1. TOP
  2. コンブチャ
  3. 紅茶キノコの作り方・飲み方・保存方法を徹底解説!
Sponsored Link

紅茶キノコの作り方・飲み方・保存方法を徹底解説!

コンブチャ   8,379 Views

近年、健康や美容に関して「菌活」という言葉を耳にします。もともと自然界に存在し、人体に良い影響をもたらす微生物を有効利用しようという動きです。

紅茶キノコには乳酸菌や酢酸菌、酵母菌が豊富に含まれ、世界で注目され話題になっています。

そのため、紅茶キノコの作り方にも大きな注目が集まっています。

紅茶キノコの作り方の概略は下記です。

1 紅茶キノコの株を用意する

2 耐熱性のガラス容器を用意する

3 紅茶のティーバッグか茶葉を用意する

4 砂糖を用意する

5 熱湯を用意する

6 紅茶キノコを発行させるための布かキッチンペーパーを用意する

7 数日から3週間発酵させる

今回の記事では紅茶キノコの詳しい作り方とともに、紅茶キノコの保存方法・紅茶キノコの増やし方・紅茶キノコの飲み方・アレンジレシピなど、紅茶キノコの効果を最大限に実感するための全てをお伝えいたします。

Sponsored Link



Contents

話題の紅茶キノコとは

近年、話題になっている「紅茶キノコ」とはどんなものなのでしょうか。

作り方をご紹介する前に、紅茶キノコの概要を説明いたします。

 

紅茶キノコの定義

紅茶キノコは、酵母などが形成する株を利用して発酵させた培養液を飲料にするものです。

辞典によると、紅茶キノコは下記のように説明されています。

 

1975年ごろにブームになった,いわゆる健康食品。単なる発酵菌の集落であり,キノコではない。原産地は中国で,「海宝」という名で 200年前から飲まれ,ロシアのバイカル湖周辺に伝わり,そこから日本に伝来したという。

引用:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

 

しかし、一部の情報では、紅茶キノコの原産地はシベリアやモンゴルという説もあります。

「紅茶キノコ」は、中の塊がキノコのような形に見えることから名づけられました。

 

Sponsored Link



紅茶キノコの由来と歴史

もともとアジアの村で健康食品として飲まれていた紅茶キノコは、ある新聞社の社員によって国内に持ち込まれました。

これがきっかけになり、同新聞社編集局長の夫人であった中満須磨子さんが昭和49年(1974年)に「紅茶キノコ健康法」という本を出版します。

その後、紅茶キノコに着目した健康雑誌の編集長が紙面に掲載し、テレビや新聞なども相次いで取り上げたことから、国内では紅茶キノコの作り方が広まって一大ブームが巻き起こりました。

日本では一旦下火になったものの、アメリカでは紅茶キノコの効果が注目される時が来ます。

現在アメリカの紅茶キノコの大手メーカーになっている創始者が、かつて友人から紅茶キノコの存在を知らされました。

乳がんを患っていた母親に紅茶キノコを飲ませた結果、がんを克服したことから商品化に踏み切ったという説があります。

また、他の大手メーカーの創始者は、ロシアの知人から紅茶キノコの作り方を教わり自宅で培養した後、ナチュラルフード店のお墨付きをもらってビジネスに展開したというエピソードもあります。

そして、アメリカの有名セレブが紅茶キノコに着目して美容に良いと紹介したところ、ブームが沸き起こり逆輸入と言う形で再び日本に上陸しました。

 

海外では「kombucha」(コンブチャ)

ご紹介したように、海外では紅茶キノコの効果が認められ、近年では大変な人気になっています。

海外では紅茶キノコが「kombucha」(コンブチャ)という名で広まっており、たくさんの商品が販売されています。

The American Heritage Dictionaryの「kombucha」の説明では、伝えた人が混乱して間違えたか、ジェル状の種菌を昆布などの海藻と勘違いしたのではないかと推測しています。

また、紅茶キノコは「tea mushroom」とも呼ばれることがあります。

海外ではさほど作り方が広まっておらず、既製品を購入する人が多い傾向にあります。

 

