1. TOP
  2. 紅茶
  3. ノンカフェインの紅茶は妊婦さんに大人気!高級茶葉はギフトにもおすすめ
Sponsored Link

ノンカフェインの紅茶は妊婦さんに大人気!高級茶葉はギフトにもおすすめ

紅茶   2,172 Views

近年では紅茶の種類が多岐に渡り、カフェインの入っていない「ノンカフェイン紅茶」の商品が充実しています。

カフェインを控えたい妊婦さんや、就寝前にノンカフェインの紅茶を飲みたいという人、カフェインにアレルギーがある人などの需要が高まっています。

ノンカフェイン紅茶について押えておきたいポイントは、下記の通りです。

 

  • 「ノンカフェイン」「カフェインレス」など呼び名が様々
  • ノンカフェインの紅茶は妊娠中や授乳中も安心
  • 購入の際はカフェイン量やカフェイン除去の製法を確認
  • ノンカフェイン紅茶でも効能が期待できる

 

上記を踏まえ、今回はノンカフェインについての基礎知識、ノンカフェイン紅茶の製造方法と安心できる選び方、ノンカフェイン紅茶の種類や効能、ギフトの選び方などをまとめました。

カフェインを控えている方へ、ノンカフェインの紅茶の選び方や楽しみ方の参考になれば幸いです。

 

Sponsored Link



Contents

人気のノンカフェインの紅茶とは

まず初めに、「ノンカフェイン」について説明いたします。日本では、一般にカフェインが入っていないものをノンカフェインと呼んでいます。

 

そもそもカフェインとは

「カフェイン」とは、塩基性の化合物である「アルカロイド」の仲間の物質です。天然の紅茶の茶葉をはじめ、コーヒー豆、カカオ豆などに多く含まれます。

カフェインは興奮や覚醒、解熱や利尿などの作用があり、抽出した成分は清涼飲料水や医薬品などにも使用されています。

一般に、紅茶に含まれるカフェインは100mlあたり約30mgで、コーヒーは約60mgです。

近年では、リフレッシュだけでなく「集中力が高まる」「ダイエットに効果的」などとして注目されています。

 

紅茶とカフェインについては、当サイトの「紅茶カフェインの効果や含有量の比較と注意点」でもご紹介しています。

 

Sponsored Link



ノンカフェインは英語?

カフェインは英語で「caffeine」と書きますが、「ノンカフェイン」や「カフェインレス」は本来の英語ではなく和製英語です。

カフェインが含まれないことを英語では「decaffeinated」と言い、略して「decaf」とも呼ばれます。「カフェインフリー(Caffeine-free)」も通常の表現として使われます。

ちなみに、国内はノンカフェインについての明確な基準がありませんが、ヨーロッパでのノンカフェインは「抽出液のカフェイン残留量が0.1%以下」が義務付けられています。

国内ではカフェイン量を記載する義務がないため、商品によっては数値がわからないものもあります。

 

カフェインレス・デカフェとの違い

日本では、カフェインについての表現は決まりがなく、混同して使われています。

一般に、「ノンカフェイン」「カフェインフリー」「カフェイン0」は、カフェインが含まれていないものを指します。

ただし、「ノンカフェイン」として販売されている紅茶やコーヒーの中にも、体に影響の無いごく微量のカフェインが残っているものがあります。

一方、「カフェインレス」「デカフェ」はカフェインが少なめという時に使われますが、商品によってはカフェインが0でも使用している場合があります。

購入の際は、商品に記載されたカフェイン量を確認するか、販売店に直接問い合わせることをおすすめします。

 

オーガニックに多いノンカフェイン紅茶

「オーガニック(organic)」とは「有機栽培」を指し、「有機農法」「オーガニック農法」とも呼ばれます。

農林水産省では、農薬や化学肥料を3年以上使用しない田畑で育てたものを「有機農産物」と定義しています。

輸入されたオーガニック紅茶のほとんどはカフェインを除去して製造しており、茶葉100g中に残存するカフェインが0.1~0.2g以下になっています。

厳密には0ではありませんが、体に影響がない量のために「ノンカフェイン」として多くのメーカーが販売しています。

 

