1. TOP
  2. 白湯
  3. 白湯ダイエットの方法とやり方を全てお伝えいたします!
Sponsored Link

白湯ダイエットの方法とやり方を全てお伝えいたします!

白湯   705 Views

白湯ダイエットで成功する方法は、白湯の飲み方が鍵を握ります。

白湯をいつ飲めばよいのかを知り、それを実践することが重要です。

白湯を飲むタイミングについて、見てみることにします。

  • 白湯の飲み方が成功を左右する
  • 白湯は800mlを45回に分けて飲む
  • 白湯ダイエットは朝起きた時に飲む効果が大きい
  • 白湯ダイエットは夜寝る前に飲む効果が大きい
  • 白湯ダイエットは食前に飲む効果が大きい
  • 白湯ダイエットは食後に飲む効果は小さい
  • 白湯ダイエットは空腹時に飲む効果が大きい
  • 白湯ダイエットは風呂上りに飲む効果が大きい
  • 白湯ダイエットは昼に飲む効果も大きい
  • 白湯ダイエットには朝食を食べると効果が大きい
  • 白湯ダイエットは夏に実践すると効果が大きい
  • 白湯ダイエットはバランスのとれた食事で効果が大きくなる
  • 白湯ダイエットは摂取カロリーを抑えることで効果が大きくなる
  • 白湯ダイエットは規則正しい生活と軽い運動で効果が大きくなる

などがあります。

これらの点について、詳しくご紹介します。

Sponsored Link



白湯の飲み方

白湯は、沸騰させたお湯を50~60゜Cに冷まして、飲みます。

一日、800mlくらいを目処に飲むようにします。

それ以上飲みますと、デトックス効果が効き過ぎて、体内の重要なビタミンやミネラルまで体外に排出されてしまいますので、かえって体調を崩す可能性があります。

しかし、一度に800mlを飲むことは難しく、何回かに分けて飲むことになります。

それ故に飲むタイミングというものが大切になってきます。

ダイエットに最適な飲み方があります。

Sponsored Link



白湯は一日何回飲めばいい?

白湯は、一回コップ一杯程度を飲みます。

コップ一杯が150ml~200mlですから、一日800mlということは、4~5回に分けて飲むことになります。

これがダイエットにおいては成功する飲み方です。

一日、4~5回白湯を飲むことになりますと、その度にお湯を沸かすということになりますと、かなり面倒になります。

従って、女優さんたちがダイエットでやっているように、一度沸騰させた白湯を保温ポットに入れておき、そこから飲む都度コップに入れて飲むのもよいでしょう。

白湯を飲むタイミングはいつか?

白湯を飲むタイミングはいつがよいのでしょう。

白湯の飲むタイミングとしては、さまざまなタイミングがあります。

一番良いと言われているのは、朝起きた時です。

その次が寝る前です。

さらに、白湯は空腹時に飲むのも良いとされます。

空腹時は胃が空で、体内の内臓が休んで活動が低調になっている時に当たります。

その時にやさしい温かさの白湯を飲むことにより、内臓や細胞を起こして活発化させるので良いとされています。

また、昔から風呂上りには白湯を飲む習慣がありました。

これらの飲むタイミングを外さずに、毎日決った時間に4~5杯を飲むことにより、ダイエット効果は最大に引き出され、成功することになります。

それが成功する方法です。

Sponsored Link



白湯ダイエットは朝に飲むのがよい

白湯ダイエットでは、朝に白湯を飲むことが一番良いとされます。

朝起きた時の我々の体は、体温は低下し、内臓の活動も低調になり、体中の細胞の活動も弱くなっています。

血液も水分不足と夜中の新陳代謝で出来た老廃物が溜まってドロドロです。

それは、朝起きた時には、体内に一日の中で一番体外に排出すべきものがたくさんあるということです。

すなわち、体重を減らす材料が多いだけに白湯のダイエット効果が効き易いと言えます。

なお、白湯ダイエットの朝に飲むことにつきましては、「白湯ダイエットは朝に飲むのがよい」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



