1. TOP
  2. 白湯
  3. 白湯ダイエットの効果が凄い! 
Sponsored Link

白湯ダイエットの効果が凄い! 

白湯   1,560 Views

白湯を飲むダイエットで痩せた、効果が凄いと人気になっています。

白湯はお湯を沸騰させて、少し冷ましたものですが、それによるダイエット効果が凄いのです。

そこで、白湯ダイエットの凄い効果とそれを生むダイエットのやり方などについて詳しく説明いたします。

  • 白湯ダイエットの原理は新陳代謝機能とデトックス効果によるもの
  • 白湯ダイエットはダイエットだけでなくさまざまな健康効果がある
  • 白湯ダイエットは一日800mlを4~5回に分けて飲む
  • 白湯ダイエットは朝起きた時に飲むのが効果が大きい
  • 白湯ダイエットは夜寝る前に飲むのが効果が大きい
  • 白湯ダイエットは食前、空腹時に飲むと効果が大きい
  • 白湯ダイエットは風呂上がりに飲むと効果が大きい
  • 白湯ダイエットに朝食は必要
  • 白湯ダイエットは夏がよい
  • 白湯ダイエットはバランスのとれた食事がよい
  • 白湯ダイエットは規則正しい生活と軽い運度がよい
  • 白湯ダイエットはアレンジして飲むと長く続けられる

などのほかに、さまざまな白湯ダイエットの成功の秘訣、方法などについても詳しくお伝えしています。。

Sponsored Link



Contents

白湯ダイエットとは

白湯ダイエットは、毎日白湯を飲むだけで痩せるという非常に簡単なダイエットです。

厚生労働省の発表によりますと、我が国の男性の3人に1人、女性の4人に1人が肥満と言われています。

特に中年以降では肥満傾向は強くなっています。

中年以降の肥満は成人病の原因となり、将来の介護が必要となる人たちが増えているということになります。

そのため、ダイエットについてはさまざまな手法が考え出されており、本屋さんにはダイエット本が棚にワゴンにたくさん積み上げられています。

その中でも、毎日白湯を飲むことによるダイエットは効果が大きいと注目を集めています。

Sponsored Link



白湯ダイエットは簡単

白湯ダイエットは簡単に出来ます。

白湯そのものが単にお湯を沸騰させて冷ませただけのものであり、それを飲むだけですから、どなたでも出来ます。

どなたにも出来ますが、単に水を沸かし冷ましたものだけに、毎日何杯も飲み続けることには忍耐が必要です。

そのため、白湯をいろいろアレンジするダイエットも報告されています。

それらについても単に白湯にアレンジ食材を入れるだけという簡単なものです。

有名な女優さんたちやタレントさんが携帯用のポットに白湯を持ち歩いてダイエットしているというのはよく話題になります。

 

Sponsored Link



白湯ダイエットの効果が出るまで

白湯ダイエットは、白湯を飲み続けるだけです。

朝起きた体に、優しく体の中から温めてくれ、新陳代謝機能を高めて、内臓を起こし、活発化させることで、デトックス効果が生じてきます。

その結果、汗や排尿として、体の老廃物、毒素などと一緒に水分を体外に出してくれます。

また、夜寝る前に飲めば、夜中に新陳代謝を促し、デトックス効果をもたらして寝汗や朝の排尿によって体重を減らしてくれます。

毎日、一定の量を飲み続けることにより、確実に体重が落ちていきます。

効果が出るまで飲み続けることになります。

最初のうちは、白湯がまずく感じますが、続けて飲んでいるうちに美味しく感じられてきます。

そうなれば、ダイエットの第一歩が踏み出していることになります。

あとは、美味しく飲み続けるだけです。

単にお湯ですから、飽きてきた場合には、はちみつとか、しょうが、レモンなどを入れて味に変化をつけて飲み続けることになります。

1~2ヶ月もしますと、体重は目に見えて減っていることがわかります。

白湯ダイエットの原理

白湯ダイエットが効果を発揮する原理にはどのようなものがあるのでしょうか。

白湯ダイエットは、白湯の基本機能である新陳代謝機能を高める働きとデトックス効果によって生まれてきます。

我々人間や生物は、毎日の食事によって食物から得ているエネルギーと栄養素を吸収することで、体内の細胞では化学反応が起こります。

体の古い細胞を壊して、新しい細胞を再生しています。

これを新陳代謝と言います。

新陳代謝はこのように生命を宿している生物はになくてはならない機能です。

Sponsored Link



白湯による新陳代謝機能を高める働き

この大切な新陳代謝機能は、体にストレスや疲れが貯まってしまいますと、体が冷えることでその活動が低下してしまいます。

新陳代謝の活動が低下しますと、免疫力が低下して風邪などにかかり易くなったり、古い細胞が壊れても新しい細胞が再生できなかったりします。

また、脂肪分の多い食事などをしていても同様のことが生じてきます。

そのため、体内には古い細胞などの老廃物や毒素などが血液中に充満し、血液はドロドロになって、血液が滞留してしまいます。

その結果、脂肪分や糖分は燃焼されずに体内に残り、細胞の中に中性脂肪として滞留することになります。

その結果、肥満も生じてきます。

ドロドロになり、滞留した血液は血栓を生み、血管系の障害である動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの成人病を引き起こすようになります。

白湯による新陳代謝機能を高める作用は、このような状態の我々の体内を掃除してくれます。

温かい白湯を飲むことにより、内臓は活発化し、体内の組織、細胞も目覚めて、新陳代謝機能を回復させてくれます。 

 

