1. TOP
  2. 紅茶
  3. 紅茶の健康効果のすべてをお伝えします!
Sponsored Link

紅茶の健康効果のすべてをお伝えします!

紅茶   580 Views

紅茶の健康効果が様々な研究でわかりとても多くの方々が紅茶の健康効果を実感しています。

紅茶はコーヒーと並んで喫茶店などでよく飲まれている飲み物です。

食事中やお茶の時間などにも飲まれていますが、単に嗜好品というだけでなく、様々な体の悩みを改善することができ、ダイエット作用や美肌作用などもあります。

ただ、紅茶はあくまでも飲み物です。

医薬品のような即効性はありません。

日常に紅茶を飲む機会を取り入れることにより、健康や美容に役立つのです。

紅茶を飲む目安としては1日に2杯か3杯が適量です。

後ほど説明しますが、紅茶を飲みすぎると逆に害があります。

ここでは紅茶の健康効果について詳しくご紹介します。

Sponsored Link



Contents

紅茶の健康効果 生活習慣病の予防

紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールには活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。

活性酸素は高血圧、脳卒中、心臓病、糖尿病などの生活習慣病を引き起こします。

血圧は健康のバロメーターです。

私たち日本人の食生活は、味噌汁や漬物など塩分の多い料理が少なくありません。

このため、高血圧になりやすく、高血圧が原因で起こる病気にかかりやすいのです。

ハツカネズミを使った実験で、普通の餌で飼育したハツカネズミと茶カテキンを含んだ餌で飼育したハツカネズミを比べると、茶カテキンを含んだ餌を食たネズミの方が脳卒中による死亡が少なかったという結果が報告されています。

また、紅茶に含まれるタンニンも生活習慣病や認知症の予防に役立ちます。

紅茶は以上のような生活習慣病を予防する効果があります。

 

Sponsored Link



紅茶は食後の血糖値の上昇を抑える

紅茶ポリフェノールには食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。

糖の分解を促す酵素を抑えます。

これにより、腸管に吸収される糖分の量が減ることにより、血糖値の上昇が抑えられます。

紅茶とクッキーを一緒に摂ると、水とクッキーを摂った時よりも、30分後に血糖値上昇が抑えられたという研究結果が報告されています。

紅茶はがんを抑制する

がんは体内の細胞が何らかの原因で突然変異して、周囲の細胞を破壊しながら増殖することにより起きる病気です。

活性酸素が影響してがんが発生するとも考えられています。

あるいは、食生活によってがんになりやすいとも言われています。

実際、健康に良いとされている食材を使った食事をすることにより、がんの発生が減少したという説も報告されています。

紅茶に含まれるポリフェノールやカテキンやフラボノイドやタンニンには、強い抗酸化作用がありますので、がんになりにくい体質になります。

Sponsored Link



紅茶は動脈硬化の進行を抑える

軽い傷ができた場合、そのままの状態で放置しても出血が止まり、傷が治ってしまいます。

これは血液の中にある血小板が傷口に集まって、血液を固めるので治るのです。

ところが、血小板が必要以上に凝固状態を増すと病気の原因になります。

血管の中に血液が固まって血栓が発生します。

こうなると血液の循環を妨げてしまいます。

血栓が脳や心臓の動脈内に発生すると、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。

このような血栓が発生する原因として、動脈硬化が挙げられます。

動脈硬化は動脈が老化することにより起こる病気です。

血管の中にコレステロール、脂肪、カルシウムなどが付着することにより、血管が硬くなり、内部が狭くなってしまいます。

このような血栓を予防するものとして紅茶が有効であることが解明されてきました。

紅茶に含まれているカテキンが血中コレステロールに対して、血管の中の悪玉コレステロールを抑える作用があることもわかってきました。

 