白湯ダイエットは寝る前に飲むのがよい

白湯ダイエットにおいては、夜寝る前の白湯は非常に効果が高いです。

白湯には、コーヒーのカフェインのように副作用や睡眠不足のような弊害はありません。

人間の体における新陳代謝でも基礎代謝と言われる働きは主に夜間に行なわれています。

基礎代謝は、体温などを維持して、体の機能を支えてくれる大切なエネルギー消費機能です。

夜間は、体が休んでいるため、体温は下がり易く、基礎代謝を維持するためには体内におけるエネルギーのかなりの部分を使います。

白湯ダイエットは、この夜中における基礎代謝機能を活発化させることにより、痩せようとするものです。

我々の体における基礎代謝のためのエネルギーは、一日のカロリー消化の70~75%を占めており、そのかなりの部分を夜間に使用しています。

従って、夜白湯を飲むことによって大きなダイエット効果を得ることが出来ます。

なお、白湯ダイエットの夜寝る前に飲むことにつきましては、「白湯ダイエットは寝る前に飲むのがよい」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



白湯ダイエットは食前に飲むのがよい

白湯ダイエットは、朝食前に飲むと良いと言われます。

白湯には、体の中を温め、内臓や細胞の活動を活発化させてくれる働きがあります。

食事前というのは、我々の体は空腹状態にあり、胃や腸などは休憩中で活動レベルは低下しています。

胃は空で胃液も出ていません。

食事前に白湯を飲みますと、内臓が活動を始め、特に胃や腸は休止状態から、いつでも活動できる状態になります。

従って、活発化した内臓に食物を入れてやることにより、効率よく消化することが出来ます。

消化がスムーズに進むことにより、栄養の吸収が良くなり、細胞に栄養素が行き渡ることで、新陳代謝機能は高まり、それに伴ってデトックス効果も高まります。

その結果、脂肪燃焼効果が高まって、ダイエット効果が高まります。

また、胃や腸の消化がスムーズになることにより、大腸でも排泄物の移動が早くなり、便秘が解消され、宿便も流れるようになって、体重を減らすことが出来ます。

白湯ダイエットは食後に飲むのがよいか?

