豆固形分の含有率に違いがあります。

大豆固形分とは大豆から水分を取り除いたもので、無調整豆乳のほうが多く含まれています。

 

無調整豆乳・・・大豆固形分8%以上(大豆たんぱく質換算3.8%以上)

調整豆乳・・・大豆固形分6%以上(大豆たんぱく質換算3.0%以上)

 

無調整豆乳は大豆固形分が多いだけに、大豆本来の味を強く感じます。

一方、調整豆乳は飲みやすいように添加物を加えて風味などが調整されています。

では、豆乳にはどんな栄養が含まれているのでしょうか?

 

Sponsored Link



豆乳の栄養

 

豆乳は原料となる大豆から、消化の悪い繊維質(おから)を取り除いたものなので、吸収の悪い大豆に比べると消化吸収率が92%~98%に高まります。

 

<豆乳の栄養素> 

主な栄養を、調整豆乳と無調整豆乳を比べて紹介します!

調製豆乳 無調整豆乳
たんぱく質 7.7g 9.1g
大豆サポニン 77mg 80mg
イソフラボン 43mg 56mg
レシチン 324mg 421mg
カルシウム 109mg 34mg
マグネシウム 42mg 56mg

 

豆乳特有の成分レシチン・大豆サポニン・イソフラボンは無調整豆乳の方が多く含んでいます!

そのうえ「ビオチン」は美容効果、「マンガン」「セレン」「モリブデン」は健康効果が期待できるという、調製豆乳にはない栄養素が含まれています。

無調整豆乳の方が、大豆の成分を最も多く含む豆乳であることが分かります。

 

Sponsored Link



豆乳のカロリー

 

豆乳は高カロリーですがダイエット効果のある成分が豊富で、飲む量や飲み方を間違えなければダイエットに向いている飲み物です。

<豆乳の種類別カロリー比較>

無調整豆乳・・・・・約108kcal / 200ml

調製豆乳・・・・・・・約68kcal / 200ml

豆乳飲料・・・・・・・約132kcal / 200ml

 

調製豆乳の方が香料・砂糖・塩などを加えている分、無調整豆乳よりも高カロリー?

実は、調整豆乳は豆乳を薄めているので、豆乳自体のカロリーが低くなるため調製豆乳の方が低カロリーになります。

 

<豆乳の種類別糖質量の比較>

無調整豆乳・・・・・・約2.4g / 200ml

調製豆乳・・・・・・・・約8.6g / 200ml

豆乳飲料・・・・・・・・約8g / 200ml

 

逆に!糖質量は、砂糖や塩・香料・果汁などを使用している調整豆乳や豆乳飲料の方が高くなります。

つまりダイエットに最適な豆乳となると、大豆由来の成分を豊富に含んでいる無調整豆乳の方が向いていることになります。

 

豆乳の栄養については「豆乳は栄養が抜群に高い!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

今回、ここで紹介していく「豆乳ココア」に関する豆乳は、この「無調整豆乳」を基本に解説していきます。

では次に、ココアの基本的な知識を解説していきましょう!

 

Sponsored Link



ココアの基礎知識

ココアは、カカオ豆を焙煎してカカオバターを除いたものを粉末状にした飲み物です。

ココアの原料となるカカオ豆は、古代より「神の食べ物」と呼ばれるほど優れた栄養素が入っています。

 

ココアの種類と調整ココアと純ココアの違い

 

ココアは大きく「調整ココア」と「純ココア(ピュアココア)」の2つに分けることができます。

調整ココア・・・一般的に「ミルクココア」と呼びミルク・砂糖などを加えたココア

純ココア・・・カカオマスから取り出されたカカオ成分100%のココア

 

つまり純ココアは、カカオ由来の健康やダイエット・美容に効く成分を豊富に含んでいるわけです。

 

▶純ココアについては「純ココアの効果が凄い!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

今回、ここで紹介していく「豆乳ココア」に関するココアは、この「純ココア(ピュアココア)」を基本に解説していきます。

では、ココアの栄養とカロリーを見てみることにしましょう!

 

Sponsored Link



ココアの栄養

 純ココアの主な栄養を紹介します。

<純ココアの栄養素> 大さじ1杯(6g)

タンパク質 1.11g
脂質 1.3g
炭水化物 2.54
カルシウム 8.4mg
カリウム 168mg
マグネシウム 26.4mg
0.84mg
0.23mg
亜鉛 0.42mg
脂肪酸 飽和 0.74g
ビタミンB1 0.01mg
ビタミンB2 0.01mg
ビタミンE 0.02mg
葉酸 1.86μg

ココアのカロリー

 

砂糖や乳製品など、何も入っていない純ココアのカロリーは・・・・・

❖純ココア大さじ1杯(6g)=16kcal

純ココアなら、ココアは太るとはいえません。

そもそもココアを飲んで太るのは、ココアの飲み方によります。

ココアに砂糖や牛乳を入れると、カロリーはどんどんUPしていきます。

<100CCあたりのカロリー>

牛乳・・・・・・・・・・83kcal

低脂肪牛乳・・・・64kcal

豆乳・・・・・・・・・64kcal

 

ココアのカロリーについては「純ココアのカロリーが低い!」・「ココアのカロリーって高いの?低いの?にお答えします。」でも詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

では、豆乳とココアをブレンドすると、どうなるのでしょうか?

 

Sponsored Link



豆乳ココアの栄養とカロリー 

 

❖豆乳ココア1杯のカロリー・・・・・129kcal

<カップ1杯の目安量>

豆乳180cc +ココア大さじ1杯(純ココア6g)

たんぱく質 6.7g
脂質   7.6g
炭水化物    10.8g
カルシウム 63mg
鉄分 2.9mg
飽和脂肪酸   1.52g
植物繊維 1.7g
ビタミンB1・B2 0.18mg
ビタミンE 4mg

 

豆乳ココアは太るのか?

 

調製豆乳と比較すれば、無調整豆乳はやや高カロリーです。

それでも大豆由来の成分が多いため、無調整豆乳を選ぶのがベストです。

豆乳量の目安としてコップ1杯200mlまでに抑えると、太るリスクを低減することができます。

純ココアの甘味には、カロリーがない甘味料を使えばカロリーオフの飲み物になります。

 

つまり、太ることなく豆乳ココアの効果を引き出すには、純ココア+無調整豆乳200mlまでに抑える飲み方をすればいいわけです!

