1. TOP
  2. スムージー
  3. グリーンスムージーダイエットの効果が凄い!太らない体作りの方法と注意点
Sponsored Link

グリーンスムージーダイエットの効果が凄い!太らない体作りの方法と注意点

スムージー   497 Views

グリーンスムージーダイエットはグリーンスムージーを飲むことで痩せやすく太りづらい体作りをして痩せる方法です。

野菜や果物に含まれる酵素や抗酸化物質や豊富な栄養を丸ごと摂取できるグリーンスムージーは、おいしく飲みながら代謝を高めたり活性酸素を除去したりむくみを取り除いたりすることができます。

そのため健康的に美しく痩せられるというわけです。

グリーンスムージーダイエットでは1日に1~2ℓのグリーンスムージーを飲みますが、その取り入れ方はライフスタイルやダイエットの目標に合わせて選ぶと良いでしょう。

数日のうちに2~3kg減量したい場合には、グリーンスムージーを使って3日間断食するという方法があります。

長期的にダイエットに取り組んで徐々に減量したい場合には、朝食をグリーンスムージーに置き換える方法が向いています。

グリーンスムージーダイエットは正しく行えば妊娠中や産後のダイエットとしても向いていますし、男性のダイエット方法としてもおすすめです。

ただしきちんとグリーンスムージーのダイエット効果を発揮させるためには、正しい作り方でグリーンスムージーを作る必要があります。

そのために意識すべきポイントは、

  • 葉物野菜中心にする
  • 皮ごと使う
  • 材料は常温にする
  • 豆類やいも類は入れない
  • 加える水分は水にする
  • 作り置きせずすぐに飲む

ということです。

できるだけ効果が高まるようにするために、グリーンスムージーダイエットの取り組み方・正しい作り方・なぜ痩せるのか・グリーンスムージーダイエットで痩せない場合の原因・グリーンスムージーダイエットとリバウンド・グリーンスムージーダイエットの注意点についてお伝えしています。

グリーンスムージーダイエットについて正しく知って効果的にダイエットできるようにしましょう。

Sponsored Link



Contents

グリーンスムージーダイエットとは

グリーンスムージーダイエットとはグリーンスムージーを飲んで痩せるダイエット方法です。

グリーンスムージーはローフード研究家が考え出した葉物野菜を効率的にとるための飲み物です。

グリーンスムージーダイエットの特徴とグリーンスムージーについてお伝えします。

グリーンスムージーダイエットの良いところ

グリーンスムージーダイエットは優れた部分のたくさんあるダイエット方法です。

グリーンスムージーダイエットの良いところについて解説します。

簡単に手作りできるからいつからでも始められる

グリーンスムージーは自宅にある葉物野菜と果物をミキサーにかけるだけで手作りできますので、誰でも簡単にチャレンジすることができます。

そのため始めたいと思ったときにすぐに始められるのは大きな利点です。

野菜と果物の栄養を丸ごと摂取できるから健康的にダイエットできる

グリーンスムージーは葉物野菜と果物を生のままミキサーにかけて作るので、熱に弱い栄養や酵素なども全てそのままの形で摂取することができます。

そのためダイエット中に不足しがちな栄養をたっぷりとることができますので、健康的に美しく痩せることができるのです。

おいしく飲めるからダイエットを楽しく続けられる

グリーンスムージーは色は青汁のような緑ですが、果物が入っているので甘味や酸味も感じられておいしく飲めます。

ダイエット食やダイエット用のサプリメントには様々な商品がありますが、中にはおいしく食べたり飲んだりできないものもあります。

効果があったとしてもおいしくないと継続が難しいものです。

グリーンスムージーは味がおいしいので無理なく楽しみながら続けられます。 

 

Sponsored Link



グリーンスムージーの効果とは

ではグリーンスムージーには具体的にどのような効果があるのでしょうか?

代謝アップ

グリーンスムージーを飲むと代謝を高めることができます。

代謝アップに役立つ成分に、酵素や抗酸化物質がありますが、グリーンスムージーを飲むとどちらも豊富に摂取することが可能です。

そのためグリーンスムージーを飲むことで代謝を高めることができます。

代謝が高まると何もしていないときの消費カロリーが高まりますので、ダイエットしやすい状態を作ることができるというわけです。

便秘解消

グリーンスムージーは野菜と果物の食物繊維をたっぷり取れる飲み物です。

更に酵素による整腸作用が期待できますので、2つの効果で便秘を改善するのに役立ちます。

便秘が改善されるとお腹周りが見た目にもすっきりしますし、体内の不要なものを排出するデトックス効果によってダイエットしやすくなることが期待できます。

 

Sponsored Link



活性酸素除去作用

グリーンスムージーには活性酸素除去作用もあります。

野菜や果物に含まれる抗酸化物質を豊富に摂取することができるからです。

活性酸素を取り除くことができると、いつまでも若々しく健康できれいな状態を維持できます。

若い頃と年齢を重ねてからを比較すると、若い頃の方がダイエットの結果は出やすいものです。

そのためグリーンスムージーで活性酸素を取り除くことができると、ダイエットしやしやすくリバウンドしにくい状態を作ることができます。

むくみの解消

脚が太いのでダイエットしたいと考えている場合には、まずむくみ解消に取り組むことが重要です。

グリーンスムージーには体内の水分量を調節するミネラルが豊富に含まれていますので、体内の水分排出がうまくできずに起こっているむくみの場合には、グリーンスムージーを飲むことで改善が期待できます。

体調を整える

グリーンスムージーには様々な栄養が含まれていますし、食物繊維や酵素も豊富です。

そのため体調を総合的に整えることができます。

体のどこかに不調がある場合にはダイエットの効率が下がってしまいますので、グリーンスムージーで体調を整えるとダイエットに成功しやすくなります。

グリーンスムージーの良さや効果については『グリーンスムージーの効果が凄い!飲み方・作り方も全てお伝えします!!』もご覧ください。

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットのやり方

グリーンスムージーダイエットは手軽に始められるダイエット方法です。

しかしより効果的にダイエットしたいのであれば、正しい方法で取り組まなければいけません。

そこで正しいグリーンスムージーダイエットの方法をお伝えします。

グリーンスムージーを1日に1~2ℓ飲む

1日にグリーンスムージーを飲む分量の目安は1~2ℓです。

1日に1~2ℓというのを参考にしながら、まずはコップ1杯のグリーンスムージーを毎日飲む習慣を身につけるのが良いでしょう。

グリーンスムージーを飲む前後40分は何も食べない

グリーンスムージーを飲む前後40分間は何も食べないのが基本です。

そうしてお腹に何も入っていない状態でグリーンスムージーを飲むことで、グリーンスムージーに含まれている栄養や酵素などの良い成分を目一杯吸収できます。

もしも前後40分も時間を置けないという場合には、何かを食べる前にグリーンスムージーを飲むようにすると良いでしょう。

お腹が空いたときにこまめに飲む

1日に飲むグリーンスムージーの分量は1~2ℓが目安ですが、一気に全てを飲むというわけではありません。

グリーンスムージーはお腹が空いたときにこまめに飲むようにしましょう。

朝食をグリーンスムージーに置き換えて、あとはおやつの時間にお菓子類を食べていたのをグリーンスムージーにすれば、摂取カロリーを抑えつつ栄養をとることができます。

噛みながら飲むと満足感が高まる

グリーンスムージーは野菜と果物でできているので、ただ飲んでいるだけでも満足感があります。

しかしごくごく飲んでいるだけだと満腹中枢への刺激が少なく満腹感を感じづらいものです。

空腹感をできるだけ感じずにグリーンスムージーダイエットに取り組みたいのであれば、グリーンスムージーは噛みながら飲むことをおすすめします。

噛むことで満腹中枢が刺激されるので、飲んだグリーンスムージーの分量以上にお腹が満たされるのが実感できるはずです。

 