Sponsored Link



紅茶は食中毒を抑える

紅茶のフラボノイドには、食中毒菌の殺菌効果があります。

紅茶にはO-157やボツリヌス菌やコレラ菌などに対する抗菌作用があります。

緑茶にも抗菌作用がありますが、紅茶の方が効き目が強いです。

これらによる食中毒は症状が重い場合、生命の危険に見舞われます。

紅茶には消毒・殺菌作用がありますので、食中毒の症状を治める有効な作用があることが報告されています。

紅茶の殺菌作用により、食中毒や下痢にも効果を発揮します。

また、胃がんの原因と考えられているピロリ菌に対する殺菌効果があることが解明されています。

紅茶には菌の繁殖を抑える働きがあるので、紅茶の成分を配合した食器の洗剤も販売されています。

海外旅行などで衛生状態の悪い国へ行くときには、紅茶を飲用するようにすれば安全です。

 

Sponsored Link



紅茶はインフルエンザの感染を防ぐ

紅茶にはインフルエンザのウイルスの活動や増加を抑える働きがあります。

紅茶の中には、テアフラビンという成分が含まれています。

A型ウイルス、 B型ウイルスなどウイルスの種類に関係なくインフルエンザの感染を阻止します。

すでにウイルスに感染している場合でもウイルスの増殖を抑える働きがあります。

紅茶とドラッグストアなどで手に入るうがい薬と比較しても、紅茶のほうが抗ウイルス作用があり、インフルエンザウイルスに取り付いて、感染力を奪う働きがあります。

インフルエンザが流行しているとき、外出先から帰宅したら濃いめに淹れた紅茶でうがいをすることにより、タンニンがウイルスをコーティングして、インフルエンザを予防することができます。

ただ、ミルクや砂糖を入れていない紅茶を使うようにしてください。

Sponsored Link



紅茶はアレルギーを予防する

紅茶には花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などアレルギー疾患の症状を抑えたり、予防したりする効力があります。

アレルギー疾患は、体内に異物が入ってくると、リンパ球が異物に反応して抗体を発生します。

このようにして様々な症状が現れてきます。

アレルギー反応に関与する抗体を持ったハツカネズミに紅茶を与えたところ、アレルギーを約半分に抑える効果があるという実験結果があります。

アレルギーにはアトピー性皮膚炎も含まれますが、これに対しても紅茶は効果を示したという報告があります。

 

Sponsored Link



紅茶は筋肉を刺激して運動能力を高める

紅茶にはカフェインが含まれていますが、カフェインは筋肉を刺激する働きがあります。

そのため、通常では発揮できない力を生み出すことが可能になります。

カフェインは中枢神経に作用しますので、単純に走る競技よりも精神的な要素を必要とする走り高跳びなどの競技に力を発揮します。

走り高跳びだけでなく、長距離走、サイクリングなど持久力を必要とするスポーツにも有効です。

紅茶に含まれているカフェインは、中枢神経の興奮によって発生する疲れを抑えてくれる働きもあります。

 

Sponsored Link



紅茶は虫歯予防効果がある

紅茶とお菓子はよく合いますので、ついついお菓子に手が出てしまいますが、虫歯の心配が頭をよぎることがあります。

ところが、紅茶には虫歯を予防する働きがあります。

紅茶カテキンやテラフラビンには歯垢がつかないようにする効果があります。

また、紅茶に含まれるタンニンにはフッ素が含まれています。

フッ素は歯磨き粉の中に含まれていますが、紅茶にも含まれているのです。

わずかですが虫歯菌に対する抗菌作用もあります。

フッ素は歯のエナメル質を強くする働きがありますので、虫歯予防に役立ちます。

ここでは詳しく説明しませんが、紅茶には脂肪の燃焼を促進させる効果がありますので、ダイエットの予防にもなります。

紅茶は目の疲れをとる

冷やした紅茶をまぶたの上に塗る、あるいは飲んだ後のティーバックを冷やしてまぶたの上に置くことにより、目の疲れがとれます。

紅茶に含まれているビタミン類やカテキンが作用するので、目の疲れがとれるのです。

目の疲れが取れると、気分もリフレッシュします。

Sponsored Link



紅茶は精神へのリラックス効果がある

紅茶にリラックス効果があるかどうかを試す実験が行われたことがあります。

紅茶を飲む前と紅茶を飲んだ後の脳波を測定したら、紅茶を飲んだ後のほうがリラックスしているという報告があります。

紅茶にはリラックス効果のほか、ストレス解消、慢性疲労を緩和する働きがあることが解明されています。

テアニンというアミノ酸の1種が紅茶に含まれています。

テアニンは、紅茶の渋みの奥に旨味や甘味を出す成分です。

この成分に気分をリラックスさせる効果があります。

紅茶は水虫やたむしを改善する

紅茶ポリフェノールには白癬菌に対する殺菌効果があります。

そのため、水虫やたむしを予防したり改善したりする働きがあります。

紅茶の出し殻で足を洗浄することにより、水虫を駆逐することができます。

 

