1. TOP
  2. 生姜湯
  3. 妊婦が生姜湯で得られる効果が凄い!
Sponsored Link

妊婦が生姜湯で得られる効果が凄い!

生姜湯   3,761 Views

妊婦さんにとって生姜湯はとても役立つ飲み物です。

なぜなら生姜湯には、

  • 血行を良くして胎児の健やかな成長をサポートする
  • 免疫力を高めて風邪やインフルエンザに感染しづらくする
  • つわりを軽減する
  • 眠りづらさを改善する

といった働きがあるからです。

生姜湯を飲むことで期待する働きがある場合には、生姜に含まれている代表的な3つの有効成分とそれらを活かすための生姜湯の作り方を覚えておきましょう。

生の生姜に豊富なジンゲロール、生姜を加熱することで増えるショウガオールとジンゲロンは、生姜の加熱の有無によって生姜湯に含まれる分量が変わります。

そのためジンゲロールを多くとりたいのであれば生の生姜を使って生姜湯を作りますし、ショウガオールをとりたいのであれば加熱した生姜を使って生姜湯を作ります。

ただし生姜湯はたくさん飲めば良いというわけではなく、適量飲むことが大切です。

特に妊婦さんの場合には生姜湯の飲み過ぎが流産につながるという指摘もありますので、摂取目安量の10gを上限に体調を確認しながら飲むようにしましょう。

今回の記事では妊婦さんに生姜湯がなぜ良いのか、おすすめの生姜湯の作り方、アレンジレシピ、注意点を解説しています。

妊娠中の健康維持やマイナートラブル解消のために生姜湯をぜひ、活用してみてください。

Contents

妊婦さんが生姜湯を飲むと温め効果で血行が良くなり胎児の健やかな成長につながる

生姜湯を飲むと体を温める効果によって血行が良くなります。

それは妊婦さんにとってとても重要な働きです。

なぜなら胎児への栄養は血液によって運ばれているからです。

血行が良くなればその分胎児の成長はスムーズで健やかなものになりますので、生姜湯の温め効果は妊婦さんにとって必須の働きと言えるでしょう。

冷えやすい妊婦さんの体を生姜湯がサポートしてくれます

妊婦さんの体は実は冷えやすい状態になっています。

妊娠することによる体型の変化で姿勢が変わるので血行が悪くなりやすいですし、ホルモンバランスの乱れによって自律神経がうまく機能せずに冷えが起こることもあります。

また運動量が減ることも血行が悪くなる原因の1つです。

そのため生姜湯で体を温めたり血管を拡張したりして血行を良くすることは、妊娠中の冷えを解消し血行を良くすることにつながります。

妊婦さんの血行が良くなると胎児への栄養供給がスムーズになる

様々な原因で冷えやすく血行が悪くなりやすい妊婦さんですが、胎児の成長のことを考えるのならできるだけ冷えを解消するように対策することが大切です。

胎児への栄養は血液によって運ばれていくので、血行が悪くなってしまうとその分栄養が届きづらくなってしまいます。

スムーズに栄養を届けて健やかに胎児が大きくなるためにも、生姜湯で体を温めることはとても重要というわけです。

温め効果を1日中持続させやすくしたいなら生姜湯は朝飲むのがおすすめ

生姜湯の温め効果をできるだけ長い時間持続させたいのであれば、生姜湯は朝飲むのがベストです。

朝生姜湯を飲むと、その日1日の体温があがりやすい状態が作れるので、温かく血行が良い状態を長続きさせることができます。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