Sponsored Link



白湯によるデトックス効果

新陳代謝機能が高まり、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わったとしても、血液がそのままでは、古い細胞が老廃物としてそのまま血液中に残ってしまいます。

従って、細胞は新陳代謝機能を継続させることができません。

でも、我々の体には、新陳代謝機能が高まりますと、同時に体内の血液中の老廃物、毒素を汗や尿と一緒に体外に排出する働きが出てきます。

これをデトックス効果と言います。

白湯を飲むことにより、新陳代謝機能が高まりますと、同時にデトックス効果も高めることが出来ます。

デトックス効果は新陳代謝機能とセットで機能します。

デトックス効果は、ドロドロであった血液からどんどん尿や汗と一緒に古い細胞などの老廃物や毒素を体外に出してくれます。

結果として、血液はサラサラになります。

さらに停滞していた血液を流れがよくなり、血流が増加します。

 

なお、白湯のデトックス効果に関しては「白湯によるデトックス効果と好転反応」にてより詳しくお伝えしています。

白湯の基本効果によるダイエット効果

白湯は、新陳代謝機能とデトックス効果の基本機能により、ダイエットに大きな効果を生んでいます。

朝に白湯を飲んだ場合を例にそのダイエット効果を見てみます。

  1. 朝起きた時に、我々の体は水分不足になっており、白湯はやさしい温かさで水分補給をしてくれます。
  2. それにより、水分不足でドロドロになっていた血液はスムーズに流れるようになります。
  3. やさしく温かい白湯が内臓を温めてくれることにより、内臓が温められ、目覚めるとともに、血液の循環がよくなります。
  4. その上に、新陳代謝の動きがよくなり、そのエネルギーにより脂肪が燃焼されます。
  5. 新陳代謝が活発化しますと、細胞の再生機能が進み、老廃物や毒素、古い細胞の脂肪カスなどを血液に送り出します。
  6. 水分不足が解消し、血流もよくなった血管ではデトックス効果が効いて老廃物や脂肪、毒素が復活した腎臓や肝臓などを経由して排尿などとともに体外に出されます。
  7. その結果、体内に滞留していた脂肪、老廃物などが体外に出されて体重は減少します。
  8. 腸内でもその動きが復活し、温かい水分補給により排泄物が軟化して、便秘が改善されます。
  9. さらに、腸内に張り付いていた宿便なども一緒に体外に排出されることにより、体重は減少していきます。 
Sponsored Link



白湯ダイエット原理は白湯を飲むことで始まる

このように、朝起きた時に白湯を飲むことにより、水分補給とやさしい温かさで内臓を目覚めさせ、活発化させることからすべてが始まります。

体内の新陳代謝の高まりとデトックス効果がさらに大きくなり、新陳代謝を行うエネルギーとして細胞内の中性脂肪の燃焼が始まってダイエットが始まります。

それは、朝に限りません。

夜、食前などの空腹時、風呂上がりなどのタイミングで白湯を飲むことにより、高い脂肪燃焼効果が現れます。

白湯ダイエットの効果

白湯ダイエットは、ダイエット効果以外にもさまざまな効果が生まれます。

白湯には、「ほっ」とする癒しの効果もあり、ストレスで疲れている体を回復させる働きもあります。

ストレスで疲れた胃腸の体内温度が低下しないように防いでくれます。

胃腸の体内温度が低下しますと、大腸の動きも鈍ってくるため、便秘になったり、宿便が溜まり易くなります。

このように、白湯ダイエットでは、体重を減らす以外でもいろいろと効果が現れます。

美肌効果、アトピー性皮膚炎の軽減効果、風邪などの予防効果、血管系疾患の予防効果などさまざまな健康効果を実現することが出来ます。

 

Sponsored Link



白湯ダイエットで体重はどれくらい減るのか

白湯ダイエットによる最大の効果は、もちろん体重が減るということです。

しかし、いくら白湯を飲むことにより、脂肪燃焼させ、汗や排尿によって体重を減らそうとしても、それ以上に普段よりも食事の際に多くのカロリー摂取をしてしまいますと、白湯ダイエットの効果が出にくくなります

無理に食事の量は減らす必要はありませんが、白湯ダイエット中は普段以上に食事に気をつけるようにしましょう

そうすることで、白湯ダイエットの効果をより高めることが出来ます。

また、白湯ダイエットを行っても普段よりも不規則な生活を続けていたり、運動不足を続けると、内臓の温度が低下して、せっかく白湯で温度を上げてもすぐに低下してしまいます。

