1. TOP
  2. 紅茶
  3. 風邪は紅茶で予防と症状の改善ができる!生姜紅茶・はちみつ紅茶は風邪に効く!
Sponsored Link

風邪は紅茶で予防と症状の改善ができる!生姜紅茶・はちみつ紅茶は風邪に効く!

紅茶   1,925 Views

紅茶は日常的に大勢の人に飲まれているおいしい飲み物ですが、紅茶には「ポリフェノール・カフェイン・アミノ酸・ビタミン・フッ素」などさまざまな成分が含まれていて健康に良いことが知られています。

紅茶に含まれる各種成分の働きによって、紅茶は風邪の予防や風邪の軽い症状の緩和に効果があります。

寒くて空気が乾燥する冬の季節、気温・湿度が大きく変わる季節の変わり目は風邪をひきやすくなります。

おいしい紅茶をしっかり飲んで風邪・インフルエンザの予防対策をぜひ行ってください。

そして風邪やインフルエンザになってしまった際も紅茶を上手に活用して早く良くなってください。

Sponsored Link



Contents

紅茶が風邪に効果があることの理由

紅茶がなぜ風邪に効果があるのかの理由には、以下に示す紅茶に含まれる各種成分の「科学的根拠」があります。

風邪には紅茶が効くよ、特に風邪を予防するために紅茶を飲んだほうがいいよというのは、単なる迷信やいい加減な風聞ではありません。

冬の風邪対策に、紅茶を飲み始めてみようかなと考えておられる方もたくさんいらっしゃると思います。

紅茶の各成分がどんな作用によって風邪の予防に良いのか。紅茶成分がどんな働きによって風邪の症状を和らげてくれるのかについて、記事をぜひ読んでみて下さい。

紅茶成分のカテキンが風邪に効く

紅茶にはポリフェノールの一種であるフラボノイドに分類される「カテキン」という成分が含まれています。

カテキンは紅茶にも緑茶にも含まれるお茶の渋みを出すポリフェノールで、カテキンが酸化するとタンニンになります。

カテキン含有量が多いのは緑茶ですが、紅茶には緑茶にはない成分も多くあるので、どちらが風邪予防に良いかは一概に言えません。

抗酸化物質であるカテキンは非常に健康に良い成分で、「血圧上昇の抑制・血糖値の調節・血中コレステロールの調節・老化抑制・抗がん・抗アレルギー・抗虫歯(抗う歯)」などの効果が科学的に実証されています。

風邪に効くカテキンは「抗菌・殺菌の作用」があり、細菌雑菌が付着しやすい「口中・のど・鼻・食道」を殺菌してくれるので、風邪が予防できるのです。

ポリフェノールであるカテキンには抗酸化作用もあり、細菌・ウイルスの感染に対抗する免疫力向上にも役立ちます。

 

Sponsored Link



紅茶成分のテアフラビンが風邪に効く

紅茶にはポリフェノールの一種である「テアフラビン」という成分が含まれています。

テアフラビンやテアルビジンというポリフェノールが、紅茶特有の赤い色素を出しているのですが、テアフラビンにもカテキン同様に「血圧上昇の抑制・血糖値の調節・血中コレステロールの調節・老化抑制・抗菌」の効果があります。

紅茶のテアフラビンはカテキンが発酵してできる赤い色素ですが、強い「抗酸化作用・抗菌作用」を持っていて、緑茶のカテキンより強力な「抗ウイルス作用」を持つことで注目されています。

テアフラビンは抗ウイルス作用・整腸作用を持っている

テアフラビンは臨床研究によって、インフルエンザウイルスやノロウイルスの感染・増殖を防ぐ抗ウイルス効果があることが実証されています。

テアフラビンの抗ウイルス効果は、ウイルス粒子を凝集させて広がりにくくすることで、「ウイルスの感染力」を大きく低下させられるのです。

紅茶のテアフラビンはさまざまな種類の細菌に対して殺菌作用を持つことが分かっており、「コレラ菌・赤痢菌・ボツリヌス菌・ヘリコバクターピロリ菌(消化性潰瘍・胃がんの原因菌)・白癬菌(水虫の原因菌)」に対する一定の殺菌作用が期待できます。

テアフラビンやカテキンなどの紅茶ポリフェノールは、腸内環境を整えて、「乳酸菌・ビフィズス菌」など善玉菌には殺菌効果が及ばないという長所も持っています。

腸内細菌の比率を善玉菌優位にして悪玉菌を減らしてくれるので、「便秘・下痢・便臭」の改善効果まであるのです。

今流行の腸内フローラ(お花畑のような腸内細菌環境)を良い状態に保ってくれる副次的な効果まであることになります。

紅茶成分のビタミンBが風邪に効く

紅茶にはビタミンB群が含まれますが、紅茶は茶葉を発酵させているので、緑茶に多いビタミンCは含まれていない(極めて微量)という特徴があります。

紅茶で風邪予防に効果があるとされるビタミンCを同時に摂取したいなら、レモンティーがおすすめです。

ビタミン類は、ビタミンCもビタミンB群も、紅茶より緑茶に多く含まれています。

紅茶のビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシンは「疲労回復・皮膚の健康維持・(のど・鼻の)粘膜修復・食欲増進・免疫力向上・新陳代謝促進・抗うつや情緒安定など脳機能改善」などの作用があり、風邪予防や風邪による粘膜の炎症症状の緩和をある程度は期待できます。

 ビタミンB群は、リポビタンDなど栄養ドリンク剤の主要成分でもあります。

 

Sponsored Link



紅茶成分のカフェインが風邪に効く

紅茶には中枢神経系を刺激して覚醒させる作用を持つ「カフェイン」が含まれます。

カフェインと聞くと反射的にコーヒーが思い浮かびますが、コーヒーのカフェイン含有量は紅茶の約2~5倍以上(コーヒー豆から淹れるドリップコーヒーは非常にカフェイン量が多い)となっています。

紅茶のカフェイン量は100ml中に約20mgですが、コーヒー100mlにはインスタントコーヒーでも約40mg、ドリップコーヒーなら約70~100mgもカフェインが入っています。

