1. TOP
  2. ココア
  3. ココアは妊娠中・妊婦に大丈夫?おすすめの理由と正しい飲み方
Sponsored Link

ココアは妊娠中・妊婦に大丈夫?おすすめの理由と正しい飲み方

ココア   5,164 Views

ココアは妊娠中に飲むと素晴らしい効果がたくさんあります。

お酒、たばこ、コーヒーなど、「妊娠中には気をつけなければいけない飲み物や食べ物」はたくさんあります。

一方妊娠中に飲むと、「母子ともに良い効果のある飲み物や食べ物」もたくさんあります。

ココアは、そんな「妊娠中に飲むべき飲み物」のひとつです。

しかも、ココアは妊娠中に飲むと、ただ健康効果があるというだけのものではありません。あなたが予想している以上の効果が期待できます。

ココアを妊娠中に飲むべき理由は、次のようなものです。

・妊娠中に必要な栄養素の補給
・妊娠中になりがちな便秘、貧血、肌荒れを改善する。
・妊娠中のストレスの緩和
・妊娠中毒症の予防

この記事では、妊娠中にココアを飲むとなぜ良いのかを具体的に解説し、妊娠中にうれしい効果をさらに高めるココアの飲み方を説明します。

妊娠中は、とてもデリケートな期間ですので、身体に取り入れるものはとりわけ気をつける必要があります。

そんな中、ココアは妊娠中の飲み物として最高のパートナーになります。

ぜひ、最後までお読みください。

Contents

妊娠中の飲み物としてのココア

ココアは、妊娠中の飲み物といえます。

ココアには、「妊娠中に飲んではいけない成分」がほとんど入っていない安心な飲み物です。

それだけではありません。

妊娠中は、妊娠中ならではのつらい悩みがありますが、ココアはそんな悩みに対処する助けとなります。

そんな、「妊娠中の飲み物」としてのココアをご紹介します。

Sponsored Link



ココアは妊娠中に飲んでも大丈夫か

ココアは、妊娠中に飲んでも本当に大丈夫でしょうか。

答えは、「全く問題ありません」というものです。

なかには、妊娠中にココアを飲まない方が良い、という人もいますがそれはいくつかの誤解に基づいているようです。

ココアを妊娠中に飲むことについての誤解は、「ココアを飲むと太る」、「ココアはカフェインが多い」というものです。

しかしこれらがなぜ誤解といえるか、詳しく解説します。

妊娠中にココアを飲むと太る?

妊娠中に、ココアを飲んでも太りません。

多くの人にとってなじみがあるのは、ミルクココア(調整ココア)です。

この調整ココアは、純ココアにミルクや砂糖がたっぷり入っているもので、カロリーもそれに比例して高くなっています。

しかしココア自体のカロリーや糖質はとても低いので、妊娠中にココアを飲むと太るどころか、ダイエット効果さえあります。

 

▶なお、純ココアのダイエット効果については、下記の記事に詳しく解説されていますので参考にして下さい。

・「純ココアダイエットで絶対に痩せる!」

・「純ココアはカロリーが低い!」

 

Sponsored Link



ココアのカフェインは妊娠中に大丈夫?

妊娠中に関係するココアの別の誤解は、「ココアは実はカフェインが多い」というものです。

確かにココアにはカフェインがありますが、ごくわずかであり、ほとんど気にする必要はありません。

またココアに豊富に含まれている「テオブロミン」という成分は、カフェインと似た働きをしますので妊娠中に良くないという人もいます。

しかし、ココアのテオブロミンは、カフェインよりも穏やかに吸収されますので、妊娠中に悪い効果をもたらすことはありません。

妊娠中はカフェインよりも糖分に気をつける

このように、ココアはほとんどカフェインがないので妊娠中にも安心して飲むことができます。

カフェインよりもむしろ心配したいのが、「ココアを飲んで糖分を取り過ぎてしまう」というものです。

すでにご説明しましたように、ココア自体はカロリーも糖分も高くありません。

それで調整ココアではなく、純ココアを飲めば糖分に関して心配する必要は全くありません。

しかし、いくら純ココアを飲んでも、純ココアが苦いからといって砂糖をたくさん入れすぎてしまっては意味がありません。

甘いココアしか飲めないという人は、ココアの飲む量を控える、砂糖の代わりにはちみつを入れるなど工夫してください。

 

