1. TOP
  2. 白湯
  3. 白湯ダイエットは効果なし?
Sponsored Link

白湯ダイエットは効果なし?

白湯   1,046 Views

白湯ダイエットをされた方の中には効果がないと言われる方がいます。

もともと白湯ダイエットは白湯を飲むだけの単純なダイエットですから、その白湯を飲むタイミング、飲むルールなどを無視しますと効果が現れません。

白湯ダイエットはきちんとしたルール通りにタイミングよく飲むことが必要です。

  • 白湯ダイエットで効果のある白湯の飲み方が必要(朝、夜、夏場)
  • 白湯ダイエットで効果の出る時間帯に白湯を飲む(空腹時、風呂上がり)
  • 白湯ダイエットは好転反応を乗り越えてこそ効果がある
  • 白湯ダイエットでは食事で効果をサポートする(バランス、朝食、おかゆ、間食しない)

などになります。

これらの点について、詳しくお伝えいたします。

Sponsored Link



白湯ダイエットで効果が出ない根拠とは

白湯ダイエットを一週間やってみたが、腹痛や下痢がしただけで効果が出なかったと言われる方もいます。

また、白湯ダイエットで食後に飲んでいたが、さっぱり効果が出ないと言われる方もいます。

さらに白湯ダイエットをしていたが、同時に脂肪分や糖分に偏った食事をしていたという方もいます。

これらの方の共通するのは、白湯ダイエットをルール通りに行なっていないということです。

白湯ダイエットは、白湯を飲むだけの非常にシンプルなダイエットですから、ルール通り飲まなかった場合には効果は出ません。

Sponsored Link



白湯ダイエットの効果とは

白湯ダイエットは、白湯を毎日一定量をよいタイミングで飲み続けることで現れます。

その効果は、単に体重が落ちるだけでなく、体内の血流が増加して、常に新陳代謝しやすく、デトックス効果も出易い体になることです。

それは、中性脂肪がつきにくい体が出来ることを意味しています。

体質的に変わることを意味しており、リバウンドも起こりにくい体です。

そしても大きいのは、ダイエット効果だけではない点です。

すなわち、常に血流が豊かな体を作ることにより、便秘・下痢が解消され、冷え性・むくみがなくなり、お肌やアトピー性皮膚炎なども予防できることです。

美肌効果も大きく、体がスリムになるとともに、美肌が加わることで、女性の場合には大きな成果が期待できるのです。

しかし、毎日、ルール通り毎日一定量を飲まなかったり、よいタイミングで飲まなかった場合には、その成果は出来ないと言えます。

Sponsored Link



白湯ダイエットで効果が出る飲み方と出ない飲み方

白湯ダイエットには、効果の出る飲み方と出ない飲み方があります。

効果の出ない飲み方をした場合には、当然ダイエット効果は現れないばかりか、白湯の健康効果も出にくいと言えます。

どのようなタイミングで白湯を飲めば良いのかをお伝えいいたします。

朝と夜の白湯ダイエットの効果

白湯ダイエットにおいて、最も効果の大きい白湯を飲むタイミングは、夜寝る前と朝起きた時です。

夜寝る前に白湯を飲みますと、白湯のやさしい温かさは、夜中の我々の基礎代謝機能をレベルアップしてくれます。

基礎代謝というのは、我々生物が体温を維持していくために、体内で脂肪燃焼し新陳代謝を行なうことです。

細胞に蓄えられた中性脂肪をエネルギーに変えて燃焼させ、基礎代謝を行って体温を一定に保っています。

我々の体は、体温が1゜C低下しますと免疫力が3割ほど低下してしまいます。

免疫力が低下しますと、体内に入ってくる毒素や細菌を退治し切れなくなりますので、疲れ易く、病気にもなり易い状態になります。

 