Sponsored Link



ノンカフェインの紅茶はイギリスにもある

イギリスでは、午後になると「デカフェ」と呼ばれる紅茶を飲む人が多く、ノンカフェインの紅茶は多数販売されています。

しかし、海外のノンカフェインとして製造される紅茶の中には薬品を使用しているものがあるため、人体への影響が心配されています。

もともとカフェインの含まれない品種の場合は心配ありませんが、ノンカフェインの紅茶をお土産として選ぶ際には少々注意が必要です。

カフェインの除去については、下記の項目で詳しくお伝えします。

 

ノンカフェインのコーヒーも充実

最近では、ノンカフェインのコーヒーも豊富にラインナップされており、カフェイン除去は紅茶と同様の製法で行われています。

レギュラーコーヒーやインスタントコーヒー、スティックタイプをはじめ、缶コーヒーやペットボトルでもカフェイン量を減らした商品が多数販売されています。

購入の際は、商品に記載された数値を参考に選んでみてください。

また、ノンカフェインのコーヒーを扱うカフェも増えています。カフェインの含有量は、メニューに記載されている数値や、店員さんから情報を得るなどして確認してください。

 

カフェインレスのコーヒーについては、「カフェインレスコーヒーの効果は健康にもの凄く良い!」でもご紹介しています。

 

Sponsored Link



ノンカフェインの紅茶は妊婦さんや赤ちゃんも安心

カフェインは体に悪いものではありませんが、大量に摂取すると心拍数の増加や血管の収縮などが起こります。

ノンカフェインの商品を上手に取り入れて、お茶の時間を楽しみましょう。

 

ノンカフェインなら赤ちゃんや子供にも大丈夫

ノンカフェインの紅茶は、カフェインが0、もしくは体に影響のない微量のカフェインしか含まれていないので、赤ちゃんや子供でも飲むことができます。

特に、フレーバーティーは子供でも飲みやすい味が揃っています。家族でティータイムを楽しみたいという時におすすめです。

ただし、子供が下痢をしたり腹痛を起こしたりする時には摂取を中止してください。

 

Sponsored Link



妊娠中のカフェイン摂取について

日本ではカフェインについての基準がないため、海外の資料を基にお伝えいたします。

欧州食品安全機関では、妊娠中および授乳中の女性は1日に200mgまでのカフェインなら問題ないと説明しています。

参考までに、紅茶とコーヒーに含まれるカフェインの一般的な数値をご紹介します。

 

紅  茶:100mlあたり約30mg カップ1杯(150ml)は約45mg

コーヒー:100mlあたり約60mg カップ1杯(150ml)は約90mg

 

妊娠中のカフェインは、数値の範囲内の摂取であれば問題ないので必要以上に心配することはありません。

ただし、過剰に摂取した場合には子宮内の血管が収縮する他、早産や流産、低体重といった報告がされています。

 

Sponsored Link



つわりの期間もノンカフェインはOK

体調がすぐれないつわりの期間は、好きな紅茶で気分転換をしたいという妊婦さんもいるでしょう。

ノンカフェインの紅茶であれば、妊娠初期~後期に関係なく飲むことができます。

お気に入りのノンカフェイン紅茶を探して美味しくいただけば、つわりの辛さから少し解放されるかもしれません。

 

妊娠中だけでなく産後の授乳期間も安心

ノンカフェインの紅茶なら、授乳をしているママさんも安心して飲めます。

カフェインは母乳にも移行することがわかっており、カフェインを摂取した後に授乳をすると、飲んだ分の0.5~1.5%が赤ちゃんの体内に取り込まれるというデータがあります。

カフェインを大量に摂取した場合は赤ちゃんにも影響が出るため、授乳中もご紹介した1日の摂取量を守って飲むようにしてください。

 

Sponsored Link



ノンカフェインの紅茶の製造方法とは

続いて、紅茶からカフェインを除去する製造方法について説明いたします。

 

