1. TOP
  2. ほうじ茶
  3. ほうじ茶は妊娠・妊婦に優しいお茶?
Sponsored Link

ほうじ茶は妊娠・妊婦に優しいお茶?

ほうじ茶   863 Views

ほうじ茶が妊娠時や妊婦の体に対してどのような影響があるのかを知りたい方々は多くいます。

ほうじ茶に含まれるカフェインの量は1杯に20mg~30mgです。

一度に多くのほうじ茶を飲まない限り、妊娠時や妊婦の体にほうじ茶のカフェインが影響を与えることはありません。

ほうじ茶はリラックス効果・美肌効果・冷え症改善効果など様々あります。

そのため、妊娠中でも適量のほうじ茶を飲むことで大きなメリットを得ることが出来ます。

今回の記事では、ほうじ茶が妊娠や妊婦にどのような影響をおよぼすのかについて詳しくお伝えいたします。

Sponsored Link



ほうじ茶カフェインの含有量が妊婦に及ぼす影響

ほうじ茶には、番外茶と晩茶葉の2種類があります。

番外茶のほうじ茶は新茶葉のため、カフェインが多く含まれます。

1杯のほうじ茶のカフェインの量は、緑茶と同じ30㎎ほどあります。

晩茶のほうじ茶は、カフェインが新茶葉より少なく、渋みのタンニンが多くなります。

カフェインの量が少ない晩茶のほうじ茶は、妊婦におすすめできるほうじ茶です。

晩茶のほうじ茶のカフェインは20mgと少ないですが、一度に多くの量のほうじ茶を飲んだり、1日の量が多くなるほど飲んだりすれば、カフェインの影響があり、妊婦にも胎児にもよくないです。

安全面を考えて1日1〜2杯としてください。

カフェインは胎児への影響として、発育の阻害が示唆されています。

妊娠すると、カフェインは控えた方がよいといわれるのは、胎児の機能が未発達のため、カフェインが胎盤を通して体内に入ったカフェインは排出できず、胎児の体内に留まるためです。

 

Sponsored Link



カフェインは血管を収縮させる作用がある

血流が抑えられると、胎児の成長に影響すると考えられています。

妊娠初期は胎盤が形成される時期で、カフェインが胎盤に留まりやすいので、カフェインは控えた方がいいです。

また、ほうじ茶を過剰に摂取すると、むくみの原因にもなり、冷え性も引き起こしやすくなります。

冷え性は、血流を低下させて体内の循環が滞り、老廃物も体内に蓄積しやすくなります。

結果、妊婦の健康が害されやすくなり、胎児の成長にも影響を及ぼしかねないので、ほうじ茶による過剰な水分補給は控えることをおすすめします。

ほうじ茶の多量摂取は、カフェインの利尿効果にカルシウムも排出されやすく、骨粗鬆症のリスクが高くなります。

また、過剰のカフェイン摂取は鉄の吸収も阻害します。

このように、ほうじ茶は1日2〜3杯程度の適量であれば悪影響はありませんが、過剰に摂取すればカフェインの影響を受けてしまうので注意が必要です。

Sponsored Link



妊婦へのほうじ茶のカフェインの影響

ほうじ茶のカフェインには、覚醒作用による疲労感や眠気の除去・持久力増加・利尿作用などがあります。

ほうじ茶の多量の摂取はカフェインの影響が強くなり、妊婦にも胎児にも影響を及ぼします。

しかし、少量のカフェインの摂取は、疲労感や眠気の解消、持久力の維持などにより、むしろストレスがかかりやすい妊婦の体にとって良い効果をもたらします。

1杯のほうじ茶に含まれているカフェインの量は20㎎~30mgです。

これはコーヒーの1/3~1/5程度のカフェイン量です。

1日2杯程度のほうじ茶を時間をあけて飲めば、カフェインの効果が強く現れることはなく、むしろゆっくりとカフェインの効果が起こり、妊婦にとって良い効果が得られます。

ほうじ茶に含まれるカテキン妊婦に及ぼす効果

カテキンの効果は、血中コレステロールや体脂肪を低下させる作用、抗酸化作用とがん予防、虫歯予防、抗菌作用、抗インフルエンザ作用、血圧・血糖値上昇抑制作用、脱臭作用による口臭予防があります。