▶ココアを飲むときに、糖質をどのように気を付けたらよいかについて、詳しい情報は「純ココアの糖質ダイエット効果が凄い!」に書かれています。

この記事では、糖質を出来るだけ低く抑えたまま純ココアを美味しく飲むことができるかという情報もありますので、興味深くお読みいただけます。

妊娠中にスタバのココアは控えめにしよう

妊娠中にスタバなど、喫茶店のココアは控えめにしておきましょう。

喫茶店のココアは、かなりの砂糖が入っているので、妊娠中に飲み過ぎると太ってしまいます。

特に、甘いココアにホイップクリームがついているものは、かなりのカロリーと糖質になります。

妊娠中は、ご自宅で糖分を調整しながらココアを飲みましょう。

Sponsored Link



ココアは妊娠中におすすめ

砂糖の入れすぎや飲み過ぎにだけ気をつければ、ココアは妊娠中におすすめできる飲み物です。

妊娠中に何を飲むかは、母親の健康だけではなくお腹の中にいる赤ちゃんの健康にも影響しますので、特に気をつけなければなりません。

妊娠中にココアは毎日飲もう

妊娠中には、ココアを1日2杯、毎日飲むようにしましょう。

ココアを定期的に毎日飲むことによって、妊娠中に必要なココアの栄養が体内に浸透します。

Sponsored Link



妊娠中に良いココアの成分

ココアはなぜ妊娠中に飲むと良いかは、ココアに含まれている成分について知ると理解することができます。

ココアには、ココア以外ほとんど見ないような栄養素や、他の食材と比べて秀でているものもあります。

そのココアの成分が、妊娠中のあなたが必要としています。

ここでは、妊娠中に効果がある、ココアならではの成分を紹介します。

妊娠中に良いココアの成分①カカオポリフェノール

カカオポリフェノールは、妊娠中に飲むと良いココアの成分です。

カカオポリフェノールは、老化や病気などの主要な原因のひとつと言われている、活性酸素を除去して身体が錆びついてしまうのを保護してくれる働きがあります。

ココアに含まれているカカオポリフェノールによって、免疫力が高まりいろいろな病気を防ぐことができます。

 

カカオポリフェノールについての詳しい情報は「ココアのポリフェノール効果は絶大!その効能から摂取量まで徹底解説!」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

Sponsored Link



妊娠中に良いココアの成分②テオブロミン

テオブロミンも、妊娠中に助けになるココアの成分です。

ココアのテオブロミンは、リラックスさせる働きがありますので妊娠中におこりがちなイライラやストレスを緩和させます。

またテオブロミンは、血液をサラサラにし、血圧を下げる働きがあります。

特に、妊娠中は血圧が上昇するなどの合併症が引き起こされる妊娠中毒症という症状にかかりやすくなりますが、ココアのテオブロミンは、妊娠中毒症の予防にもなります。

 

▶ココアのテオブロミンについての詳しい情報は「ココアのテオブロミンとカフェインについて」で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

妊娠中に良いココアの成分③鉄分

ココアは、妊娠中に必要な成分である鉄分もたくさん入っています。

妊娠中は、鉄分をたくさん必要としていて、一日に15mgの摂取が推奨されています。

しかし、普段の食事では鉄分をなかなかとることができず、現代人は鉄分不足といわれています。

ココア1杯分には、およそ0.7mgの鉄分が入っています。

「全然足りないのではないか」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はココアは飲み物としてはかなり鉄分が多いものの部類に入っています。

言い換えると、飲み物でなかなか鉄分を摂取できませんが、ココアは鉄分を摂取できます。

もちろんココアだけで、妊娠中に必要な鉄分すべてを補うことはできませんが、普段の食事で足りない鉄分を補うことができます。

 