 

豆乳ココアが太るのか?については、ココアが太るかどうかにも関連するので「ココアは太るのか?」も参考にしてください!

 

Sponsored Link



ココアの優れた5大成分

 

ココアには、健康を維持するうえで注目される”優れた成分”が多く含まれています。

ココアの原料となるカカオを代表する成分には「カカオポリフェノール」「テオブロミン」「植物繊維(リグニン)」「カカオFFA」「ミネラル類」という5大成分があります。

 

強力な抗酸化作用のカカオポリフェノール

 

カカオポリフェノールは、原材料のカカオ豆に含まれているポリフェノールの一種です。

高い抗酸化作用があり、活性酸素の除去・免疫機能の向上・老化防止に効果がある成分です。

また、抗酸化作用は紫外線で傷ついた肌にも効果があり、皮膚のターンオーバーを促進する働きでニキビやシミの改善効果があることも認められています。

さらに脂肪の吸収を抑え血液をサラサラにし、便秘や腸内環境の改善効果があります。

 

カカオポリフェノールについての詳しい情報は「ココアのポリフェノール効果は絶大!その効能から摂取量まで徹底解説!」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

Sponsored Link



カカオ特有成分のテオブロミン

 

天然の成分としては、「カカオ」のみに含まれているという固有の成分がテオブロミンです。

テオブロミンは血流を良くする働きに優れ、特に冷えやすい末端の血流を改善する効果があります。

テオブロミンはカフェインと似た作用がありますが、カフェインよりも効き目が穏やかで脳を刺激してセロトニンを分泌させるため、ストレス解消やリラックス効果があります。

 

ココアのテオブロミンについての詳しい情報は「ココアのテオブロミンとカフェインについて」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

不溶性食物繊維のリグニン

 

ココアの約1/4を食物繊維が占め、不溶性の食物繊維であるリグニンが含まれています。

このリグニンには、便のかさを増して腸を刺激して便を出やすくしてくれる効果があります。

そのうえ腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えることで、免疫力が高くなり病気にかかりにくくなります。

 

ココアの植物繊維についての詳しい情報は「ココアの植物繊維は水溶性と不溶性の両方をもつリグニンが便秘や美容に抜群に効く!」で解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

Sponsored Link



遊離脂肪酸のカカオFFA

 

カカオ豆の発酵や、ココアの製造過程で作られる成分です。

カカオFFAには高い殺菌効果があり、ピロリ菌の除菌効果があることが確認されています。

カカオFFAにはオレイン酸とリノール酸が豊富に含まれていて、なかでもオレイン酸は体内で作ることができない必須脂肪酸のひとつつといわれています。

 

  豊富なミネラル類

 

ココアには、女性に不足しがちな栄養素が豊富に含まれています。

他の飲料品よりも「マグネシウム」や「カルシウム」更に「鉄分」や「亜鉛」などが豊富で、貧血予防や美容・ダイエットなどで不足しがちな栄養をサポートする効果があります。

 

ココアの成分については「ココアのすごい成分が効果を発揮する!」・「ココアの栄養成分とその効果効能を徹底解説!」のなかで、より詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



豆乳の優れた5大成分  

 

豆乳には、女性がキレイで健康的な生活をサポートする優れた成分が多く含まれています。

豆乳の原料となる大豆の代表的な成分には「サポニン」「イソフラボン」「レシチン」「タンパク質」「ビタミン・ミネラル類」という5大成分があります。

 

強力な抗酸化作用のサポニン

 

サポニンは、強力な抗酸化作用で注目されるポリフェノールの一種です。

サポニンには、血中のコレステロールや中性脂肪を減らし、酸化を防いで過酸化脂質の抑制をすることで代謝を高める働きがあります。

またサポニンには腸の内側にある「絨毛」を小さくして、体内に消化・吸収される栄養の絶対量を減らす作用があるため、肥満を防止する効果が期待されています。

さらにサポニンには過酸化脂質ができるのを抑え、肝臓再生作用と肝機能を正常に保つ働きがあります。

 

植物エストロゲンのイソフラボン

 

今、豆乳の栄養成分の中で最も注目を集めているのが、この機能性成分イソフラボンです。

イソフラボンは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きをすることが分かっているため、女性特有の悩みに優れた効果を発揮します。

女性ホルモンのバランスを整え、ホルモン依存型の癌予防にも効果が期待されている成分です。

豆乳のイソフラボンにはバストUP効果がある成分でもあり、含有量が多いほど効果も高まります。

 

豆乳のイソフラボンについては「豆乳イソフラボンの効果がもの凄い!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



不飽和脂肪酸のレシチン

 

豆乳に含まれているレシチンは、リン酸と脂質が結合してできた成分(リン脂質)です。

細胞膜の主成分となり、人間の細胞を正常に働かせる作用をもつ重要な物質で、肌や内臓・脳や神経など身体の細胞膜に働きかけて細胞を正常に保つ働きをします。

血管を強くして血管にこびりついたコレステロールを溶けやすくし、悪玉コレステロールを減らして血液をサラサラにする働きがあります。

 

質の高いタンパク質

 

良質なタンパク質には、必須アミノ酸が9種類が含まれています。

豆乳に含まれるタンパク質は、筋肉・血管・肌などの身体を作る材料となる「アミノ酸スコア:100」といわれる『栄養価の高い』“良質なタンパク質”です。

低カロリーで基礎代謝を活発にする機能があるため、ダイエットに効果があると期待されている成分です。

 

豊富なビタミン・ミネラル類

 

豆乳には、炭水化物の代謝に必要なビタミンB1、健康な皮膚と粘膜を保つビタミンB2、酸化を防ぐ老化予防や血行促進の作用があるビタミンEなどが豊富に含まれています。

ビタミンB・Eには高い抗酸化作用があることから、優れた美肌効果や老化予防が期待されています。

またビタミンB群のコリンには、肝臓の機能を強化して肝臓に脂肪が溜まるのを防ぐ働きがあります。

さらに鉄分やカリウムなど、血液に関わるミネラル類が豊富に含まれています。

 

豆乳の成分については「豆乳成分は健康効果がとても高い!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

では、ココアと豆乳を組み合わせると、どの様な効果が得られるのでしょうか?