Sponsored Link



紅茶は疲労回復効果がある

紅茶は大脳の中枢神経に作用して疲労を回復する働きがあります。

紅茶に含まれているカフェインには覚醒作用がありますので、仕事や運動の後に紅茶を飲むと眠気が取れて、疲れも癒されます。

紅茶のカフェインには胃液の分泌を促したり消化を促進させたりする作用も報告されています。

紅茶はストレス解消効果がある

イギリス人たちは落ち込んでいる時やショックを受けたときなどに紅茶を飲んで、ストレスを解消します。

紅茶にはカフェインが含まれています。

カフェインは、ストレス発散、リラックス効果をもたらすので、ストレスを和らげてくれます。

また、紅茶の香りはアロマテラピー効果があるので、ストレスを緩和することができます。

紅茶にはコーヒーの約2倍のカフェインが含まれています。

カフェインには覚醒作用、疲労回復、ストレス解消、新陳代謝の活発化などの効果が認められています。

紅茶に含まれているテアニンにはイライラを沈めて爽やかな気分にする作用があります。

また、香りが良いので紅茶の匂いを嗅ぐだけでもリラックスできます。

Sponsored Link



紅茶でビタミン・ミネラルの補給ができる

紅茶の葉っぱには新陳代謝を促し、体調を整えるために必要な栄養分が含まれています。

カルシウム、カリウム、ビタミンB1・B2 、ビタミンC 、ビタミンE 、カロテン、ナイアシンなどのビタミン類やセレンなどのミネラルが豊富に含まれています。

ビタミンB群など様々なビタミンが含まれていますので、皮膚の病気や口内炎などを防いでくれます。

また、紅茶に含まれるミネラルは体内でアルカリを作るので、体に良いです。

紅茶で口臭予防ができる

紅茶カテキンには消臭作用があります。

そのため、口臭予防に役立ちます。

口臭の予防をするため、口の中を爽やかに保つこともできます。

紅茶はにおいの源を吸収する働きがあります。

建てたばかりの家屋にはシックハウス症候群の原因になるホルムアルデヒドのにおいを吸着することができます。

紅茶の使用済みティーバッグを家屋の中に置くと、においの解決になります。

また、紅茶は消臭作用が強いので、まな板の上で生魚や肉など生臭い食材を調理した後、紅茶で生臭さを消すことができます。

あるいは、使用済みティーバッグで魚を焼いた網を拭くと、くさいにおいが取れます。

 

Sponsored Link



紅茶はピロリ菌を殺菌する

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息する細菌です。

胃の中には、食物の消化を助け、食物が腐るのを防ぐために胃液が分泌されています。

胃液には金属さえもとかしてしまうほどの強い酸・塩酸が含まれていますので、胃の中は強い酸性ですので、一般の細菌は生息することができません。

ところが、ピロリ菌は酸性でも平気です。

ピロリ菌は「ウレアーゼ」という酵素を出しています。

この酵素は胃の中の尿素を分解してアンモニアを作ります。

アンモニアはアルカリ性なので、ピロリ菌の周りの胃酸が中和されるので、生息することができるのです。

ところが、このようなピロリ菌ですら紅茶は殺菌してしまうのです。

ピロリ菌は胃がんの原因になるのですが、紅茶を飲むことによりピロリ菌の発生を防ぐことができます。

Sponsored Link



紅茶はノロウイルスを消毒する

紅茶ポリフェノールの1種である「テアフラビン類」が抗ウイルス作用を持つことが発見されました。

動物の細胞を使った実験では、テアフラビン類がノロウイルスの感染力が約1,000分の1になるという結果が出ました。

現時点では紅茶を飲めばノロウイルスの予防に効果があるかどうかははっきり解明されているわけではありませんが、紅茶でうがいをするとウイルス感染の予防に立つことがわかっています。