Sponsored Link



ダイエットのためのグリーンスムージーは朝飲むのがおすすめ

グリーンスムージーダイエットは飲むタイミングも大切で、特にダイエット中であれば朝グリーンスムージーを飲むようにすると良いでしょう。

胃の中がからっぽの朝はグリーンスムージーの栄養が吸収されやすい

グリーンスムージーは胃がからっぽの状態で飲むことで栄養の吸収がとても良くなります。

朝起きたときというのは、前日の夕飯を食べてから何も食べていない状態ですので、当然胃の中はからっぽです。

そのため朝グリーンスムージーを飲むことで、グリーンスムージーの栄養をたっぷり取り入れることができます。

朝のグリーンスムージーは代謝アップに役立つ

また朝のうちにグリーンスムージーを飲んでおくと代謝を高めることにも役立ちます。

グリーンスムージーに含まれる酵素と様々な抗酸化物質は、朝取り入れることで1日の代謝を高め消費カロリーをより多くすることが分かっています。

そのためグリーンスムージーは朝飲むことが重要です。

ダイエットと同時に美容にも役立つ

朝飲むグリーンスムージーはダイエットだけでなく美容や健康にも役立つことが分かっています。

グリーンスムージーに含まれる抗酸化物質が、紫外線やストレスなど昼間に受ける様々な刺激によって発生する活性酸素を取り除いてくれるからです。

朝のうちに抗酸化物質を取り入れておけば、活性酸素が発生したときにすぐに対応することができるので、シミやシワ・ニキビなどの予防・改善にも役立ちますし、活性酸素が原因で引き起こされる病気や不調の予防も期待できます。

朝スムージーダイエットについては『朝スムージーのダイエット効果が絶大!おすすめレシピと作り方も大公開!』もご覧ください。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーは置き換えダイエットもできる

グリーンスムージーは置き換えダイエットにも向いている飲み物です。

置き換えダイエットとは

置き換えダイエットというのは、食事を栄養たっぷりでローカロリーの食べ物や飲み物に置き換えるダイエット方法です。

グリーンスムージーには豊富な栄養が含まれていますし、カロリーも果物を多くし過ぎなければ低く抑えられますので、置き換えダイエットにぴったりの飲み物といえます。

朝食をグリーンスムージーに置き換えるのがおすすめ

グリーンスムージーで置き換えダイエットをする場合、朝食を置き換えるのがおすすめです。

グリーンスムージーを飲むタイミングとしてベストなのは朝なので、朝食を置き換えることでグリーンスムージーの良さを存分に取り入れることができます。

グリーンスムージーを朝食にすれば火を使わなくてすみますし、前日に材料を切るなど下準備をしておけばすぐに作ることができますので、忙しい朝の時短にもなります。

置き換える以外の食事はバランス良く食べましょう

グリーンスムージーで行う置き換えダイエットで大切なことは、置き換える以外の食事はバランス良く食べるということです。

グリーンスムージーは確かに栄養たっぷりでローカロリーですし、野菜や果物の摂取が少なくなってしまいがちな現代の食生活のバランスを取るために役立ちます。

しかしグリーンスムージーだけでは生きるのに必要な栄養全てをまかなうことはできません。

特にたんぱく質は不足してしまいがちなので、通常の食事でしっかりと肉・魚・豆類などを食べるように心がけましょう。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーは週末断食にも向いている

グリーンスムージーダイエットで短期間のうちに痩せたいと考えているのであれば、週末断食に挑戦してみましょう。

週末断食をすると数日のうちに体がすっきりとしてきます。

週末断食とは?

週末断食というのは、金曜日・土曜日・日曜日の3日間で行う断食のことです。

仕事や学校など活動的にならなければいけない日にちをできるだけ避けたスケジュールで実践できる断食なので、気軽な気持ちで挑戦できます。

内臓が休まるので体がすっきりする

グリーンスムージーで週末断食をすると、3日間はできるだけ胃腸への負担がかからないように過ごすことになります。

その結果、単に摂取カロリーを大幅に減らすというだけでなく、いつもフル稼働している内臓がゆっくり休める状態を作り出すことができるのです。

内臓が休んで疲れが癒されるため、体が全体的にすっきりと軽くなったような感覚になります。

グリーンスムージーで行う週末断食のスケジュール

グリーンスムージーで行う週末断食は、ただ単にグリーンスムージー以外のものを食べないようにするわけではありません。

金曜日を準備期間、土曜日を断食、日曜日を回復期間にあてており、それぞれの日に食べるべきメニューが決まっているのです。

断食1日目の準備期間は、朝食にグリーンスムージー・昼食にサラダや玄米を腹6分目まで・夕食に野菜のスープを飲むようにします。
断食2日目は全ての食事をグリーンスムージーにして断食します。
断食3日目の回復期間は、朝食にグリーンスムージー・昼食に野菜スープ・夕食にサラダや玄米を腹6分目まで食べます。

急に全ての食事をグリーンスムージーにして断食してしまうと、体に負担がかかってしまいます。

そのため週末断食では準備期間と回復期間を設けて体を徐々に断食に慣らしたり、元に戻したりしていくというわけです。

グリーンスムージーで行う週末断食の注意点

また週末断食に取り組む場合には、いくつかの注意点がありますので、それらを守るようにすることも大切です。

まず週末断食中に避けるべき行動や飲み物・食べ物などを紹介します。

  • 過度の運動
  • 長時間の入浴
  • 飲酒
  • 喫煙
  • お菓子
  • 清涼飲料水
  • カフェインを多く含む飲み物・食べ物

逆に意識してしっかり取り組むべきこともあります。

  • 1日に2ℓは水を飲むこと
  • 好転反応が出たときにはしっかりと水を飲んで休むようにする
  • 散歩やヨガなどリラックスしながらできる運動を取り入れる

また健康的に週末断食をするためには、妊娠中であったり服薬中である場合には、きちんと主治医に相談してから取り組むことも重要です。

 