ココアのミネラル類については「ココアの栄養成分とその効果効能を徹底解説!「ココアの成分がすごい効果を発揮する!」のなかで、より詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

妊娠中に良いココアの成分④食物繊維

妊娠中にココアを飲むと良い別の理由は、リグニンという食物繊維が豊富に含まれているからです。

食物繊維は、妊娠中になりがちな便秘を改善する助けになります。

食物繊維、というと野菜に多く含まれているイメージがあるかもしれませんが、実はココアには一部の野菜以上の食物繊維があります。

食物繊維は、便に水分を与え体外にするりと排出してくれる働きがあります。

また、腸内の善玉菌を増やす働きもあり、腸内環境を整える効果もあります。

 

ココアの植物繊維についての詳しい情報は「ココアの植物繊維は水溶性と不溶性の両方をもつリグニンが便秘や美容に抜群に効く!」で解説していますので、こちらも合わせて参考にしてください!

 

Sponsored Link



妊娠中にココアを飲むメリット

妊娠中にココアを飲むメリットはたくさんあります。

ココアには、妊娠中になりがちの様々な症状を抑えてくれるからです。

ここでは、妊娠中になりがちな6つの症状を解説し、その症状にココアがどのような効果があるかについて説明します。

妊娠中にココアを飲むメリット①便秘の改善

妊娠中は、便秘になりがちですが、ココアには便秘を改善するのに役立ちます。

ココアは、腸内の善玉菌を増やし、便に水分を与えて柔らかくするので辛い便秘が解消されます。

朝起きてすぐ温かいココアを1杯飲むようにすると、便秘改善効果をさらに上げることができます。

 

ココアの便秘への効果については「ココアの便秘解消・改善効果が凄い!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

妊娠中にココアを飲むメリット②貧血

ココアには、妊娠中になりがちな貧血も予防します。

ココアには、鉄分が含まれていますので、貧血の主な原因である鉄欠乏症を避けることができます。

また、カカオポリフェノールのは、活性酸素を除去して体が錆びつかないようにしてくれます。

貧血予防のためにおすすめの飲み方は、朝食前に温かいココアを飲むことです。

 

ココアの貧血への効果については「ココアで貧血を予防・改善する!」で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください!

妊娠中にココアを飲むメリット③ストレス解消

妊娠中は、ストレスがたまるものですがココアにはストレス解消効果があります。

私たちは、普段と違う生活パターンになるとストレスを抱えるようになります。

気づいていなくても、かなりのストレスが自分にかかっていることもあります。

妊娠中、特に初めての妊娠は身体の変化、生活パターンの変化、家族や周りの人からの理解の欠如などストレスになり得る要素はたくさんあります。

ココアは、リラックスする効果がありますので、疲れたあなたの心をほっとさせてくれます。

気分転換が必要な時は、温かいココアを飲んでゆっくり休んでください。

 

ココアのストレスへの効果については「ココアのストレス解消・リラックス効果は凄い!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

 

Sponsored Link



妊娠中にココアを飲むメリット④肌荒れ改善

ココアには、妊娠中になりがちな肌荒れを改善する効果もあります。

肌荒れの原因のひとつは、以外にも腸にあります。

腸内環境が悪いと、体内の老廃物が体にたまってしまい、肌のターンオーバーが遅れて肌荒れやニキビ、吹き出物が出てきます。

ココアには、リグニンという食物繊維が含まれていて、腸内環境を改善する働きがあり、体内の老廃物を排出してくれます。

またカカオポリフェノールには、老化の原因ともいわれている活性酸素を除去してくれますのでシミやそばかすがなくなります。

ただし、調整ココアは砂糖や脂肪分が多く含まれていますので、妊娠中に飲みすぎると逆に肌荒れの原因になってしまう可能性がありますので気を付けてください。

ココアは調整ココアではなく純ココアを使い、甘さ控えめにして飲んでください。

 

ココアの肌荒れへの効果は「ココアがニキビや肌荒れに効果があるのはピュアココア!その理由を徹底解説」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