紅茶には消化促進作用がある

紅茶にはカフェインが含まれています。

カフェインは胃液の分泌をよくし、消化を促す作用があります。

胃酸の分泌を促す効果がありますので、空腹の時に飲むと胃を荒らしてしまうこともありますので、気をつけましょう。

 

Sponsored Link



紅茶は強心作用がある

紅茶にはカフェインが含まれています。

カフェインには強心作用があり、血液の循環や新陳代謝を活発にします。

また、紅茶を運動前に飲むと、脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエット効果が期待できます。

紅茶には風邪予防効果がある

紅茶に含まれている紅茶テアフラビンやタンニン(カテキン)には抗菌・殺菌作用があります。

この作用により、風邪ウイルスの活性を抑え、感染を防いでくれます。

風邪が流行しているときには、濃いめに淹れた紅茶でうがいすることにより風邪やインフルエンザの予防に立ちます。

風邪や喉の痛みなどの症状があるときには、紅茶にすりおろした生姜を入れることにより、体を温めて回復を早めることが期待できます。

Sponsored Link



紅茶には老化抑制作用がある

紅茶には活性酸素を除去するテラフラビンや紅茶フラボノイドが含まれています。

活性酸素を取り除くことにより、老化を抑制します。

体内で活性酸素が増えると、老人性シミの発生やメラニン色素の増殖を引き起こします。

最近の検査では、紅茶1杯がキャベツやブロッコリーなどの野菜よりも高い抗酸化作用を発揮しているという報告があります。

紅茶には利尿作用がある

紅茶ポリフェノールとカフェインの利尿作用により、体内の老廃物を尿として体外に素早く排出します。

紅茶には便秘解消効果がある

紅茶に含まれているカフェインは腸を刺激するので、排便するための運動が活発化します。

コーヒーや紅茶を飲むと便意が起きますが、これはカフェインによるものです。

ただ、カフェインは摂りすぎると腹痛に見舞われるなどのデメリットもあります。

紅茶にはカテキンが多く含まれています。

カテキンは腸の中の善玉菌の餌になりますので、善玉菌が増えることにより、腸内環境が整います。

腸内環境が整うと、大便がやわらかくなるので便秘を防ぐことができます。

紅茶にはテアニンという成分が含まれています。

テアニンにはリラックス作用があります。

ストレスにより自律神経が乱れると、腸の働きが鈍くなります。

テアニンにより自律神経を安定させれば、腸の自然な動きが出てきます。

便秘の状態にもよりますが、紅茶の香りをかいだだけで便秘が解消することもあります。

紅茶による便秘の作用はとても早く、飲んでから数時間で便意をきます。

紅茶を飲み続けて1週間以内に便秘が改善されますが、大便が出ない場合は詰まっていることがありますので、このようなときには下剤を使った方がよいでしょう。

Sponsored Link



紅茶は死亡率を下げる

アメリカで5万人以上の中国人を対象に死亡リスクを調査しました。

それまでいちどもタバコを吸ったことのなく、紅茶を多く飲んでいる人たちの死亡率が5%から18%も低くなることが解明されました。

呼吸関連の死亡、心臓、血管などの病気による死亡リスクも低くなるということがわかりました。

紅茶に含まれているポリフェノールには血流を良くする働きがありますが、血液改善効果もありますので、血液がドロドロすることにより起こる病気の予防になります。

紅茶にはヘアケア効果がある

紅茶はヘアケアにも効果があります。

白髪染めで髪の毛を染めた後に紅茶で髪の毛をすすぐと奇麗な黒褐色になります。

紅茶にはタンニンが含まれていますが、タンニンはタンパク質と結合しやすいので、傷んだ髪を修復してくれます。

さらには地肌を引き締める働きがありますので、毛根のある皮膚の健康を維持してくれます。

Sponsored Link



紅茶に含まれている成分

お茶は古来、貴重な薬として使われてきましたが、現在は嗜好品として広く飲まれるようになりました。