Sponsored Link



短期間でグリーンスムージーダイエットの結果を出したいなら糖質制限を意識しましょう

グリーンスムージーダイエットは基本的に長期間かけてじっくり痩せていくというダイエット方法ですが、糖質制限を意識することで短期間で結果を出すことも充分可能です。

ごはん・パン・パスタ・麺類など、主食になっている食べ物の多くが糖質の多い食材です。

グリーンスムージーを飲むことでこうした糖質の多い食材の摂取を控えることができれば、グリーンスムージーダイエットでスムーズに結果を出すことができます。

グリーンスムージーを飲むと糖質の摂取を無理なく抑えられる

糖質の摂取を抑えるためには主食の量を少なくしたり時にはゼロにするなど、それまであったものをなくすことが必要です。

そのため中には食事に対する満足感が下がってしまう人もいるでしょう。

グリーンスムージーを食前に飲んでおくとお腹にたまるので満腹感を感じやすくなりますから、主食の分量を減らしても我慢しているという感覚が少なく、スムーズに糖質制限ができるようになります。

糖質を抑えることで痩せやすく太りづらい体質作りが促進する

グリーンスムージーを飲むだけでも痩せやすく太りづらい体作りはできますが、糖質制限をすることで更にその体質作りが促されます。

糖質を制限することで新陳代謝が活発になったり血流が促進することが期待できるからです。

そのためグリーンスムージーダイエットと同時に糖質制限を意識することでダイエットはより成功しやすくなります。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットは筋トレと組み合わせて良質の筋肉をつけることができる

グリーンスムージーダイエットは筋トレとも相性が良いです。

グリーンスムージーを飲むだけでなく筋トレも同時に行うことで、より痩せやすい体作りができます。

筋肉はダイエットにとても重要

ダイエットを効率的に進めるためにも筋肉をつけることはとても重要です。

なぜなら基礎代謝のおよそ50%は全身の筋肉によるものといわれているからです。

そのためダイエットする際には筋肉を作ることも意識することが大切です。

筋肉をつけるにはビタミンB6・葉酸・亜鉛が大切

筋肉をつけるためにはビタミンB6と葉酸・亜鉛を摂取することがとても重要になってきます。

ビタミンB6はアミノ酸が別のアミノ酸に合成される際のプロセスに関わっているため、効率的に筋肉をつけるのに欠かせません。

葉酸は細胞分裂を促すことで筋肉を構成する筋腺維を増やしてくれるので、筋肉をつけることができます。

亜鉛は筋トレをしたときに傷ついた筋腺維を修復したり新陳代謝をスムーズにするするため、筋トレの効果を素早く実感できるようになります。

そしてビタミンB6・葉酸・亜鉛はグリーンスムージーを飲むことで同時に摂取することができるので、グリーンスムージーダイエットは筋トレを取り入れることでぐっと効率があがるというわけです。

グリーンスムージーは筋トレの前後で役立ち方が違う

グリーンスムージーは筋トレをする前でもした後でも役立ちますが、飲むタイミングによって役割が違います。

筋トレ前に飲むグリーンスムージーは筋肉作りをサポートする役目をしてくれます。

そして筋トレ後に飲むグリーンスムージーは、筋トレによってダメージを受けた筋肉を回復させてくれます。

筋トレをするときには状況に応じてグリーンスムージーを飲むようにしましょう。

Sponsored Link



妊娠中~産後のグリーンスムージーダイエットは危険?

グリーンスムージーダイエットは妊娠中から産後にかけてのダイエットに利用することもできます。

しかし妊産婦がグリーンスムージーダイエットをする場合には、くれぐれも無理をしないことが重要です。

無茶なやり方でなければ、グリーンスムージーダイエットは妊娠中や産後の健康維持にも役立てることができます。

グリーンスムージーダイエットは妊娠中に必要な栄養をたっぷりとれる

グリーンスムージーダイエットでは葉物野菜をたっぷりとることができます。

そのため妊娠中に不足しがちだったり、積極的に摂取することが推奨されている栄養をたっぷりとることができるのです。

グリーンスムージーは葉酸たっぷり

妊娠中に摂取が推奨されている栄養成分に葉酸があります。

葉酸は細胞分裂を促す成分なので、葉酸をとることで胎児の健やかな成長をサポートすることができるというわけです。

葉酸は小松菜、ほうれん草、バナナ、いちご、キウィなどグリーンスムージーの材料としてよく使われる食材に豊富に含まれています。

そのためグリーンスムージーダイエットを妊娠中に行うことは、たっぷり葉酸をとることにつながるというわけです。

グリーンスムージは妊娠中の鉄欠乏性貧血予防にもぴったり

またグリーンスムージーダイエットでよく使われる小松菜は鉄分がとても豊富に含まれています。

妊娠中は血液量が増えることで鉄欠乏性貧血になりやすいため、グリーンスムージーで積極的に鉄分を補給するようにすると良いでしょう。

歯や骨の形成に欠かせないカルシウムを豊富にとれる

グリーンスムージーダイエットではカルシウムも豊富に摂取できます。

カルシウムは骨や歯の形成に欠かせないミネラルなので、パセリやキウィなどカルシウム豊富な野菜や果物でグリーンスムージーを作るようにすると良いでしょう。

妊娠中のグリーンスムージーダイエットは1食置き換え程度ならOK

妊娠中にグリーンスムージーを飲むことは、妊娠中の健康維持や胎児の成長に良い働きをすることが期待できます。

しかしだからといってグリーンスムージーしか飲まず他の食事をしないというような、極端なグリーンスムージーダイエットは胎児の成長にも関わってきますので決してしてはいけません。

妊娠中のグリーンスムージーダイエットは、1食置き換えるまでに留めておけば、効率的に栄養を摂取することができますし、不足しがちな野菜を補うことができるので、健康維持や胎児の成長に役立つでしょう。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーは産後ダイエットにも効果的

グリーンスムージーダイエットは産後ダイエットの方法としてもとても優れています。

なぜならカロリーを抑えながらたっぷりと栄養をとることができるからです。

栄養たっぷりのグリーンスムージーは産後・授乳中に最適

グリーンスムージーはビタミンやミネラルなど豊富な栄養をとることができますので、体調を整える必要のある産後や授乳中にとても役立ちます。

赤ちゃんのお世話に手間がかかる上、出産やライフスタイルの変化で疲れているときでも、グリーンスムージーなら手軽に栄養補給できます。

粉末タイプのグリーンスムージーなら新生児のお世話中でも簡単に飲める

特に粉末タイプの市販のグリーンスムージーは分量をはかってシェイクするだけで飲めるので、家事の負担をできる限り減らしたいときの朝食にすれば、簡単に栄養補給とダイエットができてしまいます。

昼夜問わずお世話しなければいけない新生児がいる場合でも、粉末タイプのグリーンスムージなら作る手間や片付けの手間がいらないので継続しやすいでしょう。

グリーンスムージーの産後ダイエットはやり過ぎに注意!