紅茶成分のカフェインには以下のような効果があります。

・中枢神経(脳)の覚醒効果……眠気の軽減や集中力のアップ。

・リラックス効果……ストレス軽減で緊張した精神状態が和らぐ。

・利尿作用……体内の水分を排出してむくみ軽減。

・血管収縮作用……交感神経を刺激し、拡張した血管を収縮させる。

・代謝促進の効果……交感神経を刺激して代謝促進、運動の約30分前の摂取でダイエット効果がある。

・胃液分泌作用……交感神経を刺激し、適量なら胃液分泌と消化活動を促進する。

紅茶カフェインの効果については以下の記事が参考になります。

紅茶カフェインの効果や含有量の比較と注意点

カフェインの過剰摂取には副作用がある

風邪薬の総合感冒薬にカフェインが「解熱・鎮痛」の有効成分として含まれているように、紅茶成分のカフェインも風邪の症状に一定の効果があります。

風邪薬は適量のカフェインを含むので、すでに風邪薬を飲んでいるのであれば、紅茶・コーヒーのカフェイン飲料による「カフェインの追加的な過剰摂取」は控えて下さい。

カフェインのリラックス効果は不快な気分を改善し、利尿作用は体内で増殖している細菌・ウイルスの排出効率を高めます。

カフェインは交感神経刺激で新陳代謝を促進して発汗を促すので、一定の「解熱効果」を持ちます。

カフェインの血管収縮作用には「鎮痛効果」があり、風邪の頭痛・関節痛に効きます。

カフェインの血管収縮作用は、血流量増加の血管拡張やうっ血が原因となって起こる「頭痛」や「鼻づまり」を和らげます。

しかし、カフェインの過剰摂取は「眠れない・休みにくい・気分の悪化・動悸・めまい・胃腸が弱る・下痢・脱水などの副作用」が起こる可能性があります。

喉の痛み・咳・鼻水などの風邪の症状が出ている時は、1日に1~3杯(1杯150ml)にして経過を見ながら飲んだ方が良いでしょう。

風邪がひどくなって高熱がでた時、紅茶(カフェイン飲料)を摂取して気分が悪くなった時は、紅茶を飲むことはやめてすぐに医師の診療を受けて下さい。

 

Sponsored Link



紅茶が持つインフルエンザの予防効果

風邪の高熱症状を引き起こす原因で恐ろしいものの一つが「インフルエンザウイルス」ですが、動物実験含む医学研究で紅茶と緑茶には「抗ウイルス作用」があることが分かっています。

紅茶に含まれるテアフラビンと緑茶に含まれるカテキンに、インフルエンザの感染力を低下させたり失わせたりする「抗ウイルス作用」があり、特に紅茶の赤い色素を作るテアフラビンの抗ウイルス作用は緑茶のカテキンより強力なのです。

インフルエンザウイルスは表面に「スパイク」と呼ばれる突起物を持っていて、このスパイクを用いて呼吸器の粘膜細胞内部に侵入して感染症状を発症させます。

紅茶のテアフラビンは、インフルエンザウイルスのスパイクを包み込むように付着して、スパイクを保護している脂肪成分などを分解することでウイルスを不活性化します。

インフルエンザウイルスのスパイクが持つ粘膜細胞に吸着する感染力を低下させ、短時間でウイルスの感染力そのものを奪い取ります。

感染力を奪って不活性化したウイルスを凝集して拡散も防いでくれますが、A型かB型かを問わず、各種インフルエンザウイルスを不活性化する効果があるとされます。

紅茶の抗ウイルス作用は非常に強力で、普通に飲む紅茶の5分の1の濃度でも、インフルエンザウイルスの感染力をたったの10秒で完全に失わせることができるという研究結果もあるくらいです。

テアフラビンのインフルエンザウイルスに対する効果は、スパイクに取り囲むように付着して粘膜細胞に感染できないようにするという物理的効果なので、「新型インフルエンザウイルスの予防効果」まであるという素晴らしい特長を備えています。

ただし紅茶のインフルエンザの予防効果は、「ミルクティー」にすると失われてしまいます。

紅茶に砂糖やレモンを加えてもインフルエンザの予防効果は失われないのですが、テアフラビンはミルク(牛乳)のカゼインや乳脂肪と結合すると活性を失ってインフルエンザの予防効果はなくなります。

 

Sponsored Link



妊婦は風邪で紅茶・薬を飲んでも良いのか?

妊娠中の妊婦さんは、胎児への悪影響を避けるため、風邪薬(解熱鎮痛剤)などの化学成分が入った薬はできるだけ飲まない方が良いとされます。

抗がん剤・抗凝固薬(ワルファリン)・子宮内膜症治療薬(ダナゾール)などは、妊娠初期に胎児に奇形を引き起こす催奇形性のリスクが指摘されています。

化学成分が中枢神経系・脳に働きかける向精神薬(抗精神病薬・催眠誘導剤)の中には、胎児に対する催奇形性の副作用が記されているものもあり、薬の種類によっては、妊婦さんが絶対に服用してはいけない禁忌もあります。

ここでは、妊婦さんが風邪予防で紅茶を飲んでも大丈夫かについて説明しますが、まず妊婦・胎児に対する薬・化学成分の影響を確認しておきましょう。

病院で処方される処方薬はもちろん、薬局の市販薬でも、デリケートな状態の妊婦さんが薬を飲まなければならない時は、医師・薬剤師に相談をしてから「薬の副作用の危険性」について正しい判断をしてもらう必要があります。

妊娠中の妊婦と胎児への薬の成分の影響

妊娠している妊婦さんが薬を飲むと、薬の化学成分が血液中を流れて胎盤を通り、赤ちゃん(胎児)の血液にも混ざっていきます。

妊娠初期の胎児は、身体の部分・器官の形成と成長の途中にあり、薬の化学成分を代謝・分解して排出する能力もほとんどありません。

特に、15週未満の妊娠初期には胎児にとって重要な身体の器官(心臓・脳・手足・性器・口蓋)や形態が形成される時期ですから、妊婦さんは薬の副作用に注意しなければならない時期になります。

受精して間もない2~3週間までの時期なら、風邪薬を飲んでも胎児に悪影響はないとされますので、妊娠に気づかず薬を飲んでしまっても心配する必要は余りありません。

胎児への悪影響の可能性を考えて、妊婦が飲まない方が良いとされる風邪薬の成分は以下ですが、何度か飲んでしまった場合でも実際に胎児に悪影響がでる確率は低いですので過度の心配をしなくても大丈夫です。

・イブプロフェン……妊娠後期の妊婦は禁忌。

・アスピリン……出産予定日が12週以内の妊婦は禁忌。

妊婦が飲んでも比較的安全とされている風邪薬の成分は以下です。

・アセトアミノフェン……解熱・鎮痛の成分

・デキストロメトルファン臭化水素酸塩……咳を抑える成分

・アンブロキソール塩酸塩、カルボシステイン……痰を出しやすくする成分

薬の成分の種類・作用によっては「胎児の正常な発育過程」に障害を引き起こしてしまう危険性がありますから、妊婦は基本的には薬を飲むことを控えた方が良いのですが、風邪の悪化で体力低下の心配がある時には、医師の判断で副作用の弱い薬を処方されることもあります。

妊婦は紅茶を風邪予防のために飲んでも大丈夫か?