免疫力が低下する妊婦さんは生姜湯で風邪予防がおすすめ

妊婦さんは免疫力が低下しますので、風邪やインフルエンザなど感染症にかかりやすくなります。

免疫力が低下するのは胎児を異物とみなして流産してしまうのを避けるためためです。

そのため妊婦さんは生姜湯を上手に取り入れて免疫力を高め風邪予防をするのをおすすめします。

生姜湯は温め効果と白血球の増加のダブルで免疫力アップができる

生姜湯は免疫力を高めてくれる働きがあります。

まずあげられるのが生の生姜に多く含まれるジンゲロールによって白血球を増やし免疫力を高める働きです。

そして次にあげられるのが加熱した生姜に豊富なショウガオールによって体が芯から温められることにより体温があがり免疫力が高まるという働きです。

生姜湯を飲むとこの2種類の方法によって免疫力を高めることができますので、妊娠中で免疫力が低下しているときでも生姜湯で風邪予防ができます。

妊婦さんは薬が飲めないから生姜湯を効果的に取り入れましょう

妊婦さんは風邪をひいたとしても薬を飲んで対処することができません。

そのため生姜湯を日常的に飲んで免疫力をできるだけ高め、風邪をひかないように対策することが重要になってきます。

また生姜湯は初期の風邪対策にも有効で、喉の痛みを和らげたり風邪の治りを早くするために働きかけてくれます。

そのため妊娠中で薬が飲めないときの対策として生姜湯はぴったりなのです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

妊婦さんのつわり軽減に生の生姜が効果的

妊婦さんの悩みの1つにつわりがあります。

何をやってもおさまらないつわりの吐き気は食べ物を受け付けなくなるくらい辛いケースもありますし、何よりも精神的に落ち込んでしまいます。

そんなつわりの症状を軽減するためにも生姜湯を活用することが可能です。

生の生姜に含まれるジンゲロールがつわりの吐き気を抑えてくれる

生の生姜に豊富なジンゲロールはつわりの吐き気を抑える働きをしてくれますので、つわりが気になるときには生姜湯を飲むようにすると良いでしょう。

朝や夕方はつわりがひどく感じる妊婦さんが多い時間帯ですが、この時間帯になる前に生姜湯を飲んでおけば吐き気を和らげることが期待できます。

ジンゲロールが吐き気の原因であるセロトニンの分泌をコントロール

ジンゲロールがつわりの吐き気を和らげるのは、吐き気の原因となるセロトニンの分泌をジンゲロールがコントロールしてくれるからです。

胃腸に刺激を与えることで吐き気を引き起こすセロトニンがコントロールされれば、つわり中のひどい吐き気が抑えられる可能性があります。

就寝前の生姜湯で妊婦さんの睡眠をサポート

就寝前に生姜湯を飲むと体が温まるので眠りやすくなることが期待できます。

そのため就寝前の生姜湯は妊婦さんの睡眠をサポートしてくれることが考えられます。

妊娠中は何かと眠りづらく感じることも多いですが、生姜湯を上手に活用して質の良い睡眠が取れるようにしましょう。

妊娠中は眠りづらい悩みを抱えている妊婦さんも多い

妊娠中は眠いものだというイメージがありますが、実はそんなことはなく、眠れないと悩んでいる妊婦さんも大勢います。

妊娠初期にはつわりなどに悩まされて眠れないこともありますし、妊娠後期になると大きくなったお腹が原因で眠れないこともあるのです。

そんなふうに眠れない悩みを抱えている妊婦さんにとっても生姜湯は良い働きをしてくれます。

生姜湯を就寝前に飲むと体を温めてぐっすりと眠れるようにしてくれる

体を温める生姜湯は就寝前に飲むことでスムーズな眠りをサポートしてくれます。

妊婦さんは大きくなったお腹が邪魔で眠りづらいということもありますし、出産に向けての不安感やストレスから眠れないということもあります。

またホルモンバランスの変化によって自律神経がうまく働いてくれずに眠りが妨げられるということもあるでしょう。

眠る前に温かい生姜湯を飲むと体が温まりますし、温かさを感じることによりほっとする効果もあります。

心身ともにリラックスができるので生姜湯を飲むと眠りやすくなるというわけです。

睡眠は胎児の成長に必要不可欠

生姜湯によってぐっすり眠れるようになることは胎児の成長のためにとても大切です。

妊娠の継続のためにはできるだけ緊張をゆるめて筋肉を柔らかい状態に保つことが大切です。

子宮内膜は筋肉でできていますが、緊張してかたい状態になっていると受精卵が着床したとしても正常に育つ前に流産してしまう可能性があります。

そして筋肉をゆるめるのに最も効果的で簡単なのが眠るということです。

眠っているときにガチガチに緊張している人はいません。

そのため妊娠中には意識してたくさん眠ること、できるだけリラックスした時間を過ごすことが重要になってきます。

生姜湯の温め効果を活用すれば充分にリラックスできますし、良質な睡眠を取れるようになるというわけです。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