 

Sponsored Link



ココアと豆乳を組み合わせるとどうなる?

 

豆乳ココアは、それぞれを単品で飲んだ場合より、ダイエットと美肌効果が相乗効果で高まるため、健康的に身体の内側からキレイになりたい人には最高の組み合わせです。

飲み方や飲む量などに注意すれば、豆乳ココアの効果をより効果的に活かすことができます。

 

ではココア効果と豆乳効果が、相乗効果としてどう関係していくのかを詳しく解説していきましょう!

 

ココアの効果とココアの効果を高める豆乳成分との関係性

まず、ココアのダイエット・美容への効果と、豆乳との相乗効果を紹介していきます。

 

Sponsored Link



①ココアの便秘改善効果

🔶豆乳との相乗効果でダイエットや肌荒れ改善がパワーUP!

ココアに含まれるリグニンと水溶性の食物繊維は、便のかさを増やして便秘解消し善玉菌を増やして腸内環境を改善する効果があります。

◆豆乳のオリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサとなることで大腸の働きが活性化するため、ココアとの相乗効果でより高い腸内環境の改善と便秘解消効果が期待できます。

 

ココアの便秘予防と解消効果については「ココアの便秘解消・改善効果が凄い!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

②ココアの冷え性改善効果

🔶豆乳との相乗効果で代謝促進や血行改善効果がパワーUP!

ココアに含まれるカカオポリフェノールとテオブロミンは、身体を芯から温め毛細血管に至るまでの血行を良くして代謝を高める効果があります。

◆豆乳に含まれるオメガ3が血液中の脂質やコレステロールを下げ、サポニンが血液中の脂肪を洗い流すため、ココアとの相乗効果で血液の質を高めてより高い血行改善が期待できます。

 

ココアの冷え性効果については「ココアの冷え性改善効果が凄い!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

③ココアの脂肪燃焼・蓄積抑制効果

🔶豆乳との相乗効果でダイエット効果がパワーUP!

カカオポリフェノールやミネラルの作用で、脂肪が燃焼しやすい身体作りと脂肪の蓄積を抑える効果があります。

◆豆乳のタンパク質は基礎代謝を活発にする働きがあるため、ココアとの相乗効果でより痩せやすい体質が作れる効果が期待できます。

 

ココアの脂肪燃焼効果については「ココアのダイエット効果がもの凄い!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

また、ココアのダイエット効果関連の情報については、下記でも詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

「純ココアの糖質ダイエット効果が凄い!」 

「純ココアダイエットで絶対に痩せる!」

「生姜ココアダイエットの効果が抜群!飲み方で痩せる方法と作り方のコツ」

 

④ココアのストレス軽減効果

🔶豆乳との相乗効果でリラックス効果がパワーUP!

カカオポリフェノールとテオブロミンは、ストレスを軽減して自律神経を整えてくれる働きがあります。

◆豆乳のレシチンは、脳の神経伝達物質を作りストレスを緩和してくれる作用があるため、ココアとの相乗効果でより高いリラックス効果が期待できます。

 

Sponsored Link



⑤ココアの美肌効果と貧血予防・改善効果

🔶豆乳との相乗効果で美肌効果がパワーUP!

ココアには肌の新陳代謝を助けて美肌へと導き、貧血を予防するミネラル類がバランスよく含まれています。

◆豆乳にはビタミンEやB群・ミネラル類が豊富に含まれているため、ココアに足りない成分が補充される相乗効果でより高い美肌・ダイエット効果が期待できます。

 

ココアの美肌効果については「ココアの美肌とアンチエイジング効果がすごい!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

ココアの貧血改善効果については「ココアで貧血予防・改善をする!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

Sponsored Link



豆乳の効果と豆乳の効果を高めるココア成分との関系性

次に、豆乳のダイエット・美容への効果と、ココアとの相乗効果を紹介していきます。

 

①豆乳の血流改善効果

🔶ココアとの相乗効果で脂肪燃焼効果がパワーUP!

豆乳のタンパク質は、血液中のコレステロールや中性脂肪を低減させて血行を良くし、筋肉量を増やして代謝を上げて脂肪燃焼を高める効果があります。

◆ココアに含まれるカカオポリフェノールが脂肪を燃焼させ、テオブロミンが毛細血管に至るまでの血行を良くして代謝を高めるため、豆乳との相乗効果でより高い脂肪燃焼効果が期待できます。

 

②豆乳のホルモンバランス改善効果

🔶ココアとの相乗効果で血液の質改善と血行改善効果がパワーUP!

豆乳のイソフラボンが、血流に乗って運ばれるホルモンを調整して老廃物が溜まりにくくするため、美肌効果や生理不順・便秘などの改善効果があります。

◆ココアのカカオポリフェノールが血液をサラサラにして血液の質を高めるため、豆乳との相乗効果でより血行改善効果と血液の質を高める効果が期待できます。

 

Sponsored Link



③豆乳の脂肪吸収抑制効果

🔶ココアとの相乗効果で脂肪吸収効果がパワーUP!

豆乳のサポニンが腸の絨毛の収縮をする作用で、栄養の吸収速度を遅くさせるうえに脂肪の吸収を抑える効果があります。

◆ココアのカカオポリフェノールが脂肪の燃焼促進と吸収を抑え、テオブロミンが満腹中枢を刺激して満腹感を与えるため、豆乳との相乗効果でよりダイエット効果が期待できます。

 

④豆乳の脂質代謝の向上効果

🔶ココアとの相乗効果で脂肪代謝をパワーUP!

豆乳のペプチドには脂質代謝を良くする働きがあるため、身体に溜まった脂肪が落ちやすくなる効果があります。

◆ココアのカカオポリフェノールやミネラルが、脂肪が燃焼しやすくし脂肪の蓄積を抑えるため、豆乳との相乗効果でよりダイエット効果が期待できます。

 

豆乳のダイエット効果については「豆乳ダイエットは毎日飲むことで大きな成果を得ることができる!」・豆乳のダイエット効果は凄い!毎日続けると必ず成功する!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

⑤豆乳の美白・美肌効果

🔶ココアとの相乗効果で美肌やアンチエイジング効果がパワーUP!