ただしグリーンスムージーの産後ダイエットもまたやり過ぎには要注意です。

産後はできるだけ速やかに体型を元に戻したいと考える女性も多いですが、まず大切なことは妊娠・出産で受けたダメージを回復することです。

また授乳中であれば赤ちゃんがすくすく育つようにおいしい母乳を作ることも意識する必要があります。

グリーンスムージーダイエットに取り組むために通常の食事の量を必要以上に減らしてしまったり、グリーンスムージーしか飲まないような生活習慣は、栄養のバランスを崩し健康に支障が出てしまいます。

もちろんそうなれば母乳の出にも影響しますので、赤ちゃんの成長にも関わってくることです。

そのため産後のグリーンスムージーダイエットも、妊娠中と同様に無茶をせず1食置き換える程度にしておきましょう。

 

Sponsored Link



妊産婦のグリーンスムージーダイエットはバランスの良い食事と一緒に

グリーンスムージーダイエットはグリーンスムージーだけを飲んでいればできるというものではありません。

グリーンスムージーは不足しがちな栄養とダイエットに効果的な成分を効率的に摂取するもので、それはバランスの良い食事がある上にプラスされるからこそ効果が発揮されるのです。

特に妊産婦は胎児の成長や母乳・母体の回復などのために、普段よりも食事に気をつける必要があります。

バランスの良い食事をとりながら、そのサポートとしてグリーンスムージーダイエットに取り組むことで、妊産婦の健康とダイエットに良い影響があるでしょう。 

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットは男性にもぴったり

グリーンスムージーダイエットというと女性向けのダイエット方法のように感じられますが、実際には男性にもおすすめしたいダイエット方法です。

しかもグリーンスムージーを習慣化することで男性の悩みとして多く言われている体臭や抜け毛などの予防・改善もできるのです。

グリーンスムージーダイエットは男性にもぜひ試して欲しいダイエット方法といえます。

グリーンスムージーダイエットは男性でも痩せられる

グリーンスムージーダイエットは男性でも無理なく痩せることができます。

しかも単に痩せられるというだけでなく、筋トレと組み合わせることで筋肉量を増やすこともできますので、男性の理想の体型作りにも役立つのです。

粉末タイプのグリーンスムージーなら普段料理をしない男性や、ミキサーを持っていない男性でも簡単に挑戦できますので、まずは粉末タイプのグリーンスムージーでグリーンスムージーダイエットを試してみるというのをおすすめします。

 

Sponsored Link



男性に嬉しいグリーンスムージーの効果

グリーンスムージーにはたくさんの効果がありますが、中でも男性に嬉しい効果を紹介します。

気になる体臭を予防できる

まず期待できる効果に体臭予防があります。

体臭の原因は様々ですが、男性の場合には食生活が肉類に偏っているために体臭が目立つというケースが多いようです。

そこでグリーンスムージーで野菜の摂取量を増やすことができると、栄養バランスが良くなりますので、体臭が目立たなくなっていくことが期待できるのです。

胃腸の不調を改善できる

男性は仕事上の付き合いなどでお酒を飲んだり外食をしたりする機会が多くなりがちです。

そうした食生活が原因で胃腸の不調を感じている人も少なくありません。

グリーンスムージーには豊富な食物繊維と酵素が含まれていますので、日頃の暴飲暴食で弱っている胃腸を整えることができます。

しかもグリーンスムージーなら消化吸収のためにかかる胃腸への負担が最小限に抑えられますので、弱っている胃腸を休ませることにもなるのです。

頭皮環境が整い抜け毛予防ができる

グリーンスムージーを飲むことで豊富な栄養を摂取できると、体内の働きがスムーズになっていきます。

その結果抜け毛が減ることが期待できます。

抜け毛は頭皮の皮脂分泌が過剰になることで増えてしまいますが、体内の働きが活発になると余計な皮脂が分泌されなくなるのです。

そのため気になる抜け毛の量を減らすことが期待できるというわけです。

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットの効果を高める作り方

グリーンスムージーダイエットの効果を確実に実感するために重要なのは、正しい作り方でグリーンスムージーを作ることです。

ポイントを抑えて効果的にダイエットできるグリーンスムージーを作りましょう。

葉物野菜を中心にしたグリーンスムージーにする

グリーンスムージーは葉物野菜を中心にしたレシピで作るようにしましょう。

割合の目安は、葉物野菜:果物が6:4になるようにします。

グリーンスムージーは本来葉物野菜を効率的にとるために考え出された飲み物なので、葉物野菜を中心にすることで本来持っている良さを存分に発揮してくれます。

グリーンスムージーは葉物野菜を多めにすることで効果が発揮される

グリーンスムージーにはダイエット効果はもちろん、健康や美容に良い働きがたくさんあることが分かっています。

しかしそうした働きは葉物野菜を中心にしたレシピで作った場合に得られるものです。

葉物野菜の割合が高いグリーンスムージーは最初のうちは飲みづらいと感じるかもしれません。

その場合には最初だけ果物を多めにして、徐々に葉物野菜の割合を高くしていくと良いでしょう。

グリーンスムージーの果物が多いと糖分の取り過ぎになる可能性もある

果物の多いグリーンスムージーは適度な甘味と酸味でおいしいのですが、油断していると糖分を取り過ぎてしまう可能性があります。

甘い果物には果糖がたくさん含まれていますので、イメージ以上に糖分が多いのです。

同じ分量の果物でもできるだけ甘味が感じられるようにするためには、完熟の果物を選ぶようにしましょう。

しっかり熟している果物なら、同じ分量でも未熟なものより甘味を強く感じられます。

 

Sponsored Link



野菜や果物は皮付きで使う

グリーンスムージーの材料は皮付きで使うのが基本です。

材料を皮付きで使うことで栄養を余すことなくとれる

野菜も果物も皮と実の間にたくさん栄養がつまっています。

そのため材料は全て皮付きのまま使うようにしましょう。

皮付きのままで野菜や果物を使うので、可能であれば無農薬のものを選ぶと安心です。

バナナやみかんは白い筋を残して使う

全ての材料を皮付きのまま使うといっても、バナナやみかんなど苦味や渋味が強いものに関しては、皮をむいて使いましょう。

ただし、バナナやみかんの果肉についている白い筋の部分は取り除きません。

普段食べるときには取り除いている場合でも、グリーンスムージーの場合には白い筋もそのまま入れてしまいましょう。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーに使う野菜や果物は常温にする

グリーンスムージーに使う材料は全て常温にしておきましょう。

なぜなら冷たいままの材料でグリーンスムージーを作ってしまうと冷たいグリーンスムージーになってしまうからです。

冷えたグリーンスムージーは体を冷やす

冷えたグリーンスムージーは味わいとしてはとてもおいしいのですが、ダイエット目的で考えると体を冷やすので避けるべきです。

グリーンスムージーにはせっかくたくさんの栄養が含まれているのに、冷たくして体を冷やしてしまうと栄養の吸収が悪くなってしまいます。

冷えはダイエットの大敵、痩せる人のグリーンスムージーは常温

冷たいグリーンスムージーで体を冷やしてしまうと、単に栄養の吸収が悪くなるというだけでは終わりません。

冷えた体だと血行が悪くなるので冷えが進行してしまいますし、そうすると脂肪の燃焼がスムーズにいかなくなってしまいます。

冷えが進行すると体温が低下していきますので代謝も下がりカロリーを消費しづらくもなります。

よくグリーンスムージーは体を冷やすと言われますが、それは冷たいグリーンスムージーを飲んだ場合です。

常温のグリーンスムージーは体を冷やすことはありませんし、選ぶ野菜や果物によっては体を温めながらダイエットの結果をより効果的に出してくれます。

 