妊婦さんは女性ホルモンのバランスの変化や免疫力の低下によって風邪をひきやすくなりますので、風邪予防の効果を期待できる紅茶を飲みたくなるところです。

妊婦さんはカフェインが含まれる紅茶を飲んでも大丈夫なのでしょうか。

結論から言えば、妊娠している妊婦さんも紅茶を飲んで大丈夫ですが、「カフェインの過剰摂取のリスク」を避けるため、1日に飲んでも良い量の上限が概ね決まっています。

WHO(世界保健機構)が定める妊婦さんのカフェイン摂取の上限量は「1日300mg」でかなり多くなっています。

ティーカップ(約150ml)1杯の紅茶にカフェインは約30mg含まれていますから、WHOの基準なら1日約10杯までは飲んでも大丈夫ということになります。

「1日3~5杯」までの常識的な紅茶の量なら、妊婦・胎児に対するカフェインの悪影響はないでしょう。

日本では妊婦さんに推奨されるカフェイン摂取の上限量は1日100~200mgとされることも多いですが、その厳しめな基準でも1日3~4杯は紅茶を飲んでも大丈夫ということになります。

妊婦・胎児・乳児に対するカフェイン過剰摂取の影響

カフェインの過剰摂取による主な副作用は「骨粗鬆症・貧血・胃が荒れる・下痢や嘔吐・肌荒れ・自律神経失調症・睡眠障害・情緒不安定」などがありますが、妊婦・胎児・乳児には以下のカフェイン過剰摂取の悪影響が考えられます。

妊婦に対するカフェイン過剰摂取の影響

・骨粗鬆症(こつそしょうしょう)・貧血のリスク……カフェインの利尿作用でカルシウムが尿中に排泄されやすくなり、骨密度が低下する骨粗鬆症のリスクが高まる。紅茶のタンニンと鉄分の結合で貧血のリスクも出る。

・胃が荒れる・胃もたれ……胃液分泌の促進で胃液が逆流したり胃壁が炎症を起こしたりしやすくなり、胃が荒れて胃もたれ・胃痛など症状が出やすくなる。

胎児・乳児に対するカフェイン過剰摂取の影響

・未熟児・流産死産のリスク上昇……カフェインの血管収縮作用により、胎児に栄養・酸素を供給する胎盤への血流量が減少すると、未熟児・流産死産のリスクが高まるとされる。

・乳児の情緒不安定……母乳を介したカフェインの興奮作用の影響で、乳児が情緒不安定で落ち着きがなくなったり、寝つきの悪さにつながったりする。

カフェインは摂取から排泄されるまで「約5時間」かかるとされます。

授乳中に紅茶・コーヒーを飲むなら、飲んで5時間以上が経過してから授乳すると赤ちゃんにカフェインが摂取されることはないので安心です。

カフェインを大量に摂取すると、妊婦・胎児・乳児に健康上の悪影響が出やすくなります。

しかし、風邪薬も飲みにくい妊娠中の妊婦さんであればこそ、「1日3~5杯(カフェイン摂取は100~200mgまで)の適量の紅茶」を飲んで、風邪を予防することが有効になってきます。

抗酸化作用の強い紅茶ポリフェノールは、動脈硬化・血圧上昇の原因となる活性酸素を除去する働きがあり、「妊娠高血圧症」の予防にも役立ちます。

カフェイン摂取の胎児への影響が気になる妊婦さんは、カフェイン含有量をゼロに近づけている(厳密にはわずかに含む)カフェインレスやデカフェの紅茶を選ぶと良いでしょう。

 

Sponsored Link



どんな紅茶の飲み方・使い方が風邪に効くのか?

紅茶が風邪の予防や軽い症状の改善に効くことを説明してきましたが、具体的にどんな「紅茶の飲み方・使い方」をすれば風邪に効果的なのでしょうか。

風邪の予防や症状改善にとって効果的な紅茶うがいの仕方や生姜・はちみつを使った紅茶のアレンジの仕方について見ていきます。

 紅茶うがい

昔から生活の知恵で「緑茶でうがいをすると風邪をひきにくい」と言われていましたが、「殺菌作用・消毒作用・抗ウイルス作用(抗インフルエンザウイルス作用)」の強いテアフラビンを含む紅茶うがいは、「風邪の予防効果」が緑茶・うがい薬(ヨウ素の消毒薬)より高くなっています。

テアフラビンやカテキンの殺菌・消毒の効果は、歯垢(プラーク)を歯に付着させにくくするので「虫歯・歯周病の予防」に役立ちます。

紅茶うがいは、殺菌・抗ウイルスの作用を持つテアフラビンがカゼインや乳脂肪分で不活性化するミルクティーではなく、「ストレートティー」で行うようにして下さい。

紅茶を飲むよりも紅茶うがいをした方が風邪予防に効く理由としては、喉の粘膜や絨毛に付着したウイルス・細菌などの異物を吐き出しやすいということがあります。

紅茶うがいでウイルス・細菌が吐き出された後の喉の粘膜・絨毛に、殺菌・消毒・抗ウイルスの作用がある紅茶のテアフラビンが付着することで、喉が殺菌されて喉粘膜の炎症が収まり、「喉の痛み」が和らぐ効果も期待できます。

うがいをすると口腔・喉を綺麗に洗浄して細菌・ホコリが取り除かれ、体の防御システムである喉の粘膜の絨毛運動が活発化します。

喉の粘膜に付着していたウイルス・細菌が外部に吐き出されやすくなり、喉の粘膜が水分で潤されることによって、ウイルス・細菌が付着しづらい状態が維持されるのです。

口腔と喉の乾燥を防ぐことは、「喉の痛みの緩和・口臭の予防(口腔が唾液で潤えば細菌が分解されやすくなり乾燥が原因となっていた口臭は減る)」というメリットにもなります。

紅茶うがい用の紅茶うがい液の作り方

紅茶うがいをする時には、十分な量のテアフラビンやカテキンを抽出した方が、「殺菌消毒・抗ウイルス・喉の痛み緩和の効果」が高くなるので、熱湯でいつもより濃い目に紅茶を抽出しましょう。