お茶を薬として飲んでいたのは中国や日本だけでなく、ヨーロッパ諸国でも東洋の薬としてよく飲まれていました。

万病に効く特効薬として、100種類もの病気に効く飲み物ということで宣伝されました。

具体的に紅茶にはどのような成分が含まれているのでしょうか。

ここでは紅茶の成分についてご紹介します。

紅茶ポリフェノール

ポリフェノールは渋み成分です。

紅茶には渋みのもとであるカテキンと、色を表すテアフラビンとテアルビジンからできあがっており、これらを総称してポリフェノールといいます。

まず、カテキン類について説明します。

カテキン類は渋みの主成分です。

10%から20%ぐらい含まれています。

カテキン類はいろいろな物質と結合しやすい性質を持っています。

カテキン類が酸化酵素で酸化されることにより、きれいな紅茶の色になります。

豊かな香りとカップに注いだ時の鮮やかな赤色、様々な健康効果をもたらしてくれます。

 

Sponsored Link



紅茶に含まれるテアフラビンとテアルビジン

テアフラビンとテアルビジンという成分も紅茶の鮮やかな色を形成しています。

カテキン類と同様、様々な効果があります。

体に吸収されることにより、様々な作用を発揮します。

以下のような効果があります。

血中コレステロールを減少させて、動脈硬化にならないようにする。

老化防止に立つ。

がん細胞の増殖を抑える。

風邪のウイルスを抑える。

脳卒中を予防する。

下痢を止める。

エイズの予防になる。

紅茶フラボノイド

紅茶の色を決定する成分です。

紅茶にレモンを入れると、色が薄くなります。

テルペン

紅茶の香りのもとです。

紅茶カフェイン

カフェインは苦味成分です。

紅茶にはカフェインが2.5%から5%含まれており、水や熱湯によく溶けます。

軽い苦味があり、これが紅茶の味を形成しています。

コーヒーと紅茶のカフェインを比べると、コーヒーはカップ1杯あたり60mgから100m g 、紅茶は約30m gという具合に紅茶の方がカフェインの量が少ないです。

カフェインには以下のような作用があります。

利尿作用と発汗作用を活発にします。

心臓の機能を高めて、体内の新陳代謝を活発にさせます。

大脳の中枢神経を刺激して、思考力を高めます。

疲労回復に効果があります。

筋肉収縮の力を高めます。

カフェインは以上のように多くの効果がありますが、妊娠中の方は控えた方がよいでしょう。

それから、紅茶のカフェインはタンニンと結合しますので、カフェインの効果は弱くなります。

コーヒーには覚醒作用がありますが、紅茶はコーヒーほどの覚醒作用はありません。

紅茶に含まれるビタミン・アミノ酸・無機成分

ビタミンとアミノ酸と無機成分は、紅茶の旨味の成分です。

紅茶には疲労回復に立つビタミンB群と旨味成分のアミノ酸が含まれています。

無機成分は約5%含まれています。

カリウムとリン酸が無機成分の主な成分です。

人体に必要な微量元素であるマンガン、銅、亜鉛、ニッケル、ヨウ素、フッ素も含まれています。

Sponsored Link



紅茶の飲み過ぎは体に良くない

おいしくて様々な健康効果のある紅茶ですが、飲みすぎると逆に健康を損ねてしまう可能性があります。

また、妊娠中の方は飲まない方がよい飲み物です。

紅茶を飲みすぎると尿路結石ができる

紅茶を飲みすぎると、尿路結石ができます。

カフェイン、タンニン、シュウ酸の影響で結石ができます。

尿路結石とは、腎臓から尿道に至るまでのところにできる結石のことです。

血尿を伴い、痛みを感じます。

シュウ酸は腎臓に入ると、カルシウムと結合して結石を形成してしまいます。

コーヒーや煎茶の飲み過ぎでも尿路結石ができますので、注意が必要です。

尿路結石の治療法として、結石が小さいときにはたくさんの水を飲むことにより自然に排泄されますが、結石が大きくなると尿を出すたびに激痛が起こります。

こうなってしまいますと、水を飲んでも治りませんので、医療機関で治療を受ける必要があります。

内視鏡を使って石を砕く方法と体外衝撃波を使う方法があります。

 