豆乳の大豆イソフラボンは、基礎化粧品にも使われているほど美肌やアンチエイジングに効果があり、豊富に含まれるビタミンB1、B2、B6、ビタミンEにより美肌作りに効果があります。

◆ココアのカカオポリフェノールの高い抗酸化作用でアンチエイジングに効果があるため、豆乳との相乗効果でより美肌効果が期待できます。

 

豆乳の美容効果については「豆乳イソフラボンのニキビ予防と改善効果が凄い!」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

そのほかにも「豆乳ココア」は、女性特有の身体の不調の改善にも効果があります。

ここからは、女性の身体への豆乳ココアの効果の関係性について、詳しく解説していきましょう!

 

Sponsored Link



豆乳ココアの効果と女性との関係

女性身体は「生理」が始まることで女性ホルモンの分泌が高まり、この女性ホルモンの変化に大きく影響を受けるようになってきます。

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンがあります。

この2つのホルモンは月経の周期と連動して、お互いに分泌量のバランスを保っています。

女性ホルモンの中でも、身体の機能や生理に大きく関わっているのが「エストロゲン」です。

生活習慣の乱れなどか、女性ホルモンの分泌量が減少することで、生理不順や心と身体のトラブルが引き起こされていきます。

では、それらに対する豆乳ココアの効果と関係を、詳しく解説していきましょう!

 

豆乳ココア効果と生理の関係性

 

豆乳ココアには、女性の生理中の様々な諸症状を軽減する効果があります。

エストロゲンの分泌量は、排卵時にピークを迎え排卵後には急速に減るのですが、生理痛は女性ホルモンのバランスが崩れてエストロゲンが減少することで痛みが増します。

 

<エストロゲンの分泌が減少することで起こる身体の不調>

●代謝が低下して水分の排出が滞る・・・「むくみ」「冷え性」

●腸の蠕動運動が不規則になる・・・「便秘」「悪玉菌が発生」

●便秘になると余分な脂肪や栄養が吸収される・・・「太りやすい」「肌の不調」

 

では、生理痛に対しての豆乳ココアはどのような効果を発揮するのかを、もう少し詳しく見てみることにしましょう!

     

 

Sponsored Link



生理痛での豆乳ココア効果

生理痛には「プロスタグランジン」というホルモンが関係しています。

プロスタグランジンは、子宮の収縮を促して経血を排出させる働きを持つのですが、過剰に分泌されると生理痛が起きるといわれています。

また女性ホルモンが過剰分泌されたり、冷え性・血行不良・ストレスなどでもプロスタグランジンは供給過多になりやすくなります。

 

豆乳ココアが生理痛緩和に効果的な理由

ココアのテオブロミン・カカオポリフェノール・マグネシウムが血管を広げて血行を良くし、豆乳の豊富なビタミンEがホルモンの分泌を活発にして血行促進をするため、冷え性を解消すると同時に生理痛を和らげる効果が期待できます。

生理痛は女性ホルモンのバランスが崩れることで痛みを生じやすくなるため、ホルモンバランスの改善は痛みの緩和に繋がります。

 

生理時に起こる様々な症状への豆乳ココア効果

 

豆乳ココアは、生理での様々な諸症状にも効果があります。

豆乳ココアはホルモンの分泌を増やして代謝を上げ、リグニンの不溶性食物繊維を含む豊富な植物繊維で生理での便秘も解消してくれます。

 

エストロゲンが減少すれば「セロトニン」は合成されない!

実は、エストロゲンの減少によって、セロトニンも減少してしまいます。

つまりエストロゲンが分泌されなければ、いくら鉄分があっても「セロトニン」は合成されないわけです。

豆乳ココアの豊富な鉄分・亜鉛は、血液や「セロトニン」の合成にも必要な栄養素のため、生理中のイライラの改善や生理中に起こる頭痛の緩和にも効果があり、同時にホルモンの調整をする効果もあります。

 

Sponsored Link



月経前症候群(PMS)の症状の緩和

月経前症候群に起こる症状の原因にも、「プロスタグランジン」の過剰分泌が関わっています。

生理前に大豆イソフラボンを摂取することで、プロスタグランジンの分泌量を減らすことができるのが確認されています。

つまり大豆イソフラボンを含む豆乳ココアを生理前に飲むことで、月経前症候群の症状の緩和効果があるということです。

 

ココアの月経前症候群への効果については「ココアで更年期障害や月経前症候群を改善する!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

また、豆乳の生理不順への効果については「生理不順を豆乳で治す正しい豆乳の活用方法と注意点」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

豆乳ココアと冷え性効果の関係性

 

冷えは万病の元といわれるように、あらゆる病気の原因になります。

人間の身体は血流を利用して体温調節をしているのですが、血流が悪くなり体温調節機能がうまく機能しないと「冷え性」になります。

 

冷え性を解消すると、生理痛を和らげる効果が期待できることを知っていますか?

身体が冷えると血行が悪くなるので、骨盤内の血流も滞るため生理痛の痛みを悪化させるのです。

冷え性を改善するには、血行促進をすることが1番の対策です。

ココアのテオブロミンの作用で、身体の芯から温められて血行が良くなり新陳代謝が促進され、豆乳のビタミンEの作用でホルモン分泌が分泌されることで血行促進効果があります。

 

ココアの冷え性への効果は、「ココアの冷え性改善効果が凄い!」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

Sponsored Link



豆乳ココアと鉄分欠乏による貧血予防・改善効果の関係性

 

豆乳ココアには貧血に関わる血液に重要な栄養が豊富なため、貧血の予防・改善に効果があります。

特に豆乳の良質なタンパク質は、質の良い赤血球の産生を高めてくれます。

 

▶貧血改善には、血液の質を高めるには血液だけでなく血流や血管力も関係してきますので「ココアで血管機能を改善する!」も合わせて参考にしてください!また、ココアの貧血への効果は「ココアで貧血を予防・改善する!」で詳しく解説しています!

 

いくら美容や健康に良いからといっても、どんな健康食品でも過剰摂取は逆に健康を害する恐れがあります。

では、豆乳ココアの飲み過ぎることによる身体への影響を、ココアと豆乳それぞれがもつ注意すべき成分に分けて、詳しく解説していきましょう!