白湯は基本的には、食事前に飲む方が、新陳代謝やデトックス効果も出易くなります。

食事をすることにより、消化器官を中心とした内臓は既に活動を始めており、消化活動にエネルギーを使っている状態です。

そのため、白湯を飲んでも既に新陳代謝もデトックス効果も効いているため、効果としては小さくならざるを得ません。

白湯は、出来るだけ、食事前に飲むようにしてください。

しかし、どうしても食前には飲むタイミングがないという場合には、食後に飲んでください。

食前の白湯に比べますとその効果は小さくなりますが、やさしい温かさで内臓を温めて消化機能をさらに高めてくれます。

また、食前に飲む機会がない場合は、その分を朝起きた時と夜寝る前に多めに飲むようにするのも良いです。

その方が、白湯ダイエットとしての効果は高まります。

Sponsored Link



白湯ダイエットは空腹時に飲むとよい

白湯は、ダイエットのためには空腹時に飲むのが良いとされます。

それは、空腹時というのは、体内の内臓、特に消化器系の胃、腸が休んで、活動力が低下している時にあたるからです。

朝起きた時や、昼、夜の食事前、寝る前などはほとんど胃に消化物が残っていない状態になっています。

内臓が低調になっている状態は細胞も活動が低調になっており、新陳代謝機能も低下し、デトックス効果も効いていません。

そのような状態の内臓に冷たいものや、いきなり食事で食物が入ってきても、すぐに胃や腸も活動を上げて消化を行なうことが出来ません。

そのため、消化に時間がかかり、栄養素の吸収も遅くなるため、細胞への栄養素の供給も遅れがちになってしまいます。

これでは新陳代謝機能もなかなか上がらず、デトックス効果も出ない状態になり、脂肪燃焼も低調になってしまいます。

結果として、脂肪分や糖分は中性脂肪として細胞に蓄積してしまいます。

また、消化が遅くなることにより、大腸では排泄物がなかなか流れていかずに、滞留するようになり、宿便化し易くなってしまいます。

従って、空腹時に白湯を飲むことにより、その後の食事における消化を促進し、新陳代謝機能を引き上げ、デトックス効果も高まることにより、ダイエット効果が高まります。

脂肪燃焼が高まり、血液中の脂肪分、糖分が細胞に中性脂肪として蓄積されなくなります。

さらに、消化がスムーズになることで便秘も解消され、宿便も減ることで体重を下げることが出来ます。

Sponsored Link



白湯ダイエットは風呂上りに飲むとよい

風呂に入りますと、体は温まり、新陳代謝機能も上がり、デトックス効果で汗もたくさん出ます。

但し、それはシャワーではなく、湯船でゆったりと浸かった場合です。

シャワーですと、体はそれほど温まらないため、新陳代謝やデトックス効果も高まりません。

脂肪燃焼がされないため、汗もそれほど出ません。

湯船に浸かって体中が温まることにより、細胞が活発化して脂肪燃焼をするために、汗もたくさん出るのです。

しかし、風呂から出てそのままでいますと、すぐに体内の温度は低下してきます。

体内の温度が低下しますと、せっかく高まっていた新陳代謝機能やデトックス効果も活動を低下させてしまいます。

しかも、風呂で汗をかきますから、体は水分不足になっており、余計に内臓などの働きを低下させてしまいます。

そのような時に良いのが、白湯なのです。

白湯を飲むことにより、お風呂の湯船で高まった新陳代謝機能やデトックス効果が維持され、脂肪燃焼も高いレベルを維持することが出来ます。

また、体の水分不足も解消できます。

結果として、大きなダイエット効果を得ることが出来ます。

ところが、お風呂から出た後に、冷たい飲み物を飲みますと、低下し始めた内臓がさらに活動を低下させてしまいます。

そのために、お風呂のダイエット効果を台無しにしてしまいます。

 

Sponsored Link



白湯ダイエットは昼に飲んでもいい?

白湯ダイエットにおいて白湯を昼間に飲むことも効果があります。

特に、昼食前に飲む場合にはその効果は大きくなります。

昼食前はやはり空腹時に当たります。

しかも、朝食後の出勤、仕事、或いは家事仕事などで体を動かすシーンが多くあります。

朝食から4時間も経過しますと、胃の消化も終わった頃で、内蔵、特に消化器官は休憩に入ります。

それは新陳代謝機能の低下を示しており、脂肪燃焼も低調なる時間帯になります。

ダイエット効果が最も効いていない時間帯です。

従って、このような時間帯に白湯を飲むことにより、内蔵は再び活動的になります。

内蔵の活発化は細胞の活動をも活発化させて、新陳代謝機能が高まり、古い細胞の再生が行われ、古い細胞が老廃物として血液中に流されます。

その結果、デトックス効果が現れ、老廃物を対外に排出する活動も活発化します。

このような細胞の再生活動には脂肪燃焼が必要になります。

そのような状況で昼食を食べることにより、食物が消化されてエネルギー源が吸収され、新陳代謝機能はさらにレベルを上げるようになります。

胃腸も白湯の効果で活発化し、消化をスムーズに行うため、エネルギー源の吸収が促進され、また、大腸も蠕動運動を活発化させるため、排便が促され、便秘も解消されます。

宿便も流されるために体重が落ちる効果は高くなります。

昼間、特に昼食前に飲む白湯ダイエットにもとても大きな効果があります。

Sponsored Link



白湯ダイエットは朝食に良い?