妊娠中にココアを飲むメリット⑤妊娠中毒症を予防

ココアは、妊娠中毒症を予防する効果があります。

妊娠中毒症は、正しくは妊娠高血圧症候群という名称で、高血圧になりタンパク尿が出てしまう病気です。

妊娠中毒症の原因は、まだはっきりわかっていませんが特徴としては、肥満の人におこりやすく、身体のむくみが特徴的な自覚症状のひとつです。

お気づきの通り、ココアは妊娠中毒症に関係する「高血圧」「肥満症」「むくみ」すべてに改善効果があります。

それで、まだココアが妊娠中毒症に効果があるという医学的根拠はありませんが、ココアが少なからずの影響を及ぼすことは期待できます。

また、ココアに牛乳の代わりに豆乳を入れると妊娠中毒症の予防効果を高めるといわれています。

妊娠中にココアを飲むメリット⑥冷え性改善

妊娠中は、冷え性にもなりがちですが、ココアには冷え性改善効果があります。

ココアを飲むと血液の循環が良くなりますので、全身の血の流れが良くなり身体が温まります。

ちなみに、ココアに生姜を入れると身体がさらに温まりますが、生姜の成分が強すぎるので、妊娠中にはあまりおすすめはできません。

一日で一番体が冷えるといわれている、朝一番に温かいココアを飲むようにしてください。

 

ココアの冷え性効果については「ココアの冷え性改善効果が凄い!」で詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください!

Sponsored Link



妊娠中におすすめのココアの飲み方

今まで解説しました通り、妊娠中に飲むココアはいろいろな効果があります。

そんな、妊娠中に飲むココアの効果をさらに高める、飲み方があります。

例えば、ココアに「豆乳」「はちみつ」「生姜」をいれると、妊娠中に嬉しい効果がたくさんあります。

また、「おいしい純ココアの作り方」や「タイミング」を知っていると、妊娠中にココアを飲むモチベーションも高まります。

▶なお、ココアを使ったレシピはこの記事にのせられているもの以外にもたくさんあります。「純ココアを使ったレシピは簡単・美味しい・栄養がある!」には、ココアを使ったレシピたくさん紹介されています。

いつものココアを飲むのが少し飽きたという方は、ぜひお読みください。

ココアに豆乳が妊娠中に効果的

妊娠中には、ココアに豆乳を入れることをおすすめします。

豆乳には、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンという成分が入っていて、女性ホルモンを安定させる働きがあります。

これにより、妊娠中毒症などのリスクを下げる効果もあるといわれています。

また、豆乳は牛乳よりもカロリーが低く、ダイエット効果があるので妊娠中の肥満防止効果もあります。

もちろん、豆乳とココアは味の面でも相性が良く「牛乳よりも豆乳のほうがココアに合う」という人もたくさんいます。

 

▶ここに書かれている以外にも、豆乳には様々な効果があります。「豆乳は栄養が抜群に高い!」「豆乳ココアの効果はダイエットや美容などに抜群に効く!作り方・レシピ・カロリーも徹底解説!」で詳しく扱われていますので、あわせてお読みください。

ただし、牛乳には妊娠中に必要な成分のひとつであるカルシウムが豊富に含まれているということも見逃すことのできない事実です。

豆乳ココアとミルクココアは、どちらも妊娠中に良い効果がある飲み物なのでその時の気分に合わせて飲むようにすることもできます。

ココアにはちみつが妊娠中に効果的

妊娠中には、ココアに砂糖の代わりににはちみつをいれことをおすすめします。

はちみつは、甘みが砂糖に比べて1.3倍感じることができますの結果低カロリーになります。

妊娠中は、カロリー摂取に気をつけなければなりませんので、糖分が少なくても甘みを感じるはちみつは重宝するべき食材のひとつです。

 

▶はちみつは、このほかにも抗菌、抗酸化、保湿効果など様々な効果があります。「ココアはちみつの効果がすごい!」で詳しく扱われていますので、あわせてお読みください。

この記事では、ココアとはちみつを使った飲み物やお菓子のレシピもたくさん紹介されています。

妊娠中に飲むことができるノンカフェインのコーヒーとココア

妊娠中に飲むことができるコーヒーがあるのをご存知でしょうか?