ほうじ茶に含まれるカテキンは、脂肪燃焼効果があり、内臓脂肪や皮下脂肪を減らせます。

運動量の少なくなる妊婦にとっては、カテキンの燃焼効果は、体重の増加を防ぎ、体重の維持と出産時のリスクを軽減します。

カテキンは、抗酸化作用がビタミンCの約80倍といわれています。

ほうじ茶にもカテキンが含まれていますので、抗酸化作用による活性酸素を減らす効果があります。

また、カテキンには殺菌作用・抗インフルエンザ作用もあり、体内に侵入した細菌を減らす効果も期待できます。

そのため、ほうじ茶による感染症などの予防効果は、妊婦の健康と胎児の成長に良い影響を与えます。

また、妊娠中は血圧が上がりやすく、血糖値も高くなりやすい傾向がありますが、カテキンには血圧や血糖値を抑制する効果があります。

さらに、カテキンの口臭予防作用は、妊婦の健康状態から生ずる口臭を予防でき、虫歯予防の効果もあります。

1日2杯程度の適度なほうじ茶の摂取は、ほうじ茶に含まれるカテキンが、このような良い効果をもたらします。

 

Sponsored Link



ほうじ茶が妊婦にもたらす効能

ほうじ茶は、カロリーゼロの飲み物で、水分補給にもよい飲み物です。

また、焙煎により茶葉の栄養が減るとはいえ、多くの栄養効果効能が期待できる飲み物です。

妊婦にとっても嬉しい、ほうじ茶の抗酸化作用

ほうじ茶には抗酸化作用のあるカテキン・ビタミンC・ビタミンE・β-カロテンが含まれています。

抗酸化作用は、がん抑制、血中のコレステロールを下げ、血圧の上昇を抑制し、妊婦の体を守ります。

ほうじ茶に含まれるGABAにも血圧を低下させる作用があります。

ビタミンCには、抗酸化作用の他に、血管・皮膚・粘膜・骨形成に必要なコラーゲンの生成をサポートと、肌トラブル予防作用、鉄分の吸収を高めたる働き、傷の治りを早める作用、ストレス解消、美白効果・風邪予防があります。

ビタミンB2はビタミンCとともに粘膜の維持と、皮膚・粘膜・毛髪・爪の再生、老化防止作用があります。

妊娠時は体調の変化が起こりやすいです。そのため、健康維持にこれらの効果も大切です。

Sponsored Link



妊婦に必要な葉酸もほうじ茶に含まれている

ほうじ茶には妊婦に必要といわれている葉酸も含まれています。

葉酸は胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを低減できるので、元気な健康な赤ちゃんの誕生に必要です。

また、葉酸は動脈硬化予防の働きもあり、妊婦にっとて、お腹が大きくなるにつれ、圧迫される血管の硬化の予防にもなります。

ほうじ茶に含まれているβ-カロテン

ほうじ茶に含まれるβ-カロテンは、夜盲症の予防の働きもあります。

サポニンには、血圧降下作用と抗インフルエンザ作用もあり、妊婦のからだの健康維持の助けになります。

ほうじ茶に含まれているミネラル

ほうじ茶にはミネラルが含まれ、これらは整体調節作用を担い、体内の濃度のバランスなどを正常に保持する働きをします。

ほうじ茶は妊娠時に起こりやすい体臭を予防できる

ほうじ茶に含まれているカテキンの虫歯や口臭の予防とクロロフィルの消臭作用は妊婦特有の体臭などの気になるケアに良い効果発揮します。

ほうじ茶で妊娠時もリラックスできる

さらに、ほうじ茶の焙煎による香り成分は、からだや脳をリラックスさせる効果があり、妊娠のストレスを緩和する作用があります。

このように、ほうじ茶には良い効果が多くある飲み物なので、妊婦にとってもその効果を活用していきたい飲み物です。

なお、ほうじ茶の効能については「ほうじ茶の効能は凄い!ダイエットや美容に最適」にて、より詳しく紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