Sponsored Link



白湯を夜寝る前に飲むことによる夜間の基礎代謝機能の活発化効果

夜中には体は睡眠をとるため、内臓や細胞も活動が低下して体温が低下する傾向が強くなるため、基礎代謝を活発に行なって体温維持を行ないます。

我々日本人の平均的な一日の消費カロリーは1800kcalありますが、そのうち、基礎代謝を行うための消費カロリーは70~75%を占めています。

すなわち、1260~1350kcalが消費されています。

普段の生活をする上での消費カロリーは、食事の消化のためのカロリー消費が10%ほどあるため、15~20%、270~360kcalしかありません。

従って、この大きな基礎代謝に使われる体内のエネルギーをより大きくすることにより、脂肪燃焼効果はさらに大きくなるのです。

ウォーキングを1時間しても消費カロリーが増加するのは100kcal程度になります。

しかし、夜間の基礎代謝を10%増加させれば、それだけで120~130kcalのカロリー消化につながります。

夜寝る前の白湯のダイエット効果は非常に大きいと言えます。

朝起きた時の白湯の効果

夜寝る前に白湯を飲むことにより、夜間の基礎代謝が高まり、デトックス効果も大きくなることによって、大きなダイエット効果が生まれます、

しかし、それによって朝方には我々の体は疲れて、内臓や細胞の活動は低下し、体温も低下してしまいます。

デトックス効果により水分不足にもなります。

そのため、朝起きた時の我々の体は、まだ目覚めず、活動も低調なままです。

そこにやさしい温かさの白湯を飲むことにより、体の内臓や細胞が目を覚まし、活動も活発化してきます。

白湯によって水分不足も解消し、胃腸は元気になって朝食を美味しく食べることが出来ます。

同時に新陳代謝機能が高まり、朝食をスムーズに消化してエネルギーに変えることで高まった新陳代謝機能を午前中維持することが出来ます。

このように、朝起きた時の白湯も夜の寝る前に飲む白湯と同様非常に高い効果を得ることができます。

すなわち、夜寝る前の白湯と朝起きた時の白湯は、両方でとても大きなダイエット効果を発揮する一つのセットということが出来ます。

従って、このように高いダイエット効果のある朝と夜の白湯を飲むタイミングに飲んでいない場合は、そのダイエット効果は非常に弱くなると言えます。

Sponsored Link



夏場に実践する白湯ダイエットの効果

夏場は白湯ダイエットを実践するには、最適なシーズンになります。

夏場は気温が高く、常に汗が出易い環境になります。

寧ろ、汗が出過ぎるために、猛暑日などには脱水症状から熱中症などが生じています。

しかし、白湯ダイエットで新陳代謝機能を高め、デトックス効果で水分と一緒に体内の老廃物、毒素、脂肪燃焼カスを体外に出すにはよい時期と言えます。

しかも、水分不足になっている体に水分補給もしてくれますので、熱中症予防にもなります。

従って、このような白湯ダイエットには最適の時期に実践しますと、非常に大きな効果で体重を減らすことが出来ますが、逆のことも起こりがちです。

一番のチャンスに白湯ダイエットを実践しないので痩せない

外から汗をかいて帰ってきますと、すぐに冷蔵庫から冷たい清涼飲料などを飲んでしまい、白湯は温かいので敬遠される方が多くいらっしゃいます。

水分不足の体は、内臓や細胞の活動が低下して温度も低下しています。

このような体の状態に対して冷たい飲み物を飲みますと、内蔵や細胞はびっくりしてさらに活動を低下させてしまいます。

その結果、下痢になる方も多いです。

細胞や内臓が活動を低下させるということは、新陳代謝機能も低下することを意味しており、せっかくの白湯ダイエットのチャンスを逃していると言えます。

そのため、白湯ダイエットは効果がないとなってしまいます。

Sponsored Link



白湯ダイエットでは効果が出る時間帯に白湯を飲む

白湯ダイエットの効果の出る時間帯は、朝起きた時と夜寝る前が最大の効果を発揮してくれますが、それ以外でも効果のある時間帯はまだまだあります。

それらのタイミングを外さずに白湯を飲むことが効果につながります。

空腹時に飲む白湯ダイエットの効果