バランスの採れた食事をして、規則正しい生活と適度な運動を白湯ダイエット中に行えば、白湯ダイエットの効果はとても高まります。

結果的に10キロ以上の体重を減らすことも可能です。 

Sponsored Link



白湯ダイエットの便秘解消効果

白湯ダイエットで毎日白湯を飲んでいますと、体重を減らしてくれるとともに、便秘改善効果を実感します。

便秘には、腸内環境のバランスが悪化(悪玉菌と善玉菌のバランスの悪化)してなるものと、腸内の温度が低下してなる場合、それに水分不足の場合があります。

悪玉菌は腸の働きに対して悪い影響を与える菌であり、善玉菌は逆に腸の動きに対して良い影響を与える菌のことです。

白湯の場合は、腸内温度の低下と水分不足による便秘に対して大きな効果を発揮します。

すなわち、白湯のやさしい温かさによって、内臓、すなわち胃腸が活発化して蠕動(ぜんどう)運動が活発化して腸内の排泄物がスムーズに流れるようになります。

蠕動運動は、腸内の未消化物を攪拌して押し下げていく運動を言います。

また、白湯の温かい水分は腸内の排泄物を柔らかくしてくれるため、スムーズな流れをさらに加速させます。

排泄物がスムーズに流れることにより、大腸において宿便が溜まりにくくなり、既についている宿便も流してくれます。

従って、大腸に溜まっていた排泄物や宿便がとれていくことにより、便秘は解消され、その分体重も減るため、ダイエット効果もより大きくなります。

Sponsored Link



白湯ダイエットによる冷え性解消効果

白湯ダイエットでは、毎日白湯を飲むことにより、冷え性の解消にも効果を発揮します。

冷え性は、手足の先にある毛細血管の流れが悪くなり、細胞内の水分やリンパ液を吸収できなくなることで生じてきます。

そのため水分が冷たくなり、足先、手先が冷える現象です。

手先、足先などの末端の毛細血管ではポンプである心臓から遠く、常に生じ易い場所です。

血液がドロドロで滞っている場合には生じてくる症状です。

血液が滞留している状態で白湯を毎日定期的に飲むことにより、その温かさで細胞が活動を活発化させ、新陳代謝機能とデトックス効果が生じてきます。

その結果、血流が増加します。

血流の増加は手足の末端でも生じてきますので、手足の先に溜まっていた水分は毛細血管に吸収されるようになり、余分な水分がなくなります。

手足の先では余分な水分により冷たくなることがなくなり、冷え性は解消されます。

なお、白湯の冷え性に対する効果につきましては、「白湯が冷え性に効果的である理由とは?」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

白湯ダイエットによるむくみ解消効果

白湯ダイエットで毎日白湯を飲むことにより、むくみも解消できます。

むくみは冷え性と同様の原因から生じています。

手足がパンパンに腫れて太ったように見えます。

また、朝のむくんだ足ですと、靴が履きにくくなります。

むくみは、特に朝に起こり易いものです。

むくみのなくなった夕方になりますと、靴が今度は余るようになります。

これは、リンパ液や水分などが手足の細胞に溜まってしまい、太くなってしまうことにより生じています。

朝に白湯を飲みますと、そのやさしい温かさで細胞や内臓の働きが活発化し、血流が増加します。

血流が増加することにより、手足に溜まっていたリンパ液や水分が血液中に吸収されて余分な水分はなくなって、むくみが解消します。

血流が増加することにより、栄養素は手足の細胞にも行き渡りますので、細胞活動も活発化して、むくみそのものが生じなくなります。

なお、白湯の冷え性に対する効果につきましては、「白湯はむくみの解消に効果抜群!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



白湯ダイエットの方法

白湯ダイエットは、ダイエット効果だけ出なく、さまざまな健康効果をもたらしてくれますが、どのように行なえばよいのでしょう。

白湯ダイエットは単に白湯を飲むだけの非常にシンプルなダイエットだけに、その白湯の飲み方によって効果は大きく変わってきます。

白湯ダイエットには成功するためのルールがあります。

白湯の飲み方

白湯ダイエットにおいては、白湯は一日に限度の800mlを何回かに分けて飲むことになります。

800mlを超えて飲みますと、デトックス効果が効き過ぎて体内に必要な栄養素まで体外に排出してしまいます。

従って、1日に800mlを超えて飲まないようにしてください。

白湯は一日何回飲む?

白湯ダイエットでは、一日800mlを4~5回に分けて飲むようにします。

1回200mlであれば4回、1回150mlであれば5回という具合です。

通常であれば、食事前と寝る前に200mlずつ飲めば良いでしょう。

白湯はいつ飲む、飲むタイミングいつか?

白湯は、一日800mlを4~5回に分けて飲みますが、それをいつ飲むかが白湯ダイエットのポイントになります。

基本的には、朝起きた時、昼食前、夕食前、寝る前の4回は必ず飲むようにしてください。

最低、朝起きた時と夜寝る前は一番ダイエット効果が大きくなりますので、必ず飲んでください。

また、5回の場合は、風呂上がりや、あとは空腹を感じた時に飲めばよいでしょう。

 

Sponsored Link



白湯ダイエットは朝に飲むのがよい

白湯ダイエットの一番効果が出るのは、朝起きた時と言われています。

朝起きた時の我々の体は、水分不足、体温の低下による内蔵機能の低下が生じています。

その状態に対して、白湯のやさしい温かさで体を目覚めさせ、新たな新陳代謝に向けて体中が活動を開始します。

従って、ダイエット効果も大きくなります。

なお、朝起きた時の白湯ダイエットの方法につきましては、「白湯ダイエットは朝に飲むのがよい」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

白湯ダイエットは寝る前に飲むのがよい

白湯ダイエットにおいては、朝の白湯と夜寝る前の白湯は一つのセットになっています。

夜寝る前に白湯を飲むことにより、夜中の基礎代謝が活発化し、体内の中性脂肪を大きく脂肪燃焼させることが出来ます。

しかし、活動が活発に行なわれることにより、朝方には内臓は疲れて活動を低下させ、水分不足になり、体温も下がった状態になってしまいます。

それをやさしい温かさで目覚めさせ、体温を上げて内蔵の活発化をさせてくれるのが朝の白湯になります。

従って、夜寝る前の白湯と朝起きた時の白湯は二つで一つのセットということが出来ます。

このセットによるダイエット効果は、白湯ダイエットの中でも一番効果が大きいと言われています。

なお、寝る前の白湯ダイエットの方法につきましては、「白湯ダイエットは寝る前に飲むのと効果抜群!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