Sponsored Link



ほうじ茶は妊婦が飲んでもよい飲み物

先に述べたように、ほうじ茶にはカフェインが含まれていますが、一度に大量のほうじ茶を飲んだり、1日にほうじ茶を多量に飲まなければ、カフェインの効果がゆっくりと得られて妊婦にとって、よい効果があります。

カフェインの効果は、疲労回復、解熱鎮痛作用、強心、利尿作用があります。

副作用は過剰に摂取しなければ引き起こすことはほとんどないといわれています。

水分補給にほうじ茶を飲み、ほうじ茶の効果を活かす飲み方ならば、妊婦にとってもよい効果をもたらしますので、適量のほうじ茶を飲むことを心がけることをおすすめします。

妊婦はほうじ茶を何杯飲めるのか

妊婦の摂取するカフェインの上限は、1日100㎎です。

1日100mgを超えると、流産などのリスクが高まります。

ほうじ茶の1杯あたりのカフェイン量は20~30mgです。

そのため、より安全面を考えて1日1〜2杯程度で、ほうじ茶を飲むようにしましょう。

出来たら、ほうじ茶を飲む時は空腹時を避けると、胃に刺激が少なくて良いです。

食事に妊婦もほうじ茶を飲んでよい

ほうじ茶は、カロリーゼロの飲み物で、水分補給もできる飲み物です。

脂肪の燃焼効果、冷え性解消、利尿作用、焙煎による香り成分のリラックス効果などは、妊婦にとっても必要な効果です。

ほうじ茶を食事時に飲めば、胃に食べ物が入っている状態なので胃への刺激が弱まり、ほうじ茶の持つ効果も得やすくなります。

お~いお茶のほうじ茶は妊婦が飲めるの

伊藤園のお~いお茶のほうじ茶にも、普通のほうじ茶の半分くらいの約10mgほどのカフェインが入っています。

普通のほうじ茶の半分くらいですから、量的に多く飲める飲み物ですが、ほどほどの量を飲む場合は、心配ないでしょう。

Sponsored Link



妊婦にほうじ茶と玄米茶のどちらがよい

玄米茶は玄米が含まれるので、その分茶葉が少なくなり、カフェインの量が減り、マイルドな香りがあるおちゃです。

玄米茶は100mlあたり10mgのカフェインが入っています。

玄米茶にはアミノ酸のGABAが含まれていて、コレステロールを抑える効果がり、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の予防期待できます。

また、玄米茶にはGABAと同じ生活習慣病予防に有効なポリフェノールのγ―オリザノールも含まれています。

玄米茶は、リラックス効果、うまみ成分で脳の興奮を抑えるテアニン、アンチエンジング効果、抗酸化作用のあるお茶の成分を含んでいます。

むろんカテキンの殺菌・抗酸化作用もあり、口臭効果もあります。

玄米茶は、緑茶の効果に玄米のGABAやγ-オリザノールの生活習慣病予防と焙煎の香り成分の効果があります。

ほうじ茶も玄米茶もどちらも妊婦にとって良い効果をもたらしますので、両方のお茶の利用を工夫して使うとよいでしょう。

 