白湯ダイエットの効果の出る時間帯は、空腹時です。

夜寝る前も朝起きた時も空腹時に当たっています。

また、空腹時に当たるのは、食事前になります。

空腹時には、胃は空になり、内蔵の消化活動は終わって低調になっています。

同時に細胞も消化された食物のエネルギーを使い切って休憩に入っています。

それに対して、血液中には脂肪分や糖分が溢れ、ドロドロになってなり、血流も停滞しています。

そのような状態は、白湯ダイエットにとっては効果を発揮するチャンスに当たります。

体内には脂肪燃焼させる材料がごろごろと転がっており、新陳代謝機能を高めることで、それらの材料を燃焼させ、さらに体内の中性脂肪も燃焼させることが出来ます。

さらに、空腹のあとにくる食事に向けて胃や腸の消化器官の活動が高まりますので、食事の消化機能も向上します。

このように、白湯ダイエットにとっては空腹時というのは、ダイエット効果を上げるためには、絶好のタイミングになります。

 

Sponsored Link



空腹時以外の白湯ダイエットの効果の低さ

空腹時のような白湯ダイエットに最適なタイミングを外して、食後に白湯を飲んでも、既に食事で内臓が活動を始めており、大きな効果は期待できません。

もともと、食事の消化には10%の消費カロリーがかかっており、それを引上げるのは容易ではありません。

従って、食後などの空腹でない状況で白湯を飲み続けましても、大きなダイエット効果は出ないと言えます。

お風呂を活用して白湯ダイエットの効果を高める

白湯ダイエットにおいて効果の上がる白湯を飲むタイミングとしては、風呂上がりがあります。

お風呂は、日本人は湯船に浸かるのが好きですが、この湯船に浸かることで大きなダイエット効果があります。

すなわち、42゜Cくらいの湯船に10分も使っていますと、体が火照(ほて)ってきます。

それは、体内で新陳代謝が活発に行なわれていることを示しており、同時に頭から汗がダラダラと流れてきます。

これは、体内の内臓や細胞か活発化している証拠です。

体の免疫力は、体温が1゜C上がりますと、免疫力は数倍に跳ね上がると言われています。

免疫細胞が活発化して、体内の毒素を退治するために細胞内の中性脂肪を燃焼させてエネルギーとして使っています。

さらに、体内の体温が上がり過ぎる場合には、今度は汗を流してその水分で体を冷やそうとします。

それに伴って、体内で細胞の活発化により生じてきた老廃物、毒素や脂肪燃焼カスなどが汗といっしょに対外に排出されていきますので、ダイエット効果は大きくなります。

このようにお風呂の湯船に一定時間浸かることにより、高いダイエット効果で生まれます。

 

Sponsored Link



風呂上がりの白湯によるダイエット効果

高いダイエット効果が生まれるお風呂ですが、そのお風呂上がりに白湯を飲むことによってそのダイエット効果をさらに高めることが出来ます。

白湯を飲むことにより、風呂から上がっても体内の新陳代謝機能は高い状態を維持することができ、体内の中性脂肪の燃焼効果を維持することが出来ます。

結果として白湯ダイエットの命題である脂肪燃焼を最高レベルで得ることが出来、さらに汗をかくことで老廃物、毒素、脂肪燃焼カスなどを体外に排出できます。

従って、白湯ダイエットにおいて、白湯を飲む絶好のタイミングとなります。

ダイエット効果を無くす冷たい飲み物によるクールダウン

我々はよく風呂上がりには冷たい飲み物が欲しくなって飲んでしまいます。

冷たい飲み物を飲んでしまいますと、せっかくお風呂で活発になった新陳代謝機能は一気に低下してしまいます。

いわゆるクールダウンです。

冷たい飲み物は、体内の温まった内蔵や細胞の温度を低下させて、新陳代謝機能はどんどん低下してしまいます。

一気に汗がひいてしまいます。

デトックス効果が効かなくなり、せっかく体内で新陳代謝により燃やされた脂肪カスや老廃物は体外に出されなくなり、体重を減らす機会を逃してしまいます。

従って、白湯ダイエットの効果も限定的となり、効果が少ないとなってしまいます。

Sponsored Link



白湯ダイエットで効果が出ないのは好転反応で止めたから?