 

Sponsored Link



豆乳ココアの飲み過ぎによる身体への影響

 

豆乳ココアにも飲み過ぎによって、身体に悪い影響が出る場合があります。

注意すべき成分は、ココアに含まれる「カフェイン」と、豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」の影響です。

 

豆乳ココアの飲み過ぎによる「カフェイン」の影響

 

ココアには、ごく少量ですがカフェインが含まれています。

ココアに含まれるカフェイン含有量は?

<カフェイン含有量(100mlあたり)>

■ココア    10㎎未満

■コーヒー60~100㎎

■紅茶       30㎎

コーヒーに含まれているカフェイン量と比較すると、約1/6以下のカフェイン量ですので、毎日飲んでいても常識の範囲内では、カフェインの過剰摂取ということになりません。

ただしココアには、テオブロミンという成分が含まれています。

テオブロミンは穏やかに作用しますが、カフェインと同様の働きをもっていますので過剰摂取に気を付ける必要があります。

 

▶ココアのカフェインについては「ココアカフェインの効果や副作用について」と「ココアのテオブロミンとカフェインについて」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてくだい!

 

 

Sponsored Link



豆乳ココアの飲み過ぎによる「大豆イソフラボン」の影響

 

豆乳に含まれる豆乳イソフラボンは、効果的に摂取するとホルモンバランスを整えてくれますが、摂りすぎるとバランスを崩して減少する傾向があります。

 

生理前の豆乳の飲みすぎによる危険性

 

生理前に豆乳を飲み過ぎると、生理が遅れる・来なくなるという報告が多数あります。

これは豆乳に含まれる“大豆イソフラボン”を、過剰に摂取した場合での副作用です。

大豆イソフラボンは、本来女性ホルモンの働きを助けてくれるのですが、過剰に摂取するとホルモンバランスを崩して、生理不順を引き起こすことがあるのです。

そのため生理前は豆乳を飲むことに、慎重にならなければいけないのです。

それにもかかわらず、『生理前豆乳ダイエット』という、生理前に豆乳を飲むことを推奨するダイエット法がありますが、生理不順を招きかねないので注意して行う必要があることを認識しておきましょう。

 

豆乳の過剰摂取の影響については「豆乳は飲み過ぎに注意!生理不順、アレルギーなど飲み過ぎによるリスクについて」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

豆乳の過剰摂取が引き起こす男性への悪影響

 

男性にも女性ホルモンは存在しますが、男性ホルモンが優位なので男性特有の筋肉質な身体になります。

ところが豆乳の摂りすぎで女性ホルモンが増えてしまった場合、男性の身体に大きな変化を及ぼします。

 

過去の事例1)40代男性が毎日豆乳を過剰摂取して胸がDカップになった!これに対する診察結果は、イソフラボンの過剰摂取による乳房の発育だった。

過去の症例2)女性ホルモンが優位になった場合、男性ホルモンによって製造を促される精子が減少する。

 

男性にとってのイソフラボンの摂取に関しては、女性以上に気を付けなければいけないのです。

 

Sponsored Link



豆乳ココアを飲む目安量は?

 

豆乳の過剰摂取における身体への影響は、大豆イソフラボンの摂取量に気をつければ問題はありません。

◆大豆イソフラボンの1日の摂取量目安の上限量=70~75mg

サプリメントなどで大豆イソフラボンをとる場合=上限30mg

(内閣府食品安全委員会事務局の発表より)

※妊婦さんや小学生以下の子どもの場合、大豆イソフラボンへのメリットや安全性がわかっていないので、食品以外のサプリメントなどでの摂取は推奨されていません。

 

では一般的に販売されている豆乳の中には、どれだけの大豆イソフラボンが含まれているのでしょうか?

<200ml中の大豆イソフラボン量>

  • 無調整豆乳:68mg
  • 調製豆乳:50mg
  • 豆乳飲料:30mg前後

 

つまり、豆乳の目安摂取量としては無調整豆乳だと、1日約200mlが適量だということになります。

ただし、大豆製品を食べることが多い人は、豆乳以外からも大豆イソフラボンを摂取していることになるため、豆乳の目安摂取量には個人差があります。

 

◆【参考】主な大豆食品の大豆イソフラボン含有量

  • きなこ(大さじ1杯・6g)15.6㎎
  • 納豆1パック(50g) 65㎎
  • 油揚げ1枚(150g) 105㎎
  • 豆腐1丁(220g) 110㎎

 

Sponsored Link



豆乳ココアの効果と妊婦との関係

 

豆乳ココアにはタンパク質や鉄分・カルシウム・レシチンなど、胎児の発育に必要な成分が多く含まれているので妊婦さんにはお勧めの飲み物です。

ただしカフェインの大量摂取は、胎盤を通して胎児に影響を与える可能性があるため、赤ちゃんの発育の遅れや早産になる可能性があります。

 

<妊婦が摂取していいカフェイン量>

WHO(世界保健機構)が定める妊娠中のカフェイン摂取量・・・300㎎/1日

 

ココアの妊婦への効果は「ココアは妊娠中・妊婦に大丈夫?お勧めの理由と正しい飲み方」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

Sponsored Link



豆乳ココアの効果と男性との関係

 

豆乳には女性だけではなく、男性にも嬉しい効果があることが確認されました。

 

薄毛・抜け毛・剛毛対策効果

大豆イソフラボンが男性ホルモンの分泌を抑えてくれるため、男性特有の脱毛を予防でき育毛効果としても期待できます。

また、レシチンは育毛剤に成分にも使われていて、頭皮の活性化を促すため抜け毛予防にも効果があります。

 

ココアの薄毛への効果については「ココアの髪や薄毛への効果がすごい!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

前立腺がん予防効果

大豆イソフラボンがエストロゲンと似た作用をすることで、前立腺癌を予防する効果があることが研究で明らかになっています。

体臭を抑える効果

男性の体臭の原因となっているのは「男性ホルモン」です。

男性ホルモンの活発な働きを抑えることができるため、体臭が軽減する効果があります。

 

Sponsored Link



豆乳 ココアの飲み方やタイミング

 

豆乳ココアは豆乳200mlであれば、1杯だけで必要な栄養素は十分摂取できます。

豆乳ココアを効果的に飲む時間やタイミングは、「朝起きた後」と「夜寝る前」をお勧めします。

 