なぜノンカフェインになる?3つの製法

ノンカフェインの紅茶は、カフェインを除去するために特別な製法が行われています。

 

  • 有機溶媒抽出(Chemical method)

「有機溶媒抽出」とは、有機化合物を分解する作用がある「ジクロロメタン」を使用する方法です。1906年にドイツで開発され、世界で最初の技法で安価ですが、薬品の残留が問題視されています。

有機溶媒抽出は、直接溶剤に入れて除去する方法(The direct solvent based process)と間接的に溶剤を使用する方法(The indirect solvent based process)があります。

 

  • スイス式水抽出法(The Swiss water process)

「スイス式水抽出法」とは、1941年にカナダのスイスウォーター社によって開発され、現在はアメリカが特許を取得している製法です。

紅茶の茶葉を水に浸してカフェインの成分を除去する方法ですが、他の成分も溶け出してしまう難点があります。

 

  • 超臨界二酸化炭素抽出(Carbon dioxide process)

「超臨界二酸化炭素抽出」は香料や医薬品の抽出にも使われる方法で、1974年にカフェインの除去に応用されました。

紅茶の茶葉に蒸気を当てて水分を含ませた後、120~180気圧の圧力容器に移します。

圧力と温度を調整して気体と液体の中間的な性質を持たせた「超臨界炭酸ガス(二酸化炭素)」を80℃で5~30時間ほど循環させ、カフェインを抽出します。

カフェインの抽出後は、二酸化炭素の圧力を戻して除去します。毒性がなく最も優れている製法とされ、現在はこの方法が主流になってきています。

 

Sponsored Link



薬を使用するカフェイン抽出は危険か

有機溶媒抽出で使用するジクロロメタンは人体に影響のある物質のため、茶葉への残留が問題になっています。

国内では、食品衛生法によって食品添加物の基準が厳しく設けられており、ジクロロメタンを使用した食品の販売、輸入などは禁止されています。

したがって、国内で販売されているノンカフェイン紅茶はスイス式水抽出法か超臨界二酸化炭素抽出を行った商品であるため、残留物の心配はありません。

ただし、海外の製品では一部で有機溶媒抽出を行っているノンカフェイン紅茶があるので、現地でのお土産や個人の輸入の際は気をつけてください。

 

紅茶のエキスを使用した商品

ノンカフェインの紅茶には、お伝えした3つの製法の他に「紅茶エキス」を使用した商品もあります。

スティックの粉末タイプのノンカフェイン紅茶には、紅茶エキスが使用されています。

紅茶エキスとは紅茶の成分を茶葉から抽出したもので、現在は技術の発達によりカフェインの濃度も調整できます。

 

Sponsored Link



安心できるノンカフェイン紅茶の選び方

ノンカフェイン紅茶の製造方法についてご紹介しました。下記にノンカフェインの紅茶を安心して選ぶポイントをまとめましたので、安全な商品を選ぶ際の参考になさってください。

 

  • 商品に記載されているカフェイン量を確認
  • カフェインを除去する製法を確認
  • 不明な場合は店員・店舗に直接質問
  • 海外で購入する場合は注意が必要

 

ノンカフェイン紅茶の味はまずい?

ノンカフェインの紅茶はカフェインを除去する工程が施されているため、通常の紅茶に比べると味やコクが物足りないと感じる人がいるのは事実です。

しかし、現在では製造の技術が発達し、通常の紅茶により近い味が出せるようになってきました。

ノンカフェインの中でもフレーバーティーは香りが付いているので、味の差を気にせず美味しくいただけます。

 

Sponsored Link



ノンカフェイン紅茶の効果・効能

それでは、ノンカフェインの紅茶に期待できる効果や効能について見ていきます。

製造方法によっては、カフェイン以外の成分が通常の紅茶よりもやや少なくなる場合がありますが、一般に言われている作用についてご紹介します。

 