Sponsored Link



紅茶キノコの味と匂い

紅茶キノコの味は発酵の度合いにもよりますが、微炭酸で酸味があり、りんご酢に似ています。

口当たりが柔らかくあっさりしている、フルーティーで飲みやすい、と言う声も聞かれます。

一方、匂いは酢酸菌が含まれるために酸っぱい匂いがします。紅茶キノコには独特の香りがあり、感じ方は人によって異なります。

 

紅茶キノコは様々な商品が販売

紅茶キノコは、そのまま飲めるドリンクタイプの商品が一番多く、粉末やティーバッグ、錠剤のサプリメントなども販売されています。

紅茶キノコ単体だけでなく、フレーバーの付いたもの、他の健康食品をミックスしたものも多数流通しています。

また、紅茶キノコを手作りする際の株に当たる種菌も販売されています。

海外の商品を購入する際は代理店や信頼できるショップを通し、日本語の説明で作り方や成分などをしっかり確認してください。

Sponsored Link



紅茶キノコの作り方~株について

それでは、紅茶キノコの作り方を順にご紹介します。自分で作る場合には、まず株になる種菌を用意する必要があります。

 

紅茶キノコの株になる種菌とは

紅茶キノコは、酵母菌などから成る「Symbiotic Colony of Bacteria and Yeast:SCOBY(スコビー)」と呼ばれる菌株からできています。

スコビーは食物繊維であるセルロースで形成され、酵母の他に、酵素、ポリフェノール、ビタミンなどが含まれます。

また、スコビーは「酵母」を表す「マザー」と呼ばれることもあります。

紅茶キノコは、発酵が進むと様々な栄養を含んだ植物性の乳酸菌飲料に変化します。

 

紅茶キノコの株については、「紅茶キノコの株で本格手作り!購入方法と作り方をご紹介」でさらに詳しくお伝えしています。

 

Sponsored Link



株の購入は通販が便利

紅茶キノコの作り方は簡単で、スコビーの手作り用キットがインターネットで販売されています。

スコビーは海外製の商品なので、代理店などの信頼できるショップで購入し、日本語の説明書が付いているか確認してください。

なお、オークションや個人間で手に入れる場合は衛生面に不安があるため、あまりおすすめできません。

 

株も美味しく食べられる

スコビーと呼ばれる紅茶キノコの株は食べることができますが、味はありません。

スコビーはどんどん大きくなって増えていくので、定期的に食べられます。

スコビーの食感は「ナタデココ」に似ており、「駄菓子のイカ」のようだと表現する人もいます。

スコビーは、小さく刻んでヨーグルトに混ぜるのが手軽でおすすめの食べ方です。

また、スコビーを刻んでフルーツやメープルシロップと混ぜ、話題のスムージーにしていただく人もいます。

 

スムージーの作り方に関しては「スムージーの作り方は簡単!基本の作り方から自作レシピの作り方まで全てお伝えします!」にて詳しくお伝えしています。

 

Sponsored Link



紅茶キノコの作り方~プロが教える手順

それでは、実際に自分で紅茶キノコを作る際に用意するものと作り方を説明します。

 

用意するもの

初めに、紅茶キノコを作る際に用意するものを下記にピックアップしました。

 

  • 株になるスコビー

ご紹介した手作り用のスコビーを購入して用意してください。

 

  • 耐熱性のガラス容器

容器は、広口で容量が1リットル以上のものが作業しやすいです。使用する前には熱湯消毒をし、冷ましておきましょう。

紅茶キノコは酸が含まれるため、金属製やプラスティック製の容器は使用できません。

 

  • 紅茶の茶葉

紅茶のティーバッグ2袋、もしくは茶葉約5gを用意します。紅茶キノコは、緑茶やウーロン茶、ルイボスティーなどでも作ることができます。

無農薬の茶葉を使用すれば、健康面でも安心です。

 

  • 砂糖70g

白砂糖で問題ありませんが、きび砂糖や黒糖、てんさい糖など、ミネラル分が多い砂糖がおすすめです。

紅茶の量に対して砂糖が10%の割合(1000mlの場合100g)で作れば、全体の量は変更しても構いません。

 

  • 水1リットルくらい

紅茶を淹れる際に沸かして使用します。実際に使用するのは熱湯700mlですが、沸かした際に量が減るので多めに用意します。

 

  • 清潔な布かキッチンペーパーと紐

保存する際に容器にかぶせて使用します。紅茶キノコの発酵には空気が必要なため、密封せずに保存します。

 

