1. TOP
  2. 白湯
  3. 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   
Sponsored Link

白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

白湯   2,810 Views

白湯ダイエットは新陳代謝機能を高め、デトックス効果も高めるダイエットですが、痩せないという話もあります。

白湯ダイエットは、白湯を飲むだけのシンプルなダイエットであり、ルールを守って飲みますと大きな効果があります。

しかし、白湯を飲んでも痩せないと言われる方もいますので、その理由や原因について詳しくお伝えいたします。

  • 白湯がまずくて飲み続けられない
  • 白湯をルール通り飲んでいない
  • 白湯は短期間では痩せることは出来ない
  • 食生活の原因によって痩せられない(バランスの欠けた食事、朝食を取らない、おかゆなどの工夫をしない、毎日飲まない、間食をする)

これらのルールを無視した白湯ダイエットでは痩せることは難しいと言えます。

逆に白湯ダイエットのルール通りに飲めばダイエット効果が得られます。

そして食生活をバランスのとれた工夫のある食事にすることにより、さらに白湯ダイエットの効果は素晴らしいものになります。

Sponsored Link



白湯ダイエットで痩せられる理由と痩せられない原因

白湯ダイエットでなぜ痩せることができるのか、その理由を見てみます。

白湯を飲みますと、そのやさしい温かさで体内の内臓や細胞の活動を活発化させることにより、新陳代謝機能を高めてくれます。

新陳代謝機能を高めるためには、その新陳代謝活動を行うエネルギーが必要になります。

そのため、我々の体は新陳代謝を行うために、我々の体内の細胞に蓄えられた中性脂肪を燃焼させてエネルギーに充てています。

従って、白湯を飲むことで新陳代謝機能が高まりますと、体内の中性脂肪を燃焼させる量が増加し、体内の中性脂肪が減少します。

白湯によって新陳代謝機能が高まりますと、それに伴って体内の老廃物、毒素や脂肪の燃焼カスなどを汗や排尿として体外に出すデトックス効果も高まってきます。

腎臓や肝臓で体内の老廃物、毒素、脂肪カスなどを水分と一緒に濾してくれます。

この新陳代謝機能による脂肪燃焼とデトックス効果による脂肪燃焼カスを体外に出すことにより、我々は痩せることが出来ます。

これが白湯ダイエットによって痩せる理由になります。

Sponsored Link



白湯で痩せられない原因

白湯で痩せられないという場合は、この新陳代謝とデトックス効果を上手く利用できていないために生じてきます。

白湯ダイエットは白湯を毎日一定量飲むだけという非常にシンプルなダイエット法であり、そのために白湯を飲むとタイミング、白湯の飲み方が鍵を握ります。

その白湯を飲むタイミングを間違え、白湯の飲み方を誤ってしまいますと、痩せないということになってしまいます。

白湯がまずくて飲み続けられない

白湯ダイエットは毎日一定量のみ続けることが基本です。

これが出来ませんと、白湯ダイエットで痩せることは出来ません。

白湯を飲み始めて1~2週間は白湯の味がまずくて、飲み続けられないという方や、好転反応などによる下痢や腹痛が生じて諦めたという場合、当然痩せられません。

我々の体の腸には毒素や悪玉菌と呼ばれる菌が大量に存在しています。

それらは、脂肪分や糖分を大量に摂取する偏った食生活や不規則な生活リズムで内臓温度を低下せさている場合に毒素や菌が増加する要因となります。

体内に毒素や菌が増加しますと、消化力が弱まり、脂肪分や糖分は腸に滞留したり、吸収されても体内の細胞の活動が弱く、エネルギーとして使われません。

そのため、余った脂肪分や糖分として中性脂肪として蓄積されていきます。

結果として、肥満という現象につながります。

従って、ダイエットをしようという方の場合は、腸に毒素や悪玉菌の増殖が生じている場合が多いです。

好転反応を乗り越えないと痩せない

体内に毒素などが多い場合に、白湯はまずく感じやすいです。

また、白湯は、それらの毒素や増え過ぎた悪玉菌を体外に排出しようと腸の中で活動しますので、腹痛や下痢を引き起こすことになります。

この現象を好転反応といい、この好転反応が終わるまでは、白湯はまずく、腹痛や下痢を生じさせます。

白湯ダイエットを実践しようとしますと、必ず通る道であり、この道を乗り越えませんと、ダイエットの成果である痩せるということにはなりません。

 