白湯ダイエットは食前に飲むのがよい

白湯は、体の中を温め、内臓の活動を活発化させてくれます。

食事前には、我々の体は空腹状態にあり、胃や腸などは休憩中で活動レベルを低下させています。

そこにやさしい温かさの白湯を飲むことにより、内臓や細胞の活動は活発化し、新陳代謝機能もデトックス効果も高まってダイエット効果を生み出します。

さらに、内臓活動が活発化することにより、消化も良くなります。

白湯ダイエットは食後でも効果がある

基本的には、白湯ダイエットにおいては、白湯は食前の空腹時に飲んだ方が効果が大きいと言われています。

それに対して食後に白湯を飲む場合には効果は小さくなります。

しかし、効果が全く無いわけではありません。

食後に飲めなかった場合は食後に飲むようにしてください。

あるいは、朝起きた時と夜寝る前に白湯を多めに飲むようにしてください。

白湯ダイエットは空腹時に飲むとよい

我々の体は、空腹時になりますと、胃は空になり、内臓全体や細胞の働きが低下しています。

そのため、新陳代謝機能もデトックス効果も低調になっていますので、やさしい温かさの白湯を飲むことにより、内臓や細胞が目覚めて、活動を活発化させます。

それによって、新陳代謝機能やデトックス効果が働き出し、エネルギーとして中性脂肪を使って脂肪燃焼しますので、大きなダイエット効果を得ることが出来ます。

白湯ダイエットは風呂上がりに飲むとよい

お風呂は、体が温まり、新陳代謝機能もデトックス効果も高くなります。

しかし、お風呂から出て、扇風機やクーラーで体を冷やしてしまいますと、せっかく高まった新陳代謝機能やデトックス効果は元に戻ってしまいます。

風呂上がりにやさしい温かさの白湯を飲むことにより、体は冷えることなく、新陳代謝機能やデトックス効果を高いレベルで維持することが出来ます。

それによって、大きなダイエット効果が出ます。

 

Sponsored Link



白湯ダイエットは昼に飲んでもいい?

白湯ダイエットにおいて白湯を昼間に飲むことは大きな効果があります。

特に、昼食前に飲む場合には、空腹な時間帯に当たり、その効果は大きくなります。

白湯ダイエットは朝食はいい?

白湯ダイエットは、食事制限をするダイエットではありません。

もちろん、脂肪分や糖分の高い食事を繰り返してしまいますと、ダイエット効果は出ません。

そのため、日頃から体に良い食生活を送りましょう。

そして朝食の前に白湯を飲めばよりダイエット効果が高まります。

白湯ダイエットは夏に向いている

白湯ダイエットは、夏に向いています。

それは気温が高いため、汗をかけるからです。

汗をかき易いということは、体が脂肪燃焼し易いということであり、白湯ダイエットの効果も出易くなります。

Sponsored Link



白湯ダイエット中はバランスのとれた食事を心がけると効果倍増

白湯ダイエットは日頃の生活を変えなくても効果を得ることが出来ます。

しかし、いくら白湯ダイエットで新陳代謝機能を高めて脂肪燃焼を行なっても、普段よりも脂肪分や糖分を過剰に摂取してしまえば体重は減りません。

白湯ダイエットの効果をより高めたい場合は、食事の量全体を減らさずに、脂肪分や糖分を減らして、その分コレステロールを減らす働きのある野菜やお通じを良くする食物繊維を多く含む食物を増やすようにしてください。

そうすれば、白湯ダイエットの効果が非常に高まり、素晴らしい効果を実感することが出来ます。

白湯ダイエット中に規則正しい生活と運度を取り入れると効果倍増

現在の世の中ではどうしても日常生活が不規則になりやすく、運動不足になりがちです。

不規則な生活は体内の内蔵の温度を下げて、内蔵の活動を停滞させ、細胞に栄養が行き渡らなくなるため、細胞の活動も低調になり、新陳代謝機能も低下します。

もちろん、日頃の生活を特に変えずとも、白湯ダイエットの効果を実感することは出来ます。

しかし白湯ダイエットの効果をさらに効果を高めたい場合は、生活習慣と運動について心がけるようにしてください。

規則正しい生活・栄養バランスの良い食事・運動を白湯ダイエット中に取り入れると、想像以上のダイエット効果を実感することが出来ます。

なお、白湯ダイエットのやり方や方法に関するより詳しい情報は「白湯ダイエットの方法とやり方を全てお伝えいたします!」に詳しく記載されています。ぜひ、ご覧ください。

白湯ダイエットで痩せた例

白湯ダイエットによって痩せた方はたくさんいらっしゃいます。

その方々の成功した体験や口コミ情報をまとめてみました。

白湯ダイエットの口コミ・体験談情報

“体重は、最初の3ヶ月で5kg減り、1年で8kg減りました。(中略)

ダイエットとして取り入れたのは白湯だけでしたが、結果的には食事の量も減り、大きな苦労もなく痩せられました。血液検査の結果も良好になり、痩せただけでなく健康にもなれて一石二鳥でした。”