Sponsored Link



紅茶を淹れて砂糖を溶かす

材料が用意できたら、お湯を沸かします。カルキ臭が気になる場合は、数分間沸騰させてください。

お湯が沸いたら700ml分を計量し、保存用のガラス容器に移してティーバッグや茶葉を入れて数分待ち、濃い目に出します。

茶葉を使う作り方では、紙パックや茶漉しを用意すると取り出す際に便利です。

紅茶ができたらティーバッグや茶葉を取り出し、砂糖70gを入れて清潔なスプーンなどで掻き混ぜ、よく溶かします。

甘い紅茶を作ってからガラス容器に移す人もいるので、やりやすい作り方を選んでください。

 

冷めたら紅茶キノコの株を入れる

スコビーに熱を加えると菌が死んでしまうため、紅茶が人肌の温度以下である30度くらいまで冷ましてから作業します。

手をきれいに洗ってからスコビーをパッケージから取り出し、ザラザラした面を下に、ツルツルした面を上にしてガラス容器に入れます。パッケージ内に残った液体も一緒に入れてください。

布やキッチンペーパーで入れ口を覆い、紐で縛って蓋にします。

 

Sponsored Link



数日~3週間発酵させる

室温で保管し、夏は数日~1週間、冬は1~3週間を目安に発酵させます。

容器は直射日光が当たらない場所に置きますが、菌の活動に影響が出るため、味噌・醤油などの発酵食品や、洗剤の近くは避けてください。

発酵する度合いは、スコビーの大きさや紅茶の量、気温によって異なります。容器を揺らしたり振ったりすると発酵が遅くなるので注意してください。

時々、清潔なスプーンなどで少量を取って味見し、好みの酸味になったら出来上がりです。

 

株を使用しない作り方

続いて、スコビーを使用しない作り方をご紹介します。まず、市販の液体の紅茶キノコを購入してください。

作り方は、500mlの熱湯をガラス容器に同様に移して紅茶を淹れ、計量カップ3分の1の砂糖を加えて良く溶かし、冷まします。

市販の紅茶キノコに沈殿している酵母の塊が入るようにしながら、500mlを加えて良く混ぜます。

布やキッチンペーパーで蓋をして同様に発酵させ、時々様子を見ます。

 

Sponsored Link



紅茶キノコの作り方~保存と株分け

紅茶キノコが出来上がったら飲む分は保存し、同様の作り方で新しい紅茶キノコを準備しましょう。

 

紅茶キノコの保存方法

保存用のガラス容器を別に用意し、消毒して乾かしておきます。金属製の蓋のものは錆びてしまうので避けてください。

紅茶キノコが出来上がったら、スコビーと培養液200mlほどを残して保存容器に移し、しっかり密封して冷蔵庫で保存します。

スコビーを取り出さずに保管すると、発酵しすぎて酢になるので気をつけましょう。

 

紅茶キノコの増やし方

新しい紅茶キノコも、ご紹介した作り方と同様に仕込むことができます。

紅茶700mlに対して砂糖70gを溶かし冷ましてから、前回使用したスコビーと培養液を70~140mlほど入れます。

新しく作った紅茶の量に対して、10~20%の培養液をプラスする点がポイントです。

また、大きくなったスコビーは剝がしたり切ったりして株を分けることができます。

増えすぎたスコビーは、培養液と一緒に冷凍保存も可能です。

 

Sponsored Link



紅茶キノコの2次発酵

出来上がった紅茶キノコは、他の果物などをプラスして2次発酵させると、別の味を楽しめます。

金属製ではない蓋付きのガラス容器と、果物やドライフルーツ、ジャムや100%果汁のジュース、生姜などを用意します。

作り方は、まず果物などを容器の3分の1ほど入れ、紅茶キノコを入れ口まで注ぎます。

しっかり蓋をして常温で数日おきますが、時々蓋を開けて発酵の際に出た空気を抜いてあげてください。

微炭酸とフルーティーな香りが楽しめる、美味しい紅茶キノコが完成します。

 