Sponsored Link



紅茶を飲みすぎると胃が荒れる

前述しましたように、紅茶にはカフェインが含まれています。

カフェインには様々な効果がありますが、その反面胃への刺激が強く、胃酸の働きを活発化させてしまいます。

胃酸の働きが活発になりすぎると、胃潰瘍などの病気になることがあります。

紅茶だけではなく、コーヒーや緑茶やウーロン茶などにもカフェインが含まれていますので、注意が必要です。

紅茶を飲みすぎると紅茶アレルギーになる

食物アレルギーには様々なものが多く報告されていますが、紅茶アレルギーも存在しています。

主な症状は吐き気や頭痛などです。

それまで何ともなかったのに突然アレルギー症状が起こることもあります。

もしも紅茶アレルギーの場合、今までと同様に飲み続けていると生命の危険もあり得ますので、アレルギー専門の医師に相談することをおすすめします。

カフェインが原因で頭痛やめまいが起こるカフェイン中毒になることもありますので、注意が必要です。

現在、カフェイン中毒に対応する薬がありませんので、対処療法しか方法がありませんので飲み過ぎには気をつけた方がよいでしょう。

紅茶を飲みすぎると貧血になる

紅茶にはタンニンという成分が含まれています。

紅茶の渋みの正体がタンニンですが、これは鉄イオンと結びつく性質があります。

鉄分の吸収の妨げになりますので、貧血の人は紅茶やコーヒーなどタンニンが多く含まれている飲み物を飲まない方がよいのです。

貧血ではない人でも紅茶を飲みすぎると、貧血になる可能性があります。

日本人の生活では紅茶だけでなく、コーヒーや緑茶を飲みますが、コーヒーや緑茶にもタンニンが含まれています。

1日に2回や3回位の紅茶では問題がありませんが、これ以上の量をがぶ飲みすると貧血になってしまうのです。

 

Sponsored Link



紅茶を飲みすぎると便秘や下痢になる

紅茶に含まれているカフェインには、様々な健康効果がありますが、利尿作用もあります。

尿が出づらくて悩んでいる人がカフェインを飲むことにより、尿が出やすくなるというメリットがありますが、カフェインを大量にとると胃に刺激を与えて下痢を引き起こします。

とりわけ、体調がよくないときに紅茶を飲むと、お腹の具合が悪くなってしまいます。

利尿作用により体の中の水分がなくなると、大便が固くなり便秘になることがあります。

紅茶を1日に2回か3回ぐらい飲むのでしたら大丈夫ですが、飲みすぎると便秘や下痢になるということを覚えておきましょう。

紅茶を飲みすぎると頭痛になる

カフェインには血管を収縮させる効果がありますので、頭痛の時に紅茶を飲むと効果が期待できます。

しかしながら、過剰に飲むと脳に負担がかかることにより、逆に頭痛を引き起こすことがあります。

紅茶を大量に飲むと、カフェイン中毒になりお腹や頭の不具合につながります。

妊娠中は紅茶を飲まない

アメリカの研究報告によれば、 1日に200ミリグラム以上のカフェインを摂取する女性は、カフェインを全く摂取しない女性に比べて、流産の確率が2倍になることが判明しています。