Sponsored Link



豆類やいも類は使用しない

グリーンスムージーには豆類やいも類を入れません。

豆類やいも類を入れたグリーンスムージーはお腹がパンパンに張ってしまう原因になるからです。

グリーンスムージーに使う水分は水を加える

グリーンスムージーには水分を加えますが、グリーンスムージーそのものの栄養をしっかりとることを考えるのであれば、使う水分は水にしましょう。

牛乳や豆乳はグリーンスムージーの栄養吸収を抑える

1杯のグリーンスムージーに含まれる栄養のバランスを考えると、グリーンスムージーに加える水分は牛乳や豆乳を使いたいと考える人も多いでしょう。

確かに牛乳や豆乳を加えることでグリーンスムージーに不足しているたんぱく質を補うことができますが、その一方でグリーンスムージーの野菜や果物の栄養の吸収は抑えられてしまいます。

そのためグリーンスムージーで野菜や果物の栄養をしっかりとってダイエットに役立てるグリーンスムージーダイエットでは、水分は必ず水を使います。

グリーンスムージーで不足しがちなたんぱく質は食事でとるようにする

グリーンスムージーを飲むだけではたんぱく質が不足してしまい栄養バランスが悪くなるのでは?と考えるかもしれません。

しかし心配しないでください。

グリーンスムージーで不足している栄養は食事でとるようにすれば良いからです。

もしも朝食をグリーンスムージーに置き換えているのであれば、昼食や夕食はたんぱく質を多めにとれる献立にしてください。

 

Sponsored Link



手作りグリーンスムージーは作ったらすぐに飲む

手作りのグリーンスムージーはタンブラーに入れて冷蔵庫保存することもできますが、基本は飲みきれる分量だけ作ってすぐに飲みきります。

なぜならグリーンスムージーに含まれている栄養や酵素などは時間の経過とともに酸化して失われてしまうからです。

最も栄養豊富なのは作りたてのときなので、せっかく手作りするのであれば飲みきるようにしましょう。

スムージーの作り方については『スムージーの作り方は簡単!基本の作り方から自作レシピの作り方まで全てお伝えします』もあわせてご覧ください。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットにぴったりの野菜と果物

グリーンスムージーダイエットのために使うのに適している野菜と果物を紹介します。

まずはここで紹介している野菜と果物の組み合わせでグリーンスムージー作りにチャレンジしてみると良いでしょう。

小松菜

小松菜はグリーンスムージーには欠かせない葉物野菜といっても過言ではないでしょう。

天然のマルチサプリと呼ばれるほど多くの栄養をバランス良く豊富に含んでいるのが特徴です。

そのため小松菜を使えばまず間違いなくダイエットによいグリーンスムージーを作れます。

小松菜を使ったグリーンスムージーについては『小松菜はスムージーの基本!効果・作り方・飲み方の全てをお伝えします!』もご覧ください。

ほうれん草

ほうれん草も栄養豊富で手に入りやすくグリーンスムージーに使いやすい葉物野菜の代表です。

ただし通常のほうれん草には、カルシウムと結びついて結石を作る原因になるシュウ酸が含まれていることを知っておいてください。

グリーンスムージー1回分程度のほうれん草を生で食べたからといってすぐさま異変が現れることはありませんが、毎日のようにほうれん草を使いたいという場合には注意が必要です。

生でも問題なく食べられるサラダほうれん草を使ったり、茹でてシュウ酸を減らしたりすると良いでしょう。

ほうれん草スムージーについては『ほうれん草スムージーは生が効果大!レシピや作り方のすべて!』もご覧ください。

生姜

生姜には体を温める働きがあります。

そのためグリーンスムージーにほんの一かけ入れておくと、飲み終わったときに体がぽかぽかしてきます。

生の生姜に含まれるジンゲロールには脂肪の吸収を抑える働きもありますので、そうした点からもダイエットをサポートしてくれる食材です。

生姜のダイエット効果については『生姜湯のダイエット効果が凄い!』も参考にご覧ください。

バナナ

バナナはグリーンスムージーに加える果物の中でも王道中の王道です。

甘味ととろみがつき味わい的にも食感的にも満足度の高いグリーンスムージーにし仕上がります。

しかもバナナは食物繊維が豊富で腹持ちが良いですし、ごはんと比較してもカロリーが低いので、食事を置き換えるグリーンスムージーダイエットに特に向いています。

 

Sponsored Link



手作りグリーンスムージーは難しそう・・・、それならパウダースムージーがおすすめ

ここまで読んで手作りスムージーは考えることが多くて面倒くさそうだと思ったのなら、粉末タイプになっている市販のパウダースムージーを利用するのが良いでしょう。

パウダースムージーならシェイクするだけで作れます。

野菜や果物の組み合わせを考えたり切ったりする手間もなく、それでいて栄養バランスまでしっかりと考えられているので、毎日簡単に作ることができるのです。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットが痩せるのは酵素が関係している

グリーンスムージーダイエットが無理なくきれいに痩せられるのは、単に豊富な栄養のためだけではありません。

グリーンスムージーには生の野菜や果物に含まれている酵素がしっかり含まれていますので、ダイエット効果は酵素の働きにもよるのです。

グリーンスムージーは酵素たっぷり

グリーンスムージーは生の野菜と果物で作る飲み物なので、熱に弱い酵素を壊れることなくたっぷりと取り入れることができます。

酵素はダイエットにも役立つ成分ですので、グリーンスムージーでたっぷり酵素をとることで痩せやすい状態を作ることができるのです。

そもそも酵素とは?

酵素は私たちが生きていくために欠かせない成分で、体の各場所に固有の酵素があり、それがあることで正常に機能しています。

体内には潜在酵素があり、これが消化酵素と代謝酵素に変化して使われていきます。

潜在酵素は消化酵素として優先的に消費されるので、消化酵素に多く使われてしまうと代謝酵素が少なくなってしまい、健康が害されたりダイエットしづらくなってしまったりするのです。

そのため消化酵素はグリーンスムージーでとり、できるだけ潜在酵素を代謝酵素として使えるようにするのが美容や健康のために役立ちます。

酵素を摂取すると痩せるわけ

グリーンスムージーで酵素をとると潜在酵素を消化酵素として消費する割合が減ります。

すると代謝酵素として使える分量が増えます。

代謝がスムーズに行われると基礎代謝があがりますし血行も良くなりますので、それだけ消費されるカロリーが増えます。

だから痩せやすくなるというわけです。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーと酵素ドリンクの違い