紅茶キノコのおすすめレシピ

出来上がった紅茶キノコはそのまま飲んでも良いですが、酸味が気になるようなら炭酸水で割るのがおすすめです。

また、紅茶キノコは飲むだけでなく様々な料理に使用できます。酸味があるので、酢のような感覚で使えるのが特徴です。

一番手軽なのは、ドレッシングに混ぜてサラダに使用する方法です。ケチャップやマヨネーズに混ぜることもできます。

他にも、野菜を漬け込んでピクルス風にしたり、パスタや和食に使用したりと酢の感覚で色々とアレンジができます。

ヨーグルトなどのデザートや、話題のフルーツポンチ「マチェドニア」、スムージーなどに使用している人もいます。

さらに、2次発酵の応用としては、きゅうりと砂糖を入れて漬物風に、大根とハチミツを入れて咳止めに、などのたくさんの作り方があるのでぜひお試しください。

 

Sponsored Link



紅茶キノコの作り方~よくあるトラブル

紅茶キノコを手作りする際には、トラブルが起きることがあります。よくある原因や解決策をピックアップしました。

 

紅茶キノコのカビの見分け方

紅茶キノコを作って数日すると白い膜ができますが、これはカビではありません。もう少し経つと、プルプルとしたジェル状に変化します。

カビの場合は斑点のようになり、白いものや黒っぽいものが増え、異臭がします。

カビの画像はインターネットで検索できるので、心配な時には調べてみてください。

紅茶キノコにカビが生えてしまった場合は、残念ながら失敗になります。

 

紅茶キノコの酸味が強い

発酵の期間が長いと、紅茶キノコの酸味は強くなります。飲用できない時には、ご紹介したお料理を参考に酢として使ってみてください。

手作りの紅茶キノコは、酸味がやや強くなる傾向があります。

なお、旅行などで一旦発酵を休ませたい場合は、容器の蓋をしっかり閉めて冷蔵庫に保存します。

 

紅茶キノコが発酵しない

発酵とは、微生物が持つ酵素で有機物を分解したり変化させたりし、アルコールなどを精製する現象を指します。

紅茶キノコでは、スコビーに含まれる酵母の微生物が砂糖を分解して増殖し、微量のアルコールを作り出しています。

うまく発酵しないのは、砂糖が少ない、密封して保存している、置いている場所の気温が低い、などの理由が考えられます。

また、スコビーが黒くなっている時は、菌が死んでいる可能性があります。

 

Sponsored Link



紅茶キノコに虫が入る

小バエなどの虫は、紅茶キノコが発酵している匂いが大好きです。かぶせた布などに隙間があると、中に虫が入ることがあります。

紅茶キノコに虫が入った場合は、雑菌が繁殖してしまいます。飲用や使用はできないので、残念ですが処分してください。

 

紅茶キノコが失敗したら

紅茶キノコにカビが生えた、虫が入った、異臭がするなど、失敗した場合は潔く処分をして新しく作り直しましょう。

腐敗したものを飲んだり料理に使用したりすると、下痢や腹痛を起こすことがあります。

 

紅茶キノコに危険性はあるのか

1977年に行われた東京都立衛生研究所の研究者による紅茶キノコの調査によると、スコビーの微生物には病原菌は認められないと報告されています。

しかし、国立健康・栄養研究所では、個人で作る場合はカビや雑菌が繁殖しやすく、重金属の混入などによる健康被害も出ているため、衛生面に注意するよう呼びかけています。

また、手作りの紅茶キノコは酸性度やアルコール度数が高くなるケースもあるので、正しい分量や作り方を守るようにしてください。

 

Sponsored Link



紅茶キノコの飲み方と成分

それでは次に、紅茶キノコの飲み方や摂取量、栄養成分について説明いたします。

 

紅茶キノコの飲み方

ご紹介したように、紅茶キノコはそのまま飲むだけでなく、様々にアレンジすることができます。

ただし、紅茶キノコを加熱すると乳酸菌や酵素などの効果がなくなってしまいます。

紅茶キノコを飲んだりアレンジしたりする際は、冷たいままか常温で使用するようにしてください。

 

紅茶キノコの摂取量

個人で作った紅茶キノコの摂取量は、厳密に決められていません。一般的には、食前に60mlくらいの量を飲むと栄養の吸収が良く、消化を助ける効果があります。

市販の紅茶キノコで1日の摂取量の目安は30mlと書かれているものがありますが、Q&Aのページでは健康食品のため特に規定はないと説明しています。

また、1日1~3回、20~180mlを目安としている商品もあります。

急にたくさんの量を飲むと、まれに体が反応できず頭痛や吐き気などが起きることがあるため、初めて紅茶キノコを飲む人は少量からスタートしてみてください。

 