白湯ダイエットは、特に食事制限をするようなダイエットではありません。

もちろん、脂質の高い食事を繰り返すことは、ダイエットに禁物ですが、バランスの取れた食事は白湯ダイエットにおいては減らす必要はありません。

むしろ、白湯ダイエットの効果を高めてくれます。

白湯ダイエットの肝になる新陳代謝機能の活発化は、それ自体で多くのエネルギーを必要としています。

脂肪燃焼をさせるためにも食事によるエネルギー源の補給は必要なことです。

従って、朝食はその観点でも非常に大切です。

朝起きてすぐの白湯は一日の中でも最も効果が大きいと言われており、それだけに多くのエネルギーを必要とします。

新陳代謝機能を継続させるためには、大きなエネルギーが必要であり、体内の細胞に蓄えられた中性脂肪を燃焼させるまでは時間がかかります。

そのために朝食は食べるようにしてください。

たくさんでなくても構いません。

まず新陳代謝機能を継続させるエネルギーが補給されれば、時間が経てば細胞内の中性脂肪を使って新陳代謝を行い、脂肪燃焼してくれます。

ダイエットには体内の中性脂肪を使わせることが大事です。

それによって、体内の脂肪分が減り、体重が落ちていきます。

Sponsored Link



白湯ダイエットは夏に向いている

白湯ダイエットは、夏に向いていると言われています。

それは気温が高いため、汗をかけるからです。

ですから、エアコンなどで室温を下げ過ぎるのは逆効果になります。

室温を大きく下げれば、確かに汗が引いて気持ちが良くはなりますが、汗が引くということは、それだけ水分や老廃物が体内に滞留してしまうことを意味しています。

また、室温が低いことで、内蔵温度が下がり、細胞活動も低下して新陳代謝が低調になります。

そのために脂肪燃焼が行われなくなり、汗も出ないのです。

それはすなわち、太る要素が高くなっているということであり、ダイエットには良くない環境です。

人間は汗をかくことによって体温調整をしており、かつ体内の健全化を図っています。

汗をかくことで、体内の老廃物を体外に出し、血液中をきれいにサラサラにしてくれます。

そのような体の中の循環にとっては、夏というのは非常にいい季節なのです。

それは、脂肪燃焼によって体重を減らそうというダイエットにとっても一番良い季節と言えます。

暑いからとエアコンの温度を下げて、動かないことがダイエットにとっては一番の大敵です。

環境問題としても夏の電力節約は重要です。

室内の温度を下げ過ぎずに体を動かして、新陳代謝を高めて、脂肪燃焼させるようにしてください。

きっと大きな白湯ダイエットの効果が得られます。

 

Sponsored Link



白湯ダイエット中もバランスのとれた食事が基本

いくら白湯ダイエットで新陳代謝機能を高めて脂肪燃焼させたとしても、それ以上に脂分を過剰に摂取していれば体重は減りません。

特に飽和脂肪酸と言われる脂肪分はエネルギーとして使われず、余ってしまいますと、体内の白色脂肪細胞に中性脂肪として蓄積されます。

白色脂肪細胞は、余った脂肪分や糖分を中性脂肪に転換して細胞内に蓄える細胞のことです。

この白色脂肪細胞に蓄積された中性脂肪が多くなるほど肥満になります。

従って、食事の量を減らすよりも、脂肪分や糖分のウエートを減らして、その分コレステロールを減らす野菜やお通じを良くする食物繊維を多く含む食物を増やす工夫が必要です。