朝飲む豆乳ココアの効果

 

朝の豆乳ココア1杯で、1日に必要なエネルギーや栄養を効率よく補給できます。

朝の空腹時だと腸を刺激して便秘の改善にも役立ち、朝の低い体温を血行を良くして体温を上げるため冷え性改善にもお勧めです。

 

朝飲むココアの効果については「朝ココアを飲むべき理由とその効果とは?」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

Sponsored Link



寝る前に飲む豆乳ココアの効果

 

また夜寝る前に豆乳ココアを飲むと、褐色脂肪を増やして白色脂肪を減少させるので脂肪をより燃焼させやすくなり、女性ホルモンの効果も受けやすくなります。

ただし就寝中はカロリーが消費されないので、飲む量や豆乳の種類には気を付ける必要があります。

 

ココアの夜寝る前に飲む効果については「寝る前にココアは効果抜群!その理由とは?「夜ココアの効果が凄い!ダイエット・睡眠・ニキビなど様々な効能を発揮する!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

 

豆乳ココアはホットとアイスどちらがいい?

 

豆乳ココアは、栄養素の吸収が良くなるのでホットで飲むことをお勧めします。

豆乳は熱に強いのでタンパク質が変質しない40℃であれば、豆乳の栄養素を余すことなく吸収できます。

ココアは冷たい状態で飲むと、効果が半減してしまいます。

 

Sponsored Link



豆乳ココアでの糖質制限方法

 

市販の調整ココアには多くの種類がありますが、ほとんどの商品に砂糖やミルクが加えられています。

砂糖やミルクが入っていると太りやすいのはもちろんですが、砂糖は身体を冷やしてしまいます。

それだけではなく、砂糖は身体をむしばんでいくものだということを知っていますか?

 

砂糖が身体におよぼす影響

 

疲れた時には糖分を摂ると良いといいますが・・・・・実は、それは大きな間違いです!

砂糖は身体を冷やし依存性があるうえに、長期的にみると逆に疲れやすい身体にするのです。

また、砂糖は体内のカルシウムやビタミンB1を吸収してしまいます。

糖分が体内に入ると血糖値が上がるのですが、同時に血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されて血糖値を下げます。

そのため砂糖を摂り過ぎると、インシュリンが過剰に分泌されるため低血糖になってしまいます。

砂糖の中で最も精製度が最も高いのが白砂糖ですが、精製度が高い分血糖値が急上昇します。

 

白砂糖の怖さ!

白砂糖は精製過程で様々な薬剤を使用して、とことん精製化して製造されます。

その課程で大切なミネラル・ビタミン等が奪われ、ほとんど栄養価のない100%の糖質になります。

つまり“白砂糖”は食品ではなく、自然界には存在しない食品添加物の塊でもあるのです。

白砂糖の過剰摂取の影響は急には現れませんが、ゆっくりと身体をむしばんでいくため病気の進行に繋がっていきます。

 

Sponsored Link



豆乳ココアで有効なお勧め甘味料

甘味料を使用するうえで肝心なのは使い方であって、その選択と責任は私たち自身に委ねられているというのが現状です。

では、白砂糖ではなく身体に出来るだけ優しい、しかも相乗効果も得れる甘味料を紹介しましょう!

 

豆乳 ココアとオリゴ糖

 

オリゴ糖は、白砂糖やはちみつよりもカロリーが低いのが特徴です。

オリゴ糖には便秘解消効果があり、消化されないまま大腸に届くため「善玉菌」のエサとなるので、善玉菌が活発化して腸内環境が良くなります。

ただしオリゴ糖は、オリゴ糖以外の別の糖や食品添加物が含まれていないものに限ります!

 

豆乳ココアとてんさい糖

 

てんさい糖は未精製で自然のままなので、ミネラルなどの栄養がたっぷり含まれているのが特徴です。

身体を温める効果により冷え性が改善し、血糖値の上昇が緩やかなので肥満防止やダイエットに効果的です。

また天然のオリゴ糖が含まれているので、腸内環境を整えて便秘解消効果があります。

 

Sponsored Link



豆乳ココアと黒糖

 

黒糖にはビタミンB1、B2、B6などが多く含まれ、疲労回復に効果や粘膜や皮膚への保護効果も期待できます。

特に注目されているのがミネラル類!

カルシウム・リン・マグネシウム・亜鉛・鉄分・銅などが豊富に含まれ、血圧の抑制・むくみの解消・髪や爪をキレイにすることが期待出できます。

 

豆乳ココアとはちみつ

 

ハチミツにはココアと同様、ポリフェノールがたっぷり含まれていて抗酸化作用があるのが特徴です。

様々な皮膚の修復に効果があり、抗炎症作用もあるためニキビの赤みも抑えてくれる効果もあります。

さらにハチミツには消化を助ける働きもあり、腸内環境を整えてくれるので便秘解消にも効果があります。

 

▶はちみつとココアの効果については「ココアはちみつの効果はすごい!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

見逃せない!カロリーオフ調整豆乳の糖質量

実は、カロリーオフ調整豆乳には砂糖は一切使われていません。

そのかわりに糖質の低い甘味料が使われているので、豆乳を薄めている分で他の豆乳よりも糖質量を低くしているわけです。

<各種豆乳飲料の平均糖質量比較>

商品名 100mlあたりの糖質量
牛乳 5.0g
無調整豆乳 (大豆由来成分100%の豆乳) 1.2g
調製豆乳 (糖質が高いとされてきた豆乳) 4.3g
調製豆乳(カロリーオフ) 0.9g
調製豆乳バナナ(カロリーオフ) 0.8g
調製豆乳麦芽コーヒー(カロリーオフ) 0.9g

 

牛乳は豆乳の4倍の糖質量!

牛乳と豆乳で大きく違うのは、カルシウムの量です。

100g当たり牛乳に含まれているカルシウム量110㎎なのに対して、豆乳は15㎎です。

カルシウム摂取を目的としている場合は、豆乳は牛乳の代わりにならないということです。

 

豆乳ココアでの糖質制限効果については「ココアの糖質ダイエット効果が凄い!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

参考までに一般に販売されている低糖質の豆乳に、どんなものがあるのかを調べてみました。

 

低糖質豆乳総合ランキング10選

 

糖質制限ブームにより、豆乳にも低糖質の商品が数多く発売されるようになりました。

糖質制限での参考に、無調整豆乳・調整豆乳すべての中で「低糖質の豆乳ランキング」を紹介します。

無調整豆乳を優先して、200mlあたりの糖質量でランキング順位を決定したものです!