Sponsored Link



紅茶キノコの栄養や成分

紅茶キノコには、下記のように多くの成分が含まれることで注目されています。

 

乳酸菌

紅茶キノコには、「ビフィズス菌」「アシドフィルス菌」「フェカリス菌」が含まれています。

この3つは善玉菌と呼ばれ、腸内で菌の増殖を抑えて便通を良くする整腸作用があります。

近年では、腸内で働き体によい影響をもたらす微生物「プロバイオティクス」が注目されており、ビフィズス菌とアシドフィルス菌が属しています。

 

オリゴ糖

オリゴ糖は、腸内で乳酸菌のエサとなって善玉菌の働きをサポートする役割をします。

紅茶キノコには、大腸まで届く「難消化性オリゴ糖」のうち、「イソマルオリゴ糖」「ガラクトオリゴ糖」が含まれています。

 

酢酸菌

主に「アセトバクター・キシリナム」という酢酸菌が含まれます。酢酸菌は、酵母が分解したアルコールを酢酸に変える働きがあります。

酢酸には、殺菌効果や菌の進入を防ぐ効果があります。体内ではクエン酸に変化し、疲労回復や血行を良くする働き、美肌効果などが期待できます。

 

酵母菌

紅茶キノコには、「トルラ酵母菌」「パン酵母菌」という2つの酵母菌が含まれています。

これらの酵母菌は発酵だけでなく、消化吸収を助けたり、体内の毒素を排出したり、余分な栄養素を燃焼させたり、新陳代謝を活発にしたりする役割があります。

 

たんぱく質分解酵素

紅茶キノコには、「ブロメライン」「パパイン」といったたんぱく質を分解する消化酵素が含まれています。

酵素の働きがたんぱく質を分解して消化を助け、体に栄養を吸収しやすくします。

 

アミノ酸

アミノ酸は、体を生成するたんぱく質の元となる物質です。紅茶キノコは、紅茶に含まれるアミノ酸を一緒に摂取することができます。

紅茶に含まれるアミノ酸は、「テアニン」「グルタミン酸」「アスパラギン酸」「アルギニン」などです。

 

ポリフェノール

紅茶キノコは、紅茶に含まれるポリフェノールも一緒に摂取できます。ポリフェノールとは植物に含まれる成分で、近年では抗酸化物質として注目されています。

紅茶のポリフェノールは、「タンニン」「カテキン」「テアフラビン」などがあります。

 

ビタミンB群

ビタミンB群とは体に欠かせない栄養素で、酵素の働きを助ける補酵素としての役割や、エネルギーの生成など体内で様々に活躍しています。

紅茶キノコに含まれるビタミンB群は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸です。

 

ビタミンC

ビタミンCも大切な栄養素の1つで、たんぱく質の生成や抵抗力の強化、鉄の吸収、抗酸化作用などの役割があります。

過去に行われた紅茶キノコの研究によると、紅茶を使用して作った紅茶キノコは、培養日数が増えるとビタミンCが増加したという結果が報告されています。

 

グルクロン酸

グルクロン酸は糖の仲間であるグルコースが酸化したもので、体内を瑞々しく保つ「ムコ多糖類」を構成します。

有害物質の解毒作用があり、近年ではヒアルロン酸の元になる物質として美容の分野でも注目されています。

 

グルコン酸

グルコン酸は同じくグルコースが酸化したもので、グルクロン酸と名前が似ていますが別の物質になります。

腸内のビフィズス菌を活発にして腸内環境を整え、栄養の吸収を高める作用があります。

 

ハイドロキノン

ハイドロキノンは紅茶やコーヒー、麦芽などに含まれる成分で、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを目立たなくさせる美白成分として知られます。

和名の「ヒドロキノン」と表示されることもあります。

 

ミネラル

紅茶キノコには、亜鉛や鉄分、カリウムなどの必須ミネラルが含まれています。

亜鉛は、たんぱく質の合成や骨の形成、新陳代謝に関わる働きを行います。

鉄分は赤血球を作るヘモグロビンの主な成分で、血液を通じて体内へ酸素を運ぶ役割があります。

カリウムは体内のナトリウムとバランスを取り、血圧を調節したりむくみを改善したりする作用があります。

 