グリーンスムージーのように野菜や果物で作られていて酵素をたっぷり含んでいる飲み物に酵素ドリンクがあります。

グリーンスムージーと酵素ドリンクの違いはどこにあるのでしょうか。

グリーンスムージーと酵素ドリンクの違いは生か発酵食品か

グリーンスムージーと酵素ドリンクの1番の違いは、生のまま取り入れるか発酵させて取り入れるかです。

グリーンスムージーは野菜や果物を生のまま取り入れる方法ですので、含まれている栄養や食物繊維も酵素と一緒に全て壊れることなく摂取することが可能です。

酵素ドリンクは野菜や果物を発酵させて作られている飲み物なので、多くの種類の酵素を1度にとることができます。

酵素に注目してダイエットに取り組むならシーンによって使い分けるのがベスト

ダイエットのためには酵素を活かしていくことも重要です。

そのためには、グリーンスムージーだけでなく酵素ドリンクも適宜取り入れていくと良いでしょう。

食物繊維たっぷりで腹持ちの良いグリーンスムージーは朝食と置き換える用に、おやつなど甘味が欲しいタイミングには酵素ドリンクを、という具合にシーンによって使い分けると良いでしょう。

酵素スムージーについては『酵素スムージーの効果はダイエットにも美容にも最適!酵素ドリンクとの違いは?』もご覧ください。

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットで表れる好転反応はデトックスしている証拠

グリーンスムージーダイエットを始めてしばらくすると、好転反応という体の不調が出てくることがあります。

好転反応は体の悪いものの排出が促されることで表れる一時的な症状です。

今まで感じられなかった痛みやかゆみなどが表れるためグリーンスムージーの悪影響のように感じられるかもしれませんが、実際には体に蓄積された悪いものをデトックスする過程に感じられるものです。

そのため好転反応が出たときにはダイエットがうまく進んでいる証拠だと捉えて、上手に症状を和らげて対処していきましょう。

好転反応とは?

好転反応とは体の中にある悪いものが排出される際に生じる一時的な不調のことです。

その症状は様々で、頭痛・皮膚炎・下痢・めまい・むくみなどがあります。

身近な例で説明すると、正座をした後にじんじんと痺れるのも好転反応です。

正座することで血流がせき止められていたのが悪いものを溜め込んでいる状態で、立つことで一気に血液が流れ始めるのがグリーンスムージーを飲んでデトックスが開始した状態、そしてしびれが好転反応の各種症状にそれぞれ相応します。

好転反応の期間はグリーンスムージーの飲み始め4日~3週間程度

好転反応が出るのはグリーンスムージーの飲み始め4日~3週間程度です。

一時的に表れる症状なので、デトックスが終われば徐々に改善していきます。

もしもそれ以上の期間が経過しても症状が改善しないとか良くなる兆しがないという場合には、好転反応ではなく他の病気などが潜んでいる可能性があるので、病院を受診するようにしましょう。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーの好転反応の症状

グリーンスムージーダイエットに取り組んだときに表れる可能性のある好転反応には下記があります。

  • だるさ
  • 眠気
  • 痛み
  • めまい
  • 下痢
  • 湿疹
  • 発熱
  • 発汗
  • 鼻血

これらの症状が出たときには好転反応である可能性が高いといえます。

好転反応が出たときの対処法

好転反応は体のデトックスが進んでいる証拠なので、ダイエットにとっても健康や美容にとっても良いものです。

しかし症状が強く出てしまうと辛すぎて耐えられないということもあります。

そんなときの対処法の基本は無理をしないことです。

辛い症状が表れているというのは「無理せず休みなさい」という体からのメッセージでもありますので、まずはゆっくり休むようにしましょう。

グリーンスムージーの分量を減らす

グリーンスムージーダイエットで好転反応が出た場合、グリーンスムージーを飲む量を減らして様子をみてみましょう。

好転反応の症状が辛くない程度の分量でしばらくは継続してみて、慣れてきたら再び飲む量を増やしていくのです。

好転反応は良い兆候ではありますが、辛い状態を耐えるのは精神的にも大変です。

グリーンスムージーの量を減らして慣らしていけば、好転反応を和らげながらグリーンスムージーダイエットを実践できます。

無理せず休む

グリーンスムージーダイエットで好転反応が出た場合には無理せず休むことがとても重要です。

好転反応が出るのは体を適切に休ませてこなかったことが関係していることもあります。

そのため辛いときには昼寝をしたり夜早く寝たりして、余裕を持って生活しましょう。

下痢や腹痛などお腹の症状なら繊維質をこして飲む

好転反応の症状が下痢や腹痛などお腹の症状だった場合には、慣れるまでグリーンスムージーの繊維質をこして飲むと良いでしょう。

徐々にグリーンスムージーの繊維質をこす量を減らしていけば、お腹がグリーンスムージーに慣れていきますので、下痢や腹痛を起こすことも減ってきます。

 

Sponsored Link



好転反応と間違えやすい症状

グリーンスムージーダイエットを始めると好転反応と同じかよく似た症状だけれども、好転反応ではない症状が出ることがあります。

好転反応と間違えやすい症状についてまとめます。

材料の傷みによる症状

下痢や腹痛はグリーンスムージーダイエットの好転反応としてよく表れるものですが、材料が傷んでいることによる腹痛と間違えてしまうことがあります。

材料の傷みによる下痢や腹痛の場合には治療が必要なケースもありますので、下痢や腹痛が出たらまずは野菜や果物の状態を確認してください。

また、材料の傷みによる症状を避けるためには、グリーンスムージーを作る際にきちんと材料の状態をチェックする習慣をつけることも大切です。

同じ野菜や果物の食べ過ぎによるアルカロイドの蓄積

グリーンスムージーに使う葉物野菜にはアルカロイドという植物毒が含まれています。

アルカロイドには様々な種類があり、タバコのニコチンもアルカロイドの一種です。

毎日同じ葉物野菜でグリーンスムージーを作っていると、ある種のアルカロイドが体内に蓄積されてしまいます。

その結果、体に悪影響が出てしまう可能性はゼロとはいえません。

アルカロイドによる害を防ぐためには、グリーンスムージーに使う葉物野菜をローテーションさせることです。

毎日違う葉物野菜を使うことで特定のアルカロイドだけが蓄積していくのを防ぎます。

冷たいグリーンスムージーの飲み過ぎによる不調

グリーンスムージーダイエットでは常温のグリーンスムージーを飲むのが基本ですが、それを知らずに冷たいグリーンスムージーを飲んでいることもあるでしょう。

その場合、冷たいグリーンスムージーで体が冷やされて不調を招いてしまうことがあります。

体が冷えると起こるのが血行不良です。

そして血行不良が起こると血液によって全身に運ばれるはずの栄養や酸素がうまく供給されなくなるので様々な不具合が起こり始めます。

また冷えて体温が下がると、免疫力が低下したり酵素の働きがにぶることで代謝が落ちたりもします。

そのためグリーンスムージーは氷などを入れずに常温で飲むようにするのが正解です。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーで行うダイエットで痩せない原因とは