紅茶うがい用の風邪予防や喉の痛み・咳に効果のある「紅茶うがい液」は、以下の方法で簡単に作れますよ。

・茶葉やティーバッグを必ず沸騰した熱湯で抽出しましょう。

・紅茶1gを熱湯100mlで約3~5分間、少し濃い目に抽出します。

・紅茶うがい液にする時は、熱湯で作った紅茶を同量以上の量の水で薄めます。

・紅茶は傷みやすいので、紅茶うがい液は24時間以内に使い切りましょう。

紅茶うがいのやり方

紅茶うがいの風邪予防の効果を高める正しい方法は以下になります。

・口腔(口の中)をまず綺麗にします……紅茶うがい液を口に含み、正面を向いて約10~20秒かけて口の中をくちゅくちゅとすすぎ、口腔に残っている食べかすや異物を吐き出します。

・のど全体を洗うイメージでガラガラうがいをします……もう一度紅茶うがい液を口に含み、上を向いて約15~30秒かけてのどをガラガラと鳴らしてうがいをします。

口の中をクチュクチュと洗って綺麗にするうがいを「洗口(せんこう)」、のどをガラガラと洗って異物を取り除くうがいを「含漱(がんそう)」と言います。

紅茶うがい液でのど全体を隅々まで洗い流す感じで、ガラガラうがいをすると風邪予防に有効な「のどの洗浄と殺菌・のど粘膜の乾燥防止と保湿」ができます。

緑茶うがい

緑茶には「殺菌・消毒・抗ウイルスの作用」がある4種類のカテキンが含まれていますので、緑茶うがいにも紅茶うがいに近い風邪予防や喉の痛み緩和の効果を期待することができます。

緑茶のカテキンには、ウイルスの粘膜細胞への吸着を防いだりウイルスを凝集させたりすることで感染力を失わせられる効果があり、インフルエンザウイルスの予防にも効果があります。

緑茶を習慣的に飲むことによるインフルエンザウイルスの予防効果に関しては、株式会社伊藤園中央研究所と静岡県立大学薬学部などの共同研究によってその予防効果が実証されています。

静岡県立大学薬学部の山田浩教授らが行った静岡県菊川市内の全小学校児童(9校、2,663人)を対象にした調査では、インフルエンザの発症が緑茶の飲用習慣が1日1杯(200ml)未満の小学生と比較して、1日1~2杯の緑茶を飲む小学生で38%、1日3~5杯では46%も減少していたという結果も得られています。

 緑茶の旨み成分であるテアニンには免疫力を上昇させる効果もあり、風邪に罹りにくくしてくれるので、紅茶うがいに及ばないとしても緑茶うがいには十分な風邪予防効果があると言えるでしょう。

塩水うがい

塩水うがいは、コップ1杯(約200ml)の水に小さじ1杯の食塩(塩化ナトリウム)を加えた塩水だけで簡単にできるうがいです。

塩水は浸透圧によって、口腔・咽喉の炎症組織から余分な水分を取り出して「喉の痛みの緩和」をもたらす効果があり、食塩水(塩化ナトリウム水溶液)には殺菌効果もあります。

塩水は喉の大量の粘液を緩めることで細菌・ウイルス・異物を取り除きやすい状態にしてくれるので、風邪の予防効果を期待できます。

1日3回の塩水うがいで、風邪となる呼吸器の細菌感染率を40%減少できるという研究もあり、塩水うがいも紅茶うがい・緑茶うがいに続く「風邪予防・喉の痛み緩和の効果」があると言えるでしょう。

 

Sponsored Link



生姜紅茶

風邪の予防や症状改善に効く紅茶のアレンジとして、生姜紅茶がおすすめです。

生姜紅茶は風邪に対する効果以外にも、「冷え性・ダイエット・免疫力向上」の効果が期待できます。

生姜紅茶の作り方はとても簡単で、ホットの紅茶に「生姜の一かけら(すりおろし)」を加えるだけですが、生姜紅茶にとろみを付けたければ「水で溶いた片栗粉」を初めにカップに入れておくと良いですよ。

生姜は皮のすぐ下に栄養成分が多く含まれているので、皮はむかずにそのまま擦りおろして使用します。

生姜成分のジンゲロールは、空気中で酸化すると約3分で殺菌効果が半減しますから、できるだけすぐに紅茶に入れて飲むようにして下さい。

ただ、生姜成分ジンゲロールは「生(なま)」で使うか「加熱・乾燥」して使うかで生体への効果(身体の深部を冷やす効果・温める効果)が変わってくる特徴を持っているので、生姜の使い方に工夫が必要です。

ショウガオールたっぷりの乾燥生姜は、1日かけて天日干しをすれば簡単に作れますし、生姜50gを電子レンジ(500~600W)で6~7分ほど加熱してもできます。

生姜成分の特徴・風邪への効果

生姜(しょうが)はショウガ科の多年草で、漢方(東洋医学)では体を温めてくれる薬効のある生薬として使われてきました。

生姜の辛味成分である「ジンゲロール」には、強い殺菌効果があり免疫力を高める効果もありますが、「非加熱の生の生姜」に含まれるジンゲロールと「加熱した生姜・乾燥させた生姜」に含まれるショウガオールの効果には以下の違いがあります。

ジンゲロール……生の生姜に含まれるジンゲロールには強力な殺菌効果とウイルス増殖抑制効果があり、白血球を増加させて免疫力を高めてくれる効果があります。

ジンゲロールの特徴として、身体の深部にこもった熱を末端の手足に送り出す働きがあるので、内部から温めてくれるショウガオールとは異なり、「身体の内部・深部(胃腸)」がポカポカと温まるような効果はありません。

ショウガオール……加熱した生姜(乾燥させた生姜)に含まれるショウガオールには、血管拡張・血行改善によって身体を内部(胃腸)からポカポカと温めてくれる冷え性改善の効果があり、体温を高めることで免疫力を上昇させ細菌・ウイルスを死滅させる手助けをしてくれます。

風邪に効く生姜紅茶の効果的な飲み方は「風邪のひき始め」に飲むことであり、特に「高熱がなく寒気・悪寒・鼻水があるような風邪の症状」を緩和してくれる効果が期待できます。

風邪予防として生姜紅茶を飲む時には、100℃以下で加熱した生姜のショウガオール成分を有効活用して下さい。

生姜紅茶は生姜と紅茶の成分の働きが合わさることで、「殺菌・抗ウイルス・免疫力向上・血行改善・冷え性改善」の風邪症状に対する効果が得られますが、ショウガオールの身体を内部から温めてくれる効果は「発熱・発汗の出てきた風邪(体に熱がこもって冷やした方が良い風邪)」には逆効果ですので生姜紅茶は控えるようにして下さい。

生姜が風邪の予防と症状に効果がある理由については、本サイトの以下の記事が参考になります。

生姜湯は風邪への効果が抜群!予防や対策する時の正しい方法

 