引用 Suraly

https://suraly.net/?p=4009

“2~3か月たった頃から「あれ?変わったかも」と気づき始めたんです。具体的には、体の冷えが軽減されたり、便秘が少し改善されたり、代謝が良くなった(中略)

​家事や朝の準備などしながらだとあっという間なので、ご自身に合った待ち時間の過ごし方を当てはめてみると苦ではないですよ”

引用 Suraly

https://suraly.net/?p=4009

なお、白湯ダイエットの体験談や口コミ情報については、「白湯ダイエットで痩せた!」に多く記載しています。ぜひ、ご覧ください。

Sponsored Link



白湯ダイエットで成功するための秘訣

白湯ダイエットは、白湯を飲み続けるだけの非常にシンプルなダイエット法です。

そして白湯ダイエットを成功させるためにはさまざまな飲み方、飲むタイミングがあります。

この白湯ダイエットを成功させるためのポイントは次のようなものになります。

  • 白湯ダイエットの効果を高めるためにお風呂上りに白湯を飲む
  • 白湯ダイエットの効果を高めるには夏が向いている
  • 白湯ダイエットの効果を高めるのに春、秋、冬もそれぞれのメリットがある
  • 白湯ダイエットの効果を実践するために食事や食事制限はしない
  • 白湯ダイエットの効果を高めるためにはおかゆを活用する
  • 白湯ダイエットの効果を高めるに常に体重を量るようにする
  • 白湯ダイエットの効果を高めるためには軽い運動は効果的

などがあります。

なお、白湯ダイエットの成功のために必要な秘訣については「白湯ダイエットで成功するための秘訣」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



白湯ダイエットの効果が出る期間について

白湯ダイエットの効果が現れるまでの期間については、始められる方の体の状態によって変わってきます。

体の中に毒素や腸に悪玉菌が多くいる場合には、好転反応と呼ばれる現象が起きることもあります。

好転反応というのは、白湯が体の中にある毒素や悪玉菌を体外に出してしまおうとする働きであり、体内の掃除をしている状態です。

好転反応では、腹痛や下痢が生じてきて、白湯もまずいと感じてしまいます。

しかし、これは白湯が我々の体を正常な状態に戻そうとしている動きであり、悪い反応ではありません。

従って、この期間も飲み続けることにより、白湯ダイエットは高いダイエット効果を得ることが出来ます。

この状態は1~2週間続くこともあり、それを乗り越えたところから本当のダイエットが始まります。

そこから一ヶ月ほどしますと、体重の低下が顕著になり、ダイエット以外の健康効果もさまざまのものが現れます。

この白湯ダイエットの効果が現れるまでの期間については、「白湯ダイエットの効果が出る期間について」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