妊婦さんに効果的な生姜湯の作り方について

生姜湯はすりおろした生姜にお湯を注ぐだけで簡単に作ることができます。

そして妊婦さんの体調管理により効果を発揮するためには、生姜に含まれる有効成分を使い分けることが重要です。

生姜の有効成分と生姜湯の作り方について知り、妊娠中のサポートに生姜湯を活用しましょう。

妊婦さんが生姜湯を飲むときはジンゲロールとショウガオールを使い分けると効果的

生姜の代表的な有効成分にジンゲロールとショウガオールがあります。

ジンゲロールは殺菌作用や吐き気を抑えるのに優れていて、ショウガオールは体を温めるのに効果的なので、期待する働きによって使い分けていきましょう。

生の生姜に豊富なジンゲロールはつわり・風邪対策におすすめ

ジンゲロールは生の生姜に豊富に含まれる辛味成分で、つわりの吐き気を和らげたり、風邪対策に用いることができます。

ジンゲロールは生の生姜に最も多く含まれていて、熱が加わるとショウガオールに変化してしまいます。

そのためジンゲロールたっぷりの生姜湯を作るときにはできるだけ熱を加えないことが重要です。

ジンゲロールたっぷりの生姜湯の作り方

ジンゲロールたっぷりの生姜湯を作るコツは、

  • おろしたての生姜を使うこと
  • 60度より低い温度のお湯を使うこと

という2点です。

  1. すりおろした生姜をカップに入れる
  2. 60度より低い温度のお湯を注ぐ

これでジンゲロールたっぷりの生姜湯ができます。

ジンゲロールは熱を加えるとショウガオールに変化していくのですが、60度以上の加熱でジンゲロールとショウガオールの割合は半々程度になります。

そのためジンゲロールをより多くとるためには、60度より低い温度のお湯を使うことことが重要というわけです。

加熱した生姜に豊富なショウガオールは冷えやむくみ対策におすすめ

妊娠中の冷えやむくみ対策をするために生姜湯を飲むのであれば、加熱した生姜で作る生姜湯でショウガオールをたっぷりとれるようにしましょう。

ショウガオールには体を芯から温め血行を促進する働きがありますので、冷えを改善してくれますし、むくみを解消するのにも役立ちます。

ショウガオールたっぷりの生姜湯の作り方

ショウガオールたっぷりの生姜湯を作るためには、まず生姜を加熱していきます。

加熱の方法には色々ありますが、まず紹介するのは生姜を蒸してから乾燥生姜を作るという方法です。

  1. 生姜を皮ごとスライスする
  2. 蒸し器に並べて約30分間蒸らす(甘い香りがしてくるまで)
    電子レンジの場合にはシリコンスチーマーを使い約15分加熱する
  3. 蒸しあがった生姜を干して乾燥させる
  4. よく乾燥したら常温で保存する

乾燥生姜で生姜湯を作る方法は、カップに乾燥生姜を入れてお湯を注ぎ数分待つだけです。

乾燥生姜を粉末にして保存しておけば、乾燥生姜のパウダーをお湯に溶くだけで生姜湯になりますのでより手軽に生姜湯が作れます。

生姜の加熱は電子レンジですることもできますので、より手軽に加熱した生姜の生姜湯を飲みたい場合には、こちらの方法を試してみてください。

  1. カップにすりおろした生姜と水を入れる
  2. 電子レンジで加熱する(500wなら4分間、750wなら3分間)

ただしショウガオールは100度以上に加熱してしまうと破壊されてしまいますし風味も落ちてしまいますので、80度程度の温度で加熱できるように調節するとおいしく効果的に作れます。

毎日飲みたい生姜湯はアレンジで楽しみながら継続しましょう

生姜湯は毎日継続することでその効果が持続します。

しかし毎日同じ生姜湯ばかり飲んでいたのでは飽きてしまいますので、おいしいアレンジをいくつか覚えておくと良いでしょう。

妊娠中は味覚が敏感になったり好みが変わったりすることもありますので、生姜湯のアレンジを知っておくとそのときおいしいと感じる味わいで生姜湯を取り入れることができます。