妊娠中にカフェインを摂取するのが危険な理由は3つあります。

まず、カルシウムや鉄分の吸収を妨げてしまいます。

また、胎児の体に負担をかけてしまいます。

妊娠中の女性がカフェインを摂取すると、カフェインが胎盤を通過し、胎児へ送られます。

胎児の体はカフェインを代謝することができないので、カフェインは胎児に有害です。

さらには、胎児に十分な栄養や酸素が送られなくなる可能性があります。

カフェインは血管を収縮させる働きがあります。

そのため、胎盤の血流を減少させ、胎児へ酸素や栄養が送られなくなり、発育障害を引き起こしたり、胎児の死亡を招いたりします。

以上のように妊娠中にカフェインを摂取すると、胎児にさまざまな悪影響を与えてしまいます。

産婦人科医によれば、妊娠中の女性が摂取してよいカフェインの量は1日100 mg以下といわれています。

紅茶200 mlには30 mgのカフェインが含まれていますので、大量に飲まなければ害はありません。

ただ、悩みながら紅茶を飲んでも美味しく感じないと思いますので、最初からカフェインを含まない飲み物を選ぶようにしたらよいでしょう。

ノンカフェイン飲料であるココアやハーブティー、あるいはルイボスティーなどを飲むようにしましょう。

カフェインを含まない紅茶も市販されていますので、それを飲むのも良いかと思います。

なお、ノンカフェイン紅茶に関する詳しい情報は「ノンカフェインの紅茶は妊婦さんに大人気!高級茶葉はギフトにもおすすめ」にてお伝えしています。

 

Sponsored Link



紅茶の正しい飲み方

前述しましたように、紅茶は飲みすぎると体に害があります。

1日にどのくらい飲めば良いのか気になりますが、紅茶の1日の適量はカップ3杯とされています。

実際には5杯以上飲んでも良いとされていますが、 1日3杯飲むのが健康には効果的なのです。

紅茶のカロリーが気になりますが、ストレートで飲めばほぼゼロカロリーです。

ただ、ストレートティーに砂糖やミルクを加えると、カロリーは一気に上がってしまいます。

カロリーを気にする方は、砂糖やミルクを加えないストレートティーを飲むようにしましょう。

紅茶の成分で問題となるのはカフェインとタンニンです。

カフェインの過剰摂取で起きる弊害には、頭痛、胃痛、不眠、吐き気、イライラ、頻尿などがあります。

カフェインを適量摂取すれば頭痛の改善になりますが、過剰に摂取すると逆に頭痛がひどくなるということが報告されています。

カフェインには覚醒作用がありますので、寝る前に飲みすぎると不眠状態になる可能性があります。

カフェインは胃液の分泌を活発にする作用がありますので、飲みすぎると胃を荒らしてしまうこともあります。

タンニンを適量を摂取すればむくみや下痢の改善につながりますが、タンニンは鉄と結合して鉄分の吸収を妨げてしまいますので、貧血気味の人は避けたほうがよいでしょう。

また、タンニンを過剰に摂取すると、吐き気や気持ちの悪さなどの症状が出てくることがあります。

紅茶は健康に役立つ飲み物ですが、以上のように大量に摂取すると逆に健康を損ねてしまいますので、注意が必要です。

適量を守って飲みましょう。

Sponsored Link



安い紅茶は購入しない

イギリスの研究報告によれば、スーパーマーケットなどで安く販売されている紅茶から、大量に飲んだ場合に健康によくないフッ化物が検出されたとのことです。

フッ化物は人体に必要な栄養素ですが、過剰摂取すると関節痛、筋力低下、骨粗しょう症、腎臓障害、骨や歯をもろくする、などの症状が現れる可能性があります。

お茶の樹は成長に伴い、土から吸収したフッ化物が蓄積されます。

お茶の樹の中で最も多くのフッ化物を蓄積しているのは、成熟したお茶の葉っぱです。

紅茶を作るためにお茶の葉っぱを摘みますが、未成熟の柔らかい新しい葉は高品質な紅茶製品に利用されます。

成熟したお茶の葉っぱは、低品質の紅茶として製造され、市場に出回ります。

そのため、安い低品質の紅茶にはフッ化物が含まれ、飲むことにより健康被害が出てきます。

朝起きた時に、空腹の状態で安い紅茶を飲むと、健康への影響が大きくなります。

健康目的で紅茶を飲むときには、安い紅茶は購入しない方がよいでしょう。

もしも安い紅茶を購入してしまった場合、料理に使うのはいかがでしょうか?