妊娠中に飲んではいけないのは、コーヒーに含まれているカフェインです。

なので、ノンカフェインのコーヒーなら妊娠中にも安心して飲むことができます。

そんなノンカフェインコーヒーの中でもおすすめしたいのが、たんぽぽコーヒーです。

たんぽぽコーヒーは、タンポポの根が材料なので、カフェインは全くありませんが驚いたことにコーヒーと非常によく似た味がします。

また、タンポポならではの妊娠中に嬉しい栄養素もいっぱい含まれています。

少し、濃い目で作ったたんぽぽコーヒーにココアをいれれば、カフェモカもつくることができます。

 

▶たんぽぽコーヒーは、ただノンカフェインであるだけではなく妊娠中や、出産後にうれしい効果がたくさんあります。詳しくは「たんぽぽコーヒーの効果について全てお伝えいたします!」で詳しく扱われていますので、あわせてお読みください。

 

Sponsored Link



妊娠中に飲むココアのタイミング

ココアは、妊娠中にいつでも飲むことができますが、飲むココアのタイミングによって効果が変わってきます。

例えば、便秘改善効果を高めたいなら、朝一番にココアを飲んでください。

また、カロリー制限や糖質制限をしたいなら食事前にココアを飲むと効果的です。

さらに、イライラしたときやホッとしたいときもココアを飲むことができます。

 

▶これらのココアの飲み方がなぜ効果的なのかなど、ココアの飲み方に関する詳しい情報は純ココアがおすすめ!効果と飲み方について全てをお伝えいたします!「純ココアの飲み方を徹底解説!おいしい飲み方からダイエットに効果的な飲み方まで」にてお伝えしています。ぜひご覧ください。

妊娠中にこそして欲しい!純ココアの美味しい飲み方

繰り返しになりますが、妊娠中はできれば調整ココアではなく、純ココアを飲むことをおすすめします。

しかし純ココアは「作るのが面倒くさい」「まずい」などの意見が多く、手軽においしく飲める調整ココアと比べるとまだメジャーではありません。

そこで、純ココアの作り方を覚えておくようにしましょう。

純ココアには、簡単に作る方法もあれば、純ココアのコクや風味を高める作り方もあります。

また、純ココアの濃さや甘みも自由に調整することができますので、妊娠中の状況に合わせて純ココアを調整することもできます。

 

▶このような純ココアのいろいろな作り方については「純ココアの作り方は簡単!最高においしいココアにする方法とは?」で詳しく解説されていますのであわせてお読みください。

Sponsored Link



妊娠中にココアを飲むことに関する質問

妊娠中にココアを飲んでも大丈夫と聞いても、まだ心配な方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、そんな妊娠中にココアを飲むことに関するいくつかの質問にお答えしたいと思います。

妊娠中におすすめできないココアの飲み方はある?

ココアに入れる食材によっては、妊娠中にはおすすめできないものもあります。

例えばココアにコーヒーを入れて作るカフェモカは、濃い目のコーヒーにココアを入れて作ります。

コーヒーの量は少ないように思えるかもしれませんが、濃いコーヒーにはそれだけカフェインも凝縮されていますので、少量でも妊娠中にはおすすめできません。

また、妊娠初期段階ではココアに生姜を入れて飲むことはおすすめできません。

ココアと生姜は非常に相性が良く、血液がサラサラになるなどの嬉しい効果がたくさんありますが、しょうがの成分が強すぎて胎児に悪い影響を及ぼす可能性があります。

また、帝王切開など、手術を予定されている方は、生姜ココアの「血液サラサラ効果」が効きすぎて止血できなくなる恐れもありますので控えてください。

 

Sponsored Link



妊娠中にココアは何杯飲んでいいの?

ココアに、砂糖をどれくらい入れるかによっても変わりますが、基本的に妊娠中に飲むココアは1日2杯が適量です。

それ以上飲んでもココアの効果は期待できませんし、一日にココアを飲み過ぎて飽きてしまうより、毎日2杯ずつのココアを飲む方が効果的です。

妊娠中は寝る前にココアを飲んでも大丈夫?