アルコール

紅茶キノコは、発酵の過程で微量のアルコールが発生します。一般的には0.5%くらいですが、砂糖の量や発酵の度合いによっては高い数値が出ることもあります。

 

カフェイン

紅茶キノコには、ごく微量のカフェインが含まれます。発酵の過程で少なくなりますが、カフェインが気になる人、摂取したくない人は作り方の過程でノンカフェイン紅茶を使用してください。

市販の紅茶キノコには、カフェインが含まれていないものもあります。

 

紅茶のカフェインについては、「紅茶カフェインの効果や含有量の比較と注意点」もご覧ください。

 

Sponsored Link



紅茶キノコに期待できる効能と効果

それでは、最後に紅茶キノコに期待できる主な効能や効果についてご説明します。

この他にも、疲労回復やホルモンバランスの調節、頭痛の予防などの効果もあります。

 

紅茶キノコは腸内環境を良くする

ご紹介したように、紅茶キノコには乳酸菌や注目のプロバイオティクスが含まれています。

飲み始めると便通が良くなるという声が多く、腸内環境を整える効果が高いことがわかります。

腸の調子が良くなると免疫力が高まるなど様々な健康効果に繋がるため、結果として体全体が良い状態に変わっていきます。

 

紅茶キノコでデトックスやダイエット

紅茶キノコは、酵母菌やグルクロン酸によって不要なものの排出を積極的に行います。

また、腸内環境が整って便秘が改善され、カリウムによってむくみを防げるため、体がすっきりと変化してきます。

さらに、紅茶キノコは血流が良くなる効果があるので、体が温まり基礎代謝がアップしてダイエットにも繋がると考えられます。

 

Sponsored Link



紅茶キノコは肌の調子を整える

紅茶キノコは、肌の保湿効果があることでも知られます。紅茶キノコに含まれるグルクロン酸は、肌の水分を保持するヒアルロン酸の元になるため、積極的に取りたい成分です。

また、酢酸による美肌効果、ハイドロキノンの美白効果、ポリフェノールの抗酸化作用で老化防止など、紅茶キノコには嬉しい効果がたくさん含まれています。

 

紅茶キノコの抗酸化作用

抗酸化作用とは、体内に増えすぎた活性酸素の働きを抑え、老化防止や生活習慣病を予防する働きです。

紅茶キノコには紅茶由来のポリフェノールが含まれているため、アンチエイジングが期待できることでも注目されています。

 

紅茶キノコは血圧を下げる

紅茶キノコに含まれる酢酸は、血管を拡張し血流を良くする作用があります。

血液がサラサラになり、血行が良くなれば血圧の低下に効果が期待できます。

また、紅茶キノコの摂取によって血流が良くなると、血液中のコレステロール値の改善にも繋がると考えられています。

 

Sponsored Link



紅茶キノコの作り方についてのまとめ

今回の記事では紅茶キノコの作り方をお伝えしました。

そしてそれらに付随して紅茶キノコに含まれる栄養や期待できる効能・効果まで幅広くお伝えいたしました。

紅茶キノコの1杯にはたくさんの栄養成分が含まれているため、美容と健康に効果が期待できる飲み物です。

衛生面に気を付けて、正しい作り方でぜひ美味しい紅茶キノコを手作りしてみてください!

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 紅茶キノコの株で本格手作り!購入方法と作り方をご紹介

  • 紅茶キノコの作り方・飲み方・保存方法を徹底解説!

  • 紅茶の飲み過ぎに注意!健康に影響のない1日の摂取量とは

  • ノンカフェインの紅茶は妊婦さんに大人気!高級茶葉はギフトにもおすすめ

関連記事

  • コンブチャの効能について徹底解説!コンブチャが効果抜群な理由

  • 紅茶キノコの株で本格手作り!購入方法と作り方をご紹介

  • 紅茶キノコは効果絶大!体質改善で悩みを解消してくれる!

  • コンブチャに副作用があるは嘘!間違えやすい症状や好転反応などについて

  • 紅茶キノコダイエットの効果が凄い!方法と理由も全てお伝えします!

  • コンブチャで痩せる理由とやり方・方法について全てお伝えします!