ノンカフェイン紅茶の成分

紅茶には、カフェイン以外にポリフェノールの仲間の「タンニン」、タンニンの仲間の「カテキン」、「テアフラビン」などの「紅茶フラボノイド」、アミノ酸の仲間の「テアニン」、アルカロイドの仲間の「テオフィリン」、炭化水素の仲間の「テルペン類」などがあります。

また、「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ナイアシン(ビタミンB3)」、「葉酸」なども含まれます。

 

ノンカフェインでも効果が期待できる

紅茶に含まれるカテキンは殺菌作用があるため、喉が痛い時におすすめです。また、テオフィリンには気管支拡張作用があるので、咳を鎮めるのに効果があります。

さらに、タンニンは超の粘膜を保護する役割があり、腹痛や下痢の時にも飲むことができます。

近年では、紅茶に含まれるカテキンの作用が話題になっています。カテキンは、血糖値を下げたり、血圧の上昇を抑えたりする効果が期待できるため、生活習慣病を予防できる成分として注目されています。

 

Sponsored Link



貧血の人はタンニンに注意

「貧血」とは、血液を構成する赤血球やヘモグロビンの量が基準値よりも少なくなる症状です。

血液内の鉄分が不足すると、ヘモグロビンが生成できずに貧血の状態になります。

紅茶やコーヒーなどに含まれるタンニンは、鉄分の吸収を阻害してしまう作用があります。

貧血の人は、タンニンが含まれる食品の過度な摂取は控えるようにしてください。

 

ノンカフェイン紅茶の利尿作用

ノンカフェインの紅茶は、カフェインが少ない、もしくは0であるためカフェインの利尿作用は軽減されています。

ただし、紅茶に含まれる砂糖や甘味料にも利尿作用があるので、甘いノンカフェインの紅茶の場合にはトイレが近くなることがあります。

しかし、紅茶に限らず水分を大量に摂取した時や、冷たい飲み物をたくさん飲んだ時には尿意を催したりむくみが出たりするので、摂取量に気をつけましょう。

 

Sponsored Link



国産もある!ノンカフェイン紅茶の種類一覧

インターネットの普及により、全国のショップからノンカフェイン紅茶を簡単に購入できるようになりました。

貴重な国産の紅茶も、カフェイン少ない商品が販売されています。

 

茶葉別のノンカフェイン紅茶

まずは、品種別にノンカフェインの紅茶をご紹介します。外国産のものは、ご紹介したカフェインの除去方法を確認して購入するようにしてください。

 

ダージリン

紅茶の中で最もポピュラーといえるのが「ダージリン」です。ダージリンは、インドの北東部に位置するダージリン地方で栽培される茶葉です。

ダージリンのノンカフェイン紅茶は、カフェインを海外で除去した茶葉を輸入し販売しています。

国産では、ダージリンに近い品種の茶葉でカフェインが少なめの商品が販売されています。

 

アッサム

「アッサム」は同じくインド北東部のアッサム平原で栽培される品種です。アッサムは甘みとコクがあるため、ミルクティーに合う紅茶として知られます。

アッサムのノンカフェイン紅茶も、海外で処理された茶葉を輸入したものです。

国産でもアッサムに近い品種が開発されていますが、ノンカフェインのものは流通していません。

 

セイロン

「セイロン」は、インド洋のセイロン島(スリランカ)で栽培されている茶葉の総称です。有名な「ウバ」はセイロンティーの品種の1つです。

セイロンも、海外でカフェイン除去を行った茶葉を輸入し販売しています。

セイロンティーに似た味の国産紅茶もありますが、ノンカフェインは扱っていません。

 

Sponsored Link



アールグレイ

人気の「アールグレイ」は、ベースとなる茶葉にミカン科の植物「ベルガモット」の香りを付けたフレーバーティーです。

アールグレイのノンカフェインやカフェインレスの商品は、各種販売されています。

こちらも海外でカフェインを処理されたものが多いため、製造方法を確認した上で購入してください。

国産のアールグレイも各種販売していますが、ノンカフェインの商品は見当たりません。

 