Sponsored Link



赤ちゃん本舗のほうじ茶は妊婦が飲んでもよい

あかちゃん本舗で販売されているほうじ茶は、通常のほうじ茶のカフェイン量の半分以下です。

ほうじ茶の効果から、赤ちゃん本舗のほうじ茶は、妊婦も飲んでもよいお茶です。

ただし、いくらカフェインが少なくても、一度に飲む量が多い、あるいは一日の摂取量が多くなりすぎると、カフェインの効果が強く現れますので気をつけてください。

妊婦はほうじ茶と麦茶のどちらが良いか

麦茶はノンカフェインのお茶です。

冷たい麦茶より温かい麦茶をおすすめします。

麦茶の香ばしい香り成分のアルキルピラジンは血行促進効果があります。

GABAのノルアドレナリンの過剰分泌を抑制し血圧を下げる、Pクマル酸は活性酸素除去する抗酸化作用、がん予防など多くの効果をもたらすお茶です。

麦茶は冷え性になりやすい成分を含んだお茶ですから、妊娠中は冷やした麦茶を飲むことは避けましょう。

麦茶もほうじ茶もどちらも妊婦にとって良い効果をもたらすお茶ですから、飽きないように合わせて飲む工夫をすることをおすすめします。

ほうじ茶よりカフェインが多い抹茶を妊婦が飲んでもよいのか?

抹茶は、茶葉を余すことなく摂取できるお茶で、茶葉の成分をほぼ全部摂取できます。

100mlの抹茶に含まれるカフェインの量は、約32㎎です。

ほうじ茶よりもカフェインの量が多目なので飲み過ぎに注意しましょう。

Sponsored Link



妊婦の貧血にほうじ茶は影響しない

タンニンは鉄分の吸収を阻害する作用があります。

貧血気味の妊婦は、タンニンの摂取を控えたほうが良いと言えます。

また、カテキンは、胎児の成長に必要な葉酸の働きを阻害します。

他のお茶や飲み物に比べてほうじ茶にはタンニンやカテキンが多く含まれていません。

そのため、タンニンやカテキンによる貧血や発育への悪影響の心配がありません。

臨月の妊婦はほうじ茶を飲んでもよい

胎児が大きく成長するにつれ、靭帯や筋肉を緩めるホルモンが分泌されて骨盤や股関節がゆるみます。

その状態で偏った力が加わると、血流が阻害されて冷え性を引き起こしやすくなります。

臨月近くなると胎児が一層大きくなり、足が冷たくなったりむくんだり痛いといった苦痛を伴う妊婦も多く、下半身血流が悪くなりやすいです。

それらに対して、ほうじ茶に含まれるピラジンは血行を改善する働きがあり、からだを温めるお茶です。

また、臨月になれば妊婦のからだの負担も一層高くなり、ストレスも溜まりやすくなります。

ほうじ茶の香り成分であるテアニンには、リラックス効果と睡眠の改善効果があります。

臨月の妊婦にとって、ほうじ茶は優れた効果を発揮します。

Sponsored Link



ほうじ茶は妊娠時の飲み物としても良い効果をもたらす

ほうじ茶は妊婦が気をつけなければならないカフェインがそれほど多くありません。

そのため、1日2杯程度であれば安心して飲むことが出来ます。

また、ほうじ茶には血流を良くする効果・妊娠時に起こりやすい高血圧や高血糖を防ぐ効果・妊娠時に大切なリラックス効果・むくみ改善効果など様々な効果があります。

ほうじ茶はカロリーもほぼゼロです。

これら様々なほうじ茶のメリットは妊娠時に大きな役目を果たします。

健康な母体と元気な赤ちゃんのためにほうじ茶を上手く活用してください!

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 水素水ダイエットの効果を徹底解説!

  • 白湯ダイエットで痩せない理由のすべてをお伝えいたします!   

  • 豆乳ダイエットはいつ飲むと効果的か?

  • 炭酸水の洗髪効果が凄い!育毛・頻度・作り方・方法・やり方を完全解説します!

関連記事

  • 番茶とほうじ茶の違いは地域による呼び方や製造過程で変わる

  • ほうじ茶の効能が凄い!ダイエットや美容に最適!

  • 赤ちゃんがほうじ茶を飲む際の注意点や飲ませ方について

  • ほうじ茶はカフェインの影響が少ないのか

  • ほうじ茶はダイエット効果がある最適な飲み物!

  • ほうじ茶の入れ方完全解説!