 

🔶【1位】 マルサン「低糖質豆乳飲料ココナッツ」

※200mlあたり 糖質0.64g

1番糖質の低い豆乳が、まさかの「豆乳飲料消化されない甘味料を使用!

 

🔶【2位】 めいらくスジャータ 「豆乳+おから のむ大豆」・・・200mlあたり 糖質1.6g

大豆固形分:13%(おから入り)  「無調整豆乳」のなかで1番糖質が低い!

 

🔶【3位】 トップバリュ「 低糖質豆乳飲料 麦芽コーヒー&ココア」・・・200mlあたり 糖質1.8g

甘味料入りなのに、2位の無調整豆乳とほぼ糖質量の豆乳飲料

 

🔶【4位】トップバリュ「グリーンアイ オーガニック 成分無調整豆乳」・・・200mlあたり 糖質2.0g

大豆固形分:15%  1番大豆固形分が多く含まれている!無調整豆乳

 

🔶【5位トップバリュ「低糖質調製豆乳」・・・200mlあたり 糖質2.0g

シンプルなフレーバーなしの調整豆乳

 

🔶【6位】マルサンアイ「毎日おいしい無調整豆乳」・・・200mlあたり 糖質2.4g

大豆固形分:9% 調整豆乳と同じ糖質の無調整豆乳

 

🔶【7位】マルサンアイ 「調整豆乳 カロリー45%オフ」・・・200mlあたり 糖質2.4g

油を加えていない!カロリーオフの調整豆乳

 

🔶【8位マルサンアイ 「バナナ カロリー50%オフ」・・・200mlあたり 糖質2.4g

大豆固形分:9% 同メーカーで無調整豆乳と同じ糖質量で油を加えていない!調整豆乳

 

🔶【9位マルサンアイ 「バナナ カロリー50%オフ」・・・200mlあたり 糖質2.4g

油を加えていない!バナナ果汁を加えた調整豆乳

 

🔶【10位】スジャータ「 調製豆乳」・・・200mlあたり 糖質2.4g

よく見かける定番商品の調整豆乳

(糖質4g以下!低糖質な豆乳ランキングTOP10! | 情報Blogより参照)

 

◆参考までに!

めいらくスジャータ 「豆腐もできます有機豆乳」は、1番糖質が高い無調整豆乳!

※200mlあたり 糖質4.0g / 大豆固形分:10%

無調整豆乳では、どの商品でも糖質4.0gより高いものはありません。

 

1番糖質が少ない豆乳は、驚くことに無調整豆乳ではなく調整豆乳!!

ランキングを見てもわかるように、多くの調整豆乳がたくさん上位にランクインしています。

 

豆乳ココア パックのカロリー

豆乳ココアのパックのカロリーを調べてみました。

メーカーによって違いがありますが、200mlあたり平均=約100~125 kcalのカロリーとなっています。

Sponsored Link



豆乳が苦手な人でも飲める飲み方が豆乳ココア!

 

健康効果や美容効果など、様々な効果を持っている豆乳とココアをブレンドすることはとても効率的です。

それでも、豆乳特有の風味が苦手だという人が多いのではないでしょうか?

豆乳にココアをプラスするだけで飲みやすくなり、豊富な栄養と健康効果がUPしてダイエットや美容に抜群な効果を発揮します。

冷たい豆乳だと独特の豆の味が強く出てしまうので、ココアと混ぜてホットで飲むと飲みやすくなります。

アレンジして豆乳が飲めるようになるなら、豆乳は女性にとっては嬉しいメリットがたくさんあります。

そんな豆乳ココアの効果を、更にパワーUPできるプラス食品を紹介しましょう!

 

目的別豆乳ココアのアレンジレシピ

豆乳ココアは、ダイエットや美容に抜群の効果を発揮しますが、そこにもうひとつ食品をプラスすることで更に効果を高めることができるという、チョッと欲張りな飲み方を紹介します。

 

Sponsored Link



豆乳ココアのダイエットに最適なアレンジレシピ

 

ダイエット効果をより高める食品には、「ココナツオイル」「寒天」「にがり」「コーヒー」等があります。

 

豆乳ココア と ココナッツオイル

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、他の油と違って身体に蓄積されず、蓄積した脂肪を巻き込んで燃焼してくれる効果があります。

そのまま飲むのも良いですが、ココナッツオイルと豆乳ココアを混ぜて冷やすとチョコレートが作れます。

 

【材料 】純ココア大さじ1 /  水50cc   /   豆乳 150cc   /   ココナッツオイル 大さじ1

●健康やダイエット・美容が目的であれば『ヴァージンココナッツオイル』をお勧めします!

 

豆乳ココア と 寒天

寒天にはカロリーがほとんどなく、食物繊維を含む食べ物の中で最も食物繊維が豊富な食品です。

この食物繊維には水溶性と不溶性の両方があるため、便秘解消と糖の吸収を穏やかにしてダイエットに効果を発揮します。

 

■豆乳のココア味と寒天を使った簡単ゼリー

【材料】豆乳ココア400ml(2杯分) / 砂糖大さじ1 / 寒天2〜4g

●おやつにピッタリです!

 

豆乳ココア と にがり

にがりは腸の中のブドウ糖の発生を制御することで、インシュリンの分泌を抑えることができます。

また、リポタンパクの吸収を抑えて、体内での脂肪の蓄積を防ぐ効果もあります。

 

【材料】純ココア 大さじ 1杯 / 豆乳 150CC / にがり 5滴ほど

 

豆乳ココア と コーヒー

コーヒーのカフェインは、脂肪を分解するリパーゼを活発にして脂肪燃焼を促進させ、末梢血管を拡張する作用で基礎代謝を上げる効果があります。

またクロロゲン酸には活性酸素を除去し、脂肪の分解促進や食後の血糖値上昇を抑制する効果があります。

 

【材料】豆乳 100CC / 純ココア 大さじ1杯強 /  インスタントコーヒー 小さじ1杯

 

豆乳ココアとコーヒーのアレンジの効果と関連していますので「豆乳コーヒーの効果が凄い!美容・ダイエット・健康に最適!」も合わせて参考にしてください!