グリーンスムージーダイエットは痩せやすく太りづらい体作りができますが、場合によっては痩せないということがあります。

グリーンスムージーダイエットで痩せないのがどういったケースなのか解説します。

摂取カロリーが消費カロリーよりも上回っている

グリーンスムージーダイエットでは代謝を高めて痩せやすい体作りができますが、グリーンスムージーを飲んでさえいれば自動的に痩せていくというわけではありません。

日常的に食べ過ぎていたりあまりにも運動量が少なかったりする場合、どうしても摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなってしまいますので太ってしまいます。

グリーンスムージーダイエットに取り組むときには、グリーンスムージーを飲む習慣を身につけると同時に、食習慣や運動の習慣について見直していくことがダイエット成功の鍵といえます。

グリーンスムージーの果物を多めにするとカロリーオーバーになる可能性

グリーンスムージーダイエットで作るグリーンスムージーは葉物野菜を中心にします。

果物が多い方が甘味もありおいしく飲みやすくなるのですが、果物が多いグリーンスムージーはカロリーオーバーで逆に太ってしまう可能性があります。

果物はヘルシーな食べ物というイメージがありますが、そのイメージに反して糖分は多いのです。

そのためグリーンスムージーをダイエット目的で飲む場合には、果物を少なめにするのがポイントです。

グリーンスムージーで満足感を得られず食べ過ぎてしまう

グリーンスムージーダイエットで置き換えダイエットをしている場合、どうしてもグリーンスムージーだけでは満足感が得られないということもあるでしょう。

満足感が得られないために追加でごはんやおやつを食べてしまうと、カロリーオーバーにつながり痩せられない原因になります。

グリーンスムージーでできるだけ満足感を得るためには、噛みながら飲むことです。

噛みながら飲むことで満腹中枢が刺激されて満腹感を感じやすくなりますし、グリーンスムージーが唾液中の消化酵素と混ざり合うので消化吸収が更に良くなります。

運動量が少な過ぎるのでカロリーが消費されない

グリーンスムージーを飲んでいたとしても、1日の運動量があまりにも少ない場合には痩せることはできません。

食べている量に対して摂取カロリーが多い場合には、グリーンスムージーを飲んでいたって太ってしまいます。

グリーンスムージーダイエットは確かにグリーンスムージーを飲むだけですが、元々の生活習慣としてほとんど運動をしていないという場合には、運動する習慣を身につけなければ痩せられません。

 

Sponsored Link



元々の生活が充分に健康的

グリーンスムージーダイエットは不足している栄養や酵素・食物繊維などをグリーンスムージーで効率的に補うことで痩せやすい体を作るダイエット方法です。

そのため元々の生活が充分に健康的で既に痩せやすい体をしている人の場合にはダイエット効果が得られづらくなります。

グリーンスムージーを飲んだ分だけカロリーが過剰になる可能性も

グリーンスムージーを飲んで摂取した栄養が無駄になるということはありませんが、場合によってはグリーンスムージーを飲んだ分だけ摂取カロリーがそれまでよりも増えているということもあるかもしれません。

元々の食習慣が素晴らしくバランスが取れていて無駄に甘いものなども食べていなかった場合には、グリーンスムージーで太ってしまうという可能性もありますので注意が必要です。

 

Sponsored Link



冷たいグリーンスムージーを飲んでいる

グリーンスムージーダイエットといっても冷たいグリーンスムージーを飲んでいる場合、ダイエットの結果が出るのは難しいでしょう。

なぜなら冷たいグリーンスムージーは体を冷やし、冷えは痩せにくい体を作るからです。

冷たいグリーンスムージーは冷えを招く

冷たいグリーンスムージーは体を冷やします。

しかも体の表面ではなく内臓を冷やしていくので、体の冷えが慢性的なものになりやすくなります。

冷えると体は痩せにくくなる

ダイエット中は特に体を冷やすことはNGです。

なぜなら冷えた体は痩せにくいからです。

太ももやお尻など贅肉の気になる部分を触ってみるとひんやりしているはずです。このことからも分かる通り、冷えている部分は決して痩せません。

冷えて体温が下がると酵素の活動性も落ちるので代謝によるカロリー消費も少なくなります。

そのため冷えは痩せにくく太りやすい体を作る元と言えるのです。

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットはリバウンドしづらい

グリーンスムージーダイエットは痩せやすく太りづらい体作りをするダイエット方法なのでリバウンドしにくいのが特徴です。

しかしグリーンスムージーダイエットでもリバウンドが必ず無いというわけではありません。

グリーンスムージーダイエットがなぜリバウンドしにくいのか?
グリーンスムージーダイエットでリバウンドしてしまうのはどのようなときなのか?
グリーンスムージーダイエットでリバウンドしないためにできることは何なのか?

お伝えします。

グリーンスムージーダイエットは代謝を高めるから痩せやすく太りづらくなる

グリーンスムージーダイエットに成功すると代謝を高めることができるので、何もしていないときの消費カロリーが高まります。

なぜ代謝が高まるかというと、酵素と抗酸化物質の働きによります。

酵素をグリーンスムージーで取り入れると体内にある酵素は代謝のために使われやすくなるので代謝が高まりますし、抗酸化物質は全身の細胞を傷つけて老化させ代謝を悪化させる活性酸素を取り除くので細胞が健康になり代謝を高めます。

そのためグリーンスムージーダイエットは痩せやすく太りづらい体を作るので、リバウンドしにくいというわけです。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットでリバウンドする理由

ただしグリーンスムージーダイエットで減量に成功したからといって、必ずしもリバウンドしないというわけではありません。

ダイエット後の食生活が乱れている

ダイエットに成功した安心感から急に食生活が乱れてしまうと、それがきっかけでリバウンドしてしまうことも充分考えられます。

いくら代謝が高まって痩せやすく太りづらくなっているといっても、高まった代謝でおさまりきらないくらいのカロリー分だけ食べていればリバウンドしてしまいます。

運動する習慣が全く無い

運動する習慣が全く無いのもリバウンドしやすい状態と言えます。

日常的に運動することで筋肉が発達するとより多くのカロリーを消費することができますが、運動を全くしていない場合にはそれが期待できません。

そのため運動する習慣が無い場合には、運動の習慣がある場合と比較してリバウンドしやすいといえます。

グリーンスムージーダイエットはグリーンスムージーのみに頼るダイエット方法ではない

グリーンスムージーダイエットはグリーンスムージーをただ飲んでいれば良いというわけではありません。

確かにグリーンスムージーによってダイエットしやすくリバウンドしにくくなりますが、ダイエット後の体重を維持するためには食生活をバランスの良い状態に保つことや適度な運動をすることが重要です。

グリーンスムージーを飲んでいるから大丈夫、という安易な気持ちでいることこそが、グリーンスムージーダイエットでリバウンドする最大の原因と言えるでしょう。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットでリバウンドしにくくするための方法

ではどのようにすればグリーンスムージーダイエットでリバウンドしにくくなるのでしょうか?

目標体重達成後もグリーンスムージーを続ける

まず大切なことはグリーンスムージーを急にやめないことです。

目標体重を達成したからといってグリーンスムージーをやめるのではなく、しばらくは継続してください。

ダイエットのために数ヶ月朝食をグリーンスムージーに置き換えていたのに、急に朝からパンやご飯をたっぷり食べるようになったらどうでしょうか?