Sponsored Link



白湯の飲み方がよくない

白湯ダイエットでは、一日に800mlの白湯を何回かに分けて毎日飲むことにより、その成果が出ます。

しかし、本来、その白湯は効果が一番上がるタイミングで飲まないと成果が上がりません。

すなわち、白湯の効果である新陳代謝機能とデトックス効果がもっとも出易いタイミングで飲まなければなりません。

朝起きた時、夜寝る前、食事前、空腹時という具合です。

これらのタイミングを外して、食後に飲んだりしますと、効果は非常に小さくなり、食事そのものが脂肪分などの多い偏ったものであった場合には痩せることはできなくなります。

また、成果を出そうと、一日800mlを越えて大量に飲んでしまいますと、デトックス効果が効き過ぎて、体内に必要な栄養素まで体外に排出してしまいます。

そのために、体調を崩したり、ビタミン欠乏症、ミネラル欠乏症などの症状が出てしまったりして、結局続けられず、痩せられないという結果になってしまいます。

このように本来の白湯ダイエットには向いていない白湯の飲み方をした場合には、痩せられず、白湯ダイエットそのものを断念するという結果になってしまいます。

Sponsored Link



白湯ダイエットは短期間では痩せない

白湯ダイエットで痩せないと言われる方の場合、短期間での効果を求め過ぎている場合があります。

白湯ダイエットは、一気に体重が減るというダイエットではなく、辛抱強く白湯を毎日一定量を飲み続けることにより効果を実感していきます。

取り組みはじめて数日で効果を実感する方も多いですが、通常は1ヶ月くらい続けて白湯ダイエットの本当の効果が実感できます。

最初は好転反応などにより、体内の毒素が出ていきます。

その結果、体重の減少やウエストが細くなる効果を得ます。

しかし体の毒素が抜け切ってしまいせんと、白湯ダイエットの一番の効果である痩せやすい体質にはなりません。

白湯ダイエットの効果が出ない間に、白湯を飲むことをやめてしまって白湯ダイエットは痩せないと思う方がいます。

白湯ダイエットは1ヶ月正しい方法で実践すれば必ず効果を実感できます。

もともとダイエットの必要のない方の場合

もともと適正な体重であったり、体内に老廃物がそれほどたまっていない場合は、白湯ダイエットを実践しても体重の減少は起こりづらいです。

しかし、白湯ダイエットの効果は体重減少だけではありません。

新陳代謝機能とデトックス効果が高まることにより、血流がよくなり、それによってアレルギーの軽減、美容効果、冷え性・むくみ解消効果などの効果が現れます。

痩せるというよりもそちらの効果を主眼として飲み続けることをおすすめします。

これらも長期間実践し続けることで多くの健康効果を得ることが出来ます。

食生活の改善なくして白湯ダイエットで痩せない

白湯ダイエットで痩せないと言われる方の場合、食生活がかなり偏ったものになっている場合があります。

白湯ダイエットは、新陳代謝機能が高まることにより、体内の細胞に蓄積された中性脂肪をより多く燃焼させるものです。

普段の食生活でそれ以上に脂肪分、糖分を摂取していますと、当然、燃焼した中性脂肪よりも新たに蓄積する中性脂肪が多くなり、痩せられません。

白湯を飲むようにしていても普段より食事量が多くなったり、不摂生が多くなれば効果を得づらくなってしまいます。

Sponsored Link



白湯ダイエットにとって食生活のバランスをとることで効果は高まる

白湯ダイエットでは、基本的には食事の量を減らしたり、絶食を勧めることはありません。

しかし、脂肪分や糖分のウエートが非常に高くなっている場合には、栄養のバランスを工夫した食事に切り替えることがダイエット効果を高めることになります。

もともと、白湯ダイエットは新陳代謝機能を高めることにより、中性脂肪を燃焼させるものです。

新陳代謝を行うためには、エネルギーが必要になります。

体内の中性脂肪を燃焼させることを主眼としていますが、我々の体は最初から中性脂肪をエネルギーにするわけではありません。

まず、エネルギーの優先度としては、食事で摂取した栄養を吸収した脂肪分、たんぱく質、糖分を使用します。

それらが余れば、体内の細胞に中性脂肪として蓄積させます。