Sponsored Link



はちみつ紅茶

風邪の予防や症状の改善に効果的な紅茶のアレンジとして、はちみつ紅茶もおすすめです。

はちみつは糖分の濃度の濃さやグルコン酸によって「強い殺菌作用・抗ウイルス作用・脳と体の疲労回復効果」を持っており、はちみつ紅茶にして飲むことで紅茶のポリフェノール(カテキン・テアフラビン)の殺菌効果をさらに強力にして風邪予防や滋養強壮に役立ってくれます。

甘いはちみつの主要成分は胃腸に吸収されやすい「果糖・ブドウ糖(単糖類)」ですから、風邪で体力を消耗して胃腸が弱っている時の栄養補給源としても非常に価値が高いものとなります。

はちみつの天然由来の甘味は、とても濃厚でありながらまろやかな甘味なので、基本的に子供(ボツリヌス菌感染リスクがあるので1歳以上に限る)・お年寄りも含めた万人に好まれますから、風邪で体力が低下して弱っている時にも「無理せず飲みやすい・おいしく感じやすい」というメリットも大きいのです。

はちみつ紅茶の作り方は非常に簡単であり、ホットティーを作った後、砂糖の代わりにスプーン大さじ1~3杯のはちみつ(自分の好みの甘さになるようにはちみつの量は調節)を入れてかき混ぜるだけでできあがりです。

はちみつ成分の特徴・風邪への効果

はちみつ紅茶で砂糖代わりに入れるはちみつには、「果糖・ブドウ糖・ビタミン・ミネラル・ポリフェノール」などの身体と脳の健康に良い成分、風邪の症状も改善してくれる様々な成分が含まれています。

はちみつは水分を含まず糖度が高いので、高い浸透圧によって細菌・ウイルスの生存や増殖を困難にする「殺菌・抗ウイルスの作用」を持っています。

医療現場の器具・傷口の滅菌に使われる「グルコン酸」も含まれているので、はちみつの殺菌消毒の効果は非常に高くなっています。

はちみつが含む「コリン・パントテン酸」には、肝臓機能を強化して二日酔いを緩和する効果があります。

漢方では、古代からはちみつはのどを潤してくれる食材として使われてきましたが、風邪の症状の中でも特に「のどの痛み・咳・痰」に効果があるとされており、はちみつは子供用の咳止め薬以上の効き目が期待できます。

はちみつを睡眠の少し前に摂取すると、睡眠時に必要な脳のブドウ糖の栄養源が速やかに補給されるので、脳と身体の疲れをしっかり取ってくれる「安眠効果」を得やすくなります。

ニュージーランドに自生するマヌカ(学名:ギョリュウバイ)の花から採れるはちみつのマヌカハニーが、インフルエンザウイルスの増殖を防ぐ強い殺菌・抗ウイルス効果があるとして最近注目されています。

はちみつ紅茶は、はちみつと紅茶の成分の働きが合わさることで、「殺菌・抗ウイルス・脳と体の疲労回復・免疫力向上」の風邪の予防や風邪の症状に対する効果を期待できます。

はちみつ紅茶は、特に「のどの痛み・咳」の風邪症状に効く飲み物としての特徴を持っています。

はちみつの成分の風邪や健康増進に対する効果は、本サイトの以下の記事も参考になりますよ。

生姜はちみつドリンクは簡単・おいしい・効果的!

はちみつを摂取する時の注意点

はちみつは、「乳児ボツリヌス症」を発症させて死亡リスクもあるので、1歳未満の乳幼児には絶対に与えてはいけません。

天然由来のはちみつには、土壌・空気中にあるボツリヌス菌の芽胞がたまに混入していることがあるからで、大人の消化器官では発芽しませんが、抵抗力の弱い1歳未満の乳幼児の未熟な消化器官では発芽する危険性があるからです。

厚生労働省は1987年から、1歳未満の乳児にはちみつを食べさせないように指導しています。

 

Sponsored Link



レモンティー

茶葉から淹れたホットティーやアイスティーに「輪切りのレモン」か「レモン果汁」を加えれば、簡単にレモンティーができあがります。

レモンには「ビタミンC(アスコルビン酸)・クエン酸」が多く含まれていて、「疲労回復・ストレス緩和・美肌・抗老化・痛風予防・風邪予防・風邪の治りを早める」などの効果があるとされます。

ビタミンCの風邪に対する効果は、二度もノーベル生理医学賞を受賞したライナス・ポーリング博士の著作「ビタミンCと風邪(1970年)」で知られるようになりましたが、厳密にはビタミンCは「風邪を直接治す」のではなく「風邪の予防効果」を高める働きをしています。

レモンティーの作り方は、農薬付着の恐れがある「輪切りのレモン」を皮ごと入れるよりも、しっかり洗ったレモンを絞って「レモン果汁」だけ入れる方が安全でおいしく仕上がります。

レモンに使用されることのある防カビ剤と紅茶のカフェインが結合すると、「発がん性物質」が生成されやすい問題があります。

皮付きのレモンを紅茶に長く入れていると、紅茶のタンニンとクエン酸が結合して「渋み・苦み」が強まってしまうので、レモンティーが美味しくなくなるのです。

「生姜+はちみつ+レモン」の紅茶

風邪予防や軽い風邪症状の改善に非常に効果のある成分として、「生姜のショウガオール・はちみつのグルコン酸・レモンのビタミンCとクエン酸」がありますが、これらをまとめて紅茶に入れて飲めば風邪に効く最強の飲み物となります。

皮を向いて小さく切ったレモン、加熱してすりおろした生姜を瓶の中に入れて、そこにはちみつを注いでかき混ぜれば、「生姜+はちみつ+レモンの特製シロップ」ができます。

この特製シロップを熱い紅茶に入れれば、「のどの痛み・咳・鼻水・寒気・悪寒・疲労感」に効いて、風邪の予防効果もばっちりな生姜はちみつレモンティーのできあがりです。

風邪の時に飲む紅茶の種類は何がいいか?

紅茶は風邪予防と症状に効く様々な成分を含みますが、紅茶のどんな種類・銘柄の風邪に対する効果が高いかは、現状では分かっていません。

どの種類の茶葉でも、「紅茶ポリフェノール(テアフラビン・カテキン)・カフェイン・ビタミンB」が含まれていれば、風邪の予防や軽い症状に対する効き目はありますので、特別に高い種類・銘柄を買う必要はなく、安価な紅茶でも効果は期待できます。

アールグレイやアップルティーなどフレーバーティーの紅茶でも風邪予防の効果はあるのです。

 

Sponsored Link



 紅茶だけでなくコーヒーも風邪に効くのか?