白湯ダイエットのアレンジレシピ

白湯はもともと水を沸騰させ、冷ましたものです。

そして白湯ダイエットは毎日、白湯を800mlを飲みます。

白湯ダイエットを飽きること無く取り組む方法として、白湯にダイエット効果のある食材を加える方法があります。

ここでは白湯ダイエットに最適な食材をご紹介します。

白湯ダイエットとレモン

白湯に相性がいいのがレモンです。

レモンはビタミンCが豊富に入っています。

このビタミンCは、免疫力が高く、抗酸化作用、抗ストレス作用を持っており、ダイエット効果、美容効果、疲労回復、風邪予防などには効果抜群です。

従って、白湯にレモン汁を入れることにより、白湯の持つ新陳代謝機能を高める働きとデトックス効果に、抗酸化作用による血流の増加をプラスしてくれます。

それにより、デトックス効果はさらに上がり、新陳代謝機能の高まりによって生じた脂肪燃焼の燃えカスなどの老廃物をどんどん体外に排出してくれます。

また、朝起きた時には、口の中は水分不足からカラカラになって細菌がうようよしています。

いきなり白湯だけで飲むとこれらの細菌や細菌が発する毒素も一緒に胃に流し込んでしまいます。

しかし、レモンを白湯に入れれば、レモンの免疫力によって細菌や毒素を抑えてくれるので安心です。

作り方は、白湯にレモン汁をスプーン一杯入れるだけでとても簡単です

レモン白湯に関するより詳しい情報は「レモン白湯の効果について」にてお伝えしています。

白湯ダイエットと梅干し

梅干しにはポリフェノールの一種であるリグナンという成分が含まれています。

このリグナンは、細胞や体の組織に対して強い抗酸化作用があります。

また、クエン酸も含まれていることから、新陳代謝を高め、血液をサラサラにして血流を増加させてくれます。

クエン酸によって新陳代謝が高まり、デトックス効果も高まることから、白湯に入れることにより、脂肪燃焼も高まり、ダイエット効果は大きくなります。

さらに、便秘解消、美容効果も大きく、昔からその利用は広範囲にわたっています。

このように効果の大きい梅干しを白湯に入れて飲むことで、白湯の新陳代謝や内臓の活性化などがより強化され、ダイエット効果が大きく高まります。

同時に便秘解消効果、美容効果などによって体内やお肌はきれいになり、さわやかな一日が過ごせます。

レモンの酸っぱさとはまた違った酸っぱさが口の中に広がります。

作り方は、白湯に梅干しから剥がした梅肉を一片入れてかき混ぜるだけです。

ダイエットには最適ですので、一度試してみてください。

白湯ダイエットと炭酸水

炭酸水は、二酸化炭素が溶け込んだ水のことで、弾けるような炭酸の泡が特徴です。

この炭酸が体内に吸収され、血管に入りますと、我々の体は血液が酸素不足になっていると勘違いして、血管を拡張し、血流を増加して酸素を体の隅々まで送ろうとします。

また、血液に酸素が増加することにより、疲労回復効果も生まれます。

その血流の増加や疲労回復効果により、さまざまな健康効果が生まれ、その中にはダイエット効果もあります。

さらに炭酸の効果で腸内では便秘解消効果にもつながります。

炭酸は食事前に500ml程度飲みますと、炭酸の泡によって満腹感が出て、食事の量を少なくすることが出来ます。

このようなダイエット効果のある炭酸水と白湯を一緒に飲むことにより、デトックス効果が上がり、新陳代謝機能はさらに高まって、脂肪燃焼も高まることになります。

そのために、高いダイエット効果を味わうことが出来ます。

 

なお、炭酸水によるダイエット効果に関しては「炭酸水ダイエットの効果がもの凄い!」にてお伝えしています。

 

Sponsored Link



白湯ダイエットとはちみつ

はちみつは、よく知られているように、主成分であるブドウ糖をはじめとして、良質なビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。

ブドウ糖は体のエネルギー源となるもので、このエネルギーは新陳代謝を行なう上においても必要なもので、体内の脂肪が燃焼されますし、疲労回復にも効果絶大です。

人は疲れた時に甘いものを食べたくなります。

疲れた体は糖分が不足しており、体が要求するためです。

しかも体に吸収され易いという特徴があります。

従って、はちみつ白湯は、新陳代謝機能を高めて脂肪燃焼を促進し、さらにデトックス効果を高めることにより、ダイエット効果を相乗効果的に高めてくれます。

白湯にスプーン一杯入れるだけで、白湯ダイエットの効果一段と高まります。

 

なお、白湯とはちみつの相乗効果に関しては「白湯とはちみつの相乗効果について」にて詳しくお伝えしています。

白湯ダイエットと麦茶

健康のために麦茶を飲むという人も多くいます。

朝は白湯にして、昼間は麦茶と飲み分けている方も多くいます。

麦茶の特徴は、緑茶とは違って、あまり成分的には入っておらず、カロリーも低いという点です。

麦茶は2kcalと少なく、何杯飲んでも健康上の支障もありません。

さらに麦茶にはビラジンという成分が含まれています。

この成分は血液をサラサラにする効果があり、脳梗塞や心筋梗塞の予防効果があります。

すなわち、血流をよくしてくれます。

従って、温かい麦茶は白湯と似た効果を発揮します。

白湯には、その温かさで新陳代謝を高め、デトックス効果で体内の掃除をしてくれますが、麦茶にも同じような効果があります。

また、白湯に比べてビラジンなどの効果によって、血流をよくする働きが白湯よりも強くあるのが、特徴です。

朝の忙しい時間帯の一杯は白湯にして、余裕のある昼間には麦茶を飲むようにすると、飽きること無くダイエットを続けることが出来ます。

白湯ダイエットとお茶

麦茶と同様に白湯と飲み分ける飲み物にお茶、特に緑茶があります。

緑茶には、コーヒーと同様カフェインやポリフェノールが含まれています。

しかし、一杯当たりに含まれるカフェインはコーヒーの1/3程度であり、しかも、緑茶に含まれるタンニンはカフェインの働きを抑える作用があります。

また、緑茶にはタンニン以外にも、ポリフェノール成分が含まれており、抗酸化作用があり、血流増加作用があります。

抗酸化作用には、血流を増加させて体内に脂肪分や糖分を早く流す働きがあり、体内に中性脂肪が蓄積しにくい体を作ってくれる働きがあります。

そのため、美容やダイエット目的で緑茶を飲む女性は多くいます。

ただ、朝に緑茶はコーヒーと同様いきなり飲むのは刺激が強いため、朝起きてすぐに飲むのは白湯が向いています。

内臓が目を覚まして活動し始めれば、緑茶を飲めば両方のダイエット作用を手に入れることが出来ます。

白湯ダイエットとコーヒー

朝はコーヒーという人は多いです。

コーヒーは、カフェインやポリフェノールが豊富に入っており、カフェインの覚醒作用やポリフェノールの抗酸化作用などが有名です。

それらの成分による派生効果として脂肪燃焼効果によるダイエット効果や、美肌効果、血液系疾患の予防効果、疲労回復効果など多様な健康効果があります。

効能そのものには白湯と似たものが多いです。

しかし、効果としては白湯と似ていますが、コーヒーにはカフェインの過剰摂取による弊害も存在します。

特にカフェインは、覚醒作用が強く、飲み過ぎると寝不足、不眠症の症状が出ますし、長期間過剰摂取を続けると成人病などの寿命に影響する病気にかかる可能性が高くなります。従って、飲める量は限られています。

白湯も一日800ml程度までと制限がありますが、コーヒーと白湯を飲み分けることで、両方のダイエット効果を得ることが出来ます。

また、コーヒーには飲めない時間帯があります。

空腹時や寝る前は副作用が出る可能性があり、そのような時間帯には白湯を飲むことにより、両方の相乗効果を得ることが出来ます。

 

なお、コーヒーのダイエット効果に関しては「コーヒーダイエットの効果がもの凄い!」にて詳しくお伝えしています。

 

そして白湯のアレンジ事例については、「白湯のアレンジ方法のすべてをお伝えします!」に詳しく記載されていますので、ご覧ください。

Sponsored Link



白湯ダイエットは効果がない?