新陳代謝機能を高めることにより、まず、食事で摂取した栄養素を利用してエネルギーとして使いますが、消化が済みますと、今度は中性脂肪を使うことになります。

我々の体は、食事したものを消化するために一日の消費カロリーのうち、10%ほどを使っています。

同じ食事量でもバランスを良くすることで白湯ダイエットは痩せられる

同じ量の食事量でも、脂肪分や糖分の量を抑えて、食物繊維などの多い野菜などを増やしてやりますと、消化が良くなるとともに、体内でエネルギーになる量が減ります。

そのため、食事からのエネルギー摂取がなくなりますと、早くに体内の中性脂肪を取り出して、エネルギーに転換して体の活動を継続させます。

食事のボリュームは同じでも、カロリーの低いものを多く摂取することにより、体内の中性脂肪が使われ、ダイエット効果が高まります。

従って、従来からの脂肪分や糖分の多い食事では痩せられませんが、同じ量でも食物繊維の多い野菜などを増やすことで痩せることが出来ます。

 

Sponsored Link



朝食は白湯ダイエットにとってプラス

白湯ダイエットでは、食事制限などはする必要はありません。

但し、脂肪分の高い食事を繰り返しますと、体に脂肪が溜まる一方のために、ダイエットの効果は出ず、痩せないということになってしまいます。

特に朝食などは、バランスの取れた食事で、脂肪分がそれほど残らない朝ごはんであれば、白湯ダイエットにおいては量を減らす必要はありません。

むしろ、朝食を食べることによって白湯ダイエットは効果を高めることが出来ます。

白湯ダイエットにとってプラスになります。

白湯ダイエットの中心的な働きをしている新陳代謝機能の活発化は、それ自体で多くのエネルギーを必要としています。

体内の脂肪を燃焼させるためには食事によるエネルギー源の補給が必要です。

従って、朝ごはんはエネルギー補給として非常に大切です。

Sponsored Link



白湯ダイエットにおける朝食の役割

朝起きてすぐの白湯は一日の中でも最も効果が大きいですが、それだけにより多くのエネルギーを必要としています。

朝起きた時の我々の体は、体温が1゜C程度下がり、体内の内臓、細胞は休止状態にあります。

これらの内臓や細胞を目覚めさせ、活動を活発化させて、新陳代謝機能を発揮させるためには、非常に大量のエネルギーを必要とします。

さらに、新陳代謝機能を午前中維持させるためには、大きなエネルギーが必要となりますが、体内の細胞に蓄えられた中性脂肪を燃焼させるまでには時間がかかります。

従って、白湯ダイエットで痩せるためには、体内の中性脂肪を燃焼されるまでのつなぎとして朝食は必要であり、必ず食べるようにしてください。

たくさんでなくてもよいです。

まず新陳代謝機能を維持させるエネルギーが補給されますと、時間が経てば細胞内の中性脂肪を使って新陳代謝を行い、脂肪燃焼が行なわれるようになります。

白湯ダイエットでは、体内の中性脂肪を使わせることにより、ダイエット効果を生み出しています。

白湯ダイエットにとっておかゆは効果的

白湯ダイエットの効果を高めて成功させるためには、これまでよりも消化の良い食事をする必要があります。

それにぴったりなのが、おかゆです。

白米をおかゆに切り替えることで、通常の白米のご飯が一杯200kcalに対しておかゆは100kcalになります。

白米のご飯をおかゆにすることにより、一日3食分で見ますと300kcalの摂取カロリーを落とすことが可能になります。

これだけでも、オーバーカロリー分200kcalを上回っています。

一日の3食ともおかゆにしなくても、2食でちょうどオーバーカロリー分を減らせられる計算です。

おかゆにすることで、消化が良くなり、吸収が早いため、新陳代謝の初期のエネルギー供給として最適です。

さらに、消化が良いことで便秘を解消できますし、宿便も減らすことが出来ます。

すなわち、白湯ダイエットで、新陳代謝機能を高めるためのエネルギーとして細胞内の中性脂肪を燃焼させるとともに、おかゆで摂取カロリーをも減らすことになります。

その結果として、ダイエット効果は倍増し、痩せることが出来ます。

これは、白湯ダイエットを成功に向けてサポートしてくれる大きなポイントになります。

 