コーヒーも紅茶と同じく、風邪の諸症状に対して「解熱・鎮痛効果+ウイルスの排出効果(利尿作用)+胃液分泌の促進効果」があるカフェインや抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれますので、コーヒーも風邪に一定の効果があります。

コーヒーには「紅茶の約2~5倍以上の大量のカフェイン」が含まれているので、風邪でコーヒーを飲む時は以下の点に注意して下さい。

風邪をひいてコーヒーを飲む時の注意点

・風邪薬(総合感冒薬)をすでに服用している時はコーヒーを控えましょう……風邪薬とコーヒーには共にカフェインが含まれるので、カフェインの過剰摂取による副作用(めまい・動悸・気分の悪化・胃腸が荒れる)が心配されます。

風邪薬のカフェイン半減の時間を開ければコーヒーの副作用は減ります。

・発熱(特に高熱)の症状がある時はコーヒーを控えましょう……風邪で発熱している時は代謝が激しく水分も多く消費されるので、カフェインの発汗促進・利尿作用で逆に「脱水症状・倦怠感」が心配されます。

・インフルエンザの高熱発症の時はコーヒーを飲まないで下さい……コーヒーも紅茶も風邪症状に一定の効果があるだけで、インフルエンザウイルス感染による高熱を治す効果はありませんから、まず医療機関で適切な処置を受けて下さい。

コーヒーのカフェイン成分による風邪症状への効果は、交感神経の刺激と血管・気管支の拡張による「のど・鼻・頭痛・関節痛の痛みの症状に対する鎮痛効果」が中心です。

風邪をひいている時にどのくらいの量のコーヒーを飲んでも良いのかにはさまざまな仮説・意見がありますが、本サイトの以下の記事が参考になります。

コーヒーの風邪への効果がすごい!

Sponsored Link



風邪という病気の原因・症状・予防を正しく理解しましょう

紅茶が風邪の予防に役立ち、のどの痛み・鼻水などの軽い症状に一定の効果があることを説明してきましたが、この項目では「風邪」という病気を総合的に理解するための分かりやすい情報を提供していきます。

 風邪の原因は何か?風邪とはどんな病気か?

風邪(かぜ)は医学的には「風邪症候群」と呼ばれる急性感染症で、様々な種類のウイルス・細菌雑菌の上気道(のど・鼻・気管支・肺)への感染によって引き起こされます。

重症化しない鼻・のど・熱の症状が中心の一般的な風邪のことを「普通感冒(ふつうかんぼう)」と呼びます。

風邪は飛沫感染や接触感染などの感染経路を介して、ウイルス・細菌が人の鼻やのどに入り、鼻・のどの粘膜に感染して増殖を始めることで発症します。

ウイルス感染による炎症がのどに起こると「のどの痛み・咳」の症状となり、炎症が鼻の粘膜に起こると「鼻みず・鼻づまり」の症状になるのですが、風邪が悪化して免疫の抗原抗体反応の炎症が全身にまで広がると「発熱・悪寒」の苦しい症状になってきます。

風邪の原因の80~90%は「ウイルスの感染」であり、「細菌感染・アレルギー反応・寒さによる自律神経失調」などが原因となって風邪の症状が出ることもあります。

風邪の発症リスクを上げる要因として、「疲労・ストレス・睡眠不足・栄養の偏り(不摂生な生活)による免疫力低下」があります。

風邪症候群の原因となる代表的なウイルスとして、「アデノウイルス・コロナウイルス・RSウイルス・エンテロウイルス(腸ウイルス)・インフルエンザウイルス」などがあります。

のど・鼻・発熱の症状がなくて、「嘔吐・下痢」が中心の症状になっている場合は、風邪の原因のウイルスとは違う種類のノロウイルスやロタウイルスなどが関係した「感染性胃腸炎・食中毒」の可能性があります。

 

Sponsored Link



紅茶と風邪の症状

風邪の代表的な症状として「発熱・悪寒・のどの痛み・鼻水・鼻づまり・痰(たん)・咳・くしゃみ・関節と筋肉の痛み・息苦しさ・倦怠感」などがありますが、ここでは「喉の痛み・咳・鼻水と紅茶の効果の相関」や「水分補給の有効性」について説明します。

のどの痛みと紅茶の効果

のどの痛みの風邪症状の原因は、のどの上気道がウイルス・細菌に感染して(免疫反応が起こり)「炎症」が起きたことであり、ウイルス感染による炎症とのどの乾燥が同時に起こるとさらにのどは痛くなります。

「のどの痛み」の風邪症状に対しては、紅茶成分のテアフラビンやカテキンの殺菌効果が有効であり、ビタミンCによって炎症を起こした粘膜の修復も期待できます。

紅茶を飲んだり紅茶うがいをしたりすれば、のどの乾燥が弱まってのど粘膜が潤ってくるので、のどの痛みは少し和らぐはずです。

のどの違和感・腫れた感じやのどの痛みが出てきたら、試しに紅茶うがいをしてみましょう。

炎症・乾燥でのどの痛みが強い時は、部屋を加湿してお酒・たばこ・刺激物を避け、大声で話さないことも大事です。

咳と紅茶の効果

咳(せき)は、のど・鼻腔に感染して増殖するウイルス・細菌などの異物を体内から追い出そうとして自動的に起こる防御反応の一つですが、咳以外の「鼻水・くしゃみ・発汗・悪寒(ふるえ)」などの風邪症状も感染したウイルスを体外に排出しようとして起こっています。

「咳」の風邪症状に対しては、紅茶成分のテアフラビンやカテキンの殺菌効果で一定の改善が見込めることもありますが、咳にははちみつのグルコン酸が良く効きますから「はちみつ紅茶」にして飲むのがおすすめです。

紅茶の水分によって乾燥したのどが潤されることによっても、咳が収まりやすくなります。

咳はのどの炎症・痛みが出てきた後に起こりやすく、風邪が治りかけている時期にしつこく咳が続くことも少なくありません。

風邪の治りかけで続く咳は、「感染後咳嗽(かんせんごがいそう)・感冒後遷延性咳嗽(かんぼうごせんえんせいがいそう)」という病名になります。

咳は風邪以外にも、咳ぜんそく、百日咳、呼吸器疾患、副鼻腔炎などで出ることがあるので、長く続く咳の場合は医師に相談しましょう。

咳はのどの乾燥・寒さ・炎症・疲れ、そして、炎症後ののどの過敏性によって起こりやすい症状なので、「加湿器・温かい飲み物によってのどの乾燥を防ぐこと」「のどの炎症が完全に収まるまでのどをケアすること」「風呂・食事で体を温めて睡眠時間を確保すること」で改善されやすくなります。