紅茶は肉を柔らかくする作用があります。

アメリカ産の硬いステーキ肉を焼く前、 30分ぐらい肉を紅茶に漬けておくと、柔らかいステーキができます。

あるいは、豚肉のブロックを紅茶と調味料で煮ると柔らかい豚肉料理ができます。

 

Sponsored Link



紅茶を飲むタイミング

紅茶を飲むタイミングに気をつけるようにすれば、健康効果が期待できます。

紅茶は、朝、食事中、夜に飲むようにしましょう。

朝は紅茶に含まれるカフェインにより、眠気を覚ますことができます。

食事中に紅茶を飲めば、料理に含まれている脂肪の吸収を抑制してくれます。

夜、紅茶を飲めばリラックス効果により、疲れを癒してくれます。

反対に、紅茶を飲んではいけない時もあります。

空腹時には紅茶を控えるようにしましょう。

紅茶に含まれているカフェインにより胃が荒れてしまうことがあるためです。

寝る前に紅茶を飲むと、カフェインの覚醒作用により、眠りづらくなったり、利尿作用のため何度もトイレに行くことになったりしてしまいます。

ほうれん草など鉄分が豊富な食物を摂取する時、紅茶を飲むとほうれん草に含まれている鉄分の吸収ができなくなってしまいますので、注意が必要です。

以上のように、紅茶を飲むタイミングも重要ですので覚えておきましょう。

 

Sponsored Link



紅茶の正しい淹れ方

紅茶を淹れる時に準備するものは、汲みたての水、やかん、カップです。

水に含まれる酸素の量は、紅茶を美味しく淹れるための重要なポイントです。

酸素が少ない水では、紅茶の旨味が抽出できません。

長時間汲みおきした水や再沸騰させた水は酸素が少ないので使わないようにします。

水を準備するときには酸素をたっぷり含ませるように蛇口から勢いよく出して、すぐに使います。

ミネラルウォーターを使うときには、ボトルを振って、酸素が含まれるようにします。

紅茶の味を引き出すためには、水を沸騰させるようにします。

ただ、沸騰させすぎると酸素が抜けてしまうので、注意しながら沸騰させます。

紅茶を美味しく淹れるための沸騰は、直径2 cmほどの泡が出てきた状態です。

この時、やかんを使いますが、鉄分を含んだやかんは使わないようにします。

ここでは、ティーバッグのおいしい淹れ方について説明します。

お湯を注ぐ前にカップを温めておきます。

カップの中にティーバッグを入れ、沸騰したお湯を200 ml注ぎます。

カップの上に蓋をして、蒸します。

蓋をすることにより、成分が抽出し、紅茶の香りが逃げないようになります。

綺麗な赤色になった時点で、ティーバッグを引き上げます。

この時、無理に成分を出そうとしてティーバッグを振る、あるいはカップに押し付けるなどのことはしないでください。

このようにすると、紅茶が渋くなったり、色が濁ったりします。

カップを準備する時、内側が白いカップを選ぶようにすれば、鮮やかな色を楽しむこともできます。

Sponsored Link



紅茶の健康効果に関するまとめ

いかがだったでしょうか?

紅茶と健康の関係についてご紹介しましたが、ふだん何気なく飲んでいる紅茶に前述したような多くの健康効果があることがご理解できたでしょうか。

スーパーやコンビニにはペットボトルに入っている紅茶が売られています。

これらの紅茶も健康効果が期待できます。

忙しい方はペットボトルの紅茶を生活に上手に取り入れることにより、健康を維持することができます。

また、紅茶はアレンジの仕方が豊富にありますし、紅茶の産地による種類も数多くありますので、飽きないで飲み続けることが可能な飲み物です。

紅茶による健康を継続するために、ぜひ続けてお飲みになることをおすすめいたします。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!

  • 紅茶カフェインの効果や含有量の比較と注意点

  • 紅茶の効果が凄い!ダイエット・リラックス・美容に飲み方まですべてお伝えいたします!

  • ノンカフェインの紅茶は妊婦さんに大人気!高級茶葉はギフトにもおすすめ

  • 紅茶ダイエットの効果が凄い!種類や方法全てお伝えします!!

  • 紅茶の飲み過ぎに注意!健康に影響のない1日の摂取量とは