白湯ダイエットを短期で効果が出ないと言って止めてしまわれる方が多いのは、好転反応で苦しむ場合が多いからです。

好転反応自体は、腸内の毒素や増え過ぎた悪玉菌を体外に排出して腸の掃除をしようとするものであり、悪いことではありません。

しかし、実際の症状としては、腹痛を起こしたり、下痢を起こしてしまうことがかなりあります。

そのため、効果よりも好転反応に苦しんで白湯ダイエットそのものを止めてしまい、効果が出ないとなってしまいます。

でもこの好転反応の時期は、我々の腸の掃除をしてくれているのですから、その期間を我慢しますと、腸そのものがすっきりし、白湯が美味しく感じられるようになります。

白湯を飲むことが苦痛ではなくなり、体調もよくなります。

その結果、いよいよダイエット効果が出だして、体重が減り始めます。

この段階まで我慢できない場合に、白湯ダイエットは効果がないとなってしまいます。

 

Sponsored Link



白湯ダイエットで効果が出ないのは食生活に問題がある

白湯ダイエットで効果が出ない一番の原因には、食生活に問題がある場合があります。

脂肪分や糖分に偏った食生活を続けていますと、オーバーカロリーが大きくなり、結果的に白湯ダイエットによるカロリー消費を上回り、かえって太る場合があります。

そのため、白湯ダイエットは効果がないとなります。

白湯ダイエットは食事そのものを制限することはありませんが、脂分や糖分に偏った乱れた食生活をしていた場合には、その食生活を工夫する必要が出てきます。

脂肪分や糖分を減らして、食物繊維の多い野菜などを増やすことにより、食事のバランスを改善していくことが白湯ダイエットを大きくサポートすることになります。

白湯ダイエットにおける食事についていくつかご紹介します。

朝食による白湯ダイエットの効果

白湯ダイエットにおいては、食事は大切なもので、量自体を制限する必要はありません。

特に、朝食などは白湯ダイエットをサポートしてくれる効果があります。

すなわち、朝起きた時の我々の体は、体温が1゜Cほど低下し、内臓や細胞は活動を低いレベルに落としています。

また、水分不足にも陥っています。

このような状態に対して、朝起きた時の白湯は、そのやさしい温かさで内臓や細胞を温めて目覚めさせ、活動を再開させてくれます。

水分不足も解消できます。

そして、朝食を取りますと、食事の食物は活発になった胃腸によってスムーズに消化されて、栄養素が体内に吸収されます。

内臓や細胞は活動を活発化させ、新陳代謝機能を高めようとします。

 