白湯ダイエットには効果がないと言われることがあります。

これは白湯ダイエットの飲むルールを確認せずに、実践している場合です。

すなわち、白湯ダイエットは、基本的に白湯を飲むだけの非常にシンプルなダイエットであるだけに、飲み方、飲むタイミングなどにおいて基本的なルールがあります。

・白湯ダイエットは朝と夜飲むのが一番効果があります。

・白湯ダイエットは食後よりも食前のほうが効果があります。

・白湯ダイエットは1日数回に分けて800ml飲むとより効果があります。

・白湯ダイエットは毎日実践すると効果が高まります。

白湯ダイエットを実践するにはこれらのルールを守って取り組むことが重要です。

なお、白湯ダイエットで効果が出ない場合に対してのより詳しい情報は、「白湯ダイエットは効果なし?」に詳しく記載されています。ぜひ、ご覧ください。

Sponsored Link



白湯ダイエットは痩せない?

白湯ダイエットで痩せられなかったという声もあります。

白湯ダイエットで痩せられなかった理由はいろいろありますが、やはりルール通りに飲まなかったり、サポートを何もしなかったということが多くあります。

特に脂肪分や糖分に偏った食生活を続けていたという場合が多いようです。

白湯ダイエットは、食事量を減らす必要がありません。

しかし、白湯ダイエットをしているからといって、普段よりも食事の量が増えたり、糖分や脂肪分を多く取ってしまったりすると、白湯ダイエットの効果が出にくくなります。

そのため、食事そのものの量を減らす必要はありませんが、白湯ダイエットを実践している時は、バランスのとれた食事を心がけてください。

それによって白湯ダイエットの効果をかなり高めることが出来ます。

白湯ダイエットで痩せない場合に関するさらに詳しい情報は、「白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!」に記載されています。ぜひ、ご覧ください。

 

Sponsored Link



妊婦の白湯ダイエット

白湯には、コーヒーのカフェインや、豆乳のイソフラボンのように副作用の出る強い成分は含まれていません。

そのため妊婦の方であっても白湯ダイエットは可能です。

妊婦の方はお腹に赤ちゃんがいるために運動不足になりがちであり、便秘にもなり易いため、太る要素が多くなります。

妊娠初期にはつわりはあるものの、食欲は赤ちゃんのために旺盛になります。

また、赤ちゃんがお腹にいることにより、ストレスが溜まることも多くあります。

そのような時に、白湯を定期的に飲むダイエット法を実践することにより、新陳代謝とデトックス効果により、産後太りを防ぐことが出来ます。

そしてそれとともに、

  • 内臓を温めてくれることにより、リラックス効果が得られ、ストレスが軽減
  • 便秘の改善効果が見込める
  • 食べづわりの場合には、白湯が空腹感を和らげてくれる

となどの効果が一緒に得られます。

Sponsored Link



産後の白湯ダイエット

赤ちゃんが生まれた後の産後には、たいていの方が妊娠以前よりも太っています。

赤ちゃんに栄養が行くように妊娠期にたくさん栄養をとり、運動もしていなかったためです。

しかし、出産が終わっても、ベッドで動けない赤ちゃんの世話は大変で、運動をしたり、ゆっくりダイエット食を作るというわけにもいきません。

そのため、産後のお母さんで太ったまま、体重が落ちないという方が多くいます。

そのような時に役に立つのが白湯ダイエットです。

白湯ダイエットはお湯を沸かして少し冷ましてから飲むだけですので、育児をしながらでも実践することが出来ます。

しかも、赤ちゃんに粉ミルクをあげる際には、お湯を沸かしますから、自分の白湯も同時に作ることができます。

また、白湯は何も成分は入っていませんから、母乳の場合にも影響は出ません。

産後には白湯ダイエットをおすすめします。

 