Sponsored Link



白湯ダイエットは毎日欠かさず飲む

白湯ダイエットの基本は、毎日800mlの白湯を飲み続けるということです。

毎日飲み続けることによって、体内の毒素や中性脂肪が体外に排出されて痩せていくことが出来ます。

ただ、白湯はもともと水を沸騰させて冷ましただけのものです。

さらに、最初は好転反応などにより、腹痛や下痢を伴うこともあります。

そのために、白湯を飲むことがつらくて飲むことを止めて、痩せられないとなることがあります。

しかも、好転反応による腸内の毒素が取り除かれ、白湯が美味しく感じられるようになったとして、やはりもともと何も味のないものですから、飽きがきてしまいます。

それでも白湯を毎日飲み続けなければ、ダイエット効果としての痩せるということは実現できません。

白湯に対する飽きを解消するためには、白湯にアレンジを施して、飲み易くして飲み続ける工夫が必要になります。

但し、カロリーの高い砂糖を入れたりしては、かえって効果を台無しにしてしまいます。

はちみつ、れもん、しょうがなどのダイエット効果のある食材を上手く白湯にアレンジしてやることにより、ダイエット効果はさらに高まり、痩せることが出来ます。

Sponsored Link



白湯ダイエットにとって間食は大敵

白湯ダイエットに限らず、ダイエットには間食は大敵です。

せっかく体内の細胞に蓄積された中性脂肪を燃焼させたとして、そこにカロリーの高い間食が入ってきてしまいますと、かえって体内に蓄積される中性脂肪の方が多くなります。

ショートケーキの摂取カロリーは300~400kcalになります。

袋菓子にいたっては、摂取カロリーが600kcalになるものさえあります。

これらを毎日間食として摂取していますと、当然大量の糖分、脂肪分が中性脂肪として蓄えられますので、肥満になってしまいます。

白湯ダイエットをしていても、これらの間食を継続していますと、体内の中性脂肪の燃焼よりも蓄積の方が多くなりますので、痩せられないだけでなく、太ることにもなります。

我々の食生活は平均的に200kcal程度のオーバーカロリーになっており、そこにそれらの大量のエネルギー源が入ってきてしまいますと、とても痩せることは出来ません。

白湯ダイエットにおいて間食は極力避けるようにしてください。

それが、痩せる第一歩です。

白湯ダイエットで痩せなかった理由

白湯ダイエットでは、ルールに従った白湯の飲み方をしてダイエットすなわち体重を減らすことが出来ます。

そして、さらにそれを補充する形で食事のバランスを工夫したりすることにより、さらに体重を減らすことが可能になります。

これまで、白湯ダイエットをして痩せられなかったと言われる方の場合、これらの飲み方のルールを守らなかったり、毎日飲まなかったことにより痩せられなかったのです。

さらに、日常の偏った食生活も改善しないことにより、ダイエット効果は台無しになり、痩せることは出来なくなります。

Sponsored Link



まとめ

白湯ダイエットを実践される方の中には、痩せられないと言われる方もいらっしゃいます。

しかし、そのような方の場合、痩せられない理由があります。

すなわち、白湯をルール通りに飲まなかったり、白湯ダイエット中に普段よりも脂肪分や糖分に偏った食事などを繰り返している方です。

白湯ダイエットは、飲むタイミングや飲み方をルール通り実践することにより、新陳代謝機能が高まり、デトックス効果も高まることで、高いダイエット効果を実現できます。

また、バランスのとれた食事をすることで、その効果をさらに高めることが出来ます。

最初はつらい局面はありますが、是非頑張って白湯を飲み続けることで、痩せた体を手に入れてください。

なお、白湯ダイエットそのものにつきましては「白湯ダイエットの効果が凄い!」に詳しく記載されています。ぜひ、ご覧ください!

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 白湯の下痢に対する効果と好転反応

  • 白湯の美容効果の全てをお伝えします!

  • 朝白湯ダイエットは効果が抜群!

  • 白湯ダイエットの効果が出る期間について

  • 白湯を寝る前に飲むと便秘やダイエット、睡眠、美肌に効果がある

  • 白湯の便秘解消効果がもの凄い!