栄養豊富なはちみつをプラスしたはちみつ生姜湯

生姜湯にはちみつを加えると栄養豊富なはちみつ生姜湯ができます。

はちみつはブドウ糖と果糖が主成分なので吸収されやすいエネルギー源として重宝しますが、微量に含まれているビタミンやミネラルが150種類以上あるということにも注目です。

妊婦さんは鉄欠乏性貧血になりやすいのですが、はちみつには鉄分の吸収を促す働きがありますので、鉄分と共に摂取すると良いでしょう。

こうしたはちみつの良い働きを充分に活用するためには、生姜湯が60度以下に冷めてから加えるようにします。

これははちみつに含まれる栄養が熱に弱く60度以上でほとんど破壊されてしまうためです。

はちみつ生姜湯について詳しく解説している『生姜はちみつドリンクは簡単・おいしい・効果的!』『はちみつ生姜湯はダイエットや風邪対策に効果的!作り方や注意点』もご覧ください。

プラス黒糖で体を温める黒糖生姜湯

生姜湯に黒糖を加えると黒糖生姜湯になります。

白砂糖は体を冷やすと言われていますが、黒糖は体を温める働きがあると言われています。

また黒糖は鉄分やカルシウムが豊富なので妊娠中に不足しがちな栄養を手軽に補給することができます。
そのため妊娠中に甘味が欲しいときには黒糖を活用するのが良いでしょう。

葛を使った生姜湯で妊婦さんの体にこもった熱を冷やす

妊娠中は暑いと感じる妊婦さんが多いのですが、それは妊婦さんの体が熱を溜め込みやすい状態になっているからです。

このようにこもった熱を冷ますのにアイスや冷えた飲み物を利用するというのは体を冷やし過ぎてしまいます。

そこで活用したいのが葛です。

葛は体の熱を優しく冷やすことができる食材と言われていますので、生姜湯に葛をプラスして熱を冷ますのに活用しましょう。

葛を生姜湯に入れる場合には、まず葛と水を混ぜて加熱しながらよく練ります。しっかり練って透明になったら生姜を加えます。

生姜ココアはカフェイン量が少ないので安心して飲める

生姜湯にココアをプラスすると生姜ココアができます。

生姜ココアは腸のむくみを解消することで便秘を改善してくれる働きがあるので、便秘になりがちな妊娠中にとても役立ちます。

ココアというとカフェインが心配という人もいるかもしれませんが、コーヒー1杯のカフェイン量が100mgなのに対しココア1杯のカフェイン量は10mg以下と少量です。

カフェインは死産のリスクを高めるため妊娠中には控えるのが良いとされていますが、それは毎日大量に摂取したケースでのことです。

そのためごく少量のカフェインしか含まないココアを1杯飲む程度であれば問題の無いケースがほとんどでしょう。

また生姜ココアを飲むときに牛乳を加えるようにすると、不足しがちなカルシウムを補うこともできます。

生姜紅茶は1日に1~2杯なら大丈夫

紅茶にすりおろした生姜を加えると生姜紅茶になります。

紅茶にもカフェインが含まれていますが、1杯分の茶葉に含まれるカフェインは30mgですので、やはりコーヒーの100mgよりも大幅に少ない分量しか含まれていまいません。

そのため妊婦さんであっても1日に1~2杯であれば生姜紅茶を飲んでも良いでしょう。

ただし元々カフェインが体質的に合わないという場合や、医師から止められているという場合、またはカフェインを含む飲み物を飲むと体調が悪くなると感じるような場合には、紅茶やココアを飲まないようにしましょう。

生姜紅茶については『生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!』もぜひご覧ください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