タイ・シンガポール産

近年では、タイ産やシンガポール産の紅茶も人気が高まっています。アジアの紅茶もノンカフェインの商品が一部ありますが、製造方法が不確かです。

ノンカフェインの紅茶を選ぶ際には、取り扱うお店に直接問い合わせるなどして、安全な商品を購入するようにしてください。

 

フルーツ・フレーバーティーなどのノンカフェイン紅茶

フルーツやフレーバーティーは、ノンカフェインの商品が多く販売されています。茶葉だけでなく、手軽に飲めるティーバッグも人気があります。

 

アップル

アップルティーは、ベースとなる茶葉にりんごの香りをつけた紅茶です。商品によっては、乾燥させた小さいりんごが入っているものもあります。

茶葉のカフェインの抜き方を詳細に記している商品は、安心して飲むことができます。

 

キャラメル

キャラメルティーも、ベースの茶葉にキャラメルの香りを付けています。小さな子供でも一緒に飲める優しい味です。

ノンカフェインのキャラメルティーも各種販売されていますので、製造方法やカフェインの残量などもチェックしてみてください。

 

生姜紅茶

冷え取りやダイエットで話題の生姜紅茶は、最近では様々な商品を見かけるようになりました。

茶葉や生姜の産地、カフェインの抽出方法などを詳細に記しているショップは信頼できます。

自分でノンカフェインの茶葉を使用し、生姜をプラスして飲むこともできます。

 

生姜紅茶の効果については、「生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!」も参考になさってください。

 

ミルクティー

ミルクティーは、茶葉やティーバッグだけでなく、ペットボトルでもノンカフェインの商品が販売されています。

メーカーが独自に開発した製法でカフェインを除去し、美味しさを残したまま仕上げている商品は人気があります。

生姜紅茶と同様に、自分でノンカフェインの茶葉を使用し、ミルクをプラスして飲むことも可能です。

 

Sponsored Link



その他のノンカフェイン紅茶など

その他、市販されているノンカフェインの紅茶やお茶を集めてご紹介します。

 

無農薬や有機栽培

ご紹介したように、オーガニックの紅茶はノンカフェインとして販売されているものが大変多く、ほとんどのショップで産地や製法も紹介されているため安心して選べます。

ただし、国産のオーガニックの商品でノンカフェインのものは、紅茶ではなくハーブティーや穀物などのお茶に限られます。

 

水出し紅茶

最近では水出し紅茶が注目されており、ノンカフェインの商品も販売されています。

カフェインは高温の時に多く抽出されるため、水で作った紅茶はもともとカフェインが少なめです。

市販の水出しでは、ルイボスティーや穀物のお茶のティーバッグもあるので、飲み比べてみてはいかがでしょうか。

 

ルイボスティー

近年注目されている「ルイボスティー」は、南アフリカ原産の植物「ルイボス」の葉をお茶にしたもので、現地でも健康茶として親しまれています。

ルイボスティーはもともとノンカフェインのお茶なので、妊婦さんや子供でも飲むことができます。

ルイボスティーの抗酸化作用が話題になっていますが、まれに腹痛や下痢を起こす人もいるため様子を見ながら摂取してください。

 

ハーブティー

ハーブティーのほとんどはノンカフェインなので、カフェインを摂取したくない就寝前などにも安心して飲むことができます。

ただし、子宮を収縮させるカモミールなどのハーブは妊婦さんには注意が必要です。

「妊婦さんにおすすめ」「マタニティ用」などの表示をチェックし、お店のアドバイスも受けながら選ぶようにしてください。

 

各種ブレンドティー

紅茶以外のノンカフェインのお茶では、緑茶や穀物などを使用したものが人気です。

麦茶やはと麦茶、そば茶、たんぽぽ茶などをはじめ、他の食品とブレンドしたものも多数販売されています。

ただし、はと麦茶は子宮を収縮させる作用があるため、妊婦さんは控えるようにしてください。

様々な食品が入ったブレンドティーは、「妊婦さんや子供に安心」と書かれた商品を選ぶようにしましょう。

 