 

Sponsored Link



豆乳ココアの便秘改善に最適なアレンジレシピ

 

便秘予防・改善効果をより高めるには「オリーブオイル」「おから」等の食品があります。

 

豆乳ココア と オリーブオイル

オリーブオイルは、ヨーロッパでは「便秘解消の秘薬」と呼ばれ、オリーブオイルの便秘解消の効果は現代でも研究され続けています。

 

【材料】純ココア 小さじ2   / 豆乳 200ml / エキストラバージンオリーブオイル  小さじ2

 

豆乳ココア と おから

おからは、食物繊維が豊富でサポニン含まれているため、余分な糖質や脂肪を吸収されにくくして便秘解消や中性脂肪を低下させるダイエット効果があります。

 

■卵不使用の濃厚なココアケーキ!

【材料】 薄力粉 70g / 純ココア 40g / ベーキングパウダー 小さじ1 / おから 100g / 無調整豆乳120ml  / 黒砂糖 80g  /   サラダ油 50ml

●材料を混ぜ合わせて、予熱しておいた170度のオーブンで35分焼きます。

 

Sponsored Link



豆乳ココアで美肌作りに最適なアレンジレシピ

 

美肌効果をより高めるには「オレンジ」「甘酒」等の食品があります。

 

豆乳ココア と オレンジ

オレンジにはビタミンCが非常に多く含まれているので、高い美容効果が期待できます。

ビタミンCはコラーゲン生成を促し、頭皮や細胞血管を丈夫にする働きがあるため肌質の向上に役立ちます。

 

【材料】純ココア 10g / 豆乳 80ml / オレンジジュース 80ml / 砂糖 10g

●豆乳と100%ジュースを1:1で混ぜるのがコツ!

 

豆乳ココア と 甘酒

主な栄養素は、ビタミンB1・B2・B6・葉酸・アミノ酸・食物繊維・オリゴ糖・ブドウ糖など、栄養補給のための点滴とほぼ同じ成分が含まれています。

甘酒の美肌効果にはシミの原因となるメラニン色素の過剰な生成を抑え、ビタミンB2にも肌トラブルを防ぐ役割があり美容液代わりに肌に直接塗る人もいるほどです。

 

【材料】甘酒 50ml / 豆乳 50ml / 純ココア 小さじ1

●豆乳と甘酒を1:1で混ぜるのがコツ!

 

Sponsored Link



豆乳ココアで冷え性改善に最適なアレンジレシピ

 

冷え性改善効果をより高めるには「生姜」「シナモン」等の食品があります。

 

豆乳ココア と 生姜

体温を上げる作用のある生姜とココアにより、体温を上げて持続する冷え性改善効果があります。

 

【材料】純ココア 小さじ2 / 砂糖 小さじ1 / 無調整豆乳 200cc

●より効果的にするなら、乾燥生姜がお勧め!

 

生姜ココアの効果を知ることは、豆乳ココアと生姜の相乗効果を理解すのに必要なことですので、「生姜ココアの効果効能がもの凄い!」も合わせて参考にしてください!

 

豆乳ココア と シナモン

シナモンは別名スパイスの王様とも呼ばれ、豊富な栄養成分が含まれていて、血管を拡張させて血液の流れを良くする効果があります。

またコレステロール値を整え中性脂肪を減らすため、血液の質を高めて冷え性を予防・改善効果があります。

 

【材料】豆乳  180cc / 純ココア 小さじ2杯 / シナモン 適量 / オリゴ糖 適量

 

Sponsored Link



豆乳ココアのバストアップに最適なアレンジレシピ

 

バストUP効果をより高めるには「きな粉」と組み合わせるのがベストです。

 

豆乳ココア と きな粉

炒って粉にしているため、重量当たりの食物繊維量は大豆製品で一番多く、大さじ1杯に2.7g含まれていてタンパク質も豊富に含まれています。

 

【材料】無調整豆乳、200cc・砂糖、スプーン1杯・きなこ、スプーン1杯

●温めて飲む方法がバストアップには最適ですが、毎日続けて飲むことが重要!

 

豆乳のバストUP効果については「胸を効果的に大きくする方法!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

 

Sponsored Link



まとめ

 

豆乳ココアは、ココアと豆乳の優れた効果を全て引き継いだものなので、ココアの効果と豆乳の効果を理解すれば自然と効果的な活用方法が見えてきます。

気を付けたいのが豆乳の成分「大豆イソフラボン」と、ココアの成分「カフェインとテオブロミン」です。

どちらも適量の摂取なら優れた効果を発揮しますが、過剰摂取をすると逆効果となる可能性がある成分です。

後は、飲むタイミングと甘味料の使い方さえ間違わなければ、健康+パワーUPした美容・ダイエット効果を最大限に得ることができるはずです!

 

ココアは古代より「神の食べ物」といわれてきただけに、素晴らしい効果を秘めています。

ココアの健康・美容・精神への様々な効果の全てについては「ココアの効果は驚異的!そのすべてをお伝えします!」で詳しく解説していますので、ぜひこちらも参考にしてください!

 

また、豆乳の効果に関する情報も「豆乳効果で得られるダイエットや美容などの様々な健康効果がもの凄い!」にて詳しくお伝えしています。ぜひ、御覧ください!

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 酵素は太るためのサプリ?その理由と方法や食べ物・太る痩せる効果の違いを解説

  • 酵素は美容効果も凄い!サプリの飲み方や酵素美容液の正しい使い方まで徹底解説

  • 水道水について完全にまとめ上げました!

  • 酵素の種類は数が膨大!生化学で分類する重要な酵素の働きや特質を徹底解説

関連記事

  • ココアのカロリーって高いの?低いの?にお答えします。

  • ココアで血管機能を改善する!

  • ココアは太るのか

  • ココアはアレルギーを改善する効果とアレルギーを発症する原因の2つがある!

  • ココアカフェインの効果や副作用について

  • 純ココアのレシピは簡単・美味しい・栄養がある!