動くのがつらい妊婦さんは市販品を上手に活用して生姜湯を取り入れるのも1つの手

「生姜湯を飲みたいけれどつわりが辛くて動けない・・・」
「お腹が大きくなってきて苦しいのでできるだけ静かにしていたい」

妊婦さんの中にはこのように感じている人もいるでしょう。

そうした場合には、市販品をうまく活用して生姜湯を取り入れるのも良い方法です。

市販の生姜湯は糖分に注意して選びましょう

一般に販売されていてよく見かける生姜湯は粉末になっているタイプです。

お湯に溶かすだけで簡単に生姜湯が作れるので手軽に飲むことができます。

1つ注意しておきたいのは、どのような糖分がどれだけ含まれているかです。

市販の生姜湯の中には白砂糖がたくさん含まれているものもあるので、毎日続けて飲んでいると糖分の取り過ぎになってしまうということがあります。

知らず知らずのうちにそのようなことにならないように、市販の生姜湯を使うときには注意しておきましょう。

チューブ生姜があれば手軽に生姜湯が作れる

チューブ生姜を使えば生姜をすりおろす手間いらずでお湯を注ぐだけで生姜湯が作れます。

しかも甘味の調節が自分でできるので、はちみつや黒糖など妊娠中にも体に良い糖分で生姜湯を作ることができます。

ただしチューブ生姜には生姜以外の添加物が含まれていますので、その点をよく理解した上で利用するようにしましょう。

また生姜の有効成分であるジンゲロールの含有量がおろしたての生姜よりも少ないというふうにも言われています。

市販品を選ぶ際には成分表示をチェックすることが重要

粉末タイプの生姜湯やチューブ生姜を使う場合には必ず成分表示をチェックしてから選ぶようにしましょう。

パッケージの雰囲気やキャッチコピーだけで選んでしまうと、思っていたのとは違う商品だったということもあります。

市販品を選ぶ場合には、最低でも糖分が多く含まれていないかどうか、添加物が多く含まれていないかどうか、という点はチェックしておくようにしましょう。

糖分が多い商品ではありませんか?

市販品の生姜湯の中には糖分が多く含まれているものも少なくありません。

オリゴ糖やはちみつなど整腸作用が期待できたり栄養が豊富な糖分であれば、取り過ぎにならない程度に口にするのは問題ありません。

しかし白砂糖など体を冷やす糖分はできるだけ避けたいものです。

そのためまずはどのような糖分が含まれているのかをチェックしてください。

添加物が多く含まれている商品ではありませんか?

次にチェックすべきなのは添加物です。

同じチューブ生姜であっても、メーカーや商品によって使われている添加物は様々です。

そのため成分表示を確認してどのような添加物が含まれている商品かを知ってから購入するようにしましょう。

妊娠中は特にできるだけ添加物を避けたいものですが、そのためにもきちんと成分表示をチェックすることが大切です。

市販品はマイナス面を理解して使えば便利

市販品は便利ですが、その分糖分がたくさん入っていたり添加物が使われていたりするのはマイナス面です。

そうした部分をきちんと理解した上で、利用するタイミングを限定して使えば、市販品の手軽さや便利さを存分に活かすことができます。

とくに妊娠中は妊婦さんの口にしたものが胎児の成長のための栄養になっていきますので、生姜湯やチューブ生姜を購入する場合にも、どういった材料でできているものなのかを意識しておくことが重要です。

チューブ生姜で作る生姜湯について詳しくは『生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します』をご覧ください。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