Sponsored Link



ノンカフェイン紅茶はスーパー・コンビニ・薬局なら安い

ノンカフェインの紅茶について説明して来ました。ここでは、近くのお店で手軽に購入できるノンカフェインの紅茶を紹介します。

 

ペットボトルは無糖やアイスティーもある

1990年に大容量のペットボトルの緑茶が発売され、1996年に500mlのお茶が登場してからは続々と商品が増えました。

現在では、ペットボトルの紅茶の種類も多岐に渡り、ノンカフェインの商品も市販されています。

無糖やストレートティー、ミルクティーなどがあり、アイスティーとしても飲めます。

 

ティーバッグのノンカフェイン紅茶

ノンカフェインの紅茶は、手軽に飲めるティーバッグのタイプも人気です。

「ノンカフェイン」「カフェインレス」「デカフェ」など表現は様々ですが、種類が豊富なために選ぶ楽しみがあります。

ご紹介したポイントを参考に、お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

インスタントの粉末タイプもお試しを

ノンカフェイン紅茶でスティックのタイプは、種類は少ないですが妊婦さん用に販売されています。

妊娠中や授乳中、就寝前でも安心して飲めるため、近くのお店で常に買い置きしておくのもおすすめです。

 

Sponsored Link



美味しいノンカフェイン紅茶はプレゼントにおすすめ

近年では、ノンカフェイン紅茶の製造方法の技術が向上し、通常の紅茶より劣らない味わいが楽しめるようになりました。

妊婦さんやカフェインを控えている人へのギフトにも、手軽にノンカフェイン紅茶を選ぶことができます。

 

妊婦さんへの贈り物はノンカフェイン紅茶を

妊婦さんへの贈り物に迷った時には、種類が豊富なノンカフェインの紅茶がおすすめです。

様々な味が楽しめるだけでなく、缶やパッケージがきれいなため、飲んだ後も飾ったり使ったりできます。

店舗でノンカフェインの紅茶を選ぶ時には、妊婦さんへのギフトとして相談するか、一言添えれば安心です。

 

Sponsored Link



出産祝いや内祝いなどのギフトは価格別で選べる

最近では紅茶の種類が増え、出産祝いなどのギフトにノンカフェインの商品を選ぶ人が増えました。

出産の内祝いに、子供の名前を入れたおしゃれな紅茶を贈る人もいます。かわいい缶は、飲み終わった後も小物入れなどに使用できます。

ギフトは価格別に用意されているので、予算に合わせて贈る相手にぴったりのノンカフェイン紅茶を選ぶことができます。

 

高級百貨店の輸入紅茶の店舗で探す

海外の紅茶の老舗ブランドは、ほとんどが国内の高級百貨店に店舗を構えています。

紅茶の缶がずらりと並んだ店内に一歩踏み入れれば、日常生活を忘れさせてくれる上質な空間にしばし身を置くことができます。

ノンカフェインについてはもちろん、紅茶の知識が豊富な店員さんに相談しながらギフトを選べるのが魅力です。

ギフトを選び終えたら、帰り際に自分用に小さい商品を探す楽しみもあります。

 

通販なら送料無料で詰め合わせも贈れる

外出できない場合や忙しい時には、便利な通販を利用すればいつでも申し込みが可能です。

通販では、決められた価格以上であれば送料無料というショップが多数を占めています。

「妊婦さんにおすすめ」などの説明を参考に、素敵なノンカフェイン紅茶のセットを選んでみてはいかがでしょうか。

心配な点や疑問点はショップに直接問い合わせをすれば、信頼できるお店かどうか判断するきっかけにもなります。

 

格安の福袋やお試しセットもおすすめ

かしこまったギフトではなく、ちょっとしたプレゼントや手土産にはノンカフェイン紅茶の福袋やお試しセットもおすすめです。

商品がたくさん入っている場合には、皆でシェアするという方法もあります。美味しかったノンカフェイン紅茶があれば、再度注文することも可能です。

お気に入りのノンカフェイン紅茶の情報は、常にチェックしておきましょう。

 