妊娠中でも、寝る前にココアを飲んでも大丈夫です。

ココアには、カフェインはほとんど含まれていませんし、カフェインと似た働きをするココアのテオブロミンという成分は、カフェインより穏やかに吸収されますので覚せい作用はありません。

むしろ、ココアのテオブロミンはリラックス効果がありますので、妊娠中のストレスを緩和し安眠することができます。

夜、気持ちが高ぶって眠れないというときは、ぜひ、温かい豆乳入りココアを飲んでください。

 

Sponsored Link



妊娠中はココアの成分が入ったミロもおすすめ

ココアの成分が入ったミロも妊娠中におすすめの飲み物です。

ミロは、ココアに麦芽エキスが入った飲み物で、妊娠中に必要と言われている葉酸、カルシウム、鉄分すべてが入っています。

そして、カフェインのような妊娠中に摂取を控えなければならない成分もほとんど入っていませんので安心して飲むことができます。

妊娠中ミロとココアどちらがおすすめ?

では、ミロとココアどちらが妊娠中により良い飲み物でしょうか?

ミロにはミロのメリットやデメリットが、ココアにはココアのメリットやデメリットがあります。

まず純ココアには、鉄分は入っていますが、カルシウムや葉酸はあまり入っていません。

調整ココアには、鉄分の他にカルシウムが添加されているものもありますがやはり葉酸は入っていません。

それで、栄養成分だけを考えるとココアよりもミロのほうが妊娠中に良い飲み物といえます。

ただ、ミロは麦芽飲料が含まれている分ココアパウダーが少ないので、妊娠中に必要なココアの成分である、カカオポリフェノールやテオブロミンも少なくなっています。

また、ミロは栄養価がありますが糖分もかなり含まれていますので、糖分の取り過ぎやカロリーが気になるところです。

純ココアはその点、甘さが自由に調整できるというメリットがあります。

ココアもミロも妊娠中に良い飲み物ですので、飲み過ぎに注意しながらその時の気分に合わせて飲んでみるのも良いかもしれません。

Sponsored Link



妊娠中のココアに関するまとめ

今回は、妊娠中にココアを飲むとどのような効果があるかについて説明しました。

・ココアはカフェイン量が少ないので、妊娠中も安心して飲むことができる。
・ココアには、妊娠中に必要な栄養素を補給してくれる。
・ココアは、妊娠中になりがちな症状を抑え、予防してくれる。
・妊娠中にどうしてもコーヒーが飲みたくなったらたんぽぽコーヒーにココアを入れる。
・豆乳、はちみつは妊娠中にうれしい効果をさらに高める。

ココアが、妊娠中にどれほど良い効果があるか、おわかりいただけたかと思います。

出産、そして子育ては大変なことかもしれませんが、同時に最も重要な仕事のひとつです。

そして、妊娠中に何をするか、どんなものを身体に取り入れるかで大きく左右されます。

妊娠中には、ぜひココアを飲んで母子ともに健康な身体で出産できるように備えをしておきましょう。

 

なお、ココアの全ての効果については「ココアの効果は驚異的!その全てをお伝えいたします!」で紹介していますので是非ご覧ください!

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • キムチの乳酸菌は効果がすごい!腸から脳に至るまでいろいろなメリットがある!

  • キムチの成分はバランスがいい!効果や食べ方などすべて解説します!

  • キムチは朝食べても匂いは怖くない!口臭をなくし効果を高める方法について徹底解説します!

  • キムチで美肌を手に入れよう!キムチと美容の関係とは?

関連記事

  • ココアは太るのか

  • ココアのストレス解消・リラックス効果は凄い!

  • ココアで癌・生活習慣病を予防する!

  • 純ココアの効能がもの凄い!副作用なし!

  • ココアがニキビや肌荒れに効果があるのはピュアココア!その理由を徹底解説

  • ココアはちみつの効果がすごい!