妊婦さんが生姜湯を飲むときの注意点

妊婦さんにとって生姜湯はとても役立つ飲み物ですが、だからといってたくさん飲めば良いというものでもありません。

生姜湯は体への働きが強力なので、適切に取り入れることが最も重要です。

生姜の摂取上限目安量10gを守ること

1日に摂取する生姜の上限は10gが目安です。

そのため10g以内で生姜湯を飲むようにしましょう。

特に妊娠中はそれまでと体質が変わるということも起こり得ますので、上限よりも少ない分量でまずは始めるようにすると良いでしょう。

胃腸が弱い場合には胃痛になる恐れがある

生姜湯を飲み過ぎてしまうと、生姜の刺激によって胃痛になってしまう可能性があります。

特につわりで何も食べられていないところへ生姜湯をいきなり飲んでしまうと、胃への刺激が強過ぎて痛みを感じることがあります。

胃痛にならないようにするためには、適量を飲むことと、何か少しでも口にしてから飲むことを意識してみてください。

生の生姜の食べ過ぎは自己免疫疾患を引き起こす可能性も

生の生姜に含まれるジンゲロールはつわりの吐き気を和らげてくれますが、食べ過ぎるとアトピー性皮膚炎などの自己免疫疾患を引き起こす可能性があります。

自己免疫疾患というのは、高過ぎる免疫の働きによって健康な細胞が攻撃されることで引き起こされます。

ジンゲロールは白血球を増やす働きもあるのですが、生姜のとり過ぎで白血球が増え過ぎてしまうと、何も問題の無い自分の細胞も攻撃し始めてしまうというわけです。

最適な生姜の摂取量は体調と相談して決めましょう

生姜の摂取上限の目安は1日に10gと説明しましたが、これはあくまでも目安です。

妊娠前には10gが最適だった人でも、妊娠後にはもっと少ない分量が最適ということもあります。

そのためまずは少ない分量から飲み始め、自分にとって最適な分量を体調と相談して決めるようにしましょう。

生姜の食べ過ぎは流産を引き起こす可能性がある

生姜の食べ過ぎには流産を引き起こす可能性があることが指摘されていますので、その点にも注意しながら生姜湯を飲むようにしましょう。

生姜の便秘解消の働きが下痢やお腹のハリを引き起こすことも

生姜には便秘を解消する働きがありますが、その働きによって下痢やお腹のハリが引き起こされることがあります。

そしてそれをきっかけにして流産が引き起こされてしまう可能性はゼロとは言えません。

そのためお腹のハリが続くと感じたときや体調に異変を感じたときには生姜湯を控えるようにしましょう。

生の生姜は体を冷やすことを知っておきましょう

生姜は体を温めるイメージがありますが、生の生姜が温めるのは体の表面で、発汗を促し最終的には体を冷やす働きをします。

そのためジンゲロールたっぷりの生姜湯を飲み過ぎると体が冷やされてしまうことがあるのです。

生姜湯の飲み過ぎで体を冷やしてしまうのは胎児の成長に良い影響になりませんので、生姜湯は適度に飲むようにしましょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

妊婦さんの体調管理やつわり対策は生姜湯でできる

妊婦さんにとって生姜湯はとても役立つ飲み物です。

加熱した生姜で作る生姜湯を飲むと、体を温めて血行が良くなりますので、胎児の健やかな成長をサポートすることができます。

生の生姜で作る生姜湯を飲むと、つわりによる吐き気を和らげることができます。

また生姜湯は免疫力を高める働きもしてくれるので、免疫力が低下している妊婦さんの風邪対策にもぴったりです。

ただし妊婦さんが生姜湯を飲むときには飲み過ぎにはくれぐれも注意してください。

生姜湯の飲み過ぎは流産を引き起こす可能性も否定できませんので、その点をきちんと知った上で、自分にとっての適量を飲むようにすることが重要です。

生姜湯は上手に飲むと妊婦さんの心強い味方になってくれます。

自分なりのベストな生姜湯の飲み方を見つけて、お腹の赤ちゃんの健やかな成長と楽しい妊婦生活のサポートに役立てていきましょう。

水メディア推薦!徹底調査済み

最も信頼できる生姜湯

水メディア推薦!徹底調査済み

ダイエット・美容・生活習慣病・冷え症

最も信頼できる生姜サプリメント

\ SNSでシェアしよう! /

Feliful (フェリフル)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Feliful (フェリフル)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Media Editor

その他の記事  記事一覧

  • 妊活に睡眠が重要なワケとは?睡眠のための生活習慣や睡眠薬の影響についても解説します!

  • 妊活と年齢の関係は?妊活を始める年齢、男性の妊活と年齢の関係、についても解説します!

  • 妊活でやることとは?妊活中の過ごし方、検査や治療についてはもちろん、低温期や2人目不妊でやることも解説!

  • 妊活中の生理期間はどう過ごす?落ち込んでしまうときの対処法や着床出血との違いも解説!

関連記事

  • 生姜紅茶の効果はダイエットをはじめとして多数あります!

  • 生姜湯の作り方を徹底解説!基本・アレンジ・簡単レシピ全てお伝えします

  • 生姜湯は風邪への効果が抜群!予防や対策するときの正しい方法

  • 生姜葛湯は健康効果が抜群!その効能の全てと作り方もご紹介します!

  • 生姜湯はチューブ生姜で簡単に作れる!チューブ生姜の使い方・保存方法・注意点を解説します

  • 生姜はちみつドリンクは簡単・おいしい・効果的!