Sponsored Link



おしゃれなお店でノンカフェイン紅茶を味わう

最近では、おしゃれなカフェでもノンカフェインの商品を扱うようになりました。

妊婦さんをはじめ、睡眠に配慮する人、カフェインが苦手な人、投薬をしている人など需要は様々です。

 

有名ショップのノンカフェイン紅茶

有名チェーン店や個人経営のカフェなど、地域別にネットで検索するとショップの情報が出てきます。

「ノンカフェイン」「デカフェ」「カフェインレス」と表現は様々ですが、高まるニーズに応えて各店舗で工夫をこらしています。

カフェインの含有量など、店舗で直接問い合わせできるのもメリットです。

 

専門店・販売店の口コミを参考に

ノンカフェインの紅茶を選ぶ際には、情報がたくさんありすぎてどれにすればよいのかわからない場合も出てきます。

実際に行った人、買った人のレビューは参考になりますが、味の感じ方には個人差があるため、口コミは1つの意見としてご覧下さい。

また、含まれるカフェインの量は必ず自分で調べることをおすすめします。

 

Sponsored Link



ノンカフェインに近づける!体にやさしいカフェインレス紅茶の作り方

ノンカフェインの紅茶は市販のものと思いがちですが、家庭でも8割ほどカフェインを減らせる方法があります。

 

市販の紅茶の茶葉でOK

いつも飲んでいる紅茶の茶葉を用意し、ティーポットに入れておきます。ティーバッグの場合も同様に用意します。

 

熱湯をかけて30秒ほど待つ

お湯を沸かし、ポットの茶葉に少量の熱湯をかけて30秒ほど置きます。この間にカフェインなどの成分が抜けます。

 

お湯を捨てて通常の方法で淹れる

ポット内に溜まったお湯を一旦捨てます。再び熱湯を注ぎ、通常の方法で紅茶を淹れれば完成です。

紅茶の一番美味しい成分も抜けてしまうので、少々物足りない味になるかもしれませんが、一度お試しください。

 

ノンカフェイン・カフェインレスは就寝前におすすめ

カフェインは覚醒作用があるため、就寝前に摂取すると睡眠に支障が出る場合があります。

ノンカフェインやカフェインレスの紅茶であれば、就寝前にも香りを楽しむことができます。

1日の締めくくりに、お気に入りのカップでゆっくりとノンカフェインの紅茶をお楽しみください。

 

Sponsored Link



ノンカフェイン紅茶についてのまとめ

今回は、ノンカフェインの紅茶についてご紹介しました。ノンカフェインの基礎知識や、ノンカフェイン紅茶の製造方法と安心な商品の選び方はご理解いただけたでしょうか。

ノンカフェインの紅茶でも、効果や効能が期待できる点もお伝えしました。

最近では、おしゃれなノンカフェインの紅茶も多数販売されており、おしゃれな店舗で実際に飲むこともできます。

ギフトにもおすすめのノンカフェインの紅茶を、この機会にぜひお試しください。

 

 

Sponsored Link



\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 紅茶キノコの株で本格手作り!購入方法と作り方をご紹介

  • 紅茶キノコの作り方・飲み方・保存方法を徹底解説!

  • 紅茶の飲み過ぎに注意!健康に影響のない1日の摂取量とは

  • ノンカフェインの紅茶は妊婦さんに大人気!高級茶葉はギフトにもおすすめ

関連記事

  • 紅茶カフェインの効果や含有量の比較と注意点

  • 紅茶の健康効果のすべてをお伝えします!

  • 紅茶の飲み過ぎに注意!健康に影響のない1日の摂取量とは

  • 紅茶の効能はこんなにある!その全てをご紹介します!

  • 風邪は紅茶で予防と症状の改善ができる!生姜紅茶・はちみつ紅茶は風邪に効く!

  • 紅茶の効果が凄い!ダイエット・リラックス・美容に飲み方まですべてお伝えいたします!