鼻水と紅茶の効果

鼻水は、のど・鼻腔に細菌やウイルスなどが付着・感染した後に、その異物を体内から追い出そうとして起こる免疫の防御反応の一つで、鼻水には細菌・ウイルス・免疫細胞の死骸が含まれています。

鼻粘膜が感染した細菌・ウイルスからの刺激を受け続けると、免疫反応による血流増加が起きて炎症が起こり、免疫細胞が戦っている細菌・ウイルスを排除しようとして鼻水が出やすくなります。

鼻粘膜の炎症と腫れによって風邪の「鼻づまり」が起こったり、鼻・のどの粘膜内に感染して増える細菌・ウイルスを何とか排除しようとして「鼻水・痰」がでてきたりします。

黄色・緑色・透明で濃い粘り気のある鼻水は、免疫細胞(白血球・リンパ球・顆粒球など)や免疫細胞が戦った細菌・ウイルスの死骸ですが、風邪の鼻水は体内で異物(細菌・ウイルス)と免疫細胞が戦っているために出る症状です。

「鼻水」の風邪症状に対しては、紅茶成分のテアフラビンやカテキンの殺菌効果が鼻粘膜にまで及びにくいので、鼻水対策には鼻粘膜の感染による炎症抑制と異物に対するアレルギー反応抑制が重要になります。

風邪の初期やアレルギー性鼻炎にはサラサラした透明な鼻水が多いですが、ウイルスと免疫細胞の戦いが激しくなって死骸が増えてくると、鼻水の色が濃くなり粘り気が出てきます。

粘り気のある鼻水には細菌・ウイルスも含まれるので、鼻水をすすって体内に入れると再感染リスクを高めます。

鼻水はすすらず、軽くティッシュで鼻をかんでから鼻水を体外に出すようにして下さい。

風邪の初期症状である発熱がない段階のサラサラした鼻水であれば、体温を上げて免疫力を高めてくれるショウガオール(加熱した生姜成分)が入った「生姜紅茶」が鼻水を抑えてくれるのでおすすめです。

紅茶と風邪をひいた時の水分補給

風邪で「発熱・発汗(高熱を下げる体温調節システム)の症状」が出てくると、代謝が激しくなった身体から大量の水分が失われてのどの乾燥も強くなってくるので、「水分補給」が非常に重要になってきます。

風邪で「筋肉痛・関節痛」の症状が出た時は、身体の免疫がウイルスと激しく戦っている状態であり、発熱による水分不足とカロリー消費の問題が出てくるので、水分と合わせてカロリーも摂取できる「スポーツドリンク・はちみつ紅茶などの水分補給」が有効です。

風邪をひいた時のこまめな水分補給には以下の効果があります。

・脱水状態の改善……発熱・発汗・鼻水などの風邪の症状で大量に失われやすい水分を補給することで、危険な脱水状態を改善します。

・発熱の緩和……高い熱の症状が出た時、人の身体は震えたり発汗したりで熱を下げるための生理的な仕組みを持っていますが、体内の水分が不足すると熱を下げられなくなるので水分補給が大切です。

・尿でのウイルス・細菌の排出……水分補給によって尿が出やすくなり、尿中に風邪の原因となるウイルス・細菌も排出されます。

・のどの保湿……風邪が悪化するとのどが炎症を起こして乾燥がひどくなりますが、水分でのどを潤せばのどが保湿され痛みが和らぎます。

・カロリーの摂取……発熱のある風邪では、免疫や解熱のために筋肉が動いてカロリーが自然に消費されるので、ポカリスエットなどのスポーツドリンクで水分補給とカロリー摂取をすることが有効です。

風邪をひいて発熱・発汗で大量に水分が失われた脱水状態の時は、「紅茶」による水分補給は適切ではないとされています。

風邪をひいた時に紅茶を1日3~5杯程度飲むことは問題ないのですが、発熱で脱水状態になっている時は、紅茶のカフェインが持つ「利尿作用」が、効果的な水分補給の妨げになる恐れがあります。

紅茶のカフェイン含有量は多くないので、コーヒーと比べると利尿作用による脱水状態の悪化はそれほど心配しなくても良いのですが、風邪による脱水が深刻な時は、紅茶は控えて「水・スポーツドリンク」で水分補給する方が良いでしょう。

 

Sponsored Link



風邪の予防対策はどうすれば良いのか?

風邪の予防に役立つ対策をまとめると以下のようになります。

・こまめに手洗い・うがいをすること

風邪予防の基本は原因のウイルスを、手や身体、粘膜(のど・鼻腔)に付着させないことです。

こまめに殺菌成分配合の石鹸を使って手洗いしましょう。

うがいは塩水うがいでも十分な効果がありますが、殺菌・抗ウイルスの効果が見込める「紅茶うがい・緑茶うがい」がおすすめです。

うがいによってのどから病原体・ほこりなど異物が取り除かれやすくなり、のどの乾燥が軽減して潤います。

うがいの刺激でのどの粘液の分泌が増えて粘膜の血行も良くなり、風邪をひきにくくなります。

・マスクを着用すること

人ごみ・職場で風邪をひいた人から病原体をうつされないようにするためには、マスク着用が有効です。

ウイルスも防ぐマスクを着用すれば、「ウイルス・細菌・ほこり・冷気・アレルゲン」の口・鼻への侵入を物理的に防ぐことができ、自分の吐息で湿度が保たれて口・鼻の乾燥(ウイルス感染リスク)も防げますよ。

・部屋を加湿してのどを乾燥させないこと

風邪の原因となるウイルスは、「低温・乾燥の環境」で活動が活発化して増殖しやすくなります。

乾燥しているとウイルスは空気中に漂う時間が長くなって感染力が高まります。

部屋を加湿して「湿度60~80%(湿度50%以上でウイルスは活動性低下)」になるようにエアコン・加湿器を設定して下さい。

部屋に濡れた洗濯物やタオルを干しても、室内の湿度は高くなります。

のど・鼻の粘膜が乾燥すると、ウイルスや異物を追い出す粘膜の繊毛運動が弱くなってウイルスの感染リスクが上がるので、紅茶・緑茶・はちみつレモンなどの飲み物を摂取して、のどの乾燥を防ぎましょう。