Sponsored Link



白湯ダイエットにおける朝食の役割

朝起きた時には、もともと胃は空っぽで食物は入っていません。

しかし、かといって体内の細胞に蓄えられた中性脂肪を燃焼させるまでには時間がかかります。

その時に朝食によって栄養が供給されますと、細胞はすぐに活発に新陳代謝を行なうことが出来、食事によって吸収された脂肪分や糖分を燃焼してエネルギーとしてくれます。

そして、食事の消化が一段落しますと、今度は中性脂肪のエネルギーへの転換が始まり、新陳代謝は高い水準で維持されて、脂肪燃焼が行なわれます。

これが朝食による白湯ダイエットのサポートになります。

朝食を食べない場合には、中性脂肪のエネルギー転換までの繋ぎがないため、次第に新陳代謝は低下して、午前中の白湯ダイエット効果は限定的となってしまいます。

おかゆによる白湯ダイエットの効果

白湯ダイエットの効果を高め、成功させるためには、消化の良い食事をすることが必要です。

その点で、おかゆは消化が良いだけでなく、摂取カロリーも減らすことが出来ます。

白米をおかゆに代えることで、通常の白米のご飯が一杯200kcalに対して100kcalになります。

白米のご飯をおかゆにすることで一日3食分として300kcalの摂取カロリーを落とすことが可能です。

これだけでも、オーバーカロリー分200kcalを上回ります。

一日3食ともおかゆにする必要はなく、2食でちょうどオーバーカロリー分を減らせることになります。

また、おかゆにすることで、消化が良くなり、便秘を解消出来ます。

さらに宿便も減らすことが出来ます。

すなわち、白湯ダイエットによって、新陳代謝機能を高めてそのエネルギーとして細胞内の中性脂肪を燃焼させるとともに、おかゆで摂取カロリーを減らすことになります。

その結果として、ダイエット効果は倍増します。

それに対して、従来の脂肪分や糖分の多い偏った食事を続け、白米で糖分を取り続けますと、効果が出ないとなってしまい、逆に太る場合もあります。

 

Sponsored Link



白湯ダイエットで効果が出ないのは間食の食べ過ぎ

白湯ダイエットで毎日白湯を飲み続けたとしても、毎日間食をしていますと、その効果は出なくなります。

例えば、ショートケーキの場合には、摂取カロリーは300~400kcalもあります。

袋菓子の場合には、多いものになりますと600kcalになるものもあります。

日本人の平均的な過剰カロリーが200kcalですから、その2~3倍のカロリーになります。

200kcal程度であれば、白湯ダイエットでは、新陳代謝機能の活発化や夜中の基礎代謝の活発化によって痩せることも可能です。

しかし、300~600kcalの消費がさらに求められることになりますとさすがに白湯ダイエットでも消費するのは難しいと言わざるを得ません。

このような間食をすると白湯ダイエットの効果が出ないのは当然です。

どのようなダイエットをしても無理でしょう。

基本的にはダイエットをする場合には間食は控えてください。

それによって素晴らしいダイエット効果を得ることが出来ます。

Sponsored Link



白湯ダイエットは毎日飲まないと効果がない

白湯ダイエットは、非常にシンプルなダイエットであり、毎日定期的に一定量の白湯を飲むだけのものです。

それだけに、毎日一定量を飲みませんと、その効果は出ないことになります。

毎日白湯を飲むことにより、好転反応で体内の毒素が体外に排出され、新陳代謝機能とデトックス効果によって、体内の中性脂肪が燃焼されます。

さらに体内に脂肪分や糖分が蓄積されない体を作ります。

毎日飲みませんと、このような白湯の効能が現れず、体質的にも変えられませんので、効果が出ないということになってしまいます。

まず、毎日白湯を飲むことを実践してください。

そうすれば、素晴らしいダイエット効果を得ることが出来ます。

Sponsored Link



まとめ

白湯ダイエットは非常にシンプルなダイエット法であり、白湯を飲み続けるだけのものです。

しかし、それだけに決められたルール通りに白湯を飲み続けませんと、ダイエット効果を得ることは出来ません。

毎日、800mlを何回かに分けて、効果の高いタイミングを選んで飲み続けることによって成果は出ます。

また、お風呂を活用したり、食事のバランスを工夫したり、おかゆを利用することでそのダイエット効果はさらに高い効果を上げることが出来ます。

正しい白湯ダイエットをすることで、大きなダイエット効果とそれ以外の白湯の健康効果を享受してください。

なお、白湯ダイエットそのものにつきましては、「白湯ダイエットの効果が凄い!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 風邪に白湯は効果てきめん!白湯は風邪をひいたときと予防対策のどちらにも効果的!!

  • 白湯のおいしい飲み方・作り方

  • 白湯ダイエットの方法とやり方を全てお伝えいたします!

  • 白湯が冷え性に効果的である理由とは?

  • 白湯の美容効果の全てをお伝えします!

  • 白湯とはちみつの相乗効果について