Sponsored Link



生理中の白湯ダイエット

生理中には、生理痛で悩んでいる女性もかなりいます。

生理痛は、さまざまな原因があり、ホルモンバランスの崩れや、新陳代謝が悪い場合、冷え性、自律神経の乱れなどから生じると言われています。

その中で、新陳代謝が悪い場合や冷え性によって生理痛が生じている場合には、白湯ダイエットは効果があります。

白湯の基本的な作用は、新陳代謝機能を高め、デトックス効果を高めることにあります。

それによって脂肪燃焼も高まって、ダイエット効果が出るわけですが、新陳代謝機能を高める、それだけで生理痛のひとつの原因を取り除いてくれます。

さらに、手足、腰などで血液が滞留して水分が残り、冷え性になっている場合、デトックス効果により、血流が良くなることで、それらの水分が除かれて冷え性は解消します。

そのため、冷え性による生理痛も軽減できます。

また、生理前などには、ホルモンバランスが崩れてむくみが出たり、太ったりしますが、それも白湯ダイエットを続けていますと、血流をよくすることで軽減できます。

従って、生理前、生理中にも白湯ダイエットは続けることにより、ダイエット効果だけでなく、生理にかかわる症状の軽減にもなります。

Sponsored Link



ダイエットにおける白湯の作り方

白湯の作り方はいたってシンプルで、コストがかかりません。

水道水をやかんに入れて火にかけて沸騰させます。

沸騰してから約1~2分ほど待ってから火を消します。

そして、温度が50~60゜Cにまで冷えたら出来上がりです。

本当に簡単です。

水道水とミネラルウォーター

水は、水道水で充分です。

ミネラルウォーターにこだわったりする方もおられますが、現在の日本の水道水は、世界でも最高水準の水質基準で運用されています。

ミネラルウォーターは食品衛生法での水質基準になっていますが、水道水は水道法によって食品衛生法よりもかなり厳しい基準が引かれており、安全です。

しかも、沸騰させていますので、さらに安全になっています。

ただ、マンションや中高層共同住宅に住んでおられる方の場合は、一度貯水タンクに水道水を貯めてから各家庭に供給されています。

マンションそのものが老朽化していたり、貯水タンクの管理水準が余り高くないケースでは、蛇口から出る水道水は不純物が入ったり、さび臭くなったりしてしまいます。

そのような場合は、浄水器を通した水道水を使ってください。

水道水に関する様々な詳しい情報は「水道水」のカテゴリーで各テーマにおいて詳しくお伝えしています。

水道水で白湯を作る前にレモン汁一滴

水道水は、カルキ臭いからいやだという方もいます。

その場合は、カルキを除去するために一滴レモン汁を垂らした後、火にかけて沸騰させます。

レモン汁一滴で塩素、すなわちカルキは消えてしまいます。

市販されているレモン汁で充分です。

 

水道水のカルキ抜きに関する詳しい情報は「水道水のカルキ抜きの方法を完全解説!」にて詳しくお伝えしています。

白湯の温度

沸騰したお湯の温度は、50~60゜Cになるまで冷ましてください。

冷まし過ぎて自分の体温以下にはしないように注意してください。

雑菌が入ってきてしまいます。

体内の悪玉菌もそれくらいの温度を喜びますから、新陳代謝やデトックス効果が生まれなくなってしまいます。

また、ぬるくなってしまった白湯は、中途半端に温め直しはしないようにしてください。

白湯は湯冷ましであり、ぬるま湯ではありません。

完全に沸騰させてから飲みましょう。

 

なお、白湯の温度に関する詳しい情報は「白湯の温度を最適にしてダイエットなどの様々な白湯効果を最大化する方法」にてお伝えしています。

白湯を作る際のやかんやケトルについて

白湯を作る際にはやかんやケトルを使います。

辞書などを見ると、基本的にはやかん=ケトルなのですが、ケトルは底が平らなもので、やかんは底が丸いとしているものもあります。

基本的にどのようなやかんやケトルでも白湯を作ることが出来ます。

 

なお、白湯の作り方につきましては、「白湯のおいしい飲み方・作り方」でも詳しく記載されていますので、ご覧ください。

 

Sponsored Link



水筒に白湯を入れて持ち歩く場合

白湯は、冷め過ぎて体温より低くなってしまいますと、雑菌が繁殖するようになります。

白湯を携帯用のポット、すなわち水筒に入れて持ち歩くという方法もあります。

その際は保温機能の高いポット、水筒にしてください。

保温機能が高い水筒であれば、ある程度時間が経っても白湯の温度は保つことが出来ます。

白湯の温度が40゜C以上であれば、白湯としての働き、新陳代謝機能を高めたり、デトックス効果を高めることが出来ます。

従って、ダイエット効果も出ます。

しかし、体温よりも低くなった場合は飲まないようにしましょう。

雑菌が入ってくるのはもちろんですが、白湯としての温かさがなくなり、水分補給としての意味しかなくなってしまいます。

白湯は、温かさが重要です。

高過ぎても低過ぎても白湯としての働きが生じません。

どちらもダイエット効果が効かなくなります。

Sponsored Link



白湯ダイエットの注意点

白湯は、体には非常に良く、ダイエット効果も高いため、たくさんの人に飲まれています。

しかし、白湯ダイエットには注意すべき点があります。

白湯は飲み過ぎない

白湯の一日に飲む量は800ml以上は飲まないようにしてください。

それ以上飲みますと、デトックス効果が効き過ぎて、体内で必要なビタミンやミネラルを体外に排出してしまいます。

ビタミンやミネラルが不足しますと、さまざまな症状が出て、健康を損ねる可能性があります。

厳密な根拠はありませんが、古代インドのアーユルヴェーダの時代からの経験的な限度であり、守って飲むようにしましょう。

 

なお、アーユルヴェーダ式の白湯に関しては「アーユルヴェーダで白湯の効果を最大化する方法」で詳しくお伝えしています。

 

Sponsored Link



まとめ

白湯ダイエットは基本的に白湯を飲むだけの非常にシンプルなものですが、その効果は非常に大きなものになります。

ダイエット効果だけでなく、便秘解消効果、美容効果、アトピー軽減効果などさまざまな健康効果が出てきます。

しかし、シンプルであるだけに、その実践には、さまざまなルールもあります。

朝と寝る前は効果が高いです。

食後も効果がありますが、食前のほうがより効果があります。

これらに気をつけながら毎日白湯を飲むようにすると大きなダイエット効果を得ることが出来ます。

ぜひ、白湯ダイエットの素晴らしいダイエット効果を実感してください!

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 白湯はむくみの解消に効果抜群!

  • 白湯を寝る前に飲むと便秘やダイエット、睡眠、美肌に効果がある

  • 白湯のその他の健康効果

  • 白湯が冷え性に効果的である理由とは?

  • 白湯の温度を最適にしてダイエットなどの様々な白湯効果を最大化する方法

  • 白湯のアレンジ方法のすべてをお伝えします!