同じ食事量でもカロリーだけを減らす工夫が必要です。

食事のバランスを工夫するだけで、摂取カロリーを減らし、基礎代謝を増やして体内の脂肪燃焼を増やすことで、白湯ダイエットの効果はさらに高まります。

白湯ダイエット中に摂取カロリーを抑えると効果が倍増する

食事のバランスを工夫する主眼は摂取カロリーを減らすことです。

同じ食事量でも、カロリーの少ない食物を多く取ることにより、満腹感を得ながら、しかもカロリーが少ないために体内に蓄積される中性脂肪の量を減らすことが出来ます。

カロリーはエネルギー量を表しています。

すなわち、カロリーの少ないということは、食事で摂取されたエネルギー源が少ないということです。

体は体温を維持するために体内の白色脂肪細胞に蓄積された中性脂肪を燃焼させなければならなくなります。

そのため、体重が減っていきます。

我々日本人の一日の摂取カロリーは平均で2000kcalであり、消費カロリーは1800kcalと200kcalの過剰摂取になっています。

このオーバーカロリーを減らすことがまず必要です。

日頃の生活に白湯ダイエットを取り入れることでダイエット効果は実感できます。

しかし、より効果的に白湯ダイエットを成功させる場合は食事にも気をつけましょう。

Sponsored Link



白湯ダイエットは規則正しい生活と軽い運度で効果が倍増する

我々日本人の日常生活は非常に不規則になっています。

24時間営業のコンビニエンスストアや飲食店が増加していることでもわかります。

不規則な生活態度は、肥満をもたらし、ダイエットの大敵になります。

不規則な生活はまず体内の内蔵の温度を下げて、内蔵の活動を停滞させ、細胞に栄養が行き渡らなくなるため、細胞の活動は低調になり、新陳代謝機能も低下します。

その結果、脂肪燃焼も少なくなりますので、脂肪分や糖分が体内の白色脂肪細胞に中性脂肪として蓄積される量が増加します。

また、日常生活が不規則になりますと、褐色脂肪細胞の活動も低調になります。

褐色脂肪細胞は、体内で白色脂肪細胞内の中性脂肪を燃焼させるように命令を出す細胞です。

褐色脂肪細胞は、もともと量は非常に少なく、生まれた時でも100g程度しかありません。

しかも、我々が成人するまでは減少していきます。

成人する頃には40g程度まで減っています。

この褐色脂肪細胞はその後も少しずつ減っていくため、年齢を重ねるほどダイエットで痩せにくくなっていきます。

褐色脂肪細胞は増加させることは出来ませんが、その活動を活発化させることは出来ます。

その一番大きな効果は規則正しい生活態度です。

もともと人間の体は早く寝て早く起きる規則正しい生活を前提として動いており、そのような生活の時に褐色脂肪細胞は力を最大に発揮してくれます。

毎日の軽い運動と褐色脂肪細胞による基礎代謝によるカロリー消費の増加

毎日軽い運動をすることも、褐色脂肪細胞の活性化に大きな力となります。

毎日軽い運動をしてもそれによる消費カロリーは100kcal程度にしかなりません。

しかし、その軽い運動を継続して行うことにより、褐色脂肪細胞が活発化しますと、寝る前の白湯により夜間の基礎代謝による体内脂肪の燃焼が大きくなります。

基礎代謝による消費カロリーは、平均的な一日の消費カロリー1800kcalの70~75%を占めています。

すなわち、一日の基礎代謝による消費カロリーは1260~1350kcalであり、その10%を増加させれば、120~130kcalのカロリー消化が出来ることになります。

これは、毎日一時間ウォーキングをするよりも大きな数字になります。

従って、不規則になっている生活を正常に戻し、毎日軽い運動をすることにより、褐色脂肪細胞が活発化して中性脂肪を燃焼させ、白湯ダイエットも快調に進むようになります。

Sponsored Link



まとめ

白湯ダイエットは、飲むタイミングや飲み方、さらに生活を変えることにより、最大の効果を上げることが出来ます。

飲むタイミングは朝起きてから飲むことが一番効果が大きいです。

また、夜寝る前に飲む白湯は朝の白湯とセットで働くものであり、最大の効果を発揮してくれます。

基本的には食前が白湯ダイエットにとっては効果の出るタイミングであり、200mlずつ3食前と寝る前に飲むことがダイエット効果を最大に発揮させる方法になります。

白湯の1日の摂取量である800mlを最も活かせる方法です。

また、それに伴って、普段の生活態度を正常化させ、食生活もバランスのとれたものに工夫することでダイエット効果はさらに上げることが出来ます。

なお、白湯ダイエットそのものにつきましては、「白湯ダイエットの効果が凄い!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 炭酸水を妊婦(妊娠中)が飲むと良い理由とは?

  • 炭酸水は体にいいの?悪いの?

  • 水素水の飲み方や飲むタイミングのベストとは?

  • ケイ素(シリカ)に副作用がない?その理由とは?

関連記事

  • 白湯を寝る前に飲むと便秘やダイエット、睡眠、美肌に効果がある

  • 白湯ダイエットの効果が出る期間について

  • 白湯のその他の健康効果

  • 白湯が冷え性に効果的である理由とは?

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 白湯とはちみつの相乗効果について