体にとって急激な変化はストレスです。

負担が大きくなってしまいますし、栄養のバランスが乱れて体調を崩してしまうかもしれません。

ストレスや不健康な状態は活性酸素の発生量を多くしますし、食事量の増加は代謝酵素の不足を引き起こします。

その結果、再びダイエット前の太りやすい状態に戻ってしまう可能性があるのです。

ダイエット後の体重を定着させるには最低でも1ヶ月は継続しましょう

グリーンスムージーダイエットで減量に成功した後、その体重を維持するためには、まずは最低でも1ヶ月間グリーンスムージーを続けることです。

そして減量後の体重を定着させていきます。

私たちの体は変化を嫌い、それまでの状態を維持しようとします。

そのため長い期間太っていた人は、たとえ痩せたとしてもまた元の体重に自然と戻っていってしまうことがあるのです。

そうならないために大切なのは、ダイエット後の体重を長期間維持して「これが正しい体の状態だよ」と自分の体に教えることです。

そのためにも、目標体重を達成したからといってすぐにグリーンスムージーをやめてしまうのではなく、長期間に渡って継続することをおすすめします。

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットの注意点

グリーンスムージーダイエットは健康的に美しく痩せられるダイエット方法ですが、正しく実践するために知っておくべき注意点がいくつかあります。

グリーンスムージーを飲み過ぎることで便秘になることもある

グリーンスムージーを飲むと食物繊維によって便秘が改善されるイメージがありますが、飲み過ぎると逆に便秘になってしまうことがあります。

なぜならグリーンスムージーは噛まずに飲めるので、腸のぜん動運動が行われにくくなってしまうからです。

グリーンスムージーの飲み過ぎによる便秘を防ぐためには、まず飲み過ぎないようにしましょう。1日の食事を全てグリーンスムージーで済ますというような状態を長期間続けるようなケースは明らかに飲み過ぎです。

そしてグリーンスムージーを飲むときには噛みながら飲むようにすることで腸のぜん動運動をスムーズにすることが期待できます。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーによる拒食症ジューサレクシックに注意

グリーンスムージーダイエットに取り組む際にはジューサレクシックという拒食症について知っておいてください。

ジューサレクシックは自覚症状が無いので、事前にジューサレクシックについて知っていないと余計に症状が進んでしまう可能性があります。

ジューサレクシックは拒食症の一種

ジューサレクシックは日本ではまだあまり耳にしませんが拒食症の一種です。

グリーンスムージーなど健康に良い飲み物を飲み続けた結果、通常の食事を食べられないか、食べられるとしてもごく少量しか食べられない状態のことを言います。

自覚症状が無いのでかかっても気づかない

ジューサレクシックは自覚症状が無いのでかかっても本人は気づかないことがほとほとんどです。

それどころか患者本人はグリーンスムージーなどできちんと栄養はとっているから問題ないと認識しているのです。

自分は充分に健康だと認識しているので、周囲が治療を促しても拒否されてしまい、治療が難しい症状です。

ジューサレクシックは食事がメインと考えることで防げる

ジューサレクシックを予防するためには、あくまでもグリーンスムージーは食事のサポートのためのものと考えておきましょう。

通常の食事がメインであり、置き換えやおやつ代わりに飲むグリーンスムージーで不足しがちな栄養を補っているのです。

常々そのように考えておけば、グリーンスムージーばかり飲んで食事ができなくなってしまうという事態を防げます。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーに頼り過ぎると栄養が偏り栄養の吸収が悪くなる

グリーンスムージーは栄養豊富ですが、全ての栄養をバランス良く含んでいるというわけではありません。

そのため日々の食事をグリーンスムージーに頼り過ぎてしまうと、摂取できる栄養に偏りが出てしまいます。

そして栄養が偏ってしまう結果、他の栄養の吸収率も悪くなってしまうのです。

そうならないためにもグリーンスムージーだけに頼るのではなく、通常の食事をバランス良く食べることを心がけましょう。

 

Sponsored Link



グリーンスムージーダイエットは簡単・手軽でおいしく痩せられます

グリーンスムージーダイエットは簡単に取り組むことができ、痩せやすく太りにくい体作りをすることができます。

しかもビタミンやミネラルなど栄養も豊富なので、ダイエットだけでなく健康と美容にも役立ちます。

そんなグリーンスムージーダイエットを成功させるためにはいくつかのポイントがあります。

まずあげられるのは、野菜と果物は6:4の割合にする、材料は常温にして使う、水分には水を使うといったグリーンスムージーの作り方のポイントです。

これらを守ることで、効率的に栄養をとれるグリーンスムージーが作れます。

栄養たっぷりのグリーンスムージーを作ることができたら、さっそく飲んでグリーンスムージーダイエットを始めましょう。

グリーンスムージーダイエットの場合飲み方にもダイエットを効率的にするポイントがあります。

  • 朝飲むこと
  • グリーンスムージーを飲む前後40分間は何も食べないこと
  • 常温で飲むこと
  • 噛みながら飲むこと

これらのポイントを押さえて飲むことで、グリーンスムージーのダイエット効果をしっかりと実感できるようになります。

グリーンスムージーダイエットは置き換えダイエットや週末断食に使うこともできますが、その場合でも基本はバランスのとれた食事であることを忘れないようにしてください。

グリーンスムージーダイエットは簡単に始められますし、粉末タイプのグリーンスムージーを利用すればより手軽です。

しかし過度に食べ過ぎていたり運動不足だったりすると、グリーンスムージーを飲んでも痩せられなかったり逆に太ってしまう恐れもあります。

大切なことは通常の食事を大切にしながら、不足しがちな栄養を補うような形でグリーンスムージーを取り入れることです。

健康できれいに痩せられるグリーンスムージーダイエットで無理なく自然にダイエットしていきましょう。

グリーンスムージーダイエットについては『スムージーダイエットで効果的に痩せる方法!』もぜひ、ご覧ください。

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活で男性は何をする?気をつけることやおすすめの食事、病院でできる男性不妊検査について解説します!

  • 妊活中のお風呂の効果的な入り方は?性交後でも大丈夫?時間、温度、男性の場合などについて解説します!

  • 妊活中のお酒をやめるべき理由とは?飲めるタイミングや飲み会での断り方まで解説!

  • 妊活にストレスは影響する?「辛いからやめたい」と思う前にできるストレス発散法とストレスをためない対策

関連記事

  • スムージーの作り方は簡単!基本の作り方から自作レシピの作り方まで全てお伝えします

  • 美肌スムージーはニキビや肌への効果が凄い!理由と作り方や方法の全てを完全公開!

  • スムージーダイエットで効果的に痩せる方法!おすすめの飲み方!

  • ほうれん草スムージーは生が効果大!レシピや作り方のすべて!

  • スムージーダイエットは効果抜群!その理由と正しい飲み方・作り方徹底解説!

  • グリーンスムージーの効果が凄い!飲み方・作り方も全てお伝えします!!