・栄養バランスの取れた食事を心がけること

風邪に抵抗する免疫力を高めてウイルス・細菌に感染しにくい免疫機能を強めるためには、栄養バランスの取れた食事が大切になってきます。

「1日3食の高タンパク・低脂質の食事」が健康に良いとされます。

のど・鼻の粘膜を保護するなら「ビタミンAの多く含まれた食材(豚・鶏・牛のレバー、卵・バターなど)」を使い、筋力を強めて免疫力を高めるなら「動物性タンパク質(肉・魚)」「ビタミンCの多い食材(赤ピーマン・レモン・アセロラなど)」を多めに摂りましょう。

・タバコ・お酒・刺激物の摂取を控えること

タバコはニコチンやタールなどの化学物質で、のど・鼻の粘膜を傷つけて気道に炎症を起こしウイルス感染のリスクを高めるので、吸う本数を減らすか可能であれば禁煙をしましょう。

お酒や辛い刺激物も、のどから水分を奪って乾燥させたりのど粘膜にダメージを与えたりしやすいので、風邪をひきそうな時は少し控えましょう。

・睡眠時間の確保と適度な運動をすること

風邪は免疫力が下がった時にひきやすくなるので、普段から「1日6~8時間の十分な睡眠時間」を確保し、疲労・ストレスを溜め込んで免疫力を低下させないように気をつけましょう。

適度な運動を習慣的に行えば体力・免疫力が高まるので、「ウォーキング・ランニング・水泳・軽登山・ヨガ」などを日常生活の一部に取り込むと風邪をひきにくい体力がついてきます。

Sponsored Link



風邪対策で紅茶を飲む時に注意すべきこと

紅茶は風邪そのものを治す効果まではないのですが、紅茶成分の持つ「殺菌・消毒・抗ウイルス・代謝促進(解熱)・鎮痛などの作用」によって、風邪の不快な諸症状(軽い症状)を和らげてくれる効果を期待できます。

この項目では、風邪をひいて紅茶を飲む時に注意すべきポイントをまとめています。

風邪薬を紅茶で飲むことはやめるべき

風邪薬をはじめ薬は「水・白湯」で飲むという前提で生産されていますから、紅茶で風邪薬を飲まないようにして下さい。

紅茶はコーヒーよりカフェイン含有量は少ないものの、カフェインの過剰摂取による副作用(めまい・動悸・気分の悪化・胃もたれ)が起こったり、タンニンなどポリフェノールが薬の成分と相互作用を起こして効き目が弱まる恐れはあります。

ストレートティーで飲みましょう

紅茶の風邪の予防や風邪の症状改善に役立つ「テアフラビン・カテキンの殺菌・消毒・抗ウイルスの作用」は、ミルクティーにすると弱まります。

テアフラビンは紅茶の赤い色素ですが、ミルク(牛乳)に含まれるカゼインなどのタンパク質や乳脂肪分と結合すると不活性化してしまうからです。

ビタミンCが増えるレモンティーの飲み方も良いですが、簡単に作れるストレートティーを飲んだり、薄めてうがいをしたりすると、風邪予防だけでなく「のどの痛み・咳」の症状に一定の効果があります。

 

Sponsored Link



風邪予防で紅茶を飲むなら毎日飲みましょう

紅茶に含まれる風邪予防に効果のある成分テアフラビンとカテキンは、紅茶の温度が熱くても冷たくても作用は変わらないという好ましい特長があります。

一方でテアフラビンとカテキンは、体内にいったん吸収されてしまうと、長く効果が維持されない短所もあり、約3時間で抗酸化作用などが失われてしまいます。

一日だけ紅茶を飲んだり紅茶うがいをしたりしても、翌日にはその風邪予防効果は無くなってしまうのです。

ですから、風邪予防のために紅茶を飲むなら、できるだけ日常の生活習慣に取り込む形で、毎日何回かに分け、紅茶を定期的に飲み続ける必要があるということになります。

紅茶の風邪予防に効く成分テアフラビンとカテキンの血中濃度は、紅茶だけを飲むよりも食事と一緒に飲んだほうが高くなることが知られています。

ぜひ1回の食事に1~2杯の紅茶を積極的に取り入れるようにして下さい。

紅茶に風邪そのものを治す効果はありません

紅茶成分の風邪に対する効果は「予防効果・軽い症状(喉の痛み・鼻水など)を和らげる対症療法」であり、紅茶は「発症後の風邪を治す治療薬」ではありません。

風邪薬・抗ウイルス薬でさえ、細胞内に侵入したウイルス・細菌を直接取り除いて、風邪自体を治す根本治療の薬ではないのですが、紅茶も発症した風邪を治す効果はないことに注意して下さい。

風邪は最終的には自分の持つ免疫機能と体力で、ウイルス・細菌を撃退して自然治癒することで治る病気なのです。

特に風邪による発熱・発汗が悪化して脱水状態に近い場合には、利尿作用のある紅茶は逆効果なので、紅茶で水分補給をしないように気をつけましょう。

細胞内にウイルス・細菌が侵入し、「発熱・頭痛・嘔吐・下痢」などの風邪やインフルエンザの実際の症状が出てきたら、紅茶だけで治すことはできないので、病院で医師の診察・治療を受けましょう。

Sponsored Link



紅茶の風邪に対する効果についてのまとめ

紅茶は風邪の予防や風邪の軽い症状に対してとても効果のある飲み物です。

紅茶を「生姜紅茶・はちみつ紅茶」にアレンジすれば、さらに殺菌・抗ウイルスの効果が高まって風邪を予防しやすくなり、のどの痛みや咳の症状も治まりやすくなります。

しかし、紅茶には風邪薬・抗生物質と同じく「風邪そのものを治すことはできない・風邪は最後は免疫の自己回復力でしか治らない」という対症療法の限界もあるので、紅茶の風邪に対する効果と限界を正しく認識することも必要です。

乾燥して寒くなる冬の季節は風邪の流行が懸念されますから、「殺菌消毒効果・抗ウイルス効果・代謝促進効果・利尿作用・鎮痛効果・ストレス緩和効果」などのある紅茶をこまめに飲んで、効果的な風邪の予防対策をしっかりとしていきましょう!

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水の美容効果が絶大な理由とは?

  • 奇跡の水と水素水の驚くべき関係とは?

  • 活性酸素とは?

  • 水素水の癌(ガン)と抗がん剤に対する効果とは?

関連記事

  • 紅茶の入れ方(淹れ方)で美味しさ・味・香りは大きく変わる!

  • 紅茶の効能はこんなにある!その全てをご紹介します!

  • 生姜紅茶のダイエット効果が凄い!そのやり方や方法とは?

  • 水出し紅茶のおいしい作り方・安全な飲み方とおすすめの茶葉

  • 紅茶カフェインの効果や含有量の比較と注意点

  • 生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!